(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.1【個人投資家の手掛けやすいテーマ銘柄への活発な売買】

2010/04/01 11:16|未分類CM:3
朝の気配おかしかったね
あれは一体?

持ち越しは船と商社と素材と保険
どれもGUしてくれた
でも保険はひどいね
あっという間に下げたよ
伊藤忠は今日から100株単位になったのか

現物弱いの
閑散なのは第一生命待ちなのか
後場、第一生命が13時から始まるけど
一本値で値決めだって
価格決定後は今日の売買終了どす

後場
中国過去3番目に高いPMIを受けて堅調
買え買えドンドン
でも全然上がらねーじゃん

第一生命貰ったけどまだ売ってない
明日はFTSEへの組み入れもあるし買い増しだったかな
しばらくは楽しめそう


[株式オープニングコメント]
雇用統計警戒も先高観を強める
 いよいよ名実ともに新年度相場入りとなる。外部環境の不透明感がくすぶるもの
の、新年度入りに伴う資金流入期待から、全般底堅い展開が予想される。昨晩発表さ
れた米ADP雇用報告は、民間部門雇用者数が前月比2.3万人減と26ヶ月ぶりの増加予想
に反して減少したことから、2日発表の雇用統計への警戒感が強まった。さらに雇用
統計発表は市場がグッドフライデーで休場となるため、発表を受けた米国市場の動向
確認は週明けとなる。そのため、積極的な上値追いの動きは期待しづらいところが本
音であろう。
 ただ、新年度入りによる資金流入期待のほか、昨日のツガミの下げをみても、先駆
していた銘柄へは一先ず利益確定を行ったとみられ、依然として需給関係は良好であ
る。日銀短観での強さが示されるようならば先高観を強めやすいほか、第一生命上場
による市場活性化期待なども支援材料になろう。第一生命については公募売出価格を
上回るとの見方が大勢である。東証は岡三証券、大和証券、東海東京証券、日興コー
ディアル証券、野村證券、マネックス証券、丸三証券、みずほ証券、三菱UFJ証券、
ヤフーなど10社のホームページ内において、初値決定日までの間、リアルタイムで気
配情報等の情報を表示する。この気配値を横目で睨みながら市場活性化期待を強めて
くることになりそうだ。
 また、雇用統計が気掛かりとなったとしてもテーマ銘柄など個人投資家の物色は活
発であろう。週末には米アップルの「iPad」が米国で発売されるほか、ヤフーが中国
通販最大手との連携が伝えられている。政府はフランスと協力してヨルダンでの原発
受注を目指すほか、オバマ米政権は、大西洋岸とメキシコ湾東部海岸、アラスカ北部
海岸沖での石油・天然ガス探査を拡大する沖合い掘削に関する新方針を発表してい
る。これら関連銘柄での値幅取り狙いの動きは強まりそうである。
 なお、31日のNY市場はダウ平均は50.79ドル安の10856.63、ナスダックは12.73ポ
イント安の2397.96。シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比70円高の11170円、
円建ては同40円高の11140円。ADRの日本株はNTTドコモ、任天堂、三井住友、
デンソー、コマツ、ブリヂストン、オリックスなど対東証比較(1ドル93.44円換算)
で全般小安い。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円安進行(93円48銭-50銭)
・ユーロ円相場、円安進行(126円25銭-29銭)
・NY金相場反発、対ユーロのドル下落を受け
・LMEニッケル先物、5日続伸
・バルチック海運指数、12日ぶり反発
・東証REIT指数、4日続伸
・新年度入りに伴う資金流入期待

弱気材料
・NYダウ5日ぶり反落、雇用統計に対する警戒感
・3月ADP雇用統計、予想外の減少
・半導体株SOX指数、3日ぶり反落
・DRAMスポット、3日続落
・普天間問題の先行き不透明感

留意事項
・第一生命保険<8750>、東証1部に上場
・JXHD<5020>、NKSJHD<8630>、トモニHD<8600>が東証1部に上場
・大証とジャスダックが合併
・3月企業短期経済観測調査(日銀短観)
・子供手当て法、高校無償化法施行
・ヤフー、中国最大手とネット通販で連携
・日仏、ヨルダンの原発受注めざし連合
・米オバマ政権、海洋油田開発区域の拡大を検討
・欧州株まちまち
・NY原油先物、大幅続伸(1バレル=83.76ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.027%下落)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.395%)
・3月新車販売台数
・3月軽自動車販売台数
・中国3月PMI
・ユーロ圏3月製造業PMI
・米新規失業保険申請件数
・米ISM製造業景況指数
・米3月自動車販売

[サポート&レジスタンス]
終値           11090
5日移動平均       11000
標準偏差+2σ      11235
レジスタンス(2)    11170
レジスタンス(1)    11130
ピボット         11108
サポート(1)      11068
サポート(2)      11046
転換線          10940
基準線          10616
25日移動平均      10608
先行スパンB       10408
先行スパンA       10294
100日移動平均     10274
200日移動平均     10170
標準偏差-2σ       9981

[ランチタイムコメント]
いよいよ第一生命の寄り付き、材料株への刺激にも
 日経平均は反発。78.97円高の11168.91円(出来高概算10億4000万株)で前場の取
引を終えた。雇用改善の遅れが嫌気された米国市場の下げなどが上値を抑えるもの
の、新年度相場入りによる期待と日銀短観の改善によって先高観の強い相場展開とな
っている。そのため日経平均は寄り付きの11178.92円が高値となり、その後11118.18
円と伸び悩む場面もみられているが、高値レベルでの底堅い展開が続いている。ま
た、3月の中国PMIが55.1(2月は3.1)に上昇し、予想通りながら金融引き締めへ
を警戒する場面もあったが、上海株が小反発で始まったことで、見直し買いのきっか
けにも。東証1部の騰落銘柄は値上り665に対して値下り827、変わらず153と、値下り
数が過半数を占めている。規模別指数では大型株指数の強さが目立っており、指数連
動からコア銘柄の一角が指数を下支えしている状況。一方、ツガミなど中核的な材料
株の一角が前場半ば辺りから急速に利益確定に押されている。
 後場は、いよいよ第一生命の寄り付きに注目が集まることになろう。気配値では15
万7300円カイ、15万7400円ヤリであり、売出価格(14万円)を12%強上回る状況であ
る。本日は寄り付き一本値であるが、明日以降の指数組み入れへの思惑もあり、寄り
付き直前に気配値が大きく振れる可能性はありそうだ。また、好スタートを切ること
から市場活性化への期待も強まりやすい。売却後に他の銘柄への物色に回る資金もあ
るとみられる。そうなると、前場半ば辺りから利食いに押されていた材料株などへは
再度思惑的な資金が向う可能性もありそうだ。

[クロージング]
個人投資家の手掛けやすいテーマ銘柄への活発な売買
 新年度入りの日経平均は反発。154.46円高の11244.40円(出来高概算23億6000万
株)と、順調なスタートを切った。雇用改善の遅れが嫌気された米国市場の下げなど
が上値を抑えるものの、新年度相場入りによる期待と日銀短観の改善によって先高観
の強い相場展開となっている。また、3月の中国PMIが55.1(2月は52.0)に上昇。
予想(55.0)通りながら金融引き締めを警戒する場面もあったが、上海株が小反発で
始まったことで、見直し買いのきっかけにもつながった。さらに第一生命が売出価格
の14万円を14%上回る16万円での初値と、過熱もなく順調なスタートを切ったことも
市場活性化への期待につながっている。全体としてはインデックスに絡む商いによる
上昇ではある。しかし、前場半ば辺りから利食いの流れを強めていた材料株などは、
第一生命の初値形成後に再び物色を強める動きもみられていた。
 第一生命については明日以降の株価動向への注目が集まりやすい。外資系による強
気でのカバレッジが観測されているほか、FTSE指数への組み入れに伴う買い需要も手
掛かりとなろう。また、この第一生命の順調な株価形成を受けて、個人投資家の手掛
けやすいテーマ銘柄への活発な売買も期待されるところである。日経平均は過熱感が
指摘されているほか、週末要因、米雇用統計を見極めたいとするムードもあって、全
体としては利益確定の流れも強まりやすいところでもある。そのため、物色としては
個人投資家好みの材料株やテーマ銘柄への物色が中心になりそうである。テーマとし
ては引き続き、「iPad」、「3D」、「LED」、「スマートグリッド」辺りを注目した
い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11244.40 +154.46
TOPIX985.26 +6.45
東証2部指数2225.24 +7.05
日経ジャスダック平均1276.14 +0.88
マザーズ指数455.17 +4.67
ヘラクレス指数633.95 -2.06
東証1部売買代金1兆8654億円
東証1部出来高23.6782億株
東証1部騰落レシオ149.55%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はADP雇用統計が予測に反し前月比で減少となったことが嫌気され
た。シカゴPMIも予測を下回り相場の重しに。ただ売り込む動きは限定的で底堅さ
も見られている。朝方発表された日銀短観はほぼ予測通りで買い安心感に繋がっ
たようで、日経平均堅調に始まる展開。ただ寄り後は手仕舞い売りに押され上げ
幅縮小。しかし売り一巡後は再び買われて、中国PMIが予測通りだったことも安心
感に繋がり後場には一段高に。今日新規上場した第一生命の初値が想定以上に堅
調だったことも市場心理良くしている面もあるようだ。結局、日経平均大幅高で
引けている。日経先物の主な買い越し証券は野村、メリル、ニューエッジ、立花、
カブコム、オリックス。売り越しはBNPパリバ、大和、モルガンS、クレディスイ
ス、シティG、バークレイズ、ドイツ、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8750第一生命 160000円 +20000(公募価格比)
公募価格14万円に対して初値は16万円と好発進となった。今日は特別措置で1本値
のみ。事前の市場予測では14.5~15.5万円内の初値予想が殆どだったが、実際は
それを上回る初値となった。朝方から買いを集めており、前気配は終始155000円
以上での推移。初値決定の13時近くなると徐々に値を伸ばし16万円で初値が決定。
パッシブ運用している機関投資家の買いも当然入っているが、今日は個人投資家
の買いがかなり入っているとの話。それだけに明日以降本格的な機関投資家買い
が期待できると見る向き多い。ちなみに明日引け値基準でFTSE指数に組み入れら
れる。

6101ツガミ 595円 -10
一時562円まで売られる場面も見られた。今朝の日経新聞では同社の3月の受注高
は40億円を超え過去最高水準になったと報じられている。また今期営業損益は従
来5億円の赤字見通しだったが、一転して1億円前後の黒字を確保したと見られる
と・・。この報道をうけ今朝は買い優勢で始まったものの寄り後は手仕舞い売り
に押される動き。既に売り禁となっている銘柄なだけに買い方の手仕舞い売りが
相次いで出された模様。今日から名実共に新年度相場入りとなったことから、資
金の矛先が変わってきたとの見方。十分利が乗っている同社株を手仕舞いし、他
へと乗り換える向き多かったようだ。ただ後場には押し目買いなどにより下げ幅
縮小しており、下げれば買いたい向きは多い様子。

5196鬼怒川ゴム 371円 -12
軟調。今日は最近まで相場を作っていた中低位株が総崩れ的な動きとなっている。
ツガミの動向が他の中低位株売りにも繋がったようだが、やはりこれら中低位株
を利食いして他を買うという資金シフトの動きが要因のようだと・・。ディーラ
ーも名実共に新年度相場入りで動きやすくなったことから、既に十分相場を作り
手垢が付いた銘柄行くより、主力株などへと流れている事も影響しているようだ。
5352黒崎播磨、6796クラリオン、5602栗本鉄工所、7952河合楽器なども軟調。相
場は終わったと見るべきだが、下げれば業績回復期待からの実需の買いが入って
くる銘柄も多いため、いずれ上値取る銘柄も中には出てくるのではと・・・。

7717ブイテクノロジー 568000円 +70000
ストップ高。みずほ証券が強気なレポート出しており目標株価を86万円まで引き
上げたことが好感されている。韓国大手パネルメーカーからの受注の可能性が高
まったと指摘し、来期に複数台を受注できる可能性があると・・・。期待通り受
注出来るかどうかはともかく、株価は今年の安値圏で推移していたこともあり出
遅れ的な意味合いで買いを入れるきっかけとなったようだ。人気高い銘柄なだけ
に動き出せば飛びついてくる資金も多い様子。目先、200日移動平均線超えられ
るかが注目だと・・・。

4314ダヴィンチHD 2635円 -700
ストップ安。昨日、大証は同社株を上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定すると発
表。2009年12月期末で債務超過に陥った為。今期中に債務超過を解消しないと上
場廃止となる。また大証は債務超過による上場廃止基準として月間平均株価に関
するルールがあり4月以降月間平均が1万円を下回れば猶予期間を待たずに上場廃
止となる。現状で考えれば4月の平均が1万円以上となる見込みは乏しいことから、
上場廃止を免れるには今月中に債務超過を解消する必要性がある。約110億円の
債務超過を解消するのは容易くないと・・・。

1606日本海洋掘削 5120円 +390
大幅上昇。昨日米国で、オバマ大統領が米東海岸の大西洋沖合などの油田やガス
田の採掘、開発を認める方針を明らかにした事が材料視されているようだ。同社
は北米などでの実績もあることから、将来的に受注獲得に繋がるのではという期
待が浮上した模様。最近まで上場来安値圏での揉み合い相場が続いていたことも
あり、見直し買いのきっかけになったようだ。初値でもある5000円台にはシコリ
も多いことから、明日以降しっかりこなせるかが注目だと。新年度相場入りして
いるだけに中長期資金も入りやすいのも追い風になると期待する市場筋も・・・。

2766日本風力開発 263100円 -16200
大幅反落。昨日は蓄電地使用システムを約200億円で受注したと発表し大きく上
昇していたが、昨日引け後には大和が新規4、妥当株価19万円とするレポートを
リリース。それが水を差した格好に。前期(2010.3月期)業績未達を予測してお
り、今期(2011.3月期)は大幅減益、来期も更に減益と予測しているようだ。割
高感が否めないと・・・。なお、昨日の材料に関しては、売上認識の基準が発注
時点か納入時点かなど未確定であり、売上計上の対象が現時点では受注金額全額
かマージン部分に限定されるかも検討中との事から、現時点では業績への影響が
未知数との事で織り込んでいない模様。

===============
◆◇4/2(金)の主な予定!◇◆
===============
3月マネタリーベース(8:50)
ポイント、岡野バルブ、鉄人化計画、鈴丹、CFSコーポ、セキド、AITなど決算発表
各国市場休場(米・カナダ・インド・ブラジル・イギリス・ドイツ・フランス・
オーストラリア・香港)
米3月雇用統計(21:30)
[動いた株・出来た株]

*乃村工藝社<9716> 288 +18
コスモでは投資判断新規「A」のもよう。

*太平工業<1819> 425 +24
鉄鋼株高支援に低PER水準訂正の動きへ。

*ワコム<6727> 150400 +7900
株価急落後の戻り高値水準突破で、足元の日写印の上昇など刺激か。

*ユニー<8270> 815 +42
株価の上昇に伴い本日は売り方の買戻し活発化か。

*太陽インキ<4626> 2637 +132
前日にはコスモが投資判断「B+」を据置。

*イーピーエス<4282> 216000 -10900
前日は長い上ヒゲ残し、短期の買い戻し一巡感も。

*パルタック<8283> 1804 -91
上場後の安値更新で一段と処分売り圧力強まる。

*ソースネクスト<4344> 33000 -1500
短期株価急騰の反動の動きが続く。

*サッポロ<2501> 467 -21
スティール提案否決以降は株価軟化。

*池田泉州<8714> 164 -6
新年度入りで一段と売り圧力も強まる展開に。

*JXHD<5020> 465
基準価格432円比較で大幅高、今期業績見通しは事前観測大幅上ぶれ。


(前場)
*GMOペイメント<3769> 138100 +21300
電子マネー関連として決済伸び率最高更新報道が刺激にも。

*太平洋興発<8835> 84 +5
通期最終損益は2億円の従来予想から4億円に増額へ。

*アンリツ<6754> 381 +21
下半期米州事業の営業利益大幅増益観測報道が材料視される。

*岩崎電気<6924> 186 +10
屋外用ランプ、寿命2万4000時間などと伝わる。

*JFE商事<3332> 416 +22
鉄鋼株の強い動きが支援、取組妙味などもはやす。

*東邦HLDG<8129> 1292 +68
三菱UFJでは「1」に格上げ、1700円目標としている。

*富士電機<6504> 269 +14
前期営業損益が黒字化との観測報道伝わり。

*マルエツ<8178> 407 +20
食品スーパーの出店拡大報道などを手掛かり材料視と。

*西松屋チェーン<7545> 1021 +49
前日に発表の決算内容などを引き続き評価の動きへ。

*共栄タンカー<9130> 233 +11
バルチック指数の反転で海運株の一角が強い動きへ。

*高岳製作所<6621> 339 +16
電力設備投資関連の一角として関心も高まり。

*日本海洋掘削<1606> 4945 +215
米大統領の沖合い油田開発表明で米国関連株が高く。

*良品計画<7453> 4115 +170
小売りセクターへの関心が高まるなかで物色向かう展開に。

*日立製作所<6501> 364 +15
新年度相場への期待感を反映する動きといった見方にも。

*山武<6845> 2278 +92
改正省エネ法施行で関連銘柄としての期待感も。

*富士火災海上保険<8763> 130 +5
第3者割当増資による新株発行に関する払い込み完了発表も。

*ヤフー<4689> 35350 +1300
中国最大手と日中でのネット通販で提携と伝わっている。

*荏原製作所<6361> 495 +18
ドイツでは「バイ」に格上げ、600円目標としている。

*ダイキン工業<6367> 3960 +135
円安ユーロ高の動きなど強く好材料視か。

*ポイント<2685> 5790 +190
ドイツが格上げ、明日の決算発表への期待感も高まり。

*旭硝子<5201> 1087 +34
中国での液晶用ガラス基板工場新設など引き続き評価か、取組妙味も。

*CCC<4756> 469 +14
デジタルガレージと共同でのTポイント普及策なども材料視か。

*コープケミカル<4003> 142 -14
今期営業利益は7.3億円から1.9億円に下方修正。

*クラリオン<6796> 207 -20
直近で人気化してきた低位材料株は総じて崩れる展開となり。

*フィデック<8423> 10920 -780
シンジケートローン締結で足元急騰の反動も。

*河合楽器製作所<7952> 194 -13
中期計画発表も好材料視されず手仕舞い売り継続の格好に。

*中国工業<5974> 106 -7
前日は長い上ヒゲ残して伸び悩んでおり。

*チタン工業<4098> 245 -15
新製品の企業化を発表で前日は後場から急騰となったが。

*兼松日産農林<7961> 136 -8
足元では仕手性の強さを妙味に人気化してきたが。

*黒崎播磨<5352> 361 -21
他の低位材料株同様に前日からの手仕舞い売りの動き継続。

*丸山製作所<6316> 194 -11
仕手性の強さを妙味に前日まで人気化したが。

*栗本鉄工所<5602> 177 -10
東証では信用取引に臨時措置を実施で。

*ゼクス<8913> 941 -53
ダヴィンチの株価急落なども連想される格好か。

*富士機工<7260> 304 -17
前日急伸の反動から戻り売りへ。

*電源開発<9513> 2918 -162
11.3期の経常利益見通し引き下げを嫌気する。

*ツガミ<6101> 574 -31
業績上ぶれ観測や3月受注好調報道伝わるが材料株安の流れで。

*鬼ゴム<5196> 364 -19
ここまで低位材料株の中心的な銘柄と位置付けられ人気化してきたが。

*北川鉄工所<6317> 144 -7
東証では日々公表銘柄に指定している。

*フージャース<8907> 15860 -770
「K-PLACE」完売など発表も好材料視されず。

*トヨタ紡織<3116> 1714 -82
三菱UFJでは投資判断を新規に「4」としている。

*イーグル工業<6486> 703 -33
同社にも短期的な過熱警戒感を冷やす動きが波及で。

*アルテック<9972> 373 -17
前日は中計など受けて買い先行後に伸び悩む動きとなり。

*IIJ<3774> 198200 -8600
クラウド関連としての期待値高いが本日は戻り売りが先行へ。

*セイコーHLDG<8050> 236 -10
2月末から水準訂正を果たしてきた低位材料株の一角で。

*みずほFG<8411> 182 -3
日銀短観サプライズなしでメガバンクは軟化も。

*川崎汽船<9107> 384 +11
ラジオNIKKEIで注目銘柄に取り上げられる。

*日本郵船<9101> 372 +3
UBSでは投資判断格下げもバルチック指数の反発を受けて。

*新日本製鉄<5401> 371 +4
鉄鋼原料価格の方向性も見えてあく抜け感強まる展開に。

*日産自動車<7201> 809 +8
新型電気自動車を12年に投入などと報じられている。

*三菱重工業<7011> 391 +4
ヨルダンの原発受注めざし仏アレバと連合へと。

*三井物産<8031> 1610 +39
ペルーのリン鉱床開発プロジェクトに参画と伝わる。

*パイオニア<6773> 348 +5
モルガンでは投資判断を「アンダーW」から「イコールW」に格上げ。

*第一中央汽船<9132> 301 +6
バルチック指数の12営業日ぶり反発で買い安心感。

*三菱商事<8058> 2481 +31
三菱UFJでは投資判断を「3」から「2」に格上げ。

*トヨタ<7203> 3730 -15
3月の米国自動車販売発表を控えて手控えムードにも。

*国際帝石<1605> 702000 +16000
原油市況の上昇が石油株の一角のプラス材料に。

*日ガイシ<5333> 1890 -17
CSでは投資判断を「アンダーP」に格下げしている。

*ニコン<7731> 2087 +46
下期は3半期ぶりに営業黒字との観測報道を受けて。

*山喜<3598> 194 +50
丸紅と海外ドレスシャツ販売の業務提携で合意と伝わる。

*大有機<4187> 573 +28
前日に第1四半期決算発表、営業益は上半期計画を超過。

*OTS<4564> 192100 +13000
大塚製薬と分子標的治療薬候補の低分子化合物に関する契約を締結。

*ダヴィンチ<4314> 2635ウ -700
大証は債務超過により上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定すると発表。

*イチタン<5645> 92 +22
富士重が株式交換で全株取得と発表、交換比率に鞘寄せへ。

*Vテク<7717> 552000 +54000
みずほでは目標株価は84万円から86万円へ引き上げ。

*ウェブマネー<2167> 191500 +17500
電子マネー決済拡大や、ヤフーが中国ネット通販最大手と連携との報道が伝わり。

*コスモ・バイオ<3386> 60000カ +8000
米社と独占販売代理店契約を締結したと発表。

*日風開<2766> 261200 -18100
昨日の大幅高の反動や、大和が投資判断を新規に「4」としたことを嫌気。

*サムコ<6387> 2040 +120
いちよしでは新規に投資判断を「A」、フェアバリューを2500円としている。

*フォトロン<6879> 435 +23
一部で3D関連の出遅れとして採り上げられる。

*ベクター<2656> 166400 -11800
連日で高値更新後は、短期的な過熱感強まり反落。

*C&R<4763> 12410 -590
10年2月期が5期ぶりの最終赤字転落となったことを嫌気。

*DWTI<4576> 280 +26
株式新聞で採り上げられたことを材料視と。
4月1日(木)

H「名実共に新年度入りとなった今日の日本市場は大幅な上昇となり年初来高値を更新した。」

K「良いスタートとなったな。今年度も・・。ただTOPIXの上げ幅は小幅にとどまっており、全面高と言った感じでもないようだ。」

H「そうだな。指数寄与度の大きな一部の主力系株が中心に買われたと言う感じだな。まあ、言ってみれば先物主導的な動きともいえる。」

K「ただ現物株の商いも増加しており、単純に先物主導とはいえないだろう。先物手口見ると今日はクレディスイスが売り越している。一方、買っているのは野村だ。」

H「確か、昨日も野村が大量に買い越していたな。」

K「ああ。それだけに野村がメリルなどと共同で主幹事を務める8750第一生命の上場を盛り上げようと日経平均を支える動きだと指摘する声もあるようだが、野村は昨日今日と日経225先物は大幅買い越しだが、TOPIX先物は連日大きく売り越しているからな。」

H「それだけに意図的に地合を良くしようとしている訳でもないと・・。」

K「まあ、取りあえず心理的に日経平均だけ支え、そのヘッジでTOPIX先物売っていると言う見方も出来るが。」

H「そんなことは、どうでもいいが、最近買い越し続けてきたクレディスイスが売りに回ったというのは懸念じゃないのか・・。」

K「ただクレディスイス売り越しても日経平均これだけ上げているというのは、クレディスイスの先物買いで上げたわけでないと言え、それはそれで好感できるが・・。」

H「まあそうだが。」

K「それにクレディスイスはTOPIX先物は買い越している。先日はTOPIX先物売り越していたし、取りあえず一日だけで判断するのは良くないだろう。売り越し続くようになって来れば当然警戒は必要だが・・。」

H「そうだな。しかし昨晩の米国市場は軟調だったにも関わらず日経平均は朝から強い展開だったな。」

K「ああ。昨晩の米国市場はADP雇用統計の雇用者数が予測に反して前月比で減少したことが嫌気された。増加する見通しだっただけにネガティブサプライズとなった。ただその割には底堅い。シカゴPMIも予測下回ったんだが・・。」

H「市場心理悪いときなら、軽くダウは3桁下げるような事だろうな。」

K「ああ。それだけに今の市場心理はまだまだ良いといえるだろう。ただADP雇用統計の予測外の減少は、週末米労働省が発表する雇用統計への警戒に繋がる。それだけに今晩の米国市場でも警戒売りが出てくる恐れはあるかもな。」

H「米国市場は明日休場だろ。それだけに今晩の米国市場は連休前ということになる。しかも連休中に雇用統計も発表されるとあっては、確かにポジション整理中心の動きになるだろうな。」

K「ただ、期待感もあるからな。そもそもADP雇用統計と、政府発表の雇用統計は言うほど連動性もない。昨日のADP雇用統計は民間部門だけの雇用者数のため、政府雇用が含まれない。ようは公務員などだ。今回発表される雇用統計には政府の臨時雇用といった特殊要因もあることから、かなりの増加が見込まれている。」

H「市場予測は18~20万人増となっている。果たしてこんなに増加するのだろうか・・。」

K「今回の雇用統計には国勢調査要因として臨時で雇った雇用がかなり加わる。市場では10万人以上も加わると見られている。」

H「なるほど。だから事前予測がそんなに多いのか・・・。ただそれだけ雇用者数がかさ上げされても、10万人以下の増加にとどまったりすれば、ネガティブサプライズとなりそうだな。」

K「だろうな。あとは2月までの大雪の反動から3月は雇用者数が増えるという期待もある。ただ、昨日のADP雇用統計では、その期待も裏切られた格好だからな。それだけに週末発表の雇用統計でも大雪の反動という期待は乏しいかもな。」

H「いずれにしろブレの大きな指標だけに警戒は必要だろうな。」

K「まあ、多少の下ブレならば、超低金利政策の長期化が更に期待され好感されるんじゃないのか。市場心理良いだけに・・・。」

H「そうなりゃいいが。まあ取りあえず今晩の米国市場、連休と雇用統計控えてどういう展開になるのか注目したい。」

K「ああ。日本市場強い展開で新年度相場始まっただけに水を差さなければ良いんだが・・・。」

H「ところで今日新規上場した8750第一生命は好発進となったな。多くの初値予想を上回る16万円という初値になった。」

K「ああ。思った以上に買いが集まっていた。しかも機関投資家は今日の買いは控えている向きも多いようだ。」

H「ということは今日の同社株の買いの主体は個人投資家と言うことか・・。」

K「そうなるわな。それだけに明日以降が心配されるが、機関投資家は取りあえずある程度は買わなければいけない向きも多いことから、明日以降は機関投資家が盛り上げるという可能性はある。」

H「まあ主幹事の野村がやたら強気なレポート出しているし、マッコリーなんていきなりカバレッジしてきているからな。依然として盛り上げたいようだ。」

K「そりゃ幾ら初値高くても初値天井となっては、やっぱり成功とはいえないからな。」

H「配当権利の基準日が引け後に発表された。4/16だそうだ。となると配当落ち日は14日か・・・。」

K「そうだな。権利取り最終日が13日だ。取りあえずその辺までは大崩れは無さそうだ。丁度その辺りにMSCIへの組み入れがあるだろうからな。取りあえず明日、初値以上で推移できるのか注目したい。」

H「ああ。個人投資家が大量に買ったとなれば、初値以上で推移できるかどうかは市場心理にも影響与えるだろうからな。期待したいモンだ。」
2010.4.1先物チャート
スポンサーサイト
コメント
朝の気配は高すぎだったんですか?
アメリカ中落して、涙目になって損益分益点な所に指値置いて後場前に起きたら、謎のGUで助かりましたw
騰落レシオはタイムラグがあるので調整がわからない中、
日経の過熱してる銘柄のSポジを巻き込んで強引上げですね・・・

今日の目玉の第一生命は明日の値動きが楽しみです
ちょっとだけ買ったので騰がってほしいですw
ネコスキ #tHX44QXM|2010/04/01(木) 15:51 [ 編集 ]
ネコスキさん、どもー
寄り前、成行買いと成行売りでストップ高ストップ安気配の銘柄が多かったです
後場寄りも変な気配でした
直前にクロスが入ってSQかよ、うぜーって思いました

過熱感過熱感とアナリストがしきりに言ってるんで
過熱感は無視して買ってますw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/04/01(木) 16:03 [ 編集 ]
ミャンコ殿気配についてありがとうございます
クロスが入ると確かにうざいですね・・・

アナリストは逆指標としてもうちょい買いで頑張ってみますw
ネコスキ #tHX44QXM|2010/04/01(木) 19:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。