(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年度の新入社員は「ETC型」だって、なんのこっちゃ

2010/03/28 19:31|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週も日経平均はしっかりと上昇し、ついに昨年来高値を更新した。2ヶ月
ちょっとぶりか。」

M「日経平均11000円付ける場面も見られたな。11000円はリーマンシ
ョック時の2008年10月以来の事だ。」

T「やっとそこまで戻したかという感じだ。ただリーマンショック前時点にはま
だほど遠い。」

M「ああ。あの時は日経平均12000円台だったからな。ただドル建て日経平
均で見れば、既にリーマンショック前の水準を超えてきている。」

T「なるほど。あの時はまだえらい円安だったからな。その時と比べれば今はか
なり円高水準だけに、ドルベースで見れば既にリーマンショック前の水準に戻し
ているという訳か・・・。」

M「ああ。つまりドル基本とする海外勢から見れば、日本株決して出遅れている
とは言えないだろうな。」

T「となるとこれ以上の上昇はあまり期待できないと?」

M「何もリーマンショック前の水準に戻すことが目標ではないし、今後世界景気
が回復していくなら、リーマンショック前の水準よりも、まだまだ上値を目指す
という期待がある。そう考えれば、これ以上日本株買わないと言うことにはなら
ないだろう。」

T「まあ、ドル建てでなく日本円で見れば、今後為替が円安へと向かっていくな
らば、当然まだまだ上値余地はあると言えるわけだし、円安によって企業収益が
拡大するだけに、ドル建てで見ても割安感が出てくることになる。」

M「日経平均ついに11000円付けたが、11000円から12000円とい
うのは実は言うほどシコリがない。つまり真空地帯と言えるだろう。リーマンシ
ョック後に急落して通った道だけに、数日位しか11000円台での推移がない
。」

T「そういやそうだな。となれば意外と、ここから上値は軽いかもな。」

M「勢いついてしまえば、上げ足早めていくという可能性はあるかもな。」

T「ただ今の状況から、更に上げ足早めて上げていくというのは無理がありそう
だが・・・。」

M「確かに騰落レシオなど既に130%超えており、週明け全面高すれば150
%という水準まで跳ね上がる可能性もある。まあ昨晩の米国市場が中途半端だっ
たことや、配当権利落ち日だと言うことを考慮すれば、週明け全面高という期待
は乏しいけどな。」

T「いずれにしろ騰落レシオは高値水準であり、今後遅かろうがほぼ必ず調整し
てくることになるだろうからな。」

M「ああ。ただ騰落レシオは遅行指標だかな。確実に今後騰落レシオは下がって
いくんだが、それによって実際日経平均やTOPIXが即下がっていくとは限ら
ない。上手くいけば、それら指標は高止まりで、騰落レシオだけが下がっていく
と言うことはある。まあそんなことは非常に希だが。」

T「騰落レシオというのは東証1部の全銘柄の騰落から算出される事から、それ
が高くなってきていると言うことは、主力株だけでなく中小型株、つまり幅広い
銘柄が買われてきたと言うことだよな。」

M「ああ。最近の中小型株の堅調さを見れば、当然だよな。つまり中小型株調整
し一部の主力株だけしっかりという展開になっても、騰落レシオは下がっていく
事になる。」

T「そう言う展開になれば、まだましか・・。」

M「まあ日経平均は下がりにくくなるからな。ただ過去の例から言えば、騰落レ
シオが下落していけば、それに暫く遅れてから日経平均やTOPIXも下がって
いくことが大半だ。」

T「そう考えれば、このまま日経平均が11000円台を駆け上がっていくのは
難しいという訳か・・・。」

M「そうなるにしても調整後になるかもな。ただリーマンショック後、数日で1
2000円から11000円まで下がってきたように、数日で上げて行ければ調
整前に日経平均12000円と言うことはあるかもな。」

T「幾らなんでもそりゃ無理だろ。数日で駆け上がっていく程の材料は無いし、
まともに考えても落ちてくるより上げていく方が時間を要する。」

M「まあ理屈を言うなら、12000円から11000円まで日経平均下げると
言うことは8.33%下落すると言うことだが、11000円から12000円
まで日経平均上げると言うことは9.09%上昇する事になる。8.33%と
9.09%、これだけ見ても同じ差があるからな。」

T「確かに・・・。まあ調整するとしても、どうせ知れているだろうしな。」

M「まあ中長期トレンドが大きく崩れるような状況は考えにくいかもな。これで
ギリシャ破綻などとなれば別だが、もうそう言う懸念は恐らく無いだろうからな
。」

T「取りあえずEUもIMF活用する支援策に合意したわけだし・・・。」

M「まあギリシャだけでなく、今後ポルトガル、スペイン、イタリアなど続々と
ソブリンリスク強まれば怖いが、ギリシャと比べればそれらが財政懸念に陥る可
能性は低いからな。」

T「ただそれでも陥ったときは怖いけどな。」

M「ああ。まあ今回のギリシャ支援もドイツがぐだぐだ言っていただけに波乱含
みだったが、取りあえずIMF活用と言うことで合意した。IMF活用はもちろ
んユーロ圏にとっては良くないことだ。身内の問題は身内だけで片付けるべきだ
が、それを外部のIMFにも手助けして貰うってんだからな。」

T「そうだな。ユーロ通貨にしてもマイナスだろう。」

M「ああ。それだけに、ユーロ安は今後もまだまだ続いていくのかも知れない。
IMF活用せずユーロ圏だけで解決するならば、ユーロの底打ちって言う可能性
もあったんだけどな。」

T「まあ別にユーロの価値が下がっても、ユーロ圏は困らないだろ。」

M「そんなことはない。ユーロ圏の国内景気にマイナスとなる。単純にモノが高
くなるだろうし、それが景気を押し下げる。まあユーロ安で恩恵を受けるのはド
イツくらいじゃないのか。ドイツは輸出大国だ。ユーロ安でかなりドイツ経済は
恩恵を受けている。」

T「なるほど。ある意味、ユーロ安が終わり、ユーロ高へと転じてくると、ドイ
ツ経済にはかなりのダメージになる訳か・・・。」

M「ああ。ドイツがギリシャ支援に消極的だったのはそう言う背景があるのでは
と指摘する声も多い。ある意味、ユーロ圏の経済を支えているのもドイツの輸出
産業だと言えるだけに、ドイツの意見は無視するわけに行かないんだろうな。」

T「なるほど。まあ取りあえず、ギリシャ問題もこれで完全解決へと向かって欲
しいモンだな。」

M「完全解決となるには、まだまだ時間が必要だろう。ただ取りあえず懸念は後
退という期待はありそうだ。まあ、どうせまた突如として懸念視される場面出て
きそうだけどな。」

T「取りあえず実質新年度相場入りとなる来週の展開に注目しておきたい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。