(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.26【一時11000円を回復、昨年来高値を更新】

2010/03/26 11:04|未分類CM:2
寝坊した
起きたら10時だった
どうせ寄り天オワタだろと思った
とりあえず、よく分かんないんで1銘柄残して利確

黒崎播磨だけ下げてて
売ったら上がった

寄り底の銘柄が多くて
起きてたより良かったかもw

後場
あかーん
今日はツガミが弱いんで
引け間際に投げてくるかもなぁー
そうなると低位銘柄も連動して下げるかもなぁー
低位買うなら引け間際まで見て買おう
って思ってたのにチャートが良くなってきたんでつい買ったら
ハイ来たおちんちん
とりあえず一旦カッツしといた

引け間際オムロン来たー
と思ったら2130前後に出しといた指しが
完全に置いていかれて一個も買えてないとか

優待ANAとOLC取ってない
OLCは逆日歩ついても5800だから
買っとかなきゃいけないのに


[株式オープニングコメント]
欧州不安を吸収する
 ギリシャ問題を背景にEU首脳会議(サミット)の行方が注目されるため、全体と
してはこう着感が強いであろう。普天間問題や郵貯問題といった国内政局リスクなど
も警戒されるところである。ただし、ドバイ不安が後退。ユーロは対円で123円台に
上昇しており、結果的には輸出関連などの買い戻しにつながりやすい面もある。欧州
リスクが強まることによって先進国のなかで割安感が指摘されている日本株への資金
流入も意識されるところであり、こう着ながらも先高観の強い相場展開が想定され
る。
 また、本日は権利付き最終日となる。高配当で需給妙味が大きく、低PBRなどの
銘柄へは思惑買いが向かいやすいであろう。第一生命の取得のための売り圧力もない
ほか、日経平均は昨年の3月末価格を大きく上回っている状況であり、期末株価を意
識した不安定な動きも警戒されないであろう。配当狙いというより、これを狙った形
での上昇を取りに行く商いが中心とみられたが、2月からの上昇によって現在の株価
水準では配当落ち後の動向は気掛かりではないとみられる。EU首脳会議の行方は気
掛かりではあるが、新年度相場への期待は強く、素直に配当を取りに行く売買が活発
化しそうである。また、原発のほかスマートグリッドといった材料が散見されている
が、野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信が4月16日に設
定されることもあり、スマートグリッド関連への先回りの動きもありそうだ。
 なお、25日のNY市場はダウ平均は5.06ドル高の10841.21、ナスダックは1.35ポイ
ント安の2397.41。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比95円高の10865円、円建
ては同55円高の10825円。ADRの日本株は任天堂は小安いが、NTTドコモ、キヤ
ノン、ソニー、デンソー、京セラなど対東証比較(1ドル92.68円換算)で全般小じっ
かりだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅反発、ギリシャ支援に絡むユーロ急落で上げ幅縮小
・NYドル円相場、円安進行(92円67銭-69銭)
・欧州株全面高
・NY金相場、反発
・LMEニッケル先物、反発
・DRAMスポット、大幅続伸
・東証REIT指数、4日ぶり反発

弱気材料
・ギリシャ支援問題巡り欧州信用不安が高まる
・トリシェECB総裁、IMF関与のギリシャ支援を批判
・半導体株SOX指数、続落
・バルチック海運指数、8日続落

留意事項
・3月決算権利付売買最終日
・ギリシャ支援、独仏IMF活用で合意
・FRB議長、超低金利政策が必要と再表明
・ドバイ政府、政府系企業に8750億円支援
・政府、普天間移設で沖縄に2案伝達
・日産とダイムラー相互出資でルノー含め3社連合
・新日鉄、建設用鋼材最大の値上げ
・NY原油先物、小幅続落(1バレル=80.53ドル)
・NY債券市場、3日続落(10年債利回り0.027%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.360%)
・消費者物価指数
・EU首脳会議
・米09年10-12月期GDP確報値

[サポート&レジスタンス]
終値           10829
5日移動平均       10797
標準偏差+2σ      11021
レジスタンス(2)    10900
レジスタンス(1)    10865
ピボット         10837
サポート(1)      10801
転換線          10790
サポート(2)      10773
25日移動平均      10490
基準線          10483
先行スパンA       10289
100日移動平均     10234
200日移動平均     10144
先行スパンB       10108
標準偏差-2σ       9959

[ランチタイムコメント]
こう着、後場は材料株の商いも減りそうだが、先高観は強い
 日経平均は3日続伸。71.47円高の10900.32円(出来高概算8億9000万株)と、ザラ
バベースでは1月15日以来の10900円を回復して前場の取引を終えている。25日のNY
市場は欧州信用不安の高まりを嫌気して高安まちまちであったが、ユーロ円が123円
台に上昇していたほか、シカゴ先物も強い動きをみせていたこともあり、買い優勢の
スタートとなった。ただ期末要因から積極的な動きは限られており、その後は10900
円を挟んだ狭いレンジ内での取引が続いている。特に先物市場は10830-10850円辺り
でのこう着を強めており、物色は個別株に集中。騰落銘柄は値上り1051に対して値下
り451、変わらず180と値上り数が全体の6割を占めている。

 コア銘柄銘柄の一角が堅調なほか、機械セクターへの物色やスマートグリッド関連
といったテーマ銘柄の一角が物色されている。指数がこう着のなかで、需給妙味の大
きい銘柄や高配当、テーマ性のある銘柄での個人主導の売買は活発である。ただ、短
期筋のフットワークの軽いディーラーなどは期末要因から商いを手控えているとの声
も聞かれており、やや盛り上がりに欠けている状況。ツガミが引け間際に616円まで
急伸した後に588円まで上げ幅を縮めているのをみると、後場は材料株の商いも減り
そうである。
 とはいえ、日経平均は配当落ち分(約73円)を考慮してもSQ値の10808円を上回
っている状況であり、需給関係は良好であろう。全般はこう着としても、このところ
見られている大引けにかけての買い戻しとみられる動きも意識されるところである。
EU首脳会議の行方は気掛かりではあるが新年度相場への期待は強い。

[クロージング]
一時11000円を回復、昨年来高値を更新
3月26日の日経平均株価は3日続伸。為替市場で一時1ドル=93円手前まで円安が進行
したことを受け、輸出関連株を中心に買いが先行した。欧州ソブリンリスクの後退も
買い安心感を誘い、日経平均株価は約2ヵ月ぶりに10900円台を回復させると、後場は
アジア株市場の堅調推移が押し上げ要因となって上げ幅を拡大。3月期末の権利取り
を狙った買いも流入するなか、1月15日につけた年初来高値10982円を上回り、取引時
間中では08年10月3日以来の心理的節目11000円を回復した。
大引け概算の日経平均株価は前日比167.52円高の10996.37円。東証1部市場の売買高
は21億5094万株、売買代金は1兆4889.21億円。騰落銘柄数は値上がり1414、値下がり
178、変わらず90。
業種別では電気機器、食料品、機械、輸送用機器、化学などが上昇。個別ではパイオ
ニア<6773>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンク<9984>、ソニー<6758>、信越化<4063>
などが上昇。一方、サイバー<4751>、井筒屋<8260>、旭テック<5606>などが下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10996.37 +167.52
TOPIX966.72 +14.59
東証2部指数2220.05 +8.63
日経ジャスダック平均1264.39 +4.19
マザーズ指数439.90 -5.38
ヘラクレス指数616.93 -5.87
東証1部売買代金1兆4889億円
東証1部出来高21.50億株
東証1部騰落レシオ131.94%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は一時ダウ120ドル近くまで上昇する場面もあったが、引けにかけ
失速し主要指数は前日終値前後まで垂れて引けている。ダウ小幅高、ナスダック
は小幅安。新規失業保険申請件数が良かったことや、ギリシャ支援で独仏が合意
と報じられたことも好感。しかし実施された米国債入札が不調だったことや、ト
ルシェECB総裁がギリシャ支援でIMF活用を批判した事などが嫌気された。ただ為
替は円安進行となっており、日経平均は堅調に始まる展開。寄り後は底堅い揉み
合いが前場引けまで続いた。後場はアジア株高を好感して一段高に。日経平均は
1/15の年初来高値を更新し、節目の11000円付ける場面も。実質今年度最後の日経
平均は大幅高の年初来高値で終了。日経先物の主な買い越し証券は、クレディス
イスが突出、バークレイズ、UBS、フォルティス、メリル、みずほ、モルガンS。
売り越しはシティG、カブコム、ゴールドマン、BNPパリバ、マネックス、岡三、
トレイダーズ、野村、松井、SBI、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8802三菱地所 1491円 +39
堅調。昨日同社は今期業績予想の修正を発表。売上高、営業利益などは上方修正
となっているが、不動産市況の悪化に伴う大型プロジェクトの損失を計上し純利
益は大幅な下方修正となっている。嫌気する声も多かったものの、野村がこれを
うけ投資判断を最上位格上げしたことが好感された。多額の損失計上となるもの
の、財務懸念は乏しく、資産毀損リスクを整理した同社は評価出来ると指摘。ア
ク抜けとなっているようだ。この動きにより、今日は不動産株に堅調な銘柄目立
っている。ただ買い戻しの動きが多く、来週以降も買われていくと見る向きは乏
しい状況。

3858ユビキタス 235100円 -39900
大幅安。過熱感強い状況で派手な物色続いていたが、さすがに年度末最後の日で
ある今日は積極的な買いは見られていない。それよりも手仕舞い売りが終始優勢
の展開。週末で年度末最後の取引となって仕方ない動きだと・・。ただ同社の
「QuickBoot」への期待は変わっていないだけに、来週以降は再び買われる展開
になるのではと期待する声も多い。ただ上値は30万円でほぼ決まったのではと見
る向き多く、戻してもそこまであるかどうかだとの声も。

6773パイオニア 331円 +29
大幅高。大和が同社株の投資判断を3から1に格上げ、目標株価を450円に設定し
たことを材料視。公募実施以降軟調な展開続けていたが、今までのうっぷんを晴
らすように一気に25日移動平均線も上抜いて来た。ザラバ久しぶりに公募価格
332円を上回る場面も見られたものの、公募価格付近では戻り売り圧力も強いよ
うで、上値を抑えられている格好。来週は公募価格をしっかりと上回って推移出
来るか注目されている。超えられないと一旦下へ振れてから上値を目指すと言う
展開になりそうだと・・・。以前から同社株を強気とするアナリストも多いだけ
に、新年度相場入りとなれば中長期資金入ってくるのではと期待する声も。

8574プロミス 820円 +37
大幅上昇。特に新たな材料は出ていないが、今日は配当権利取り最終売買日と言
うこともあり、期末で20円の配当を実施する同社株に配当狙いの買い集まったよ
うだ。ただ週明けには理論上基準価格が配当分下げてしまうため、あまり意味無
いのだが、権利落ち後も配当分くらいは埋めてくるのではという見方もある様子。
また今日は配当分を払いたくない空売りしている向きの買い戻しも活発だったの
ではとという見方も。サラ金株が先行き依然として不透明だけに、権利落ち後は
改めて空売りしてくる向き多いのではと警戒する声も・・・。

6118アイダエンジニアリング 397円 +47
後場一時ストップ高まで買われる場面も。特に材料は見当たらないが、機械株の
出遅れ銘柄として短期資金により目を付けられた模様。今期赤字決算ながらPBR1
倍割れとなっており、今後業績回復を前提にすれば見直し余地まだあるとの見方
のようだ。普段それほど値幅大きく動くことは少ない銘柄なだけに、デイトレ的
な空売りも入ったようで、後場にはそれらが踏み上げられる格好に。踏み上げ一
巡後は上げ幅縮小する展開。基本的に続く物色ではないと見る向き多いが、今日
派手に物色されたことにより注目度は高まっており、物色続く期待もあると見る
市場筋もいるようだ。

===============
◆◇3/29(月)の主な予定!◇◆
===============
ライトオン、ウェザーニューズ、あさひ、ニトリなど決算発表
米2月個人所得・個人支出(21:30)
G8外相会合(~30日 カナダ・ガティノー)
[動いた株・出来た株]

*クボテック<7709> 26700 +5000
ファインテック2010への出展発表を材料視とも。

*郵船航空<9370> 1446 +138
近鉄エクスは小動きで、買戻しなどの需給面が主導の展開に。

*サクサ<6675> 165 +11
IP使った駅インターホン発売などと前日に伝わっている。

*トプコン<7732> 520 +32
大引けにかけて一段高、3D関連の一角としても関心か。

*日トムソン<6480> 619 +36
FA関連の一角が本日は人気化する格好に。

*日本光電<6849> 1755 +102
もみ合い上放れ追随の動き継続、大和では先週にヘルスケアの注目銘柄とも。

*新日鉄ソリュ<2327> 1679 +92
3日連続での大幅高、期末要因に絡んだ買戻しなどか。

*ソースネクスト<4344> 35300 -1250
依然として短期的な過熱警戒感からの利食い優勢に。

*ペガサス<6262> 259 -9
前日にはJUKIに連れ高する場面も見られたが。

*合同製鐵<5410> 211 -6
前引け後に業績下方修正、営業損益は26億円の黒字から23億円の赤字に。

*サンリオ<8136> 837 -23
短期的な過熱警戒感なども強まる格好か、利食い先行へ。

*ラウンドワン<4680> 607 -15
大和では既存店底打ち見えずとして「3」を継続。

*ABCマート<2670> 2908 -67
チヨダの格安靴発売なども競争激化懸念に。

*ゼンショー<7550> 706 -14
優待など権利落ち後の株価軟化など想定して。




(前場)
*アイダエンジ<6118> 381 +31
モーターコア向けプレス機の拡大期待など設備投資関連の出遅れとして。

*MonotaRO<3064> 1460 +100
海外で工具販売、米の親会社カタログ活用などと伝わる。

*パイオニア<6773> 323 +21
大和では投資判断を「3」から「1」、一気に2段階格上げへ。

*ユーシン<6985> 754 +49
第1四半期の好業績観測報道を材料視へ。

*アルプス電気<6770> 631 +35
メリルでは「アンダーP」から「買い」に格上げでインパクト。

*リズム時計工業<7769> 167 +9
再上方修正の公算大などとして、一部ではやす動きにも。

*ガリバー<7599> 3815 +205
底値到達感広がり前日からリバウンドの流れが鮮明化。

*ナブテスコ<6268> 1227 +57
建機向け油圧機器と鉄道車両用機器が拡大局面と。

*新光電気工業<6967> 1365 +62
目立った材料は見当たらない、取組妙味など比較的強いものの。

*オーエスジー<6136> 959 +42
目立った材料なし、買戻しの動きなど主導と見られるが。

*東京製綱<5981> 256 +11
目立った材料なく材料株物色の流れが波及の格好とみられるが。

*キトー<6409> 114900 +4800
世界大手企業との提携効果を引き続き期待材料視。

*日本電子<6951> 360 +15
前引け間際から上げ幅広げる、目立った材料は見当たらないが。

*大林組<1802> 413 +17
悪材料出尽くし感に加えて、ドバイリスクの後退も加わり。

*トラスコ中山<9830> 1466 +59
機械商社として設備投資関連株の強い動き波及も。

*大成建設<1801> 202 +8
モルガンでは建設セクターに対するポジティブレポートも。

*岡谷電機産業<6926> 338 +12
本日で8連騰、順調な値動きに関心も高まる格好か。

*プロミス<8574> 810 +27
配当権利取りの動きなども優勢となる展開か。

*鹿島<1812> 216 +7
ドバイ政府によるドバイワールドなどへの支援表明で安心感。

*ディスコ<6146> 5780 +180
東京エレクの上方修正なども製造装置メーカーには刺激か。

*安川電機<6506> 816 +25
基幹部材を全量内製化、サーボモーター75%増産と伝わる。

*井筒屋<8260> 51 -5
日証金では貸借取引で注意喚起措置と。

*平和不動産<8803> 288 -17
今期最終損益は16億円の黒字から88億円の赤字に。

*IIJ<3774> 200300 -7700
天井到達感など広がり前日より利食い優勢に。

*河合楽器<7952> 217 -8
年度末・週末要因から短期資金の換金売り圧力強まる。

*住友鋼管<5457> 536 -18
優待権利落ち後の処分売り活発化を先取りで利食いか。

*イオンディライト<9787> 1236 -40
チェルトとの合併発表も好材料視はされず。

*ケネディクス<4321> 25110 -770
処分売り止まず、年度末要因なども影響へ。

*ラサ工業<4022> 100 -3
前日急騰の反動、年初来高値更新で目先の達成感。

*中山製鋼所<5408> 136 -4
上げ一服感も広がって信用買い方の手仕舞い売り続く。

*日本配合飼料<2056> 105 -3
信用買い残など高水準、見切売り圧力強まる。

*システムプロ<2317> 57100 -1400
週初までの株価急騰の反動が続く。

*シロキ工業<7243> 247 -6
節目も割り込んで下値不安台頭する格好に。

*みずほFG<8411> 194 0
配当権利取りに対して権利取り一巡後の軟化先取りで売り買い交錯。

*三菱UFJ<8306> 476 +5
銀行株には第一生命上場に伴う換金売り一巡感も。

*日本電気<6701> 275 +5
ハイテク株の出遅れとして水準訂正の動き継続へ。

*日立製作所<6501> 330 +7
自治体向けクラウドコンピューティング事業強化策発表と。

*ツガミ<6101> 588 +14
本日も設備投資関連人気化で支援材料となる。

*日新製鋼<5407> 182 +2
大引けでインデックスファンドの組入れ需要が発生。

*鬼怒川ゴム<5196> 369 -7
年度内最終売買日で短期資金などの手仕舞いも。

*富士電機<6504> 254 +5
次世代送電網を外販へなどと報じられている。

*三洋電機<6764> 146 +1
パナソニックのリチウム電池工場完成報道なども刺激材料に。

*三菱地所<8802> 1491 +39
大型不動産損失処理で下方修正も悪材料出尽くし感に。

*日産自動車<7201> 771 +3
ダイムラーと相互出資で最終調整と報じられている。

*日本軽金属<5701> 127 -2
アルミ市況の軟化などをマイナス材料視で。

*トヨタ<7203> 3725 +20
米販売急回復と調査会社の予想など伝わる。

*ファナック<6954> 9900 +150
中国ではFAへの投資が本格的に拡大と野村では指摘。

*エーザイ<4523> 3450 -70
足元ではGSが新規に「売り」(コンビクション)としている。

*東京エレク<8035> 6120 +80
業績予想を上方修正、経常損益は100億円の赤字からトントンへ。

*SMC<6273> 12390 +370
野村では、中国でFA市場が拡大といったレポートも。

*住友不動産<8830> 1741 +45
CSでは目標株価を1790円から2200円に引き上げ。

*日東化工<5104> 96 +11
再上方修正期待や再編思惑などが昨日辺りからはやされる。

*ソディック<6143> 337 +24
設備投資関連の小型材料株として人気継続。

*オムロン<6645> 2120 +42
野村では目標株価を2250円から2500円に引き上げ。

*チェルト<3354> 1525 +133
イオンディライが株式交換で吸収合併、理論株価1658.8円にサヤ寄せ。

*ファーマF<2929> 31200 +2050
学会で「ボーンペップ」の新機能を発表予定であることを材料視。

*アンジェスMG<4563> 145000 +2700
パーキンソン病治療剤で特許成立との発表を好感。

*サマンサJP<7829> 68600 +5800
株主優待特別価格販売会の内容決定を材料視とも。

*オーケー食品<2905> 121 +28
期末配当の実施発表を好感。

*インフォテリア<3853> 77800 -9000
一時高値更新も、高値警戒感強まり利益確定売り優勢。

*スカイマーク<9204> 334 -32
直近安値を割り込み見切り売りが加速。

*鉄人化<2404> 41350 +2000
09年9月-10年2月期の業績観測報道を好感。

*TYO<4358> 93 +15
フィールズへの円谷プロダクションの株式譲渡に伴い、特別利益が発生。

*アスラポート<3069> 14500カ +3000
大証は監理銘柄指定を解除。
3月26日(金)

H「日経平均は年初来高値を遂に更新した。ザラバ中には2008年10月以来となる11000円を付ける場面も見られ、終値でも高値圏しっかりとキープして引けている。」

K「ああ。昨晩の米国市場は嫌な終わり方していただけに警戒されたんだが、為替が円安進行している事を好感され、輸出株中心に主力株が買われて日経平均を押し上げた。」

H「権利取り最終日と言うこともあり、底堅さは期待されていたが、まさかこれほど値を伸ばしてくるとは・・・。」

K「ただ先物主導ともいえる動きで、実需の買いが主力株に入って大きく上げたと言う感じでもない。それだけに手放しでは喜べないけどな。」

H「先物手口見ると、クレディスイスが大量に買い越している。既にクレディスイスは売り持ちから買い持ちに転換しており、ある意味、買い仕掛け的な動きだと指摘する声もあるようだ。」

K「そうだな。SQ日以降は完全に買い基調を続けているだけに、このまま来月のSQまで買い上がる気じゃないかと期待する地場者もいるからな。」

H「まあ来月のSQといっても再来週末だからな。たかだか2週間だけに、あり得ない話でも無いんじゃないのか・・。」

K「いずれにしろ年度末最後の日に高値を更新したと言うのは市場心理的にも悪くはない。」

H「そうだな。ただ懸念もある。昨晩の米国市場では7年債入札が行われたが、またしても不調に終わっている。それにより長期金利が上昇しており、相場の重しになった面もあるようだ。」

K「ああ。米ダウは一時100ドル以上も上げていたにも関わらず、終わってみれば微々たる上げだ。ナスダック指数などはマイナスに転じて引けており、先行き懸念を残した格好だといえる。」

H「しかも決して良くない長期金利の上昇だからな。まあ日本市場にとってみれば、日米の金利差が広がったことにより円安へと進行したので追い風になってはいるが・・・。」

K「ただこのまま米長期金利の上昇続くようだと、米国景気に悪材料となる。結果、日本の景気へも悪影響が及ぶため、喜んでもいられない。」

H「ただ一時的な要因との見方もあるだろう。米国債入札が不調だったのも・・。」

K「それなら良いけどな。いずれにしろ新規失業保険申請件数などは良かったし、弱気になるのも良くない状況だってことは確かだろうな。」

H「ああ。注目のギリシャ問題も、ドイツとフランスがIMF活用した金融支援策で合意したと報じられているし、ひとまず懸念は去ったといえるしな。」

K「出来ればIMFを巻き込むのは避けたかったんだろうけど、ドイツが駄々こねているだけに、仕方ないだろうな。ドイツが駄々こねているのは、やはり国民の反発が大きいからだろう。」

H「結局、ドイツ国民を納得させるには、IMF巻き込むしかなかったんだろうな。」

K「ああ。まあトルシェECB総裁はIMF活用を非難したものの、取りあえず合意に至ったことは好感できる。」

H「そうだな。まあいずれまた懸念視されるときが来るとは思うが、取りあえず一息付ける。」

K「確かにソブリンリスクは突如飛び出し、懸念再燃すると言うこともあるものの、市場もいい加減に抵抗力付いてきているだけに、ちょっとしたことでは驚かないだろうな。その内、市場は全く反応しなくなる可能性すらあるだろう。」

H「そうなりゃ幸いだ。来週からは実質新年度相場入りとなるだけに、期待したいモンだな。」

K「まずは来週しっかりと日経平均11000円台乗せられるかどうかだろう。付けただけ達成感出てしまうようだと意味はない。」

H「しかし週明けは配当落ち日だ。理論的には配当分の約70円程度日経平均下がることになる。つまり11000円台乗せるには、その配当分の70円のハンデを取り返せるかどうかにかかっている。」

K「権利落ち日に配当分を埋めるようだと、その後の展開が期待出来ると言われている。アノマリーだが、理屈もあっているよな。配当落ち日に配当分を埋めると言うことは、それだけ買い気が強いと言うことだし、配当権利取っても株価が下げてないと言うのは、ホルダー達に取って心理的に非常に良く得した気分となる。それが市場心理を好転させ翌日以降の買い気に繋がる。」

H「来週そう言う展開になれば良いけどな。」

K「ただ難しいだろうな。日経平均過熱感強まっているし、実質新年度相場入りといっても機関投資家はまだ様子見続けるだろうしな。ここまで様子見したら取りあえず4/1の日銀短観や第一生命上場を確認してからという向きも多いだろう。」

H「確かに。ただ海外勢はそんな事、気にせず買い向かってくるんじゃないのか。先週の投資主体別売買動向が発表されたが、外国人は大幅な買い越しとなっている。薄商いと言われつつも外国人はしっかりと買ってきている。」

K「先週は外国人の一手買いだな。先物も買い越しており、先週の相場を支えたのは明らかに外国人だったと言うことだ。まあ来週からは売り圧力も乏しくなることから、同じくらいの外国人の買い続けば上げていくと言う期待は確かにあるかもな。」

H「ああ、期待したいモンだな。」

K「取りあえず今晩の米国市場どういう展開を見せるのか注目したい。昨晩は嫌な終わり方しているだけに尚更注目だ。」
2010.3.26先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ミャンコ先生こんばんわ!
私は、優待「ワタミ」を取ってみました。
現物の買いと、信用の売りで両建てしたつもりが、
現物しか入ってなくって、微妙な感じです。。
オリエンタルランド、私も見逃してました!!
メロ #-|2010/03/27(土) 00:57 [ 編集 ]
メロさんどもー
信用買いと信用売りの両建てから
信用買いを現引きの方が手数料少なくすむ証券会社が多いかな
ミャンコも岡三オンラインのツールの反応が遅くて
2回押したのか買いが倍入ってた銘柄が…
OLCは何枚入れようか迷ってて後回しにしたら忘れてましたw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/03/27(土) 14:05 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。