(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起きたら為替が動いてた

2008/09/15 12:38|未分類CM:4

米リーマンHD、破産法適用を申請の見通し=米紙
2008年 09月 15日 09:31
[ニューヨーク 14日 ロイター] 米紙ニューヨーク・タイムズは複数の関係筋の話として、米投資銀行大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破産法の適用を申請する見通しだと報じた。

 同紙はリーマンが親会社であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破産法適用を申請し、同社の清算を進める間、子会社は引き続き支払い能力を有するとしている。

 また、リーマンの段階的縮小を秩序だって行えるよう銀行団が支援すると伝えている。

バンカメ、メリルリンチを1株29ドルで買収へ=米CNBC
2008年 09月 15日 11:03
[ニューヨーク 14日 ロイター] 米CNBCは14日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を引用し、米大手銀行のバンク・オブ・アメリカがメリルリンチ(MER.N: 株価, 企業情報, レポート)を1株29ドルで買収すると報じた。

米FRB、融資制度の受け入れ担保拡大を発表
2008年 09月 15日 11:37
[ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は14日夜、流動性を確保し、市場の混乱の拡大を回避するための一連の措置を発表した。経営難に陥ったリーマン・ブラザーズの売却交渉が不調に終わったことを受けたもの。

 FRBは、金融機関がFRBから融資を受ける際に差し入れる担保の種類を拡大する。また、流動性増大に向けて、ターム証券貸出制度で実施する入札の規模も拡大する。

米リーマンが破産申請の可能性、メリルはバンカメが買収へ
2008年 09月 15日 12:26
[ニューヨーク/ワシントン 14日 ロイター] 米金融セクターは14日、投資銀行大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破産法適用申請見通しや大手銀バンク・オブ・アメリカによるメリルリンチ買収の見通し、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の資産売却見通しといった前例をみない規模の激震に見舞われた。

 この日の展開は、住宅市場のバブル崩壊と信用危機が13カ月目を迎える中、ウォール街や米政府が選別的救済の必要性を認識した可能性を示唆している。

 経営危機に直面する米リーマンの救済策をめぐる週末の官民協議は、3日目となる14日、リーマンの不動産関連資産など不良資産を除いた残りを買収する最有力候補とみられていた英銀大手バークレイズが交渉から撤退した。

 これをきっかけにリーマンが破産法の適用を申請するとの見方が強まり、デリバティブ(金融派生商品)市場は14日、ディーラーがリーマンに対するエクスポージャーを減らせるよう緊急に市場を開いた。

 国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)は声明で、ニューヨーク時間(米東部時間)の午後2時(日本時間15日午前3時)から2時間、デリバティブ市場を開くことを明らかにした。市場筋によると、その後2時間延長されたが、引け後もリーマンへのエクスポージャーを縮小する動きが続いている。

 取引されているのは、クレジット、株式、金利、外為、商品のデリバティブ。市場筋によると、休日の特別取引は連邦準備理事会(FRB)の要請により始まった。リーマンが破産申請した場合のリスクを減らすことが目的。

 声明によると、「取引は、ニューヨーク時間の14日午後11時59分(日本時間15日午後零時59分)までのリーマン破産申請を条件とする。もし申請がなかった場合は、取引はなかったものとする」としている。

 米債券運用会社PIMCOのビル・グロース氏は、取引は「かなり少なくおそらく総額10億ドル程度だろう。しかし社債のスプレッドはかなり拡大した」と述べた。

 一方、リーマンの破産申請見通しを受けて米株価指数先物は急落、S&P総合500種指数は36.40ポイント安の1222.10をつけた。ドルはニュージーランド外為市場の15日朝方の取引で対ユーロ、対円で下落した。 

 リーマンの救済策をめぐる官民協議では、ポールソン財務長官のスタンスが今回の結果をもたらす要因の一つとなった。

 関係筋によると、長官はリーマンの危機解決を目指したいかなる合意にも公的資金を投入することに強く反対した。

 また別の関係筋によれば、そうした政府の保証のないことが、バークレイズの交渉撤退決定の最大の理由だったという。

 リーマン救済策としては、同社の不良資産を分離する案が選択肢の一つとして検討された。この選択肢が破産法適用申請に含まれているかはこれまでのところ明らかではない。

  またウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙はAIGが航空機リース事業を含む資産を売却する見通しだと伝えた。

09月15日13時35分米リーマン・ホールディングスが連邦破産法11条を申請へ
米系証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは15日、連邦破産法11条を申請した。

09月15日13時41分米リーマンが破産申請、悪材料の出尽くしでドル安一服=13日アジア外為
13日アジア外為市場では全般的にドル急落が一服。
米系証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが15日、連邦破産法11条を申請する一方、ブローカー・ディーラー業務の売却を模索する方針を示したことから、短期的な悪材料の出尽くしという思惑が広がった。
一方で保険大手AIGを始め、経営不安予備軍の金融機関は残されており、週明けNY市場オープンまで新たな金融不安と当局の政策対応に一喜一憂するナーバスな展開が続くと見られている。

リーマン破綻

09月15日14時05分米株先物が下げ止まり、リスク回避の円高一服=15日アジア外為
15日アジア外為市場ではドル/円、クロス円で円高(外貨安)が一服。
経営難に陥っていた米大手証券のリーマン・ブラザーズが米連邦破産法11条の適用を申請すると発表し、とりあえずの悪材料が出尽くしたことから、シカゴ先物の米国株が大幅安後に下げ止まりに転じてきた。その流れからリスク回避による円買い・外貨売りが小康状態となっている。
ドル/円、クロス円とも先週末のNY終値から週明けは値が飛ぶ形で円が急騰(外貨が急落)し、ギャップ(隙間)が見られることで、窓埋めの外貨反発(円反落)の潜在エネルギーも注視されている。

一方でリーマン破綻の余震や連鎖的な金融危機への警戒感は根強い。週明けNY市場のオープンにかけて、新たな金融危機と当局の政策対応に一喜一憂するという、ナーバスな地合いが続くと見られている。

14:05時点、ドル/円は106.00-05円、ポンド/円は191.00-05円。

09月15日15時10分リーマン破綻とメリル買収、海外資産・拠点の整理によるドル転脚光
米国の証券界では業界4位の大手証券リーマン・ブラザーズが15日未明、連邦破産法11条の適用を裁判所に申請すると発表した。一方、米大手銀行バンク・オブ・アメリカは、米大手証券メリルリンチの買収で合意したと発表した。
こうした米金融界の激震は、為替相場でのドル安材料として注目を集めている。
一方でリーマンやメリルともに、今後は保有する海外資産や海外拠点の整理清算・統合という作業に着手することになる。こうした海外資産の処分や縮小と捻出された資金のドル転(本国送金)が、「混乱の二次的影響」としてドル高要因となる可能性が注視されつつある。

09月15日18時58分ドル/円反発、105円台を回復=15日欧州外為
ドル/円は一時104.55円前後まで下値を広げたが、中国人民銀行の利下げ発表をきっかけに反発に転じて、105円台を回復した。もっとも、欧州株や米株先物が引き続き軟調に取引される中で、ドルの戻りは今のところ鈍くなっている。尚、欧州中銀、英中銀、そしてスイス中銀は、金融市場での信用逼迫に対処する為、緊急の資金供給を実施したが、根強い金融不安の中で、株式市場や為替市場への影響は今のところ限定的に留まっている。

18:56時点、ドル/円は105.10-15円、ユーロ/円は149.70-75円で推移。

スポンサーサイト
コメント
みゃんこ先生いつも情報ありがとうございます。
実は参考にさせてもらってる優待情報の9月末②の
リンク先が三月分④になってます。
暇な時に修正お願いします(*_ _) ペコ
(^・ω・^) #-|2008/09/16(火) 08:25 [ 編集 ]
はじめまして。

ケネの売で先月分のプラス飛ばしてしまいまった。持ち越ししないルール守ってたのにちょっとした緩みで持ち越し。

ルール守れない時点で専業では食ってけそうにないので、大損する前に、今日で株辞めます。水曜から売持ちしてマイナスって我ながらスゴイセンスだし。

あんな店板でS高貼り付けの刑、さすがに恐怖感じました、正直あそこまで酷いのは取り締まって欲しいけど、負け犬の遠吠えですね。

でもなんで最近はCCCとかユアサの売していたのに水曜ケネに行ったのか自分でも不思議です。魔が指すってあるんですね。

ミャンコ先生のブログにはかなり助かりました。

ありがとうございました。
鰯 #-|2008/09/16(火) 09:57 [ 編集 ]
(^・ω・^)さん、報告ありがとうございます!v-222
速攻直しときました!
とりあえず更新済みなんで使ってください!
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/09/16(火) 21:10 [ 編集 ]
鰯さん、ケネディクスは大人がめちゃくちゃしてましたね
ああいうときは速攻大人側につくしかありません
今日も大人が買ってた様な銘柄は一回は逃げ場がありますし
今はかなりむずい相場なんで
もっと地合いが良くなったら帰ってきてくださいv-222
ミャンコ先生。 #sSHoJftA|2008/09/16(火) 21:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。