(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキ踏んだら急加速したとかブレーキを踏んでも聞かずに加速し続けたとかありえないからwと思ってたけど、どうやらブレーキとアクセル踏み間違えらしいよ

2010/03/13 22:01|未分類CM:0
急加速がアメリカでしか起きてないのも
自分のミスを他人に擦り付けるアメリカのお国柄なのかね

・急加速の原因はブレーキとアクセル踏み間違え NYタイムズ紙で大学教授指摘
・プリウス暴走はねつ造?被害男性「でっちあげ」疑惑浮上
・トヨタ急加速の再現、米ABCテレビが映像操作

トヨタはとんだとばっちりを受けたね

=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週も非常に堅調な1週間だった。日経平均は先週末に三角持ち合い上離れ
となり、今週は節目の10500円も突破し、それを一度も割り込むことなく週
末更に上げてきた。」

M「日経平均は一ヶ月半ぶりの高値水準であり昨年来高値がいよいよ見えてきた
。」

T「このまま年度末へ向けラストスパート的に駆け上がっていくんじゃないのか
。」

M「だったら凄いけどな。まあそうならずとも、昨年の3月にバルブ後の最安値
を付けてから、今年の3月にここまで上昇してきたんだ。取りあえず2009年
度相場は非常に良い相場だったと言えるだろう。」

T「ああ。ただボロボロに下げてきた後の相場だけに投資家の印象としては、良
い相場だったといえる人も少ないんじゃないのか・・。」

M「どうだろうな。まあ個人投資家の中には昨年度の暴落相場で塩漬けになって
しまった株を今年度の上昇で何とか逃げられたとか言う人も多いかもな。また塩
漬けだらけで身動きできず、今年度の上昇相場の恩恵を殆ど受けていないとかな
。」

T「まあそう言う人たちに取っては確かに良い相場だったとは言えないのかもな
。ただ塩漬け銘柄が処分出来たり、含み損が大きく減ったりしているのは確かだ
ろうし、やっぱりそう言う人たちに取っても良い相場だったと言えるだろう。」

M「確かにそうだが、投資家に取って本当に良い相場だと思えるのは基本的に大
きく儲けたときだ。損が減ったとかいうのは儲けたわけとは違うため、良い相場
とは言えないだろう。」

T「なるほど。また昨年度の暴落相場で全て投げ打った投資家も多いだろうから
な。そう言う人たちは、即買い直すなんて事は当然しないだろうし、ある程度上
げてくるまでは手出しはしにくいモンだ。それだけに結局随分高くなってきてか
ら買っていると言うこともある。」

M「ただ中には、暴落時に長期目的で買い向かった投資家も少なくない。実際リ
ーマンショックがあった2008年10月には個人投資家が現金で1兆円以上買
い越している。」

T「そう言う人たち取ってみれば、今年度は非常に良い相場だったと言えるんだ
ろうな。」

M「ただある意味、一番で遅れているのは海外勢と言えるかもな。海外勢が本気
で日本株を買いに来たのは昨年12月と今年の1月だ。」

T「そうだな。ただ今後長期的に見て、全体的にまだまだ上げていくと考えれば、
決して今の水準で買っても出遅れと言うことにはならない。」

M「ああ。長期的に見ればまだ安値水準と言えるだろうし、本当の上昇はまだま
だこれからだろう。」

T「ただこのまま上昇続けていくような展開になるとは、まだ言い切れないよな
。景気だって世界的な金融緩和や景気刺激策によって維持している面もあるだろ
う。やはり景気が自律回復していかないことには・・・。」

M「金融緩和や景気刺激やめて、景気回復が止まってしまうと言うようなモノじ
ゃ困るからな。そう言う意味でも今年度は正念場かも知れない。」

T「確かにそうだな。既に資源国や新興国には金融引き締めに動いている国もあ
るが、これから先進国も徐々に引き締めに動いてくる可能性が高まっている。」

M「それに景気刺激策だって来年度中に終わるモノも多いだろうし、それでも景
気回復を続けていけるかどうか・・・。」

T「そうだな。そう考えれば確かに正念場かもな。」

M「それらを乗り越えられれば、いよいよ本格的な景気回復というか景気拡大と
なっていけるかもな。その時には相場も本格的な上昇基調相場となる。」

T「過去で言えば2005年の夏頃から始まった本格的な上昇相場のようにだな
。」

M「ああ。あの時は日銀政府共に景気の踊り場脱却宣言を行い、それが海外勢の
買いに火を付けた。今はまだ踊り場にも達しておらず景気最悪期からの回復場面
だ。このままV字回復続けて行ければ良いが、基本的にそれは難しく必ず踊り場
局面が出てくることになる。」

T「それが4月からの来年度には来ると言うことだな。」

M「恐らくな。踊り場短期間で済めば良いが、長期に渡ると相場も長期間ボック
ス相場と言うことになりかねない。」

T「ただ再び下落相場となるよりはマシだろう。」

M「もちろんそうだけどな。とにかく踊り場局面の時は、相場もボックス相場と
なることが多い。」

T「まだ踊り場局面となっていないことから、相場も上昇基調続ける期待はある
という事だな。」

M「そうだな。」

T「ただ日本はデフレ状態だからな。基本的にデフレ状態では株価は上昇しない
だろ。」

M「そんなことはないだろう。そもそも日本はずっとデフレ状態なんだよ。そも
そもデフレ脱却宣言をやっていない。月例経済報告では2006年6月を最後に
デフレの文字は消えたものの、正式なデフレ脱却宣言は行っていない。つまり脱
却する前に再びデフレに陥ったと言える。」

T「というか、デフレがずっと続いていると言うことだな。」

M「ああ。しかし株価は2007年までしっかりと上昇していたからな。仮に本
当にデフレ脱却で来てれば、株価はもっと上昇していたかも知れない。」

T「今回の景気回復局面ではデフレ脱却出来るようになれば良いけどな。」

M「そうだな。金融緩和を長期間に渡って続ければ、脱却出来るかも知れないが
、景気回復基調続けていけば金融緩和続けるわけにも行かなくなるからな。難し
い話だ。」

T「結局、日本の場合景気回復と言っても完全に外需頼みだからな。国内景気は
良くなってはない。外需産業だけが景気回復していっても、国内産業が回復して
いかないとデフレはなかなか解消されないだろう。」

M「ああ。その通りだ。それだけに内需を何とか回復していくことが必要となる
。それには国策が非常に重要だ。」

T「そうだな。まあ期待したいモンだ。」

M「取りあえずSQ通過後となる来週の相場どうなっていくのか注目だな。」

T「ああ。幻のSQ値となっただけに、そのSQ値がかなり意識されるとは思う
が、案外あっさりと超えていくかもな。今の強さだと・・。」

M「まあ超えたところで更に上値取れるか疑問もあるが・・。結局、来週の日米
の金融政策決定会合にかかっていると言えるかもな。それによって円安進行する
ようならば、日本株の期待強まるだろう。」

T「そうだな。まあ来週くらい一服となっても悪い気はしないが、こうなりゃ、
とことん強い相場見せて貰うのも悪くはないかもな。まあどうなるのか注目した
い。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。