(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11【4月に向けた金融緩和期待を強めたトレンド】

2010/03/11 11:13|未分類CM:4
調整終了か
今日はどの銘柄も朝から気配が良かった

基本、低位銘柄持ち越し
プロミスより低位のアイフルだろうと持ち越してみたけど
普通にプロミスだった
クラリオン持っていたのに奇跡の逆指値発動185利確
ありえない…
ちょっと高いかなと思ったけど強さを信じてソニー
こいつは強かった
あとは三菱商事とか丸紅よりチャートがきれいだってことで
伊藤忠とか三井物産とか商社持ち越し
三菱商事とか丸紅より上がってくれた

場中は戻ってきたんで795あたりでプロミス売ってみた
ダウンティックじゃ2500株(50単位)しか売れないんで
アップティックで売ってみたけど
岡三オンライン、アップティックでも2500株までしか指せないとか
やっぱし売りやりづれ

後場
お昼休みに中国が指標を受けて下げたら50円下から
今度は上昇に転じたらふみ上げ
なんなのこの市場
しっかり寄りで逆指値引っかかったがなー

上昇前にソニー買ったら
なぜか後場の最安値で逆指値引っかかってカット
その後上昇
反応おっせ

ワンピースでも読むよ
ネタバレだよ


[株式オープニングコメント]
SQ通過後のアク抜けを先取りする
 明日12日の先物・オプションSQを前に大きな動きは出難いところではあるが、日
経平均はこのところの上値を抑えられている10600円レベルをとらえてくる可能性は
ありそうだ。NYダウは2.95ドル高ではあるが、金融関連主導の上昇となっているこ
と、ナスダックの強い動きなどハイテク株の上昇が波及しそうである。また、為替市
場でもドル、ユーロともに若干ながら円安傾向にあることも材料視されよう。どちら
かというとリバランスの動きにとどまっていた面があったため、金融、ハイテクが強
い動きをみせることによって、指数へのインパクトは強い。
 また、SQ前に10600円を捉え、権利行使価格10500円と10750円との中心値である
10625円を超えてくるようだと、ショートカバーを誘発させる動きを強めてくること
も考えられる。SQ絡みの商い、参加者も限られるため勢いはなさそうだが、明日の
SQ通過によるアク抜けを意識した先高観は強まることになりそうだ。一方、これま
で通りSQ週にみられるこう着が続いたとしても、テクニカル面では調整が必要なと
ころであり、調整歓迎ムードとなる。3月期末要因に伴う持ち合い解消といった売り
圧力が感じられず、一方で4月に向けた追加の金融緩和期待によって押し目買い意欲
は強いため、押し目待ちに押し目なし、といった底堅い展開となろう。
 物色としては金融、ハイテクセクター。そのほかは個人の活発な売買による材料系
の銘柄に向かいやすい。また、直近で上方修正し、その後調整している低PBR銘柄な
どへは見直し買いなども観測されている。上昇基調にある銘柄へは踏み上げ狙い、調
整していた銘柄へは見直しといった先高観を意識した流れに。
 なお、10日のNY市場はダウ平均は2.95ドル高の10567.33、ナスダックは18.27ポ
イント高の2358.95。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比50円高の10620円、円
建ては同45円高の10615円。ADRの日本株はコマツ、日電産、ソニー、京セラ、ホ
ンダ、キヤノン、オリックス、NTTなど対東証比較(1ドル90.51円換算)で全般堅
調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅続伸、卸売在庫の減少を好感
・半導体株SOX指数、3日ぶり反発
・バルチック海運指数、反発
・DRAMスポット、3日続伸
・東証REIT指数、3日ぶり反発
・政府、月例経済報告で景気判断を上方修正へ

弱気材料
・NY金相場、3日続落
・LMEニッケル先物、大幅続落
・普天間移設問題など政局リスク
・ブラジル資源大手、鉄鉱石9割値上げ提示

留意事項
・EU、クロマグロの国際取引禁止案を支持
・NYドル円相場(90円50銭-52銭)
・欧州株小動き
・NY原油先物、反発(1バレル=82.09ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.021%上昇)
・長期金利、変わらず(10年債利回り1.300%)
・10-12月期GDP改定値
・オフィス空室状況
・中国2月消費者物価、小売売上高、鉱工業生産
・米1月貿易収支
・米新規失業保険申請件数
・ブラジル10-12月期GDP

[サポート&レジスタンス]
終値           10564
5日移動平均       10446
レジスタンス(2)    10608
標準偏差+2σ      10605
レジスタンス(1)    10586
ピボット         10567
サポート(1)      10545
先行スパンA       10532
サポート(2)      10525
転換線          10339
基準線          10230
25日移動平均      10225
100日移動平均     10182
200日移動平均     10075
先行スパンB       10029
標準偏差-2σ       9846

[ランチタイムコメント]
先高観強いが、いったんは利益確定に傾きそう
 日経平均は反発。94.24円高の10658.16円(出来高概算8億8000万株)で前場の取引
を終えている。NY市場の堅調な相場展開と為替市場での円高修正の流れを受け、日
経平均は10600円を回復してのスタートとなった。明日12日の先物・オプションSQ
を控え、このこところ上値を抑えられていたレベルを超えてきたことから、ショート
カバーの流れも強まったようである。ただ、中国の経済指標の発表を控え、これを見
極めたいとのムードもあって、日経平均は10620-10660円辺りでの狭いレンジでのこ
う着だった。セクターでは海運やノンバンク、卸売、不動産、機械などの上昇が目立
つ。東証1部の騰落銘柄は値上り1195に対して値下り313、変わらず150と、値上り数
が全体の7割を占めている。
 日経平均は直近抵抗の10600円レベルを捉えてきている。明日の先物・オプション
SQを前に、権利行使価格の10500円と10750円との中心である10625円を超えてきて
おり、こう着ながらも基調の強さがうかがえる。こう着が続くとみられるが、先高観
によって権利行使価格10750円への意識も強い。
 なお、中国の経済指標については、PPI(生産者物価)、CPI(消費者物価)
ともに市場予想を若干上回り、PPIは3ヶ月連続のプラス、CPIは4ヶ月連続のプ
ラスだった。予想の範囲内であることや全人代が開催されていることもあり、金融引
き締めの動きが強まるといった嫌気ムードにはつながらないであろう。ただ、円相場
が若干ながら再び円高傾向にあるため、上値を意識したトレンドは弱まる可能性があ
る。先高観は強いながらもSQを控え、いったんはポジション調整による利益確定の
動きも出てくる可能性はありそうだ。調整があるとすればショート戦略ではなく、押
し目狙いでのロングポジションに妙味があろう。

[クロージング]
4月に向けた金融緩和期待を強めたトレンド
 日経平均は反発。101.03円高の10664.95円(出来高概算18億2000万株)と、本日の
高値で取引を終えている。中国のCPI(消費者物価)を受け、利上げ警戒から後場
寄り付き直後辺りに弱含む場面もみられたが、下を売り込む流れにはならなかった。
反対にCPIは春節の要因が無くなることから、今後は上昇ペースは鈍化するとの見
方もあり、大引けにかけては再び先物主導で強含んでいる。日中の値幅は小さいもの
の高値レベルでの推移が続き、明日のSQ通過後のアク抜け期待も強まっている。東
証1部の騰落銘柄は値上り1280に対して値下り281、変わらず104と、値上り数は全体
の8割近くを占めている。規模別指数では小型株指数の伸びが目立っており、個人投
資家による物色意欲の強さもうかがえる。
 225先物は3月物は10680円の高値、6月物は10610円で取引を終えた。3月配当落ち分
が70円程度であるため、明日以降、現物とのスプレッドが-70円弱で推移するようで
あれば、心理的にも先高観につながりそうである。週末要因や中国の利上げ警戒、為
替市場の動向などから手掛けづらい面はあるが、SQ通過によって4月に向けた金融
緩和期待を強めたトレンドが期待される。先駆した銘柄などは一先ず利益確定といっ
た見方になるが、調整があるとすればショート戦略ではなく、押し目狙いでのロング
ポジションに妙味があろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10664.95 +101.03
TOPIX930.38 +7.94
東証2部指数2125.62 +8.25
日経ジャスダック平均1227.79 +0.58
マザーズ指数416.82 -0.26
ヘラクレス指数589.87 +3.58
東証1部売買代金1兆1548億円
東証1部出来高18.28億株
東証1部騰落レシオ102.96%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅高。金融株が買われて相場を支えた。ただ指数の上値は重
く手控え感も強い状況。為替は円安で返ってきており、日経平均堅調に始まる展
中国市場が下落。それをうけ後場は売り優勢の展開。中国関連株などが売られ日
経平均上げ幅縮小。しかし売り一巡後は徐々に戻す展開に。結局、上海市場も切
り返してプラ転したことから、日経平均は先物の買い戻しにより今日の高値まで
戻して高値引け。日経先物の主な買い越し証券は三菱UFJ、バークレイズ、楽天、
松井、フォルティス、オリックス。売り越しは野村、シティ、クレディスイス、
メリル、水戸、ゴールドマン、BNPパリバなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4680ラウンドワン 611円 +46
大幅高。昨日同社は第4回新株予約権付社債の強制転換価格が530.9円に決定した
と発表。これによりアク抜け感強まったようだ。ただ寄りつきから買われている
訳でもないため、単純にこれを好感されたというよりは単なる物色のきっかけに
なったに過ぎないとの見方。同社株は最近横ばいの展開続けており、チャート的
にも煮詰まっていた状態だけに、つつけば動きやすい状況だったようだ。低PER、
PBRは1倍割れ、配当利回りも悪くないことから、動き出せば物色資金集まりやす
い銘柄。動意付いたことを気に、見直し買い継続すると期待する市場筋も多いよ
うだ。

8572アコム 1448円 +102
連日の大幅上昇。今日もサラ金株しっかりとなっている。今朝の日経新聞では同
社は3月中に機関投資家向けの3年債を発行し100億円程度を調達すると見通しだ
と報じられている。既に発行している社債の償還原資などに充てられるようだと。
これにより目先の資金繰り懸念後退したとの事から好感されているようだ。また
同社が3年以上の社債を発行するのは約1年9ヶ月ぶりとのことで、厳しかったサ
ラ金業界も資金調達環境が改善してきたといえ、先行き不安がやや後退したとの
見方も・・・。ただ武富士、アイフルはマイナス引け、プロミスも上げ幅縮小し
て引けている事から、目先上値も限定的になりそうだとの声も。

6667シコー 99200円 +15000
ストップ高だが、売り物残して引けている。電子情報技術産業協会が発表した、
1月の携帯電話・PHSの国内出荷台数は、前年同月比8.7%増となった。増加は
3ヶ月ぶりとのことから、関連株として好感されたようだ。同社は携帯電話用振
動モーターを手掛けており、携帯電話出荷増は業績拡大に繋がるとの思惑。先月
後半から随分と買われてきており、節目の10万円も近くなった事から更に上値追
うにも調整が必要ではと見る向き多い。明日以降10万円で達成感出るのか、10万
円台に乗せ、大台固める動きになるか注目されると・・。

2196エスクリ 692円 +50
大幅に反発。前場軟調だったが後場急騰している。今朝の日経産業新聞では婚礼
関連サービスの内製化を進めると報じている。2011年3月期中に既存施設で衣装や
美容、写真などを担当する従業員を新たに採用し、自前でサービスを開始すると
・・。ただ前場は624円まで売られる場面見られ上場来安値を更新していただけに、
この報道を好感されて買われたと言うわけでも無さそうだ。いずれにしろ上場初
のプラス引けと言うこともあり、明日もリバウンドの動きとなる期待あるのでは
と見る向き多い。今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料株の一つ。

9813トッキ 394円 +38
大幅高。野村の3Dテレビ製造装置市場のレポートが刺激になっている模様。3Dテ
レビ普及拡大により液晶製造装置メーカーは3Dテレビ用有機EL開発により将来的
に恩恵を受けると指摘している。そのレポートでは同社株や6728アルバック、
6871日本マイクロニクス、7731ニコンを取り上げているようだ。いずれも3Dテレ
ビ関連銘柄としては意識されていなかった銘柄なだけに、新たな3Dテレビ関連銘
柄として注目度高まった様子。大型株であるニコンは上げ小さいものの、他の銘
柄はしっかりと買われている。小型株のトッキが一番上昇率高くなっている。

===============
◆◇3/12(金)の主な予定!◇◆
===============
先物・オプションSQ算出日(メジャーSQ)
2 月オフィス空室率
SUMCO、HIS、ミライアル、フルスピード、ストリーム、田崎真珠など決算発表
IEA月報
インド1月鉱工業生産
米2月小売売上高(22:30)
米3月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:55)
バンクーバー・パラリンピック開幕(~21日)
トリシェECB 総裁が米スタンフォード大学で講演
[動いた株・出来た株]


*住江織物<3501> 187 +16
前日からもみ合い上放れ、買戻しの動きが活発化へ。

*栗本鐵工<5602> 119 +8
株価水準の値頃感や動きの軽さを要因に短期資金の物色が続く。

*ダイエー<8263> 315 +20
前日から底打ちムード強まる展開、月次回復期待なども高まるか。

*ネットワン<7518> 104300 +6600
シスコのルーター開発なども手掛かり材料となってきたか。

*日立造船<7004> 135 +8
業績修正とともに期末の2円配当実施を発表で。

*フージャース<8907> 16970 -720
業績修正を受けて前日に急伸した反動も。

*日トムソン<6480> 571 -23
上値の重さ嫌気、連日で伸び悩みの動きが続き。

*新日本無線<6911> 276 -9
短期的な過熱警戒感から利食い売りが優勢となる。

*アイフル<8515> 135 -4
前日は消費者金融株が一斉高の展開となったが。

*三菱製鋼<5632> 170 -4
鉄鋼株安の流れにも押される格好へ。

*GMOペイ<3769> 111500 -2600
信用高値期日通過中などで需給悪化か。

*ヤマタネ<9305> 131 -3
前日に年初来高値を更新、一旦達成感も強まる格好へ。

*ケネディクス<4321> 27140 -620
2営業日で約8%上昇した後だけに。


(前場)
*ホウスイ<1352> 139 +28
大西洋クロマグロ禁輸の可能性から水産株に関心向かう展開へ。

*東都水産<8038> 167 +15
海外でマグロ畜養事業なども手掛けており。

*アコム<8572> 1460 +114
月内に3年物SBを発行する見通しとの報道で。

*CFSコーポ<8229> 563 +42
引き続き、イオンによるTOBプレミアムを期待視で。

*第一中央汽船<9132> 271 +19
ラジオNIKKEIで取上げられているもよう。

*帝国ピストン<6463> 591 +37
買い戻しを主導とした上値追いの動きが続く格好で。

*石井鉄工所<6362> 176 +11
昨年末以降の抵抗線を突破で上値妙味も広がる格好に。

*クラリオン<6796> 194 +12
売り残急増に伴う需給妙味の高まりをはやして。

*日本化学工業<4092> 205 +12
リチウム電池関連との位置づけだが、目立った新規材料は観測されず。

*日本カーバイド<4064> 188 +11
足元の業績回復や取組妙味などを引き続き評価で。

*日本冶金工業<5480> 300 +17
中国におけるステンレス需要の高まりなど材料視とも。

*セイコーHLDG<8050> 213 +12
普及価格帯腕時計を拡充へと言った報道など材料視と。

*アイダエンジ<6118> 323 +18
設備投資関連株の一角として資金の矛先が向かう。

*オークマ<6103> 635 +35
本日も工作機械各社は総じて買い進まれる展開に。

*日本軽金属<5701> 127 +7
昨日のUBSの投資判断格上げを引き続き材料視へ。

*スミダコーポ<6817> 908 +50
今期の収益回復見通しなど手掛かりとした水準訂正の動きが続く。

*三菱化工機<6331> 258 +14
株式新聞では注目銘柄に取上げている。

*日東製網<3524> 111 +6
マグロ養殖網の販売拡大などが連想される状況にも。

*サニックス<4651> 168 +9
もみ合い上放れでマド埋め目指す展開にも。

*ラウンドワン<4680> 594 +29
CBの強制転換価格決定で買い戻しにつながるとの期待も。

*東芝機械<6104> 415 +20
相対的に出遅れていた受注の回復が本格化する状況にあり。

*リゾートトラスト<4681> 1294 +61
目立った材料見当たらず、高値更新で買い戻し広がるか。

*住友重機<6302> 524 +24
射出成形機では大手の一角、設備投資関連物色の流れに乗る。

*クロサキ<5352> 310 +13
売り方の買戻しの動きなど一段と本格化の格好に。

*牧野フライス<6135> 582 +24
月次受注の急回復が引き続き水準訂正の動きにつながり。

*ツガミ<6101> 515 +20
工作機械各社の中でも受注の伸び率は際立ち、上値追いの動き止らず。

*古河スカイ<5741> 198 -6
アルミ市況の下落などが利食いのきっかけにもつながる。

*新生銀行<8303> 101 -3
あおぞら銀との合併を断念と一部で伝わっている。

*イトーキ<7972> 211 -6
割安感意識から直近で急騰した反動。

*ゼクス<8913> 1051 -29
週初に賑わった分、処分売り圧力は強い状況で。

*津田駒工業<6217> 159 -4
週初からの株価上昇目立ち利食い優勢に。

*サクサHLDG<6675> 159 -4
天井到達感も広がって短期資金の処分売りが優勢となる。

*野村総研<4307> 1917 -48
前日同様にKBCのネガティブレポートを材料視か。

*セキュアード<2392> 74900 -1800
第3者割当増資実施などによる株式価値の希薄化を警戒視。

*あみやき亭<2753> 260300 -5600
目立った材料観測されないが、前日の急落で利食い急がれる。

*みずほFG<8411> 189 +4
米国市場では金融株なども主導する展開となっており。

*日立製作所<6501> 319 +7
中国と環境プロ推進へ作業部会を立ち上げへと伝わっている。

*日本電気<6701> 258 +9
為替円安でハイテク株堅調、総合電機セクター内での出遅れ感埋める動きにも。

*富士電機HD<6504> 244 -3
海外生産拡大報道など伝わるも上昇の反動で利食い売り優勢。

*プロミス<8574> 780 +30
前日の野村レポート受けて、今後の中国展開への期待感なども高まる状況か。

*三井物産<8031> 1553 +49
ヴァーレが鉄鉱石価格9割値上げ提示と報じられ、メリット享受への期待。

*JUKI<6440> 155 +3
中国経済指標への期待感なども反映する展開に。

*林兼産業<2286> 138 +6
EUがクロマグロ禁輸を支持と伝わり、マグロ養殖用飼料の拡大期待高まる。

*川崎汽船<9107> 352 +5
コンテナ船事業の経常赤字大幅縮小報道など評価材料にも。

*日新製鋼<5407> 188 +2
引き続き、日経平均新規採用に伴うインデックスファンドの買い需要を先取りへ。

*ソニー<6758> 3465 +90
家電業界ではコスト改善で先行などとの特集記事も。

*JFEHD<5411> 3485 -15
ヴァーレが鉄鉱石9割値上げ提示などと報じられ。

*ソフトバンク<9984> 2259 +17
野村では目標株価を2800円から2950円に引き上げ。

*ファナック<6954> 9190 +70
GDP改定値でも民間設備投資の下方修正幅が限定的で。

*小糸工業<6747> 193 -14
改善計画書の提出期限を明日に控え手仕舞いの動きにも。

*大幸薬品<4574> 1731 +96
一部指定替え期待などが高まる展開か。

*ソディック<6143> 267 +12
工作機械関連の一角として関連銘柄物色の流れに。

*森精機<6141> 1065 +36
工作機械株人気が継続するなか中心銘柄として注目続く。

*東洋機械<6210> 186 +6
工作機械関連から射出成形機へと設備投資関連の物色広がる。

*日本電産<6594> 9170 +190
技術開発センター見学会受けて車載モーターの成長期待高まり。

*楽天<4755> 67000 -1700
MSでは投資判断「イコールW」へ格下げ、目標株価も7万円に引き下げ。

*YAMATO<7853> 2700カ +500
株主割当による新株予約権発行を決議と発表も、希薄化など織り込む状況にはなく。

*エスケーエレク<6677> 65600 -7400
上期業績予想の大幅下方修正を引き続き悪材料視。

*アスカネット<2438> 51000 +1300
いちよしではフェアバリューを7万7000円へと引き上げ。

*トラスト<3347> 9600カ +1450
記念配当実施を発表し、配当利回り妙味が拡大。

*トッキ<9813> 377 +21
野村では3Dテレビの普及拡大で恩恵があると。

*ウェッジHD<2388> 23840 +3600
今期業績見通しの上方修正を引き続き材料視。

*アスコット<3264> 73 +1
第三者割当増資により約1.4億円を調達すると発表。

*アニコムHD<8715> 2672 -188
公開価格である2000円接近も意識され見切り売りが加速。

*スターバックス<2712> 44050 -1950
連日の高値更新で過熱感もあり、利益確定売り優勢。

*ネクストHD<2409> 5030カ
上半期業績予想の大幅な上方修正を引き続き好感。
3月11日(木)

H「日経平均は大きく上昇した。SQ前日だっただけにどうなることかと思ったが、意外としっかりの展開だったな。」

K「そうだな。まあ今日は為替の影響が強いだろう。やはり為替にはしっかりと反応する。昨晩の海外市場では円安進行しており、それが今日は好感されたと言えるだろうな。」

H「特に円安への反応が非常に良いな。やはり輸出企業の業績回復期待強まるため、海外勢の動きに影響が強く出るようだ。」

K「だろうな。それほど極端に円安進行したわけでもないが、それでもしっかりと反応していることは好感出来る。それだけ市場心理も良い証拠なんだろう。つまり買いたい向きが結構多いように感じる。」

H「昨晩の米国市場もしっかりだったが、小幅高程度にとどまっていた。それだけに日本株も昨日までと同様に上値重い展開だと思ったが・・・。」

K「中国市場への警戒もあったからな。でも前場からしっかりの展開だった。まあ明日にはSQ算出控えていることから思惑的な先物売買もあったようだが、基本的にはポジション調整が中心だったようだ。」

H「注目の中国経済指標はやっぱり強い数字となっており、中国市場はそれまで買われていたものの徐々に金融引き締め懸念によって売られてしまった。」

K「ああ。主要指数はマイナスに転じてしまい、その状況で日本市場は後場を迎えた。中国市場の影響をモロにうけ、中国関連株といえる銘柄中心に売られた。日経平均も上げ幅を急速に縮小したが、マイナス圏までには至らなかった。」

H「売り一巡後は押し目買いや売り方の買い戻しにより戻していく動きとなったからな。」

K「結局、後場売られたのも短期資金中心だろうな。その日の内に買い戻すつもりの空売りだろう。それによって全体的に垂れてしまったと言える。」

H「日本時間14時から再開された上海市場は徐々に戻す展開となり、日経平均も結局高値圏まで戻して終わってみれば高値引けだ。」

K「行って来いの展開となり非常に良い形で引けたと言えるだろう。今日の上昇でTOPIXも雲抜けしたことにあり、明日以降の相場に期待する市場筋非常に多いようだ。」

H「ただSQまでしっかりの展開となっただけに、SQ後は逆に軟調になるという懸念もあるだろう。」

K「どうだろな。確かに年度末だけにSQ通過したといっても動きにくい向きは多い。ただ来期への期待感が徐徐に強まってきているからな。それに新年度入りすれば強い買いも入ってくるとの期待も強い。それだけに先回り的な買いが徐々に強まってきても不思議無いだろう。」

H「まあ懸念された中国の金融引き締め懸念も、取りあえず落ち着きそうだな。」

K「中国株結局戻したからな。重要なインフレ指標であるCPIは確かに強い数字となったが、春節の影響もあったようでインフレ圧力はまだ無いとの要人発言が安心感を呼んだようだ。」

H「まあ他の経済指標見ても中国経済はまだまだ強いと言える数字だし、金融引き締め懸念除けば好感は出来るからな。」

K「ただ中国の金融引き締め懸念は今後も付きまとう問題だ。この分だと近いうちに利上げに踏み切る恐れも当然あるだろう。実際に利上げを発表すれば、かなりの市場インパクがあると思われる。もちろん短期的な下落にとどまるとは思うが・・。」

H「早ければ4月にもという声もあるようだな。」

K「そうだな。その前に再度の預金準備金率引き上げを今月にも発表するとの見方は強い。今年に入って既に1月、2月と立て続けに預金準備金率引き上げを実施しているからな。」

H「まあ3月も引き上げると見るのが確かに妥当だな。」

K「既に市場も警戒感はあるだけに、それほどの悪影響は出てこないとは思うが、預金準備金率でなく政策金利引き上げ時にはそうは行かないだろうな。」

H「ただ今後景気回復が続く以上、利上げは避けて通れない道だからな。」

K「ああ。中国だけじゃない。米国だって日本だっていずれは利上げを実施する。ある意味、利上げ出来る状況にいつまでもならないということは、景気回復続いていないと言うことだからな。」

H「景気回復続いていけば、利上げしても基本的に株価は上げていくんだからな。」

K「ああ。それに政策金利引き上げで嫌気されるのも基本的には最初だけだ。それが景気の腰折れにならないと解れば、それ以降の利上げは別に嫌気されなくなる。余程高水準の金利にならなければな。」

H「ただ嫌な思惑も浮上している。中国が景気刺激策をやめるという思惑だ。」

K「それが事実ならかなりやっかいだな。まあ単なる思惑で終われば問題はないが・・・。」

H「そうだな。何処から浮上した思惑なのか知らないが、恐らく何処かのヘッジファンドあたりが意図的に流した噂だろうけどな。」

K「まあ取りあえず、明日のSQ注目だな。SQ通過でアク抜け感から強い買いが入ってくるのかどうか・・。」

H「そうだな。取りあえず今晩の米国市場しっかりとした展開を期待したいモンだな。」
2010.3.11先物チャート
スポンサーサイト
コメント
岡三でもアップティックなら何枚でも指せますよ。

ただ、価格がダウンティックの値をつけた状態でないと注文は通りませんが。

売り 201円
買い 200円

この場合だと、201円に売りを何枚も置くためには、現値が200円でなければならないということです~。
あと、202円以上の売りに関しては問答無用で通ります。
武者修行中 #-|2010/03/11(木) 12:18 [ 編集 ]
これはこれは、お休み中のエロ侍さん
絶対トレードしてるよねw

うそ!俺だけかなー
指せるかなーってプロミスを5ティック上くらいに
2500株ずつ2回に分けて指してみたら
ポップアップ出たよー
もしかして1回で注文しないといけなかったのかな
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/03/11(木) 15:17 [ 編集 ]
先週まででほぼ充電完了です(笑)
っていうか、さすがにこの地合いは見ないわけにはいかないでしょうw

それは駄目かもですね~。
一発で5000株で指さないと板に乗らないかもです。


武者修行中 #-|2010/03/12(金) 13:37 [ 編集 ]
エロ侍さん、急に地合い良くなりましたからねw

50単位以上1発注文なら発注できました
めんどくさがって×50ボタン押して連打じゃ駄目ですね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/03/12(金) 16:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。