(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.10【調整歓迎ムード】

2010/03/10 11:09|未分類CM:0
今日の持ち越しは低位銘柄中心
東光とか良かったんだけど
先物のせいで逆指値発動して途中で売られちゃったが
今日も上昇は低位銘柄ばっかり
あとはその他金融がかなりいい感じになってる

後場
その他金融が引き続きかなりいい感じだったんで
買ってトレーディングストップ入れて利確
まだまだ上があった

明日も低位とその他金融か
それとも


[株式オープニングコメント]
調整があるとすれば歓迎ムード
 まずは、寄付き前に発表される1月の機械受注統計が注目される。前月に20.1%増
と大幅なプラスになった反動から、前月比3.5%減と2ヶ月ぶりのマイナスが予想され
ている。ただ、これを大きく下回ったとしても「前月が大きく上振れたため」「回復
傾向にある」といった見方になりそうである。最悪期は脱したとの見方から、嫌気す
る流れにはなり難いとみられる。一方、上振れるようだと、ショートカバーを誘発さ
せる要因になる可能性はある。ただ、SQを控えて大きな振れは避けたいこともあ
り、タイミングとしては売り買いともに寄り付き後の反動を狙ったスタンスとなろ
う。また、好需給関係が継続しているが、「SQ週の水曜日は荒れる」といったSQ
に絡んだアノマリーが意識されてくることも考えられる。
 テクニカル的にはトレンドは強く、過熱を冷ます意味での調整があった方が良い状
況である。SQ通過後のアク抜け期待が、先週の日銀による追加金融緩和報道によっ
て先回りで動いていており、下値の堅さは意識されることになる。先物市場でのクレ
ディ・スイスの商い次第の面はあろうが、調整があるとすれば歓迎ムードといったと
ころか。物色としては為替相場の不安定さもあって金融、不動産といった内需系セク
ター。不動産については、野村証券が募集する「ドイチェ・グローバルREIT投信(通
貨選択型)中国元/ロシアルーブル」が設定されることも手掛かり。日本を含む世界
各国の金融商品取引所に上場されている不動産投資信託証券等(REIT)を実質的な主
要投資対象としており、REITなどセクターへの波及期待も。また、全体としてはこう
着となりそうであり、テーマ性のある材料株や仕手系色の強い銘柄には引き続き短期
資金が向かいやすいとみられる。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅反発、金融セクター主導で上昇
・DRAMスポット、続伸
・景気一致指数、リーマンショック前の水準に回復
・2月工作機械受注、前年同月比3.1倍と回復持続
・野村、主要400社の2010年3月期経常利益見通しを増益予想に転換
・GSユアサ<6674>やツガミなど材料株物色は活況

弱気材料
・半導体株SOX指数続落
・NY金相場、続落
・LMEニッケル先物、小幅続落
・バルチック海運指数、9日ぶり反落
・東証REIT指数、続落

留意事項
・ポルトガル、英国の格付けに関する懸念
・NYドル円相場(89円91銭-93銭)
・欧州株小動き
・英バークレイズ、米国金融機関の大型買収を検討
・NY原油先物、3日ぶり反落(1バレル=81.49ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.019%下落)
・長期金利、下落(10年債利回り1.300%)
・1月機械受注
・2月企業物価指数
・中国2月貿易収支
・仏1月鉱工業生産
・英1月鉱工業生産
・米MBA住宅ローン申請指数

[サポート&レジスタンス]
終値           10568
5日移動平均       10384
レジスタンス(2)    10618
レジスタンス(1)    10593
標準偏差+2σ      10576
ピボット         10568
サポート(1)      10543
先行スパンA       10532
サポート(2)      10517
転換線          10339
基準線          10230
25日移動平均      10218
100日移動平均     10176
200日移動平均     10067
先行スパンB       10029
標準偏差-2σ       9859

[ランチタイムコメント]
こう着の中では割り切りで低位材料株
 日経平均はこう着。8.60円安の10559.05円(出来高概算7億7000万株)で前場の取
引を終えている。昨日同様、SQ週らしい、こう着感の強い相場展開が続いている。
寄付き前に発表された1月の機械受注統計は、市場コンセンサスに近い数値となった
ほか、内閣府は基調判断を「下げ止まりつつある」に変更した。これを受けてツガミ
など機械株が強い動きをみせたが、全体への波及は限られている。先物市場では狭い
レンジ内でのこう着が続いたこともあり、物色はテーマ銘柄や需給妙味の大きい銘柄
といった個別にシフトしている。東証1部の騰落銘柄は値上り698に対して値下り
753、変わらず213と高安まちまち。セクターでは任天堂の堅調もあって、その他製造
が上昇トップのほか、ガラス土石、繊維、保険などが上位に。一方、石油石炭、情報
通信、鉱業、海運が下落上位と、セクターでも大きなトレンドが出ておらず、手掛け
づらさがうかがえる。
 225先物は10550-10590円と5ティックではあるが、時間帯では10570-10590円と3テ
ィックでの値動きが占めており、相当こう着感が強い。SQ週の水曜日は「魔の水曜
日で荒れる」といったアノマリーがあるが、完全こう着によって、ある意味「魔の水
曜日」である。そのため物色は引き続き個別中心となりやすく、材料系の銘柄での値
幅取りといったところであろう。中核的な位置付けのツガミが高値保ち合い、GSユ
アサがマイナスのため、盛り上がりには欠けそうだが、調整一巡感が意識される材料
株へはリバウンドを意識した動きもありそうだ。前場段階で強い動きをみせていたイ
ハラケミから農薬関連への波及、ダイワボウからインフル関連への波及も意識され
る。低位では東光が商いを膨らましてきている。昨日強かった三晃金が冴えないなど
資金回転は速いが、全般こう着では動きの良い材料株でのトレードに。

[クロージング]
調整歓迎ムード
 日経平均は終日こう着の強い相場となり、3.73円安の10563.92円(出来高概算16億
1000万株)で取引を終えた。先物市場は10550-10590円での推移が続き、昨日同様、
SQ週らしい、こう着感の強い相場展開が続いている。セクターではプロミスの強い
動きが波及する格好からノンバンク株の上昇が目立った他は、テーマ株や需給妙味株
といった個別材料株物色にとどまっている。週末のSQを控え、手掛けづらい状況で
はあるが、先行き不透明感から商いを手控えるといったムードはなく、指数のこう着
を背景に参加したくても参加出来ないといったムードである。引き続き直近の上昇に
対しての過熱を冷ます意味での一服は必要であるが、調整歓迎ムードであるため押し
目は限られそうである。
 寄り付き前に発表された1月の機械受注統計は、市場コンセンサスに近い数値とな
ったほか、内閣府は基調判断を「下げ止まりつつある」に変更している。景況感の改
善に、来月に向けた本格検討が行われる追加の金融緩和への期待感は強く、やや押し
目待ちに押し目なく、といったところである。東証1部の騰落銘柄は値下りが過半数
を占め、Fリテイやトヨタといったコア銘柄の弱い動きがあっても日経平均は3円安
にとどまっている。週内はSQ要因によって参加者は限られるとしても、SQ通過後
のアク抜け感は相当強まる可能性はありそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10563.92 -3.73
TOPIX922.44 -1.94
東証2部指数2117.37 +5.30
日経ジャスダック平均1227.21 +0.56
マザーズ指数417.08 -2.91
ヘラクレス指数586.29 +2.40
東証1部売買代金1兆722億円
東証1部出来高16.18億株
東証1部騰落レシオ101.64%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は欧州でのソブリンリスク再燃したことが重しとなったものの、
しっかりの展開。シスコが新製品を発表したことにより通信株が買われ相場を支
えた。ただ米金融改革法案が近く出されるとの報道が金融株の手仕舞い売りを誘
い、全体的に上げ幅を縮小して引けている。日経平均は大人しく始まり寄り後は
揉み合い。非常に狭いレンジでの推移で後場も同様の展開が続いた。結局日経平
均は小幅安で終了。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、BNPパリバ、
ゴールドマン、水戸、UBS、ドイツ。売り越しは野村、みずほ、バークレイズ、
フォルティス、楽天、オリックスなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4989イハラケミカル 284円 +35
大幅高。昨日同社は1Q決算を発表。好調な決算であり営業利益と純利益は既に通
期計画を超過している。同社は1Qに利益が偏りやすいという事から業績修正はし
ていないが、前年同期比大幅増益となっている事からも上ブレ濃厚との見方。株
価安値圏で低PBRということもあり見直し買いのきっかけになったようだ。同社と
資本関係にある4996クミアイ化学も連想的にしっかり買われている。クミアイ化
学は明日決算発表予定。両銘柄共に今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目
材料株。

6952カシオ計算機 721円 +24
しっかり。一時730円まで買われる場面も。今朝の日経新聞では同社社長のコメ
ントが報じられている。それによれば来期連結営業損益は200億円の黒字が可能
との見通しを示しており、好感されているようだ。今期は300億円の赤字予想だ
けにV字回復となる見通し。四季報予測では来期95億円の黒字予想となっており、
市場コンセンサス平均値でも150億円程度ということから、200億円という数字は
インパクト強い。これも今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料株。

7203トヨタ 3445円 -50
軟調。朝方ウォールストリートジャーナル電子版によれば、同社の一連のリコー
ルによるコストが今後1年間で50億ドルを超える見通しと報じている。これをうけ
来期業績への懸念が強まっているようだ。またプリウスの急加速による事故が米
国で新たに起こり、米報道でガンガン流れていることも重しとなっている様子。
この問題まだまだ先行きは不透明だとの見方も強まったようだ。またAP通信が、
トヨタの北米市場の3月新車販売台数が8日までで前縁同期比50%増と大幅なプラ
スになっているとも報じられていたが、材料視する動きは見られず。

8574プロミス 750円 +89
サラ金株が総じて高い。朝方は軟調気味だったが、前場中頃から徐々に物色され
始め大幅高に。後場も物色は続き一段高となっている。最近はサラ金株物色対象
外となっており揉み合い相場続いていたものの、久しぶりに物色されてきたこと
から短期資金次々と集まってきた様子。全員参加的な物色に・・・。昨日出され
た大量報告書ではフィデリティ投信が同社株を買い増している事が刺激になった
との見方も。また野村がノンバンクセクターのリポートを出しているようであり、
それが刺激になったとの声もあるようだ。結局は後付け的な理由であり、最近は
商い作れて値幅妙味ある物色銘柄乏しいことから、ディーラーが火を付けたとの
見方も・・・。

8707岩井証券 558円 +33
大幅高。今朝の日経新聞などでは、9737CSKHD傘下のコスモ証券を約160億円で買
い取る方向で最終調整中と報じている。コスモ証券は顧客からの預かり資産が約
1兆3970億円と、岩井証券の約4100億円を大きく凌ぐ。経営規模で約3倍のコスモ
証券を傘下に収め全国展開へ打って出る考えだと・・。事業拡大期待から好感さ
れているようだ。ただ業績良くないコスモ証券に160億円の価値があるか疑問だ
との声も多く、買収資金などはどうするのかなど不透明感も強い。CSKHD株もし
っかり買われている。こちらはコスモ証券売却により再建が進むとの期待のよう
だ。

===============
◆◇3/11(木)の主な予定!◇◆
===============
10-12月期GDP 改定値(9:50)
クミアイ化学、オハラ、学情、ネクストHD、 不二電機、ウインテストなど決算発表
中国2月消費者物価(11:00)
中国2月小売売上高(11:00)
中国2月鉱工業生産(11:00)
中国1-2月都市部固定資産投資(11:00)
NZ中銀金融政策決定会合
米30年債入札(130億ドル)
米新規失業保険申請件数(22:30)
米1月貿易収支(22:30)
ブラジル10-12月期GDP
[動いた株・出来た株]

*アイロムHD<2372> 2640 +300
四半期報告書の提出期限接近などで買い戻し優勢か。

*富士機工<7260> 244 +16
2月の高値更新で需給改善期待も。

*山一電機<6941> 348 +21
太陽光関連としての材料性の強さが妙味となり。

*新日本無線<6911> 285 +17
来期業績変化率などに対する期待感なども。

*武富士<8564> 411 +22
プロミスの株高受けて消費者金融各社が高い。

*サンクス<6860> 410 -20
連日の上昇を受けて高値警戒感、利食い売り集まる格好に。

*あみやき亭<2753> 265900 -12500
月次好調などを映して水準訂正の動き続けてきたが。

*丸山製<6316> 162 -7
短期資金の手仕舞い売り、資金の回転早く。

*千葉銀行<8331> 512 -17
地銀株は全般軟調、決算対策の売りなど需給面影響か。

*AQインタラ<3838> 153500 +11500
需給主導の展開、売り方の買戻しが引き続き優勢。

*東洋機械金属<6210> 180 +16
工作機械受注の好調から射出成形機メーカーなどにも期待感波及。



(前場)
*CFSコーポ<8229> 521 カ
イオンが子会社化すると発表、TOB価格は600円程度で検討とも伝わり。

*イハラケミカル<4989> 279 +30
前日に第1四半期の好決算、並びに、中国企業との資本提携を発表で。

*タムラ製作所<6768> 297 +23
三菱UFJでは投資判断「1」に格上げ、380円目標とする。

*ユアサ商事<8074> 80 +6
機械商社として工作機械各社の株高に連れ高へ。

*日新製鋼<5407> 188 +14
日経平均に新規採用される、インデックス買い期待を先取りへ。

*乃村工芸社<9716> 240 +17
通期営業利益は従来予想の5億円から8.3億円に上方修正。

*フージャース<8907> 18440 +1280
前日に業績修正発表、最終益は6.8億円から7.6億円に増額へ。

*日本軽金属<5701> 117 +8
UBSでは新規に「バイ」、目標株価を140円としている。

*タキロン<4215> 257 +17
株式新聞で注目銘柄に取上げている。

*ダイワボウ<3107> 190 +12
低位材料株の中心銘柄の一つとして、物色人気が波及の格好へ。

*プロミス<8574> 702 +41
フィデリティ投信の保有比率が10.6%強にまで上昇。

*富士紡HLDG<3104> 158 +9
今期営業益は18%増と従来予想を上回る見通しと観測報道。

*東光<6801> 149 +8
株価の値ごろ感強く、値動きの軽さから短期資金集める展開。

*東芝機械<6104> 389 +20
2月の工作機械受注は76.8%増、遅れていた回復も本格化へ。

*サンデン<6444> 347 +17
買い戻し主導での上値追いか、ユーロ安への過剰な懸念も後退で。

*岩井証券<8707> 551 +26
コスモ証券の買収有力と伝わり、業容拡大期待を高める。

*ユーシン<6985> 643 +30
持合い上放れに追随の格好だが目立った材料は観測されず。

*河合楽器<7952> 172 +8
信用取組妙味など一段と強まる流れ、中国ピアノ市場の期待も。

*クミアイ化学工業<4996> 290 +13
イハラケミカルの株価急騰から連想買いの動きに。

*アイフル<8515> 135 +6
プロミスの株高などが刺激となる格好か。

*高島<8007> 135 +6
前日は三晃金属の株価急騰が目立っており。

*住江織物<3501> 166 +7
取り組み妙味が強い低PBR銘柄として上値追い目指す動きに。

*オークマ<6103> 595 +25
工作機械受注は前年比ほぼ倍増の水準と拡大しており。

*牧野フライス<6135> 543 +20
2月の工作機械受注は2.8倍と高い伸びの部類になっている。

*カシオ<6952> 723 +26
来期営業損益は200億円の黒字が可能などと報じられている。

*ツガミ<6101> 482 +17
2月の工作機械受注は前年比7.5倍と引き続き際立つ伸び。

*リンガーハット<8200> 1083 -151
売出実施による需給懸念や希薄化懸念で。

*ペガサスミシン<6262> 284 -20
短期的な過熱警戒感強く、前日より利食い売りが優勢となる。

*野村総合研究所<4307> 1959 -86
KBCでネガティブなレポートも観測と。

*レオパレス21<8848> 420 -18
日銀の金融緩和期待などで足元はリバウンドの動きも。

*三晃金属工業<1972> 231 -8
前日急騰の反動、短期資金の利食い売りが優勢に。

*DeNA<2432> 643000 -22000
引き続きネットオークションの成長鈍化懸念などで。

*日立造船<7004> 126 -4
信用買い残重し、海運株安なども影響か。

*サクサHLDG<6675> 165 -5
前日に急騰の反動、特に目立った材料もなく。

*島津製作所<7701> 682 -20
前日は上ひげ残す、短期的な買戻しの動き一巡感から利食い優勢。

*イズミ<8273> 1067 -30
1月以降の下値支持線割り込み見切売り圧力強まる。

*ソネットエンタ<3789> 228500 -6300
DeNAの株価下落が売り材料につながる。

*クラリオン<6796> 182 -1
需給妙味続く一方で過熱感もあり売り買い交錯へ。

*東芝<6502> 439 -8
目立った材料表面化していないが戻りの鈍い展開が続く。

*富士通<6702> 554 +8
東証が「厳重注意」処分にとどめ一旦アク抜け感も先行へ。

*三菱UFJ<8306> 458 -3
米国における金融改革法案提出接近で銀行株見送りも。

*富士電機<6504> 246 +9
信用取組の厚みなど需給期待が主導する展開にも。

*GSユアサ<6674> 647 -7
前日は三菱自とプジョーの供給契約合意受けて上昇も、利食い先行へ。

*新日本製鉄<5401> 344 -2
米国市場では素材株のさえない動き目立った。

*川崎汽船<9107> 349 -6
バルチック指数が9日ぶりに反落となり。

*三井物産<8031> 1509 +5
GSでは目標株価を1710円から1900円に引き上げ。

*黒崎播磨<5352> 289 +9
引き続き、取組妙味の強い材料株として物色が続く。

*トヨタ<7203> 3450 -45
ADRでもさえない動き、前日伝わった米・加州事故なども警戒視か。

*キヤノン<7751> 3990 +25
中国のデジカメ市場では有利なポジションとの指摘も。

*ソニー<6758> 3365 +35
3Dテレビを6月に発売と発表している。

*ソフトバンク<9984> 2247 -31
引き続き、S&Pの「BB」格付けをマイナス視。

*ファナック<6954> 9160 -50
1月の機械受注はコンセンサスどおりでサプライズなく。

*日電硝<5214> 1244 -5
日経平均の新規採用候補の一角ともされていただけに。

*HOYA<7741> 2311 +7
マッコーリーでは新規「アウトP」、目標株価3100円とする。

*大光<3160> 429 +44
割安感に関心も向かう、出来高が公開株数を超えたことで需給妙味も意識され。

*エスケーエレク<6677> 73000ウ -
上期業績予想の大幅下方修正を受け失望売りが膨らむ。

*ネクストHD<2409> 4330カ +700
10年7月上期業績の大幅な上方修正を好感。

*アスカネット<2438> 50800 +2950
10年4月期第3四半期決算において堅調な業績推移が確認され。

*ASJ<2351> 41300 +2600
ガンホーとの業務提携発表を材料視。

*ウェッジHD<2388> 19950 +3710
10年9月期業績の上方修正を受け見直しの動きが強まる。

*エキサイト<3754> 29110 +810
子会社株売却による通期業績予想の上方修正を好感。

*ジオマテック<6907> 998 +24
岡三では「中立」から「強気」へと格上げし、目標株価を1200円へ。

*グリー<3632> 5470 -160
いちよしでは今後の収益モメンタムについて慎重であると指摘。

*GMOアド<4784> 34000 +3450
自社株取得枠の拡大を引き続き材料視。

*ウェルネット<2428> 68800 +2300
株式新聞に採り上げられたことを材料視。

*大戸屋<2705> 860 +30
公募・売出価格の決定で目先のアク抜け感が強まり。
http://dc213.4shared.com/download/237945633/e2c3c80a/sentotsurugi.html?tsid=20100310-072253-4c41c34d
2010.3.10先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。