(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.9【明日も材料株中心に】

2010/03/09 11:20|未分類CM:0
アメリカも日本も速度調整
下げる要因がなくなってきて
押したとしてもたかが知れてる状況

今日上からかと思ってたらしたから
さっさと戻りで利確
後は様子見
今日もSUMCO早売り
上げるなら寄りからどーんって上げておくれ
ツガミむかつくな昨日上げとけよ
まあ全体の地合いがもみ合いなんで
GSユアサやツガミのような個別に来たんだろうが

後場
低位銘柄ちょー強い
低位銘柄だけ買っとけばいいのかな


[株式オープニングコメント]
SQ週らしい、こう着感の強い相場展開に
 直近の上昇に対する利益確定の売りに抑えられる一方で、下値の堅さを確認する展
開となりそうだ。8日のNY市場はまちまちであったこと、円高修正をみせていた為
替相場も横ばいであり、手掛かり材料に欠けよう。ようやく週末に控えた3月先物・
オプションSQ週らしい、こう着感の強い相場展開となりそうである。
 日経平均についても昨日の上昇で一目均衡表の雲上限、ボリンジャーバンドのプラ
ス2σを捉えており、いったんは過熱感を冷ます動きがあってもおかしくない。た
だ、遅行スパンによる上方転換シグナルが発生していることもあり、リバウンドのト
レンドの中での調整一服である。雲上限が10532円に位置しており、まずはこれがサ
ポートとして意識され、これを割り込んだとしても、これまでのボックス上限である
10450円を上回っていればトレンドは崩れない。また、オプション権利行使価格の
10500円を下回ってくるようだと、ロールオーバー中心とはいえヘッジにともなう売
りが出やすいが、目先的な調整の場面では押し目買い意欲の強さも感じられよう。
 物色としては、昨日動きの鈍かった内需・ディフェンシブ系にリバランスにともな
う買いが向う可能性はあろう。また、こう着感を強めることを前提に、好需給、低
PBR、高配当などの材料系の銘柄に短期資金が向かいやすいとみられる。
 なお、8日のNY市場はダウ平均は13.68ドル安の10552.52、ナスダックは5.86ポイ
ント高の2332.21。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比45円高の10625円、円建
ては同40円高の10620円。ADRの日本株はコマツ、日電産、ソニー、オリックス、
日東電など対東証比較(1ドル90.31円換算)で全般小じっかりだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円安基調継続(90円30銭-32銭)
・バルチック海運指数、8日続伸
・DRAMスポット、4日ぶり反発
・日経平均、大幅続伸で10500円台回復
・2月街角景気、3ヶ月連続改善
・09年度企業倒産件数、4年ぶり前年度下回る予測

弱気材料
・NYダウ小幅反落、保険大手買収好感もヘルスケア改革を嫌気
・半導体株SOX指数反落
・NY金相場、反落
・LMEニッケル先物、小幅反落
・東証REIT指数、反落

留意事項
・大光<3160>、ジャスダックに上場
・欧州株まちまち
・米AIG、アリコをメットライフに売却
・NY原油先物、続伸(1バレル=81.87ドル)
・NY債券市場、続落(10年債利回り0.04%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.315%)
・1月景気動向指数
・2月工作機械受注
・英1月貿易収支

[サポート&レジスタンス]
終値           10586
5日移動平均       10315
レジスタンス(2)    10635
レジスタンス(1)    10611
先行スパンA       10563
ピボット         10562
サポート(1)      10538
標準偏差+2σ      10532
サポート(2)      10490
転換線          10336
基準線          10227
25日移動平均      10203
100日移動平均     10169
200日移動平均     10060
先行スパンB       10029
標準偏差-2σ       9874

[ランチタイムコメント]
押し目待ち
 日経平均は小幅下落。27.88円安の10558.04円(出来高概算7億3000万株)で前場の
取引を終えている。直近の上昇に対する過熱感もあり、想定内でのこう着といったと
ころである。また、8日のNY市場が高安まちまちであったことや、円相場がドル、
ユーロとも若干円高傾向にあったことも利食いにつながったようである。とは言え需
給環境は悪くなく、下を売り込む流れにはならず、日経平均はサポートとして意識さ
れている一目均衡表の雲上限を上回っての狭い値動きとなっている。東証1部の騰落
銘柄は値上り627に対して値下り858、変わらず170と、値下りが全体の過半数を占め
ているが、個々の銘柄の下げ幅は小さい。セクターでも海運、鉄鋼、非鉄金属など直
近強い動きをみせていた銘柄が下げているが、前日の高値レベルでのこう着である。
 225先物の値幅は50円であるが、時間帯では560-580円の価格レンジでの推移が占め
ており、こう着感は相当強いことがうかがえる。そのため物色は材料系の銘柄にシフ
トしやすいが、本日はツガミ、GSユアサといった材料株の中でも中核的な銘柄に値
幅取り狙いの資金が集中している。特にGSユアサは既に4000万株近く出来高が膨ら
んでおり、後場の動向も注目されることになろう。
 225先物は前引けにかけてややダレた感はあるが、心理的には調整待ちの面もある
ため、ある程度押してくれた方が押し目買いが入りやすいとみられる。また、日経平
均が弱含みとなったとしても、GSユアサなどが底堅ければ、材料株への物色が一段
と強まることになる。オーバーナイトのポジションは取らないことから大引けにかけ
ては利食いも想定されるが、トレンドを崩す下げは考えづらい。

[クロージング]
明日も材料株中心に
 日経平均は小幅下落。18.27円安の10567.65円(出来高概算16億1000万株)で取引
を終えている。直近の上昇に対する過熱感や、円相場がドル、ユーロとも若干円高傾
向にあったことから、こう着感の強い展開となった。ようやく通常のSQ週にみられ
るこう着といったところであろう。日経平均はサポートとして意識されている一目均
衡表の雲上限を上回っての狭い値動きが続いており、上値の重さよりも下値の堅さが
意識されている。先高観が強く、需給環境が良好のなかで指数がこう着となれば、物
色は材料株にシフトしやすい。
 本日はGSユアサが売買代金トップとなるなど、久しぶりに材料系の中核的な銘柄
への物色が強まっている。後場に入ると他のテーマ銘柄への波及がみられており、や
はりGSユアサやツガミといったところが堅調だと、横に広がりをみせることが可能
のようだ。また、米アップルの「iPad」の発売を控えているとは言え、年初以降調整
を強めていたタッチパネル関連などには見直し買いが強まっており、地合いの良さが
うかがえる。
 ただ、本日後場から動意が目立っていた材料株などは、需給関係が決して良い訳で
はなく、値ごろ感的な面も大きい。短期割り切りでの対応とし、基本は需給が良好な
銘柄に付きたいところである。明日は機械受注を受けて、前半戦で大きく振れる可能
性があるが、短期資金による値幅取りが中心となると、その後の反動を狙うスタンス
となろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10567.65 -18.27
TOPIX924.38 -2.93
東証2部指数2112.07 +0.41
日経ジャスダック平均1226.65 +1.02
マザーズ指数419.99 -0.39
ヘラクレス指数583.89 +3.89
東証1部出来高16.15億株
東証1部騰落レシオ107.13%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は全体的には小動き。シスコシステムズが重大な発表を9日にも行
うと報じられたことからハイテク株がしっかり。ただオバマ大統領が演説で医療
保険制度改革法案成立への意欲を改めて示した為、ヘルスケア株が売られ相場の
重しに。ダウ小幅安、ナスダック小幅高で引けている。日経平均大人しく始まり
寄り後は揉み合いだったが、為替が徐々に円高進行すると全体的に垂れてくる動
きに。1ドル90円割れとなる場面もあったが、それ以上の円高も進まず膠着状態。
後場は日経平均再度プラスに転じる場面もあったが、買い続かず結局小幅安水準
での揉み合いが大引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、
クレディスイス、フォルティス、楽天、ドイツ、UBS、三菱UFJ、BNPパリバ。売
り越しはバークレイズ、モルガンS、大和、野村、メリル、GS、岡三、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8802三菱地所 1554円 +19
大手不動産株が比較的に堅調となっている。業種別指数では不動産業が値上がり
率トップとなっている。UBSが大手不動産3社の短期Buyとしたことが材料視されて
いるようだ。投資判断はNeutral継続だが、短期的にはポジティブなカタリストが
続くとの見解を示している。その要因は日銀による追加金融緩和策が4月中にも決
定する可能性が高いとの先日の報道から、金融緩和により資金が不動産市場へと
流入するとの思惑が強まるとのこと。ただ実際には金融緩和実施しても不動産市
場に資金が流入するとの期待は乏しいと・・。それだけに短期Buy、中長期
Neutralとの見方のようだ。

4784GMO-AP 30550円 +5040
ストップ高。昨日同社は、現在実行中の自社株買いの上限枠を拡大すると発表し
た。2/22には1000株・3000万円を上限にとの発表だったが、それを3000株・1億円
に引き上げると・・。取得期間は3/24まで。既に昨日まで約2400万円で999株取得
したとのことから、残り最大で2001株・約7600万円を取得してくることになる。
期間も短いことから株価インパクトも大きいとの思惑で買い集めた格好。今日も
結構自社株買い入っているようだと見る向き多い。日柄乏しいことから、かなり
強引に買ってこないと買い集められないとの見方もあるが、今日のような出来高
続くなら意外と早く買い付け完了しそうだとの見方も・・・。

9613NTTデータ 285000円
しっかり。今朝の日経新聞では連結対象の国内グループ81社の統合を進め、2012
年度までにこの社数を約8割減らすと報じている。売上げ規模が小さく利益率が低
い国内グループ会社を大幅に集約し、固定費を削減し利益を確保しやすい経営基
盤を整えるとの事。同社業績は連結子会社が足を引っ張っている事から、子会社
の本格的なテコ入れは非常に好感出来ると・・。今日は200日移動平均線と一目均
衡表の雲上限に頭打たれた格好だけに、明日以降終値ベースでこれらを上抜けら
れるかが注目されている。今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料株。

6513オリジン電気 380円 +57
一時ストップ高の403円まで買われる場面も見られた。特に材料は見当たらないが
タッチパネル関連として物色されているようだ。また最近は中小型株のPBR1倍割れ
銘柄に物色されるもの目立っていることから、その流れとの見方も・・。同社も
PBR1倍割れ銘柄であり、流動性乏しく値動き良いことから、短期資金による買いで
ストップ高まで買われたようだ。今日の値上がりランキングに出ている中小型株は
PBR1倍割れ銘柄目立っている。ただPBR1倍割れなら何でもアリ的な物色になってき
ているだけに、PBR1倍割れ銘柄物色の流れも、そろそろピーク近いのではと警戒す
る声も多いようだ。

7279ハイレックス 1131円 +150
ストップ高。昨日同社は第1四半期決算と、中間期、通期業績の上方修正を発表。
今期見通しは保守的で上方修正期待はあったものの、1Q時点でこれほどの大幅上
方修正はポジティブサプライズだと・・・。順調にいけば、今期再度の上方修正
も必至との見方も多く、そんな銘柄がPBR1倍割れとなっている株価水準はおかし
いとの声も・・・。1Q時点の1株辺りの純資産(連結ベース)は1951.24円となっ
ている。そこまで買われずとも1500円程度までは買われても不思議はないとの見
方も。同社株は2005年に村上ファンドが大量取得した事がある銘柄。

===============
◆◇3/10(水)の主な予定!◇◆
===============
1月機械受注(8:50)
2月企業物価(9:50)
東京楽天地など決算発表
中国2月貿易収支(14:00)
OPEC月報
トリシェECB 総裁がフランクフルトで講演
米10年債入札(210億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
[動いた株・出来た株]

*サクサHD<6675> 170 +16
急騰後の調整も底堅さ見せ、材料株物色強まるなか改めて買戻しも。

*東洋鋼鈑<5453> 551 +45
CIGS太陽電池用金属基板開発などを材料視とも。

*津田駒<6217> 158 +10
中国関連の出遅れとして短期資金が向かう格好にも。

*リサP<8924> 50900 +2900
追加の金融緩和期待なども中小型不動産関連の手掛かりに。

*河合楽器<7952> 164 +9
ツガミの人気化など刺激、好取組の材料株として。

*クラリオン<6796> 183 +10
直近で好決算を発表している好取組材料株が強い動きで。

*ケネディクス<4321> 27050 +1330
フィデリティ投信の保有比率上昇など伝わる。

*東京製綱<5981> 240 +11
製品価格を5%以上値上げ実施と発表で。

*古河スカイ<5741> 209 +9
日軽金の株価一服で再度短期資金向かう展開に。

*大和冷機<6459> 425 -20
連日のリバウンド続いたが、本日は戻り売り優勢に。

*林兼産業<2286> 132 -5
大西洋クロマグロ禁輸観測を材料に前日まで急伸で。

*くらコーポ<2695> 276000 -10100
前日は決算好感で上昇も短期的な好材料出尽くし感。

*日パーカ<4095> 1258 -44
短期的な過熱警戒感も強まって利食い売り優勢に。

*DeNA<2432> 665000 -23000
前日に伝わったネットオークション市場拡大にブレーキとの報道で。

*AQインタラ<3838> 142000 -16000
短期的な過熱警戒感から一転して利食い売りが優勢に。

*中央電工<5566> 647 +32
電気自動車関連としてGSユアサの活況などに連れ高。

*島精機<6222> 1991 +96
大和ではポジティブなレポートをリリースしている。

*田淵電機<6624> 183 +13
任天堂関連の一角としても関心向かう格好か。



(前場)
*オリジン電気<6513> 384 +61
iPad発売日発表でタッチパネル関連分野の製造装置に関心と。

*ペガサスミシン<6262> 352 +44
前日の急伸、足元では受注が急回復に転じているとの観測。

*イトーキ<7972> 208 +18
株式新聞で取上げられる、PBR水準の割安感など強く。

*ベスト電器<8175> 230 +16
信用取組の好転など意識した買戻しの流れにも。

*三晃金属工業<1972> 229 +13
住宅版エコポイント始動なども手掛かり材料と。

*サイゼリヤ<7581> 1701 +94
今期業績の上ブレ観測報道などが伝わっている。

*兼松日産農林<7961> 106 +5
目立った材料なし、仕手性の強さから仕掛け的な動きとは見られるが。

*ケーズHLDG<8282> 2690 +125
1:1.2の株式分割発表で流動性の向上を期待も。

*大林道路<1896> 223 +10
低PBRの好取組銘柄として上値追いの動き、ツガミなど材料株人気化も支援。

*ワコム<6727> 139000 +6200
足元ではタッチパネル関連に循環的な打診買いの動きも。

*山一電機<6941> 319 +14
もみ合い上放れ、材料性の強さなどから短期資金の関心高まりやすい。

*ザッパラス<3770> 158400 +6600
発行済み株式数の7.5%を上限とする自社株買いの実施を発表で。

*ディスコ<6146> 5350 +220
野村では目標株価を6535円から6803円に引き上げ。

*ツガミ<6101> 467 +19
工作機械受注の発表を控えて期待感先取りの動き。

*黒崎播磨<5352> 273 +11
足元での収益回復のなか、PBR水準の割安感や取組妙味はやす。

*タムロン<7740> 1400 +56
岡三では投資判断を新規に「強気」としている。

*アネスト岩田<6381> 327 +13
1.58%を上限とする自社株買いの実施を発表で。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 311 +12
ツガミの強い動きなどが刺激となる状況にも。

*ニチアス<5393> 397 +14
最終損益は35億円の従来予想から77億円に上方修正。

*イオンクレ<8570> 979 +27
UBSでは投資判断「バイ」に格上げ、1150円目標とする。

*タカラレーベン<8897> 465 -51
引き続き、株主割当増資発表を受けての処分売り優勢。

*池田泉州HLDG<8714> 187 -7
公募・売出株の受渡期日迎えて需給悪化表面化。

*ゼクス<8913> 1065 -37
中国企業との事業共同推進受けて前日賑わうも。

*富士通<6702> 551 -17
引き続き、社内トラブルの表面化を受けた処分売り優勢。

*ヤマハ発動機<7272> 1223 -37
特に目立った材料ないまま前日に大幅高となった反動で。

*シスメックス<6869> 5460 -160
前日の高値更新で達成感、目先の買戻しにも一巡感で。

*イー・アクセス<9427> 71900 -2100
携帯純増数4位転落なども利食いの一因に。

*ジェイテクト<6473> 937 -27
CSでは投資判断を「アウトP」から「ニュートラル」に格下げ。

*小野測器<6858> 282 -8
もみ合い下放れで追随売りかさむ格好に。

*東京テアトル<9633> 147 -4
前日急伸の反動安、短期資金の回転早く。

*GSユアサ<6674> 655 +18
三菱自が仏プジョーとアイミーブの供給契約を締結で。

*JUKI<6440> 146 -3
短期的な過熱感も強まり利益確定の動き先行。

*富士電機<6504> 236 -4
株価の大幅な水準訂正続き、利食い売りも先行へ。

*パイオニア<6773> 320 +9
ホンダの第3者割り当て引き受けに伴う安心感なども。

*三菱自<7211> 122 0
仏プジョーとアイミーブ供給契約も、財務体質への警戒感拭えず。

*川崎汽船<9107> 345 -3
バルチック指数上昇も非鉄市況軟化で利食い先行。

*パナソニック<6752> 1331 +24
米ベストバイとの提携を引き続き材料視か。

*新日本製鉄<5401> 347 -3
米鉄鋼セクターには格上げ・格下げなどまちまちで。

*大京<8840> 175 +4
追加の金融緩和策などに対する期待感優勢で。

*三井物産<8031> 1503 -6
非鉄市況を中心に資源価格などやや伸び悩みで。

*トヨタ<7203> 3495 -20
円高ドル安がじわりと進行で自動車株伸び悩み。

*明電舎<6508> 405 +2
GSユアサ同様に三菱自と仏プジョーの供給契約を材料視。

*ソニー<6758> 3310 +15
電機大手がアフリカ市場の開拓を本格化と伝わっている。

*三菱地所<8802> 1460 +23
UBSでは短期レーティングを「バイ」としている。

*電気硝子<5214> 1245 +14
モルガンでは目標株価を1270円から1500円に引き上げ。

*ソディック<6143> 245 +8
IPMモーター外販、中国で月産1000個体制などと伝わっている。

*ハイレックス<7279> 1131 +150
前日に業績決算発表、通期営業利益は56.7億円から78億円に上方修正。

*アルチザ<6778> 31750 +3150
いちよしではレーティング「A」に格上げ、フェアバリューを3.5万円とする。

*GMOアド<4784> 30300 +4790
自社株取得枠を1000株から3000株(発行済み株式の3.9%相当)まで拡大と発表。

*テックファーム<3625> 44300 -5500
10年7月期中間、並びに通期業績の下方修正を嫌気。

*一建設<3268> 3160 -195
11年1月期業績の保守的な会社見通し発表を受け失望売り。

*フルスピード<2159> 43750 +2900
アフィリエイト広告各社の業績は堅調と報じられ、関連銘柄の一角として見直し。

*インフォテリア<3853> 49150カ
米アップルが「iPad」を来月3日から発売すると発表したことを引き続き材料視。

*セレブリックス<2444> 10600 -2820
第三者割当増資並びに新株予約権発行で希薄化懸念。

*アップガレージ<3311> 47000 -5900
直近の急騰による高値警戒感から利食い売り優勢。

*ジオマテック<6907> 915 +75
タッチパネル関連に見直しの動きが見られるなか、PBR面での割安感意識。

*アクセルマーク<3624> 34100 +5000
モバイル広告やコンテンツなどを手掛け、ネット関連として出遅れ感。

*ホロン<7748> 24400 -600
LED関連として急騰も、短期的な過熱感強まり利益確定売り優勢。
3月9日(火)

H「日経平均は小幅に反落した。ただ連日派手に上昇したことを考えればしっかりとした展開だったといえるよな。」

K「そうだな。ザラバ中、為替が1ドル90円割り込む場面もあったんだが、目立った売りも特に出ず大崩はしなかった。」

H「ああ。前場中に為替が円高進行していった時は先物に売り物も見られたものの、仕掛け的な売りという感じではなかった。下値も限定的だったしな。」

K「もし仕掛ける気があるならば、今日などは絶好だったようにも思えるんだが・・。全体的に薄商いで為替も円高警戒感もあるような動きだったからな。そこで先物売り崩せば結構簡単に崩れたようにも思えるが・・。」

H「でもそういう向きは出てこなかった。つまり売り仕掛ける気は今日は取りあえず無かったと言う訳か・・。」

K「だろうな。先物手口を見ると警戒されているクレディスイスは今日も買い越しだった。こりゃ完全に買い戻す気なのかも知れないな。」

H「残すところ日経225先物は1500枚程度となっている。まあまともに考えれば今日のような小動きでも2日程度で買い戻せる。つまりSQまでには買い戻し出来そうだな。」

K「まあこの程度では買い戻しても株価インパクトは知れている。それだけに、ここから上値は限定的となる可能性はあるだろうな。」

H「為替がもっと円安水準になってくれれば、一段高と言う期待もあるんだが・・・。」

K「そうだな。10600円をある程度超えてくると、先物にヘッジ買いが結構入ると見られている。オプションの絡みでな。現状はまだヘッジを入れるかどうか悩む水準だけに、様子見している向きは多いようだ。」

H「10500円のコールオプションの建玉多いからな。現状はまだSQが10500円割れという可能性も十分あるだけに、様子見しているが、もっと上昇してくると、オプションの売り方がヘッジのために先物を買ってくると言うことだな。」

K「ああ。それにより先物主導で一段高という可能性がある。」

H「ただ為替が円高気味となっているだけに、このままではそうなる期待は乏しいそうだな。」

K「まあそうだろうな。コールオプション売っている向きだって、何とか抵抗する可能性だってあるからな。強引な仕掛けなどはしないだろうが、売り材料が出てくればそれを理由に先物売り強めてくると言うことはあり得るだろう。」

H「明日はSQ週の水曜日と言うこともあり警戒が必要かもな。SQ週の水曜日は波乱となることが結構多いと言われている。」

K「そうだな。まあ今晩の米国市場にかかっていそうだが、米国市場も結構強いからな。昨晩もダウやS&P500は反落したとはいえ、小幅にとどまっている。」

H「ああ。ただ昨日はハイテク株がしっかりで相場を支えた面もあるからな。シスコシステムズが何やら日本時間で今晩に重大発表をするらしいからな。その思惑から大きく買われている。」

K「何でもインターネット高速化に関する画期的な技術の発表のようだが・・・。」

H「消費者、企業、政府などに対してネットの影響を恒久的に変える重大発表との話だ。何かワクワクするよな。一体どんな技術を開発したのか・・・。」

K「楽しみだな。内容によっては大きな物色テーマとなる可能性もあるからな。」

H「そうだな。市場は新たな物色テーマに飢えているからな。新鮮で目新しいテーマが浮上していると非常に面白い。」

K「最近は、中小型株の業績回復期待銘柄がテーマとして買われているが、ここ数日はそれがPBR1倍割れの中小型株まで物色が波及してきている。中には業績回復期待乏しい企業なども派手に物色されており、ちょっと広がりすぎている感も否めない。」

H「まあ理屈も解るけどな。低PBR銘柄が買われるのも・・・。」

K「そうだな。景気回復期には良く見られる物色だからな。それだけ景気回復期待が強まってきたと言うことだろう。つまり全体的な底上げ相場になってきているとも言える。」

H「ただ、その多くが短期資金中心とも言えるだけに、そうそう続くとも思えない。中長期資金による見直し買いが入ってきている銘柄も当然あるが、それらも今や短期資金中心で相場が継続しているというモノも目立つ。」

K「ああ。まあ中低位株物色相場も悪くはないが、そろそろ目新しいテーマ欲しいところだ。」

H「今晩シスコがどういった発表をするのか注目だな。」

K「ああ。後は今晩の米国市場と為替市場がしっかり推移してくれれば有り難い。」

H「ただ為替ちょっとやばそうだな雰囲気だが・・。完全に1ドル90円割り込んでいる。」

K「何でもフィッチがポルトガル格下げの可能性を示唆したようだな。」

H「今度はポルトガルかよ・・・。」

K「まあ警戒はされていたことだけに、目新しさはないし、今すぐ格下げるって話でも無いだろうしな。ただ為替が既に反応しているだけに、このままだとやっかいだ。まあ今晩中に収まれば良いけどな。」

H「そうだな。とにかく明日どういう結果で返ってくるのか注目したい。」
2010.3.9先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。