(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.12【連休控え、ショートカバー優勢】

2008/09/12 11:13|未分類CM:0
ケネディクス怪しいね
寄りS高売りが徐々に増えて
12000株売り12000株買いで並んだと思ったら
10000株の成り買い追加
見せ板乙!かと思ったら
寄りでちゃんと買ってる
この高いところ寄りで9億の成り買いって
最近外資系が新興不動産は割安と煽ってるから
外資系が買いに来てる?

それにしてもダウ意味不明
最近長い陰線と陽線の連続

とりあえず昨日変に強かったオリックスを寄り買い
先物のアホのせいで
13800で振り落とされたけどね
先物死んでおくれ

3連休どうするよ持ち越し

先物空気読めよ
ホント先物って空気読めないよな
3連休ってだけで12000割れないだろうと
オリックスとりそな拾い
12010まで一気に逝ったときはちょいびびったけど
そのあと一瞬で戻したんで
オーバーシュートからの踏み上げパターン

金融系来ると思ってたのりそなとアイフル寄りで買えないとは
昨日押し過ぎで弱気になった


株式オープニングコメント
金融株主導のショートカバー優勢の相場展開

 11日のNY市場は上昇。ダウ平均は164.79ドル高の11433.71、ナスダックは29.52
ポイント高の2258.22で取引を終了した。大手証券リーマン・ブラザーズ(LEH)の破
綻懸念が広がり、金融セクターを中心に下落して始まったが、原油価格の下落など
が好感され、引けにかけて幅広く買戻しが入り上昇に転じた。セクター別でもほぼ
全面高となっており、特に運輸や銀行が堅調。シカゴ225先物清算値は大証比175円
高の12245円。ADRの日本株は富士フイルム、コマツ、日電産、松下、ソニー、京
セラ、トヨタ、ホンダ、キヤノンなど対東証比較(1ドル107.22円換算)で全般小じ
っかり。
 米リーマン・ブラザーズは身売りの可能性について、複数の買い手候補との交渉
に入ったと、複数の関係者の話として一部伝えられているほか、米ワシントン・ポ
スト紙は、米財務省とFRBがリーマン・ブラザーズの売却計画に着手していると
報じたようである。週明け15日のアジア市場での取引開始以前に発表される見込み
であり、金融株主導のショートカバー優勢の相場展開が期待される。SQ通過によ
るアク抜け感もあり、先物主導で仕掛け的な商いも入りやすそうである。ただ、日
本は祝日で3連休となることから積極的なポジションは取りづらく、また、リーマン
絡みで振らされていた経緯もあって、ロングポジションが積み上がるというより
は、売り方の買戻しにとどまりそうだ。短期的な値幅取り狙いとなると、みずほF
G辺りに資金が向かいやすい。
 そのほか、スティール・パートナーズがノーリツに対してTOBを発表するな
ど、世界的株価下落によってファンドの動きも活発化してくる可能性も出てきてお
り、ファンド保有銘柄への注目度も高まりやすい。そのほか、日ハムは加ト吉系の
水産商社を買収する方針が伝えられており、食品セクターの再編機運が強まりそう
だ。

株式ランチタイムコメント
大引けにかけて買戻しが強まる可能性も

 日経平均は4日ぶり反発。128.49円高の12230.99円(出来高概算14億5000万株)で
前場の取引を終えている。11日の米国市場はリーマン・ブラザーズの買収観測など
を背景に引け前30分辺りから金融株主導で切り返しをみせており、この流れが波及
する格好となった。また、先物オプションSQに絡む売買も差し引き買い越しとな
り、日経平均は寄り付き直後に一時12277.57円まで上げ幅を広げていた。しかし、
銀行などが強含みで推移する一方、トヨタ、キヤノンなど輸出関連の一角が軟調な
ほか、商社、鉄鋼、海運などが上昇する一方で紙パルプ、食品などが冴えないな
ど、このところ目立っていたファンドのクローズに伴うリバランスの反動とみられ
る動きとなっており、SQに絡む商い一巡後にはこう着感の強い相場展開が続いて
いる。全体としては米国の流れから強気姿勢というよりは、買戻しによる影響が大
きいほか、アドバンテストなど指数インパクトの大きい値がさハイテクの一角がけ
ん引しており、インデックス絡みの商いの影響が大きいようである。東証1部の騰落
銘柄は値上り1170に対して値下がり442、変わらず107と値上り数が全体の7割近くを
占めている。
 3連休を控えていることから短期値幅取り狙いの動きも次第に手控えられてくる可
能性はありそうだ。電池関連などの一角が物色されているが、直近のボトムレベル
までの調整をみせていたこともあって値ごろ感からの買いとも考えられるため、来
週以降につながるかは見極めが必要であろう。また、金融関連セクターの上昇も買
戻し主導であり、資源・素材関連の上昇もこれまでのリバランスの反動といったと
ころであり、積極的にはリバウンドを狙いづらいところである。ただし、リーマン
の買収問題が週明けにも発表される可能性が報じられている中、注目するとなると3
連休を控えていることから先回り的に買戻しの動きを強めてくる可能性はあるた
め、大引け間際にかけて本日堅調に推移しているセクターなどは一段高をみせてく
ることは考えられよう。

株式クロージングコメント
期待通りアク抜けとなれば目先テクニカルリバウンド(訂正)

 日経平均は反発。112.26円高の12214.76円(出来高概算25億9000万株)で取引を
終えている。11日の米国市場はリーマン・ブラザーズの買収観測などを背景に引け
前30分辺りから金融株主導で切り返しをみせており、この流れが波及する格好とな
った。また、先物オプションSQに絡む売買も差し引き買い越しとなり、日経平均
は寄り付き直後に一時12277.57円まで上げ幅を広げていた。しかし、銀行などが強
含みで推移する一方、トヨタ、キヤノンなど輸出関連の一角が軟調なほか、商社、
鉄鋼、海運などが上昇する一方で紙パルプ、食品などが冴えないなど、このところ
目立っていたファンドのクローズに伴うリバランスの反動とみられる動きとなって
おり、SQに絡む商い一巡後にはこう着感の強い相場展開が続いている。さらに、
後場に入ると先物主導で下振れをみせ、12059.09円と直近安値を下回る場面もみら
れている。ただ、リーマンの買収問題が週明けにも発表される可能性が報じられて
いる中、金融関連株への買戻しの流れが続き、先物市場も次第にショートカバーか
ら切り返しをみせてきていた。セクターではノンバンクや銀行、不動産などの上昇
が目立っていたほか、資源・素材関連などこれまでのリバランスの反動もみられて
おり、リーマンの身売りなどによるアク抜けを相当織り込む格好であるが、期待通
りアク抜けとなれば直近で12100円割れをみているだけに目先的には相場反転までは
行かないテクニカル範囲のリバウンドが意識されそうである。ただ、翌日にはゴー
ルドマン・サックスの決算も控えているため、引き続き、米国金融株などに振らさ
れる相場展開となりそうだが。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均12214.76 +112.26
TOPIX1177.20 +14.48
東証2部指数2479.98 +9.82
日経ジャスダック平均1332.76 +1.23
マザーズ指数437.16 +12.93
ヘラクレス指数700.19 +8.65
東証1部出来高25.94億株
東証1部騰落レシオ76.49%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅上昇。金融不安強まって派手に下落する場面もあったが、
リーマンの買収に絡んだ報道が出て金融不安後退期待から金融株が買い戻された。
それを受け日経平均は大幅高で始まる。寄り後は方向感乏しい揉み合いが続いた。
後場には先物に仕掛け的な売りが入って日経平均マイナスに転じる。しかしその
後は買い戻されて結局大幅高水準で引けている。日経先物の主な買い越し証券は、
メリル、日興シティ、JPモルガン、UBS、ニューエッジ。売り越しはGS、クレディ
スイス、野村、リーマン、岡三、BNPパリバ、三菱UFJ、大和など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4813ACCESS 206900円 +29100
一時ストップ高まで買われた。昨日同社は中間決算を発表しており、従来計画を
上回った。営業赤字ながらも赤字幅が大きく減少しており素直に好感されている。
通期業績見通しは精査中との事で、今後上方修正期待強まったようだ。この決算
を受け、好感するレポートを出した証券会社多く、それも買い安心感に繋がって
いる模様。まだまだ不安定な動向続きそうだが、徐々に下値を切り上げていくと
見る向きは多い。去年は9月から一相場作っており、その影響もあって新興市場
全体が戻し相場となった。新興主力株だけに同社株の好調は新興市場の心理を良
くすると・・・。

6502東芝 502円 -9
軟調。フラッシュメモリーの市況環境悪化を嫌気する動きが継続しているが、も
う一つの主力事業である原発事業への先行き懸念も出て来ているようだ。米大統
領候補のオバマ上院議員が、原子力発電所の新設に反対していると報じられてお
り、将来的に悪影響が出てくるとの懸念が出て来ているようだ。テクニカル的に
既に売られすぎ水準に達しているものの、弱さ継続していることからまだ下値余
地があるのではと警戒する市場筋も少なくない模様。ただ長期的に見れば最安値
水準に既に達していると見る向きも多く、目先何処で下げ止まるか注目されてい
る。

8306三菱UFJFG 858円 +35
銀行株が総じて堅調。昨晩の米国市場ではバンカメがリーマン買収を検討との報
道を受け、金融株が大引けにかけ買い戻されている。また別の報道では、米政府
やFRBがリーマン売却を今週末中に発表する計画だと・・・。これらのことから来
週の連休明けには既にリーマン問題が解決している可能性があり、今日は銀行株
に買い戻しの動きが強まったようだ。買収先見つからずリーマン破綻にでもなれ
ば、来週の銀行株は波乱となるとの怖い見方も一部では出ている模様。

5713住友金属鉱山 1127円 +50
反発。今朝の日経新聞では、中間期連結計上利益は従来予想を上回る見通しだと
報じている。銅価格が会社想定価格を大きく上回っていることが主な要因。また
想定為替レートよりも円安推移していることも上方修正要因との事。それを好感
して買われているが上値の重さは鮮明。現状、金や銅、更にニッケル価格は、下
落基調を続けており、中間決算上方修正となっても、下期は想定下回る懸念もあ
るとの警戒感強いようだ。既に売られ過ぎとも言える水準ながら、これら金属価
格に下げ止まり見られないと上値は買いにくいと・・。

6417SANKYO 5300円 +310
大幅上昇。昨日同社は中間業績と通期業績の下方修正を発表。通期連結営業利益
は一転して減益見通しに。期待していたパチンコ機「フィーバー大夏祭り」の販
売が計画を下回りそうな事が要因。ただ既に1Q決算発表時の受注動向から警戒さ
れていた事だけに、今日は悪材料出尽くしの動きになっている。この下方修正を
受け、強気を継続する証券会社が複数出ていることも買い安心感に繋がっている
模様。ただ今後の決算や受注動向などを確認していかないと上値も買いにくさが
あり暫くは5000円台での推移となりそうだと。

8515アイフル 911円 +98
一時ストップ高まで買われる。9/4のアナリスト説明会以降、資金繰りの懸念後退
して戻り相場が続いている状況。昨日は地合の影響や金融不安などによって大き
く売り込まれたが、今日はあっさりと昨日の下落分を全て戻してしまった。全体
的に金融株が今日は買い戻されていることや、野村が本日付けリポートで資金繰
り懸念後退とのポジティブな見解を示したことが買い安心感に繋がった模様。既
にこの手の好感出来るリポートは、説明会以降に複数の外資が出していたが、野
村からも出されたことにより改めて好感されているようだ。

5202ラオックス 55円 +23
大幅上昇。今日で3日続伸となっている。特に材料は見当たらないが、9/9の日刊
工業新聞の報道がきっかけになっているとの見方も。大した記事ではないものの
短期資金の物色理由にされた可能性はありそうだと。また今日の後場の急伸は、
昼に発表されている昨日付けの逆日歩が1株0.40円付けたことが刺激になったとの
見方。この株価で0.40円は結構大きく、更に空売り増えれば逆日歩跳ね上がる期
待が強まったようだ。その思惑も加わって後場派手に物色された。引け後、売り
禁となっただけに、来週も続くかどうかは逆日歩次第ではとの見方。

===============
◆◇9/15(月)の主な予定!◇◆
===============
東京市場休場「敬老の日」
香港・中国市場休場
米9月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米8月鉱工業生産(22:15)
米8月設備稼働率(22:15)

9月12日(金)

H「三連休前の日本市場は大幅反発となった。辛うじて12000円を死守した格好だ。」

K「昨晩のイブニングでは先物が12000円割り込んでいたからな。為替も急速に円高へ向かっていたし、今日は波乱必至との見方が多かった。米国市場も案の定大幅安で始まって結構売り込まれる場面も見られていた。」

H「ああ。でも終わってみれば米国市場大幅高で返ってきたから。驚いたな。引け間際の急騰は凄まじかった。ダウはマイナス圏から一気に160ドル高だからな。」

K「為替も結局、殆ど元に戻って返ってきたからな。日本市場は当然買い優勢で始まる事になった。」

H「しかし昨晩の米国市場では色々と噂なども飛び交っていた。リーマン破綻の懸念からリーマン株が暴落していたが、ゴールドマンが買収するとの噂も出たし、来週のFOMCで利下げに踏み切るとの話も出た。」

K「それで全体的に上げる場面も見られたからな。まあどれでも単なる噂だったようだが、引け間際にWSJの報道で火がついた。バンカメがリーマンの買収を検討しているとの報道だ。」

H「米国市場引け後にはワシントンポストが米政府やFRBがリーマンの売却に関与して週末中には売却完了し、来週アジア市場開く前に発表する計画があると報じた。これによって、日本市場では銀行株などに買い集まって日経平均大幅高で始まる展開になった。」

K「例のごとく週末の間に決着付けてしまおうと言う事だな。結果や細かい内容はともかく、週明けまで銀行株などは売り持ちしにくい。それだけに買い戻しに動いた向きが多かったのだろう。もちろん週明けには金融不安後退しているとの期待から先回り的に金融株買い向かった投資家も多いようだ。」

H「ただ果たしてリーマンの買い手はいるのかどうか?買い手多いならば、とっくに決まっていたとの見方も多い。買収額はともかく財務内容はかなり酷いとの話もあるしな。本当に破綻ギリギリだと・・。」

K「ああ。ただワシントンポストの報道が事実であれば、政府やFRBが間に入るだけに、案外あっさりと決まる可能性はある。当然ある程度、買収相手とは話は進んでいるんだろう。まあかなり安い価格での売却となりそうだけどな。」

H「それでリーマン株は時間外で更に下落しているのか・・・。」

K「だろうな。」

H「今週末どういう結末となるのか非常に楽しみだな。買い手いなくて結局破綻なんて事はないんだろうな。」

K「まあ週末中に決着付けるとの報道が事実ならば、それは基本的にないだろう。何処かが引き受ける事になるんだろう。」

H「とにかくリーマン問題解決となれば、金融不安も再び後退となりそうだな。」

K「そうなれば良いけどな。ただリーマンの次はメリルだとの見方も多いだけに、懸念のターゲットが変わるだけで金融不安はまだまだ続く可能性はある。現に昨日の米国市場ではメリル株が暴落している。既に次のターゲットはここだとの意識が市場に強まっているんだろう。」

H「なるほど。となれば、まだまだ油断は出来そうもないな。噂通り来週のFOMCで利下げでもすれば面白いんだが・・。」

K「まあ、あり得ない話でもない。既に原油などの商品市場は下落して来ただけに、インフレ懸念は峠を越えているし、利下げ出来ない状況でもないだろう。利下げする事によって住宅市場へも好影響を与えるからな。」

H「そうだな。利下げして驚かせて欲しいモンだ。」

K「今日はメジャーSQだったが、幻のSQ値となってしまった。現状はこのSQ値と節目の12000円に挟まれて引けている状況だが、連休明けはどちらかを突破する可能性は極めて高い。それだけにどっちへ抜けるかが大きなポイントになりそうだ。」

H「連休中の米国市場次第だろうな。リーマン問題解決となって月曜日の米国市場爆上げでもしてくれれば良い連休明けとなるんだが・・・。」

K「そうだな。ただ期待外れに終わり、更に下へという展開になっても、米国はまだ空売り規制というカードを切っていない。それを、そろそろ切ってくる可能性あるだけに、売りにくさは常にある。金融不安問題も大詰めになってきているのは確かだし、潮目は近いだろう。」

H「まあそれが来週となるよう期待したいモンだ。」
2008.9.12先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。