(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.26【値頃感から4日ぶり反発】

2010/02/26 11:16|未分類CM:2
アメリカつえー
火曜は消費者信頼感指数の悪化で普通に下げたけど
水曜は新築住宅販売件数の悪化を吸収して上昇
木曜はギリシャ問題のヨーロッパの下げ、
新規失業保険申請件数の増加も
なんのその切り返して下ヒゲ陽線
どんどん悪材料に対して強くなってるように見えるが
逆に日本はしょっぱすぎ
どんどんダウと日経の差が開いていく

この動き見たら今日は普通に買いだと
おりゃーって買っていったら
三井住友ちょい上昇したところで上昇が止まりやがって
無限売り売り来たんで
こりゃあかーんって2860で利確
ブリヂストンもついでに利確した後
先物ストーンって落ちていったけど
ブリヂストンは先物の動き関係なしに強かった

あとはCA162000で売って161000買戻し
その後もっと下がって行ったよ

個別は死んでた銘柄が再び上昇し始めた感じだね

後場
真央ちゃん、がんがったね
日本市場はがんがらなかったね

今日は買い持ちしっちゃったよ
暴落来るんじゃないかな
空気読んで縛上げしろよNY


[株式オープニングコメント]
本格的な売買はフィギュア終了後、大引けまでの1時間か
 本日の日本株市場は、不安定な外部環境の影響を受けてボトムを探る展開となりそ
うだ。25日のNY市場ではダウが25日線レベルから下ヒゲを残す格好で下げ幅を縮め
ている。ダウの動きとしては、日経平均もシカゴにさや寄せしたとしても、一目均衡
表の雲下限、ボリンジャーバンドのマイナス1σが位置する10030円レベルでの底堅さ
は意識されそうではある。しかし、為替市場ではドル円が一時1ドル89.01円と89ドル
割れが意識されてきているほか、ユーロも一時120.39円と円高基調を強めている。ま
た、中国、インド、ブラジルといった新興国の金融引き締めの動き、ギリシャ財政危
機を発端とする欧州の信用不安に対する警戒感が根強い。また、クレディ・スイス
(CS)の商いに振らされている先物市場についても、昨日のCSは大きく売り越し
ており、同社の動向次第といった見方にならざるをえない。
 また、本日は週末・月末要因から積極的な商いが手控えられやすい。バンクーバー
五輪でフィギュア女子フリーが行われるが、ショートプログラム(SP)で確認され
たとおり、市場参加者を減少させることになろう。特に浅田真央、安藤美姫、金妍児
(キム・ヨナ 韓国)選手の競技が行われる後場の商いは一段と手控えられそうだ。
ただ、浅田真央選手がメダルを取ることができれば、心理的効果によって個別材料株
への物色が活発する可能性はあろう。新興市場の中小型株のほか、3月相場入りによ
って配当も意識されやすく、低位、低PBR、有配、需給妙味などが重なる銘柄はト
レード対象になりそうだ。また、大引け値でMSCIの四半期入替えに伴うパッシブ
イベントが発生するため、指数を押し上げてくる可能性もある。本格的な売買は、フ
ィギュア終了後から大引けまでの1時間か。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY金相場、4日ぶり反発
・バルチック海運指数、反発
・2月第3週の外国人、2週連続で買い越し
・建機出荷16ヶ月ぶり増加
・工作機械短観、受注見通しやや改善へ
・外食売上高、3ヶ月ぶり前年上回る
・東証マザーズ指数、4日続伸
・東証REIT指数、反発

弱気材料
・ギリシャなど欧州の財政不安
・NYダウ反落、雇用情勢悪化懸念
・NYドル円相場、円高進行(89円06銭-08銭)
・米SOX指数、反落
・欧州株反落、ユーロ圏成長は0.7%どまり
・LMEニッケル先物、反落

留意事項
・NY原油先物、反落(1バレル=78.17ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.06%下落)
・DRAMスポット、変わらず
・長期金利、3日続落(10年債利回り0.020%下落)
・第一三共、後発医薬品事業参入観測
・消費者物価指数
・1月の鉱工業生産指数
・1月の自動車生産台数
・1月の住宅着工戸数
・1月の建設工事受注
・決算---日航
・10-12月期の印GDP
・10-12月期の英GDP改定値
・2月の独消費者物価指数
・10-12月期の米GDP改定値
・2月の米シカゴ購買部協会景気指数
・1月の米中古住宅販売件数

[サポート&レジスタンス]
終値           10102
5日移動平均       10235
標準偏差+2σ      10688
先行スパンA       10609
基準線          10377
レジスタンス(2)    10332
25日移動平均      10255
転換線          10231
レジスタンス(1)    10217
ピボット         10152
100日移動平均     10141
サポート(1)      10037
先行スパンB       10029
200日移動平均     10026
サポート(2)       9972
標準偏差-2σ       9821

[ランチタイムコメント]
こう着レンジ内だが、高値圏で引ける可能性も
 日経平均は小幅上昇。42.92円高の10144.88円(出来高概算7億1000万株)で前場の
取引を終えている。24日のNY市場の下げ渋りもあってシカゴ先物を上回ってのスタ
ートとなった。その後下振れをみせる場面もあったが、SQ値レベルを大きく割り込
まなかったことから前引けにかけて切り返している。東証1部の騰落銘柄は値上り817
に対して値下がり638、変わらず220と、値上りが上回っているほか、規模別では大
型、中型、小型株指数ともにプラスだった。
 先物市場でのクレディ・スイスによる商いが注目されている。225先物は一時10080
円まで下げたが、昨日の安値を割り込まなかったことから、買い戻しを連想させた感
もある。週初の買い戻し以降は売り越しが続いているが、それを買い戻してくるよう
だと指数を大きく押し上げる可能性もあるため、弱含む中でもショートポジションを
取りづらい状況であった。また、為替市場もドル、ユーロとともに落ち着きをみせて
いることも、買い戻しを意識させている。
 一先ず前引けにかけてポジションはニュートラルに近づいていると考えられるが、
クレディ・スイスとみられる買戻しの流れが強まるかが注目されるところ。
 バンクーバー五輪でフィギュア女子フリーが始まっているが、ショートプログラム
(SP)で確認されたとおり、市場参加者を減少させる可能性はある。特に浅田真
央、安藤美姫、金妍児(キム・ヨナ 韓国)選手の競技が行われる後場寄り付き辺り
からの1時間の商いは一段と手控えられそうだ。この参加者が限られるなかでショー
トカバーが強まるようであれば、意外高の可能性もある。
 また、大引けでのMSCIの四半期入替えに伴うパッシブイベントが発生するた
め、指数への影響もありそうだ。基本的にはこう着レンジ内での値動きであろうが、
高値レベルで引けになることも意識しておきたい。

[クロージング]
値頃感から4日ぶり反発
26日の日経平均株価は4日ぶり反発。直近の下落に伴う値頃感に加え、寄り前発表の1
月鉱工業生産指数速報が市場予想を上回り、序盤から自律反発狙いの買いが優勢とな
った。後場にかけては米GLOBEXの米株価指数先物の堅調推移が追い風となり、
一時70円程度まで上げ幅を拡大させる場面もあった。ただ、再燃した欧州ソブリンリ
スクや円高懸念などが終始重しとなり、積極的な上値追いは限定的だった。
大引け概算の日経平均株価は前日比24.07円高の10126.03円。東証1部市場の売買高は
15億7611万株、売買代金は1兆1529.37億円。騰落銘柄数は値上がり880、値下がり
624、変わらず175。
業種別では輸送用機器、卸売業、鉄鋼、ゴム製品、石油・石炭などが上昇。一方、電
気機器、精密機器などが小幅下落。個別ではトヨタ自<7203>、ブリヂストン<5108>、
マツダ<7261>、野村<8604>などが上昇。一方、パイオニア<6773>、明電舎<6508>など
が下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10126.03 +24.07
TOPIX894.10 +2.69
東証2部指数2085.11 +1.46
日経ジャスダック平均1211.05 +3.06
マザーズ指数409.19 +5.83
ヘラクレス指数570.19 -0.37
東証1部出来高15.76億株
東証1部騰落レシオ74.61%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は欧州のソブリンリスク懸念や新規失業保険申請件数が増加した
ことを嫌気し大幅安まで売り込まれる展開。ダウは一時180ドル超安となる場面も
見られた。しかし大引けにかけては買い戻され50ドル程度まで下げ幅縮小して引
けている。為替は派手に円高進行したものの、日本時間には円安方向にある程度
戻してきている状況。今朝発表された鉱工業生産は市場予測を上回り、日経平均
は小高く始まる展開。寄り後は方向感乏しい揉み合い。日経平均10100円割れとな
る場面では押し目買いも見られ下げ渋る動き。前場引けにかけては買われ日経平
均上げ拡大して前場終了。後場も更に上げる場面もあったが、上値も限定的で大
引けにかけては手仕舞い売り優勢となり上げ幅縮小して終了。商いは非常に低調。
日経先物の主な買い越し証券はクレディスイス、トレイダーズ、モルガンS、
バークレイズ、BNPパリバ。売り越しは楽天、JPモルガン、UBS、ゴールドマン、
野村、ニューエッジ、ドイツなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6966三井ハイテック 706円 +70
大幅上昇。今朝の日経新聞では日産自動車から電気自動車とハイブリッド車の基
幹部品、モーターコアを受注したと報じている。今後の業績寄与が期待されてお
り、これを機に今後も受注が期待できるのではという思惑も・・。同社は既にト
ヨタ自動車のハイブリッド車にモーターコアを供給しているが、これを機に他社
にも供給を広げるとの事で期待も強まっているようだ。今日のGRAILメールで取り
上げた本日の注目材料株の一つ。

7746岡本硝子 198円 +16
一時214円まで買われる場面も見られた。昨日同社は、大型プロジェクター用の反
射鏡をソニーに納入したと発表した。業績への寄与は不透明ながら、これを機に
今後も受注増えるのではという思惑も強まったようだ。この材料を背景に今日は
物色されている様子。低位株で過去にも派手に物色されることもあった銘柄だけ
に、短期資金も集まりやすく、素直に好感されたようだ。基本的には続く物色に
はなりにくいのではと見る向き多い。

7203トヨタ自動車 3330円 +60
朝から堅調。米国での公聴会を無難に終え、アク抜け感強まっている様子。長期
資金も買い場だと見て拾ってきているとの見方もあるようだ。また今朝発表され
た鉱工業生産では、輸送用機械工業の生産が上昇しており、自動車株に追い風に
なっているとの見方も・・。ただリコール問題が今後の販売にどの程度影響が出
てくるのかがまだ不透明であり、円高懸念もくすぶっていることから、上値追う
動きは限定的と見る向き多し。下げれば買いたい向きは増えてきているだけに、
まだレンジ相場が続きそうだと・・・・。

2121ミクシィ 572000円 +67000
商い急増して大幅上昇。ドイツ証券が強気なレポートを出しており刺激になって
いるようだ。同社のアプリ事業などにより中期的に飛躍的な成長を実現させる可
能性があり、株価はそれを織り込んでいないと・・・。魅力的な買いのタイミン
グとの見方を示し絶賛しているようだ。投資判断はBuy継続で目標株価を92万円
まで引き上げている。最近、株価は年初来対安値付近まで売られてきていたこと
から、見直し買いも入ってきたようだ。ただ短期資金も今日はかなり入っていた
ようであり、来週以降はここまで強い動きは期待できそうもないと見る向き多い。

6640第一精工 3080円 +128
大幅上昇。決算発表以降派手に売り込まれてきた銘柄だが、売りもようやく一巡
感出て来たようで、ここ数日戻り基調になっていた。今日は久しぶりの3000円台
に。みずほ証券が目標株価を引き上げ強気なレポートを出しており、それが刺激
になっているようだ。もともと、同社に対してみずほ証券は強気だったが、決算
発表後に目標株価を一度引き下げていただけに、再び引き上げてきたことが好感
されたようだ。市場で警戒されているシェアの低下は、第3四半期を底に改善に
向かっていると指摘している。目先的に200日移動平均線辺りまで戻す展開続く
のではと期待する市場筋多い。

3846エイチアイ 113200円 +4000
しっかり。一時122500円まで買われる場面もあったが、後場には上げ幅縮小。今
日は他にも3D関連株に買われている銘柄目立っている。韓国サムスンが3Dテレビ
を昨日発売し、昨晩のニュースなどで報じられたことから刺激になっているよう
だ。いよいよ3Dへの注目度が本格的に高まりそうとの事から、関連株物色に繋が
っているようだ。今後も度々蒸し返し物色が続いていきそうだと。4239ポラテク
ノ、6769ザインなどもしっかりとなっている。

===============
◆◇3/1(月)の主な予定!◇◆
===============
2月自動車販売台数(14:00)
ザッパラス、積水ハウスなど決算発表
インド市場休場
中国2月PMI(10:00)
米1月個人所得・個人支出(22:30)
米2月ISM製造業景気指数(2日 0:00)
国際原子力機関(IAEA)理事会(ウィーン ~5日)
世界最大のIT 見本市「CeBIT」(ドイツ・ハノーバー)
[動いた株・出来た株]

*フューチャー<4722> 34000 +2150
内需系の出遅れ銘柄として値幅取り資金向かう格好か。

*オンワード<8016> 605 +31
買戻し主体と観測も、丸井の売上回復観測などでアパレルの事業環境好転期待も。

*サンケン<6707> 311 +15
液晶テレビ用の新型バックライトなど期待感続く。

*NECエレク<6723> 865 +37
足元では、貸し株のリコールなども見られ始めてはいるようだが。

*空港ビル<9706> 1342 +57
「エリア限定型ワンセグおよびマルチメディア放送技術」の実証実験実施とも。

*セイコー<8050> 177 +7
前日から急伸、テクニカル妙味などはやされ短期資金追随か。

*大明<1943> 636 -27
目立った悪材料もないが、11月の安値水準意識する動きへ。

*日合成<4201> 574 -19
前日は長い上ひげで伸び悩む、見切売り圧力強まる展開に。

*古河スカイ<5741> 182 -6
先駆して上昇も、短期資金は日軽金などにシフトか。

*レオパレス<8848> 428 -14
年初来高値更新後は達成感も強まる展開で。

*カブコム証券<8703> 89100 -2700
月末・週末要因などで換金売り圧力、先週末株価急伸の反動続く。


(前場)
*三井ハイテック<6966> 701 +65
日産にもモーターコアを供給と伝わっている。

*JUKI<6440> 118 +7
上海工場の設備増強報道以降は上値追いの動き続く。

*日本鋳鉄管<5612> 142 +8
前日には収益予想の上方修正、並びに期末配当実施を発表。

*帝国ピストン<6463> 452 +22
直近の人気化で値幅取り妙味、PBR水準の割安感も強く。

*日本軽金属<5701> 102 +4
東洋アルミの太陽電池電極用素材増産報道など引き続き手掛かりに。

*トヨタ車体<7221> 1421 +55
公聴会通過によるトヨタの上昇などリバウンドの手掛かりに。

*日本トムソン<6480> 574 +22
直近ではフィデリティ投信の保有比率が上昇で。

*キヤノンMJ<8060> 1184 +43
前日はドイツの格下げなどで一段安も、突っ込み警戒感。

*日新製鋼<5407> 166 +6
日経平均の新規採用発表接近なども思惑視か。

*ダイセル<4202> 599 +19
みずほでは「アウトP」に格上げ、800円目標としている。

*イオン<8267> 917 +29
GSでは投資判断を「買い」に格上げ、1150円目標とする。

*トッパンF<7862> 947 +29
11月の安値水準を支持線と意識でリバウンド期待も。

*雪印メグミルク<2270> 1392 +42
目立った材料ないが、長期の底打ちトレンドも脱却期待で。

*ITCN<9422> 200600 +5800
1株を400株に分割すると発表しており。

*Jフロント<3086> 500 +15
GSでは投資判断を「売り」から「中立」に格上げ。

*古河機械金属<5715> 100 +3
下値での底堅さ目立ち始め、リバウンド期待も高まる。

*プロミス<8574> 685 +20
ムーディーズ格下げ嫌気の動きなども一巡で。

*トヨタ紡織<3116> 1534 +43
モルガンではトヨタ系部品では同社など優位との見方。

*サガミチェーン<9900> 493 -27
直近安値を更新で一段と売り圧力も強まる展開に。

*アキレス<5142> 137 -7
直近で人気化も、前日は長い上ひげを残して。

*フージャース<8907> 18460 -740
前日には上放れも、週末要因もあって資金の回転は速い。

*ソネットエンタ<3789> 229700 -8500
通期営業利益は70億円から64億円に下方修正で。

*パイオニア<6773> 311 -11
公募価格も割り込んで増資の不透明感など思惑視される。

*シロキ工業<7243> 265 -9
天井到達感も強まり、短期資金の利益確定の動きが続く。

*栗田工業<6370> 2463 -77
超純水供給事業の来期の成長鈍化懸念などと。

*新日本無線<6911> 232 -7
連日の急伸が続いていたが、週末要因から手仕舞いも。

*タカタ<7312> 1990 -56
欧州向けの構成比なども高く、足元リバウンドの反動安続く。

*ザッパラス<3770> 129800 -3400
通期営業利益は31.1億円から28.8億円に減額修正へ。

*三菱UFJ<8306> 448 -3
欧州ソブリンリスク警戒などで米国金融株は軟化。

*GSユアサ<6674> 629 +12
レンディング市場ではリコールの動きなども散見。

*富士電機HLDG<6504> 209 0
中期計画説明会実施も評価材料とは受け止められず。

*いすゞ自動車<7202> 224 +6
シティでは「1H」に格上げで310円目標とする。

*野村HD<8604> 653 +7
MSCIリバランスの買い需要なども先取る形へ。

*日産自動車<7201> 703 -5
欧州向けの展開など警戒視する声も。

*マツダ<7261> 229 +4
前日にはメリルが投資判断を一気に2段階格上げ。

*新日本製鉄<5401> 333 +4
改めて昨日の鋼材値上げ報道などを評価材料視も。

*トヨタ<7203> 3345 +75
公聴会通過による短期的な買い安心感が台頭で。

*ツガミ<6101> 424 +11
工作機械の受注短観などもプラス材料視される格好に。

*ドコモ<9437> 137400 -1300
携帯電話の接続料引き下げなどを発表している。

*JR東<9020> 6100 +60
為替動向の不透明感から内需系ディフェンシブに資金も向かう。

*ヤフー<4689> 33400 +450
JPMでは新規に「オーバーW」、目標株価38000円とする。

*セブンアイ<3382> 1995 +24
今期業績の下ぶれ観測伝わるが、織り込み済みの範囲内と捉えられ。

*ファナック<6954> 8690 +30
寄り前に発表の鉱工業生産上ブレもあって。

*花月園<9674> 80 -8
特に材料ないまま前日に急伸した反動で。

*アプラス<8589> 84 +13
300億円上限に優先株買戻しへと伝わる。

*アビリット<6423> 122 +7
引き続き、中国企業との提携進展による業容拡大への期待で。

*サノヤス<7020> 426 +24
PER水準低位、水準訂正余地が大きいとの見方にも。

*ミクシィ<2121> 556000 +51000
ドイツでは目標株価を88万円から92万円へと引き上げ。

*岡本硝子<7746> 204 +22
ソニーへ大型プロジェクター用反射鏡を納入と報じられ。

*光波<6876> 990 +101
LED関連として改正省エネ法が手がかり材料視されているとも。

*スパイア<4309> 191 -18
一時高値更新も短期的な過熱警戒感強まり急反落へ。

*ニューフレア<6256> 102000 +900
第三者割当増資により20%希薄化も、成長期待先行で切り返す。

*第一精工<6640> 3105 +153
みずほでは目標株価を7300円から7500円へと引き上げ。

*三洋ロジ<9379> 1100カ
三洋電が同社株を売却し、日通などが買収に名乗りと伝わる。

*Jストリーム<4308> 27600 -2400
連日の急伸も週末要因から換金売り優勢に。

* 東映アニメ<4816> 1630 +30
通期業績の上方修正やみずほの目標株価引き上げを好感。

* LTTバイオ<4566> 38000 -2500
支持線レベルを割り込み見切売りが加速。

*フェローテック<6890> 1117 +26
岡三の目標株価引き上げに続き、大和からもポジティブなレポートが観測され。
2月26日(金)

H「週末の日経平均は小幅ながらも反発した。昨晩の米国市場が派手に下落した時は今日の日本市場どうなるかと思ったが、米国市場も下げ縮小して引けたからな。」

K「ああ。米ダウは一時180ドル以上も下げる場面見られた。欧州のソブリンリスク懸念に加え、新規失業保険申請件数が予測より増加し雇用先行き懸念が強まった。でも良く大引けにかけ戻したモンだ。」

H「だよな。特段材料は出ていないようだが、売り方の買い戻しという見方もあるし、下値では下げ渋り見せていたことから押し目買いが徐々に入ってきたとの見方もある。」

K「シカゴ日経先物も一時は1万円割れとなっていたし、為替も1ドル88円台まで突っ込んでいた。1ユーロは120円も割り込んで119円台に突っ込んだからな。」

H「それらも結局戻したからな。」

K「更に朝方発表された鉱工業生産が予測を大きく上ぶれたことも良かったと言える。これが下支えになった面もあり、日経平均は小幅高程度で始まった。寄り後は揉み合いでマイナスとなる場面もあったんだが、今日も日経平均10100円割れでは下げ渋り見せており、売り込む動きは見られなかった。」

H「それが買い安心感をちょっと呼んだかもな。前場引けにかけ上げていく展開となり、後場も更に値を伸ばす場面も見られた。まあ月末だけにドレッシング買いある程度入っていたとの見方だが・・・。」

K「でも相変わらず商いは低調であり、エネルギーが乏しい状況だ。こんな状況で先物に仕掛け的な売りでも入ればやっかいだったが、そんな気は無いようだな。」

H「そのようだな。注目のクレディスイスは今日は買い戻してきた。米国市場上げたわけでもないし、為替も落ち着いていたとはいえ、依然として円高水準であり予断許さない状況だ。それだけに買い戻す理由も特にないように思えるが・・・。」

K「もしかすればこの辺がターゲットとなっているとかな。つまりここから下値は売る気がないと言うことだ。」

H「TOPIX先物もクレディスイスは買い越しとなっている。」

K「このまま買い戻し続くのか、それともチャンスあれば再度売ってくるのか注目だな。まだまだクレディスイスの動向から目が離せない。」

H「しかし米雇用問題はちょっと懸念だな。先週の新規失業保険申請件数前週より増加となり、これで3週連続で増加となった。先月の雇用統計も良くなかったといえ、今月の雇用統計がかなり警戒されそうだな。」

K「まあ注目はされるだろうな。来週金曜日に発表される。被農業部門雇用者数は前回2万人減だったが、今回は3万人程度の減少が見込まれている。予測付近で収まれば特に問題はないだろうが、減少がもっと大きくなったりすれば、波乱すら巻き起こすかもな。」

H「ただブレが大きな指標だけに、5万人減程度なら許容範囲になるだろう。」

K「ブレが大きいだけに、もっと減少するという懸念はある。まあ逆に増加になると言うことになればポジティブサプライズになりそうだが・・・。」

H「怖いのが雇用統計悪化でドル売り、円高という流れだな。恐らくそれで米株安になるだろうから、円高と米株安で日本市場にはダブルパンチとなる。」

K「来週は雇用統計だけじゃないからな。重要な経済指標は他にもあり、それら次第では結構上下にブレる相場になりそうだ。」

H「そうだな。ところで昨日、先週の投資主体別売買動向が発表された。外国人はしっかりと買い越しており、先物と合算しても買い越しとなった。先物合算での買い越しは4週間ぶりだ。」

K「これを見る限り、もう売りたい向きは取りあえず売ってしまっているという様子が伺える。後は様子見に徹している向きが多そうであり、実需の買いが多少入っていると言う感じだな。つまりクレディスイスの手口が売ってこなければ、あまり下げそうもないんだが・・・。」

H「だよな。国内勢は売っているとはいえ、大した売越額でもない。」

K「ああ。それに国内勢の売りは基本的に下値を叩く売りではないからな。」

H「先週は売り越しだった個人投資家だって日経平均は1万円付近では買ってくる向きが多いだろうし・・。」

K「それだけにクレディスイスが日経平均1万円付近で先物買い戻しに動くのであれば、1万円は結構堅いな。」

H「なら良いけどな。丁度200日移動平均線も走っているし、一目均衡表の雲も下抜けない。それが維持されればテクニカル的に大きく崩れたとは言えず、後の上昇へ期待が強まる。」

K「ただ懸念はまだまだ多いからな。欧州のソブリンリスクに、中国の金融引き締めなど、更に米国景気先行き懸念も浮上してきたからな。」

H「そうだな。まあ一つ一つ消化していくしかないからな。取りあえず今晩の米国市場しっかりと反発して欲しいモンだな。」
2010.2.26先物チャート
スポンサーサイト
コメント
こんにちは、ミャンコ先生。
株取引の確定申告について質問ですが
2009年は、岡三オンライン証券、クリック証券、SBI証券と
3つの証券会社を特定口座ありで利用しました。
このうちSBI証券でマイナスがあったので
確定申告を考えているのですが

岡三オンライン証券口座を確定申告すると
国民健康保険税が上がるので
岡三オンライン証券口座は確定申告しないで
クリック証券口座とSBI証券口座、2つの口座のみを確定申告する事は
できるのでしょうか?

アドバイス、よろしくおねがいします。
きよ #-|2010/02/28(日) 12:23 [ 編集 ]
きよさん
それは出来ないんじゃないですかねー
分からないときは税務署行って税務署のおじさんに聞いたほうがいいですよ
聞いたからって申告しなきゃいけないって事はないですから
ミャンコはいつも税務署行って
おっさんに保険料どうなりますか?とか
これって経費に入りますか?とか聞きながらやってます
一個も経費で落ちないんですがw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/02/28(日) 14:18 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。