(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.23【実質3月相場入りで材料株物色は活発に】

2010/02/23 11:10|未分類CM:0
またもクソ相場が来ております
最近、クソ相場率高すぎないか

またも金曜と同じで
10時近くにもみ合いを下抜け
出来高ないところ先物主導で延々ダラダラ

今日は持ち越しGSユアサがGDで
一旦上昇でカットして
623~620で買って天井打った631で利確とか
持ち越しDeNAをいつも伸ばしすぎて戻ってくるもんだから
上昇してきたところ717kで利確したらチョー安売り
やっぱりGSユアサみたいに天井打つまで売らない

後場
アジアが上昇に転じたということで上昇
主体性ゼロかよ
日本人そのものだな
クソ相場じゃなくてクソ市場だった

GSユアサ完全に安売り

しょろりしょろりと拾って持ち越し


[株式オープニングコメント]
先物を横目に材料株シフト強まる
 本日の日本株市場はNY市場の一服もあって、こう着感の強い相場展開となりそう
である。日経平均は下は25日移動平均線、上は一目均衡表の基準線のレベル内での推
移となろう。
 昨日は先物市場でのクレディ・スイスによる買いが大きなインパクトにつながって
いただけに、引き続き同社の影響を受けることになる。そのため、先物の動きを横目
でにらみながらのトレードを余儀なくされるため、短期資金中心の材料株についても
心理的な影響から値動きが荒くなりそうだ。クレディ・スイスのよる225先物の買い
越しは5000枚を超えており、これまでの売り越しの半分程度をカバーしたことにな
る。さらにカバーを強めるか、若しくは前日買ったポジションをクローズするかが注
目されるため、寄り付き後しばらくは先物市場から目は離せない。先物が強含みで推
移するようであれば、指数連動性から景気敏感セクターを中心とした主力銘柄に。弱
含みとなるようだと、低位材料株や新興市場の中小型株へ短期的な値幅取り狙いの資
金が集中しやすくなる。また、東証は第一生命の上場を承認。大量の個人投資家が誕
生するため、市場活性化への期待感も強まることになろう。機関投資家は購入のため
に他の保有株の比率を引き下げる可能性はあるため、これを避ける狙いから材料株に
シフトしやすい。
 ただ、しばらくは各国の出口戦略の行方を見極めたいとする流れから、外部要因に
左右させられる相場展開が続く可能性はあるが、日経平均は理想的なリバウンドの形
状をみせている。一目均衡表の基準線を確実にクリアしてくるようだと、雲上限の
10600円辺りがターゲットとなるため、調整をみせたとしても押し目買いを強めたい
ところである。
 なお、22日のNY市場はダウ平均は18.97ドル安の10383.38、ナスダックは1.84ポ
イント安の2242.03。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比10円高の10380円、円
建ては同5円高の10375円。ADRの日本株はブリヂストン、ソニー、京セラ、ホン
ダ、任天堂、三井住友など対東証比較(1ドル91.15円換算)で全般小安い。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・バルチック海運指数、5日続伸
・DRAMスポット、上昇
・日経平均、大幅反発
・GSユアサ株活況、個人投資家のセンチメント改善
・東証REIT指数、2日続伸

弱気材料
・NYダウ、5日ぶり反落
・米SOX指数、7日ぶり反落
・NY金相場、反落
・欧州株、反落
・LMEニッケル先物、3日ぶり反落

留意事項
・NYドル円相場(91円14銭-16銭)
・NY原油先物、5日続伸(1バレル=80.16ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.02%上昇)
・長期金利、2日続伸(10年債利回り0.015%上昇)
・トヨタのリコール問題、米大陪審が召喚状
・「もんじゅ」、来月にも15年ぶり運転再開へ
・第一生命、4月1日上場
・日銀金融政策決定会合議事要旨
・2月の月例経済報告
・2月の独IFO景況感指数
・12月の米S&Pケースシラー住宅価格指数
・2月の米消費者信頼感指数
・米下院エネルギー商業委、トヨタ問題の公聴会開催
・米国決算---ホームデポー、メーシーズ、ターゲット

[サポート&レジスタンス]
終値           10400
5日移動平均       10240
標準偏差+2σ      10871
先行スパンA       10602
レジスタンス(2)    10534
レジスタンス(1)    10467
基準線          10425
ピボット         10383
25日移動平均      10323
サポート(1)      10316
サポート(2)      10231
転換線          10159
100日移動平均     10143
先行スパンB       10029
200日移動平均     10003
標準偏差-2σ       9775

[ランチタイムコメント]
中小型株にシフトしやすい
 日経平均は下落。120.14円安の10280.33円(出来高概算7億4000万株)で前場の取
引を終えた。昨日の先物市場でのクレディ・スイスによる大幅な買い越しから先物へ
注目がむかうなか、寄り付きの早い段階に10360円で2000枚を超える売り指値が入っ
たことで、「今日は上はない」との見方が決まってしまった状況である。これにより
日経平均は10300円レベルに位置する25日線での攻防が続く中、売り仕掛け的な売買
もあって次第に利益確定の流れが強まっている。ただ、売り込む向きも限られてお
り、下への警戒感もそれ程強くない状況のため、一部の材料株などでの値幅取り狙い
の流れは活発である。東証1部の騰落銘柄は値上り384に対して値下がり1139、変わら
ず159と、値下がり数が全体の7割近くを占めている。

 さすがに早い段階で大量の売り指値をみせられ、さらにこれを若干でもヒットしに
行かなかったことで、見送り姿勢が強まっている。ただ、スマートグリッドの中核的
な制御機器を開発したと報じられたTDKが小じっかりに推移するなど、物色意欲は
あるとみられる。小幅ではあるが、GSユアサ、明電舎、木村化工といったテーマ銘
柄の中核的な一角もしっかりであり、投資家のセンチメントは決して悪くないとみら
れる。新興市場の中小型株物色も、引き続き強まっている状況である。指数がこう着
感を強め、値下がり数が全体の7割近くを占めている状況下では物色対象に広がりは
期待できず、今日のところは一部の材料株のほか、少ない株数で株価が変動しやすい
中小型株へのシフトを強めよう。

[クロージング]
実質3月相場入りで材料株物色は活発に
 日経平均は下落。48.37円安の10352.10円(出来高概算17億株)で取引を終えた。
昨日の先物市場でのクレディ・スイスによる大幅な買い越しから先物へ注目がむかう
なか、寄り付きの早い段階に10360円で2000枚を超える売り指値が入ったことで、
「今日は上はない」との見方が決まってしまった状況である。これにより日経平均は
次第に利益確定の流れが強まり、10300円レベルに位置する25日線でのこう着が続い
た。ただ、利食いが強まる場面もみられたが下への警戒感もそれ程強くない状況のた
め、一部の材料株などでの値幅取り狙いの流れは活発である。指数のこう着を横目
に、ヘラクレス、JASDAQ、マザーズなど新興市場の中小型株物色も活発であった。
 トヨタの公聴会が控えているほか、元米財務長官5人がボルカー・ルール実施を議
会に要請など、金融政策の行方を見極めたいとするムードが強い。中国の金融引き締
め策なども、引き続き手掛けづらい要因であった。そのため物色は需給妙味、仕手系
色の強い材料株や中小型株などにシフト。特に値上り率上位のほとんどが、新興三市
場の銘柄であった。幕間つなぎ的な面はあるが、それだけ投資家のセンチメントは改
善しているようである。また、GSユアサ、明電舎、木村化工といったテーマ銘柄の
中核的な一角もしっかりだったことも、材料株に資金を向かいやすくさせていた。
 引き続き外部要因に左右されやすい地合いが続くことになり、指数はこう着ながら
も材料株などへの物色意欲は強そうだ。明日は受け渡しベースで実質3月相場入りと
なることから、フットワークも軽くなろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10352.10 -48.37
TOPIX907.37 -2.38
東証2部指数2091.16 -3.13
日経ジャスダック平均1200.03 +8.51
マザーズ指数400.61 +2.47
ヘラクレス指数569.07 +6.97
東証1部出来高17.09億株
東証1部騰落レシオ77.09%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は方向感乏しい揉み合いの展開。今週はバーナンキFRB議長の議
会証言を控えていることから積極的な売買は乏しい模様。主要指数は前日終値
近辺での揉み合いが終始続いた。為替がやや円高進行していることを嫌気し、
日経平均軟調に始まる。寄り後も積極的な買いは見られず徐々に下げ幅を拡大
していく。上海市場が寄り付き後、売られていくのを嫌気し日経平均一段安に。
後場は香港市場が下げ縮小する動きになったのをうけ、先物買い戻し入って下
げ幅縮小。日経先物の主な買い越し証券は大和、トレイダーズ、BNPパリバ、
フォルティス、バークレイズ、UBS、ゴールドマン。売り越しはクレディスイス、
ドイツ、アーク、みずほ、ニューエッジ、モルガンS、野村など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3773アドバンストメディア 49250円 +7000
後場ザラバ寄らずのストップ高。前場比け後に、米アップル「iPhone 3GS」向け
営業システムに対応する「音声認証」機能を開発し、AIGエジソン生命保険に提
供すると発表。これを好感して後場買い集めストップ高気配まで。他の金融機
関向けにも同システムの導入を推進するとの事で、将来的な業績寄与への期待
が高まったようだ。ただ実際にどの程度業績への寄与が期待出来るかは不透明
であり、続く買いにはなりそうもないが、取りあえずiPhone向けとなれば材料
視される事も多く、ストップ高連チャンモードに突入するのではと期待する声
も・・・。

2497ngi group 46600円 +4500
ここもiPhone絡みの材料がきっかけとなり相場が続いている状況。今月10日に
iPhon向けに、全地球測位システム(GPS)機能を活用したインターネットラジオ
放送の再生ソフトを開発したと報じられており、それから強い展開続けている
状況。他の新興銘柄と違い、同社株は一応低PER、低PBR銘柄と言うこともあっ
て手がけやすさも強い様子。iPhone絡みの材料を機に見直し買いも入ってきて
いるのではと見る向きも・・・。目先は心理的な節目の5万円が鍵になりそうだ
と。

6773パイオニア 346円 -16
軟調。早ければ本日比け後にも公募価格が決定する見通し。それだけに出来る
限り公募価格を抑えたいという思惑が生じているようだ。また公募株を引き受
ける予定でつなぎ売りも入っており、上値を抑えている。公募の募集は全株海
外での募集だけに、尚更そういう思惑が生じやすいようだ。やはり本日にも公
募価格が決定する6997日本ケミコンも軟調となっている。一方、やはり公募価
格決定する9107川崎汽船は外資による格上げが影響し上昇している。川崎汽船
は公募募集が全株国内と言うことから、それほど公募価格決定日に売り込まれ
るという思惑は生じていない模様。

3760ケイブ 103700円 +15000
ストップ高。特に新たな材料は見当たらないが、オンラインゲーム関連として
買われている。ミクシィやDeNAが自社のSNSサイトに外部企業がソフトを提供出
来るようにしたオープン化に伴い、オンラインゲーム関連企業への期待感が強ま
っているようだ。その思惑から既に3838AQインタラクティブや2656ベクターが大
相場を作っており、最近は他のオンラインゲーム関連株へ物色も波及してきてい
る様子。3758アエリアなどもしっかりとなっている。

1802大林組 352円 +8
後場一段高に。ブルームバーグがアラブ首長国連邦ドバイ首長国政府が、ドバイ
ワールド向けに50億ドル用意したと報じたことから、関連株として物色されたよ
うだ。同社はドバイで受注したドバイ鉄道工事で代金回収できずに業績に影響を
与える可能性があると発表済み。株価も既にある程度は織り込まれている状況だ
けに、ドバイの信用不安後退により代金回収出来るのではという期待も強まった
ようだ。ただ同社などが受注しているドバイ鉄道工事は、ドバイワールドの案件
ではないだけに今回の報道が即代金回収に繋がるとは言い難いと・・・。

===============
◆◇2/24(水)の主な予定!◇◆
===============
1月貿易収支(8:50)
衆院予算委員会が2010年度予算案採決の前提となる中央公聴会を開催
IEA(国際エネルギー機関)「原油価格に関するフォーラム」(~26日)
米5年債入札(420億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
米1月新築住宅販売件数(25日 0:00)
バーナンキFRB議長が下院金融委員会で議会証言(25日 0:00~)
米下院監視・政府改革委員会がトヨタ問題公聴会を開催(豊田社長出席)
カメコ、コメルツバンクなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*津田駒<6217> 136 +11
預金準備率引き上げ後の上海株の動向などから安心感も。

*JUKI<6440> 105 +8
工業用ミシン高級機を4割増産体制と伝わる。

*新電元<6844> 286 +19
パワー半導体関連の一角としてはやされる。

*光通信<9435> 1613 +100
明確な材料観測されないが、高利回り水準など見直す見方も。

*東亜道路<1882> 178 +11
道路株の循環物色の動き続く、バリュエーション面の割安感も。

*イーグル工業<6486> 580 +33
好決算発表で上昇後のもみ合い上放れ、買い戻し集まるか。

*五洋建設<1893> 110 +6
明確な100円レベル突破で反発期待も膨らむ。

*乾汽船<9113> 703 +37
期末配当金を5円から10円に引き上げ発表で。

*三機工業<1961> 611 +29
突っ込み警戒感からの自律反発、割安感も強く。

*ライト工業<1926> 220 +10
年初来高値水準突破から上値妙味も広がる形に。

*鹿島<1812> 215 +9
ドバイ政府がドバイワールドに資金を配分との一部報道で。

*タカキュー<8166> 162 -11
業績上方修正受けて先週央に急伸した反動続く。

*旭ダイヤ<6140> 673 -34
前日は急伸も目先の買戻しの動きなども一巡感で。

*日ケミコン<6997> 300 -14
本日より公募株の決定期間入りとなり。

*フォスター<6794> 2265 -100
本日より売出株の価格決定期間入りとなっており。

*アンリツ<6754> 344 -14
上値の重さも意識され利食い売りなど集まる展開か。

*出光興産<5019> 6560 -240
短期的な過熱感も強まって利益確定の動きにも。

*太平工業<1819> 420 -15
目立った材料もなく利益確定の動きなど需給面が主導へ。



(前場)
*ティラド<7236> 218 +15
大口買いきっかけに急伸、材料は見当たらないが。

*帝国ピストン<6463> 400 +27
直近高値上回って急伸、新規材料は観測されないが。

*ソネットエンタ<3789> 232600 +14500
三菱UFJでは目標株価を24万円から32万円に引き上げ。

*東光<6801> 144 +8
コイル生産量引き上げやスミダの好業績見通しなど引き続き手掛かり。

*DeNA<2432> 731000 +39000
直近では大和の格上げやバークレイズの目標株価引き上げなど。

*三井松島産業<1518> 163 +7
BHPビリトンの原料炭大幅値上げ提示で思惑も。

*新日本無線<6911> 222 +8
連日の急伸、特に目立った材料は観測されないが。

*ユニデン<6815> 235 +8
低PBR水準や信用取組妙味背景に上値追いが続く。

*東京計器<7721> 125 +4
鉄道関連の低位材料株として直近はやす声もあった模様。

*伊藤忠テクノ<4739> 2950 +90
決算発表後はセクター内での勝ち組評価にも。

*前田道路<1883> 763 +23
シルチェスターの保有比率上昇などは伝わっている。

*飯野海運<9119> 496 +14
格上げの動きに伴う川崎汽船の上昇など刺激に。

*日本コークス工業<3315> 109 +3
石炭関連の一角として人気波及の格好にも。

*黒崎播磨<5352> 225 +6
好業績発表後は取り組み妙味が高まっている銘柄で。

*住友化学<4005> 423 +11
本日、中期経営計画の説明会などが開催予定であり。

*不二越<6474> 272 +7
今期の黒字転換見通し発表後は上値追いが続く。

*IHI<7013> 156 +4
前日に2円の復配を実施と発表で。

*川崎汽船<9107> 323 +8
モルガンが投資判断を「オーバーW」格上げ、400円目標とする。

*ショーワ<7274> 539 +13
住友信託銀行が5%超の大株主に登場しているが。

*三洋電機<6764> 148 +3
パナソニックと両社で2013年に800億円の増益効果生み出す方針とも。

*セガサミー<6460> 1100 +22
CSでは投資判断を「アンダーP」から「ニュートラル」格上げ。

*ジェイテクト<6473> 923 -77
「カローラ」向けパワステのサプライヤーとみられており。

*パイオニア<6773> 341 -21
本日から公募価格の決定期間入りで需給面警戒される。

*小森コーポ<6349> 967 -53
野村では前日に業績下方修正で目標株価も引き下げ。

*ツガミ<6101> 425 -20
委託保証金率引き上げに伴う目先の買戻しの動きにも一巡感。

*武蔵精密工業<7220> 1762 -80
年初来の安値を更新で見切売り圧力も強まる格好か。

*新明和工業<7224> 299 -13
三角保合い下放れで信用残整理の動きが優勢に。

*NOK<7240> 1272 -55
寄付きから急落、特に目立った悪材料も観測されないが。

*ゼクス<8913> 1003 -43
ダヴィンチの急落なども買い手控えにつながる格好で。

*三井ハイテック<6966> 636 -24
トヨタの公聴会控えてハイブリッド関連は様子見も。

*東海理化<6995> 1667 -62
出来高膨らんだ2月の安値水準も割り込み。

*SUMCO<3436> 1570 -57
海外では太陽電池関連の株価下落など目立っていたが。

*GSユアサ<6674> 629 +4
引き続き、リチウムイオン電池の生産量引き上げなど好材料視。

*東芝<6502> 452 -5
温暖化対策法案に原発推進明記せずと伝わりネガティブ視も。

*新日本製鉄<5401> 330 -1
BHPビリトンの原料炭値上げ提示報道もマイナス視。

*三菱UFJ<8306> 454 -2
第一生命の上場承認で、メガバンクにはリバランス売りの懸念も。

*日本郵船<9101> 329 -3
バルチック指数上昇も資源価格の下落を受けて。

*三菱ケミカル<4188> 408 +6
ドイツでは「バイ」に格上げ、目標株価560円としている。

*日産自動車<7201> 741 -13
輸出関連の主力株には全般的に戻り売り圧力強まる。

*レオパレス21<8848> 448 +4
急伸後に伸び悩み、短期的なショートカバーにも一巡感か。

*スクリーン<7735> 411 -8
昨日のCSの投資判断格下げなど引き続き響く。

*トヨタ<7203> 3305 -35
米国での公聴会を控えて様子見ムードが強まる。

*三菱商事<8058> 2245 -37
鉄鋼原料炭価格上昇期待高まるが、全般資源価格の下落で。

*ファストリ<9983> 15230 -50
東証では1日売買分から貸借銘柄に選定としている。

*田淵電機<6624> 175 +18
電気自動車などの接近を歩行者に知らせるスピーカーを開発と伝わる。

*YKT<2693> 179 +35
スピード調整も一巡感で、再度物色資金が向かう展開に。

*ポラテクノ<4239> 118400 +17200
3D関連や業績回復を背景に人気化が続く。

*オールアバウト<2454> 28900カ +5000
新興市場のネット広告関連銘柄が総じて人気化。

*寿スピリッツ<2222> 1676 +187
1:2の株式分割並びに10円増配、優待内容の拡充を好感。

*京写<6837> 200 +20
今期営業利益を4.3億円から6.1億円に上方修正。

*セプテーニ<4293> 55100 +5500
ネット広告費が新聞広告を上回ったとの報道を材料視。

*パスポート<7577> 205 +17
今期営業利益を2.8億円から3.7億円に上方修正。

*エイチアイ<3846> 124000 +6800
3D関連としての注目度から上値追いの動きが続く。

*アウンコンサル<2459> 21350 +3940
セプテーニや比較コム同様にネット広告関連として人気化。

*さくらインタ<3778> 59000 +9000
類似企業となるBBタワーに連れ高。

*比較コム<2477> 99000 +12600
ネット関連の一角として、ネット広告のシェア上昇報道を材料視。

*カワムラC<7311> 71900 +4300
500株を上限とする自社株買い実施を好感。

*アドウェイズ<2489> 114400 +6000
岡三では「強気」継続で目標株価を20.7万円にまで引き上げ。

*Eストア<4304> 128300 +23300
ウェブショップ総合支援サービスの伸長が人気化の背景と。

*GMOアド<4784> 22700 +3700
1000株を上限とする自社株買いを実施へ。

*BBタワー<3776> 83100 +13100
クラウド関連としての人気化が続く。

*アイレップ<2132> 86200 +11200
ネット広告が新聞広告を上回ったとの報道を材料視。

*ローソンEM<2416> 87500 -3100
配当予想を修正、3000円配当から未定に。

*アップル<2788> 13430 -1470
前日に続いて創業者への訴訟提起方針やTOB提案の取り下げ観測を嫌気。

*ダヴィンチ<4314> 2833 -657
債務超過転落に伴う先行き懸念の動きが継続。
2月23日(火)

H「日経平均は小幅に反落となった。昨日は随分と派手に上昇しただけに、この程度の下落ならば問題はないだろう。」

K「そうだが、商いは低調だし内容的には良くはないな。まあ今週は重要なイベントが米国などで控えていることから手控えたくなるのも仕方ないんだが・・・。」

H「経済指標発表も多いが、やはりバーナンキFRB議長の議会証言が注目される。」

K「ああ。公定歩合引き上げを発表した直後だけに、本当に早期利上げ懸念はないのか確認される。」

H「それが無事通過するまでは積極的な買い手はなかなか入りにくいだろうからな。」

K「ああ。昨晩の米国市場はまさに積極的な買い手不在の膠着状態だ。狭いレンジでの揉み合いで方向感など見えやしない。商いも低調だし、まあ小幅安で済んだだけでもましな方だろう。」

H「好材料も出ていたんだけどな。M&A絡みの材料など・・・。」

K「今晩も動きにくい展開だろう。昨日と違って経済指標発表はあるだけに、それら次第で多少の動きは期待できそうだが・・・。」

H「今日の日本市場は材料難の中、昨日の大幅高の反動から売り優勢で始まった。米国市場は小幅安程度で材料にはならないが、為替がジリジリと円高へと進行してきている。」

K「円高進行はやっかいだ。今日の引け後には更に円高進み、1ドル91円も再び割り込んできている。」

H「最近、為替は円安基調だっただけに警戒も乏しくなっていたんだが、こうも動くと警戒せざるを得ない。」

K「まあ、この水準であれば問題はないだろう。再び90円割れが意識されるような状況になれば無視も出来ないが・・・。」

H「今日の日本市場は寄りつきから軟調で始まり、寄り後は方向感乏しい揉み合いで徐々に下げ拡大という展開となった。上海市場が思いのほか弱く、上海市場寄り後下げ拡大していった動きをうけ、日経平均は前場引けにかけて一段安となってしまった。」

K「一時は120円安となる場面もあり、やや波乱含みとも言える展開だった。ただ後場は落ち着いていたな。香港市場が売り一巡後、急速に切り返したことにより救われた。」

H「日経平均はかなり下げ縮小したからな。ただプラスに転じる勢いは感じられず、相変わらず薄商いの状況が続いていた。まあそれでもこの程度の下落にとどまったんだ。OKだろう。」

K「しかし明日以降へ不安も残している。昨日は派手に先物買い戻しに動いたクレディスイスが今日再び大きく売り越してきた。それだけに本格的に買い戻す気はさらさら無いらしい。」

H「のようだな。チャンスあれば再度売り乗せしてやろうという動きかもな。」

K「それだけに明日以降、クレディスイスの動向から目が離せない。基本的に地合に沿った売買だけに、外部要因しっかりしていれば問題はないと思われるが、その外部要因決してしっかり出来そうもないからな。」

H「ああ。上海市場も危なっかしいよな。何だかんだ言っても金融引き締め懸念はくすぶっている。それだけに今後も引き締め続くとの懸念から調整相場が続くのではという警戒も強いようだ。」

K「ただ個別株の物色意欲はまだまだ旺盛のようだ。今日は新興市場に堅調な銘柄が目立っており、個人投資家の買い意欲は見られている。」

H「最近、新興銘柄に相場が続くモノが目立っているからな。まあ商い薄い銘柄もあり行きにくさも強いんだが・・・。」

K「しかし商い伴って物色されている銘柄もしっかりとあるだけに、悪い雰囲気でも無いだろう。」

H「そうだな。もともと、この時期は主力株は行きにくい。国内機関投資家は年度末近く動ける状況じゃないし、場合によってはまだ売ってくる恐れもある。かといって海外勢だって今の外部要因の不安定さでは期待乏しいだろう。」

K「結局、個人投資家やディーラーなどの短期資金に頼るほか無いかもな。ディーラーは年度末へ向け追い込みだけに今後更に活発に動いてくるという期待はある。それが仕手株相場へと繋がったり発展していくようだと楽しめるのだが・・・。」

H「まあ最近はあまり聞かないが、昔は年度末と9月末へ向け、短期筋も活発に仕掛けたモンだな。ディーラーが入ってくるだけに、その時期の方が仕掛けやすいと言うこともあるようだ。」

K「最近はそのような話確かに聞かなくなった。ディーラーと短期筋が結託して相場作ることだってあったからな。」

H「そう言う時代は相場も面白かったんだが・・・。地合など関係なく、相場を作る銘柄がしっかりと出てきていたからな。」

K「まあ、取りあえず今晩の米国市場どういう展開となるのか注目しておきたい。」
2010.2.23先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。