(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本市場ってバッカじゃなかろかルンバ!

2010/02/21 16:11|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は戻り基調となっていたものの、週末に波乱となってしまった。先週末
は中国で今週は米国かよ・・。」

M「ああ。先週末には中国が預金準備金率引き上げを発表し今週月曜日の日本株
下落に繋がった。んで昨日の朝には米国が公定歩合引き上げを発表し、やっぱり
日本株下落に繋がった。」

T「いい迷惑だな。というより日本の自主性の無さを改めて知らされる。」

M「仕方ないだろう。日本経済の回復は結局中国や米国頼みなんだから。ただ世
界的に過去にない金融緩和策からいよいよ抜け出そうとする動きが相次いできた
ということだな。」

T「しかし昨晩の米国市場、上げて引けた。昨日の日本市場では、米国市場は波
乱的に下落するんじゃないかという雰囲気さえ見せていた。現に時間外米先物は
下げていたし・・・。」

M「でも米国市場は比較的に冷静だった。まあ日本や香港などアジア市場がクッ
ションとなったんだろう。それを狙ってFRBも木曜日の米国市場引け後に発表
したんだろうからな。」

T「米国市場始まる前やザラバ中に発表すれば、取りあえず売りに走る向き膨ら
み波乱的になる恐れがあると思ったんだろうな。実際そうなりそうだし・・・。」

M「ああ。冷静に判断する時間をおきたかったんだろう。まあそれで被害を受け
たのは日本市場だが・・・。」

T「ただ日本市場も前場中頃までは比較的に冷静だった。日経平均はプラスとな
る場面もあったし非常に落ち着いていたと言えるだろう。まあどう反応して良い
ものか見極めていたと言えるんだが・・。」

M「ああ。その状況で韓国などアジア市場が売られてきたことが、日本株売りに
も繋がった。香港市場も随分と派手に売られたことにより、後場には日本株売り
更に強まって大幅安だ。結局、米時間外米先物が下げ拡大したのも香港市場など
アジア市場が結構売られた事により売られたと言えるだろうな。」

T「公定歩合引き上げを発表した後には、要人声明がいくつか報じられていた。
今までの超低金利政策に変更はなく政策金利に繋がるものではないと・・・。で
もアジア市場はそれを聞き流していた。」

M「まあそれは仕方ないだろう。何だかんだいっても、米国が出口戦略へ向け動
き出したのは事実なんだ。」

T「確かにそうだが・・・。」

M「それにしても昨日の日本や香港市場の下落は過剰すぎたと言うことだ。米ダ
ウ100ドル安程度は明らかに織り込んでいた状況だったと言える。でも実際は
米ダウは上昇して返ってきたからな。」

T「米国市場は冷静だったということだな。まあその前から始まっている欧州市
場から冷静で落ち着いていたと言える。」

M「また米国市場始まる前に発表されたCPIもクッションになった可能性はあ
りそうだ。市場予測より低くなったことから、早期利上げに動く必要性が乏しく
なった。」

T「ただ日本からしてみりゃ、想定外に米国市場上げただけに、週明けは取りあ
えず戻りが期待できそうだな。」

M「まあヘッジ的な先物売りも結構入っていただろうからな。取りあえずヘッジ
外しの買い戻しによってある程度は戻せるだろう。ただ昨日は仕掛け的な先物売
りも見られており、その手がどう動くか注目される。一気に買い戻しに動いてく
れば、昨日下げた分以上に戻せるかもな。」

T「米公定歩合引き上げや香港市場の下落を理由に、ここぞとばかりに売り仕掛
けてきたのかもな。」

M「だろうな。冷静に考えれば香港市場が派手に下落するのは仕方ないことだ。
週明けの中国本土市場の警戒もあるだろうし、何より香港ドル高が重しとなった。
米公定歩合引き上げによるドルが急速に買われた。ドルペッグ制を採用している
香港ドルも当然連れ高する。それにより輸出企業などへ悪影響が懸念され売られ
てしまう。」

T「なるほど。日本で言えば、円高が急速に進行したようなモンか・・。そりゃ
売られるのも仕方ない。」

M「ああ。でも日本は逆にドル買いによって円安に進行した。それだけに輸出企
業には好材料だ。米公定歩合引き上げは悪材料としても、円安は好材料だけに、
昨日の下落は過剰すぎたと言わざる得ない。」

T「つまり、香港とは状況が大きく違い、香港市場につきあって一緒に派手に下
落する必要は無かったということか・・。」

M「ああ。ただそれに合わせるように先物に仕掛け的な売りが入ったモンだから、
市場は冷静になれず他の投資家なども追随売りをしてきたと言うことだろうな。
致し方なくヘッジ売り入れなくてはならなくなった機関投資家だって多いだろう
。」

T「まあ取りあえず米公定歩合引き上げに関しては織り込んだといえるかもな。」

M「ただ来週バーナンキFRB議長が議会証言を行う。公定歩合引き上げ直後だ
けに、市場は非常に注目している。そこで早期利上げ懸念が再燃するようだとや
っかいだ。」

T「あとは中国市場か・・・。いよいよ大型連休を終え、来週から中国市場が再
開される。連休前に預金準備金率引き上げを発表しているだけに、連休明けの中
国市場の動向が非常に注目されている。」

M「そうだな。まあ波乱的な下落とならない限り、影響は乏しいだろう。ただ暫
くは中国市場の動向が意識されるのも無理はない。」

T「結局、まだまだ中国や米国市場の動向を伺いながらの展開か・・。」

M「いつだって日本市場はそう言うモンだ。更に為替が円安へと進んでいければ、
日本の強さが目立ってくると思われるが、そうならないと外国市場の顔色伺いな
がらの相場展開は続くだろう。」

T「来週はそこそこ落ち着いて欲しいモンだな。」

M「ただ来週も米国市場では結構イベント多いからな。落ち着けっていっても難
しいかもな。」

T「まあ良い方向に動く分には問題はないんだが・・・。とにかく来週はどうい
う展開を見せるのか注目しておきたい。」

M「ああ。期待したモンだな。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。