(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.18【こう着だが個人投資家のセンチメントは大きく改善】

2010/02/18 11:18|未分類CM:0
アメリカ大きく上げた後なんでスピード調整
ただ景気回復を示す決算や指標で
景気回復期待が強くなってきた
円安も結構進んできたし

日本も途中まで値下がり数が上回ってたけど
調整後、前引けにかけて上昇
昨日今日とオイルマネーが入ってきてるとか
とりあえず寄りで利確
押しがあれば拾いの姿勢で何個か拾い

後場
ファーストリテイリングが
寄って下がってきたんで
14940で買い増し
上のほうに指しとこうかなぁーって
指したら逆指値モードになってて
成り行き売り発動でorz
このパターン良くやる



[株式オープニングコメント]
メガバンクなど金融株の動向に注目
 本日の東京市場は海外市場の上昇を支援材料として、戻りを試す展開が続きそうで
ある。シカゴ先物は円建てで10365円と25日線近辺に位置しており、前日にマド埋め
を達成した日経平均は、次の抵抗線を試すことになろう。その後は、一目均衡表の雲
上限が位置する10400-10500円レベルへの意識が強まることになるが、あくまでも調
整過程の中での修正リバウンドであるため強弱感は対立しやすく、目先的なターゲッ
トを一つ一つクリアを確認する必要はあろう。
 物色としてはコア銘柄主導となろうが、ユーロ円が1ユーロ123円台後半と、若干で
あるが円高傾向にあるため、輸出関連などへは前日の反動もあって利食いの動きも強
まりやすい。また、商品市況も上昇しているが小幅な上げにとどまっているため、資
源系セクターへの利食いにつながる。ただ、石油株などPBR1倍割れの銘柄などへは水
準修正を狙った押し目買い意欲も強く、底堅さは意識されることになりそうだ。一
方、一昨日の英バークレイズの好決算に次いで、昨日は仏BNPパリバ、蘭INGグ
ループの決算も予想を上回る内容となっており、メガバンクなど金融セクターへの波
及が期待される。
 また、リバウンド機運が強まることによって上昇基調が続いている好需給株には、
踏み上げ狙い、大きく下押ししていた銘柄には、底打ち・見直し狙いといった心理が
強まる。中立ではなく、上下どちらかに大きくトレンドが出ている好需給、低PBR
銘柄などには短期資金が集中しよう。テーマ物色については、原発関連の持続性と新
日石による「バイオガソリン」の生産拡大報道を手掛かりとしたバイオ燃料関連、ま
た相場全体にリバウンド機運が強まりつつあり、大きく調整している他のテーマ銘柄
などへの見直しも次第に意識されてこよう。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、2日続伸
・米SOX指数、4日続伸
・欧州株、続伸
・バルチック海運指数、2日続伸
・日経平均、大幅続伸
・東証REIT指数、大幅反発
・信用評価損益率、2週連続改善
・コマツの1-3月期営業利益、前期比2倍強観測

弱気材料
・LMEニッケル先物、8日ぶり反落
・NY金が時間外で急落、IMFが売却を発表
・所得税最高税率、証券税制など見直し検討
・海外投資家の動向に変化、日本の出遅れ感解消

留意事項
・NYドル円相場、ドル高進行(91円23銭-25銭)
・NY原油先物、2日続伸(1バレル=77.33ドル)
・NY債券市場、3日ぶり反落(10年債利回り0.07%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り0.005%上昇)
・裁定買い残、3週連続減少
・NY金相場、2日続伸
・IMF、金の売却発表
・トヨタ社長、米公聴会への出席否定
・鳩山首相、小沢幹事長に国会説明進言方針
・1月の鉄鋼生産
・09年の全国マンション市場動向
・1月の全国百貨店売上高
・日銀金融政策決定会合(17~18日)
・白川日銀総裁定例記者会見
・上海市場休場(15~19日)
・1月の米生産者物価指数
・1月の米景気先行指数
・2月の米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
・1月の北米半導体製造装置BBレシオ
・米国決算---デル、ウォルマート

[サポート&レジスタンス]
終値           10307
5日移動平均       10082
標準偏差+2σ      11045
先行スパンA       10460
基準線          10425
レジスタンス(2)    10411
25日移動平均      10393
レジスタンス(1)    10359
ピボット         10255
サポート(1)      10202
転換線          10153
100日移動平均     10145
サポート(2)      10098
先行スパンB        9991
200日移動平均      9980
標準偏差-2σ       9742

[ランチタイムコメント]
後場寄り直後の動きで25日線への勢いが決まりそう
 日経平均は小幅続伸。15.09円高の10321.92円(出来高概算8億株)で前場の取引を
終えた。海外市場の強い動きが手掛かりとなる一方、円相場がドル、ユーロともにや
や円高で推移していたほか、前日の大幅上昇による反動もみられ、25日線を目前にこ
う着感の強い相場展開となった。物色としては景気敏感セクター主導であるが、石油
石炭、海運など前日に強い動きをみせていた一角には利食いも。また、欧州の金融株
上昇のほか、米著名ファンドによる銀行株取得が伝えられた流れもあり、金融株の上
昇が目立っている。東証1部の騰落銘柄は値上り793に対して値下がり681、変わらず
198と高安まちまち。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともにプラスである
が、小幅な上げにとどまっている。
 日経平均は10300円レベルでのこう着が続いているが、上値の重さを嫌気する向き
はなく、反対に下値の堅さが意識されている。後場寄り付き辺りのバスケット買いへ
の期待もあって前引けにかけて強含んでおり、引け際につけた高値(10328.76円)を
超えて始まるかが注目される。クリアするようならば、25日線を捉える流れを強めや
すいであろう。一方、こう着が続くようであれば、材料株での値幅取りとなる。例え
ば機械株をみても、ツガミが高値追いとなり、調整のキツかった井関が反発など、上
昇基調が続いている好需給株には、踏み上げ狙い、大きく下押ししていた銘柄には、
底打ち・見直し狙いといった心理が働いている。セクターでは為替がやや円高で推移
していることもあって輸出関連は手掛けづらさもあるため、前場段階で強さが目立っ
ていた金融株の動向が引き続き注目される。

[クロージング]
こう着だが個人投資家のセンチメントは大きく改善
 日経平均は小幅続伸。28.86円高の10335.69円(16億5000万株)で取引を終えた。
海外市場の強い動きが手掛かりとなる一方、円相場がドル、ユーロともにやや円高で
推移していたほか、前日の大幅上昇による反動もみられ、25日線を目前にこう着感の
強い相場展開となった。後場寄り付き段階で前場高値を超えたものの、25日線には届
かず、終日10300円を挟んだ狭いレンジ取引が続いた。ただ、トヨタ、ホンダなどコ
アの一角が冴えないものの、自動車部品株は堅調など、地合いの強さは感じられてい
る。メガバンクなど金融株の一角がプラスレンジで推移していたことも、安心感につ
ながっている。規模別指数は大型株指数は下げに転じているが、中型、小型株指数は
プラス。
 また、材料株での値幅取りの動きが活発化しており、上昇基調が続いている好需給
銘柄には、踏み上げ狙い、大きく下押ししていた銘柄には、底打ち・見直し狙い、と
いった心理が働いている。特にツガミの昨年来高値更新は個人投資家のセンチメント
を大きく改善させている。GSユアサの低迷が続くなか、材料株の中核的な位置付け
として注目されており、個人の物色意欲改善とともに他の材料株への波及効果につな
がっている。決算が一巡し3月末への意識が次第に強まってきており、好需給銘柄へ
の踏み上げ狙いの動きは今後一段と強まる可能性はあるため、テクニカル面での過熱
感によるショート戦略は避けたいところだ。となれば、低迷しているGSユアサにつ
いても、モルガンの保有比率低下が貸株返却に伴うものとなれば、市場での買い戻し
意識が強まろう。また、明日は京都府に本社を置いている企業の株式に投資する「ダ
イワ・ニッポン応援ファンド ─京都の志士達─」が設定されるため、対象銘柄とし
て注目しておきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10335.69 +28.86
TOPIX904.73 +0.10
東証2部指数2082.85 +6.25
日経ジャスダック平均1200.32 +1.18
マザーズ指数395.75 +2.99
ヘラクレス指数565.71 +1.75
東証1部出来高16.58億株
東証1部騰落レシオ78.41%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に続伸。住宅着工や鉱工業生産が予測より良く好感された。
ただ前日大幅高となった事から手仕舞い売りも目立ち上値は重い展開。小幅高水
準での揉み合いが終始続いた。FOMC議事録では出口戦略を連想させる内容もあっ
たことから重しとなった面もあるようだ。ドル円が1ドル91円台まで円安進んで
いた事を好感し、日経平均堅調に始まるも小幅高程度で上値は追えず。手仕舞い
売りによりマイナスに転じる場面もあったが下値も限定的。結局狭いレンジでの
方向感乏しい揉み合いが大引けまで続いた。日経平均は25日移動平均線に結局タ
ッチできず。日経先物の主な買い越し証券はゴールドマン、日産センチュリー、
大和、シティG、モルガンS、フォルティス、安藤。売り越しはニューエッジ、ク
レディスイス、野村、藍澤、UBS、水戸、バークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6769ザインエレクトロニクス 202800円 +15300
大幅上昇で200日移動平均線を突破。今朝の日経産業新聞では6月にも電子ペーパ
ー用LSI市場に参入すると報じており、それを材料視され買われている。既に決
算発表時に同市場への参入に関しては示していたものの、今期決算計画への失望
感が強かっただけに材料視する声は聞こえなかった。既に失望売りは一巡してお
り、具体的に報じられたことから改めて好感されたようだ。電子ペーパー市場は
今後10年で市場が20倍以上に膨らむとされ、テレビ、携帯と並ぶ主要事業にする
方針との事から、将来的な収益寄与への期待が強まった様子。今朝のGRAILメー
ルで取り上げた本日の注目材料株。

2656ベクター 264600円 +26400
大幅高で年初来高値を更新。1月下旬の決算発表以来強い相場を続けている状況。
今月上旬には過熱感からある程度調整はしていたものの、25日移動平均線までも
押す前に再度買われて高値抜いてきている非常に強い展開。今日はいちよし証券
が昨日ポジティブなレポートを出しており、それを改めて材料視されているよう
だ。決算発表と一緒に発表したモバゲータウンへのゲーム提供が売上高に寄与し
始めており今期以降の業績予測を上方修正した模様。目先は過熱感も高まってい
るものの、下げれば買いたい向きはまだまだ多い状況であり下値も暫くは限定的
ではと見る向き多い。

5713住友金属鉱山 1298円 -11
軟調気味だが、下値も限定的。IMFが保有する金の売却計画を発表。段階的に市
場で売却し始める方針だと・・。この発表を受け時間外で金先物相場が急落して
おり、関連株として同社株が売られていた。昨日は派手に上昇していたこともあ
り警戒されたが、下値も限定的で小幅安程度にとどまっている。下値ではオイル
マネーが同社株などの資源株や鉄鋼、商社株などを買っているようであり、下支
えとなっているようだ。上値を追う買いではないようだが、明日以降も買いが継
続されるのかが注目されている。

6101ツガミ 431円 +31
連日の大幅上昇で年初来高値を更新。今朝の日刊工業新聞では中国工場の生産能
力向上し、自動旋盤を月産400台に引き上げると報じている。既に昨日の日経新
聞で「点検・急回復企業」と題する企業紹介記事で書かれていたことだが、引き
続き受注拡大期待から好感されているようだ。昨日の記事では足下の受注は約3
年ぶりの水準に回復しており、この水準の受注が続けば来期は過去最高の経常利
益更新も考えられるとも書かれている。業績急回復期待を背景に実需の買いが継
続しているようで、更に空売り多く入っている事から短期資金も巻き込んで仕手
化している状況。昨日の朝のGRAILメールで取り上げた銘柄の一つ。

6310井関農機 274円 +14
同社株や6326クボタといった農機株がしっかり。昨晩米国の農機大手ディアが決
算発表を行い内容が良く、市場予測を大きく上回ったことから、日本の農機関連
株に連想買いが入っているようだ。ただ原料価格の下落やコスト削減効果、更に
ドル安の影響が好決算に繋がっている事から、日本の農機企業に連想買い入った
のを疑問視する向きも多いようだ。両銘柄共に昨日の地合でも戻り鈍く、直近の
安値圏だったことから、見直し買いのきっかけになったのではと・・。また同社
に関しては19日に決算発表説明会を控えている事から、その思惑も浮上したよう
だ。基本的には物色も続かないと見る向き多い。

===============
◆◇2/19(金)の主な予定!◇◆
===============
12月全産業活動指数(13:30)
2月金融経済月報(14:00)
JAL株の売買最終日
片倉工業、ピーエイ、ブリヂストン、岡部、三井海洋開発、大塚家具など決算発表
米1月消費者物価(22:30)
[動いた株・出来た株]

*カーバイド<4064> 153 +13
貸借倍率低下などで売り方の買い戻し期待なども先行。

*シロキ工業<7243> 287 +22
取組動向など一段と妙味強まる状況になっており。

*住江織物<3501> 171 +10
決算発表以降は売り残が増加した銘柄の一角であり。

*クロサキ<5352> 217 +12
好決算発表の低位材料株が改めて物色され直す展開に。

*太平工業<1819> 424 +23
好決算が評価された低位材料株の一角でもあり。

*NECエレク<6723> 845 +45
東芝や富士通などと省エネLSIを共同開発などと伝わる。

*サンデン<6444> 297 +15
ユーロ高メリット銘柄の一角として物色か。

*トプコン<7732> 444 -15
最近は貸株需要の増加なども目立ち始めていた銘柄で。

*サッポロ<2501> 462 -15
アサヒの新ジャンル発売による競争激化なども警戒か。

*AQインタラ<3838> 126800 +9400
下方修正後は連日の上昇、売り方の踏み上げの動きと観測。



(前場)
*新日本無線<6911> 196 +18
これといった材料も見当たらず、仕掛け的な動きがきっかけか。

*山一電機<6941> 314 +23
新規の材料は観測されないが、低位材料株物色の流れ強まり。

*アイフル<8515> 138 +9
直近の下げきつかった消費者金融株は総じて下げ止りの動き。

*ツガミ<6101> 426 +26
中国工場の生産能力向上と一部で報じられている。

*井関農機<6310> 275 +15
農機大手ディアの好決算が刺激となってクボタとともに買われる。

*JBR<2453> 72100 +3800
前日から急伸、値幅取り狙いの動きが続く。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 287 +15
ラジオNIIKKEIで取り上げられた銘柄の一つとも。

*ソースネクスト<4344> 24110 +1260
ウイルスセキュリティの愛用者増加はやして前日から急動意の展開に。

*クラリオン<6796> 140 +7
メキシコで中南米市場向けカーナビシステムの生産開始発表と。

*日本新薬<4516> 1030 +49
アクテリオン社の新規肺動脈性肺高血圧症治療剤を日本で共同開発契約と。

*ネットワン<7518> 97500 +4600
KBCでは「バイ」に格上げ、リバウンドのきっかけにつながる。

*東芝プラント<1983> 1087 +51
原発関連の一角として人気が継続する形。

*北陸電気工業<6989> 151 +6
調整一巡感強まり、前日からのリバウンドの流れ継続へ。

*レオパレス21<8848> 404 +16
ドイツでは「バイ」に格上げ、500円目標としている。

*東洋ゴム工業<5105> 202 +8
足元で好決算を発表、仕手性の強さなども妙味に。

*新生銀行<8303> 105 +4
100円割れ水準では買戻しの動きなども強まる状況か。

*イトーキ<7972> 186 +7
前日に決算発表、今期は黒字転換見通しで。

*河合楽器<7952> 137 +5
決算サプライズの低位材料株の一角が人気化する展開で。

*モリ工業<5464> 278 +10
大幅上方修正発表以降は上値追い、取り組み妙味も強まって。

*CCC<4756> 425 +13
「Tポイント」の付与で消費財メーカーと提携と伝わる。

*アイロムHLDG<2372> 2005 -195
監理銘柄指定による先行き懸念が続く格好に。

*タカキュー<8166> 178 -11
前日は上方修正や増配の発表で急伸となっており。

*近畿ツリ<9726> 69 -3
前日に決算発表、今期最終損益見通しも黒字幅は小さく。

*エンシュウ<6218> 71 -3
前日に急騰の反動、短期資金による利食い売り。

*あみやき亭<2753> 224400 -8500
天井到達感広がる格好から利食い売りが集まる展開へ。

*フージャース<8907> 17900 -620
短期的な過熱警戒感を冷やす動きが継続する格好で。

*カネカ<4118> 528 -16
UBSでは投資判断を「バイ」から「ニュートラル」格下げ。

*中国塗料<4617> 565 -17
信用買い残整理の動きなど需給面が重しとみられるが。

*電源開発<9513> 2851 -84
前日にはベトナムでのインフラ受注伝わり好材料視されたが。

*ユニプレス<5949> 1274 -36
決算発表後は出尽くし感が先行する展開ともなっており。

*三菱UFJ<8306> 460 +9
本日は手当買いなどといった需給的な要素が強いとの見方。

*東芝<6502> 454 0
サンディスクの株価上昇も反応は限定的にとどまる。

*日立製<6501> 305 +2
加サスクパワーと低炭素エネ技術協力協定を締結と。

*いすゞ<7202> 214 +2
GSでは業績予想の上方修正も。

*新日本製鉄<5401> 330 -2
資源関連株の下落を受けて短期資金中心に利食い売りが先行か。

*三菱電機<6503> 775 +6
みずほでは投資判断を「アンダーP」から「ニュートラル」に上げ。

*DIC<4631> 184 +6
野村では投資判断を「2」から「1」格上げ、230円目標としている。

*トヨタ<7203> 3385 +5
前日には大量リコール問題受けた品質改善策を発表。

*三菱自動車<7211> 126 +1
来期のアイミーブ販売目標引き上げ観測報道など前日伝わる。

*鹿島建設<1812> 210 -4
前日はドバイショック後退で大手ゼネコン株が一斉高となったが。

*古河電工<5801> 446 +13
みずほでは「アウトP」に格上げ、520円目標とする。

*パイオニア<6773> 359 +11
調整一巡感も強まり買戻しの動きが強まる格好か。

*ホンダ<7267> 3145 +5
シティでは目標株価を4170円にまで引き上げ。

*キヤノン<7751> 3740 +30
米HPが決算発表後に時間外取引で上昇となっており。

*コマツ<6301> 1849 +19
CFOによる1-3月期の業績見通しインタビュー報道など受け安心感。

*エルピーダ<6665> 1667 +33
サンディスクやアプライドなど米国半導体関連の上昇刺激か。

*住友鉱<5713> 1297 -12
NY金先物相場の下落などが利食い売りを誘う格好か。

*クボタ<6326> 819 +22
農機大手のディアが好決算発表で上昇しており。

*シャープ<6753> 1080 -17
バークレイズでは投資判断を「アンダーW」に格下げ。

*住友電工<5802> 1126 +29
みずほでは「アウトP」に格上げ、1400円目標とする。

*クリヤマ<3355> 225 +35
前期純利益は従来予想を上回ったとの観測報道が伝わる。

*新星堂<7415> 55 +13
目立った材料は観測されず、低位材料株物色の流れが波及。

*フォーサイド<2330> 4030 +430
前日に本決算発表、今期予想は四季報などを上回る。

*ポラテクノ<4239> 81500 +8400
12日発表の大幅上方修正を好感する動きが続く。

*新日建物<8893> 44 +3
ルネサンスサンフェスタ完売を発表。

*フェローテック<6890> 1092 +32
急回復企業として紹介記事が掲載される。

*カービュー<2155> 314500カ +50100
1:2の株式分割並びに初の配当実施を好感。

*フライトシス<3753> 71900カ +10000
今期営業赤字への下方修正嫌気売りにもようやく一巡感。

*インフォテリア<3853> 36850 +4050
スピード調整一巡感から「iPad」関連としての期待再燃と。

*シコー<6667> 41000 +2600
前日に本決算発表、今期予想は四季報などを上回る。

*ACCESS<4813> 122700 +6300
10万円レベルを支持線と意識、目先の悪材料出尽くし感も。

*BBタワー<3776> 61300カ +10000
16日開催の決算説明会が人気化のきっかけと。

*ガーラ<4777> 42600 +2400
英語圏・欧州言語圏での「Allods Online」のサービス提供開始を材料視。

*ディアライフ<3245> 23870 -2330
自社株買いを受けて人気化も、短期的な過熱警戒感強まり。

*日本通信<9424> 8700 -600
前日はストップ高比例配分も早々と利食い売り集まる。
2月18日(木)

H「日経平均は小幅ながらも3日続伸となった。ただ商いは依然として低調だし、今日は昨日と違って非常に小動きだった。」

K「まだ様子見感の強さが見られているようだ。日経平均は25日移動平均線を前にして積極的な買いは見られていない。ただ売り込まれる訳でもなく膠着状態と言った感じだろう。」

H「しかし今日もオイルマネーの買いが観測されていた。」

K「そのようだな。ただ上値を買う動きではなく、下値を拾うという買い方だ。上値には国内金融機関の売りがズラリと並んでいるようで、ここから上値は買いエネルギー強まらないと、その売りをこなしていくのは難しそうだ。」

H「まあ下値を売り叩くと言う売りは見られていないのは幸いか。もちろんオイルマネーの買いが観測されている以上、なかなか売り込む気にもならないだろうが・・・。」

K「そうだな。注目のクレディスイスの先物動向だが、買い戻しの動きは続かなかった。今日は日経先物、TOPIX先物ともに売り越しとなっている。」

H「昨日は大量に買い戻しに動いたが、今日は早くも売り越しか・・。ただやっぱりその売りも下値を叩くという売り方ではないようだな。」

K「まあそうだろうな。ザラバの動きからも強引に売ってくる、つまり仕掛け的な動きは見られていない。つまりクレディスイスは仕掛けというより売り仕込みに近いと言えるのかもな。」

H「単なるヘッジの先物売りだとの見方もあるようだが・・・。」

K「それなら良いが、きな臭い手口だけに明日以降の動向も注視はしておきたい。」

H「昨晩の米国市場は堅調だった。派手に上昇した翌日の割にはしっかりの展開で、小幅ながらも危なげなく続伸した。」

K「経済指標良かったな。住宅着工も鉱工業生産も予測上ブレとなった。最近また米国の経済指標良くなっていることから、1-3月も結構景気の回復衰えていないのではという期待感も出て来ている。」

H「だろうな。10-12月は非常に好調だったが、1-3月以降は景気回復は鈍化、下手すりゃ再度のマイナス成長もなんて懸念も一時は強まっていたからな。10-12月がピークでなくまだまだ景気回復拡大基調続くとの期待も出て来ている。」

K「それが下支えとなる期待は強そうだな。昨晩の注目のFOMC議事録は、景気回復期待も強まる内容だったが、早期の金融引き締め懸念を抱かせる部分もあり、強弱感対立となった。」

H「まあ単に悪材料視されなくて良かったと言えるだろう。」

K「今日の日本市場も昨晩の米国市場と似たような展開だったと言えるかもな。日経平均はマイナスとなる場面もあったが、下値も限定的で小幅高水準での推移が多かった。商いは低調ながら、中小型株には結構物色されている銘柄も見られていたし、物色意欲は衰えていない。」

H「ただその多くが短期資金ではという見方も多いだけに、続く物色かどうかは不透明だろ。」

K「もちろんそうだが、物色意欲が短期資金すらないと言う状況よりはマシだろ。短期資金元気なら、中長期資金へも元気を与える事も多いからな。」

H「確かに・・・。ところで引け後には先週の投資主体別売買動向が発表された。先週は日経平均は1万円を割り込む場面も見られ200日移動平均線も割り込む日もあった。いわゆる調整色強かった週だった。」

K「ああ。でも多くの投資主体が買い越しとなっている。しっかりと押し目買いが入っていたと言うことだろう。空売りの買い戻しも入ってはいるが・・。」

H「現物株では売っているのは自己売買がほぼ一手売りだ。この多くが裁定取引だと思われる。つまり先週は裁定解消の売りが結構出たといえるだろうな。」

K「ああ。先週は先物主導で下げる場面も多かったことから、裁定解消売りを誘発したんだろう。個人投資家は引き続き買い越しを続けている。」

H「外国人も現物株は買い越しで3週ぶりの買い越しとなった。」

K「ただ外国人は先物結構な売り越しだ。トータルすれば売り越しとなっている。これを見る限り、まだまだ海外勢の買いは戻ってきていないと言える。」

H「そうだな。先々週は久しぶりの買い越しとなった信託銀行は、先週も買い越しとなっている。これは公的年金買いが大部分と言われているだけに、良い感じで買い続けているようだな。」

K「まあ、買越額は決して大きくはないものの、年度末近くなってくれば更に買ってくるのではという思惑に繋がると言う期待はある。その思惑強まれば売り込みにくさに繋がるからな。」

H「ああ。今後も信託銀行の買い越しが継続していくのか注目だな。」

K「とにかく相場が上げて行くには、何だかんだ言っても海外勢の買いが必要だ。海外勢が確実に買い越しに転じて来ないことには上昇期待は乏しいと言える。」

H「そうだな。去年のように公的年金買いが上値をガンガン買い上がっていけば別だが、今年はそう言った買い方はしてこないだろう。」

K「去年とは状況も株価位置も全く違うからな。下支えすることはあっても、上値を追う必要性は乏しい。去年は日経平均を3月末まである程度上昇させないと、金融機関が保有する株で大きな損失が出てしまう。それにより金融機関の財務体質悪化に繋がり金融不安へ発展という最悪のシナリオを避ける必要があった。」

H「今年はその懸念は乏しいからな。」

K「ああ。言って見りゃ下支えする必要性もないかもな。既に日経平均も1万円超えているし、金融機関だって去年と比べれば随分と持ち株を減らしてきているからな。」

H「まあ、まだ年度末まで日柄あるし、何が怒るか解らない世界だけに油断などは出来ないが・・。」

K「そうだな。3月になれば再びギリシャ問題などのソブリンリスク再燃が懸念されているし、それで金融危機が再び起きないとは限らない。まあ万が一そうなって暴落にでもなれば、それこそ公的年金買いがしっかりと買い支えに動くだろうけどな。」

H「出来れば何もなく、このまま年度末へ向け堅調相場になっていって欲しいモンだけどな。」

K「ああ。取り合えず今晩の米国市場はどうなるのか注目したい。」
2010.2.18先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。