(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が一番弱いのは何でだろう

2010/02/14 14:49|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は日経平均節目の1万円割れになったものの、週末に戻して取りあえず
先週末よりは上げて週を終えた。」

M「200日移動平均線も割り込む日があったものの、辛うじて踏みとどまった
という感じだ。何よりも大台回復できたのは安心感に繋がる。」

T「そうだな。日経平均1万円割れ水準で定着してしまうと、1万円が壁として
印象づけられるからな。取りあえず200日移動平均線も上回っているし大台回
復だし、来週へ期待を繋げたいもんだ。」

M「ただ懸念はまだまだ多い。驚いたのは中国が再び金融引き締めに動いたこと
だ。」

T「ああ。昨日の日本時間ほぼ夜に発表された。当然中国市場は引けた後だ。今
年2度目となる預金準備金率を引き下げを発表した。」

M「先日の中国CPIが予測より小さい数字となり、過度なインフレ懸念が後退
したばかりだ。その中国CPIを受け、11日の米国市場では中国金融引き締め
は暫く先になりそうだという見方も広がっていた。」

T「その矢先の事だからな。まさにネガティブサプライズと言えるだろう。」

M「ああ。しかも中国市場は来週いっぱい旧正月、つまり春節で一週間休場とな
る。大型連休前に発表するとは・・・。」

T「一部では中国は大型連休入りすることから、暫く金融引き締め懸念がなくな
り物色しやすくなるという見方もあったからな。」

M「まあ中国当局は、自国株式市場の影響を考慮して連休前の市場が引けた後に
発表したんだろうけど、周りの国はたまったモンじゃない。無視するわけにもい
かないしな。」

T「ああ。日本だけでなく米国だって中国経済に支えられている面も強く、中国
経済の動向に影響があるようなことは当然無視出来ない。」

M「それだけに昨晩の米国市場はいったいどれだけ下げるんだという警戒が市場
関係者の間では強まった。前日の11日は大幅に上昇しており、その上昇要因は
EUがギリシャ支援で合意したということと、中国CPIをうけ金融引き締め懸
念後退したという事だ。」

T「ああ。それが速攻で裏切られた格好だからな。結構下げるんじゃないかとの
見方が強かった。」

M「まあ実際、米ダウは一時160ドル安となる場面もあり、週明けの日本株へ
の影響が懸念されたが、終わってみれば小幅安程度にとどまった。ナスダック指
数はプラスで引けている。」

T「大引けにかけ随分と戻した格好だ。戻した要因は何だ?」

M「まあ色々とあるが、まずダウは一時1万ドルを割り込んだんだが、その水準
で随分と強い買いが観測された。それにより下値は限定的という安心感が広がっ
た。」

T「なるほど。そうなると売り方は買い戻しに動くだろうし、押し目買いも入れ
やすくなると言うことか・・・。」

M「ああ。それに三連休前の週末ということも要因している。売り方も手堅く手
仕舞いしたかった向きも多かったと言えるだろう。あと来週期待されてるEUに
よるギリシャ支援の具体策への期待だ。恐らくこれが一番強い。」

T「来週15~16日に開催されるEU財務相理事会で具体策について話し合い
が行われるんだよな。」

M「ああ。米国市場は15日は祝日で休場だけに、もし休み中にギリシャ支援の
具体策が出されるのではという期待が強まった。売り方にしてみりゃ、好材料で
も出てしまうとやっかいだけに、取りあえず昨晩中に買い戻しに動いたと言う向
きも多いと思える。」

T「確かにそうだな。」

M「それに中国市場来週は休みだし、中国の金融引き締めを今から嫌気し売り込
んで行くにも無理があるとの見方もあるようだ。この金融引き締めが中国経済に
与える影響なんて結局目先的には解らないだろうし、目先警戒するとすれば中国
市場への影響だろう。その中国市場が来週は休みなんだ。どの程度影響を受ける
かは不透明だけに、今から売り込むにも限界があると言うわけだ。」

T「なるほど。となれば、中国市場が休み明け近くなると警戒強まってくると言
うことだな。」

M「そう言うことだ。その前に、欧州のギリシャ問題があるからな。まずはそっ
ちがどうなるか見極めないと買い手も売り手も動きにくいと言うことだろう。」

T「確かにそうだな。来週のEU財務相理事会で明確なギリシャ支援の詳細が決
まれば良いけどな。」

M「ただそれが期待通り決まって、株式市場好感し買われたとしても、再来週か
らは中国市場再開となることから、今度はそっちへの警戒が強まることになる。
それだけに上値が限定されてしまうと言うことはありそうだ。」

T「結局、懸念だらけだな。欧州諸国の財政問題や中国の金融引き締め問題。更
にいえば、経済指標だってあまり良くないモノも目立ってきている。」

M「そうだな。昨晩発表されたユーロ圏10-12月期GDPは良くなかったし、
米ミシガン大学消費者信頼感指数も悪かった。まあ米小売売上高は良かったと言
えるが、サプライズ的な数字でもない。」

T「米小売売上高はもともと11日発表予定だったんだろ。」

M「ああ。大雪のため昨晩へ延期になったようだ。来週も米国市場では重要な経
済指標が続々と出てくる。それらがいずれも強い数字となってくれば、問題はな
いだろうけど・・。」

T「とにかく、今は色々な懸念が多いことから、それらが一つ一つ解消されてい
くのを期待する他無いだろう。」

M「確かにそうだが、いずれの懸念も即解消されるような問題でもなく、今後も
たびたび懸念視されていく問題だろ。それだけに、全て解消されるなんてあった
としても、かなり先の話となる。それまで相場は上げられないなんて事には当然
ならないだろうし、解消されるまで投資はしないなんて言うのもナンセンスだ。」

T「まあそうかもな。取りあえず来週はどういう展開になるのか注目したい。米
国市場それほど下げなかった事から、週明けはそれほど波乱とはなりにくそうだ
が・・。」

M「だろうな。為替が1ドル90円台まで戻している事も下支えとなるだろう。
まあ取りあえず週明けは大した動きも無いんじゃないのか。米国市場は休場だし
上海、香港市場も休場だ。朝方多少動く程度で、あとは材料難から動きにくい展
開となりそうだ。」

T「そうかもな。まあ上げずともしっかりとした展開を期待したいモンだな。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。