(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.4【地合い悪化で材料株での短期値幅取り狙い】

2010/02/04 11:44|未分類CM:0
アメリカでは金融規制案は
廃案になるんじゃないかとの見方らしい
急に底堅くなったわけだ

日本はトヨタ系の企業が売られまくり
トヨタ系じゃないものまで自動車だっけで売られてる銘柄も
あとはメガバンクが軟調
こっちは意味がわからんな
何を織り込みにいってんだか

後場
トヨタぱねーな
めちゃんこセンチメント冷やした
個別は知らんが先物下げすぎだわ
それとも今日NY下げる自信がそんなにあるのか?
と思ったら引けにかけて戻した

トヨタどうなるかね
三菱自動車はエンジンから火を噴いてるような報道があった時が
底だったの覚えてる

前場から持ってたCAを164000ぶん上げ
貫いた
その後162600付近で拾いなおして
164000手前で利確
三井住友2840~2837まで買って2847利確
どんだけ重いんだよ
戻りのカット売り多すぎ
途中で我慢できずに利確しちゃったわ


[株式オープニングコメント]
トヨタの不安払拭まではこう着相場
 本日の東京市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。シスコシステムズの
時間外での強い動きや、円相場が1ドル91円台を回復してきていることもあり、ハイ
テクの一角などは底堅い展開が期待される。一方、商品相場の下げによって資源系の
一服が想定されるほか、やはりトヨタのリコール問題による先行き不透明感の強さが
上値を抑えることになろう。
 トヨタからホンダ、日産自などへのリバランスによる動きから日経平均など指数へ
のインパクトは中立である。しかし、上方修正を発表したホンダが寄り付きで達成感
をみせてしまうと、その後はホンダの伸び悩みなどから先物主導での売り仕掛け的な
流れにも発展してしまう可能性もある。トヨタ、ホンダの値動きを横目で睨みながら
の相場展開といったところである。
 また、トヨタのリコール問題については、米政府の強硬姿勢によって不透明感払拭
には時間を要する可能性もある。日本を代表する企業の不安払拭までは本格的なリバ
ウンド相場への発展は期待しづらい。昨日の日経平均はボリンジャーバンドのマイナ
ス1σをキープしており、リバウンド基調は維持している状況である。しかし、一目
均衡表では遅行スパンの下方転換シグナル発生が、ほぼ確実となっている。そのた
め、物色としては低位材料株などへシフトしやすいほか、新興市場などへ回避的な動
きをみせてくる可能性もある。
 なお、昨日のNY市場は、ダウ平均は26.30ドル安の10270.55、ナスダックは0.85
ポイント高の2190.91。シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比45円高の10465
円、円建ては同20円高の10440円。ADRの日本株は日電産、オムロン、京セラ、ホ
ンダが堅調。一方、トヨタ、任天堂、シャープ、三井住友が冴えないなど、対東証比
較(1ドル90.99円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円安反転(90円98銭-91円00銭)
・LMEニッケル先物、2日続伸
・日経平均、3日続伸
・ホンダ、今期業績並びに配当予想増額
・シャープの10-12月期、液晶テレビが黒字転換

弱気材料
・NYダウ、3日ぶり反落
・米SOX指数、3日ぶり反落
・トヨタ株、ADRで軟調
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.06%上昇)
・NY金相場、3日ぶり反落
・欧州株、反落
・バルチック海運指数、7日続落
・東証REIT指数、5日ぶり反落
・長期金利、5日続伸(10年債利回り0.005%上昇)
・信用評価損益率、2週連続悪化

留意事項
・NY原油先物、3日ぶり反落(1バレル=76.98ドル)
・DRAMスポット、変わらず
・裁定買い残、9週ぶりに減少
・クロマグロ、仏が取引禁止支持
・小沢民主幹事長、東京地検が不起訴処分へ
・1月のオフィス空室率
・決算---ソニー、三菱重、トヨタ、オリックス、大手不動産各社
・12月の独製造業受注
・英中銀金融政策委員会(3~4日)
・ECB理事会
・12月の米製造業受注
・1月の米チェーンストア売上高


[サポート&レジスタンス]
終値           10404
5日移動平均       10319
標準偏差+2σ      11060
25日移動平均      10615
基準線          10556
レジスタンス(2)    10479
転換線          10449
レジスタンス(1)    10442
ピボット         10399
サポート(1)      10361
サポート(2)      10318
標準偏差-2σ      10169
100日移動平均     10166
先行スパンA       10051
200日移動平均      9925
先行スパンB        9817

[ランチタイムコメント]
トヨタの動向をしばらく見守る形に
 日経平均は4日ぶり反落。60.07円安の10344.26円(出来高概算10億株)で前場の取
引を終えている。小幅ながら続伸して始まった日経平均だったが、リコール問題で揺
れるトヨタの先行き不透明感が上値を抑える格好となった。商品相場の下げの影響も
あり、景気敏感セクターを中心にじり安基調をみせている。電力・ガス、サービス、
情報通信、小売といった内需・ディフェンシブ系の底堅さから下へのバイアスを強め
る流れには向わないものの、トヨタを取り巻く幅広い業界への影響を見極めたいとす
るムードもあり、リバランスにとどまっている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り677に対して値下がり801、変わらず188。規模別指数で
は大型、中型、小型株指数ともにマイナスであり、特に大型株指数の弱さが目立って
いる。物色はディフェンシブ系のほか、決算、レーティングといった材料を手掛かり
とした個別物色が中心。

 トヨタのリコール問題が米国で政治問題化しつつある。また、経産省はエコカーの
補助金制度で、輸入車の対象車を発表したが、この中に「ハマー」が入っていたのを
みると、外圧的な流れとみる向きも多いであろう。普天間問題が先送りされるといっ
た政府運営リスクがトヨタを通じて表面化してきたとの見方につながるため、積極的
なトレードは手控えられることになりそうだ。
 日経平均は5日線をサポートしているものの、ボリンジャーバンドのマイナス1σを
下回ってきているほか、一目均衡表の下降する転換線を確実に上放れることが出来ず
にいる。現在の価格レベルでのこう着が続くとしても、上昇する雲上限をサポートと
して確認するのに2週間程度を要することになる。テクニカル面でも調整を示唆して
おり、トヨタの動向をしばらく見守る形になりそうだ。
 物色としては今日のところはディフェンシブ系が優位であるが、相場を押し上げる
けん引役にはなりづらい。ただ、目先の調整意識からショート戦略が増えてきてい
る。景気敏感セクターでも、売り仕掛けで下げた銘柄への短期リバウンド狙いは有効
である。そのほかは、割り切りスタンスでの低位材料株や中小型株での値幅取りにな
ろう。

[クロージング]
地合い悪化で材料株での短期値幅取り狙い
 日経平均は4日ぶり反落。48.35円安の10355.98円(出来高概算21億8000万株)で取
引を終えた。トヨタのリコール問題が米国で政治問題化しつつあり、行方を見極めた
いとするムードが強まる中、先物市場での断続的な大口売りの影響もあって、日経平
均は一時10300円を割り込む場面をみせている。大引けにかけてはポジション調整に
伴うショートカバーも入ったが、前場段階から上値抵抗として意識されている10370
円辺りで戻りの鈍さが目立った。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り816に対して値下がり710、変わらず150と、小型株の
上昇によって値上り数が上回っているが、大型株の弱さが指数を押し下げている。ま
た、決算を手掛かりとした物色が目立つが、内容は評価されるものの、全体の地合い
悪化によって出尽くし感が強まる格好に。船井電機のストップ安なども、通期据え置
きとはいえ、過剰に反応しているとみられる。また、NTTが引け前1分間で大口売
りによって急落するなど、引けのバスケット売りなどが入っていた影響もあった。
 全体の地合い悪化によって、物色は低位材料株や中小型株の一角に集中している。
トヨタのアク抜けには時間を要するとみられる。米金融改革案についても警戒意識は
後退しているようだが、5~6日にカナダ・イカルイトで開かれる7カ国財務相・中央
銀行総裁会議(G7)で話題になる可能性があるため、手控え要因となる。そのため、
引き続き短期値幅取り狙いを中心とした材料株での物色が続きそうである。このとこ
ろは仕手系色の強い材料株の循環物色もみられてきており、調整一巡感のみられる仕
手系銘柄へのリバウンドを狙った動きもありそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10355.98 -48.35
TOPIX911.09 -4.59
東証2部指数2106.76 +1.12
日経ジャスダック平均1205.46 -2.63
マザーズ指数407.26 -5.94
ヘラクレス指数571.58 +0.49
東証1部出来高21.88億株
東証1部騰落レシオ92.76%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は高安まちまち。ダウは小幅安、ナスダックは小幅高となってい
る。好材料と悪材料が交錯し方向感乏しい揉み合いが終始続いていた。ADP雇用統
計は良かったものの、ISM非製造業景気指数が予測より悪かったことや、製薬大手
ファイザーの決算も嫌気され、相場の重しに。ただ為替が円安に振れていたこと
から、日経平均堅調に始まる。しかし上値は重く徐々に垂れて下げ幅拡大の展開。
今日もトヨタが売り込まれており重しとなっているようだ。後場には一段安とな
るも、大引けにかけては買い戻しの動き強まって、日経平均下げ幅縮小して引け
ている。日経先物の主な買い越し証券はゴールドマン、カブコム、三菱UFJ、マネ
ックス、ニューエッジ、大和、JPモルガン。売り越しはクレディスイス、バーク
レイズ、藍澤、光世、ドイツ、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7203トヨタ自動車 3280円 -120
今日も朝から売られる展開。プリウスの苦情件数が拡大しているようであり、先行
き不透明感更に強まった事から、見切り売りが続いている状況。特に機関投資家の
売りが目立っているようだ。社内ルールで不祥事企業株は処分しなくてはいけない
所も多いようだ。また最近の下落でロスカットルールにかかってしまった機関投資
家の売りも見られていると・・。昼頃にはプリウス問題について15時半から会見と
の報道があり、後場には一段安となる場面も。ただ大引けにかけ、出尽くしで明日
上げるのではと言う思惑から、売り方の買い戻しの動きが強まって急速に下げ幅縮
小し引けている。

7267ホンダ 3220円 +80
昨日発表した3Q決算を好感。市場予測以上の好決算となり寄り付きから大きく買わ
れる展開。しかしトヨタが大きく売られていることが市場心理を冷やし、寄り後は
手仕舞い売り優勢で上げ幅を縮小してしまう。一時、同社の株価がトヨタの株価を
上回る場面も見られ、市場では話題になっていた。ホンダ株がトヨタ株より価格が
高くなるのは1980年代以降では初めてのこと。ただ大引けにかけ、トヨタが買い戻
しによって大マクリをみせ、引け値ではトヨタ株を上回れず。

6769ザインエレクトロニクス 273800円 +20800
連日で大幅上昇。早くも高値更新している。今朝の日経新聞では今春、韓国に進出
し、サムスン・LGなど電機パネル大手と連携を強め、韓国企業向け売上高を3年後に
2倍に引き上げると報じられている。同社は明日本決算発表を控えており、同時に出
される今期業績見通しへの期待が強まっていることも追い風になっているようだ。
ただ決算発表前にこれだけ大きく上げてしまうと、ハードル高まるだけに出尽くし
警戒感もありそうだとの声も・・。今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料
株の一つ。

8306三菱UFJFG 462円 -13
昨日の決算発表をうけ買い優勢で始まったが、寄り後は手仕舞い売りが優勢。決算
への評価は好感するもの多いものの、決算で売られた訳でもないとの見方。今日は
銀行、証券株が総じて軟調となっている。昨晩の米国市場で金融株が総じて売られ
たことも重しとなっているようだ。また週末に予定されているG7への警戒もあるの
ではとの見方も。それにトヨタ株が連日大幅安となっている事も金融株の重しにな
っている面もあるようだ。金融機関の多くは運用でトヨタ株を少なからず保有して
いる。基本的には心理的な要因ではと・・・。

6101ツガミ 397円 +34
連日の大幅高で年初来高値を更新。一時2008年6月以来の400円台に乗せる場面も見
られた。特に材料は出ていないが、仕手化している状況のようだ。業績の急回復期
待が買われている背景だが、既にそれをも織り込んでいるとの見方多く、今の上昇
は踏み上げ期待の方が強い様だと・・。信用取り組みは極端な売り長状態が続いて
いる。取りあえず売り禁になるまで強い展開続くのではと見る向き多い。昔からの
投資家にとっては、同社株は仕手株との印象が強いだけに、ある程度相場作れば食
いつきやすいと・・・。

===============
◆◇2/5(金)の主な予定!◇◆
===============
1月携帯電話契約数
12月景気動向指数(14:00)
国際石油開発帝石、東レ、パナソニック、SMC、いすゞ、IHI、NTT、ドンキホーテ、
THK、三井造船、マツダ、スズキ、ベネッセHD、ダウワボウHD、レオパレスなど
決算発表
米1月雇用統計(22:30)
米12月消費者信用残高(6日 5:00)
OECD12月景気先行指数
G7財務相・中央銀行総裁会議(カナダ・イカルイト ~6日)
ミュンヘン安全保障国際会議(ドイツ・ミュンヘン ~7日)
[動いた株・出来た株]

*富士機工<7260> 153 +50
通期営業利益は10億円から23億円まで大幅上方修正で。

*新明和<7224> 334 +35
年初来高値水準突破辺りから急伸、買い戻し主導とは見られるが。

*前田建設<1824> 277 +24
目立った材料見当たらず、割安感などが手掛かりか。

*東光<6801> 138 +11
値動きの軽さが妙味に、明日の決算発表も思惑視か。

*ヒューリック<3265> 610 +47
前場に決算発表、今期増益見通しなどを評価へ。

*ハニーズ<2792> 620 +43
スピード調整後のもみ合い上放れに追随の動き集まる。

*CKD<6407> 735 +41
リチウム電池製造装置の成長性期待など支えに買い戻し継続か。

*愛知製鋼<5482> 397 +22
前日の取引時間中に決算発表、通期営業益は一転黒字に上方修正。

*リョービ<5851> 258 +14
目先の利食い売りにも一巡感、今期上方修正など蒸し返す。

*中央発條<5992> 283 +15
通期営業利益は10億円から20億円に上方修正へ。

*コナミ<9766> 1585 +84
前引け後に決算発表、過度な不安感後退の格好に。

*新興プラ<6379> 888 -63
場中に決算発表、通期営業益は81億円から76.8億円に減額。

*タカラレーベン<8897> 532 -32
10-12月期の収益鈍化を嫌気した見切り売りの動きが継続で。

*ワコム<6727> 145000 -8600
業績下方修正発表以降は売り圧力も強まっており。

*カヤバ工<7242> 272 -16
トヨタが筆頭株主、トヨタ系部品各社全面安が波及。

*太平工業<1819> 365 -19
特に材料は観測されず、信用買い方の処分売り主導と観測される。

*太陽誘電<6976> 1320 -66
JPMでは「オーバーW」から「ニュートラル」に格下げ。


(前場)
*大和冷機工業<6459> 439 +36
業績予想を上方修正、通期営業益は56億円から66.7億円に。

*東京応化工業<4186> 1708 +135
前日に第3四半期決算発表、10-12月営業損益はコンセンサス上ぶれへ。

*信越ポリマー<7970> 621 +45
メリルでは投資判断を「アンダーP」から「買い」に一気に2段階格上げ。

*日東精工<5957> 245 +13
通期営業利益は3億円予想から4.8億円に上方修正。

*大建工業<7905> 254 +13
大幅上方修正評価の動き継続、高値更新で買い戻しも。

*イズミ<8273> 1194 +60
調整一巡感から買い戻しの動きが強まっているとの観測。

*林兼産業<2286> 121 +6
仏政府が大西洋クロマグロの輸出入禁止を支持する方針を決定と伝わり。

*ドワンゴ<3715> 174600 +8500
決算発表控えて思惑買いの動きが先行か。

*東海カーボン<5301> 459 +21
通期営業利益は32億円から52億円にまで上方修正へ。

*山武<6845> 2140 +94
10-12月期の赤字決算発表以降はアク抜け感強まる展開で。

*新神戸電機<6934> 978 +42
野村では投資判断「1」に格上げ、目標株価1200円としている。

*DeNA<2432> 657000 +28000
ゲーム関連売上高の急拡大を引き続き買い材料視で。

*日機装<6376> 525 +22
前日の決算発表が警戒感などの後退にもつながる格好か。

*アサヒHLDG<5857> 1468 +59
いちよしではレーティングを「B」から「A」に格上げ。

*ツガミ<6101> 378 +15
好業績に加えて、足元での取組動向の厚みなども注目材料へ。

*クレハ<4023> 460 +17
前日に第3四半期決算発表、累計営業益は通期計画を超過へ。

*東洋ゴム工業<5105> 192 +7
引き続き業績予想の上方修正、並びに復配発表を手掛かりと。

*シスメックス<6869> 5330 +160
決算発表後はアナリストの目標株価引き上げの動きなど目立ち。

*JVCケンウッド<6632> 37 -4
最大過去5年分の決算を訂正する方向で検討などと一部で伝わり。

*トヨタ紡織<3116> 1664 -176
昨日発表の決算は、相対的にポジティブインパクトも乏しく。

*フタバ産業<7241> 731 -74
トヨタ向け主力の部品メーカーとして警戒感が波及。

*関東自動車工業<7223> 686 -57
前日に決算発表、10-12月期も営業赤字が継続で。

*沖電気工業<6703> 76 -6
前日は決算前に期待感も高まったが、インパクトは乏しい内容で。

*デンソー<6902> 2520 -181
トヨタの「プリウス」ブレーキ問題受けての警戒感なども強まり。

*CHIグループ<3159> 390 -27
連日の手仕舞い売りが継続、下値メドなどもイメージしにくく。

*大日本住友製薬<4506> 962 -64
シティでは投資評価を「2M」から「3M」に格下げへ。

*イビデン<4062> 3000 -195
前日に上方修正発表も想定の範囲内として出尽くし感先行。

*東海ゴム工業<5191> 1065 -64
トヨタ系の部品メーカーとして同業他社に連れ安の展開。

*ジャフコ<8595> 2114 -127
海外売出株の価格決定もリバウンドの動きにはつながらず。

*ゼクス<8913> 1105 -66
直近の下値支持線割り込んで下値不安強まる展開か。

*小糸製作所<7276> 1436 -85
足元の株価上昇が目立っていたトヨタ系部品メーカーとして。

*ジェイテクト<6473> 1011 -59
後場には決算発表も控えて、警戒感先行の展開となる。

*東海理化<6995> 1752 -101
トヨタ系部品メーカー全面安の流れに押されて。

*シャープ<6753> 1071 -61
前日発表した10-12月期決算はアナリスト予想の下限レベルでもあり。

*東邦チタニウム<5727> 1674 -95
4-12月期も営業損益は赤字継続となっており。

*NOK<7240> 1262 -69
前日のシティの格下げなど引き続き響く格好にも。

*理想科学工業<6413> 784 -41
決算を好感して前日に大幅高した反動へ。

*ニフコ<7988> 1922 -100
前日上昇の反動、直近高値近辺では戻り売り圧力。

*豊田通商<8015> 1332 -68
トヨタグループ各社が一斉安の流れに押される形で。

*クラリオン<6796> 132 -6
前日に発表した決算内容にはポジティブインパクトも乏しく。

*ヤフー<4689> 32350 -1400
需給主導での上昇続いてきたが、当面の買い戻しの動きにも一巡感か。

*三菱UFJ<8306> 458 -17
前日の決算はサプライズなし、米金融新規制への警戒感なども改めて。

*トヨタ<7203> 3280 -120
プリウスの国内苦情相次ぐといった報道なども新たに伝わり。

*川崎汽船<9107> 307 -11
足元ではファンドによるショートの動きも目立ち始め。

*本田技研工業<7267> 3210 +70
前日に発表した10-12月決算はポジティブサプライズも、やや出尽くし感。

*GSユアサ<6674> 568 -24
短期リバウンドにも一巡感、三菱自の決算通過も出尽くし感か。

*日本電気硝子<5214> 1215 +25
NECの保有株売却が伝わるが、直接的な需給不安につながらないとの見方にも。

*ソニー<6758> 3100 -45
本日の決算発表を控えて出尽くし感などを警戒も。

*三菱商事<8058> 2190 -60
資源価格の全般反落がマイナス材料視される格好に。

*マミヤOP<7991> 85 -9
好決算発表も材料出尽しと受け止められ利益確定の動き先行。

*船井電機<6839> 4010 -695
前日に決算発表、10-12月期の急速な収益鈍化にネガティブインパクト。

*青山商事<8219> 1371 +72
リーバイ・ストラウスジャパンとの提携報道を引き続き材料視。

*ネプロ<9421> 48000カ +7000
前日に続いて裸眼立体視液晶ディスプレイの販売を材料視。

*Gモード<2333> 32700 +4400
本日の決算発表を控えて先回り買い。

*ユビキタス<3858> 59700 +4700
「DS」のソフト販売好調で思惑とも。

*インテリW<4847> 14730 +1020
上期最終損益を1.2億円の赤字から0.5億円の黒字に上方修正。

*ザイン<6769> 269100 +16100
韓国への進出報道が追加の支援材料につながる形へ。

*フルスピード<2159> 39000 +800
株主優待制度の新設を材料視する動きにも。

*マルマン<7834> 172カ
上期最終利益を0.1億円から2.7億円に上方修正。

*レカム<3323> 5000カ +530
前日に第1四半期決算を発表、前年同期比赤字幅が縮小。

*セイクレスト<8900> 303 -27
新株予約権の譲受者より行使された株式が一部売却される。

*ゲームオン<3812> 68500 -13300
前日に本決算発表、今期の営業利益48%減予想を嫌気する。

*ベクター<2656> 188300 -14700
連日の株価急騰で過熱感、前日には上ひげつけて伸び悩む。
2月4日(木)

H「日経平均は反落した。今月初の下落となったが、まあこの程度の下落なら仕方ないだろう。」

K「そうだな。昨晩の米ダウも下落したし、トヨタ問題があれだけ派手になっているだけに、全体的な影響がこの程度なら御の字と言えるかもな。」

H「トヨタは今日も売り込まれた。一時、ホンダ株がトヨタ株より高くなったと言うことが、市場でえらい話題になったが、そんなことはどうでも良いことだ。」

K「そうだが、これだけ話題になるとトヨタのホルダーはホンダに乗り換えようとする向きも増えるかも知れない。しかもホンダ決算かなり良かったからな。トヨタはリコール問題で今後の業績不透明だからな。」

H「ただ今日の引け後に発表されたトヨタの決算はかなり良い。リコール費用を考慮しての今期見通しのようだが、それでも想定以上に業績回復が見られている。」

K「ああ。しかし新たに発覚したプリウス問題は織り込んでいない。まあどの程度の費用がかかるのかはまだ不透明のようだが・・・。」

H「しかし最近の急ピッチな下落により、プリウス問題もある程度は織り込まれたんじゃないのか。」

K「ある程度はな。ただプリウス問題がどう発展していくかはまだ不透明だ。」

H「そうだな。しかし今日の決算をうけ、押し目を買ってくる向きは増えるかもな。」

K「それはあるかもな。後は米国だな。米国はここぞとばかりにトヨタ叩きの様相になってきている。国をあげてのトヨタ叩きといっても過言でもない。」

H「確かに・・。昨日は米運輸長官がトヨタのリコール対象車種の保有者はその車を運転やめるべきだと発言した。まるでトヨタ車には乗るな的な発言だと受け止められても仕方ない事だ。まあすぐに発言を撤回し言い直したようだが、まだこの問題油断は出来ないかもな。」

K「そうだな。今日は国内外の機関投資家の売りが結構出ていたようだ。もちろん拾ってくる向きもいるんだが、機関投資家はある程度のルールがあるだけに、否応なしに売らなければならない向きも少なくない。」

H「だろうな。それにこれだけ急ピッチな下落となれば、買値次第ではロスカットルールにも抵触する機関投資家も多そうだ。」

K「日経平均やTOPIXをトヨタ株は明らかにアンダーパフォームしている事も売り材料に繋がっている。一方、個人投資家はここぞとばかりに結構拾いに来ている向き多いようだ。」

H「個人投資家は自分の資金だけに、面倒な規制やルールなど無く自由が利くからな。最悪、数年寝かす位のつもりなら、塩漬け覚悟で拾っている個人投資家も多いようだ。」

K「ああ。今日の下落で同社株の連結PBRは1倍割れとなる場面も見られた。さすがにそこでは拾う向き多かったようで、しっかりと下げ止まっている。目先はまだまだ不透明だが、基本的にPBR1倍割れ水準では拾ってくる向きは後を絶たないだろうな。」

H「だろうな。まあ状況次第ではそんなこと関係無しに売らざるを得ない機関投資家もいるだけに、更に下げてしまうと言うことも当然あるんだが・・・。」

K「いずれにしろ、早いところ落ち着いて欲しいモンだな。トヨタ問題が明らかに相場の重しとなっているからな。」

H「ああ。今日は円安を好感して日経平均もプラスで始まったんだが、トヨタ株やその関連株が売り優勢で始まっており、日経平均もあっさりとマイナスに転じてしまった。好決算を発表した銘柄も結局垂れてしまうというもの目立っており、市場全体の重しとなっているのは間違いない。」

K「まあ、トヨタ問題落ち着いても、全体的に上げていけるかはまた別問題だけどな。」

H「結局上値を買ってくる向きがいるのかどうかだからな。海外勢の買いも明らかに衰えてきているし、国内勢が上値を買ってくるとも思えない。」

K「今日発表された先週の投資主体別売買動向では、外国人が現物、先物共に売り越しとなった。現物株の売り越しは10週ぶりの事だ。」

H「これだけで判断する限り、12月から始まった海外勢による日本株の見直し買いは既に一巡したと言えるだろうな。」

K「ああ。まだ継続的に海外勢の買いも見られているようだが、12月から1月上旬に見られたような強い買いと言うのは暫くは期待できないだろうな。ただ売り手がいなければ買われていくと言う期待はあるし、新たな買い材料でも出てくれば、上値を買いにいく向きだって当然増える。」

H「そうなるには、やはり景気の先行き期待が強まることだろうな。」

K「まずは週末の米雇用統計だろう。それで雇用の改善が引き続き強まっていることが示されれば、期待は出来るかもな。それによってドル買いに繋がれば、円安になるだけに日本株にも追い風となる。」

H「そうだな。取りあえず前哨戦といえるADP雇用統計は無事クリアーした。今晩は新規失業保険申請件数か・・。これも雇用関連の指標だけに注目されるな。」

K「ああ。まずは今晩、どういう結果で返ってくるのか注目したい。」
2010.2.4先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。