(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.2【明日もトヨタなどの動向に注目か】

2010/02/02 11:22|決算CM:0
NYがやっぱりktkr
ポジション減らすと上昇するよね
完全に大衆心理ど真ん中だわ

持ち越し利確して
弱いのにりそなHDめっちゃ買って
最後捌ききれずに全部投げ

先物ドンドン上げてるのにロスカットかよ
今日は輸出系だろが

後場
石油買おうと思ったら
新日石、新日鉱、株式移転で信用買い出来ないじゃんか
バーカバーカ
持ち越しは素材経過っておけば間違いないかな

途中余力気にしないで
バカバカ買ってたら
余力切れて持ち越し買う余力がなくなった


[株式オープニングコメント]
景気敏感株中心の反発もリバランスにとどまる
 本日の東京市場は、週明け1日のNY市場の上昇を受けて、買い先行のスタートと
なろう。特にリコール対策を発表したトヨタがADRで5%近い上昇となり、ここ調
整をみせていたハイテク株の強い動きも目立つ。また、円相場が1ドル90円台後半で
推移しているほか、商品相場も軒並み上昇していることから、景気敏感セクター中心
に反発をみせることになりそうだ。
 シカゴ先物が5日線レベルであり、買い一巡後はこう着感を強めてくる可能性はあ
るが、10200円レベルに位置するボリンジャーバンドのマイナス2σをサポートに変え
ることによって底堅さは意識されそうだ。NY市場の上昇を背景に中国市場の反発も
みられるようだと、前引けにかけて再び強含むといった展開が期待される。ただ、オ
バマ米大統領が打ち出した金融改革案については、今晩のボルカー元FRB議長証言で
の注目が高く、これを見極めるまでは動きづらい環境ではある。積極的な上値追いと
いうよりはリバランスの動きにとどまるため、トヨタなどの動向を横目で睨みながら
での、個別対応といったトレードスタイルになろう。物色としては決算内容を評価し
た流れのほか、やや仕手系色の強い材料株での短期値幅取り狙い。また、内需・ディ
フェンシブ系は昨日の反動もみられそうだが、情報通信などは低PBR、高配当利回
り銘柄でもあり、短期的には水準訂正を想定したトレードは有効になろう。決算を控
えているソフトバンクなども、思惑的な売買が活発化しそうだ。
 なお、NY市場の終値は、ダウ平均は118.20ドル高の10185.53、ナスダックは
23.85ポイント高の2171.20。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比125円高の
10315円、円建ては同95円高の10285円。ADRの日本株はトヨタ、京セラ、ニコン、
任天堂、NTTドコモなど対東証比較(1ドル90.61円換算)で全般堅調。

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円安進行(90円61銭-63銭)
・NYダウ、3日ぶり反発
・1月の米ISM製造業景気指数、5年5カ月ぶりの水準に回復
・米SOX指数、大幅反発
・NY金相場、4日ぶり反発
・欧州株、続伸
・日経平均、小幅反発
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・NY債券市場、3日ぶり反落(10年債利回り0.06%上昇)
・LMEニッケル先物、3日ぶり反落
・バルチック海運指数、大幅続落
・長期金利、3日続伸(10年債利回り0.015%上昇)
・東証1部の安値更新銘柄数、昨年11月30日以来の高水準

留意事項
・NY原油先物、5日ぶり反発(1バレル=74.43ドル)
・DRAMスポット、変わらず
・小沢民主幹事長、進退に言及
・1月のマネタリーベース
・決算---TDK、三井物、アコム、野村、ソフトバンク
・豪中銀理事会
・12月のユーロ圏生産者物価指数
・12月の米中古住宅販売成約指数
・1月の米自動車販売台数
・米上院銀行委の新金融規制案に関する公聴会


[サポート&レジスタンス]
終値           10205
5日移動平均       10279
標準偏差+2σ      11055
25日移動平均      10625
基準線          10556
転換線          10508
レジスタンス(2)    10282
レジスタンス(1)    10243
標準偏差-2σ      10195
ピボット         10187
100日移動平均     10166
サポート(1)      10148
サポート(2)      10092
先行スパンA        9917
200日移動平均      9908
先行スパンB        9737

[ランチタイムコメント]
マイナス1σレベルを捉え、今日はここまで
 日経平均は大幅上昇。191.46円高の10396.48円(出来高概算8億9000万株)で前場
の取引を終えている。NY市場の上昇やリコール対策を発表したトヨタがADRで
5%近い上昇をみせ、商品相場も軒並み値を上げていたことが好感され、景気敏感セ
クター中心に反発をみせた。買い一巡後はこう着をみせていたが、トヨタなどコア銘
柄の強さや上海市場が反発して始まったことなどが刺激となり、前引けにかけて上げ
幅を広げている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り984に対して値下がり527、変わらず172。規模別指数で
は大型、中型、小型株指数ともに強い動きとなったが、特に大型株指数の強さが目立
っている。セクターでは輸送用機器、海運、石油・石炭、卸売が上位に。一方、任天
堂が冴えない展開となった影響から、その他製造がマイナスのほか、電力・ガス、医
薬品といったディフェンシブ系は利食い優勢に。

 5日線およびボリンジャーバンドのマイナス2σを回復して始まった日経平均は、前
引けにかけての上昇によってマイナス1σレベルを捉えてきている。11000円目前から
の調整に対して、一巡感が台頭しやすく、理想的なリバウンドをみせている。ただ、
マイナス1σを大きく上放れるとみるよりは、超短期的な達成感も意識されるとこ
ろ。景気敏感セクターを中心とした強い動きが目立っているが、リバランスの範囲内
とも考えられる。
 また、オバマ米大統領が打ち出した金融改革案については、今晩のボルカー元FRB
議長証言によって何らかの方向性が出てくる可能性もあるため、これを見極めたいと
するムードもある。直近の調整に対するショートカバーなどもあろうが、マイナス
1σを大きく上放れる流れにはむかいづらいとみておきたい。
 引き続きトヨタの動向をみながらとなろうが、高止まりとなるようなら、相場全体
の上値の重さが嫌気されたとしても、ショート戦略は避けたい。引け後に決算を控え
ているソフトバンクなどでの短期的な値幅取り狙いのトレードが活発化しそうだ。

[クロージング]
明日もトヨタなどの動向に注目か
 日経平均は上昇。166.07円高の10371.09円(出来高概算18億7000万株)で取引を終
えた。NY市場の上昇やリコール対策を発表したトヨタの反転、さらに商品相場の上
昇などを好感し、景気敏感セクター中心に反発をみせた。日経平均は寄り付き直後の
10287.74円が安値、前引けの10396.48円が本日の高値となり、後場はこのレンジ内で
のこう着感を強めている。
 ただ、後場のこう着については、今晩のボルカー元FRB議長証言によって、オバマ
米大統領が打ち出した金融改革案について何らかの方向性が出てくる可能性もあるた
め、これを見極めたいとするムードもあった。上値の重さを嫌気する流れは限られ、
売り仕掛け的な動きもみられたものの、現物、先物ともに前場安値を下回ることはな
く、反対に大引けにかけてのショートカバーにもつながった。

 日経平均はボリンジャーバンドのマイナス2σを回復して始まり、その後の上昇に
よってマイナス1σを捉えた。後場はマイナス1σに上値を抑えられた格好だったが、
当然の抵抗といったところである。金融改革案について、廃案もしくは大幅な変更に
なる可能性があるとの報道も伝えられていたが、やはり結果を見るまでは動けないと
ころである。また、海外勢の買いオーダーは継続しているものの、決算発表が本格化
していることから、押し目は拾うものの、上値は積極的に追わない、との声も聞かれ
ている。

 本日は景気敏感セクターを中心としたリバウンドをみせたが、一方で昨日強い動き
をみせていたディフェンシブ系は利食いに押されるなど、リバランスにとどまってい
る面もある。今晩のNY市場が弱い動きとなれば、直ぐさま本日の反動も出てくる可
能性もあるため、押し目買い、戻り売りのトレードといったスタンスが続きそうだ。
なお、日経平均がマイナス1σをクリアし、10600円レベルに位置する25日線への意識
を強めるには、NY市場の上昇と景気敏感セクターの強い動きが必要となる。明日も
トヨタや値がさハイテク株などの動向が注目されよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10371.09 +166.07
TOPIX912.82 +14.21
東証2部指数2088.38 +5.48
日経ジャスダック平均1207.96 +3.88
マザーズ指数417.66 +8.20
ヘラクレス指数574.44 +7.98
東証1部出来高18.76億株
東証1部騰落レシオ89.04%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に反発。エクソンモービル決算を好感されエネルギー株総
じて高く相場を牽引。またISM製造業景気指数が予測を上回ったことも好感され
終始しっかりの展開。為替も円安進行して返ってきたことから、日本市場は輸出
株中心に買われて大きく上昇して始まる。寄り後も底堅い展開続き、徐々に上げ
幅を拡大。後場はやや押す場面も見られたが、下値は限定的。日経平均は10300
円台でのしっかりの展開が大引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証券は三
菱UFJ、GS、JPモルガン、野村、フォルティス、クレディスイス。売り越しはニ
ューエッジ、オリックス、大和、バークレイズ、カブコム、松井、SBI、モルガ
ンS、安藤、ドイツ、メリルなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2432DeNA 625000円 +100000
寄り付きからストップ高。昨日同社は3Q決算を発表。モバゲータウン好調で四半
期ベースでは売上高、営業利益が共に過去最高となった。期初計画の通期計画は、
過大で未達濃厚と言われて来たが、昨日の決算発表見る限り、達成濃厚に・・。
4Qも更に伸びるなら上ブレの可能性も。今後出される月次動向が注目だと。この
決算をうけ、ポジティブサプライズだと好評価が相次いでいる事も今日の大幅高
に繋がっている模様。

2120ネクスト 85000円 -27500
一時ストップ安まで売り込まれる。昨日同社は3Q決算を発表。前年同期比で大幅
増収増益となっている。通期業績見通しは売上高、純利益は下方修正されたもの
の、営業、経常利益は共に上方修正に。今期だけ見ればここまで売られる決算で
はないものの、同時に発表されている中期ビジョンの修正が嫌気されている。中
期ビジョンでは来期は大幅な増収増益見通しだったものの、それを大きく下方修
正している。営業利益計画は40億円から19.5億円まで下方修正。辛うじて今期比
増益見通しながら高成長期待が剥落、失望売りに繋がっている。

6513オリジン電気 400円 ±0
今日提出された大量保有報告書によればノルウェー銀行が同社株を5.07%保有し
ている事が判明。政府系ファンドの買いのようだ。基本的に長期資金であり、銘
柄に意外性を感じる市場筋多い様子。同社株は特に材料もなく1月に大きく上昇し
ていたが、恐らくノルウェー銀行の買いが刺激になっていたようだと・・・。ノ
ルウェー銀行は昨年には7956ピジョンをやはり5%以上保有していることが判明
し話題になった。それだけに今後の動向が注目されると・・。

4817JCOM 96800円 +6500
14時40頃から急騰。14:37に読売新聞電子版が、KDDIが同社株を大株主から取得
する事がTOBルールに抵触する恐れがあるとして金融庁が調査に入ったことが明
らかになったと報じた。金融庁は、KDDIが現在の計画通りに買い取りを行えば、
金商法違反で800億円超の課徴金が課される可能性が高いとし、TOBなど他の手法
に変更するよう求めていると・・。この報道をうけ9433KDDI株は売られ、JCOM株
は買われた。TOBに変更する可能性があるとの期待のようだ。

5486日立金属 874円 +14
13時に3Q決算を発表。発表後は派手に売り込まれ一時823円まで売られる場面も。
しかしその後は買い戻し優勢の展開で、結局決算発表前の水準まで戻してしまう。
決算は前年同期比大幅減益で、通期業績見通しへの進捗率が低く嫌気されたよう
だが、10-12月期は利益急回復しており、このペースで1-3月期も行ければ通期業
績は上ブレるとの見方多し。表面の数字だけ見て短期資金が売り込んで、その後
決算吟味した向きが買い場と見て拾ってきたと言う動きのようだ。それにショー
トカバーの動きも加わったと・・。同社の15分後に決算発表した6503三菱電機も
発表後は同じような動きをしていた。

2138クルーズ 79000円 +10000
旧社名ウェブドゥジャパン。昼に発表した3Q決算を好感し後場はザラバ寄らずの
ストップ高。経常利益は既に通期計画を達成しており、純利益に関しては超過し
ている。ただ4Qは成長を促進するため、積極的な投資を実施する予定のようだ。
また期末配当を900円予定から2250円に引き上げることも発表。今後はミクシィ
モバイルやモバゲータウンなど他社プラットフォームにもソーシャルゲームの
展開を検討との事から、今後の成長に期待した買いも入っているのではと・・。

8202ラオックス 104円 +17
大幅上昇。今朝の日経新聞では同社は親会社である中国・蘇寧電器のプライベ
ートブランド家電を輸入し3月から販売すると報じられている。国内メーカー品
より安くなる見通しとの事から、売上げ増に繋がるとの期待から物色されたよ
うだ。基本的に続く物色ではなく、ここから上値はシコリ多大で戻り売りに押
されそうだと見る向き多い。シコリこなして物色続けて行くには別途材料が必
要だと・・・。

===============
◆◇2/3(水)の主な予定!◇◆
===============
イビデン、旭化成、武田、神戸製鋼、新日鉱HD、ホンダ、シャープ、三菱UFJFG、
三井化学、新生銀行、住金、東邦チタ、クラリオン、三菱自動車、横浜銀行、
帝人など決算発表
英中央銀行金融政策委員会(~4 日)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
米1月ADP雇用統計(22:15)
米1月ISM 非製造業景気指数(4日 0:00)
シスコシステムズ、ビザ、ファイザー、タイムワーナーなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*日油<4403> 391 +31
カーボンフリーと協業して温暖化対策分野を強化とも伝わる。

*日本農薬<4997> 497 +33
目先の処分売り一巡感、突っ込み警戒感強まりやすい地合いとなり。

*ダイヘン<6622> 375 +24
スマートグリッド関連の材料株との位置づけも高く。

*ナブテスコ<6268> 1080 +65
決算発表受けて昨日は下落も、長い下ヒゲつけて達成感。

*川崎汽船<9107> 323 +19
朝方から資源高の流れを受けて大手海運株強い動きに。

*西松建設<1820> 107 +6
足元では建設株の一角にファンドのショートの動き目立ちつつあったとも。

*メガネトップ<7541> 861 -48
前日に発表の月次動向を嫌気、1月の既存店売上高は再度マイナスに転じ。

*NOK<7240> 1324 -68
前日には大幅な上方修正発表も、次第に出尽くし感からの利食い優勢に。

*フューチャー<4722> 34200 -1500
前日には業績予想の下方修正を発表している。

*日M&A<2127> 325500 -11500
先週末発表の第3四半期決算内容を引き続き嫌気。

*日新製鋼<5407> 147 -5
明日の決算発表控え、足元のニッケル安の影響なども警戒視か。

*SMK<6798> 453 -14
コスモでは投資判断を「B+」から「B」に格下げ。




(前場)
*DeNA<2432> 620000 +95000
前日に決算発表、10-12月期のゲームポータル急拡大がサプライズに。

*イーグル工業<6486> 514 +59
前日に第3四半期決算を発表、今期3度目となる大幅上方修正。

*日本曹達<4041> 368 +35
昨日通期予想の上方修正発表、先の下方修正以前のレベルにまで上ぶれ。

*オイレス工業<6282> 1436 +125
前日には決算を受けて、いちよしの格上げが確認されている。

*オークマ<6103> 523 +44
10-12月期赤字決算で前日は売られたが、当面の悪材料出尽くし感も優勢に。

*ニチアス<5393> 363 +29
前日に第3四半期決算を発表、通期営業益は55億円から63億円に。

*ブラザー工業<6448> 1089 +79
通期営業利益は180億円から230億円にまで上方修正へ。

*ソネットエンタ<3789> 231100 +16700
DeNAの株価急騰が刺激材料となり。

*三井金属鉱業<5706> 253 +18
通期営業利益は162億円から210億円にまで上方修正、資源関連高も追い風。

*ケネディクス<4321> 27700 +1840
直近の下げ目立ち、地合い改善を受けて自律反発狙いの動きにも。

*牧野フライス<6135> 441 +28
工作機械関連株総じて確り、アク抜けムードが強まる展開に。

*ドワンゴ<3715> 165000 +10200
ネット関連の一角が強い動き、今週末には決算発表予定。

*いすゞ自動車<7202> 205 +12
10-12月期営業利益は100億円超との観測報道を好感。

*プレス工業<7246> 164 +9
直近での急落目立ったが、自動車関連持ち直しで自律反発へ。

*住友重機械工業<6302> 493 +27
地合い改善で順調な決算などを改めて評価材料視。

*トヨタ自動車<7203> 3640 +190
リコール対応の具体策発表で安心感、ADRでは5%超の上昇。

*カルソカンセイ<7248> 250 +13
自動車株の大幅反発受け、再度自動車部品には決算期待の動きも。

*横浜ゴム<5101> 378 +19
4-12月期営業利益は通期計画を超過しており。

*日本証券金融<8511> 752 +37
前日に発表した9ヶ月累計業績予想速報を好感する形にも。

*新日鉱HLDG<5016> 407 +20
シティでは新日石とともに投資評価引き上げの動き。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 272 +13
自動車関連に関心向かい、改めて大幅上方修正を材料視する。

*日立建機<6305> 1992 +95
突っ込み警戒感も強まる、11月安値更新での達成感も。

*三菱商事<8058> 2243 +103
原油相場の上昇など資源価格高を反映して押し目買いの動きにも。

*日本郵船<9101> 320 +14
バルチック指数は軟調も、資源価格上昇から買い戻し優勢の流れ。

*デンソー<6902> 2793 +122
トヨタのリコール具体策発表で系列部品各社にも安心感。

*新日石<5001> 438 +19
シティでは投資評価を「3H」から「2H」に格上げしている。

*エルピーダ<6665> 1577 +68
SIAでは、09年の世界半導体売上高は予想ほど悪化せずと。

*商船三井<9104> 577 +24
海運株は総じて高い、資源価格の動向に最近は左右されやすく。

*CHIグループ<3159> 452 -88
前日に丸善などの株式移転により新規上場、手仕舞い売り進む。

*マースエンジ<6419> 1962 -231
前日に決算を発表、PCCの新規導入店舗数減少などマイナス視。

*コーエーテクモ<3635> 642 -54
前日には大幅な業績下方修正発表、一部タイトルのずれ込みなどが背景に。

*T&Gニーズ<4331> 9480 -470
昨日のTOPIXイベントの通過で需給妙味後退か。

*トリドール<3397> 164000 -7700
昨日好決算を発表も、サプライズは乏しく出尽くし材料につながる。

*きもと<7908> 797 -33
いちよしではレーティングを「A」から「B」に格下げ。

*京都きもの友禅<7615> 838 -34
1月受注の前年比マイナス転落が嫌気材料視される。

*みずほFG<8411> 180 +2
モルガンでは格下げも、米上院公聴会への警戒感も後退で。

*新日本製鉄<5401> 333 +6
中国政府では、過剰生産能力の抑制に向け新たな措置を計画とも。

*野村HLDG<8604> 703 +24
本日決算発表予定、株式市場の地合い好転も追い風となる。

*三菱電機<6503> 730 +23
本日の取引時間中に決算発表予定で期待感も先行へ。

*ホンダ<7267> 3090 +91
トヨタの株価上昇を受けて、リコール問題への過度な懸念も後退。

*ソニー<6758> 3185 +125
米国株高や円安反転受けて、改めて決算への期待感なども。

*ソフトB<9984> 2431 +76
本日の決算発表を控えて期待感も先行、ネット関連株上昇も支援。

*ヤフー<4689> 34050 -550
全体相場の好転を受けて、逆行高銘柄には利益確定の動きも。

*Fリテイ<9983> 15120 +90
月次発表を控えて期待感なども先行か。

*第一三共<4568> 1869 -32
CSでは投資判断を「ニュートラル」から「アンダーP」に格下げ。

*ヤマダ電機<9831> 6090 +180
4-12月経常益は前年同期比1-2割増加との観測報道を受け。

*さいか屋<8254> 69 -7
事業再生ADR手続き成立で、当面の材料出尽くし感。

*ラオックス<8202> 95 +8
中国・蘇寧電器のPB商品を3月から発売へと伝わる。

*日ケミリサーチ<4552> 1165 +80
前日に決算発表、第3四半期累計経常益は通期計画を超過へ。

*オムロン<6645> 1920 +49
野村では投資判断を「2」から「1」に上げ、目標株価2250円に。

*コスモスイニ<8844> 407 +48
四半期ベースでの7期ぶりの最終黒字化観測が報じられる。

*スパークス<8739> 10990 +690
Mスターの「ファンド オブ ザ イヤー」の国内株式型で最優秀ファンド賞を受賞。

*フェローテック<6890> 1073 +53
四半期ベースでの1年ぶりの黒字化観測が報じられる。

*レーザーテク<6920> 1220 +53
前日に上期決算を発表、従来予想から上振れ着地。

*アトラス<7866> 425 +14
上期営業利益を3.8億円から5.6億円に上方修正。

*カービュー<2155> 209900カ +40000
キャッシュリッチ企業として関心向かうとも。

*インターアク<7725> 23600カ +4000
中国LED照明メーカーと販売総代理店契約を締結と。

*エイジア<2352> 38100 +5100
650株を上限とする自社株買い実施発表を好感。

*DDS<3782> 8990 +1080
第三者割当増資中止による嫌気売りにも一巡感で自律反発へ。

*セラーテム<4330> 50600 +5800
上期営業利益を0.5億円から0.9億円に上方修正。

*Sフロント<2321> 18500 +1390
主要複写メーカーとNGN利用のIP FAX接続仕様を策定。

*USEN<4842> 50 +3
前日に業績予想を開示、今期は経常黒字転換の見通し。

*ネットインデ<6634> 30000 -2000
4-12月期営業損益を1.6億円の黒字から0.6億円の赤字に下方修正。

*ネクスト<2120> 84000 -28500
配当予想の減額と中期ビジョンの下方修正が失望売りにつながる。
2月2日(火)

H「日経平均は大幅な続伸となった。市場心理は悪化基調だったものの、今日の上昇で何とか期待を残した格好だな。」

K「そうだな。今日は主力株中心に買われており、市場心理がやや改善した。このまましっかりの展開が再び続いていくようだと心理も本格的に改善していくんだが、やっぱり上値重いとなれば再び悪化する懸念は十分ある。」

H「昨晩の米国市場が大幅高したことが今日の主な上昇要因だが、米国市場の上昇要因も単なる自立反発というわけでもなく良いんじゃないのか。」

K「まあISM製造業景気指数が随分と強い数字となりポジティブサプライズとなったからな。最近は景気の先行きに懸念が強まっていたことから、昨日のISM製造業景気指数の上ブレは市場に安心感を与えた。」

H「ああ。警戒されていた分、サプライズになった面もあるが、この調子で今週発表される経済指標がどれも強い数字となってくれれば、傾きかけた流れも再び強い方向へと戻っていく期待もあるんじゃないのか。」

K「どうだろうな。今週の経済指標だけ良くても再び楽観的な状況になるとは考えにくいけどな。ただ売り込む材料はやや乏しくなるのは確かだが・・・。結局、最近軟調気味になってきたのは、弱い経済指標だけが懸念だった訳じゃない。」

H「まあ確かにそうだな。」

K「米国市場の上昇を好感して日本株も買われたんだが、為替の影響も大きいと言えるだろう。昨晩の海外市場では円安へと進行していたからな。」

H「そうだな。昨日はユーロが強かった。ドルは対ユーロで売られており、その影響でドルベースの原油や金先物が買われていた。最近弱かったユーロ円も強く反発しており円安へ振れている。ドル円も円安に振れていたのが大きい。」

K「それにより輸出株に買い戻しの動きが入ったからな。あとは7203トヨタだな。今日は8日ぶりに反発している。同社の株価の下落が市場心理を冷やしていた面もあるだけに、今日の同社株の大幅反発は安心感に繋がった。」

H「確かにそれはあるだろうな。昨日同社はリコール対応策を発表しており、それがアク抜けに繋がったようだな。」

K「そうだな。生産停止している北米工場も来週にも再開するとの事だし、取りあえず不透明感が拭えたことが買い戻しや押し目買いに繋がったんだろう。ただこのまま戻していけるとは考えにくいけどな。あとは明後日の決算発表に注目か・・・。」

H「このリコール問題により今後同社の車の販売数が大きく落ちるようだと調整は長引きそうだけどな。」

K「まあ、取りあえず同社株上げずとも下げ止まっていれば市場に与える影響は限定的だからな。大人しくして欲しいモンだが・・・。」

H「ああ。ところで今日、オーストラリアが政策金利を据え置いた。10月にサプライズ的な利上げを行ってから3回連続で利上げを実施してきた。今回も利上げされるとの見方だったが、サプライズ的に据え置いた。」

K「ああ。今日の昼過ぎに決まったんだが、市場への悪影響が懸念されたものの影響は限定的だった。声明では景気に対しては強気な見方を継続したことが良かったと言える。」

H「そうだよな。真っ先に利上げをしてきたオーストラリアが早くも景気失速となるような懸念が浮上すると、世界的にリスクマネーが手仕舞いに動く懸念に繋がるからな。」

K「ああ。今回の利上げ見送りも、一時的な様子見で、利上げ基調には変わりないと市場は受け止めたようだ。ただ今晩の米国市場ではどう受け止めるかは何とも言えない。」

H「ただ今晩の米国市場では、そんなことよりボルカー元FRB議長の議会証言が注目だろ。」

K「確かに、豪州の利上げ見送りなどより、市場の関心は既にそっちへ向かっていると言えるかもな。彼が提案したと言われている新金融規制案について証言を行うだけに、非常に注目されている。」

H「最近の相場の重しとなっている大きな要因の一つだけに、今晩の彼の証言次第ではマーケットに大きな影響を与える可能性もあるからな。」

K「ああ。良くも悪くもな・・。昨晩の米国市場が大きく上げた要因の一つに、ボルカー氏の証言を前に売り方が買い戻してきたと言うこともある。証言次第では再度売り込みに来る可能性もあるし、逆に安心感から派手に買われるという可能性もあるだろう。」

H「結局、目新しい事など何も出てこないようにも終えるが・・。」

K「確かに。既に廃案になるとか大きく変更されることになるという見通しが報じられているものの、実際にそうなる可能性が濃厚になるのはまだ先だろうな。取りあえず今晩の米国市場がどういう結果で返ってくるのか注目だな。」

H「そうだな。波乱無く返ってきて欲しいモンだな。」
2010.2.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。