(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.29【反落、日経平均は10200円割れ】

2010/01/29 11:13|未分類CM:0
ハイテクの決算が良くなかったからとか
アメリカ使えねえ

昨日。持ち越したかった銘柄が決算ばっかりだったんで
あんまり持ち越せなかったから助かった
と思ったが
日本電産、ニフコ、富士電機、CA
欲しかったけど決算だから買わなかった銘柄全部GU
逆に持ち越した銘柄は当然のようにアメリカに引きずられてGD
みらかHD捨て
三井住友買い増して速攻利確
大日本スクリーン買い下がって前場引け間際利確

場中10200割れるかなという所まで下がったんで
予定通り10200手前から買ってみたら
割れずに上昇で利確

後場
一体何がやりたいんだか
GUから延々右斜め下
金曜だし途中からこの展開は見え見え
デイトレして
引けで買って終了


[株式オープニングコメント]
10400円レベルが今日の転換ポイント
 28日のNY市場は下落。ダウ平均は115.70ドル安の10120.46、ナスダックは42.41
ポイント安の2179.00で取引を終了した。クアルコムなどハイテク大手の冴えない決
算のほか、ギリシャなど欧州の信用不安などが嫌気された。ただ、米上院議会でバー
ナンキFRB議長の再任決議が行われ、再任が承認されたことから引けにかけて下げ幅
をやや縮小する展開となった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や銀行が
上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器や半導体・同製造装置が軟調。シカゴ
225先物清算値はドル建てが大証比100円安の10320円、円建ては同130円安の10290
円。ADRの日本株は京セラが堅調な他は、ブリヂストン、コマツ、パナソニック、
ソニー、トヨタ、ホンダ、キヤノン、三井住友、オリックスなど対東証比較(1ドル
89.91円換算)で全般軟調。
 NY市場での半導体セクターの下落の流れ、トヨタのリコール問題、円相場の不安
定な動きなどから、指数インパクトの大きい輸出関連の軟調な展開が想定されるた
め、日経平均は5日線やボリンジャーバンドのマイナス1σといった10400円レベルの
テクニカルポイントに上値を抑えられる形状となりそうだ。週末要因、月末要因から
の手掛け難さもあり、マイナス2σが位置する10200円との狭いレンジ取引の可能性が
高く、様子見ムードにもつながりやすい。ただ、京セラがADRで東証比200円近い
上昇をみせているなど、ハイテクでも決算評価の動きはみられている。また、トヨタ
についてもホンダなどへのリバランスにつながるほか、今回の問題は海外部品でもあ
り、品質の高い国内部品メーカーへの需要増加期待につながれば市場の物色意欲の高
さが確認されることになろう。
 物色としては全般こう着となるようだと、決算などを手掛かりとして個別物色に向
かいやすい。また、高速鉄道、スマートグリッドなどのテーマ銘柄での短期的な値幅
取り狙いの流れが中心となりそうだ。一方で、海外勢による出遅れ修正狙いの動きは
継続している状況である。下への警戒が強いためポジションもショートに傾きやすい
面などを考慮すると、日経平均が10400円レベルを確実に上放れしてくるようなら
ば、25日線が位置する10600円レベルへのトレンドを強めてくる可能性はある。10600
円クリアとなれば、月足で24ヶ月線を突破することになる。
(村瀬智一)


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.01%下落)
・LMEニッケル先物、反発
・日経平均、5日ぶり反発
・東証REIT指数、4日ぶり反発
・1月第3週の外国人、9週連続買い越し

弱気材料
・NYダウ、ハイテク株主導で大幅反落
・米SOX指数、大幅反落
・NY金相場、2日続落
・欧州株、続落
・DRAMスポット、3日続落
・バルチック海運指数、大幅続落
・長期金利、3日ぶり反発(10年債利回り0.005%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(89円91銭-93銭)
・NY原油先物、3日続落(1バレル=73.64ドル)
・バーナンキ米FRB議長、上院が再任承認
・法務省、殺人の時効撤廃提示
・決算発表、きょうピーク
・12月の失業率
・12月の有効求人倍率
・12月の家計調査
・12月の消費者物価指数
・12月の鉱工業生産
・日銀金融政策決定会合議事要旨
・12月の自動車生産
・12月の建設工事受注
・12月の住宅着工戸数
・決算---東芝、三菱商、みずほFG、大和証、海運大手各社
・インド中銀金融政策決定会合
・12月のユーロ圏失業率
・1月のユーロ圏消費者物価指数
・10-12月期米GDP速報値
・1月の米シカゴ購買部協会景気指数
・海外決算---サムスン電子


[サポート&レジスタンス]
終値           10414
5日移動平均       10419
標準偏差+2σ      11041
25日移動平均      10631
転換線          10574
レジスタンス(2)    10557
基準線          10505
レジスタンス(1)    10486
ピボット         10391
サポート(1)      10320
サポート(2)      10226
標準偏差-2σ      10221
100日移動平均     10173
200日移動平均      9894
先行スパンA        9858
先行スパンB        9737

[ランチタイムコメント]
トヨタ、海運株の動きに注目
 日経平均は下落。162.13円安の10252.16円(出来高概算10億7000万株)で前場の取
引を終えている。ハイテク大手の冴えない決算やギリシャ国債格下げを嫌気したNY
市場の流れを受け、売り優勢のスタートとなった。寄り付き段階で昨日の反発分をほ
ぼ帳消しにした格好となり、その後もじりじりと下げ幅を広げ、前場半ばには一時
10214.32円と直近安値を下回る場面をみせている。ただ、10200円処での底堅さも意
識されるなか、前引けにかけてトヨタが切り返しをみせたことでショートカバーの動
きにつながった。東証1部の騰落銘柄は、値上り344に対して値下がり1190、変わらず
132と、値下がりが全体の7割を占めている。セクターでは非鉄金属のみがプラスであ
るが、トヨタの戻りによって輸送用機器が大きく下げ幅を縮めている。下落トップは
海運。個別では京セラ、オムロンなど決算内容を評価した物色も目立ち、決算発表が
本格化するなかで、業績相場の様相を強めている。
 トヨタの前引けにかけての出直り基調によって、注目度が高まることになりそう
だ。また、調整の目立っている海運についても、ランチタイムで決算が伝えられてい
る。川崎船は今期最終赤字が790億円から700億円に縮小、商船三井は20億円の黒字予
想から50億円に修正しており、見直しの流れに向うかが注目されよう。日経平均は
10200円処での底堅さが目立つほか、上値追いはないものの、海外勢による買いが継
続している銘柄なども観測されている。トヨタなどの底堅い動きが目立ってくるよう
だと、ショートカバーを交えた反転の可能性はあるとみておきたい。月足ベースでの
24ヶ月線突破は厳しいであろうが、ボリンジャーバンドのマイナス1σレベルの10400
円辺りは可能であろう。

[クロージング]
反落、日経平均は10200円割れ
1月29日の日経平均株価は反落。序盤から米国株安や1ドル=90円割れの円高水準を嫌
気した売りが優勢となった。売り一巡後は、週足上の一目均衡表の雲上限や26週移動
平均線などを意識した自律反発狙いの買いや、月末のドレッシング買いを期待したシ
ョートカバーなどから下げ渋る場面もあった。ただ、外部環境の行方や国内四半期決
算の内容を見極めたいとする模様眺めムードが強く、大引けにかけてはポジション調
整売りに押された。大引け概算の日経平均株価は前日比216.25円安の10198.04円。東
証1部市場の売買高は22億5850万株、売買代金は1兆6266.25億円。騰落銘柄数は値上
がり256、値下がり1349、変わらず77。業種別は33業種中、非鉄金属のみが値上が
り。その他32業種は保険業、精密機器、不動産業、電気機器などを中心に値下がりし
た。個別ではマツダ<7261>、富士電HD<6504>、日電産<6594>などが上昇。一方、ア
ドテスト<6857>、エルピーダ<6665>、キヤノン<7751>、日立建<6305>、任天堂<7974>
などが下落。
日経平均10198.04 -216.25
TOPIX901.12 -13.20
東証2部指数2093.89 -3.09
日経ジャスダック平均1210.82 -1.79
マザーズ指数412.66 -2.60
ヘラクレス指数569.92 -7.09
東証1部出来高22.58億株
東証1部騰落レシオ94.23%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅安。クアルコムやモトローラの決算悪くハイテク株が総じ
て軟調。また経済指標の悪さも嫌気され、ダウは一時180ドル安となる場面も見ら
れた。その後はバーナンキFRB議長再任が可決されたことなどから下げ縮小するも
大幅安水準。為替も円高進行しており、日経平均大幅安で始まる展開。寄り後も
手仕舞い売り優勢で下げ幅を拡大。後場にかけやや戻す展開となるものの、その
後は再び売り込まれ結局日経平均大幅安の安値引け。主力株中心に海外勢の売り
出ている模様。日経先物の主な買い越し証券はカブコム、JPモルガン、トレイダ
ーズ、モルガンS、野村、松井、BNPパリバ、ゴールドマン。売り越しはニューエ
ッジ、大和、フォルティス、楽天、クレディスイス、UBS、バークレイズ、メリ
ルなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7203トヨタ自動車 3490円 -70
昨日、同社は中国でも米国と同じ不具合でリコールを実施すると発表。今後成長
が期待できる中国市場でのリコールは懸念との見方も多いようで今日も売り優勢
で始まる展開。ただ連日派手に下げてきているだけに、買い戻しや押し目買いも
入り下げ渋る場面も見られた。先行き不透明強いものの、個人投資家など押し目
買い意欲も強いようだ。一方、7201日産自動車はこんな地合の中でもしっかりと
買われプラスで引けている。海外勢がトヨタを売って日産を買っているとの声も
あるようだ。

6665エルピーダメモリ 1601円 -158
大幅安。昨日同社は3Q決算を発表。3Qだけで見れば過去最高益となっており好決
算。しかしながら既に半導体の市況改善により好決算が期待されていたこともあ
り出尽くしの動き。押し目買いも入ったようだが、地合の影響もあって更に下げ
拡大する動きとなり、押し目を買った向きの投げも出て来た様子。ここもヘッジ
ファンドなどの海外勢による売りが結構出ているようだと・・・。上値のシコリ
も多く残っていると思われ、暫くは下値模索の展開になるのではと見る向き多い。
下げ止まり確認できないと押し目買いも入れにくいと・・・。

8574プロミス 836円 -68
大幅安。昨日決算と大規模なリストラ策などを発表。いずれも既に報じられてい
たこともあり、目新しさはないものの、朝方は多少買われたものの、その後は手
仕舞い売りが優勢の展開。事前にリストラ策などを好感して先回り買いしていた
向き多いようだ。またシティGが決算やリストラ策に織り込み済みの内容である
ことから格下げしていることも嫌気されているようだ。他のサラ金株も総じて
軟調。

4751サイバーエージェント 158000円 -1800
軟調。昨日同社は1Q決算を発表。前年同期比大幅増益となっており、市場コン
センサスも上回っている。ブログ事業の黒字幅も拡大しており、好決算だと評
価する声も多いようだ。これにより朝方はしっかりと買われていたものの、買
い一巡後は手仕舞い売りに押されて上げ幅を縮小。後場にはマイナス圏まで売
り込まれている。好決算ながらも地合の影響により手仕舞い動きが強まった様
子。更に下げれば買ってくる向き多いと言えるものの、この地合では上値を追
っていくのは難しそうだとの声も・・・。

4766ピーエイ 103円 +30
ストップ高。昨日同社は新株予約権を発行すると発表。引受先が光通信と、
eまちタウンということから思惑が生じている模様。もともと取引関係があっ
たものの、これにより取引関係が強固となり、両社から安定した受注が見込
めるとの期待があるようだ。超低位株なことから個人投資家中心に短期資金
集まった様子。仕手性もあるだけに、物色続くと面白いと期待する市場筋も・・。

===============
◆◇2/1(月)の主な予定!◇◆
===============
1月自動車販売(14:15)
DeNA、味の素、保土谷、マルハニチロ、横浜ゴム、コスモ石油。住生活G、
ケーズHD、ダイハツ、ブラザー、三井金属、日本製紙、塩野義製薬など決算発表
中国1月製造業購買担当者景気指数(PMI)(10:00)
米12月個人所得・個人支出(22:30)
米1月ISM製造業景気指数(2日 0:00)
米予算教書が発表される見通し
エクソンモービルなど決算発表>
[動いた株・出来た株]

*内田洋行<8057> 261 +17
特に買い材料は見出せず、周辺銘柄動意なく需給面主導とみられるが。

*インプレス<9479> 206 +8
週末・月末要因から短期資金の手仕舞い売り圧力も強まるか。

*FCC<7296> 1786 +58
自動車部品株には決算発表控え期待感高まりやすく。

*トプコン<7732> 465 -32
引け後に決算発表予定、警戒感が先行する格好へ。

*日立建機<6305> 1906 -128
引き続き、想定下ブレの第3四半期決算を嫌気で。

*明電舎<6508> 403 -26
場中に決算発表、10-12月期も営業赤字継続。

*カプコン<9697> 1494 -95
任天堂の決算後の株価下落もマイナスイメージか。

*ケネディクス<4321> 27970 -1730
株価下落続くなか、週末要因なども加わって手仕舞い圧力一段と。

*プレス工<7246> 165 -10
建設機械株の下落に警戒感波及か。

*ニフティ<3828> 71800 +9800
一昨日には収益予想の上方修正を発表していたが。

*東邦金属<5781> 80 +4
前日に決算発表、通期予想上方修正で最終損益トントンへ。

*住友林業<1911> 662 -34
場中に決算発表、通期最終利益は25億円予想から10億円に減額。



(前場)
*富士通ゼネ<6755> 333 +25
前日に決算発表、通期経常益は64億円から71億円に増額。

*日本ゼオン<4205> 453 +34
場中に上方修正発表、営業益は40億円から60億円に。

*日本電産トーソク<7728> 1193 +76
通期営業利益は23.7億円から26億円に上方修正。

*トーメンエレ<7558> 1010 +64
通期営業利益は14億円から29億円にまで大幅な上方修正。

*ステラケミファ<4109> 4765 +285
前日の決算内容を好感、通期営業益は13.9億円から25.1億円に。

*富士電機HLDG<6504> 176 +10
今期営業損益は120億円の赤字予想からトントンまで上方修正へ。

*ツガミ<6101> 339 +19
前引けの決算発表を控えて改めて期待感高める動きに。

*ニフコ<7988> 2013 +111
通期営業利益は50億円から78億円にまで上方修正している。

*日立ハイテク<8036> 1890 +104
ハイテク株では逆行高、JPMでも目標株価を引き上げへ。

*東海ゴム工業<5191> 1057 +57
引き続き昨日発表の大幅上方修正評価の動き。

*ワコム<6727> 155000 +8000
下方修正受けて前日には急落も成長性期待から押し目買いも。

*エクセディ<7278> 1978 +96
昨日発表の好決算を評価、通期営業利益は50億円から90億円に引き上げ。

*三櫻工業<6584> 586 +28
通期営業利益は33億円から45億円にまで上方修正している。

*東光<6801> 128 +6
値頃感の強さなど妙味に短期資金物色、前日の電子部品株の賑わいなども波及か。

*有沢製作所<5208> 603 +27
前日の決算発表を受けて当面のアク抜け感も強まる形へ。

*東亜合成<4045> 348 +15
通期営業利益は94億円から111億円にまで上方修正と発表。

*マツダ<7261> 244 +10
フォードの決算内容なども材料視される展開か。

*フォスター電機<6794> 2744 +94
みずほでは目標株価を4700円から5000円に引き上げ。

*不二家<2211> 181 +6
もみ合いも上放れの兆しで需給妙味に関心も。

*住友電気工業<5802> 1184 +39
系列の東海ゴムの大幅上方修正が材料視される形に。

*住友信託銀行<8403> 511 +16
昨日発表の決算内容を好感、第3四半期で純利益は通期計画超過へ。

*大同特殊鋼<5471> 326 +10
山陽特殊鋼の下方修正受けて前日には空売り増加か。

*THK<6481> 1800 +47
シティでは投資評価を新規に「1M」、2000円目標とする。

*積水化学<4204> 611 +15
前日の決算受けバークレイズは目標株価を730円に引き上げ。

*ヤフー<4689> 34550 +750
サイバーAGの好決算なども刺激材料につながる格好か。

*シチズン<7762> 599 +13
JPMでは目標株価を600円から850円に引き上げ。

*ニトリ<9843> 6810 +140
円高メリット銘柄として消去法的な物色にも。

*アドバンテスト<6857> 2294 -216
10-12月期は前四半期比増収ながら赤字幅拡大で失望感も。

*武富士<8564> 430 -31
プロミスの決算発表後の株価下落などもマイナス視へ。

*エルピーダ<6665> 1643 -116
昨日第3四半期決算発表も目先の出尽くし感に、半導体株安に押される。

*東芝テック<6588> 334 -22
本日の後場に決算発表予定で警戒感も。

*プロミス<8574> 854 -50
昨日の決算発表を受けシティでは投資評価を格下げへ。

*ジャフコ<8595> 2226 -112
株式市場上昇で前日急反発も、本日は市況軟化で。

*SUMCO<3436> 1590 -77
シティでは来期業績下方修正として目標株価引き下げ。

*日新電機<6641> 463 -20
昨日決算発表、10-12月期の収益回復は想定以下との見方か。

*みずほFG<8411> 177 -1
本日の決算発表なども警戒要因とされる格好か。

*日立製作所<6501> 315 -2
ハイテク株安のなかで、利食い売りも先行の格好に。

*新日本製鉄<5401> 329 -5
想定外の下方修正嫌気の動き継続、シティでは投資評価格下げ。

*東芝<6502> 499 -13
米国半導体株の下落を受けて戻り売り集まる格好に。

*パイオニア<6773> 346 -13
急ピッチの上昇の反動、週末要因から短期資金の利食いも。

*日産自動車<7201> 745 +13
トヨタの中国リコール受けて、同地域での需要シフト期待も。

*トヨタ自動車<7203> 3560 0
中国でもリコールなどと伝わるが、自律反発狙いの動きも。

*野村HLDG<8604> 685 -6
日経平均大幅反落など株式市況の下落を受けて。

*日本郵船<9101> 312 -8
バルチック指数は約5%の下落となっており。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 277 +6
予想以上の足元の好決算を引き続き評価の動きが先行で。

*三井住友FG<8316> 2939 -36
MSCIリバランスなども一巡で需給妙味は後退とも。

*小松製作所<6301> 1830 +3
昨日発表の決算は想定どおりとなり、過度な警戒感後退へ。

*三菱商事<8058> 2193 -11
資源価格の先行き懸念など映す格好にも。

*京セラ<6971> 8360 +150
昨日発表した決算はコンセンサス上ぶれ、UBSでは「バイ」格上げ。

*日清HD<2897> 2985 +51
シティでは「2H」から「1H」に格上げ、3600円目標に。

*資生堂<4911> 1898 +14
野村では投資判断を「1」に格上げ、2400円目標に設定。

*さいか屋<8254> 90 +22
来週初には事業再生ADRに関する債権者会議も予定で。

*オムロン<6645> 1818 +120
通期最終損益は一転して黒字見通しまで上方修正へ。

*村田製<6981> 5040 +60
本日決算発表予定だが、期待感優勢の動きにも。

*日本電産<6594> 8890 +220
昨日発表した好決算素直に評価の動き、子会社群の上方修正も相次ぎ。

*任天堂<7974> 25920 -400
昨日決算発表、Wiiの販売好調で期待感先行した分の反動も。

*フルヤ金属<7826> 10150 +900
上期営業利益を8.6億円から19.7億円に上方修正。

*明豊エンター<8927> 186 +14
環境コンサル事業の開始を材料視と。

*ニューフレア<6256> 86400 +4900
今期営業利益を3億円から4.5億円に上方修正。

*JCOM<4817> 89000 +1500
野村では目標株価を115000円から120000円に引き上げ

*ピーエイ<4766> 103カ +30
光通信とeまちに新株予約権を発行と。

*トレファク<3093> 192000 +6700
1:200の株式分割発表が好材料視される。

*サイバーエージ<4751> 162100 +2300
前日に第1四半期決算、想定以上の好業績評価の動きへ。

*ベクター<2656> 139700 +19400
好決算並びに復配、株式分割、DeNAへのゲーム提供を材料に人気継続。

*アズジェント<4288> 63000 -6500
10-12月期はやや収益水準も低下の格好に。

*エリアリンク<8914> 4530 -270
前日は上方修正発表も配当は無配継続としており。

*DDS<3782> 8800 -460
第三者割当増資中止発表で先行き不透明感も強まり。

*ハドソン<4822> 376 -68
今期営業利益を33億円から10億円に下方修正。
1月29日(金)

H「週末の日経平均は大幅な下落となった。昨日の強さが嘘のような弱さであり、結局昨日の上げを全て吐き出し今年の安値を更新して引けている。」

K「ああ。昨晩の米国市場が派手に下げたからな。それに為替も再び1ドル90円割れまで円高進んで返ってきていた。」

H「昨日の日本市場の派手な上昇は米国市場がある程度上昇するという期待も込んでいただけに、米株安は裏切られた格好だからな。下げるのも仕方ない。」

K「そうだな。まあ昨日の上昇を考慮しなければ今日の下げも大した事は無いとは言えるが、先行き懸念は強まったとは言えそうだ。」

H「そうだな。昨日も押し目買い結構入っていただろうし、今日の下落でシコリもかなり作ってしまった状況だからな。」

K「昨日は三井住友FGの公募株を利食いした個人投資家が輸出株などを買い向かっているのは明らかだからな。特にトヨタあたり結構買っている向き多そうだ。」

H「だろうな。先週の投資主体別売買動向を見ると、個人投資家が久しぶりの買い越しとなっていた。先週と言えば日経平均は25日移動平均線まで押した週だよな。まあ確かに押し目買いのポイントだとは言えるんだが・・。」

K「ただ日経平均は12/3に25日線超えてきてから、一度たりとも25日線まで押していない。先週末初めてそこまで押した事になる。このように押し目らしい押し目作らず上げてきたときは、押し目らしい押し目作ったときには相場は終わっていることが多い。今回はまさにそう言う状況になったと言えるだろう。」

H「そうだな。今週も個人投資家は押し目を買っている状況だと思うが、この辺で下げ止まってくれれば良いんだが・・・。」

K「取りあえず1万円程度までは押し目買い入れてくる向きは多いだろうな。ただそれを割り込んでくるようだと信用の評価損益率からみても投げが出始めるだろうな。」

H「何となくそこが買い場になりそうな気もするが・・・。」

K「とにかく今は海外勢の買いが衰えてきており、今週はどうやら売り越していると思われ、暫く海外勢の買い期待できないと考えれば厳しいかもな。」

H「他に買い手がどの程度出てくるかだろう。個人投資家の他に・・。」

K「ヘッジファンドあたりも手仕舞いに動いている様子だからな。まあ期待あるとすれば海外勢でも長期資金だろうけどな。」

H「しかし長期資金は年明けから懸命に買ってきたが、ここに来て買いもまともに見られていない。それだけに取りあえず予定数は買ってしまったのではと言う気もするが・・。」

K「まあ新たな買い手が出てくることに期待するか、あとは国内勢が買ってくるかだろうな。ただ基本的に国内勢はまだまだ売り基調が続くと思われる。期待あるとすれば公的年金買いだ。」

H「いずれにしろ米国市場がある程度はしっかりとしないと厳しそうだ。」

K「昨晩の米国市場は一部ハイテク企業の決算を嫌気されたり、耐久財受注や先週分の新規失業保険申請件数が嫌気された。最近はどうも経済指標の弱さが目立っているため、先行き懸念も強いと言える。景気回復一服どころか、再び景気悪化になっていくのではという警戒が出てくるようだとやっかいだろうな。」

H「いわゆる景気の二番底懸念か・・・。」

K「ああ。米国でそう言う懸念浮上するようだと、日本だってそう言う懸念は当然出てくる。ただ基本的にはそのような懸念が出てくる可能性は低そうだけどな。」

H「つまり景気は再び後退していくことはないと・・。」

K「景気回復感に一服感が出ているだけだろ。昨年の1-3月期からみれば、随分と急速に回復してきたんだ。ここいらで一服感出てくるのもある意味当然だろう。問題はその一服がいつまで続くかどうかだろう。」

H「そうだな。ただ懸念もあるだろ。やはり中国などの新興国経済頼みとなるだけに、過度な金融引き締めは景気の腰折れになる恐れもあるからな。今日はインドが預金準備率を引き上げてきた。想定以上の引き上げで警戒する声もあったようだ。」

K「まあ今日、日本株が後場一段安した要因の一つだとも言われているからな。ただ、裏を返せばそれだけ景気回復が新興国は鮮明になっていると言うことだろう。」

H「もちろんそうなんだろうけど、欧州ではギリシャの信用不安などもまだくすぶっている状況だけに、金融不安に繋がるような悪材料が出て来てしまうと、新興国経済も腰折れとなってしまう恐れもあるんじゃないのか。」

K「もちろんそうだが、警戒したらきりがない。取りあえずは今回の調整局面がいつまで続くかどうかの見極めが大事だろうな。」

H「取りあえず日本株にとっては為替の影響が大きいだけに、あまり円高へは進まないで欲しいけどな。」

K「そうだな。まあ夕方には再び円安基調に戻ってきているし、取りあえずは落ち着きそうだけどな。まあ今晩の米国市場では10-12月期GDP発表がある。強い数字となる見通しだけに、取りあえず米国市場も反発して欲しいモンだ。」

H「ああ。そうだな。期待したモンだ。」
2010.1.29先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。