(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.27【物色の跛行を強める形での水準訂正は続く】

2010/01/27 11:05|未分類CM:3
昨日ダウ先100ドルくらい下げてたんだから
変わらずで返ってきたら
100円くらい上から始まれよ

また昨日と同じで変わらずで戻ってきてやりづらい
持ち越しの三井住友を利確して
あとはデイトレねーでちょこっと利益追加
そのあとは株価監視員

後場
まったくのノーポジ、ノートレード
持ち越すなら銀行かと思ったけど
明日は公募株が出てくるんで
今日だけはヌルー
三井住友FG引け間際のワープはすごかった
思わず反射的に注文しようかと思ったけど
間に合うはずもなくザラ場引け


[株式オープニングコメント]
出遅れ修正を狙った個別物色は継続
 26日のNY市場は下落。ダウ平均は2.57ドル安の10194.29、ナスダックは7.07ポイ
ント安の2203.73で取引を終了した。1月の消費者信頼感指数が事前予想を上回ったこ
とを受けて堅調推移となったが、引けにかけて金融や通信セクターを中心に下げに転
じている。セクター別では、小売りや消費者サービスが上昇する一方で銀行や各種金
融が軟調。シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比30円高の10370円、円建ては同
10円安の10330円。ADRの日本株は日電産、シャープ、オリンパス、任天堂、三井
住友、オリックスなど対東証比較(1ドル89.67円換算)で全般小安い。
 NY市場は依然として金融規制強化を背景とした売りが継続しているほか、中国の
金融引き締め策など外部環境の不透明感を受けて、動きづらい相場展開となりそう
だ。円相場は1ドル89円台半ばで推移していることもあり、10ー12月期決算で好調が
確認されたとしても、積極的には評価しづらいところもあろう。ただ、NY市場は中
国の引き締めを嫌気した昨日の日本株と比べれば、底堅さが意識されている。225先
物のイブニングは10260円まで下げていたこともあり、いったんはリバウンドをみせ
てくる可能性はありそうだ。
 また、昨日は後場にマドを空ける形での下げとなったことで短期筋の見切売りが加
速した結果、直近で強い値動きをみせていたテーマ株の一角には、反動を通り越した
下げに見舞われた銘柄もあった。過剰に売り込まれた銘柄へは押し目狙いの動きのほ
か、海外勢による継続的な買いが観測されている低PBR銘柄などには、買いが入りや
すいとみられる。中国市場の動向のほか、オバマ大統領の一般教書演説なども控えて
いるため、外部要因に振らされやすい中、出遅れ修正を狙った個別物色に向かいそう
だ。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY金相場、2日続伸
・NY債券市場、3日ぶり反発(10年債利回り0.01%下落)
・欧州株、反発
・LMEニッケル先物、3日ぶり反発
・長期金利、反落(10年債利回り0.015%下落)
・トヨタの10年世界販売台数計画、3年ぶりプラス

弱気材料
・NYドル円相場、円高反転(89円66銭-68銭)
・NYダウ、小幅反落
・米SOX指数、反落
・バルチック海運指数、4日ぶり反落
・DRAMスポット、下落
・日経平均、3日続落
・東証REIT指数、2日続落
・国債見通し、米S&Pが格下げ

留意事項
・NY原油先物、反落(1バレル=74.71ドル)
・信用買い残、2週連続増加
・西武有楽町店、年内閉鎖へ
・12月の貿易統計
・1月の日銀金融経済月報
・決算---ヤフー、日立建、キヤノン
・世界経済フォーラム年次総会(ダボス、~31日)
・12月の米新築住宅販売
・オバマ米大統領による一般教書演説
・米FOMC(26~27日)
・米国決算---キャタピラー、ボーイング


[サポート&レジスタンス]
終値           10325
5日移動平均       10607
標準偏差+2σ      11075
転換線          10654
レジスタンス(2)    10647
25日移動平均      10617
基準線          10505
レジスタンス(1)    10486
ピボット         10406
サポート(1)      10245
100日移動平均     10177
サポート(2)      10164
標準偏差-2σ      10159
200日移動平均      9876
先行スパンA        9839
先行スパンB        9737

[ランチタイムコメント]
跛行を強める形での水準訂正は続く
 日経平均は小幅上昇。30.34円高の10355.62円(出来高概算8億7000万株)で前場の
取引を終えている。26日のNY市場は小幅下落と、中国の引き締めを嫌気した昨日の
日本株と比べれば底堅さが意識されていたこともあり、過剰に売り込まれた銘柄へは
押し目狙いの動きもみられている。ただ、三井住友の増資に伴うリバランスが行われ
ることもあり、先物や他の指数構成銘柄への売りが警戒されているため、戻りは鈍
い。リコールの影響から米国での一部販売中止が伝えられているトヨタの下げも嫌
気。また、北朝鮮が韓国との禁止区域に向けて砲撃を行ったとの報道もあり、地政学
リスクに対する警戒も強まった。とは言え、医薬品、電力・ガス、陸運、食品などの
内需系などがしっかりであり、これが指数を下支えする格好から、日経平均はこう着
ながらもプラスレンジを維持している。東証1部の騰落銘柄は、値上り741に対して値
下がり757、変わらず180と、高安まちまち。

 内需系セクターの堅調さが目立つが、ディフェンシブ志向となると相場全体の強い
方向性は出にくい面もある。三井住友の増資に伴うリバランスが行われることから、
戻り売りが警戒されている状況でもあり、地政学リスクなどが強まる場面では売りが
出やすくなる。日経平均は前日安値水準でのこう着であるが、このレベルはボリンジ
ャーバンドのマイナス1σ(10400円レベル)とマイナス2σ(10200円レベル)での範
囲であり、10400円辺りを超えないと、リバウンド機運は高まりづらいところでもあ
る。ただ、騰落銘柄の状況をみても高安まちまちであり、方向感が掴みづらいところ
であるが、海外勢による買いが継続しているとみられる銘柄もあるということであ
る。昨日の売られ過ぎの修正も個別ではみられており、10200円レベルまでの調整を
意識しつつも、個別では出遅れ修正狙いの低PBR銘柄などの押し目買い姿勢を続けた
いところ。外部要因に振らされる可能性はあるが、跛行を強める形での水準訂正は続
くとみておきたい。

[クロージング]
物色の跛行を強める形での水準訂正は続く
 日経平均は4日続落。73.20円安の10252.08円(出来高概算19億株)で取引を終え
た。本日も後場に入り弱含む展開となっており、様子見姿勢が強まっている。騰落銘
柄は前引け段階では高安まちまちだったが、大引けでは値上り322に対して値下がり
1244、変わらず115と、値下がりが全体の7割を占めている。三井住友の増資に伴うリ
バランスによって、先物や他の指数構成銘柄への売りが警戒されていたため積極的な
トレードを控える向きが大勢。さらに円相場が1ドル89円割れが意識されてきたこと
で、売り仕掛けやすい環境でもあったとみられる。また、オバマ米大統領の一般教書
演説を控えていることも、参加しづらい要因となっている。そのため、海外勢による
買いが観測されている銘柄についても、今日のところは慌てて買う必要もなく、押し
目での買いにとどまっていたようである。
 日経平均は安値を切り下げたことにより、ボリンジャーバンドのマイナス1σ
(10400円レベル)とマイナス2σ(10200円レベル)での推移となり、マイナス2σを
うかがう形状となった。ここでボトムを形成することが期待されるが、バンド自体が
下向きに変わってしまうと、じり安基調が続く可能性も出てくる。まずはボトム形成
を見極める必要が出てきているため、米中金融政策、為替市場の動向を横目で睨みな
がらの神経質な相場展開を強めそうだ。ただ、相場全体が調整基調を強めたとして
も、けん引していた海外勢の資金が逆流を強めるというよりは、金融引き締めによる
新興国の調整意識から、出遅れ感のある日本株へのシフトにつながるとみている。外
部要因に振らされる可能性は強いが、物色の跛行を強める形での水準訂正は続くとみ
ておきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10252.08 -73.20
TOPIX907.67 -8.73
東証2部指数2093.08 -4.44
日経ジャスダック平均1211.41 -2.31
マザーズ指数416.76 -1.57
ヘラクレス指数573.44 +5.10
東証1部出来高19.03億株
東証1部騰落レシオ94.58%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に反落。好決算のアップルがしっかり買われた事や、消費
者信頼感指数が強かったことを好感し買われる展開となったものの、後半は徐々
に戻り売り圧力強まって結局主要指数はマイナスで引けている。ただ米国市場小
幅安にとどまったと言うこともあり日経平均は小高く始まる展開。しかし主力系
輸出株などに売られる銘柄も目立っており、日経平均は上値は追えず。前場中頃
には北朝鮮が砲弾を発射し、韓国軍も応戦と報じられると日経平均マイナスに転
じる場面も。しかしすぐに落ち着き戻していく。結局前場は日経平均小幅高で引
けた。後場は為替が円高へと進行しており売り優勢の展開に。先物などに断続的
に売りが出て結局日経平均は安値引けに。日経先物の主な買い越し証券はゴール
ドマン、野村、ドイツ、三菱UFJ、モルガンS、JPモルガン、SBI、大和。売り越
しはバークレイズ、クレディスイス、フォルティス、藍澤、ニューエッジ、BNP
パリバ、岡三、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7203トヨタ自動車 3705円 -165
大幅安。米国でのリコール対象車の販売を一時停止すると発表。既にリコールは
先日発表していたが、今回新たな販売も停止するとの事で、業績への悪影響を懸
念する売りが出ているようだ。対象車が8車種と多いことからも業績への影響は
避けられないとの見方強い様子。それでも前場は下げ渋りも見せていたものの、
後場円高へ更に進むと海外勢の売りが強まり一段安に・・。販売停止期間がどの
程度になるかも不透明だけに、取りあえず手仕舞いに動いた向きも多い様子。こ
の影響で今日は自動車部品関連株も総じて売られている。

5196鬼怒川ゴム 274円 +20
年初来高値を更新し高値引け。同社株も自動車部品関連株なのだが、逆行高とな
っている。先週同社は今期業績を大幅に上方修正しており、連結営業利益は過去
最高益を更新する見通し。一気に割安感強まったことから見直し買いが継続して
いるようだ。また低位株であり昔から仕手性も強い銘柄な事から短期資金も集ま
りやすく、強い展開を後押ししている。踏み上げ的な思惑も強まってきているだ
けに、取りあえず売り禁になるまで相場は続きそうだと見る向きも・・。

6769ザインエレクトロニクス 243500円 +8500
いわゆる3D関連株にしっかりの銘柄見られている。3D映画の「アバター」が興行
収入歴代一位となったと様々なマスコミやメディアで報じられており、刺激にな
っているようだ。以前から「アバター」の好調さは伝えられていたものの、歴代
一位となったことにより改めて3D映像の将来性に期待する向きも増えた様子。同
様に、5208有沢製作所、3846エイチアイも関連株としてしっかりの展開となって
いるようだ。

3382セブン&アイHD 1985円 +60
しっかり。昨日から今朝にかけ、同社傘下のそごう・西武の4店舗を年内にも閉鎖
すると報じられている。収益力改善に向け、不採算店舗の閉鎖に踏み切ったこと
を、市場は前向きに捉えているようだ。また今日は輸出株には売り優勢となって
いる銘柄多く、内需株へと買いが集まりやすかったことも追い風になったようだ。
基本的にはこのまま買いが継続的に入ってくる材料でもないと見る向き多く、市
場は収益力改善へ向け新たな策を求めていると・・。

4452花王 2255円 +107
大幅上昇。昨日同社は3Q決算を発表。前年同期比減収減益決算となったものの、
通期業績計画への進捗率が非常に高く上方修正期待も強まったようだ。またコス
ト削減などにより利益率が高まっていることも好感されている。業績の底入れが
鮮明との見方が強まったようで、複数の外資証券により同社の目標株価を引き上
げる動きが見られている。今日は決算好感の買いに加え、外部要因懸念強まって
いる地合状況だけに、内需株などには資金も向かいやすい面もあるようだ。

3236プロパスト 2460円 -700
ザラバ寄らずのストップ安。同社は昨日引け後に保有する販売物件20件が差し押
さえられたと発表。東京都への法人事業税などを滞納していたことが原因のよう
だ。同社は2009年11月末時点で債務超過状態であり、今回販売用物件を差し押さ
えられたことにより、物件売却が計画通りに行かない可能性強まったといえ、先
行き不透明感から売り殺到している。いずれにしろ資金調達が急務であり、今期
中に増資などの引受先が出てくるかどうかが鍵になりそうだと・・。

6798SMK 491円 -47
大幅安。昨日同社は3Q決算を発表。計画通りとも言える決算ながら、期待されて
いた向き多いだけに、失望売りを誘ったようだ。月次受注が非常に好調だったこ
とから、業績上ブレ期待も一部では出ていた模様。しかしながら、10-12月期利
益が期待したほど伸びておらず、通期計画への進捗率も高くない。タッチパネル
関連企業としての注目度もあっただけに、この決算では失望されるのも無理はな
いと・・。

===============
◆◇1/28(木)の主な予定!◇◆
===============
12月商業販売統計(8:50)
新日鐵、コマツ、京セラ、任天堂、サイバーA、アドバンテスト、エルピーダ、
コニカミノルタ、プロミス、資生堂、NEC、日本電産、富士通ゼネラル、日清食品HD、
田辺三菱、オムロンなど決算発表
ニュージーランド準備銀行金融政策決定会合(5:00)
米7年債入札(320億ドル)
米新規失業保険申請件数(22:30)
米12月耐久財受注(22:30)
マイクロソフト、アマゾンドットコム、ノキア、モトローラ、サンディスク、AT&T、
P&G、3Mなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*MonotaRO<3064> 1242 +131
前期営業益実績は下ブレも今期は大幅増益見通しで。

*エムスリー<2413> 299200 +9500
前日に決算発表、米国事業の順調な拡大など評価へ。

*ポイント<2685> 5210 +150
特に材料ないが、円高進行などで全般ディフェンシブシフトも。

*カブコム証券<8703> 88200 -6900
前日の引け後に決算発表、累計経常益は2割強の減益で。

*ユーシン<6985> 525 -41
自社株買い期待で先週一時急騰した反動、見切り売りが続く。

*東海理化<6995> 1904 -126
トヨタ株安なども加わって機関投資家の利益確定の動きか。

*蝶理<8014> 100 -6
通期予想上方修正も目先の出尽くし感が先行。

*関東自動車<7223> 750 -42
株価下落が信用買い方の処分売り誘う格好にも。

*船井電機<6839> 4525 -245
みずほでは投資判断を「アンダーP」に格下げへ。

*名村造船<7014> 494 +20
サノヤスの連日の急伸が刺激ともなる。




(前場)
*扶桑薬品工業<4538> 316 +38
がん治療用ワクチンに関し、大塚製薬と製造販売のサブライセンス契約を締結。

*オービック<4684> 17400 +1850
前日の第3四半期決算を受けて、野村では「2」から「1」に格上げ。

*アサックス<8772> 83200 +5700
通期最終損益は14.1億円から17.3億円に上方修正へ。

*ゼクス<8913> 1293 +88
株価急騰後の安値水準到達で自律反発狙いにも。

*花王<4452> 2290 +142
前日に第3四半期決算発表、10-12月期は営業増益となっており。

*新神戸電機<6934> 937 +53
JPMでは「オーバーW」格上げ、1100円目標としている。

*不二家<2211> 176 +9
山パンの増配発表も期待材料につながる。

*ツガミ<6101> 324 +15
好業績観測報道後の利食い売りも一巡感で押し目買いも。

*ベスト電器<8175> 252 +11
突っ込み警戒感から自律反発目指す動きにも。

*チタン工業<4098> 206 +8
一目均衡表の雲突破などテクニカル妙味はやす声も。

*ソネットエンタ<3789> 217200 +8400
前日に第3四半期決算発表、三菱UFJでは「2」判断継続。

*セブンアイ<3382> 1995 +70
西武有楽町店の年内閉鎖報道などリストラ策を評価へ。

*OBC<4733> 3990 +140
前日の取引時間中に発表した好決算が評価材料に。

*東光<6801> 119 +4
前日はきつい下げとなり自律反発狙いの動きに。

*NTTデータ<9613> 285900 +9600
前日にはCSがセクターレポートの中で取りあげている。

*クラリオン<6796> 122 +2
インドのタタが量産する「ナノ」向けにカーオーディオ供給拡大と。

*ヤフー<4689> 32200 +850
決算発表を控えて、依然として買い戻し優勢の展開が続く。

*鬼怒川ゴム<5196> 260 +6
改めて今期の大幅上方修正を買い材料視する動きに。

*SMK<6798> 495 -43
第3四半期決算内容を嫌気、10-12月期は収益水準落ち込み。

*オリジン電気<6513> 398 -34
短期過熱警戒感から利食い先行、アップル新製品発表会控え出尽くし懸念も。

*アルテック<9972> 319 -24
委託保証金率引き上げなどの取引規制強化が嫌気される状況へ。

*日本シイエムケイ<6958> 697 -45
高値期日も接近するなど信用残整理の動きにも。

*フタバ産業<7241> 828 -47
上値の重さ意識強まり利食い売りが集まる展開にも。

*DI<4310> 68900 -3700
第3四半期決算受けて前日に急騰した反動強まる。

*NOK<7240> 1307 -69
目先の買い戻し一巡感に伴い、戻り売り圧力に押される形。

*日本電気硝子<5214> 1218 -62
決算発表を控え、その後の出尽くし感を警戒する動きにも。

*きもと<7908> 837 -41
引き続き、タッチパネル関連として日本写真印刷の下方修正を警戒視。

*DeNA<2432> 510000 -24000
来週初の決算発表前に利食い売りの圧力も強まる方向へ。

*キヤノンMJ<8060> 1248 -58
前日に決算発表、今期収益見通しにはやや失望感も。

*カッパ・クリ<7421> 1851 -79
岡三の格下げをきっかけとした下落基調が続く。

*日新電機<6641> 469 -20
特に材料観測されないが、上値の重さからの見切り売りか。

*東ソー<4042> 236 -10
みずほでは投資判断を「アウトP」から「ニュートラル」に格下げ。

*レオパレス21<8848> 338 -14
高水準の信用買い残整理の動きが続く、直近ではフィデリティ投信保有比率低下も。

*山一電機<6941> 341 -14
前日には年初来高値更新で一旦達成感も生じる格好に。

*新日本科学<2395> 616 -23
前日は伸び悩み大陰線示現、踏み上げ狙いの動きに一巡感。

*アルパイン<6816> 1046 -39
野村の格上げを評価の動きにも一巡感強まり。

*日立製作所<6501> 308 +5
当面の主役銘柄へと期待感続く、前日の株価下落で押し目買いも。

*三菱UFJ<8306> 474 +2
三井住友FGの買い先行の動きなどが刺激ともなる。

*東芝<6502> 502 +8
米アップルの好決算などが見直し材料にもつながり。

*三井住友FG<8316> 2950 +40
本日の引け値基準でTOPIXリバランスの買い需要発生へ。

*日本郵船<9101> 317 -7
バルチック指数は4日ぶりの反落となっており。

*新日本製鉄<5401> 350 -5
米国USスチールは決算を嫌気で株価急落へ。

*トヨタ自動車<7203> 3795 -75
米でリコール8車種の生産を一時停止と伝わる。

*古河電気工業<5801> 420 -10
CSの目標株価引き上げなど観測も、前日は長い上ひげ残し。

*GSユアサ<6674> 592 -8
新神戸電機が格上げで上昇も連想感は波及せず。

*ソニー<6758> 2959 -41
三菱UFJでは目標株価5000円まで引き上げも反応薄。

*キヤノン<7751> 3635 -85
三菱UFJでは投資判断を「2」から「3」に格下げ。

*KDDI<9433> 491000 +8500
前日はJCOMへの出資嫌気で急落となっていたが。

*ソフトB<9984> 2321 +16
ウィルコムは会社更生法を活用で再建へと伝わっており。

*キヤノンソフト<9623> 530 +48
キヤノンMJが完全子会社化、株式交換比率にさや寄せ。

*サノヤス<7020> 374 +35
連日の人気化、値動きの軽さ妙味だがPER水準訂正余地大きいとも。

*堺化学<4078> 448 +29
特に材料は見当たらず、低PBR是正などでトレンド崩れず。

*森精機<6141> 944 +20
前日に第3四半期決算発表、目先の悪材料出尽くし感強まる。

*不二精機<6400> 112カ +30
前日から動意、仕掛け的な動きから低位株物色の流れが波及。

*エイチアイ<3846> 123900 +20900
アバター好調なども伝わり、3D関連として人気化継続。

*ユビキタス<3858> 44200 +3000
今期営業利益を2.6億円から4億円に上方修正。

*インフォコム<4348> 57000 +700
本日の決算発表を控えて先回り買いの動きにも。

*OTS<4564> 152200 +9600
今期経常利益を2.9億円から4.5億円に上方修正、「OTS102」の新合意も好感。

*ベクター<2656> 101900カ
第3四半期累計営業利益は前年同期比10.6倍に、復配と株式分割も好感。

*中小投資<2318> 169 +13
約2億円の投資有価証券売却益発生と発表で。

*大証<8697> 506000 +12500
好決算の発表を受けて買い戻しが活発化。

*プロパスト<3236> 2460ウ
販売用不動産の差し押さえで先行き不透明感が一段と強まる。

*倉元製<5216> 157 -28
液晶関連の割安株として人気化も、短期的な過熱警戒感は強まり。

*ナイスクラップ<7598> 260 -24
権利落ちで配当利回り並びに優待妙味が消失。

*トッキ<9813> 319 -28
上期営業損益を0.2億円の黒字から6.2億円の赤字に下方修正。

*JCOM<4817> 85000 -5600
KDDIの出資で急騰した分の反動続く、昨日はドイツが格下げ。

*メッツ<4744> 3160ウ
今期最終損益は1.2億円の赤字から51億円の赤字にまで下方修正。

*カービュー<2155> 154500 -22000
昨日好決算を発表も材料出尽くし感が先行へ。

*Vコマース<2491> 16080 -1300
前期純利益を1.8億円から0.2億円に下方修正。

*ネットプライス<3328> 55000 -2300
本日の決算発表を控えて警戒感も先行へ。
1月27日(水)

H「日経平均は4日続落だ。反発しそうで反発しない。こりゃ気が付けば日経平均1万円割れと言う状況になっているんじゃないのか。」

K「市場心理は急速に悪化してきているからな。昨晩の米国市場は警戒したほど下げておらず、今日などはリバウンドしても良いモンだが・・。」

H「ただ米国市場大した下げじゃなかったとはいえ、一時は90ドル近くも上昇していたんだからな。それが垂れて結局マイナスで引けているだけに、後味的には良くないだろう。」

K「まあそうだな。昨晩の米国市場は中国の金融引き締めによるアジア株安を嫌気し軟調に始まったが、好決算のアップルがしっかりと買われていったことや、消費者信頼感指数が予測を上回った事から、買い安心感が広がった。ただ後半には戻り売り圧力も強まり結局全体的に垂れてしまった。金融株が売られて相場を押し下げたと言える。」

H「先週オバマ大統領が発表した金融規制改革案が依然として金融株の重しとなっているようだな。」

K「ああ。それに今晩にはFOMC声明や、オバマ大統領の一般教書演説を控えていたことも警戒感出たのかもな。」

H「まあ米国市場の動向もそうだが、それよりもやはり円高が日本株の重しとなっている面が強いようだ。今日売られたのは輸出株が中心であり、内需株には買われている銘柄も目立っている。」

K「そうだな。いわゆるディフェンシブ性がある銘柄が物色されている。日経平均70円ちょっとの下落であり、大幅安という状況でもないが、輸出株など個別株見ると大幅安しているような印象を受けるけどな。」

H「海外勢の手仕舞い売りが出ているのではという見方が強まっている。つい最近まで強く買われていた銘柄に結構売られているもの見られているからな。」

K「そうだな。長期資金はそうそう売ってくる訳もないから、恐らくヘッジファンドあたりだろう。それに加えて国内勢の手仕舞い売りも出ているようだ。」

H「やはり為替か・・。」

K「それが大きいわな。今日は香港市場は上げていたし、上海市場も下げていたとは言え落ち着いていた。それでも後場日本株売られたのはやはり円高の影響が大きいだろうな。まあ結局、日本市場引けた後に香港市場も下げてしまったんだが・・。」

H「そういや午前中には昨日報じられた中国の一部銀行の預金準備率引き上げを否定したとの報道もあったな。」

K「しかし良い加減な国だな・・ほんとに。意図的に情報操作しているのか知らないが、色々な報道を見ても情報が交錯している。噂なのか事実なのか、それらが混ざって報じられたりしておりとても鵜呑みには出来ないな。」

H「結局は当局が否定したわけでないと言うことだけに、あやふやになったようだが・・。」

K「そんなドタバタもあり、今晩の米国市場ではFOMC声明など重要イベントも多いことから、後場日本市場は手控える向きも多かったようだ。」

H「また今日の日本株の下落は、S&Pが日本国債の格付け見通しをネガティブに変更したことも海外勢の売りに繋がったと見る向きも多いようだ。」

K「まあそれもあるが限定的だろう。ただそれを本当に嫌気しているならば、為替は円安へと進行するはずだ。まあ昨日は一時的に円安へと振れたんだが、その後は再び円買いの流れになっている。」

H「単なる円買いというより、円買い、ドル買いと言う感じだな。つまりこの動きはリスク回避の動きとも言える。」

K「そうかもな。それに昨日、日銀金融政策決定会合が終わったことも円の買いやすさに繋がっていると言える。一部では追加的な金融緩和策あるのではという期待もあっただけに、会合前だと円買いポジションは取りにくいからな。それが何もなく通過したことにより、待ってましたとばかりに円買いに動いてきた向きがいるかも知れない。」

H「ただ、あまりに急ピッチな円高となれば、菅財務相がまたなんか言うぞ。」

K「それを探っている面はあるかもな。ただ前回、為替に関して菅さんがリップサービスした後、鳩山首相が釘指したからな。安易な発言はしてこないと言う読みも投機資金にはあると思われる。まあ今晩にはFOMC声明発表があるだけに、それを期に流れがまた変わる可能性はあるからな。」

H「円安方向へと変わってくれれば良いんだが・・・。」

K「そうだな。ただいずれにしろ、日本だけでなく欧米市場でもリスクマネーが手仕舞いに動いている。それだけに、警戒は必要だろう。長期資金の買いが続いていけば良いが、ここ数日の動き見る限り、そう言う期待は乏しくなっている。既に長期資金の買いは一巡した恐れもあるだろう。」

H「市場心理も結構悪化してきているからな。好材料にも反応が乏しくなっている様子も見られるし、逆に悪材料への反応が強くなっている。」

K「ああ。典型的な心理悪化相場になりつつあるかもな。そんな懸念を一掃するほど米国市場がリバウンドでも見せてくれれば良いんだけどな。」

H「可能性はまだありそうだけどな。懸念視されているバーナンキFRB議長の再任が週末までに正式決定する見込みだし、今晩発表される米アップルの新製品も好刺激になるかも知れない。またFOMC声明でもバーナンキFRB議長のリップサービス出るかも知れない。」

K「それでオバマ大統領が一般教書演説で金融規制改革案の妥協案でも出せば、米国市場大きく跳ねそうだけどな。」

H「さすがにいきなり妥協案は出さないだろう。」

K「だろうな。まあ今晩の米国市場どういう展開を見せるのか注目しておきたい。オバマ大統領の一般教書演説は日本時間の明日午前11時からだ。注目だな。」
2010.1.27先物チャート
スポンサーサイト
コメント
こんにちは。
ミャンコ先生
公募株の売買開始日が解る
サイト知っていますか?
きよ #-|2010/01/28(木) 09:43 [ 編集 ]
きよさん、ども
POは普通に証券会社のホームページ見れば書いてありますよ
http://www.daiwa.jp/products/equity/po/8316.html
あとはこんな感じのブログとか
http://ipopotachiaigaidata.blog99.fc2.com/blog-entry-528.html
正直POは片手間でやってるんで全然分かりません
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/01/28(木) 18:59 [ 編集 ]
ミャンコ先生。
ありがとうございました。
きよ #-|2010/01/28(木) 22:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。