(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.14【インテル効果に期待】

2010/01/14 11:06|未分類CM:0
ダウ高値抜け
ナスも大幅上昇

前日引けにかけて売られて
翌日GUすると朝一旦売られた後
高値抜けてくるよねのいつもの動き

今日はJAL
6円で買えるかなぁーと並んでみたけど
買えなさそうなんで7円買い
8円、9円と安売り
残りは10円抜けたら12円、13円くらいまで行きそうなんで
放置しようと思ったら売られたんで残りも9円で安売り乙
後場は10円抜けてきそうだね
一旦売っちゃうと入りづれー

JAL、PTSで4円とかだったのね
おなかいっぱい買いたかった

後場
円安がゴーンって来てGU
ミャンコも寄りで買い増し

JAL見せ板で高寄りさせようとして失敗してやんの
ミャンコも寄りで買って2000万株飛んできたんで
9円でカットしてやんの

後はダラダラと堅強な株価を監視するのみ
時々逆指値で安売りすることも忘れなかった
ミャンコの日本電産、大日本スクリーン、日東電工、エルピーダ返して


[株式オープニングコメント]
出そうで出ない調整シグナル
 13日のNY市場は上昇。ダウ平均は53.51ドル高の10680.77、ナスダックは25.59ポ
イント高の2307.90で取引を終了した。10-12月期決算に対する期待感から緩やかに
上昇する展開となった。セクター別では、不動産や銀行が上昇する一方で自動車・同
部品や電気通信サービスが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比110円高の
10830円、円建ては同75円高の10795円。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、日
電産、デンソー、京セラ、トヨタ、任天堂、オリックスなど、対東証比較(1ドル
91.37円換算)で全般しっかり。
 NY市場の上昇を受けてシカゴ先物はしっかりであり、本日もテクニカル面で調整
シグナルが、出そうで出ない状況が続きそうである。ただ、パラボリックのSAR値は
10757円、一目均衡表の基準線は10726円辺りであるため、プラスで推移していたとし
ても10700円前半レベルに近づくようだと、様子見ムードを強めやすい。また、イン
テルの決算を控えていることも、手控えにつながる可能性はありそうだ。とはいえ、
ショートポジションに切り変えるというよりも、現在の需給環境からは押し目買いス
タンスは継続であろう。規模は縮小していたが海外勢による資金流入も継続している
との観測もあり、下値の堅さは意識されることになりそうだ。また、昨日一服となっ
ていた景気敏感セクターへの買いが目立ってくるようだと、指数は強含むことにな
る。そのほか、JALの1カイ、2ヤリの短期売買などは続きそうだが、相場全体がこ
う着感を強めてくるようだと、改めてテーマ銘柄での値幅取り狙いの動きが強まりや
すい。

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円高一服(91円38銭-40銭)
・NYダウ、反発で昨年来高値更新
・SOX指数、3日ぶり反発
・NY金相場、反発
・LMEニッケル先物、大幅反発
・バルチック海運指数、3日続伸
・DRAMスポット、5日続伸
・東証REIT指数、小幅続伸
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.010%下落)

弱気材料
・NY債券市場、3日ぶり反落(10年債利回り0.08%上昇)
・日経平均、3日ぶり反落

留意事項
・NY原油先物、3日続落(1バレル=79.65ドル)
・欧州株、高安まちまち
・信用買い残、4週連続で減少
・小沢民主幹事長、東京地検が一斉強制捜査
・日航、京セラの稲森氏がCEO内諾
・日航、ジャンボ機ゼロ観測
・11月の機械受注
・12月の企業物価指数
・11月のユーロ圏鉱工業生産
・ECB理事会
・トリシェECB総裁定例記者会見
・欧州モーターショー(ブリュッセル、25日まで)
・12月の米小売売上高
・12月の米輸入物価指数
・11月の米企業在庫
・米国決算---インテル


[サポート&レジスタンス]
終値           10735
5日移動平均       10765
標準偏差+2σ      10974
レジスタンス(2)    10914
レジスタンス(1)    10824
ピボット         10777
転換線          10726
サポート(1)      10688
サポート(2)      10640
25日移動平均      10382
基準線          10306
100日移動平均     10147
先行スパンB        9822
標準偏差-2σ       9791
200日移動平均      9767
先行スパンA        9605

[ランチタイムコメント]
出遅れ修正の動きが強まりやすい
 日経平均は反発。108.99円高の10844.02円(出来高概算17億1000万株)と、前日の
調整分をほぼ吸収する格好で前場の取引を終えている。NY市場の強い動きのほか、
円相場も1ドル91円台半ばで落ち着いていたこともあり、昨日利食いに押されていた
景気敏感セクターがリバウンドをみせている。また、メガバンクの強い動きも安心感
につながっている。買い一巡後は10800円を挟んだこう着を続けていたが、先物市場
での大口買いをキッカケに上げ幅を広げ、高値レベルで取引を終えている。東証1部
の騰落銘柄は、値上り981に対して値下がり503、変わらず193と、値上り数は全体の6
割近くを占めている。セクターでは海運の強さが目立つほか、空運、銀行、証券、卸
売、精密機器、輸送用機器、電気機器が上位に。指数へのインパクトでは、ソフトバ
ンクの上昇。

 景気敏感セクターの出直りが目立っており、海外勢の資金流入が継続している状況
であろう。規模別指数でも大型株指数の強さが目立っているため、このところ継続し
ている米国年金といった見方になりそうだ。また、メガバンクの上昇は安心感につな
がるほか、ソフトバンクが久しぶりに動意づいており、指数インパクトの大きさも手
伝った先高期待を強めている。日経平均はテクニカルでの調整シグナルが出そうで出
ない状況が続いており、積極的に上値を追いづらいところであるため、ロングに傾き
づらい好需給が続いている。なお、主力処の上昇のため、テーマ銘柄など材料株は焦
点ボケといったところ。物色としては主力処のほか、ソフトバンクに。また、日経平
均が8月高値をクリアしているなかで、高値を更新していない出遅れ感、低PBR、低信
用倍率の銘柄などへは修正の動きが強まりやすくなっている。

[クロージング]
インテル効果に期待
 日経平均は後場一段高。172.65円高の10907.68円(出来高概算32億2000万株)と、
終値ベースでは08年10月3日以来の10900円を回復して取引を終えた。NY市場の強い
動きのほか、円相場も1ドル91円台半ばで落ち着いていたこともあり、昨日利食いに
押されていた景気敏感セクターがリバウンドをみせている。また、メガバンクの強い
動きも安心感につながっている。景気敏感セクターの出直りが目立つなど、海外勢の
資金流入が継続している状況であり、このところ継続している米国年金といった見方
になろう。また、指数インパクトの大きいソフトバンクが久しぶりに動意づいたこと
も先高期待を強めている。米インテルの決算を控えていることもあり、日経平均は
10900円処での高止まりであったが、ポジション調整から利食いの動きが強まること
なく、売り方にとっては厳しい需給環境となっている。
 日経平均はテクニカルでの調整シグナルが出そうで出ない状況が続いている。パラ
ボリックのSAR値は10720円から10757円と調整ポイントは切り上がっているが、イン
テルの決算を受けた動きによって確実に調整への警戒を払拭できるかが注目される。
一方、ボリンジャーバンドのプラス2σは11024円であり、外部環境次第では11000円
乗せで目先的な達成感につながる可能性はある。ただ、海外勢の継続的な買いが続く
など、世界的な相対感からの日本株修正の動きであり、利食いは行っても、ショート
ポジションへの転換は避け、押し目買いスタンスとなろう。リーマン・ショック前の
11500円で、ようやくニュートラル水準に戻ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10907.68 +172.65
TOPIX959.01 +14.99
東証2部指数2105.96 +8.69
日経ジャスダック平均1190.59 +4.05
マザーズ指数414.49 +3.66
ヘラクレス指数559.02 +5.96
東証1部出来高32.26億株
東証1部騰落レシオ117.78%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はしっかりと反発。前日売られた金融株やインテルがしっかりと
買われている。企業決算への期待感などから押し目買いが入ってきたようだ。ダ
ウは年初来高値を更新。為替は円高一服しており、日経平均堅調に始まる展開。
今朝の機械受注は酷い数字だったが嫌気する動き見られず。中国市場が堅調に始
まると、日経平均は一段高に。後場はアジア株高と円安進行を好感して、更に買
われていく展開。結局、日経平均は終始堅調に推移し昨日の下落分以上に上昇し
て終了。10900円台で引け年初来高値を更新。日経先物の主な買い越し証券はク
レディスイス、ニューエッジ、バークレイズ、みずほ、UBS、JPモルガン、
三菱UFJ。売り越しは大和、BNPパリバ、フォルティス、松井、SBI、ドイツ、
カブコムなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
9984ソフトバンク 2370円 +188
大幅上昇で昨年来高値を更新。クレディスイスやドイツから強気なレポート出さ
れている。またグーグルが中国市場から撤退する可能性があることから、同社の
中国ネット事業に追い風との見方が出ているようだ。地合がかなり良くなってい
ることから、主力系の出遅れ銘柄として買ってきた向きも多いようだと・・・。
ただ更に上値が買われて行くには材料不足だと指摘する向きも多い様子。

8411みずほFG 186円 +10
大幅上昇。今日はメガバンクが総じてしっかり。クレディスイスが三井住友FGの
投資判断を最上位に格上げしたことや、同社に関しては増資の方法として公募増
資ではなく、株主割当増資も考慮しているとのブルームバーグの報道を好感。株
主割当増資は既存株主にメリットがあることから、希薄化懸念で売られにくくな
り、株価的にも好材料になるとの見方。また報道によれば増資時期は4月以降の
新年度になる可能性も報じられている。

9104商船三井 623円 +42
大幅上昇で8連騰。今年に入って連日上昇している状況。今朝の日経新聞では
10-12月期の連結経常利益は100億円程度と7-9月期と比較し6倍強になった模様だ
と報じている。新興国需要を追い風に海運業界の収益回復が鮮明になってきたと
・・・。既に織り込まれているとも言えるものの、地合の良さ手伝い素直に好感
され買われている。他の海運株も総じて高い。最近、海運株強さ続いているもの
の、その多くが昨年来高値はまだまだ遠く、依然として出遅れ感強いと見る向き
も・・。

6967新光電気工業 1323円 +97
大幅上昇。今晩の米国市場引け後に発表が予定されているインテル決算への期待
感から買われているようだ。同様に4062イビデンもしっかりと買われている。両
企業共にインテルにICパッケージを供給しており、インテル業績が両企業の業績
にも影響が出ることから意識されているようだ。今回のインテル決算はかなりの
好決算が期待されており、今日は関連株の両銘柄に先回り買いが入ってきた様子。

9205JAL 8円 +1
一時10円まで買われる場面も。100%減資が濃厚で、既存株式の価値はゼロにな
る見通しだが、万が一、100%減資でなくそれ未満の減資となった場合は、一時
的にも株価が暴騰するとの見方や、3月末まで上場維持されれば今期末分までは
株主優待券発行もあるのではという期待などから、ギャンブラー達が買い向かっ
ているようだ。また、1円、2円の値幅を狙った投機資金も入ってきているようで、
マネーゲームの様相に。出来高は10億株を超えており、一銘柄での一日の出来高
としては歴代トップとなっている。

===============
◆◇1/15(金)の主な予定!◇◆
===============
改正新テロ対策特別措置法によるインド洋での海上自衛隊の給油活動の期限
関門海、ユニオンツール、マルカキカイ、アルテック、DAオフィス、
ホギメディカルなど決算発表
米12月消費者物価(22:30)
米1月ニューヨーク連銀製造業景気指数(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(15日 23:55)
JPモルガンなど決算発表
[動いた株・出来た株]


下記のとおり修正します。
(前場)
パイオン<2799> 9700カ
(誤)前日に第1四半期決算を発表、営業利益は前年同期比57%増に。
(正)前日に第2四半期決算を発表、営業利益は前年同期比57%増に。

*電波工<6779> 1798 +151
日ケミコンやニチコンなど自動車関連の電子部品が強い動きに。

*日ケミコン<6997> 403 +31
メリルの目標株価上げもきっかけに前日からしっかり。

*愛知機械<7263> 406 +30
モルガンレポートなどで自動車部品の一角高く、買い戻しも集まる形に。

*ガリバー<7599> 5470 -180
足元の収益性鈍化に加えて、信用需給面なども悪化傾向へ。

*出光興産<5019> 5970 -160
日本航空の優先株保有銘柄として売り対象にも。

*滝沢鉄工<6121> 84 +12
工作機械株人気化のなか、株価の値頃感に関心向かう。

*トーセイ<8923> 26800 +2100
引き続き、今期の業績見通しなど評価材料視される展開。

*東洋機械<6210> 175 +22
設備投資関連の一角として資金向かう展開にも。




(前場)
*日本航空<9205> 10 +3
マネーゲーム的な感覚での値幅取りの動きが集まり。

*メイテック<9744> 1627 +300
モルガンが「アンダーW」から「オーバーW」へ一気に2段階格上げ。

*JALUX<2729> 886 +150
日本航空問題の影響は限定的との見方も広がり。

*インプレス<9479> 223 +35
目立った材料も見当たらず仕掛け的な動きが主導か。

*シロキ工業<7243> 224 +22
モルガンではトヨタ系部品に強気、値頃感の強さなども妙味に。

*津田駒工業<6217> 154 +15
来週に決算発表控え今期の業績回復期待なども高まるか。

*オークマ<6103> 562 +49
工作機械受注急回復受けて、工作機械関連銘柄は軒並み高の展開に。

*プレス工業<7246> 189 +16
建設機械関連の出遅れ的な感覚からも。

*ニフコ<7988> 2070 +168
野村では投資判断を「1」に格上げ、2500円目標とする。

*日本シイエムケイ<6958> 705 +57
政府による企業への環境投資支援制度の報道なども手掛かりか。

*オーエム製作所<6213> 333 +26
工作機械株の一角として短期資金の矛先向かう。

*ツガミ<6101> 282 +22
12月の受注は前年比2.5倍と相対的に伸び率は高く。

*牧野フライス<6135> 446 +34
同社も12月の工作機械受注は2ケタの増加となっており。

*第一中央汽船<9132> 247 +18
大手海運株の上昇で中小型海運株には値幅取りの動きも。

*ニチコン<6996> 1074 +70
直近高値更新などで買い戻しの動きが優勢にも。

*ニコン<7731> 2015 +125
野村では「1」継続で、目標株価を2083円から2466円に引き上げ。

*川崎汽船<9107> 346 +21
商船三井の好業績観測受けて海運株は人気化する展開に。

*トヨタ紡織<3116> 2156 +130
野村では目標株価を2200円から2500円に引き上げている。

*河合楽器<7952> 120 +7
中国の個人消費関連としても折に触れ物色されやすく。

*新光電工<6967> 1300 +74
米インテルの決算発表控え、関連銘柄として買い戻しも。

*ケーヒン<7251> 1513 +86
GSでは投資判断を「中立」から「買い」に格上げ1700円目標。

*ソフトバンク<9984> 2311 +129
CSでは業績上方修正、ドイツでは目標株価引き上げへ。

*東洋電機製造<6505> 794 +43
中国で鉄道装置を受注などと報じられている。

*新和海運<9110> 282 +15
海運株高背景に短期資金の値幅取りの動き向かう。

*SUMCO<3436> 1837 +97
モルガンではウエハー関連に強気のレポートも。

*日本郵船<9101> 353 +18
商船三井の好業績観測報道やバルチック指数の上昇で。

*商船三井<9104> 611 +30
10-12月期経常利益は100億円に達するとの観測報道で。

*太陽誘電<6976> 1366 +67
昨年来高値も更新して売り方の買い戻しも本格化か。

*みずほFG<8411> 185 +9
資本増強策としてライツイシューを検討などとも一部伝わり。

*千代建<6366> 829 +39
寄り付きから急伸、買い戻し中心とはみられるが。

*ジェイテクト<6473> 1233 +58
CSでは工作機械受注の回復ペースはポジティブサプライズと。

*ヤマハ<7951> 1171 +51
野村の格上げなどを改めて評価材料視も。

*日本MDM<7600> 269 -28
前日の株価急騰を受けて短期資金の利食い売りが先行。

*ゼクス<8913> 1365 -104
本日の決算発表を控えて手仕舞い売りも優勢に。

*サカタのタネ<1377> 1276 -76
通期営業利益は13億円の従来予想から9.5億円に減額へ。

*山一電機<6941> 252 -15
前日は長い上ひげ残して急速な伸び悩みとなり。

*タクトホーム<8915> 77400 -4600
引き続き業績上方修正に伴う出尽くし感が優勢で。

*レオパレス21<8848> 393 -23
CSでは投資判断を「アウトP」から「ニュートラル」に格下げ。

*アーネストワン<8895> 871 -43
パワービルダーの一角として前日に連れ高となった反動も。

*東栄住宅<8875> 781 -31
業績上方修正好感で前日に急伸した反動。

*チタン工業<4098> 211 -8
目立った材料ないまま前日に急上昇した反動安。

*メガネトップ<7541> 974 -30
本日は小売りセクターに関心が向かわず。

*ザッパラス<3770> 144300 -4400
押し目買いに前日上昇した分が剥落の展開へ。

*アコム<8572> 1840 -48
前日は長い上ひげ残し、目先の買い戻し一巡感も。

*三菱UFJ<8306> 489 +10
みずほFGの増資時期遅れるとの見方もプラス材料に。

*マツダ<7261> 249 +8
前日にはCLSAが「セル」から「バイ」格上げ。

*アイフル<8515> 190 +7
消費者金融まちまちも、同社には引き続き買い戻し優勢か。

*東芝<6502> 536 +5
米インテル決算への期待感なども波及する格好に。

*野村HLDG<8604> 772 +18
株式市場の反発を受けて押し目買いの動きにも。

*新日本製鉄<5401> 383 +1
前日のCSの格下げなどを背景に動き鈍い展開へ。

*三井住友FG<8316> 2898 +93
CSでは「アウトP」に格上げ、3778円目標としている。

*鹿島建設<1812> 206 -1
小沢氏の土地購入問題で家宅捜索などと伝わっている。

*全日本空輸<9202> 294 +6
三菱UFJでは目標株価を280円から335円に引き上げ。

*パナソニック<6752> 1518 +58
主力コア銘柄上昇の流れに乗る形から上値追い続く。

*プロミス<8574> 1012 -23
足元の株価急騰に短期的な過熱警戒感も強まる。

*三菱重工業<7011> 350 +6
CLSAでは「アンダーP」から「アウトP」に投資判断格上げ。

*三菱商事<8058> 2458 +68
海外投資家の買い注文が集まっているとの観測も。

*ソニー<6758> 3065 +67
海外投資家の資金流入が続く中心銘柄的な位置づけに。

*トヨタ<7203> 4105 +50
コア銘柄への海外投資家の買い継続から押し目買いも早まり。

*東京エレク<8035> 5850 +20
モルガンでは格下げも米インテル好決算期待などで。

*ファストリ<9983> 15860 -150
主力の景気敏感株主体の物色でリバランスの流れにも。

*日東電工<6988> 3745 +115
前日にはメリルやCSで評価引き上げの動きも。

*ファナック<6954> 9130 +170
工作機械受注の回復受けてNC装置の拡大期待に。

*日清食品<2897> 2955 -70
大和や野村など投資判断格下げの動きが相次ぐ。

*岡本工作<6125> 120 +11
株式新聞などでも取りあげられている。

*森精機<6141> 990 +26
工作機械受注の急回復を受けて関連の主力銘柄として。

*住友林業<1911> 772 -13
ドイツでは投資判断を「バイ」から「ホールド」格下げ。

*どん<8216> 122 +9
突っ込み警戒感も強まり自律反発狙いの動きへ。

*パイオン<2799> 9700カ
前日に第2四半期決算を発表、営業利益は前年同期比57%増に。

*クイック<4318> 67 +24
20万株を上限とする自社株買いを好感。

*FOI<6253> 762 +56
本日発表予定の米インテル決算に期待感先行。

*ASSET<2337> 9470 +1420
前日に第3四半期決算発表、累計純利益が通期予想を超過。

*COS<8489> 353 -56
前日に第1四半期決算を発表、順調な決算も材料出尽くしと。

*DDS<3782> 12310 -1090
割当増資発表も出尽くし感や希薄化懸念で。

*メディ工房<3815> 60000 -5000
好決算発表も直近の株価上昇で好材料出尽くし感。

*JIN<3046> 307 -37
前日に第1四半期決算を発表、営業損益段階から赤字。
1月14日(木)

H「日経平均は大幅高となった。昨日下げた分を全て戻し、年初来高値を更新した。」

K「依然として海外勢による買いが続いており、相場を押し上げている。本当はもっと大きく調整して欲しいと思っている投資家は多そうだが・・。」

H「そうだな。一日大きく下げた直後には、それ以上に買われるなんて、確かに強い相場だと言える。過熱感だって全然解消されていないし、こんな様子じゃ数日間の調整なんていうのは期待薄かもな。」

K「恐らく数日間の調整となったときは、本格的な調整入りと言うことになるかも知れない。つまり、この手の強い相場は押し目らしい押し目を作った時には、既に相場は終わっていると言うことも良くある。」

H「確かにそうだな。昨晩の米国市場はしっかりと反発し、ダウは昨年来高値を更新した。前日売られた金融株やインテル株がしっかりと買い戻されたことからも、米国市場まだまだ強いと言えそうだ。」

K「まあ、今晩の米国市場引け後にはインテル決算発表があるからな。かなり期待されているだけに、売り方の買い戻しも入ってきたんだろう。問題はそのインテル決算、発表後どうなるかが注目だ。出尽くしとなるのか、改めて好感され買われるのか・・。」

H「事前の期待が強まっているだけに、かなりハードルが上がっている。それを超えるような好決算じゃないと、なかなか好感もされにくそうだが・・。」

K「どうだろうな。期待高くても、それ以上の好決算となるかもよ。そうならずとも投資家心理良いだけに、予想の範囲内なら買われると言うこともあるだろう。」

H「なら良いけどな。いずれにしろ、米国市場引け後の発表だけに、時間外でインテル株や米先物がどういう動きになるのかが明日の朝は注目されそうだ。」

K「それによって日本市場にも影響は出そうだな。まあ、今の日本市場は米国市場などあまり関係なく単独で買われている面もあるだけに、インテル株時間外で下落しても、言うほど嫌気されない可能性もありそうだけどな・・。」

H「ただ市場心理には影響は出るだろう。昨日だってそれで下げているんだし・・。」

K「まあそうだな。明日は週末と言うこともあるからな。昨日の下落要因だった中国市場は今日は反発した。結局、中国の金融引き締めも一時的な懸念で済んだと言うことだな。ただ今後も色々な規制などで引き締めていくことが想定されるだけに、注意は必要だが・・・。」

H「しかし、香港市場が結局、今日も下げてしまった。堅調だったが、後場に入ってから売り優勢となり大きく垂れてハンセン指数はマイナス引けだ。」

K「気になる動きだがな。まあ、問題はないとは思うが・・。」

H「日経平均は遂に11000円が射程圏だな。単なる通過点になるのか、それともいよいよクライマックスなのか・・。」

K「どうだろうな。取りあえず、未だに昨年来高値を更新していないTOPIXが昨年来高値を更新するまでは強い動き続くとは思うぞ。あと16ポイント程度だが、どうせなら高値更新後も強い相場続き1000ポイントまで言って欲しいモンだが・・・。」

H「切りが良いところで。」

K「ああ。例えそこまでTOPIX上げても、日経平均に出遅れている水準だ。まあTOPIXそこまで上げるには、やはり銀行株の上昇が必要不可欠だ。」

H「結局、銀行株の出遅れがTOPIXが出遅れている要因だからな。」

K「ただその銀行株も最近は強い展開が継続している。8316三井住友FGが公募増資の値決めを控えているにも関わらず、しっかりの展開続けており、公募価格が思ったより高くなるのではという見方も強まっている。」

H「どうせなら公募価格は安く決まった方が、その後のパフォーマンスが期待できるんだけどな・・。」

K「ああ。まあ大ざっぱに見れば、今の水準も安値圏には変わりはない。それだけに時価近辺で決まれば、問題はないんじゃないのか・・。」

H「そうだな。それに今日は8411みずほFGが増資の手段として、株主割当増資を検討しているとの報道があった。これも今日は好感されているようだ。」

K「ああ。欧州では良くやる増資だ。東証もこの株主割当増資いわゆるライツ・イシューを資金調達の一つとしてやりやすくするために、年末に上場基準改正を行っている。公募増資と比べ良い面も多いことから、実際にこの方法で増資行うならば好感される可能性はあるだろう。」

H「まあ公募増資と違い、新株予約権を既存株主に割り当てるため、理解を得やすいし、既存株主の利益に繋がることにもなる。単純に、既存株主を無視したような希薄化を生じる大規模増資よりはマシかもな。」

K「ただデメリットも多いんだけどな。一気に資金が集められないと言うことや、潜在的な希薄化懸念が長期間付きまとうとかな・・。」

H「まあ公募増資だと、一気にまとまった資金を集められるし、需給悪化懸念強まるが、あくまでも一時的だからな。」

K「確かにそうだな。とにかく、どっちにしてもとっとと決めて発表した方が良いだろう。その方がアク抜けしやすいだろうし・・。」

H「ああ。取りあえず今晩の米国市場どうなるか注目したい。あとインテル決算もな。」
2010.1.14先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。