(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.8【過熱感による目先調整よりも、上値追い意識】

2010/01/08 11:19|未分類CM:4
菅が!民主党が!初めて仕事した!
菅が円安が好ましいと発言したことにより93円乗せ
バカみたいに税金使って無駄な景気対策するより
どんどん円安に持っていくような発言したほうが
タダで景気対策になる
あとインフレ誘導

ただ、残念!
SQ前で無理やり10750に着地
円安材料無駄死に
タイミング悪い

今日は無理に抑えた反動から
寄ったあと10800上抜いてくるだろうと
とりあえず久しぶりに売りも持ち
寄ったあとちょい押しでカットして
買いは弱いのから利確
やっぱり三井住友がそろそろ押すかなと思ってたけど
これが押すと金融系弱い
円安だから内需から輸出に資金移動してるんだろうね
素材系も持ってたけど寄りでこっちも利確

TOPIXはどんどん上昇してるのに
225のうざさは異常

後場
どうやら前場円高に動かし
先物のトレンドを下にさせたのは鳩山だとか
菅の為替について批判したとか
鳩山君、もう死のうぜ!

売り方にしても今日雇用統計があるし
強気で売れるわけないと
下げたところ買い
引けにかけて買いが入って上昇して
SQ値付近で終了
昨日は引け間際過ぎて戻せなかったけど
今日は戻した
先物はもう無理かと思ってたけど
終値で節目10800を上抜いて終了


[株式オープニングコメント]
SQ通過後も10750円近辺の攻防か
 7日のNY市場はまちまち。ダウ平均は33.18ドル高の10606.86、ナスダックは1.04
ポイント安の2300.05で取引を終了した。商品市況の下落を受けて朝方は下落して始
まったものの、小売り各社が相次いで強気の業績見通しを示したことで上昇に転じ
た。明日の12月雇用統計に対する警戒感もあり、その後は小動きに終始した。セクタ
ー別では、銀行や耐久消費財・アパレルが上昇する一方で、ソフトウェア・サービス
や半導体・同製造装置が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比105円高の
10805円、円建ては同45円高の10745円。ADRの日本株は資生堂、ブリヂストン、ソ
ニー、京セラ、トヨタ、ホンダ、オリックスなど対東証比較(1ドル93.34円換算)で
全般堅調。
 オプションSQについては、食い合いとの見方であるほか、シカゴ先物が円建てで
10745円で終えており、権利行使価格10750円に近づく格好で買い越しとなる可能性も
あろう。いずれにせよ波乱の展開とはならないとみられる。ただ、10750円近辺でS
Qが決まることによって、この価格帯が上値抵抗として意識される可能性はあるた
め、日経平均は昨年8月高値レベルでの抵抗意識からの達成感につながることも考え
られる。今晩の米雇用統計を見極めたいとするムードもあるほか、商品相場の下落に
よって上昇基調を続けていた資源系関連への利食いによって上値を抑えられそうだ。
 一方、菅財務相発言によって円相場は1ドル93円台半ばで推移しており、円安傾向
によって不安定な動きをみせているハイテク、自動車など輸出関連は底堅い動きをみ
せそうだ。NY市場の流れを受けて、金融関連や小売セクターなどの堅調な値動きも
期待されるところ。これにより10750円レベルを確実にクリアしてくるようだと、直
近の保ち合いを上放れることは可能だ。また、テーマ物色では引き続きスマートグリ
ッド、LED、原発、鉄道、太陽光などの循環物色が続くと考えられ、高水準の商い
を続けている明電舎あたりを指標銘柄とした物色となりそうだ。そのほか、三井物が
メキシコで水処理事業を始めるほか、大成建は生態系に配慮した水質保全技術を開発
したと報じられており、水関連への物色の波及も期待される。



[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円が大幅安(93円31銭-33銭)
・NYダウ、昨年来高値更新
・DRAMスポット、大幅高
・09年の外国人、2年ぶり買い越し
・半導体メーカー、業績回復観測

弱気材料
・SOX指数、2日続落
・NY金相場、5日ぶり反落
・LMEニッケル先物、反落
・バルチック海運指数、2日続落
・日経平均、4日ぶり反落
・東証REIT指数、2日続落
・長期金利、4日続伸(10年債利回り0.010%上昇)

留意事項
・NY原油先物、11日ぶり反落(1バレル=82.66ドル)
・NY債券市場、変わらず(10年債利回り2.82%)
・欧州株、高安まちまち
・英中銀、政策金利据え置き
・反小沢の枝野氏、首相が首相補佐官登用へ
・菅財務相、「1ドル=90円台半ばが適切」
・日韓両政府、初の安保宣言策定検討観測
・ガソリンの暫定分課税、政府が155~160円で停止検討観測
・日航、政府が法的整理で最終調整観測
・オプションSQ算出日
・12月の携帯電話契約件数
・11月の景気動向指数
・決算---Fマート、ファストリテ
・7-9月期のユーロ圏GDP改定値
・11月のユーロ圏失業率
・11月の独鉱工業生産
・12月の米雇用統計
・11月の米卸売在庫
・11月の米消費者信用残高


[サポート&レジスタンス]
終値           10682
5日移動平均       10659
標準偏差+2σ      10901
レジスタンス(2)    10835
レジスタンス(1)    10758
ピボット         10697
サポート(1)      10621
転換線          10602
サポート(2)      10560
25日移動平均      10252
100日移動平均     10139
基準線           9977
先行スパンB        9822
200日移動平均      9721
標準偏差-2σ       9603
先行スパンA        9600

[ランチタイムコメント]
次第に利食いの流れも狙い目か
 日経平均は反発。71.58円高の10753.24円(出来高概算13億5000万株)で前場の取
引を終えた。米国市場ではNYダウが10600ドルに乗せたほか、菅財務相による口先
介入によって円相場が1ドル93円台後半まで円安傾向を強めた流れから、輸送用機
器、精密機器、機械、電気機器といった外需セクターが軒並み強い動きをみせた。ま
た、オプションSQに絡んだ商いが買い越しだった影響もあり、上昇して始まった日
経平均は寄り付き直後に一時10816.45円と10800円を回復している。ただ、その後は
今晩の米雇用統計を見極めたいムードのほか、SQ値が10798.75円と高い水準だった
こともあり、これを挟んだこう着感を強めている。前引けにかけては鳩山首相による
財務相発言に対しての見解が伝わり、これを受けて円安が若干修正されたこともあっ
て次第に利益確定の動きも強まってきている。東証1部の騰落銘柄は、値上り908に対
して値下がり568、変わらず205と、値上り数が全体の過半数を占めている。セクター
では外需系が堅調な半面、商品相場の反落から資源系は利食いに押されている。

 JAL問題や商品市況の下げの影響から上値は抑えられるとみられたが、ことのほ
か外需セクターの強い動きが目立つ。米雇用統計に対する警戒感はあるが、オバマ米
大統領は雇用統計発表後に、経済に関する声明を発表する、と報じられている。雇用
統計の内容がポジティブ(雇用者数プラス)となるとの見方もあり、需給妙味の大き
い銘柄などへは買い戻しニーズが強まっている。SQ値の心理的抵抗、週末要因で動
きづらく、利益確定が優勢となりやすいが、下を売り込む流れにはなり難いであろ
う。外需セクターの主力処の強い値動きによって、テーマ銘柄など材料株はやや動き
が鈍いが、じりじりと修正リバウンドを強めている銘柄は多く、ポジション調整で下
押す場面があるようなら、押し目買いのポイントになろう。商品市況の下げで一服を
みせている資源系などの押しも狙い目か。

[クロージング]
過熱感による目先調整よりも、上値追い意識
 日経平均は反発。116.66円高の10798.32円(出来高概算26億3000万株)で取引を終
えた。後場に入り利食い優勢の流れを強め、一時10677.56円まで下げる場面もみられ
たが、インデックス買いの影響もあって大引けにかけて戻り基調を強めており、SQ
値(10798.75円)近辺まで切り返している。菅財務相による口先介入によって円相場
が1ドル93円台後半まで円安傾向を強めた流れから、輸送用機器、精密機器、機械、
電気機器といった外需セクターが軒並み強い動きをみせた。その後、鳩山首相による
財務相発言に対しての見解が伝わり、円安が若干修正されたものの後場に入ってもト
ヨタなどの強い動きが目立っている。利食いに押されていたFリテイが25日線をサポ
ートに反転したことも日経平均の押し上げにつながっている。スマートグリッド、L
ED関連といったテーマ銘柄などへの物色も活発であったが、きょうは主力の外需セ
クターが主導権を握った格好である。
 来週は米雇用統計後の米国市場の動向を受けた展開となるが、昨年の日経平均は発
会後の翌週から下落基調を強めたこともあり、昨年とは違う相場環境との見方を強め
ることが出来るかがポイントである。日経平均は昨年8月高値レベルでの攻防が続く
中、これを抵抗線から支持線に変え、過熱感による目先調整よりも、上値追いへの意
識に向う可能性もある。世界での相対的な出遅れが指摘されている市場であり、リー
マン・ショック前の水準である11500円レベルへの期待も次第に強まろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10798.32 +116.66
TOPIX941.29 +9.44
東証2部指数2091.33 +9.46
日経ジャスダック平均1182.96 +4.84
マザーズ指数405.96 +3.33
ヘラクレス指数555.43 -0.23
東証1部出来高26.30億株
東証1部騰落レシオ116.70%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はダウは小幅に続伸。ただナスダックは小幅安に。12月小売り各
社の既存店売上高が堅調だったことや、GEやバンカメのアナリストによる目標株
価引き上げなどが好感され相場を支えた。菅財務相の発言により為替が急速に円
安へ振れており、日経平均は輸出株中心に買われて堅調に始まる。寄り後もしっ
かりの展開で日経平均10800円台に。しかし週末と言うこともあり、それ以上の
上値は重く、前場後半には先物主導で上げ幅縮小。後場には更に先物主導で売り
込まれ、日経平均はマイナスに転じるも、その後は大引けにかけ戻していく展開
に。結局終わってみれば日経平均大幅高で終了。SQ値とほぼ同水準で引けている。
日経先物の主な買い越し証券はソシエテ、クレディ、水戸、UBS、ゴールドマン、
トレイダーズ、三菱UFJ、BNPパリバ、フォルティス、藍澤。売り越しは大和、
カブコム、バークレイズ、モルガンS、JPモルガン、松井、SBI、ドイツ、野村
など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
5208有沢製作所 560円 +80
ストップ高。今朝報じられた日経ニュースでは、3D映像が見られる特殊フィルタ
ーを従来のテレビ向けに加え、パソコン向けにも販売すると報じられている。既
に台湾メーカーのパソコンに採用が決まったようで、そのメーカーは年間50万台
の生産を計画しており同社に取っては大型受注となったと・・。他の国内外のメ
ーカー数社からも引き合い来ているとの事で、業績への寄与期待があるようだ。
米ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市では3Dテレビが話題となっている
だけに、食いつきやすい材料だと・・。今朝のGRAILメールで取り上げた本日の
注目材料株の一つ。

6502東芝 538円 +18
しっかり。今朝の日経新聞トップでは半導体企業の収益が急回復してきたと報じ
ている。同社に関しては半導体部門の黒字化が視野に入ったと書かれており、材
料視されているようだ。またモルガンSは同社株の投資判断強気を継続し、目標
株価を650円に引き上げたことも追い風となっている。モルガンSは同社の来期の
半導体事業の利益率は顕著な改善が期待できると見ているようだ。今日は日経新
聞の報道もあり半導体関連株が総じてしっかりとなっている。今朝のGRAILメー
ルで取り上げた本日の注目材料株の一つ。

6728アルバック 2230円 -120
軟調。昨日同社は引け後に、公募増資の実施を発表。最大で発行済み株式数の
約17%にあたる為、希薄化懸念から売られたようだ。ただ安寄り後は押し目買い
も見られており、下げ幅を縮小する展開に。調達資金の多くを太陽電池、LED関
連向けを中心とした分野の研究開発に投じるとの事から、前向きに評価する声も
あるようだ。ただ公募価格が決まる19日辺りまでは積極的に上値は買えないと見
る向き多い。

8267イオン 848円 +52
寄り付きから大幅上昇。同社は昨日、第3四半期決算を発表。決して好感できる
数字ではないものの、もともと警戒感もあり期待感は無かったことからアク抜け
感が強いようだ。また3Qだけで見れば前年同期比で大幅増益となっており好感す
る向きも多いようだ。売上げの減少をコスト削減で補った格好。先行き不透明さ
は依然として強いものの、取りあえず買い戻す動きが今日は中心だった。またこ
の決算をうけ目標株価引き上げる証券会社も多く追い風となっている。ただ、い
ずれも強気ではなく中立という投資判断ということや、目標株価も時価近辺とい
うこともあって、買い続く期待は乏しそうだと見る向き多い。

6255エヌピーシー 2487円 +167
しっかり。昨日同社は第1四半期決算を発表。前年同期比大幅な減益決算となった
が、嫌気する動きは見られていない。もともと今期計画は大幅な減益見通しであ
り、今回の1Qもほぼ計画通り。ただ2Qに計上予定の案件の前倒し計上により進捗
率は高くなっているが、基本的には決算の数字には良くも悪くもサプライズはな
い状況。ただ一緒に発表された受注高が前四半期に比べて5割増となっており、
最悪期は脱したとの見方が強まり、今後の業績回復への期待が強まったようだ。
ただ今度の受注動向を確認するまでは楽観視は出来ず上値は積極的には買い上が
りにくいと冷静な声も・・。

1606日本海洋掘削 6290円 +140
再び上場来高値付近まで戻してきている状況。一度は物色人気も衰えを見せたも
のの、6000円割れでは押し目買いも継続しており底堅さを見せていた。高値超え
てくれば再び物色意欲が強まってくると期待する市場筋も多いようだ。また東証
1部直接上場だけに、月末にはTOPIXに組み込まれることから、それに絡んだイン
デックス買い期待もある様子。それだけに月末へ向け更に上値取ってくる期待も
あるのではと・・・。

8001伊藤忠商事 746円 +17
5日続伸で、昨年6月に付けた高値を更新。大手商社株はいずれも最近は堅調なが
ら、ここ数日は同社株の強さが目立っている。商社セクターでも出遅れ気味との
見方も強いようで、他の商社株から同社株へと資金シフトする動きも見られてい
ると・・・。特に8002丸紅からの乗り換える機関投資家が結構いるようだ。連日
の上昇でテクニカル的な過熱感は強まっているものの、依然としてPERや配当利
回りを見ても割安感が強いと・・。

===============
◆◇1/11(月)の主な予定!◇◆
===============
東京市場休場「成人の日」
北米国際自動車ショー(米・デトロイト ~24日)
米アルコアなど決算発表

===============
◆◇1/12(火)の主な予定!◇◆
===============
12月マネーストック(8:50)
11月国際収支(8:50)
12月景気ウォッチャー調査(14:00)
良品計画、キユーピー、鉄人化計画、千代田インテグレ、サイゼリヤ、
コスモス薬品、トーセイ、タクトホーム、コーナン商事、明光ネット、
リンガーハット、Olympic、OSGなど決算発表
米11月貿易収支(22:30)
米軍普天間基地移設問題などについて、岡田外相とクリントン米国務長官が
協議(米・ハワイ)
[動いた株・出来た株]

*ツガミ<6101> 251 +34
順調な自己株式の取得状況などもはやす。

*ゴールドW<8111> 209 +16
値動きの軽さに加えて、取組妙味なども強まっており。

*JUKI<6440> 110 +8
津田駒の株価上昇から同じ中国関連として連想感働く。

*新電元<6844> 249 +18
値動きの軽さに関心、ホンダとの資本提携効果など引き続きはやす。

*ケネディクス<4321> 32300 +2000
前場から新興市場の中小型不動産株が強い動きとなっていたため。

*ハニーズ<2792> 560 +34
通期予想減額修正も目先の悪材料出尽くし感で。

*JALUX<2729> 786 -86
JALの先行き不透明感の余波を受け。

*日本高周波<5476> 92 -3
自動車・建機関連の出遅れとしてはやす声も。

*NTTデータ<9613> 288900 -8600
目立った材料ないが、リバウンド一巡感で利食い集まる。

*ソネットエンタ<3789> 197000 -5600
直近の株価下落で信用買い方の処分売り集まる。

*カブコム<8703> 95500 -2600
週末要因から短期資金の利食い売りも先行へ。

*くらコーポ<2695> 252400 -6700
カッパクリの決算発表などきっかけに競争激化への警戒も。

*ヤマダ電機<9831> 6200 -160
CSの目標株価引き上げも反応薄、リバランスの流れから利食い。



(前場)
*有沢製作所<5208> 560 +80
3Dテレビの市場拡大期待から、3D用フィルターの売上拡大期待。

*ゼクス<8913> 1670 +136
スピード調整一巡感に伴うリバウンドの動き本格化へ。

*津田駒工業<6217> 128 +9
もみ合い上放れに追随、決算発表接近で新年度の業績回復期待も。

*米久<2290> 858 +54
前日に第3四半期決算発表、収益の落ち込みに歯止めも。

*山一電機<6941> 186 +11
低位のテーマ関連として物色人気波及、半導体製造装置関連としても。

*イオン<8267> 842 +46
前日に決算発表、9-11月期の収益急回復で見直し買い。

*いすゞ自動車<7202> 186 +10
自動車株高のなか、とりわけトラック関連の上昇目立つ格好に。

*日本信号<6741> 929 +48
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

*大成建設<1801> 178 +9
過度なドバイリスク後退で大手ゼネコンが強い。

*レナウン<3606> 161 +8
グループ再編などリストラを手掛かりに仕掛け的な動きか。

*大日本スクリーン<7735> 424 +21
半導体設備投資関連の低位株として短期資金向かう展開にも。

*マツダ<7261> 226 +11
シティでは目標株価を240円から265円にまで引き上げ。

*井関農機<6310> 307 +14
新規材料は見当たらないが、もみ合い上放れでテーマ性はやす展開にも。

*日野自動車<7205> 331 +15
円安も支援に自動車株反発のなか、トラック各社にも注目向かう。

*鹿島建設<1812> 200 +9
「契約に基づき支払い果たす」とのドバイ政府声明を材料視。

*東京製綱<5981> 269 +12
新エネ関連の低位材料株としてテーマ関連循環物色の流れに乗る。

*日本化学工業<4092> 226 +10
前日から急動意、値動きの軽さが短期資金の関心集める。

*カルソカンセイ<7248> 273 +12
自動車株高のなか高値更新で買い戻しも急がれる。

*スター精密<7718> 797 +35
前日に決算発表、9-11月期の営業赤字幅縮小などで安心感。

*JFE商事<3332> 352 +15
鉄鋼業界の業容改善強まるなか、割安感に関心も。

*ニコン<7731> 1911 +81
半導体各社の業績回復報道が設備投資の拡大を想定させる流れにも。

*日立建機<6305> 2514 +96
12月の油圧ショベル中国販売の拡大などを評価と。

*日本航空<9205> 68 -8
法的整理の方向性織り込み、引き続き大規模な希薄化懸念を強める。

*パルコ<8251> 781 -44
今期営業利益は94億円から85億円に下方修正で。

*メガネトップ<7541> 1011 -46
月次受注の回復を評価したりバウンドにも一服感で。

*アルバック<6728> 2255 -95
公募増資実施による希薄化・需給懸念などで嫌気。

*日揮<1963> 1661 -58
目立った材料ないが、原油安嫌気にリバランスの流れとも観測。

*ゲオ<2681> 91300 -3000
12月の既存店売上高は2ヶ月連続での前年割れに。

*スルガ銀行<8358> 822 -27
ボックス圏内の動きだが、メガバンク軟化もあって。

*日本コンクリート<5269> 128 -4
直近人気化も、前日は上ひげ残してしこり残す格好に。

*新日本石油<5001> 447 -13
本日は原油市況下落がストレートに嫌気される格好。

*エディオン<2730> 965 -28
1000円超レベルでの戻り売り圧力なども警戒視か。

*日本写真印刷<7915> 4470 -125
メリルでは投資判断を「買い」から「中立」に格下げ。

*ファミリーマート<8028> 2750 -75
本日の決算発表を控えて警戒感が先行する。

*シーケーディ<6407> 650 -17
引き続き、リチウム電池関連分野の早期収益化期待後退で。

*みずほFG<8411> 177 0
三井住友FGの大幅反落でメガバンクの上値追いも小休止。

*東芝<6502> 536 +16
半導体事業の損益はゼロまで回復する可能性と伝わり。

*三菱自<7211> 137 +5
電気自動車200万円台を2014年に目標とも。

*日本郵船<9101> 324 -2
バルチック指数は連日の下落となり戻り売り先行へ。

*GSユアサ<6674> 677 +11
明電舎の直近の賑わいなども刺激となってくる。

*三井住友FG<8316> 2866 -54
増資発表に伴うあく抜け感からの買い戻しも沈静化で。

*三菱重工業<7011> 349 +8
ボーイングの株価上昇なども刺激材料につながる格好か。

*アイフル<8515> 157 +1
短期的な過熱感も強まり、やや伸び悩む動きとなる。

*商船三井<9104> 558 +3
前日のモルガンの評価引き上げなど、引き続き見直しの動きにつながる。

*日産自動車<7201> 806 +16
為替の円安評価、ドイツでは目標株価引き上げの動きなども。

*ファストリ<9983> 16380 -280
本日の決算発表を控えて出尽くし感なども警戒視へ。

*トヨタ<7203> 3930 +80
円安進行や各社の自動車株目標株価引き上げの動きも。

*キヤノン<7751> 3920 -10
GSではコンビクションリストから削除と。

*ホンダ<7267> 3155 +65
ドイツやGSでは自動車セクターのトップピックと評価。

*東京エレ<8035> 5970 +90
半導体各社の業績回復報道受け設備投資の回復期待なども。

*三菱商事<8058> 2423 -4
昨日の原油や非鉄市況などは揃って反落となり。

*ソニー<6758> 2793 +50
為替の円安好感に、3Dテレビへの期待感なども。

*富士フイルム<4901> 2962 +92
GSでは「中立」から「買い」に格上げでコンビクションリストに採用。

*TDK<6762> 5800 +150
みずほでは目標株価を5600円から6400円に引き上げ。

*エルピーダ<6665> 1703 +28
今期営業損益は3年ぶり黒字浮上の見通しと観測報道伝わる。

*資生堂<4911> 1913 +65
メリルでは投資判断を「買い」に格上げ、2300円目標とする。

*セブンアイ<3382> 1983 -2
第3四半期決算内容は、イオンと比較してポジティブインパクトも乏しく。

*どん<8216> 136 -12
前日に第3四半期決算発表、11月時点で14億円の債務超過に転落。

*三光合成<7888> 168カ
通期営業利益は2億円から13億円に上方修正。

*プロパスト<3236> 8000カ +1000
新興不動産株の一角ではゼクス株上昇をはやす動きも。

*IOデータ<6916> 430 +49
地デジチューナーの新製品を発表と伝わる。

*サムコ<6387> 2260 +235
いちよしではポジティブなレポート。

*IDU<8922> 7120カ +1000
短期資金の思惑先行の動きとはみられるが。

*エヌピーシー<6255> 2460 +140
前日に第1四半期決算発表、減益決算となるもコンセンサスは上振れ。

*アンジェス<4563> 140000 +7000
独社とのクロスライセンス契約解消でグローバル展開の思惑が浮上。

*ホロン<7748> 22000 -3000
短期的な過熱警戒感強まり、利食い売りが優勢となる。

*DDS<3782> 11820 -470
担保提供株式が返還されずと。

*Pワークス<3627> 205000 -6200
JPモルガンアセットの保有比率が低下。

*アパマン<8889> 3455 -70
新株式の発行登録書提出で今後のファイナンス懸念に。
1月8日(金)

H「週末の日経平均は大幅に反発だ。昨年来高値を更新し引けており、強い相場は継続していると言えそうだな。」

K「そうだな。まあザラバ中は大きく垂れる場面もあったんだが、結局戻して引けているからな。」

H「昨晩の米国市場はダウは小高く続伸となったものの、様子見感強い展開だった。個別に格上げなど好材料が出た銘柄が買われて相場を支えていた格好だが、上値の重さも見られていた。やはり今晩の雇用統計を確認しないことには動きにくいんだろうな。」

K「ただ底堅さもあり、米国市場も依然として強さは見られていると言えるだろう。まあ小売り各社の12月既存店売上高が良かったことからも、個人消費の回復が見られており、米景気回復期待が下値を支えているんだろうけどな。」

H「そうだな。まあ今日の日本市場でも、今晩の米雇用統計を控えポジション整理の動きが中心になると見られていた。ただ為替が急速に円安となっていたことから、輸出株中心に朝から買い優勢で始まっている。」

K「菅財務相が円安へ誘導するような発言をしたことにより、市場がそれに反応した。米国時間でもその流れは継続しておりドル円は一時93円台後半まで円安となる場面見られた。」

H「まあ早速のリップサービスだな。この発言に批判する向きも多いものの、日本市場にとっては好影響だからな。藤井さんの時は逆に安易な発言が円高を誘発したが、それよりはマシだろう。」

K「そうだな。まあ今日は鳩山首相が、菅さんの発言に対して物言い付けた為に、円高へと戻す場面があったが・・。」

H「結局、為替も材料不足なのかもな。要人発言に過敏に反応している。」

K「ある意味、まだまだ短期資金が中心なんだろう。まあいずれにしろ基調は円安という流れは変わっていないようであり、日本株にはまだ追い風が吹いている。」

H「ただ今晩の米雇用統計で大きく流れが変わることもあるからな。それだけに今晩の為替動向は非常に注目だ。」

K「そうだな。雇用統計強い数字でも、出尽くしでドル売りになる可能性もあれば、ドル買いの流れ更に強まると言うこともある。結局、蓋を開けてみないことには解らないといえるだろう。」

H「雇用統計の強さの度合いにもよるだろうしな。」

K「それだけに良くも悪くも雇用統計に対し警戒心は強い。結局、今日の日本市場もそれが良く出ていた動き何じゃないのか。つまり買い方も売り方も、ポジションをニュートラルにしたかった向きが多いと言える。上げりゃヘッジ売りを先物に入れたり、下げりゃヘッジ買いを入れたり・・。」

H「なるほどね。確かにそんな感じかもな。まあ今日はSQ算出日だったと言うことも、動きを複雑にしているとも言えそうだが・・。」

K「SQに絡んだ売買は買い越しだったようだな。それだけに幻のSQ値になるのではという警戒もあったんだが、何て事無く、寄り付き後もしっかりと買われてあっさりとSQ値をクリアしていった。」

H「SQ値は10798.75円となったが、前場前半は殆どそれを上回っての推移だったため、更なる上値を期待した向きも多かったようだが、さすがに雇用統計控えた3連休前とあって、上値追いの買いは出てこなかった。」

K「結局その後は売られたものの、大引けにかけてはキッチリとSQ値付近まで戻して引けている。まあこれなら基本的に問題はないだろう。前場の前半SQ値上回って推移していたこともあり、SQに絡んだ買いの反対売買は消化しているだろうし・・。心理的には悪くはない。」

H「そうだな。連休明けにあっさりとSQ値超えて引けくりゃ、来週中に11000円も可能かもな。」

K「逆に連休明け下げて引けると、暫くSQ値を超えられないという警戒も浮上しそうだが・・・。」

H「ただ来週から米国で企業決算発表が徐々に始まってくる。結構期待感もあるだけに、それが相場を支えると言う期待はありそうだ。」

K「そうだな。月曜日はアルコア、木曜日にインテル、金曜日にはJPモルガンが決算発表を予定している。」

H「それで米国市場が強い展開続けられれば、日本市場も当然期待は出来るだろう。」

K「確かにそうだが、日本固有の問題はまだくすぶっている。今日も公募増資の発表があった。8840大京だ。こんな感じで公募増資発表が相次いで出てくると、全体的に買い手控えが起こってしまう懸念はくすぶっている。」

H「そうだな。今日はまだその懸念は見られていないといえるものの、確かに連日公募増資の発表があるようだと、警戒されてきても不思議はない。」

K「特に日本企業の決算発表シーズンになれば尚更警戒心は強まるからな。決算発表時に公募増資の発表あるのではという警戒だ。」

H「そうだな。まあそれが今の強い相場に水を差さなければ良いんだが・・。」

K「まあ、全体的にも調整が欲しいと思っている向きは非常に多いだけに、公募懸念によって調整されるなら、それはそれで良いのかも知れないけどな。」

H「まあ、ちょっとした調整ならば、もちろん歓迎だろうけど、今の上昇基調が下落基調に転じるような事になるとまずいだろう。」

K「確かにそうだが、その公募増資懸念によって、そこまで流れが変わるとはちょっと考えにくいけどな。それに加えて他に悪材料が出てくれば、それもあり得るが・・。つまり円高へと流れが変わったりとかな。」

H「なるほど、確かにそれはそうだな。まだまだ不安要素は残っているものの、今の好調な地合が続いてくれれば有り難い。その為にも、取りあえず今晩の米国市場しっかりとした展開を期待したモンだな。」

K「そうだな。雇用統計をうけ、米国市場と為替市場がどういう展開になるのか見物だな。注目しておきたい。」
2010.1.8先物チャート
スポンサーサイト
コメント
こんにちわ!いつも見てます!初めて民主党が仕事したには笑いましたw
でもホントにそんな感じですよね~。この円安の流れに日経もついてくれればいいんですけどねー。自分はJALがまた下げてきたんで博打のつもりでしこんどきました!どうなることやら(^-^;
坊や #G/R0oQrY|2010/01/08(金) 11:51 [ 編集 ]
坊やさん、どうもです

どうも民主党は円高でデフレの方がいいみたいです
民主党支持の在日外国人が北や南にお金送るには円高の方がいいからなのか
それとインフレになると民主党支持の中心である
年金生活の老人が生活しづらくなるとか
JALはOBが癌ですね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/01/08(金) 16:25 [ 編集 ]
あけまして、おめでとうございます。
本当ですね。管が生まれて初めて仕事らしい仕事をしましたね。
いい発言でしたよ。
色々なバッシングがあるようですが、バッシングしている人たちは、自分たちが円安になってほしくない業界の圧力でしょうか???

とにかく、管が生まれて初めての仕事をしました。

褒めてやりますよ。

ガンガン発言して、次は、「円安はガンガン進行して、1ドル360円に絶対にします」と、発言してほしいもんです。

おもしろい展開になるはずですね。発言できれば。まあ、しないと思うけど。
株十郎 #UaG1u/Os|2010/01/09(土) 21:25 [ 編集 ]
株十郎さん、あけおめー!

政府はドンドン円安にするような態度をとってもらいたいもんですね
そういう姿勢を見せるだけでも景気に対して有効なのに
鳩山総理は失点を意識しすぎて縮こまってますね。
あれじゃ、何も変えられない。
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/01/11(月) 21:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。