(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.6【10750円の攻防も地合いは良い流れ】

2010/01/06 11:09|未分類CM:0
アメリカ、中古住宅販売が予想を下回ったってこととか
前日大きく上げてたってことで売られて始まったけど
結局変わらずくらいで終了
押し目買い強い

日本は前日の引けにかけての下げの後遺症で
朝一瞬下げ
いい加減にしろ
いつも逆指値引っ掛けられる
今度から一旦売って切り返しを買い直すか
オリックスとかプロミスとか三菱商事とか丸紅とか新日石とか新日鉱とかエルピーダとか
あとスマートグリッド関連とか持ってたけど
オリックスつえーと思って放置してたら
先物のくそにつられて下げ始めてカット
その後上昇なんとか買ったがいい加減にしろ

三井住友FG悪材料出尽くし
切り返し2715で買ったら
成行バンバン入って一瞬で2740まで
そこから下がってきたんでも一回2718で買って利確
アローヘッド早いな
メガバンクでデイトレ出来る

新興はミクシーのせいで軟調

後場
先物邪魔くさいな
変な節目ばっかり意識されてて
TOPIXを見習え
って先物は高値更新してるけど
TOPIXって8月の高値まで全然戻せてないんだね

やっとメガバンクも増資懸念から開放されて
上値追っていけるようになるのか
あとはみずほの増資とJALの問題か

後場も金融系
三井住友、オリックス、プロミスを買い買いで

スマートグリッド+外需系→素材系→内需系
循環物色っぽいけど
明日は何だろ

藤井君は円高にしただけで辞めちゃうらしいね


[株式オープニングコメント]
8月水準での底堅さ、テーマ物色は広がる
 5日のNY市場はまちまち。ダウ平均は11.94ドル安の10572.02、ナスダックは0.29
ポイント高の2308.71で取引を終了した。商品価格の上昇が好感される一方で、11月
の中古住宅販売が事前予想を大きく下回ったことが嫌気されており、昨日終値を挟ん
でもみ合う展開に。セクター別では、自動車・自動車部品や銀行が上昇する一方で公
益事業や医薬品・バイオテクノロジーが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大
証比135円高の10825円、円建ては同65円高の10755円。ADRの日本株は三井住友が
さえないほかは、日電産、京セラ、トヨタ、オリンパス、キヤノン、オリックスなど
対東証比較(1ドル91.71円換算)で全般堅調。
 NY市場は中古住宅販売が予想を下回ったことが嫌気されたが、今晩にはADP雇用
統計、住宅ローン申請、ISM非製造業景況指数を控えていることもあり、手控えムー
ドが強まる可能性はある。ただ、ADP雇用統計で改善がみられるようであれば週末の
雇用統計での雇用回復が鮮明となることもあり、買い戻しも強めておきたいところで
あろう。シカゴ先物は昨年8月高値レベルであり、この水準を確実に上放れる動きが
出ないことには先高観を強めづらいものの、底堅さは意識されるとみられる。朝の外
資系動向についても小幅ながら買い越し基調が続いている。円相場の円高基調が輸出
関連への上値を抑える可能性はあるが、商品市況の強い動きから商社、石油石炭など
の出遅れ修正の流れが続くことも考えられる。また、昨日は後場半ば辺りから調整を
強める展開となったが、昨年末からの上昇に対する一服の範囲内であり、トレンドを
崩している状況ではない。スマートグリッドなどのテーマ銘柄への循環物色は続くこ
とになろう。ワコムによるタッチパネル製品の量産報道、ディスコがLED向けの伸
びによって8四半期ぶりに売上が前年実績を上回るとの報道などもあり、タッチパネ
ル、LED関連への波及が期待されよう。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・SOX指数、2日続伸
・NY金相場、3日続伸
・NY債券市場、2日続伸(10年債利回り0.06%下落)
・バルチック海運指数、大幅続伸
・DRAMスポット、2日続伸
・日経平均、8月31日以来のザラ場ベースでの昨年来高値更新
・東証REIT指数、8日続伸

弱気材料
・NYダウ、小幅反落
・11月の米中古住宅販売成約指数、予想から下振れ
・LMEニッケル先物、反落
・長期金利、2日続伸(10年債利回り0.005%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(91円71銭-73銭)
・NY原油先物、9日続伸(1バレル=81.77ドル)
・欧州株、高安まちまち
・信用買い残、3週連続減少
・藤井財務相、体調不良から辞任へ
・小沢民主幹事長、東京地検が任意聴取方針観測
・日航の再建問題、財務省と政投銀が法的整理案支持観測
・日航の債務超過額、最大8000億円に拡大観測
・三井住友、8000億円の公募増資観測
・11月のユーロ圏生産者物価指数
・12月の米ADP雇用統計
・12月の米ISM非製造業景気指数
・英中銀金融政策委員会(6日~7日)
・米FOMC議事録


[サポート&レジスタンス]
終値           10682
5日移動平均       10631
標準偏差+2σ      10938
レジスタンス(2)    10845
レジスタンス(1)    10763
ピボット         10709
サポート(1)      10628
サポート(2)      10574
転換線          10487
100日移動平均     10133
25日移動平均      10133
先行スパンB        9946
基準線           9934
先行スパンA        9724
200日移動平均      9687
標準偏差-2σ       9327

[ランチタイムコメント]
こう着ながら地合いは悪くない
 日経平均は小幅続伸。44.30円高の10726.13円(出来高概算10億8000万株)で前場
の取引を終えている。小反発で始まった日経平均は、その後10661.17円まで下押す場
面もみられたが前日の安値を割り込まず、昨年8月高値水準での底堅い動きをみせて
いる。増資発表でアク抜けが期待される三井住友への買い戻しとみられる動きが、他
のメガバンクやノンバンク株への刺激材料となっていることも影響しているようだ。
ただ、週末のオプションSQを控えていることもあって、権利行使価格の10750円レ
ベルでは強弱感が対立しており、全体としては10700円前半レベルでのこう着感の強
い相場展開である。東証1部の騰落銘柄は値上り1000に対して値下がり467、変わらず
190と値上り数は全体の6割を占めている。

 225先物は一時10770円まで上昇しているが、オプション権利行使価格10750円が意
識されており、一気に上放れる流れにはなり難いようだ。今晩の米国ではADR雇用統
計などの指標発表が控えていることも、手掛けづらさにつながっているとみられる。
ただ、銀行、ノンバンクなどのしっかりの展開によって売り込みづらい面もあり、こ
う着ながら地合いは悪くない。また、テーマ銘柄についても循環の流れは速いもの
の、物色意欲の後退は感じられず。日経平均は10750円近辺でのこう着が続く可能性
は大きいとみられるが、金融セクターのほか、テーマ銘柄での循環物色が続く展開と
なりそうだ。

[クロージング]
10750円の攻防も地合いは良い流れ
 日経平均は小幅続伸。49.62円高の10731.45円(出来高概算22億7000万株)で取引
を終えた。後場寄り付き直後に一時10768.61円と前場高値を上回る場面もみられた
が、オプション権利行使価格10750円が意識されており、一気に上放れる流れにはな
り難いようだ。今晩の米国ではADR雇用統計などの指標発表が控えていることも、手
掛けづらさにつながっているとみられる。また、健康不安を理由に辞任の意向を示し
ている藤井財務相の後任人事を見極めたいとの声も聞かれていた。とはいえ、増資発
表でアク抜けが期待される三井住友への買い戻しとみられる動きが、他のメガバンク
やノンバンク株への刺激材料となっていたほか、商社など資源系セクターの出遅れ修
正の流れも継続しており、地合いそのものは悪くない状況である。12月の米新車販売
の好調が伝えられたトヨタが終日強い動きをみせたことも日経平均の底堅さにつなが
っていた。
 東証1部の出来高は連日20億株を超えてきている。みずほ、三菱UFJで2割超を占め
ているとはいえ、JALで占めているよりは地合いは良い流れとしてみられよう。ア
ローヘッドの見極めから、売買を手控えていた海外勢も動き出してきているようであ
る。
 ADP雇用統計の内容次第では週末の雇用統計での改善期待が強まるため、今晩の米
国市場の動向が注目される。オプション権利行使価格10750円を上放れることができ
れば、ヘッジに伴う買い需要なども意識されるところ。一方、こう着レンジを抜け出
せなかったとしても、これまでの上昇で需給が大きくロングに傾いていたわけではな
いため、押し目ではショート筋の買戻しも強まる可能性はあろう。テーマ銘柄につい
ても循環の流れは速いものの、物色意欲の後退は感じられていない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10731.45 +49.62
TOPIX931.13 +11.56
東証2部指数2081.43 +7.01
日経ジャスダック平均1180.53 -0.18
マザーズ指数404.64 -10.04
ヘラクレス指数557.62 -3.30
東証1部出来高22.75億株
東証1部騰落レシオ127.64%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は高安まちまち。住宅関連指標が良くなく嫌気されたものの、下値
は限定的。米新車販売台数が良かったことや、商品市況の上昇から関連株が買われ
たことが相場を支えた。日経平均は小幅高で始まったが、寄り後は売られる展開に。
しかし銀行株など金融株が今日は買われており、相場を押し上げる動き。上値の重
さは見られるものの、後場も金融株が堅調で日経平均プラス圏での揉み合いが大引
けまで続いた。新興市場は軟調となっている。日経先物の主な買い越し証券はニュ
ーエッジ、藍澤、メリル、クレディ、安藤、JPモルガン、BNPパリバ、バークレイズ。
売り越しは野村、立花、ドイツ、水戸、SBI、三菱UFJ、大和など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8316三井住友FG 2800円 +147
今日は金融株が総じて高く、同社株がそれら金融株を牽引しているとの見方。昨日
から報じられている公募増資が本日にも正式発表と今朝も報じられており、アク抜
け感引き続き強まる展開。銀行株は出遅れ感強かった事もあり、見直し買いも入っ
てきたようだと・・。ただ公募価格決定日へ向け、再度売り込まれる可能性も高い
だけに、更に積極的に上値を追う買いは乏しいのではと。今日の上昇は主に短期資
金による物色と空売りの買い戻しが多いのではと見る向き多い。

8574プロミス 853円 +93
連日の大幅高。同社は三井住友FG傘下であることから、増資によって財務強化が同
社へも好影響だと見られているようだ。同様に三菱UFJ傘下の8572アコムも大幅高と
なっている。8564武富士、8515アイフルも連れ高している状況。短期資金中心の物
色との見方もあるが、サラ金株は長い期間低迷していたことから、地合好転で見直
し買いも入ってきているのではと・・・。物色が続くかどうか注目されている。今
日はその他金融セクターが業種別指数では値上がり率トップとなっている。

8703カブドットコム 98400円 +5900
年末辺りから強い展開続いている状況。アローヘッド関連株としての見直し買いが
継続しているとの見方。同証券はアローヘッド導入に合わせ最新技術を利用したシ
ステム刷新を行いサービス拡充しており、東証直結システムにより注文執行も高速
化。注文方式も非常に多様となっている。それだけに今後口座数拡大期待が強まっ
ているようだ。今日は他の証券株も総じて堅調。地合が良くなってきている事から、
証券株への見直し買いも入っているとの見方も・・。

2121ミクシィ 668000円 -59000
大幅安。今朝の日経新聞には10-12月期の連結営業利益が7-9月期に比べ24%減の7.5
億円程度だと報じられている。これにより通期業績の計画未達懸念が浮上した模様。
ただ基本的には計画通りの数字だといえ、通期業績も計画通りに着地するのではと
見る向きも多い。最近の値動きの悪さから、この報道が見切り売りを誘ったようだ。
手仕舞い売り一巡すれば、見直し買いが再び強まってくるのではと・・。今日は
3632グリーが格下げされ売られていることもあり、これら両銘柄の下落の影響で新
興市場が全体的に軟調だったようだ。

7974任天堂 24500円 +1570
大幅上昇。昨日、ロイターに同社社長のインタビューが報じられており、それを好
感されている。年末商戦で「Wii」の販売が非常に好調であり、今期業績計画は達成
可能を示唆している。もともと今期業績計画は未達濃厚で下方修正されることを前
提に売られていた面もあるだけに、見直し買いが入ってきたようだ。ただ200日移動
平均線走る25000円を超えていくのは目先的には厳しいのではと見る向き多い。この
報道の影響で、任天堂関連といえる6767ミツミ電機、6804ホシデン、6875メガチッ
プスもしっかりの展開となっている。

9205日本航空 84円 -6
軟調。今朝の日経新聞には財務省と政策投資銀行は同社の経営再建策を巡り法的整
理案を支持していると報じている。これをうけ、改めて株主責任を負わされるとの
懸念が再燃。場合によっては株価価値も無くなると言うこともあり、手仕舞い売り
強まったようだ。また朝日新聞には同社の債務超過額は最大8000億円に膨らんでい
ると報じている。また法的整理後でも条件を満たせば上場維持が可能であり、その
活用を考えているとのこと。いずれにしろ大幅な減資、増資を行うことになると思
われ、現在の株式価値は大幅に目減りする見通し。

6921東光電気 630円 +42
大幅上昇。14時過ぎまで小幅安水準での揉み合いだったが、大引けにかけ買い戻し
の動き強まり一段高に。スマートグリッド関連株として派手に物色されていたが、
空売り多く入っており今日から貸借取引で注意喚起が入っていた。小型の貸借銘柄
と言うこともあり、更に空売り増えるようだと逆日歩が跳ね上がるという思惑が強
まったようだ。続くかどうかは日証金の取り組み次第だが、売り禁となれば、そこ
がピークになるとの見方も・・。

===============
◆◇1/7(木)の主な予定!◇◆
===============
12月オフィス空室状況(11:00)
エヌピーシー、ハニーズ、インテリックス、ローソン、7&IHD、スター精密、
イオン、カッパクリエイト、ミニストップ、米久、クラウディア、イズミ、
富士エレクトロニクスなど決算発表
国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(ラスベガス ~10日)
米新規失業保険申請件数(22:30)
[動いた株・出来た株]

*フェイス<4295> 11000 +950
大台割り込み調整一巡感、押し目買いの動き集まる格好か。

*コーセル<6905> 1261 +89
12月の月次売上は16ヶ月ぶりの前年比プラス転換で。

*イズミヤ<8266> 434 +30
引け後の決算発表控えて買い戻しなどの動きにも。

*東光電気<6921> 630 +42
貸し株残急増などで需給思惑高まる展開へ。

*アキレス<5142> 141 +9
有機EL関連といったテーマ性をはやす声も。

*黒田電気<7517> 1288 -53
もみ合い下放れから手仕舞い売り優勢に。

*ソネットエンタ<3789> 203600 -5600
新興市場の中心銘柄の一角が軟化した影響も。

*NOK<7240> 1273 -34
シティでは自動車部品の注目銘柄に取り上げるも上値重く。



(前場)
*JBR<2453> 81500 +8500
前日から急動意、リバウンド狙った短期資金の値幅取り商い。

*アコム<8572> 1640 +156
銀行系の消費者金融各社には支援期待など高まる状況とも。

*プロミス<8574> 827 +67
三井住友FGの増資観測から支援期待なども高まる方向に。

*アイフル<8515> 142 +10
TVCM再開などを引き続き買い安心材料と捉え。

*ゴールドウイン<8111> 192 +13
マスターズ向けレーザー・レーサーへの需要拡大期待はやし。

*日本M&A<2127> 400500 +26000
12月の戻り高値水準突破で値幅取り妙味が一段と強まる。

*武富士<8564> 429 +26
消費者金融株一斉高の流れに連れ高する展開で。

*SMK<6798> 576 +33
12月の月次受注が前年同月比67%増と急伸となっており。

*レオパレス21<8848> 402 +23
中国人留学生向けに日本の賃貸アパートを紹介する事業などに関心とも。

*日立造船<7004> 136 +7
コスモでは目標株価165円で投資判断「B+」を継続。

*クラリオン<6796> 98 +5
10-12月期の営業損益は2四半期連続で黒字確保と伝わる。

*Uアローズ<7606> 809 +39
前日に月次発表、既存店売上高は3ヶ月ぶりプラス転換へ。

*ジェイコム<2462> 89600 +4100
前日に上半期決算発表、経常利益は計画を上ブレ着地。

*カブドットコム<8703> 96900 +4400
12月の1日当たり委託手数料は4ヶ月ぶりに前月比プラスへ。

*メガネトップ<7541> 1096 +46
12月既存店売上高は4ヶ月ぶりにプラス回復で。

*みずほFG<8411> 171 +7
増資観測報道の三井住友FG株高が安心感誘う格好にも。

*JUKI<6440> 100 +4
出遅れ感強い低位材料株として短期資金の矛先が向かう形か。

*ジャックス<8584> 226 +9
消費者金融株一斉高の流れが刺激になる。

*セディナ<8258> 178 +7
三井住友FGの増資観測なども期待材料につながるか。

*三井住友FG<8316> 2758 +105
本日にも公募増資実施発表と伝わるが、引き続き買い戻しの動き優勢で。

*ツルハHLDG<3391> 3450 +125
三菱UFJでは投資判断「1」に格上げ、4500円目標とする。

*ワコム<6727> 207500 +7400
ノートPC向けタッチパネルの量産報道など伝わる。

*エルピーダ<6665> 1659 +51
台湾のレックスチップと技術開発センター開設などとも伝わる。

*ゼクス<8913> 1250 -279
天井到達感広がり、先月央からの株価急騰の反動が続く。

*山陽特殊製鋼<5481> 391 -26
UBSでは短期的に業績下ブレリスクありとも指摘。

*ガリバー<7599> 5880 -320
決算発表接近で警戒感、大和では10-12月期は失速の公算と。

*日本航空<9205> 86 -4
法的整理案を財務省・政投銀が支持などとも報じられており。

*日本写真印刷<7915> 4420 -155
岡三では投資判断を「強気」から「中立」に格下げ。

*ドワンゴ<3715> 169200 -5700
ミクシィやグリーの株安も影響する形か。

*テルモ<4543> 5390 -150
リバランスの流れから利益確定の動きが継続の格好と観測。

*日本シイエムケイ<6958> 650 -17
上値の重さ嫌気、改めて高水準の買い残なども意識へ。

*カシオ計算機<6952> 730 -19
バークレイズでは投資判断を「イコールW」から「アンダーW」に下げ。

*スタンレー電気<6923> 1815 -45
目立った材料ないが、本日は小糸製なども軟調。

*三菱UFJ<8306> 464 +12
三井住友FG株高でメガバンク各社は連れ高の格好にも。

*三洋電機<6764> 172 +2
野村やバークレイズで投資判断格上げの動き相次ぐ。

*日立製<6501> 282 +1
三菱UFJでは投資判断を「4」から「3」に格上げ。

*住友金属工業<5405> 261 +8
ブラジル合弁製鉄所、5月にも試運転開始と伝わる。

*明電舎<6508> 452 +9
エコカー関連としてテーマ物色の流れ継続、信用取組妙味なども。

*商船三井<9104> 526 +15
バルチック指数が連日のリバウンドとなっており。

*三井化学<4183> 260 +8
出遅れ修正の動き継続、11月に開けたマド埋め目指す形。

*野村HLDG<8604> 708 +14
JPMでは目標株価を800円から850円に引き上げ。

*東芝<6502> 514 -5
円安一服などで主力ハイテクの一角には利益確定の動きも。

*新日本製鉄<5401> 379 +4
11月の鉄鋼業界の輸出は34%増加とも伝わり。

*日産自動車<7201> 799 -4
12月の米国自動車販売伸び率はトヨタやホンダとの比較で伸び悩む。

*全日本空輸<9202> 270 +4
羽田増便の発着枠拡大など引き続き期待材料視も。

*旭硝子<5201> 937 +33
野村では、液晶ガラス基板業界において液晶ガラスの好調当面続くと。

*トヨタ<7203> 3880 +75
12月の米国自動車販売は前年比で32%の大幅増に。

*ドコモ<9437> 131600 +1700
リバランスの動きの中で、通信各社には出遅れ物色の流れも。

*三菱商事<8058> 2423 +47
GSでは商社株の強気スタンスを再強調へ。

*武田薬品<4502> 3920 +50
野村では投資判断を「3」から「2」へ格上げへ。

*T&DHD<8795> 1960 +42
野村では投資判断を「1」に格上げ、2880円目標とする。

*ファストリ<9983> 16760 -140
衣料品各社の12月月次好調で相対的優位性も薄れる。

*JFEHD<5411> 3745 +55
東日本製鉄所の操業再開などを好材料視も。

*ブリヂストン<5108> 1579 -37
シティではタイヤ各社の2010年はコンセンサス下ブレの公算と。

*TAIYO<6252> 113 +5
代替エネルギー関連の低位材料株として物色人気向かう。

*任天堂<7974> 24070 +1140
12月のWii販売は絶好調との社長インタビュー報道を受けて。

*ホシデン<6804> 1084 +47
任天堂の株高に連れ高する展開ともなる。

*遠藤照明<6932> 409 -13
LED照明の成長期待で直近上昇の反動も。

*ジパング<2684> 10500カ +1500
上場廃止猶予期間入りで急落も大台割れ水準では下げ渋る格好にも。

*JCOM<4817> 89600 +3500
すずらんケーブルの買収を好感する動きにも。

*Jインベ<3827> 5410カ
値動きの軽さから短期資金の流入が継続。

*フォトニクス<7708> 15200 +1220
短期資金の流入が継続、10月の高値更新で需給妙味も。

*岡本硝子<7746> 207 -34
太陽熱発電関連として人気化も、短期的な過熱警戒感で。

*セイクレスト<8900> 366 -51
ゼクス株に連れ安する流れにも。

*ローソンEM<2416> 145000 -4000
今期業績予想を上方修正するも材料出尽くしと捉えられる。

*ミクシィ<2121> 668000 -59000
10-12月期営業利益は前期比24%減との観測が報じられる。

*グリー<3632> 5230 -360
モルガンでは投資判断を「オーバーW」から「イコールW」に格下げ。

*スカイマーク<9204> 368 -21
羽田発着枠の配分発表で短期的な材料出尽くし感。
1月6日(水)

H「日経平均は3日続伸となった。これで今年はまだ負け無しだな。」

K「今年の相場も幸先良いスタートになっているな。昨晩の米国市場はダウこそ下落したものの、小幅安程度だし、ナスダックやS&P500指数は小幅に上げていた。」

H「日経平均も過熱感出て来ているだけに、今日などは一服しても良さそうなモンだったが、マイナスとなったのは朝方だけだ。その後は終始プラス圏でしっかりの展開だった。」

K「何と言っても今日は金融株だろう。相場を引っ張っていたのは。メガバンク中心に金融株が総じて買われていた。8316三井住友FGの公募増資報道でアク抜けの動きが昨日から続いている状況だ。」

H「しかし、まだ公募価格も決まっていないし、何もここまで派手に買われなくてもって感じだが。」

K「そうだな。銀行株は出遅れていただけに、見直し買いが入ってくるのは解るが、何も今慌てて買い向かうところでもないからな。公募価格決まってからでも恐らく遅くはない。まあその時より今の株価の方が安いと見ている向きもいるようだが・・・。」

H「どうだろうな。どうせ公募価格決定日へ向け再度売られていくんだろうけど、それが今より安いか高いかは何とも言えない。それだけに取りあえず打診的に買ってきている向きも多いんじゃないのか・・。」

K「まあ長期投資家にしてみりゃ、誤差の範囲だろうしな。何はともあれ、出遅れ感強かった金融株が買われてきたのは好感できる。続くかどうかは非常に微妙だけどな。」

H「ただハイテク株など主力系の輸出株には過熱感も出ているもの目立っていたし、物色資金がTOPIX系に移るのは悪くない。」

K「そうだな。非常に良い傾向だと言えるだろう。もともと日経平均に比べTOPIXは出遅れ感があったことからも、TOPIX系といえる金融株や内需系株が買われることは、非常によい循環物色と言える。まあ問題は金融株物色続くかどうかだが・・。」

H「今までも何度か金融株が買われる場面もあったんだが、ことごとく続いていない。せいぜい数日で物色は終わり、その後は上げた分をキレイに戻すという展開になっている。それだけにいつまで経っても金融株の出遅れ感が解消されない。」

K「ああ。今回こそは流れが大きく変わればと期待する向きは多いんだが、三井住友FGとみずほFGの公募増資を控えていることから、結局また売り込まれる場面出て来そうだけどな。JAL問題だってメガバンクに取ってはまだ懸念だしな。」

H「まあ、その間にハイテク株など過熱感冷ましてくれば、再び資金がハイテク株など輸出株に戻ると言う感じか・・。」

K「今日は新興市場が総じて軟調だった。ネット株が幾つか派手に売られていたことが重しとなっている。年末へ向け強さも見せていたネット株もあったんだが、今年に入ってこれら銘柄はさっぱりだ。」

H「資金が新興市場やそれらネット株には向かっていない様子だしな。年明け以降は、やはり東証1部の主力株が中心となっている。まあ、まだ今年も3営業日しかやっていないが・・。」

K「今日などは個人投資家がネット株から銀行株に資金シフトする動きが目立っていたようだ。ミクシィには10-12月営業利益が大幅減益になったようだと報じられた事が嫌気され、3632グリーはモルガンSが格下げしてきた事を嫌気された。これら2銘柄が大きく下げており、他のネット株や新興市場の重しとなったようだ。」

H「グリーに関しては先月野村が随分と強気なレポートを出していた。目標株価9000円として驚かせた。その見解を否定するようなモルガンSの格下げだけに、手仕舞い売りを誘ったようだ。野村のレポートで結構買っていた個人投資家も多い様だからな。」

K「ああ。確か、野村の顧客が8306三菱UFJFGの公募株を利食いし、それで野村強気のグリーやDeNAを買ってきた向きも多かったようだからな。」

H「それが今日は早くも、再びメガバンクへ戻ったと言う感じか・・。」

K「まあ、そんな感じだろう。ただネット株は良い調整じゃないのか。何も悪材料出ていないのに、一緒になって派手に売られてしまった4751サイバーエージェントのホルダーは納得いかないだろうが・・。」

H「サイバーエージェントは空売り出来るだけに、短期資金のターゲットにされたという面もありそうだが。悪材料出たミクシィやグリーは貸借銘柄でなく基本的には空売り出来ないからな。」

K「それもあるだろうな。グリーに関して言えば、野村の見解も強気すぎだとは思うが、今日のモルガンSの格下げ理由も何とも曖昧だ。それだけに更に売られれば買いたい向きはまだまだ多そうだけどな。良い調整だよ。」

H「そうだな。まあ日経平均が調整色出てくれば、再び新興市場やネット株が買われると見る向きも多く、ある意味仕込み場かも知れないな。」

K「まあ、相場環境は非常に良くなってきているだけに、循環物色によって全体的に底上げ相場になっていけば良いけどな。」

H「そうだな。まずは今晩の米国市場期待したいモンだな。今晩の米国市場ではADP雇用統計など重要経済イベントも多い。」

K「去年はこのADP雇用統計の悪さを機に派手に売り込まれていったからな。日経平均も今年と同様に年明け3日間は堅調だったものの、4営業日後からは派手に下落を始めている。そのきっかけとなったのがADP雇用統計だ。まあ今年は去年とは違うだろうけどな。」

H「ああ。去年はまだ景気悪化進行中という状況だからな。今年は回復へ向かいつつある状況で、全く違う。とにかく今晩の米国市場どういう展開になるのか注目しておきたい。」
1.6先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。