(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.24【参加者限定、週末要因でも利食い強まり難い】

2009/12/24 11:11|未分類CM:0
NYが連騰
為替は円安
素材も上昇
これで下がるわけがない

持ちはほとんど利確して
CAの寄り後の下げを買ったら高値抜け
これは知ってるぞ
ここで売ったら1万円くらい上がって
1束逃したーってなるパターンのやつやー
で半分残したらそこからがなかなかの苦戦を強いられた
2段に落とされて163800で最後大量買いさせられるまで
売ったり買ったり
何とか利確に持ち込んだが
引け間際上昇かよ
上昇のタイミングおかしいだろ

+2σに接近も
必要以上に考えないほうがいいかな

後場
お寝んね投資法
今日も寝てる間に上がってた
見てたら売ってたかもな

半導体関連と液晶関連買っとけば間違いないかな
もうすでに高くて押し目待ってるんだが
中国で補助金で液晶テレビが売れてるとかで
あと素材系、商社系か
これも中国
結局今日も銀行、不動産の内需系が弱く外需が強い
なぁーんにも内需主導経済なんかになってない

今日はNYクリスマス前日で半日
明日はクリスマスで休場
こういう祝い事の前の相場でアメリカ下がった記憶ない
半日だし明日も堅調で返ってくるんじゃないかな


[株式オープニングコメント]
参加者減意識なら環境関連へ
 23日のNY市場は上昇。ダウ平均は1.51ドル高の10466.44、ナスダックは16.97ポ
イント高の2269.64で取引を終了した。12月ミシガン大学消費者信頼感指数や11月新
築住宅販売が相次いで事前予想を下回ったことで下落に転じる場面もみられたが、原
油など商品相場の上昇を受けてエネルギーや素材関連株が買われ、結局前日終値を回
復した。セクター別では、素材や不動産が上昇する一方で銀行や各種金融が軟調。シ
カゴ225先物清算値はドル建てが大証比160円高の10510円、円建ては同110円高の
10460円。ADRの日本株は日電産、ソニー、京セラ、トヨタ、ホンダ、任天堂、オ
リックスなど対東証比較(1ドル91.63円換算)で全般堅調。
 円相場は1ドル91円後半で推移しているほか、商品相場の上昇、シカゴ先物は円建
てで10485円(ドル建て 10585円)まで上昇する場面をみせていることから、ボリン
ジャーバンドのプラス2σ(10520円)レベルをうかがう展開となろう。今晩のNY市
場は短縮取引となり、翌日はクリスマスで休場となるため海外勢の商いは細ると考え
られるが、買い先行スタート後もプラス2σレベルでの推移が続きそうである。物色
としては輸出関連や資源系関連が上昇をけん引するとみられるが、明日以降の参加者
減少を想定した環境関連(太陽電池、リチウムイオン電池、風力発電、LED、スマ
ートグリッド)などへの物色意欲はピンポイントで続くことになろう。環境関連で信
用需給妙味の大きい銘柄へは年越しを意識したポジション取りも若干ながら出てきそ
うである。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、4日続伸
・米ナスダック、連日で年初来高値更新
・SOX指数、4日続伸
・NY金相場、3日ぶり反発
・欧州株、続伸
・LMEニッケル先物、大幅反発
・DRAMスポット、2日続伸
・日経平均、終値で約3カ月ぶりの高値
・東証REIT指数、3日ぶり反発

弱気材料
・11月の米新築住宅販売件数、4月以来の低水準に悪化
・バルチック海運指数、13日続落
・長期金利、6日ぶり反発(10年債利回り0.030%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(91円65銭-67銭)
・NY原油先物、2日続伸(2月物1バレル=76.67ドル)
・NY債券市場、変わらず(10年債利回り3.75%)
・米フォード、吉利への「ボルボ」売却で基本合意
・信用買い残、2週ぶり減少
・診療報酬、10年ぶり増額
・アイフル、事業再生ADR手続きでの債権者集会開催
・ヤーマン、ジャスダック上場
・10-12月期法人企業景気予測調査
・日銀金融政策決定会合議事要旨
・白川日銀総裁講演
・米国市場、クリスマスイヴで短縮取引
・11月の米耐久財受注


[サポート&レジスタンス]
終値           10378
5日移動平均       10209
標準偏差+2σ      10518
レジスタンス(2)    10473
レジスタンス(1)    10426
ピボット         10330
サポート(1)      10283
先行スパンB       10198
サポート(2)      10188
100日移動平均     10108
転換線          10106
先行スパンA        9940
25日移動平均       9832
基準線           9727
200日移動平均      9569
標準偏差-2σ       9146

[ランチタイムコメント]
指値も薄い状況で意外と値幅が出る可能性も
 日経平均は3営業日続伸。136.20円高の10514.23円(出来高概算9億7000万株)と、
ザラバベースでは9月24日以来の10500円を回復している。円相場は1ドル91円後半で
推移しているほか、商品相場の上昇を背景に、輸出関連、素材株主導の上昇となっ
た。シカゴ225先物(円建て)が10500円に接近していたこともあり、10400円を回復
して始まった日経平均は、薄商いのなか、じりじりと上げ幅を広げている。
 セクターでは鉄鋼が上昇トップのほか、卸売(商社)が堅調。業績見通しが好感さ
れた日電硝のインパクトから、ガラス・土石のほか、タバコ1本5円の値上げがアク抜
けにつながったJTのインパクトで食品が上位に。そのか、電気機器、輸送用機器、
機械など輸出関連もしっかり。東証1部の騰落銘柄は、値上り991に対して値下がり
504、変わらず176と、値上り数は全体の6割近くを占めている。

 日経平均はきれいなトレンド形状で10500円を回復した。節目でいったんは達成感
との見方もあろうが、これまでボリンジャーバンドのプラス1σをサポートとして、
プラス2σを意識したトレンドを維持しており、日足、週足ともに目先10600円レベル
となる。形状だけをみれば、ここまで戻りをみせてくると8月末の新政権発足時の高
値がみえてくることになり、新政権発足後の下落分を埋めるといった見方も出てこよ
う。一方、サポートは10月末の戻り高値を超えたことから、10400円レベルが意識さ
れることになる。
 ただ、海外勢のオーダーは期待できないこともあり、資金回転を考えると材料株で
の短期値幅取りとなる。とはいえ、参加者が限られていることから指値も薄い状況で
あり、インデックスに絡む商いなどで意外と値幅が出てくる可能性はある。主力処に
ついては小口の株数で銘柄を散らすとった対応になりそうだ。

[ランチタイムコメント]
指値も薄い状況で意外と値幅が出る可能性も
 日経平均は3営業日続伸。136.20円高の10514.23円(出来高概算9億7000万株)と、
ザラバベースでは9月24日以来の10500円を回復している。円相場は1ドル91円後半で
推移しているほか、商品相場の上昇を背景に、輸出関連、素材株主導の上昇となっ
た。シカゴ225先物(円建て)が10500円に接近していたこともあり、10400円を回復
して始まった日経平均は、薄商いのなか、じりじりと上げ幅を広げている。
 セクターでは鉄鋼が上昇トップのほか、卸売(商社)が堅調。業績見通しが好感さ
れた日電硝のインパクトから、ガラス・土石のほか、タバコ1本5円の値上げがアク抜
けにつながったJTのインパクトで食品が上位に。そのか、電気機器、輸送用機器、
機械など輸出関連もしっかり。東証1部の騰落銘柄は、値上り991に対して値下がり
504、変わらず176と、値上り数は全体の6割近くを占めている。

 日経平均はきれいなトレンド形状で10500円を回復した。節目でいったんは達成感
との見方もあろうが、これまでボリンジャーバンドのプラス1σをサポートとして、
プラス2σを意識したトレンドを維持しており、日足、週足ともに目先10600円レベル
となる。形状だけをみれば、ここまで戻りをみせてくると8月末の新政権発足時の高
値がみえてくることになり、新政権発足後の下落分を埋めるといった見方も出てこよ
う。一方、サポートは10月末の戻り高値を超えたことから、10400円レベルが意識さ
れることになる。
 ただ、海外勢のオーダーは期待できないこともあり、資金回転を考えると材料株で
の短期値幅取りとなる。とはいえ、参加者が限られていることから指値も薄い状況で
あり、インデックスに絡む商いなどで意外と値幅が出てくる可能性はある。主力処に
ついては小口の株数で銘柄を散らすとった対応になりそうだ。

[クロージング]
参加者限定、週末要因でも利食い強まり難い
 日経平均は3営業日続伸。158.89円高の10536.92円(出来高概算19億3000万株)
と、終値ベースでは9月24日以来の10500円を回復して取引を終えている。円安のほか
商品相場の上昇を背景に、輸出関連、素材株主導の上昇となった。クリスマスを控え
た影響から海外勢のオーダーは減少しているが、指値も薄い状況でありトレンドが出
やすい状況である。チャート形状ではこれまでボリンジャーバンドのプラス1σをサ
ポートとして、プラス2σを意識したトレンドを維持しており、節目の10500円回復に
よる達成感よりも先高観が強まっている。
 今晩の米国市場は短縮取引となるため、海外勢のオーダーは一段と減ることになろ
う。ただ、短縮取引のなかでNYダウが抵抗線の10500ドルを捉えてくることができ
れば、日本株へショートカバーのオーダーが入ってくる可能性はある。また、数量は
少ないながらも需給妙味の大きい銘柄や低PBR銘柄などへの断続的な買いも観測され
ており、参加者限定、週末要因といっても利食いが強まるとは考えづらいところであ
る。ただ、本日の動きをみても主力株が主導するものの、高止まりで収益に結びつき
難い面がある。そのため、値幅取り狙いの資金としては環境関連の低位材料株や、1
株、100株単位の値がさ株などによる日計りが中心となろう。直近上昇の反動が出て
くるようだと、年明け後を意識したスタンスでのポジション取りも考えたいところで
ある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10536.92 +158.89
TOPIX913.72 +10.66
東証2部指数2054.90 +10.79
日経ジャスダック平均1167.57 +7.15
マザーズ指数412.96 +0.62
ヘラクレス指数541.85 +1.92
東証1部出来高19.38億株
東証1部騰落レシオ104.86%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅ながらも4日続伸。新築住宅販売件数が良くなく上値を抑え
たものの、前日の中古住宅販売件数は良かったことから下値も限定的。ハイテク株
など個別に好材料出た銘柄もあり相場を支えた面もあるようだ。為替も円安進行し
ており日経平均は堅調に始まる。寄り後も海外勢の買いが入っておりしっかりの展
開。日経平均節目の10500円も超え後場には一段高。そのまま10500円台で引けてい
る。輸出株中心に買われた。一方、ネット株には軟調な銘柄目立っている。日経先
物の主な買い越し証券はニューエッジ、JPモルガン、BNPパリバ、バークレイズ、
UBS、大和、藍澤、アーク、安藤、クレディ。売り越しは野村、ドイツ、みずほ、
カブコム、ゴールドマン、シティ、モルガンS、三菱UFJ、楽天、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8515アイフル 136円 +11
しっかり。今日同社は債権者集会を開催しており、引き続き事業再生ADRの成立期待
から物色されている。後場は結果待ち状態で揉み合いだったが、13時半過ぎに一部
でADR成立と報道されると一段高に。ただ買い一巡後は手仕舞い売りに押されている。
一昨日から先回り的に買われていたこともあり出尽くし感もあるようだ。取りあえ
ず法的整理で上場廃止という最悪の事態は避けられたと事は好感されるが、これを
機に上値を追う動きにはなりにくいのではと・・。

9697カプコン 1543円 +96
大幅上昇。一昨日、同社は今期業績を大幅に下方修正している。下方修正懸念はあ
ったものの、数字的に想定以上の下方修正だと見る向きも多い。しかし今日は寄り
付きから買い優勢で始まる展開。下方修正要因は3タイトルの発売延期による事から、
来期業績は期待できるとの見方が強いようだ。またこの修正をうけ、シティGが格
上げしたことや、野村が強気継続で目標株価引き上げたことも好感されている。ま
た同社は下方修正と一緒に自社株買いを発表しているが、この買い付け期間は年明
けからとなっている。それだけに年内の押し目は買われやすいとの見方。

5214日本電気硝子 1298円 +144
大幅高で年初来高値を更新。一昨日、同社は3Qの業績見通しの上方修正と、4Qの業
績見通しを発表。これを好感され買われている。またこれにより同社の目標株価を
引き上げる証券会社も相次いでおり、追い風となっているようだ。4Q見通しも控え
目だと見る向きも多いようで、見直し買い継続するとの見方も多い。連想的に5201
旭硝子もしっかりの展開で年初来高値を更新している。

9205JAL 99円 -2
軟調で再び100円割れに。一昨日、政府が同社に対する金融機関の融資に政府保証
を付けないと表明。一時は7000億円規模の政府保証を付けることを検討していたも
のの、2次補正予算への盛り込みは見送られており、来年度予算に盛り込まれるか
が注目されていた。それも見送られたことから先行き不透明感が再び強まったこと
を嫌気されている。最悪、法的整理もあり得るのではという懸念が再燃したようだ。
ただその割には底堅くなっており、新たに売り込む動きも限定的のようだ。

6630ヤーマン 3710円 -490円(初値比)
今日新規上場した銘柄。公募価格3700円に対して4200円の初値を付ける。ただ寄り
後は言うほど買われずに売り優勢の展開。後場にはストップ安を付ける場面も。前
回のIPOである1606日本海洋掘削が好発進したことから、期待した向きも多かった
ようだが、やはり業種的に違いが大きく海洋掘削のようには行かないようだ。また
明日もIPOがあることも物色されにくい状況だったのではと・・。

===============
◆◇12/25(金)の主な予定!◇◆
===============
12月末権利取り売買最終日
11月失業率(8:30)
11月有効求人倍率(8:30)
11月家計調査(8:30)
11月消費者物価(8:30)
11月自動車生産(13:00)
11月住宅着工(14:00)
3268一建設がジャスダックに新規上場
高島屋、オークワ、CFSコーポ、セキド、乃村工藝社など決算発表
海外市場休場「クリスマス」
[動いた株・出来た株]

*津田駒<6217> 117 +10
信用高値期日迎え、今後の需給改善期待なども。

*プロミス<8574> 696 +45
アイフルの事業再生ADR成立なども安心感につながる。

*岩崎電気<6924> 156 +10
道路照明施設設置基準に準拠した明るさのLED道路灯を発売と。

*エルピーダ<6665> 1481 +94
東京市場休日中の海外市場ではDRAM価格が反騰しており。

*蝶理<8014> 102 +6
もみ合い上放れが低位材料株循環物色の流れを誘う格好に。

*日立国際<6756> 815 +47
半導体関連人気化のなか需給妙味なども強く。

*東芝テック<6588> 365 +20
もみ合い相場を上放れで買い戻しの動きなども強まるか。

*海洋掘削<1606> 6090 -250
好調な初値示現後も連日の上値追い続き、さすがに過熱警戒感も。

*コーセル<6905> 1156 -40
短期的な過熱感を冷やす動きが継続。

*東京建物<8804> 351 -11
不動産株安のなかで利益確定の動きも先行へ。

*ウェザーN<4825> 1073 -28
出来高が膨らんだ10月中旬の株価水準では戻り売り圧力。




(前場)
*第一屋製パン<2215> 123 +30
豊田通商が割当増資引き受けで大株主となり。

*ゼクス<8913> 1020 +100
中国展開への期待感が引き続きはやされる格好で。

*日本電気硝子<5214> 1275 +121
一昨日に業績上方修正、目標株価引き上げの動きも相次ぐ。

*松田産業<7456> 1646 +133
大和では投資判断を「3」から「1」に一気に2段階格上げへ。

*米久<2290> 823 +65
発行済み株式数の3.48%を上限とする自社株買いを実施で。

*アイフル<8515> 135 +10
本日債権者集会を控えており、ADR承認を先取りの動きにも。

*東光電気<6921> 462 +33
東京電力の次世代送電網投資活発化でメリット期待とも。

*シークス<7613> 1083 +77
テクノコアの筆頭株主となり、EV・ロボットに本格参入と。

*サニックス<4651> 170 +11
もみ合い上放れに追随、太陽光パネルへの展開期待などはやす。

*キヤノン<7751> 4030 +240
欧州VB買収報道や一段の為替円安を好感で。

*タムラ製作所<6768> 273 +16
調整一巡感受けた一昨日からの急反発の流れを引き継ぐ格好に。

*カプコン<9697> 1535 +88
業績下方修正を発表も、シティでは投資評価を「1H」に格上げ。

*武富士<8564> 401 +21
アイフルの連日の株価急騰が刺激となる格好で。

*日本たばこ産業<2914> 325000 +17000
たばこ税が1本3.5円と伝わりアク抜け感も一段と強まる。

*サンフ不動産<8934> 15720 +820
一昨日から動意づく、真空地帯での戻りを期待も。

*パイオニア<6773> 317 +16
積極的な中国展開などを思惑視する声も多いようだが。

*川島織物<3009> 64 +3
3社の内装材統合会社、20年世界シェア30%になどと伝わる。

*戸田建設<1860> 278 +13
シルチェスターの保有比率上昇などは一昨日伝わっているが。

*東京精密<7729> 1090 +50
半導体製造装置関連の出遅れ的な感覚で物色か。

*JVCケンウッド<6632> 44 +2
3D映像制作支援に変換機器を発売などとも伝わっており。

*東光<6801> 111 +5
輸出比率高く一段の円安進行などもはやす格好か。

*住友金属工業<5405> 247 +11
鉄鋼セクターのなかでは比較的出遅れ感が強かったともみられており。

*JFEHD<5411> 3650 +160
中国の国内鉄鋼販売好調で、改めて業界内での輸出比率の高さ注目も。

*東京エレク<8035> 5990 +260
半導体市況の好転を受けて、設備投資意欲の回復期待が続く。

*キリン<2503> 1492 +63
サントリーと11年春統合で大筋合意などと伝わっており。

*フージャース<8907> 8980 -920
不動産株軟化のなか、大台割れで見切り売り集まる格好に。

*新生銀行<8303> 106 -5
大手銀行株は全般的に頭の重い展開となっており。

*IIJ<3774> 171200 -6200
目立った材料も見当たらないが、短期資金の値幅取り商いも集まりやすく。

*IT HLDG<3626> 1084 -38
ドイツでは投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ。

*ニチイ学館<9792> 815 -25
診療報酬引き上げなども伝わり短期的な出尽くし感も。

*日本航空<9205> 98 -3
財務相が融資に政府保証盛らずと表明で。

*日本通運<9062> 370 -11
内需株が全般頭の重い動きとなっていることもあり。

*大和システム<8939> 188 -5
一昨日は一時株価急騰も長い上ひげを残し。

*セコム<9735> 4360 -110
内需株が総じてさえないなか、戻り売りに押される格好か。

*アルペン<3028> 1393 -35
戻りの鈍さなど嫌気か、権利落ち後の展開なども懸念視。

*レオパレス21<8848> 321 -8
不動産株安のなかでは業績懸念なども再燃しやすく。

*三菱UFJ<8306> 468 -6
銀行株軟調ななか、MSCIリバランスの一巡などもあり。

*日立製作所<6501> 274 +5
一昨日にはGSが新規に「強い買い」としており。

*日産自動車<7201> 799 +30
電気自動車やリチウム電池の世界展開なども評価の動きで。

*東芝<6502> 524 +6
マイクロンなど米国半導体株高の流れを背景に。

*新日本製鉄<5401> 371 +9
11月の世界粗鋼生産24%増などと伝わっており。

*野村HLDG<8604> 692 +11
日経平均大幅続伸など株式市況の好調を背景に。

*ダイワボウ<3107> 207 -1
一昨日には信用取引規制の緩和で人気化していたが。

*明電舎<6508> 432 -3
エコカー基幹部品を中国生産などと伝わるがGSユアサなど反落で。

*三菱商事<8058> 2275 +95
資源価格上昇なども背景に海外投資家の資金流入とも。

*伊藤忠商事<8001> 685 +24
商社株が堅調、中国展開の優位性なども引き続きはやす。

*トヨタ<7203> 3870 +70
11月の国内乗用車8社の生産が14ヶ月ぶりにプラスとも伝わり。

*ファストリ<9983> 16670 +280
先物高に連れ高する展開にもなり。

*旭硝子<5201> 894 +31
電気硝子の業績上方修正から連想感も働き。

*三菱地所<8802> 1459 -27
不動産や銀行など内需の一角からは資金流出も。

*大真空<6962> 326 +13
水晶光学部品を中国に生産移管などと伝わっている。

*TOWA<6315> 857 +34
半導体製造装置各社の強い動きが目立っており。

*日ケミリサーチ<4552> 1006 -54
一昨日は長い上ひげ残し、短期的な天井到達感広がる。

*なか卯<7627> 1229カ
親会社のゼンショーによる株式交換比率にサヤ寄せ。

*JCOM<4817> 94200 +6800
新興市場の主力銘柄の中での出遅れ株と。

*大和フーヅ<2696> 945 +65
親会社のゼンショーによる株式交換比率にサヤ寄せ。

*ウエストHD<1407> 1305 +75
カナディアン・ソーラーとの提携を材料視。

*ウェルネット<2428> 61800 +2300
日曜日放映のテレビ番組をきっかけに動意。

*BBT<2464> 50000カ +4000
経営学部の設置認可を材料視。

*Dハーツ<3620> 172000 +6000
一昨日に続いてローカライズサービスの開始を材料視。

*トライアイズ<4840> 1254カ
一昨日に続いて自社株買い並びに自社株消却を好感。

*セラーテム<4330> 48700カ
今期営業利益を0.1億円から3.5億円に上方修正。

*中小投資<2318> 154 +6
東京スター銀行との連携による手形債権流動化スキームの組成完了を材料視。

*プライム<2684> 27170 -2430
株価急騰の反動が継続。

*ヤーマン<6630> 4190
本日ジャスダックに上場、初値は4200円(公開価格3700円)。

*アエリア<3758> 56900 -3700
一昨日は今期2000円配で買い先行も急速な伸び悩みとなり。
12月24日(木)

H「日経平均は今日も大幅高となり3日続伸となった。日経平均は節目の10500円もあっさりと超えてしまう強さを見せている。」

K「ああ。基本的に参加者乏しい状況ながら、商いも低調とは決して言えない程度あり、海外勢の買いも観測されている。クリスマス休暇返上で買い向かっているのではという見方もあるが、買い戻しが継続しているとの声も少なくない。」

H「買い戻し中心なら、それが一巡してしまえば買い手が乏しくなって下げていくが、新規買いとなれば続く期待はある。ただ今更慌てて買い戻す向きがそれほどいるかって事もあるけどな。」

K「まあ、基本的にはもう買い戻しなど一巡していても不思議はない。それだけに新規買いも入ってきているという見方が妥当だろう。やはり来年を見越した買いと言え、日本株に対する海外勢の見方が良くなっていると言える。」
H「まあ為替も依然として円安基調だし、このまま円安進行続くようならば、輸出企業の業績上ブレ期待が強まってくるからな。」

K「ああ。中には下期の想定為替レートを1ドル85円とかに設定している企業もあるだけに、このまま円安基調続けられるならば、輸出企業は上方修正続出することになる。」

H「早くもそれを見込んだ買いも入ってきているかもな。」

K「しかし今慌てて上値を買うほど強気な見方が多いのか疑問もあるけどな。すでにテクニカル的な過熱感も見られており、日経平均は三空を形成している。非常に強いと言える展開だが、一時的には調整する場面だが・・。」

H「ただ今日なんて三空形成しながらも、寄り後も値を伸ばす展開だ。まあ今日空けた窓くらいは埋めに向かうと見られているが、こりゃ来年は1万円割れなんて状況はないんじゃないのか?」

K「そうなりゃいいが、果たしてそう楽観視していいものかどうか。結構強気になれない市場筋は非常に多い。まあ、だからこそ強気で良いとも言えるんだけどな。」

H「ああ。強気になれない向き多い方が、上値余地は大きいと言えるからな。皆が皆、強気なら過熱感強く相場のピークも近いと言うことあるんだが・・。」

K「ただこれだけ短期間で大きく上げると、さすがに年末まで維持するのは厳しいだろう。やはり年末までには一旦手仕舞いに動く向きも多いと言え、目先の押しは仕方ない。」

H「まあ明日が年内受渡最終日だし、週末ということもあって手仕舞い売りに押されるかもな。ただ、その売りをこなして明日も上げたり、下げるにしても非常に底堅さ見せるようだと、このまま年内はノンストップという期待もあるんじゃないのか。」

K「まあ今年は年末年始の持ち越しリスクは例年と比べ乏しいとも言えるからな。米国市場は通常1/2から始まるが、来年は1/2が土曜日となっており、米国市場も年明け相場は日本市場同様に1/4からと言うことになる。それだけに日本市場が休場の間に米国市場波乱という懸念は乏しい。」

H「まあ懸念あるとすれば年末だけだからな。ただ年末、米国市場はイベントも乏しいことから波乱となる懸念は乏しい。」

K「ただ、米国市場リスクは乏しいとはいえ、年明けから東証が新システム稼働となる。それは別にリスクではないものの、取りあえず年明けはノーポジで新システムを確認したいと言う向きも多いんじゃないのか。」

H「まあ短期資金は特にそういう向きは多いかもな。」

K「そういった短期資金の売りをこなして年末まで強い展開見せるなら実需の買いが入っていると見るべきだろうな。実際に実需の買いが年末まで入っているとなれば、年明けも期待できるかもな。今日の商いなどは決して閑散相場とは言えないものの、やはり休暇取っている海外勢も多いからな。そういう向きが年明けから新たに買い向かうと言う期待もある。」

H「まあ懸念は為替だということだな。このまま年明けも円安基調続けていれば問題ないが、流れが変わってしまうと、海外勢の動向にも変化が出てくるという懸念もあるからな。」

K「ああ。結局、ここ二日間で買われたのは輸出株が中心だ。それだけに円安進行を好感して買っている向きが非常に多い。日本株の見直し買いと言うこともあるが、全体的に日本株が見直されているとは言い難い。あくまでも輸出株中心といえるだろう。もちろん、輸出株以外にも今後、見直し買いが強まってくるという期待はあるが・・・。とにかく為替動向の変化には注意したい。」

H「そうだな。今年も残り4営業日となった。全て上げる必要はないが、しっかりとした展開続けて欲しいモンだな。」
2009.12.24先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。