(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.21【23-24年ぶりの狭い値幅】

2009/12/21 11:23|未分類CM:0
円安で90円乗せ
NY上昇
素材上昇
で何でCME下げてんだか意味不明
結局そんなアホな事ある分けないわけで
ちゃんと妥当なところで寄りつき
その後永遠モミモミ
やることあんまなし
ってことで資金が新興に流れて新興上昇
今日も石油、鉱業が収支を引っ張ってくれた

後場
何回か売り仕掛けしようとしてたけど結局もみ合い
どうしても一目で終値で雲抜けだけは阻止したかったのかな

CA再び高値抜け強いね
この銘柄20万だったころが懐かしいと思ってたら
もうその直前まで来てるし
マッコーリーのうそ臭いレーティングで
4万台とか3万台とかまで下げたところで仕込んだころがなつい
10万台乗せで売ってしまったが
そんな強いCAを16800あたりで売って奇跡の利確アブナス
後はチョコチョコ買い


[株式オープニングコメント]
海外勢はXマス休暇、個別中心の物色に
 18日のNY市場は上昇。ダウ平均は20.63ドル高の10328.89、ナスダックは31.64ポ
イント高の2211.69で取引を終了した。オラクル、リサーチ・イン・モーションなど
ハイテク大手のほか、ナイキの予想を上回る決算が好感された。また、オプションや
先物取引の期限満了日であることや、S&P500指数の構成銘柄入れ替えもあり、出来高
は膨んでいる。セクター別では、銀行や自動車・同部品が上昇する一方、食品・飲
料・タバコやヘルスケア機器・サービスが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが
大証比20円高の10160円、円建ては同25円安の10115円。ADRの日本株はソニー、デ
ンソーが小じっかりな半面、日東電、ニコン、オリンパスが小安いなど、対東証比較
(1ドル90.44円換算)で高安まちまち。
 今週は祝日を挟むほか、クリスマスによる海外市場の休場もあり、国内外の機関投
資家の商いは完全に細るため、トレンドの出にくい相場環境である。円相場の円安傾
向もあって輸出関連への物色が期待されるが、積極的な上値追いの展開は期待できな
い。一方、日経平均は1万円の節目、12月SQ値での底堅さが確認されており、下への
バイアスは強まらないであろう。また、バーゼル銀行監督委員会による銀行新規制案
については、増資懸念は払拭されないであろうが、先週の急騰を受けて改めてショー
トポジションを積み直すとは考えづらい。また、政策や規制の見直しの動きが出てき
ていることから、全体としても売り込みづらい環境である。
 物色としては材料株など個別主導による値幅取りの流れが中心になりそうだ。LE
D、タッチパネル、次世代電池などの省エネ関連についても、テーマに広がりがみら
れるというよりもピンポイントで狙われやすい。低迷していた仕手系色の強い材料株
なども、意外高の動きがありそうだ。また、先週は海洋掘削<1606>が新規上場し、こ
れに資金が集中していたこともあり、ジャスダックではあるが今週IPOが予定されて
いるヤーマン、一建設などにも、期待の動きが出てきそうである。
(村瀬智一)


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円安進行(90円48銭-50銭)
・NYダウ、4日ぶり反発
・SOX指数、反発
・NY金相場、反発
・LMEニッケル先物、反発
・長期金利、4日続落(10年債利回り0.015%下落)
・東証マザーズの売買代金、昨年5月以来の高水準
・住宅購入時の贈与税、非課税枠1500万円に拡大へ

弱気材料
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.06%上昇)
・欧州株、続落
・バルチック海運指数、大幅安で10日続落
・日経平均、小幅続落
・東証REIT指数、反落

留意事項
・NY原油先物、反発(1バレル=73.36ドル)
・DRAMスポット、変わらず
・「COP15」、正式採択断念
・労働政策審議会、製造業派遣を原則禁止
・11月の貿易統計
・12月の日銀金融経済月報
・10年の首都圏マンション供給市場予測
・11月のコンビニ売上高

[サポート&レジスタンス]
終値           10142
5日移動平均       10134
標準偏差+2σ      10423
レジスタンス(2)    10238
先行スパンB       10198
レジスタンス(1)    10190
ピボット         10109
100日移動平均     10103
サポート(1)      10061
転換線          10047
サポート(2)       9980
先行スパンA        9942
25日移動平均       9792
基準線           9668
200日移動平均      9541
標準偏差-2σ       9162

[ランチタイムコメント]
低位材料株、中小型の値がさ株での日計り物色
 日経平均は3営業日ぶり反発。10205.14円(出来高概算6億5000万株)で前場の取引
を終えている。ただ、値幅は30円弱と小さく、高値が9:11、安値が9:18であり、こ
う着感の強い相場展開である。週末のNY市場の上昇や円相場の円安傾向が好感され
て反発して始まったが、水準としては週末のイブニング取引の価格レベルであり、先
物の参加者も手掛けづらいところである。今週は祝日を挟むほか、クリスマスによる
海外市場の休場もあり、国内外の機関投資家の商いは完全に細るため、トレンドの出
にくい状況のなか、材料株での短期的な値幅取り狙いの流れにとどまっている。セク
ターでは石油・石炭、鉱業、海運、金属製品、精密、ゴム製品など資源系セクターや
輸出関連などがしっかり。東証1部の騰落銘柄は、値上り721に対して値下がり734、
変わらず205と拮抗している。

 値上り率上位をみると、低位材料株のほか、DeNA、カカクコム、シンプレク
ス、ケネディクスといった中小型の値がさの1株単位の銘柄が位置しており、低位株
で数量商いでの小幅値幅取り、もしくは最低単位で値がさでの値幅取りといったとこ
ろ。いずれも個人による短期的な資金が中心のようである。日経平均は5分足の超短
期、日足ともに一目均衡表の雲上限がサポートとして機能している。下への警戒感は
なく、雲を割り込むまでは売り仕掛け的な動きはないであろう。一方、上値を仕掛け
てくることも考えづらく、低位材料株、中小型の値がさ株での日計り物色が続きそう
である。

[クロージング]
23-24年ぶりの狭い値幅
 日経平均は3営業日ぶり反発。41.42円高の10183.47円(出来高概算15億6000万株)
で取引を終えた。ただ、高値は9:11の10215.49円、安値は大引けの10183.47円とな
り、値幅はわずか32.02円にとどまっている。これは今年最低であり、23-24年ぶりの
狭い値幅となった。また、売買代金は1兆円割れとなり、1月5日の半日取引を除くと
今年最低に。週末のNY市場の上昇や円相場の円安傾向が好感されて反発して始まっ
たが、水準としては週末のイブニング取引の価格レベルであり、先物の値幅は10180-
10210円と手掛けづらいところである。今週は祝日を挟むほか、クリスマスによる海
外市場の休場もあり、国内外の機関投資家の商いは完全に細るため、トレンドの出に
くい状況のなか、材料株での短期的な値幅取り狙いの流れにとどまっている。
 週後半は海外資金流入が止まるため週前半の商いが期待されていたが、本日のこう
着によって明日の参加者は一段と減る可能性はある。また、本日は三菱UFJの増資に
伴うTOPIXパッシブファンドのリバランスといった「イベントドリブン (event-
driven)イベントに従って処理を行うプログラミング」の影響で出来高が増えた分が
ある。明日は昭和電工のイベントがあるものの影響は限定的となるため、一段と出来
高減少が見込まれる。短期筋の動きも鈍りがちではあるが、低位株で数量商いでの小
幅値幅取り、もしくは最低単位で値がさでの値幅取りといったところで乗り切りたい
ところ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10183.47 +41.42
TOPIX891.48 -2.11
東証2部指数2029.49 +2.36
日経ジャスダック平均1155.06 -1.06
マザーズ指数414.61 +8.97
ヘラクレス指数538.74 -0.05
東証1部出来高15.60億株
東証1部騰落レシオ91.16%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国ダウは小幅に反発。ただオラクルの好決算を受けハイテク株が総じて
堅調となっておりナスダック指数はしっかりと上昇している。為替がドル買いによ
り円安進行しており、日経平均堅調に始まる展開。買い一巡後は売り買い交錯で揉
み合いが前場引けまで続いた。後場に入っても動きは乏しく前場同様狭いレンジで
の膠着状態。しかし大引けに多少売られて日経平均は安値引け。結局ネット関連株
は今日も総じて堅調となっている。日経先物の主な買い越し証券はシティG、クレ
ディスイス、バークレイズ、JPモルガン、ドイツ、GS、UBS。売り越しは大和、三
菱UFJ、メリル、野村、オリックス、ニューエッジ、SBI、藍澤、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 473円 +11
堅調。今日は他の銀行株に軟調銘柄目立っているが、ここは堅調。明日から公募株
出てくる事から、それに伴うTOPIXリバランスの買いが入っている状況。今日一日で
買い付けることが出来る規模でもないだけに、ある程度の買い付け手当は済んでい
るものの、当然今日もその買いは入っている。また大引けにある程度まとまった買
いが入ると期待する、先回り的な買いも入っているようだ。しかし明日から大量の
公募株が市場に出回ることから、つなぎ売りなども多く上値を抑えている面もある
ようだ。

9204スカイマーク 388円 -1
いちよしが同社株の投資判断を新規Aとフェアバリューを740円としたことから、朝
方買われる場面もあったものの、買い一巡後は失速している状況。既にある程度の
相場作っていたこともり、テクニカル的な過熱感も強まっていることから、手仕舞
い売りも出やすかったようだ。心理的節目の400円を付けたことも達成感に繋がって
いるのではと・・。ただ明日以降、利食いをこなして底堅い動き続くようなら、日
柄調整後は再び上値目指す期待もありそうだと。

7545西松屋チェーン 813円 +64
大幅反発。先週末引け後に第3四半期決算を発表。数字的には良くないものの、月次
動向から既に決算懸念強まっていたこともあり織り込み済みと見る向き多し。逆に、
粗利益率が改善していると評価する声もあるようだ。同時に自社株買いも発表して
おり、それを好感されている面もある様子。ただ今期業績未達懸念もあると見る向
きは多く、積極的な上値買いは期待薄と見る向き多い。この辺での揉み合い相場が
続くとのではと・・・。

4751サイバーエージェント 172700円 +15000
年初来高値を更新し高値引け。先週大きく売られる場面も見られたものの、早くも
戻してきた。市場の膠着感から短期資金は今日もネット関連株へと集まっており、
派手に物色されている関連株目立っている。テクニカル的な過熱感高い銘柄も多く
なっているだけに、買いにくさも強まっているものの、押し目入れながらも物色は
続くのではと期待する市場筋多いようだ。同社株に関しては年内20万円との声も・
・・。

3715ドワンゴ 184100円 +11400
大幅高で先週付けた今月高値である戻り高値を更新。特に材料は出ていないが、ネッ
ト関連株に派手に物色されている銘柄が目立っており、同社もネット関連株というこ
とから短期資金集まってきた様子。テクニカル的な過熱感強いネット関連株も目立っ
てきたことから、まだ過熱感乏しいネット関連株にも短期資金集まってきているよう
だ。昼のGRAILメールで取り上げた、後場のデイトレ注目銘柄の一つ。ちなみに、も
う一つは4576DWTI。

6253FOI 724円 +81
大幅上昇で、引値ベースで上場来高値を更新。今日から制度信用買いが出来るように
なったことから、買い集まった模様。また先週新規上場した1606日本海洋掘削が好発
進となり派手に物色されたことが、直近IPOである同社株にも刺激になっているとの
見方。年内のIPOが終わると、年明け暫くはIPO空白期間に入ることから、年末年始に
直近IPOが物色される傾向が過去に何度も見られている。今年もそのような相場展開
を期待する市場筋もあるようだ。

===============
◆◇12/22(火)の主な予定!◇◆
===============
12月中小企業景況判断(14:00)
11月全国スーパー売上高(14:00)
12月月例経済報告
白川日銀総裁、日本証券アナリスト協会において講演
ハイデイ日高、イオンモールなど決算発表
全国人民代表大会の常務委員会会議(中国・北京 ~26日)
米7-9月GDP確定値(22:30)
米10月FHFA住宅価格指数(23日 0:00)
米11月中古住宅販売(23日 0:00)
OPEC総会(アンゴラ・ルアンダ)
[動いた株・出来た株]

*愛知機械<7263> 339 +21
買い戻しが先行する展開か、低PBR水準など支えに。

*日CMK<6958> 604 +37
GSユアサの切り返しなども刺激材料か。

*日インター<6974> 251 +15
豊富な材料性や株価の値頃感から物色が向かう。

*シンプレクス<4340> 42500 +2000
東海東京の新規買い推奨で先週末から人気化へ。

*サッポロ<2501> 512 +24
足元ではアサヒビールの株価上昇なども話題となっており。

*スクエニ<9684> 1985 +86
FF13の滑り出し販売好調などを評価も。

*プロミス<8574> 612 +25
自民党の後藤田氏の業界擁護的な発言も関心と。

*日機装<6376> 491 +20
増資銘柄の一角でリバウンドの動きが目立っており。

*セキュアード<2392> 97800 -4600
ヴェリタスの特集記事なども利食い売りを誘う格好か。

*エディオン<2730> 948 -44
短期的な過熱警戒感強まり利益確定優勢に。




(前場)
*ゼクス<8913> 820 カ
引き続き、中国におけるシニア住宅事業などへの期待感で。

*サンシティ<8910> 2230 +302
ゼクスなど中小型不動産の一角が急騰でリバウンドの刺激材料にも。

*東日カーライフ<8291> 106 +10
目立った材料もなく幕間つなぎ的な感覚で短期資金向かう格好か。

*西松屋チェーン<7545> 820 +71
先週末に決算発表、同時に発表した自社株買いが材料視される。

*DeNA<2432> 561000 +42000
引き続き、先週の野村の目標株価大幅引き上げが好材料視。

*カカクコム<2371> 341000 +23000
中小型成長株の一角が人気化で連れ高する展開にも。

*新電元工業<6844> 201 +11
ホンダとの資本提携効果なども蒸し返す動きに。

*ケネディクス<4321> 29810 +1560
アセットマネジメント業務の再編策など引き続き期待材料に。

*ダイヘン<6622> 306 +16
先週末、いちよしでポジティブなレポートも。

*シロキ工業<7243> 178 +8
低位割安株として値幅取り資金向かう格好か、目立った材料なし。

*井関農機<6310> 282 +12
いちよしではポジティブなレポートをリリース。

*オーエム製作所<6213> 273 +11
直近では東海東京が新規に買い推奨しており。

*東栄住宅<8875> 804 +32
中小型不動産の一角が強い動きで押し目買いの動きも強まるか。

*新日鉱HLDG<5016> 382 +15
原油高や業界での過剰設備削減の動きなど好感で。

*フージャース<8907> 10400 +400
ゼクスなど中小型不動産株の一角で急伸が続き。

*レオパレス21<8848> 324 +12
中小型不動産株など堅調で自律反発狙いの動きも続く。

*SUMCO<3436> 1570 +58
先週末は引けにかけて商い伴い上昇しているが。

*ドワンゴ<3715> 179300 +6600
新興市場など中小型成長株の一角が賑わう展開となっており。

*曙ブレーキ工業<7238> 496 +18
第3者割当による新株発行は行なわれず。

*ディスコ<6146> 5680 +200
ハイテク株堅調ななか、LED関連分野の成長期待なども強く。

*新光電工<6967> 1378 +43
円安や米国株高でハイテク株には買い安心感も。

*昭和シェル<5002> 789 +24
石油株一斉高の流れにも乗る状況で。

*アイロム<2372> 3660 ウ
引き続き、不適切な会計処理による影響を警戒の動き。

*パソナグループ<2168> 65000 -3100
先週末に業績修正、通期予想は営業利益段階から下方修正で。

*ウェザーニューズ<4825> 1118 -52
地震関連として先週末にかけ上昇の反動も。

*ニチコン<6996> 925 -38
メリルの新規買いなどで上昇も大台レベル手前では戻り売りも。

*日本化学工業<4092> 185 -7
COP閉幕も電池関連などには出尽くし材料につながり。

*東邦HLDG<8129> 1130 -38
直近の支持線も割り込んで下値不安など強まる状況か。

*IIJ<3774> 176000 -5900
特に材料ないが、商い細り上値追い意欲も後退で。

*日本電産サンキョー<7757> 783 -26
天井到達感も広がり利益確定の動きが強まる。

*三菱UFJ<8306> 474 +12
本日の引けでTOPIXリバランス、短期的な需給思惑で。

*日立製作所<6501> 264 +4
みずほでは目標株価引き下げながら買い推奨を継続へ。

*みずほFG<8411> 176 -3
出来高も一気に減少で処分売りに押される格好へ。

*日本郵船<9101> 291 +8
英豪リオと長期契約、鉄鋼原料20年間などと報じられている。

*日本電気<6701> 234 +6
NECカシオが海外の携帯市場を開拓と報じられてもいる。

*新日本石油<5001> 415 +15
原油市況上昇なども支援に石油株物色の動きが続く。

*三井化学<4183> 242 +2
需給面での最悪期も通過で出遅れ感埋めに行く動きへ。

*東京建物<8804> 343 +7
足元では投資判断格上げの動きなども目立ってきており。

*川崎汽船<9107> 260 +6
リオと長期契約、鉄鋼原料を輸送などと伝わっている。

*コスモ石油<5007> 202 +6
製油所の閉鎖を検討などとも先週末には一部で伝わっている。

*新日本製鉄<5401> 358 -3
機関投資家の資金フロー細るなかでは物色向かいにくく。

*アイフル<8515> 104 +1
24日に債権者集会開催も警戒感などは先行せず。

*日産自動車<7201> 734 +8
為替の円安進行は自動車株にプラス要因となり。

*海洋掘削<1606> 6120 +70
個人投資家の上値追い続く、良好な需給関係など妙味に。

*三菱商事<8058> 2155 +15
原油市況上昇など資源価格の上昇を手掛かりに。

*東京エレク<8035> 5530 +150
米ハイテク株高などの流れにも乗る格好で。

*セブンアイ<3382> 1858 +27
PB開発を有力企業と拡大などと伝わっている。

*JT<2914> 296600 +1100
たばこ1本3円値上げ報道伝わり安心感にも。

*ニトリ<9843> 6930 +60
先週末に発表した好決算を好感で。

*テンコーポ<2727> 447000カ
ロイヤルHDによるTOB価格46万円にサヤ寄せ。

*ビズネット<3381> 100 +15
先週末に続いて上期予想の上方修正を好感。

*セイクレスト<8900> 386 +45
住宅購入時の贈与税の非課税枠拡大報道を受け、新興不動産株の上昇が目立つ。

*ファンコミ<2461> 128000 +4500
フルフラッシュ体感型ケータイ小説をハヤす動きが継続。

*ウェルネット<2428> 57100 +1600
昨日の朝のテレビ番組で紹介されているもよう。

*メッセージ<2400> 191400 +3500
三菱UFJでは目標株価を24万円に引き上げ。

*楽天<4755> 69600 +1000
先週末にはコスモが新規「A」格付け。

*FOI<6253> 718 +75
海洋掘削の堅調推移と年末接近で直近上場株は軒並み高。

*ACCESS<4813> 144500 +8900
新興市場の主力株を物色する動きが波及。

*サイバーエージ<4751> 167800 +10100
年末接近で新興市場の主力株に関心が続く。

*Mスター<4765> 28300 +2800
1万1500株上限の自社株買いを好感。

*ソーバル<2186> 806ウ
今期最終損益を2.7億円の黒字から0.3億円の赤字に下方修正。

*プライム<2684> 34500 -3100
ジパングとの合併契約承認による出尽くし感も加わる。

*テラ<2191> 1186 -44
立会外分売実施で目先の需給悪化懸念も。

*セラーテム<4330> 41200 -1800
ファイナンス払込完了きっかけに利食い売り優勢で。
12月21日(月)

H「日経平均は小幅ながらも反発した。ただTOPIXはマイナスだ。」

K「ドル円が1ドル90円台に乗せてきたことから、輸出株中心に買われて始まったが、寄り後は売り買い交錯の展開だった。まあ想定されていたことだが、これほど動きがない展開とは・・。」

H「日経平均の一日のザラバの値幅は約23年ぶりの小幅となったようだ。まあ下値を叩く売りが無いとも言えるが、上値を追う買いも乏しいと言うことか。」

K「まあ機関投資家の参加者乏しくなっているが、参加している向きもポジション整理が中心なんだろう。TOPIXが後場軟調になったのは8306三菱UFJFGの公募増資に伴うリバランスの動きだろうな。三菱UFJFGが買われる分、他が売られることになるからな。」

H「三菱UFJFGは明日から公募株が市場に出回ってくる。公募価格は時価より結構下値であることから、公募組は皆利益が乗っている状況だ。それだけに、それを利食いして他を買うと言う動きが明日以降期待出来る。」

K「ああ。既につなぎ売りしている向きも多いだけに、三菱UFJFG株はそれほど売られないとは思うが、確かに公募で儲けた短期資金が他に流れると言う期待は強い。」

H「まあ年末近いと言うことから、年内は新たに買わないと言う向きも確かに多そうだが・・・。」

K「ただ短期的に値動きの良い銘柄を狙ってくると言うことはあるだろう。今日も堅調だったネット関連株とかな。」

H「今日もネット関連株はえらい強かった。先週末に野村が目標株価を大きく引き上げた2432DeNAや3632グリーもしっかりだったが、今日は4751サイバーエージェントの上昇が目立っていた。」

K「同社もネット関連企業では勝ち組だと言え、人気も高いことから上げれば短期資金も集まりやすい。先週大きく垂れる日もあったんだが、早くも切り返してきている。」

H「強いよな。まあネット関連株は既にテクニカル的な過熱感強い銘柄も目立っていることから、上値も追いにくくなっているものの、サイバーエージェントは貸借銘柄だと言うのがやはり魅力の一つだ。」

K「ああ。既に空売りもかなり入っている状況だけに、既に踏み上げ相場になってきていると言えるかもな。」

H「まあ、サイバーエージェントが相場続けて行ければ、他のネット関連株の主力系である、DeNAやグリー、ミクシィにも好刺激を与える。それだけに、このまま年末まで相場続くと期待したいが、テクニカル的な過熱感考えるとそこまでは難しいかもな。」

K「ただ年末年始はテクニカル的な過熱感無視することも多々あるだけに、安易に決めつけない方が良いだろう。これらネット関連株のような中小型株でなく、大型株でも年末年始は過熱感無視して買われたこともあるからな。」

H「中小型株なら尚更か・・・。」

K「ただサイバーエージェントはフィデリティなどかなり保有しているだけに、あまりに上げればそれらが利食いに来る懸念は否めない。まあフィデリティは最近まで買い増ししていただけに、すぐに利食いに来るかは解らないが、他にも結構保有している中小型ファンドも多いと言えるからな。」

H「そうだな。まあ理想的には利食い売りをこなしながら買われていくと言うのが良いが、年末だけに買い上がっているのは短期資金中心ともいえ、逃げ足早い資金多いからな。」

K「それに年明けから東証のシステムが大きく変わる。それもあって年内には手仕舞うつもりの短期資金も非常に多いと思われる。それだけに今週強い動き続くならば、来週は警戒だろう。」

H「まあ、例えそうなっても年明け以降、再び物色されていくと言う期待はあるからな。」

K「もちろん、それはあるものの、そうなってもそう何日も続かないんじゃないのか。確かにそれらSNS関連株などはファンダ的に期待感あるとは言えるが、過熱感高い状態で買われていくのは年末年始という季節性もある。正月気分終わってしまえば、ディーラーなどの短期資金も分散してしまうしな。」

H「確かにそうだが・・。」

K「それに年明けて少し経てば実需筋が動いてくることから、それらが東証1部の主力系株を買ってくれば、ネット関連株を手仕舞いそっちへ向かう資金も増える。逆に実需筋が東証1部の主力系株売ってくるような展開となれば、地合は悪くなることから、ネット関連株にも手仕舞い売りが強まる。」

H「いずれにしろ派手に買われているネット関連株は年明け暫く経てば売られていくと言うことか・・。」

K「まあ、ネット関連株に限らず年末年始派手に買われた銘柄は大抵そういう展開となりやすい。」

H「確かにそれは言えるかもな。新年相場入りとなれば、新たにポートフォリオを組み替える機関投資家なども多いからな。そう言う影響もあるんだろう。」

K「ああ。まあ年明けの事はともかく、取りあえず年内は強い展開続けて欲しいモンだ。」

H「明日はそれらネット関連株がどういう展開見せるのか注目したい。」

2009.12.21先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。