(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.11【外部環境の好転を受けて大幅反発】

2009/12/11 11:10|未分類CM:0
SQうざいな
昨日のチャートで大量に買えるはずもなく
小幅に買って持ち越し
結局SQに絡む売り崩しだったってだけ
NYは高値手前まで上昇
やっぱりアメリカ強いのー

今日やったのはCA
平均149000で200株買い
板薄々、見せ板バンバン、ぶん投げボンボンおちょろしかった
でもそこが底
そこから一気に上昇
引けまで持ってたら1束だった
引けまで持ってたらね
初動でちょこちょこ売り上がって
速攻ポジションなくなってしまったオレアホ
完全にびびった

後場
ううCA100株くらい残しておけよ
昨日の下げはいい感じにふるい落としになって
売りたい奴は全員売ったって感じ
上値が軽くなったな
ミャンコもふるい落とされたし

SQ値を軽く超えてきたんで
後場寄りで買っていった
引けもSQ値を超えたんで
上の期待が大きくなったね


[株式オープニングコメント]
SQ値が上値抵抗となろうがショート戦略は禁物
 10日のNY市場は上昇。ダウ平均は68.78ドル高の10405.83、ナスダックは7.13ポ
イント高の2190.86で取引を終了した。貿易赤字が予想以上に縮小したことや、過去4
週間の新規失業保険申請数が1年ぶりの低水準となったことが好感された。セクター
別では、ヘルスケア機器・サービスやメディアが上昇する一方で銀行や素材が軟調。
シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比160円高の9990円、円建ては同100円高の
9930円。ADRの日本株はブリヂストン、日電産、デンソー、京セラ、トヨタ、任天
堂など対東証比較(1ドル88.2円換算)で全般小じっかり。
 シカゴ先物を意識した流れから1万円の攻防となりそうだが、SQ値がどの位置で
決まるかがポイントになりそうである。昨日の段階では225型が若干売り越し、TOPIX
型は若干買い越しと予想され、9800円割れが想定されていた。しかし、NY市場の上
昇を背景としたシカゴ先物が1万円近辺で推移していたこともあり、上で始まるよう
であれば、結果的にはSQ値が上値抵抗線として意識されてしまう可能性はありそう
だ。1万円レベルでの心理的な抵抗意識が強まるようだと、積極的なトレードも限ら
れてこよう。ただし、ここ最近は上値追いは限定的ながらも、下値では海外勢による
買いが入っているとの見方もある。日経平均の25日線や12/3に空けたマド(9707-
9643)を埋めにいくバイアスが強まらないようであれば、下振れを想定したショート
戦略は禁物である。
 物色としては省エネ関連を中心として循環物色とみるが、SQ通過後に相場全体が
ある程度の反転を見せられないと、テーマ銘柄などもさらに絞り込まれることにな
る。また、SQ通過で先物主導での仕掛け的な動きが出やすくなる可能性もあるた
め、先物の動きには注視する必要があろう。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、2日続伸
・NY金相場、5日ぶり反発
・欧州株、反発
・DRAMスポット、上昇
・12月第1週の外国人、買越額が4年4カ月ぶりの高水準

弱気材料
・SOX指数、9日ぶり反落
・NY債券市場、2日続落(10年債利回り0.07%上昇)
・ドバイの3銀行、ムーディーズが格下げ
・LMEニッケル先物、3日ぶり反落
・バルチック海運指数、大幅続落
・日経平均、1週間ぶりに終値で1万円割れ
・東証REIT指数、3日続落
・長期金利、3日ぶりに反発(10年債利回り0.015%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(88円18銭-20銭)
・NY原油先物、7日続落(1バレル=70.54ドル)
・英中銀、政策金利据え置き
・日航の政府保証、2次補正への盛り込み見送り観測
・前原国交相、ETC以外の高速道路も無料化
・政府、国債の44兆円以下断念
・メジャーSQ算出日
・11月の消費動向調査
・11月の投信概況
・「エコプロダクツ2009」(東京ビックサイト、10日~12日)
・11月の中国主要経済指標
・11月の英生産者物価指数
・トリシェECB総裁講演(ロンドン)
・EU首脳会議(ブリュッセル、9日~11日)
・「COP15」(コペンハーゲン、7日~18日)
・11月の米輸入物価指数
・11月の米小売売上高
・12月のミシガン大学消費者信頼感指数
・10月の米企業在庫


[サポート&レジスタンス]
終値            9863
5日移動平均       10040
標準偏差+2σ      10232
先行スパンB       10198
レジスタンス(2)    10113
100日移動平均     10067
先行スパンA       10040
レジスタンス(1)     9988
ピボット          9911
サポート(1)       9786
25日移動平均       9716
サポート(2)       9709
転換線           9683
基準線           9640
200日移動平均      9460
標準偏差-2σ       9200

[ランチタイムコメント]
上を意識しつつも超短期売買に
 日経平均は反発。79.25円高の9942.07円(出来高概算14億7000万株)で前場の取引
を終えている。10日の米国株高やこれを受けたシカゴ225先物の上昇、さらに円相場
の下落の影響から買い優勢のスタートとなった。また、先物・オプションSQに絡ん
だ商いが、225型で1銘柄あたり13万株超の買い越し、TOPIX型で5000から2万株の買い
越しとなったインパクトも大きい。ただ、昨日みられていた1万円大台での上値の重
さに加え、SQ値(9982.59円)が心理的な上値抵抗線として意識されており、その
後はこう着感を強めている。東証1部の騰落銘柄は、値上り873に対して値下がり
625、変わらず187と、値上り数は全体の過半数を占めている。規模別指数は大型、中
型、小型株指数ともに小幅上昇。セクターでは全般的に景気敏感セクターが堅調であ
り、ディフェンシブ系は小動き。
 後場もSQ値(9982.59円)を意識した攻防となろうが、これをクリアしたとして
も1万円大台での抵抗は強いであろう。そのため総強気にはなりづらく、短期的な値
幅取り狙いの商いが中心となりそうである。中国の経済指標を手掛りに資源系セクタ
ーへの物色もみられようが、一方で日本国債の格下げへの警戒がくすぶる中で銀行の
弱い動きが続いており、積極的なトレードはしづらい環境である。相場全体の底堅さ
が意識されているほか、下値での海外勢による買いが観測されていることもあり、上
を意識しつつも超短期売買になろう。

[クロージング]
外部環境の好転を受けて大幅反発
11日の日経平均株価は大幅反発。前日の米国株高を好感したほか、メジャーSQ算出
に絡む売買が予想に反し、僅かながらも買い越しとなり、朝方から買いが先行した。
買い一巡後は心理的節目1万円処で売り圧力を強め、前引けにかけてジリジリと上げ
幅は縮小した。「幻のSQ値」実現に懸念を強めたものの、11時発表の中国経済指標
が概ね良好な内容となり、後場に入ると一段高となった。その後も為替市場が円安方
向へ振れたことが支援材料となり、大引けにかけて上げ幅を拡大させた。大引け概算
の日経平均株価は前日比245.05円高の10107.87円。東証1部市場の売買高は27億2769
万株、売買代金は2兆0509.74億円。騰落銘柄数は値上がり1244、値下がり345、変わ
らず96。業種別は33業種中、値上がり31業種、値下がり2業種。機械、卸売業、電気
機器、輸送用機器などが大幅上昇。一方、銀行業、電気・ガスは小幅下落。個別では
三菱商<8058>、東芝<6502>、サイバー<4751>、京セラ<6971>、TDK<6762>などが上
昇。一方、三洋電<6764>、価値開発<3010>などが下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10107.87 +245.05
TOPIX888.57 +14.67
東証2部指数2017.56 +4.46
日経ジャスダック平均1143.44 +3.52
マザーズ指数398.37 -0.55
ヘラクレス指数537.17 +2.27
東証1部出来高27.27億株
東証1部騰落レシオ79.39%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は続伸。ドバイ市場が大幅に上昇したことを受け、クレジットリス
クがやや後退。更に米貿易赤字が縮小した事などを好感された。為替もやや円安進
行で返ってきたことから日経平均堅調に始まる展開。しかしSQ値は高くなり、前場
はSQ値付けられない動きで揉み合いが続いた。しかし前場引け後に発表された中国
の経済指標がほぼ予測通りと言うことに安心感が拡がり、更に為替が円安へと更に
進行していることをうけ、後場は全体的に買い優勢で始まる動きに。寄り付きから
日経平均SQ値を超えてくる展開となり、寄り後はSQ値を維持しての推移。後半には
先物の買い戻しが強まって日経平均一段高に。日経平均、日経先物、TOPIXいずれ
も高値引け。日経225のSQ値は9982.59。TOPIXのSQ値は880.88。日経先物の主な買
い越し証券はクレディスイス、みずほ、三菱UFJ、UBS、ニューエッジ。売り越しは
カブコム、JPモルガン、立花、BNPパリバ、大和、メリル、松井、安藤、ゴールド
マン、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7102日本車輌 551円 +49
14時から急騰。同社株だけでなく7012川重、6741日本信号、7122近畿車輛、6505東
洋電機製造なども高い。14時に日経ニュースが、ベトナムが高速鉄道に新幹線を採
用と報じたことがきっかけ。これにより関連企業にとっては大きな商機になるとの
事から買われている。また今後も新興国の高速鉄道に新幹線が採用されると言う期
待が更に強まったようだ。まだまだ消化不足で来週も物色が続くと期待する市場筋
も多いようだ。

4751サイバーエージェント 163300円 +11900
年初来高値を更新。今日は新興市場軟調気味といえ、マザーズ指数はマイナス引け
となっている。同社株も前場の前半は売り込まれる展開となっていたが、その後は
戻してきて前場引けにかけ一段高。後場には更に上値を追う展開に。昨日同社は、
最大140文字のミニブログサービス「Amebaなう」のPC版を予定より早い12/10から
開始したと発表。12/8から始めているモバイル版サービスが非常に好評であるため。
これを材料視との声も多いが、前場の前半は売り込まれていただけに材料で買われ
たわけでは無さそうだ。ファンドの買いが入ってきたとの見方が有力。

4061電気化学工業 414円 +23
しっかり。今朝の日刊工業新聞では白色LED用蛍光体を増産と報じられている。液
晶テレビ用バックライト向けの旺盛な需要に対応するためとの事。現在の月産百数
十kgから同約1tに大幅に引き上げるということであり、同社のLED関連事業への期
待が強まった様子。8月に付けた年初来高値424円が射程圏であり、超えてくるよう
だと動き軽くなりそうだと期待する声も・・。先日はシティGが格上げし目標株価
を550円まで引き上げていた銘柄。

4574大幸薬品 2200円 -20
軟調。今月に入ってからは全体的に戻り相場となってきたものの、ここは大した戻
りもなく現状年初来安値近辺で揉み合っている。特に悪材料は出ていないものの、
早くもインフルエンザ特需の反動により来期減益を織り込んできたとの見方もある
ようだ。また今日はインフルエンザ患者大幅減と報じられている事も重しとなって
いる様子。ただ来期減益になると決まったわけでもなく、節目の2000円辺りでは拾
ってくる向きも増えそうだと見る向き多い。

9205JAL 95円 -1
軟調。政府は同社への金融機関の融資に対して7000億円規模の政府保証を付ける事
を検討していたが、2次補正予算への盛り込みは見送る検討に入ったと今朝の朝刊
各紙では報じている。今週月曜日には、その政府保証を好感して買われていただけ
に、失望売りが出て来たようだ。来年度予算に盛り込むかどうか検討するとの事だ
が、先行き不透明強まったと言うこともあり手掛けにくい状況だと・・。暫くはこ
の水準で方向感乏しい揉み合いが続きそうだと見る向き多し。

===============
◆◇12/14(月)の主な予定!◇◆
===============
会社四季報発売
12月調査日銀短観(8:50)
11月首都圏・近畿圏マンション販売(13:00)
中国の習近平・国家副主席が来日(~17日)
くらコーポ、三井ハイテック、シーイーシー、正栄食品など決算発表
[動いた株・出来た株]

*セキュアード<2392> 87000 +10000
新生銀行の大型複合ビル売却先候補と伝わり。

*日本車両<7102> 551 +49
ベトナムの新幹線方式採用報道で鉄道車両関連人気化。

*ツガミ<6101> 186 +13
一昨日発表の11月工作機械受注は前年比2割増に回復。

*東洋証券<8614> 169 +11
株式市場の大幅上昇で証券株はほぼ全面高に。

*日ゼオン<4205> 421 +27
一昨日の野村の格上げなど引き続き評価材料視。

*セーレン<3569> 673 +41
8月高値更新で上値妙味が広がる展開となる。

*川崎重工<7012> 235 +14
ベトナム政府の新幹線方式採用報道が伝わる。

*有楽土地<8838> 296 +17
大成建設の株価上昇に連れ高へ。

*横浜ゴム<5101> 368 +21
円安反転なども追い風にしてタイヤ株も後場から上昇へ。

*リョービ<5851> 209 -9
リバウンドにも一巡感で手仕舞い売りが優勢となる。

*良品計画<7453> 3570 -120
JPMでは業績予想を下方修正で目標株価引き下げへ。

*カカクコム<2371> 320000 -10000
10月の戻り高値水準突破しきれず、手仕舞い売り。




(前場)
*ツカモト<8025> 77 +9
特に材料観測されず低位材料株の循環物色の動きか、低PBR水準も支援。

*ニチハ<7943> 566 +48
外装材の大手であり、住宅版エコポイントでのメリット享受期待。

*フジミインコ<5384> 1477 +118
次世代半導体素材開発活発化の報道なども刺激材料視か。

*保土谷化学工業<4112> 261 +17
下落トレンド突破で値動きも軽く、短期資金の関心が一段と高まる。

*リズム時計工業<7769> 123 +8
株式新聞で一部取りあげている。

*ジェイテクト<6473> 1101 +71
CSでは「アンダーP」から「アウトP」に一気に2段階格上げ。

*太陽誘電<6976> 1055 +48
岡三では「強気」継続、東海東京では中立スタンスに格上げ。

*山武<6845> 2030 +86
目立った材料もなく、買い戻し優勢の展開か。

*三協立山HLDG<3432> 120 +5
住宅版エコポイント関連の低位材料株として人気化が続く。

*近畿車輛<7122> 650 +27
週末で売り方のポジション整理の動きも強まる格好か。

*三井ホーム<1868> 468 +19
住宅各社の月次受注は総じて改善を見せてきており。

*TDK<6762> 5190 +210
先の説明会受けてHDDヘッドのシェア上昇期待など。

*TSテック<7313> 1758 +71
UBSでは新規に「バイ」、目標株価2100円とする。

*ミネベア<6479> 450 +17
CSではベアリング各社の評価を引き上げており刺激材料にも。

*タカタ<7312> 1987 +71
TSテックの株価上昇なども刺激となる格好か。

*住生活G<5938> 1569 +52
住宅版エコポイントでメリット大とされる銘柄でもあり。

*電気硝子<5214> 1130 +37
引き続き、コーニングの先行き見通しを好材料視する格好で。

*ゼクス<8913> 418 -67
悪材料表面化していないが、株価の急落が狼狽売りも誘う格好に。

*タクトホーム<8915> 74100 -6000
パワービルダーの一角が軟調、特に要因は見当たらないが。

*帝国ピストン<6463> 314 -23
前日急落の悪地合い引き継ぐ、需給要因が主導か。

*丸栄<8245> 124 -8
連日の株価急騰にも一巡感、手仕舞い売りの流れ強まる。

*今仙電機製作所<7266> 1038 -59
前日の下げがきつく、手仕舞い売りも急がれる。

*ケーヨー<8168> 372 -21
株価急落が信用買い方の損切りなども誘う展開へ。

*東京個別指導学院<4745> 164 -9
連日の株価上昇に短期的な過熱感、利食い売り優勢に。

*レオパレス21<8848> 277 -15
11月の安値水準も割り込んで処分売り圧力一段と。

*イー・アクセス<9427> 50600 -2700
引き続き、イーモバイル合併などによる希薄化を懸念視して。

*三陽商会<8011> 276 -14
業績予想を下方修正、営業損益は収支均衡から60億円の赤字に。

*日本トムソン<6480> 457 -23
前日逆行高も戻り売り、特段の材料はなし。

*アーネストワン<8895> 885 -42
信用取組動向など重し、パワービルダーの一角も軟化で。

*共英製鋼<5440> 1639 -77
野村では前日に目標株価を2230円から1750円に引き下げ。

*静岡瓦斯<9543> 553 -25
出来高が膨らんだ11月の安値水準も割り込んで。

*パソナグループ<2168> 66700 -3000
メリルでは投資判断を新規に「アンダーP」格付け。

*日神不動産<8881> 336 -15
オフィス空室率の上昇なども不動産株のマイナス材料に。

*中山製鋼所<5408> 113 -5
高水準の信用買い残は重し、資源価格の下落もマイナス視。

*三菱UFJ<8306> 452 -10
来週初には公募価格の決定期間入りとなり。

*三洋電機<6764> 172 -4
TOB成立も大株主の保有継続で先行き需給懸念拭いきれず。

*日本航空<9205> 93 -3
日航への政府保証、2次補正は見送りなどとも伝わっている。

*日立製作所<6501> 234 +1
来週初にはTOPIX組入れ需要などが発生も。

*野村HLDG<8604> 662 +7
三菱UFJでは新規に「1」、880円目標としている。

*東芝<6502> 490 +9
前日にはSB発行とも伝わり、ファイナンス懸念後退にも。

*GSユアサ<6674> 655 +9
前日にはCSの投資判断「ニュートラル」格上げなども。

*日産自動車<7201> 712 +11
為替の円安で自動車株は反転へ。

*富士通<6702> 557 +6
前日にはスパコン「確実に推進」などとも伝わっており。

*大和証券<8601> 468 +3
三菱UFJでは新規に「2」、560円目標としている。

*三菱商事<8058> 2215 +60
海外投資家による総合商社選別物色の動きにも。

*パナソニック<6752> 1260 +34
三洋電機のTOB完了で今後の展望も広がる形に。

*トヨタ<7203> 3670 +20
世界生産730万台に上方修正とも伝わっている。

*ファナック<6954> 8020 +160
製造業機械受注の伸び率の高まりなどを材料視も。

*京セラ<6971> 7640 +160
値がさハイテク株の一角で強い動きが目立つ。

*信越化学<4063> 4980 +40
次世代半導体の素材開発などと報じられている。

*住友鉱<5713> 1378 -8
非鉄市況の下落を受けて頭の重い展開に。

*ラオックス<8202> 113 -8
週末要因も手伝って短期資金の見切り売りが優勢の展開へ。

*星光PMC<4963> 258 +30
逆日歩発生などで買い戻し急がれる格好か。

*UTHD<2146> 30900カ +3000
ブリッジキャピタルによる追加取得などが材料とも。

*ワッツ<2735> 112500 +9500
1:200の株式分割と実質増配を材料視。

*SDSバイオ<4952> 750 +51
前日に続いて東証2部上場承認を好感。

*プライム<2684> 57800 +3600
400円の逆日歩継続などで買い戻し優勢の動き続く。

*セプテーニ<4293> 32200 +1600
前日に続いてKBCの買い推奨格上げを材料視。

*コネクトテク<3736> 9110カ
前日に続いて第三者割当増資による財務リスク後退をハヤす。

*ファーマフーズ<2929> 29900 +1450
前日に続いて中国社への同社製品採用を好感。

*サイバーエージ<4751> 156200 +4800
PC版「Amebaなう」のサービス開始を材料視。

*エンJPN<4849> 102100 +9300
メリルが投資判断を新規に「買い」、目標株価20万円とする。

*セラーテム<4330> 49000 +3700
オンデマンド画像拡縮ソリューションの提供を材料視。

*夢真<2362> 105 +6
いちよしでポジティブなレポートなども観測されている。

*JIN<3046> 410 +12
高値更新で再び関心が高まる。

*ファンドクリエ<3266> 53 -6
前期売上高を60億円から6.9億円に下方修正。

*セイクレスト<8900> 216 -19
一昨日の株価上昇で上値にしこり残す形にも。

*ACCESS<4813> 137400 -28500
前日に第3四半期決算発表、赤字幅は一段と広がっており。

*マネパ<8732> 31800 -3900
前日に月次動向を開示、営業収益は再度前月比で落ち込む。
12月11日(金)

H「週末の日経平均は大幅な反発となった。離れ小島となっていた水準まで戻しており、アイランドリバーサルを解消した。」

K「ああ。アイランドリバーサル返しだな。非常に強い形状だ。昨日までは続落となっており先行き不安も強まっていたが、今日の動きでその不安も払拭された。」

H「しかし前場と後場では市場ムードが全く違う。SQ値が思いのほか高くなってしまい、前場は幻のSQ値という状態だったからな。」

K「ああ。買い方が頑張ってしまった。SQに絡む売買は買い越しであり、1万円超えとはならなかったが、想定上に高くなった。それだけに寄り付き後はその反動もありSQ値を下回る水準での推移だった。SQ値超えたとしてもすぐ上には節目の1万円というラインがあるだけに、今日はSQ値超えずに終わると見ていた向きも多いようだ。」

H「ただ後場には流れが一変した。中国の経済指標はトータル的には市場予測通りでサプライズは無いものの、為替が円安へと振れていった。」

K「為替が円安へと進行していったのは、一部で英国の格下げ懸念を払拭するような発言が要因だといえる。格付け会社のアナリストがトリプルAに変更ないと発言したようだ。これが徐々に広がってポンドの買い戻しから、全体的に円安へと繋がった可能性が高い。」

H「なるほど。後場が始まる前には結構円安へと振れており、先物の買い戻しのきっかけとなったようだ。後場寄りから大きく買い優勢で始まり、日経平均は前場幻だったSQ値を飛び越えて始まった。」

K「ああ。寄り後もすぐに大台の1万円台に乗せてきて市場心理が一変した。その後、売りに押される場面もあったが、SQ値までも下げずに止まったことから、焦った売り方が徐々に買い戻しを強め、終わってみれば日経平均は大幅高の高値引けだ。」

H「日経先物もTOPIXも高値引けとなっている。」

K「SQ値高くなりすぎたため、警戒されたが結局後場の上昇でSQ値も幻となくなったし、埋めていなかった窓も埋めアイランドリバーサル返しとなったし、こりゃ否応なしに来週も期待される。」

H「面白いのが今日は前場はSQ値まで上げられず、後場はSQ値まで下げていない。つまりある意味、幻のSQ値だ。」

K「確かにそうだな。いずれにしろSQ値より時価は上となっていることから、目先はSQ値が下値抵抗として意識される。」

H「ただやはり為替の動向が日本市場へ与える影響大きいな。為替が大きく動くと、動いた方に株式市場も動くことが多い。」

K「そうだな。ある意味、米国市場上げるより、円安へ振れた方が好感されやすいと言えるかもな。それだけに来週も為替市場から目は離せない。」

H「ああ。一旦は収まりそうだが、クレジットクランチ懸念が再燃しなければ良いけどな。」

K「そうだな。再燃すると再び円買いということになり、日本株にはネックとなる。」

H「まあこれから年末も近くなるし、海外勢は続々とクリスマス休暇入りすることから、徐々にその懸念は無くなっていくだろうけどな。」

K「ただ来週は日米の金融政策決定会合が予定されている。それだけに為替は結構不安定な動きになりやすい。上手い具合に円安へと振れる分には問題ないが、円高へと振れるようだとやっかいだ。」

H「まあ目新しい事が出るとは考えにくいが、為替市場も商い細ってくるだろうし、結構乱高下する懸念はあるかもな。」

K「ああ。それに三菱UFJの大型公募増資があり、それに伴う円買いも結構入ってくるとの見方もある。早ければ21日が払込日となることから、来週は公募引き受けに絡んだ円買いが入ってくると言われている。」

H「ただ為替を大きく変動させる規模ではないだろう。」

K「もちろんそうだ。結局は心理的な問題だろう。その手の円買いが入るため、円は売りにくいと・・。また、それを材料として円買いに動く投機筋も出てくるかも、という思惑だ。それらが強まれば結果的に円高へと振れることになる。」

H「ただ来週凌げは、その思惑はなくなるからな。」

K「しかし再来週になればクリスマスだけに更に薄商いとなることから、そこを狙って仕掛ける向きが出てくると警戒されている。もちろん、円買いを仕掛けるとは限らず、逆に円売りを仕掛けると言うこともあるだけに、今から警戒して仕方ないけどな。」

H「いずれにしろ色々な思惑で年末にかけ、為替市場は結構動く可能性があると言うことか・・。」

K「そう言うことだ。まあ出来れば年末まで、しっかりとした展開続けて欲しいモンだけどな。」

H「ああ。取りあえず今晩の米国市場と為替市場、波乱ないようお願いしたいモンだ。」
2009.12.11先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。