(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.2【期待が高まらないからこそインパクトは大きく】

2009/12/02 11:02|未分類CM:2
ドル安なのかな
ドル以外は日銀会見後ほぼ戻し又は更に円安
ドルだけがドバイ金融不安の後退との見方よりドル売りとか

NY高値更新
金高値更新
日本も反転
朝安いものは買って
高いものは利確
なぜか変に安いものとかあった気が
ドル安のせい?
信越化学とか寄り倍プッシュで
前日終値で利確とか

CAの一回目の下げでいっぱい買っちゃったり
何とか戻してくれて140kで利確
あぶない

後場
ADP雇用統計前でもみもみだな
下で指値にヒットしたやつはGSユアサだけ
後場に入って上げたところ利確
前場引け間際の売られ方買っちゃいけなかったw
危なかった

んで引けでまた追加買いして持ち越し
雇用統計ふつーに通過しますように

宅建から合格書類が到着したんだが
登録講習19500円~35000円
登録手数料37000円とか
登録講習も高過ぎだし
登録手数料はぼり過ぎだろ
さすが天下り財団ぱねーな
登録せずにPS3とFF13買うか


[株式オープニングコメント]
リバウンドの持続を意識しておきたい

 1日のNY市場は上昇。ダウ平均は126.74ドル高の10471.58、ナスダックは31.21ポ
イント高の2175.81で取引を終了した。ドバイの信用不安が後退しつつあることが引
き続き好感された。また中国の11月製造業指数が好調だったことや、中古住宅販売の
先行指標となる10月中古住宅販売保留が予想を上回ったことで終日堅調推移となっ
た。セクター別では、半導体・同製造装置や小売りが上昇、一方で各種金融が軟調。
シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比85円高の9635円、円建ては同75円高の
9625円。ADRの日本株はコマツ、日電産、パナソニック、京セラ、オリンパスが小
じっかりな半面、旭硝子、三井住友、エーザイが小安いなど、対東証比較(1ドル
86.68円換算)で高安まちまち。
 NYダウは一時10500ドルを回復し、年初来高値を更新した。日本株同様にドバ
イ・ショックの下落分を完全に埋めた格好である。シカゴ先物は9600円を超えてきて
おり、10月、11月前半の安値水準である9600-9700円のレンジを試す可能性が出てき
ている。この抵抗ラインを超えてくると、1万円の大台への意識が強まってこよう。
昨日後場からの金融会合への期待から大きく上昇した反動も想定されるが、直近の保
ち合いレベルである9400-9450円レベルでの底堅さがみられている間はショートは避
け、リバウンドの持続を意識しておきたい。
 物色としてはNY市場の流れを受けてハイテクなどが主導しそうである。また、N
Y金価格の史上最高値更新や、JFEスチールの一時休業中止、10月鉄鋼輸出が前年
同月比14.5%増などを受けて、非鉄、鉄鋼、商社などの資源系セクターへの物色もあ
りそう。そのほかは、昨日のGSユアサなど次世代電池や太陽光発電、LED関連な
どのテーマ銘柄の見直しとなろう。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、年初来高値更新
・SOX指数、大幅続伸
・NY金相場、最高値更新
・欧州株、大幅反発
・日経平均、大幅続伸で9500円台回復
・東証1部の売買代金、約1カ月ぶりの水準に回復
・東証REIT指数、大幅続伸
・長期金利、反落(10年債利回り0.045%下落)

弱気材料
・NY債券市場、6日ぶり反落(10年債利回り0.08%上昇)
・LMEニッケル先物、反落
・バルチック海運指数、8日続落
・DRAMスポット、13日続落
・11月の米ISM製造業景気指数、コンセンサス下振れ

留意事項
・NYドル円相場(86円67銭-69銭)
・NY原油先物、2日続伸(1バレル=78.37ドル)
・米GM、ヘンダーソンCEO辞任
・10月のユーロ圏失業率、横ばいの9.8%
・信用買い残、3週ぶり増加
・11月のマネタリーベース
・藤井財務相会見
・10月のユーロ圏生産者物価指数
・EU財務相理事会(ブリュッセル)
・11月の米ADP雇用統計
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)


[サポート&レジスタンス]

終値            9572
5日移動平均        9365
標準偏差+2σ      10291
先行スパンB       10198
先行スパンA       10144
100日移動平均     10025
レジスタンス(2)     9798
基準線           9737
25日移動平均       9733
レジスタンス(1)     9685
ピボット          9459
転換線           9433
200日移動平均      9386
サポート(1)       9346
標準偏差-2σ       9175
サポート(2)       9120

[ランチタイムコメント]
引き続きリバウンドの持続を意識
 日経平均は小反落。16.18円安の9556.02円(出来高概算11億3000万株)で前場の取
引を終えた。金融会合の結果がやや失望との見方もあり、昨日後場からの大幅上昇の
反動から利食い優勢のスタートとなった。ただ、追加景気対策への期待から売り込む
流れにはならず、9500円処での底堅さが確認されると、前場半ばには一時9643.32円
まで上げ幅を広げる場面をみせている。その後は9600円手前レベルでのこう着が続い
ており、前引けにかけてはポジション調整の動きから下げに転じている。東証1部の
騰落銘柄は値上り695に対して値下がり860、変わらず129と、値下がりが全体の過半
数を占めている。規模別指数では中型株の下げがやや目立っている。セクターでは保
険がしっかりのほか、鉄鋼、商社、機械、輸送用機器などが堅調であった。テーマ銘
柄などは短期資金が中心とみられ、朝方こそ強い動きが目立っていたが、前引けにか
けては戻り売りに押されている。
 きょう夕方に、鳩山首相と白川日銀総裁の会談が行われる。前引けにかけては下げ
に転じてしまっているが、今後の政策への期待感もあって一段の下げはなさそうであ
る。また、下げているとは言え、昨日の高値レベルでの推移であり、臨時の金融会合
の内容は失望との声が多く聞かれるものの、マーケットは自体はそれほど嫌気してい
ないであろう。テクニカル面では、ボリンジャーバンドのマイナス1σが9450円レベ
ルに位置しており、これを下回らないようであれば弱気に転じる必要はないとみる。
10月、11月前半の安値水準である9600-9700円の抵抗ラインを試すところにきてお
り、強弱感が対立しやすいところでもある。年金資金とみられる買い観測も下値では
聞かれており、引き続きショートは避け、リバウンドの持続を意識しておきたい。

[クロージング]
期待が高まらないからこそインパクトは大きく
 日経平均は3日続伸。36.74円高の9608.94円(出来高概算21億6000万株)で取引を
終えた。金融会合の結果がやや失望との見方もあり、昨日後場からの大幅上昇の反動
から利食い優勢のスタートとなった。ただ、鳩山首相と白川日銀総裁の会談が行われ
るなど、追加景気対策への期待から売り込む流れにはならず、9600円手前レベルでの
底堅い展開となった。また、円相場が1ドル87円台で推移していたことや、年金資金
とみられる買い観測もあり、こう着ながらも先高観を強めてきている。東証1部の騰
落銘柄は値上り713に対して値下がり849、変わらず122と値下がりが過半数を占めた
ほか、規模別指数では大型株指数のみがプラスであった。テーマ銘柄などは短期資金
が中心とみられ、朝方こそ強い動きが目立っていたが、その後は高安まちまちに。
 こう着感が強く、大引けにかけてのコア銘柄へのインデックス買いが、指数を下支
えした格好である。ただ、臨時の金融会合の内容は失望との声が多く聞かれるもの
の、昨日の後場の大幅上昇に対する反動は限られており、リバウンドの持続を意識し
ておきたい。鳩山政権の政策に対する過度な期待が高まらないことが、反対にポジテ
ィブなインパクトを大きくしそうである。
 今晩の米国ではMBA住宅ローン申請指数、11月のADP雇用統計、ベージュブックなど
の発表が予定されており、これらがマイナスに作用したとしても、今後の政策への期
待感もあってマーケットは自体の反応は限られよう。日経平均の9500円割れなどがあ
るようなら、反対に押し目買いの好機との見方が強まる可能性はある。きょうは上値
の重さが意識されていたが、10月安値と11月前半の安値である9600-9700円レベルは
強い抵抗線として意識されているため、想定内の動きであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9608.94 +36.74
TOPIX858.74 +0.98
東証2部指数2008.40 +7.66
日経ジャスダック平均1129.58 +3.66
マザーズ指数398.49 +1.66
ヘラクレス指数524.30 +3.56
東証1部出来高21.64億株
東証1部騰落レシオ66.18%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅続伸。ダウは再び年初来高値を更新した。ただ日本市場は昨
日の大幅高の反動から売り優勢で始まるもの目立っている。しかし下値も限定的で、
主力株にまとまった買いが入ったことから日経平均プラスに転じる。その後も値を
伸ばすも、買い一巡後は垂れ気味に。前場は日経平均小幅安で引けるが、後場には
再びプラ転し狭いレンジでの揉み合いが大引けまで続いた。昨日決定した日銀の追
加金融緩和策に関しては、期待外れとの声も多いが素直に評価する声も・・。日経
先物の主な買い越し証券はクレディスイス、モルガンS、楽天、岡三、UBS、三菱UFJ、
JPモルガン。売り越しはバークレイズ、野村、カブコム、大和、ニューエッジ、GS、
松井、ドイツなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2432DeNA 488000円 +33000
大幅反発で年初来高値を更新。今朝の日経新聞では、同社は競合他社であるミクシ
ィに対して、携帯サイトの人気ゲームの提供を始めたと報じている。同社はビジネ
スモデルを転換しており、コンテンツを外部供給し新たな収益の柱に育てると・・。
これを素直に好感された格好。高値圏警戒感は強いものの、アナリスト評価も高ま
っている銘柄なだけにそう簡単には崩れないのではと・・。ただ今日心理的な節目
の50万円にタッチしたことから達成感も出ており、明日以降上値追っていけるかが
注目されると。

6141森精機 832円 +32
大幅上昇。今日から公募価格決定期間入りとなっている。公募価格決定日には、公
募引き受ける向きのつなぎ売りにより売り込まれることが多いものの、今日はその
動きあまり見られていない。既に安い場面でつなぎ売っている向きも多いようで、
今日の下げない動きから仕方なく買い戻しに動いてきた向きもいるのではと・・・。
地合的にも中小型株の戻りが鮮明になっていることも買い意欲の強さに繋がってい
る模様。明日以降の動向が注目される。

9983ファーストリテイリング 16320円 +340
しっかり。本日引け後に11月の国内ユニクロ事業月次売上高が発表される予定だっ
たことから、期待する買いが入ってきたようだ。11月下旬から始めた60周年記念キ
ャンペーン実施効果もあり、期待する見方も多かった様子。引け後、発表された月
次は前年同月比+7.9%となり、前月の+35.7%より伸び率は鈍化。しかし対象とな
る昨年11月は前年同月比で+32.2%だったこともあり、悪い数字でもないとの見方。
いずれにしろ織り込み済みではと見る向き多し。

2330フォーサイド 3030円 +55
同社は前場中頃に自社株買いを発表。上限で発行済み株式数の4.78%に相当するだ
けに、かなりインパクトある材料。しかしながら、その割には上値重く上げきれな
い動きだった。同社は今年何度も自社株買い実施しており、目新しさに欠けるとの
事もあるが、それにしては重いとの声多し。まるで、ここぞとばかりに売っている
向きがいるような動きだと・・。きな臭いと警戒する市場筋も多いようだ。それだ
けに明日以降の動向が注目される。

3010価値開発 50円 +28
一時ストップ高まで買われる場面も。昨日同社は広東省中国旅行社グループの広東
中旅旅遊投資発展有限公司と基本提携を結んだと発表。同社グループが運営するホ
テルや温泉旅行サービスを中国の訪日観光客に共同で普及させることに関する基本
提携のようだ。この材料に短期資金も飛びついたようだ。将来的な業績への寄与が
どの程度か不透明ながら、そんな事はどうでも良いと・・。昨日は中国企業と資本
業務提携した2340極楽湯がストップ高となったことも刺激になっている様子。今日
はいわゆるボロ株と言われる超低位株に物色されている銘柄目立っており、ボロ株
相場が本格的に来ると期待する声も多いようだ。

===============
◆◇12/3(木)の主な予定!◇◆
===============
7-9月法人企業統計(8:50)
積水ハウス、野田スクリーン、アインファーマなど決算発表
ECB 理事会
米新規失業保険申請件数(22:30)
米11月ISM 非製造業景気指数(4日 0:00)
米11月ICSC チェーンストア売上高(4日 1:00)
EU 財務相理事会(ベルギー・ブリュッセル)
バーナンキFRB 議長の再任の承認に関する公聴会
米オバマ政権が雇用関連の官民合同会議を開催
[動いた株・出来た株]

*兼松日産<7961> 110 +18
81-82円レベルでの底堅さや往年の仕手性の強さ妙味に。

*宮越商事<6766> 567 +80
連日のストップ高、株価は一方向に傾きやすく値幅取りの動きに。

*フージャース<8907> 8990 +960
リバウンド狙いの値幅取り資金流入活発化で。

*フタバ産業<7241> 615 +47
直近高値更新でショートカバーの動きが活発化の印象。

*飯田産業<8880> 1478 +82
パワービルダー一斉高、同社は決算発表も接近しており。

*日野自動車<7205> 288 +15
11月の国内自動車販売台数は前年比マイナス幅が大幅に縮小。

*日ケミファ<4539> 231 -12
昨年12月の安値更新で下値メド見出しにくく。

*宮崎銀行<8393> 298 -14
公募増資実施による需給悪化懸念が続く格好に。

*王将フード<9936> 2460 +100
餃子の王将がヒット商品番付に乗る。

*日本電産<6594> 7760 +60
野村では目標株価を8400円から9300円に引き上げ。



(前場)
*内田洋行<8057> 240 +15
業績下方修正嫌気した動きも一巡感、底値到達感から自律反発狙いにも。

*ユニプレス<5949> 1340 +80
一昨日付けで野村では目標株価1700円にまで引き上げ。

*合同製鉄<5410> 207 +12
鉄鋼大手の強い動きも支援、値頃感の強い鉄鋼株として。

*東ソー<4042> 231 +12
前日のテレビ番組で取りあげられているもよう。

*タクトホーム<8915> 87000 +4300
大和のパワービルダー業界レポートをきっかけに人気続く。

*河合楽器製作所<7952> 103 +5
前日には中国でピアノ拡販など攻勢かけると一部で伝わる。

*日本バルカー工業<7995> 165 +8
底打ち感を受けて前日からリバウンド、値頃感も妙味に。

*日本エスリード<8877> 752 +36
日銀の金融緩和政策による不動産株への見直しが続く。

*三井松島<1518> 140 +6
ファイナンス発表で前日急落からの自律反発へ。

*富士通<6702> 540 +23
次世代スパコン「確実に推進を」と総合科学技術会議が評価で。

*DeNA<2432> 474000 +19000
人気ゲームをミクシィに提供などとも報じられている。

*東京建物<8804> 327 +13
公募価格決定で買い戻し進み、マド埋め狙う動きにも。

*SUMCO<3436> 1365 -158
前日に第3四半期決算発表、赤字幅は前四半期比で拡大。

*角川グループ<9477> 2200 -195
CBの発行を発表で短期的な需給懸念や希薄化懸念。

*JBR<2453> 70200 -4500
株価急騰の反動、天井到達感強まり処分売り急がれる。

*レオパレス21<8848> 331 -20
業績の先行き懸念強く戻りも限定的にとどまり。

*NTT都市開発<8933> 61000 -3600
GSでは新規に「売り」推奨としている。

*ポイント<2685> 4820 -260
前日に11月の月次動向を発表、既存店売上高は7.9%減に。

*アルパイン<6816> 852 -45
前日急伸の反動安の格好、短期的な買い戻しにも一巡感か。

*ブラザー工業<6448> 932 -45
株価1000円レベル接近の水準では戻り売り圧力も強まる。

*三井化学<4183> 207 -9
本日が公募株の受渡期日となっており需給悪化へ。

*メガネトップ<7541> 1020 -44
11月の既存店売上高は前年比で2ケタのマイナスに落ち込む。

*西日本シティ銀行<8327> 237 -10
連日の株価急騰を受けて利食い圧力なども強まる。

*山一電機<6941> 148 -6
信用高値期日も接近するなか戻り売り圧力も強い。

*横河ブリッジ<5911> 732 -29
来年度以降の公共工事削減の影響など改めて警戒も。

*日本郵船<9101> 255 -6
発行価格決定でもショートカバー活発化にはつながらず。

*三菱UFJ<8306> 489 -8
公募発表に伴う目先のショートカバーの動きにも一巡感か。

*東芝<6502> 471 -2
前日は仏アレバ送電部門の買収断念観測で切り返す動きとなっていた。

*日立製作所<6501> 240 +4
公募増資に伴う需給・希薄化懸念なども一旦織り込む格好か。

*GSユアサ<6674> 633 -19
昨日急伸の反動で短期資金の利食いも先行か。

*新日本製鉄<5401> 332 +4
みずほインベでは大手鉄鋼株を一斉に格上げしている。

*日本電気<6701> 217 -2
出来高は急減、公募組の売りなどには一巡感も出るが。

*日産自動車<7201> 658 +13
11月の米国自動車販売は21%増と相対的に好調で。

*昭和電工<4004> 161 +4
HDD用磁気ディスクの生産増強報道などが伝わる。

*新日本石油<5001> 378 +5
来年のNZ向け原油融通権を落札と伝わっている。

*トヨタ<7203> 3510 -10
国内や米国での自動車販売動向が発表されているが、特にインパクトなく。

*三菱商事<8058> 2035 +30
原油市況や非鉄市況など資源価格の上昇を好材料視する。

*東京エレク<8035> 4990 +130
CSでは投資判断「アウトP」に格上げ、6300円目標とする。

*三井不動産<8801> 1547 +11
GSでは投資判断を「買い」に格上げ、1750円目標とする。

*パナソニック<6752> 1143 +8
UBSでは「バイ」に格上げ、目標株価を1500円としている。

*ファストリ<9983> 16000 +20
引け後の月次発表を控えて期待感も先行へ。

*JFEHD<5411> 3000 +60
一時休業を来年1月に中止することを決めたと報じられる。

*国際帝石<1605> 681000 -12000
前日には岡三が投資判断を「強気」から「中立」へ格下げ。

*価値開発<3010> 42 +20
中国企業とホテルやサービスの訪日観光客普及で提携と発表。

*中央電工<5566> 699 +54
資源価格の上昇も支援にリバウンドの流れ一段と強まる。

*任天堂<7974> 20670 -550
任天堂関連の業績悪化報道などもネガティブイメージに。

*ワールドIT<2429> 47500カ
前日に続いて1:300の株式分割を材料視。

*極楽湯<2340> 377 +54
前日に続いて中国の金融大手との業務・資本提携を好感。

*プロパスト<3236> 4280カ +500
不動産の出遅れ銘柄として短期筋が物色とも。

*光波<6876> 1064カ +100
PBR1倍割れで調整一巡との見方に。

*セブン銀行<8410> 181600 +4300
野村のフォーラム参加企業としても物色される。

*フォーサイド<2330> 3040 +65
10万6382株を上限とする自社株買いを好感。

*ドリコム<3793> 434000カ +50000
前日の年初来高値突破で先高感が一層強まる。

*フルスピード<2159> 39000カ +4000
前日に続いて「ネット風評被害管理サービス」の開始を材料視。

*まんだらけ<2652> 929カ
前日に続いて6万株の自社株買いを好感。

*Eウェーヴ<3732> 48100カ
JSCとの合併比率へのサヤ寄せが続く。

*セラーテム<4330> 30750 +3020
スピード調整一巡感から短期資金の上値追いが再び活発化。

*ウェッジHD<2388> 13000 +1000
一部証券紙が取り上げる。

*VTHD<7593> 146 +11
シンガポールでの省電力装置の代理店契約締結を材料視。

*JIN<3046> 368 +25
3日開催の個人投資家向け説明会と4日開示の月次動向への期待が高まる。

*Aクリエイト<8798> 51000 +1500
800株を上限とする自社株買いを好感で。

*ファーマフーズ<2929> 26500 -2500
インフル鶏卵抗体絡みで人気化も、前日からは利食いが優勢に。

*サイバーエージ<4751> 136700 -2800
KBCでは格上げも、信用倍率1倍超えで需給妙味後退。

*グリー<3632> 4540 -50
本日が売出株の受渡期日となっており。

*ミクシィ<2121> 762000 -2000
三菱UFJでは投資判断「4」継続で妥当株価50万円に。
12月2日(水)

H「日経平均は3日続伸となった。3日続伸は約2ヶ月ぶりだな。先週には9000円割れも何て見方も強まっていたが、あっという間に9600円台まで戻してしまった。」

K「ああ。今日は反動安が警戒されたが、非常に強い展開だったといえる。やはり昨日、日銀が本格的に動き出したことにより流れが変わった感がある。」

H「そうだな。追加の金融緩和策に関しては、物足りなさを指摘する声も多いものの、取りあえずようやく重い腰を上げたと言うことが好感されているようだ。」

K「ああ。状況次第では更なる金融緩和もやるのではという思惑も生じるからな。日経先物を散々売ってきていたクレディスイスが連日買い戻している事からも、取りあえず日本株の先行き見解を変えてきた向きは多いと思われる。」

H「だろうな。それに商いが伴ってきているのも好感できる。単に先物主導による上昇とも言えないからな。」

K「ああ。現物株にも買い戻しだけでなくしっかりとした買いも観測されており、投資家の日本株を見る目が変わったのは確かなようだ。」

H「まあ、このまま上値を追えるかは別として、取りあえず下抜けという懸念はかなり後退したと言えるだろうな。」

K「そうだな。米国市場もどさくさに紛れてダウは高値更新してきているし、ある意味ドバイショックが良いガス抜きになったといえそうだ。」

H「確かに・・・。それにドルキャリー取引が再び活発になってきたとの見方もあるようだ。リスクマネー再びだ。金先物相場は遂に1200ドル台に乗せてきたし、こりゃ年末へ向け過剰流動性相場加速していくんじゃないのか。」

K「そうなりゃ確かに面白いが、そう気前良く上げていくかは不透明だろう。幾ら何でも楽観視しすぎだ。」

H「解っちゃいるが、ようやく日本市場も強さを見せてきたんだ。今までは嫌と言うほど弱さを見せられ、海外投資家からもそっぽを向かれていた。それがここに来て海外勢からも注目されてきており期待したくなるだろう。」

K「確かに解るが、果たして海外勢が日本株を見直してくるかどうか・・。昨日今日見られている海外勢の買いは主に買い戻しが中心だからな。」

H「ただ今開催中の野村インベストメント・フォーラム2009では海外機関投資家の参加者かなり多いようだぞ。」

K「そのようだな。11/30から開催されているが、日本株も11/30から反発が始まっている。明後日4日まで開催されるだけに、来週以降海外勢の動きがどうなっていくのかは注目はしたい。必ずしも好感されるとは限らないからな。」

H「まあそうだが・・。ただ日本株を見直すきっかけとなる期待もあるだろ。」

K「そうなりゃいいけどな。まあ、海外勢が日本株を敬遠していたのは個別企業云々というよりは、政策リスクなどが大きいからな。」

H「ただ、取りあえず日銀が緊急の金融政策決定会合まで行って、対策を打ち出してきた訳だし、政府に関しても株価や為替を明らかに意識してきたと言うことは好感されるだろう。」

K「まあな。いずれにしろ昨日今日の動きだけで判断するのは時期尚早だろう。」

H「そうだな。出来れば米国市場が下落したときの日本株動向を確認したいモンだな。」

K「とにかく、下抜け懸念は後退したんだ。それだけでも非常に好感できる。今までは押し目も安易に買えないという見方が多かったが、今は押し目あれば買いたいと思う投資家はかなり多くなったんじゃないのか。」

H「だろうな。円高一服とは言っても、まだまだ円高水準だからな。下期の想定為替レートより依然円高だという輸出企業も少なくない。」

K「ただ既に株価には織り込み済みなだけに、ドル円はこの辺でうろちょろしてくれれば問題はないだろう。クロス円は再び円安へと進行してきているからな。」

H「ところで今日はボロ株に物色されている銘柄が目立っていた。この動きからも個人投資家も結構元気が出て来た様子だ。」

K「どうだろうな。ボロ株が動意付いたからって個人投資家に買い気が出て来たとは言い切れない。短期資金が大半だろうし、資金の質も違うだろうからな。ただボロ株が動意付いてきたと言うことは、本格的な戻り相場になってきた証拠かもな。つまり全体的な底上げ相場だ。」

H「ならボロ株物色もまだまだ続くと・・。」

K「そうとは言えない。取りあえず一通りの銘柄がある程度戻してくると言うことだ。銘柄によっては1日2日買われてお終いと言うこともあるだろうが・・。戻り一巡後、更に上げるか再び下げるかは銘柄次第となる。」

H「なるほど。」

K「つまり、まだまともにリバウンドしてない銘柄が順次物色されてくると言うことになる。」

H「まあ、取りあえず明日は日本株どういう展開となるのか楽しみだ。」
2009.12.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
裏筋さん、どもーv-222

試験終わってから知ったんですが
登録にで65,000~70,000円くらいかかるみたいです

■主任者証取得までに掛かる費用
実務講習受講:20,000~25,000円程度
登記印紙:400円
身分証明書:300円
登録申請:37,000円
主任者証申請:4,500円
(法定講習受講:11,000円)
(住民票:300円)

<平成21年度版>
■宅建■
受験料:7,000円 登録実務講習受講料:平均28,000円 登録料:37,000円 主任者証交付料:4,500円 計:76,500円

■管業■
受験料:8,900円 登録実務講習受講料:22,050円 登録料:4,250円 主任者証交付料:2,300円 計:37,500円

■貸金■
受験料:8,500円 登録実務講習受講料:制度なし 登録料:3,150円 主任者証交付料:制度なし 計:11,650円

■マン管■
受験料:9,400円 登録料:4,250円 登録免許料:9,000円 携帯型カード(任意):2,500円 計:25,150円

写真・住民票・登記されていないことの証明書・身分証明書の費用は別途負担。

他の資格だと登録料1万円以下なのにどう考えても
宅建の登録料は高すぎですね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/12/03(木) 15:35 [ 編集 ]
ありがとうございます。
難しいらしいけど、マン管にしてみようかなあ。
裏筋 #-|2009/12/03(木) 19:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。