(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.24【需給整理とボトム形成を意識するところに近づいている】

2009/11/24 11:58|未分類CM:5
三菱UFJの寄りとか
これはひどい

アメリカ130ドル上げて高値更新が
日本100円下げて安値更新
こりゃマジで民主党不況ヤバス
本当に日経3000円来ちゃうよ
ミャンコもブログ書く気うせてきたよ
事業仕分けなんかただのポーズだよ
1兆円削ってる間に
株式市場で60兆以上消えてるよ

ところで未上場の建設会社倒産の噂ってどこよ
未上場でそこそこでかいって
なるほど銀行とか
建設会社とか
連想で下げるわけだ
どっちも民主党政権では虐げられてる業種だから
つぶれても不思議じゃないね

話し変わって旧ペイントハウスが逝ったそうな


[株式オープニングコメント]
中小型株や材料株などが主導権を握れるか
 23日のNY市場は上昇。ダウ平均は132.79ドル高の10450.95、ナスダックは29.97
ポイント高の2176.01で取引を終了した。10月の中古住宅販売が事前予想を上回り、
約2年8ヶ月ぶりの高水準となったことが好感されて終日堅調な展開となった。セク
ター別でも全面高となり、特に電気通信サービスやヘルスケア機器・サービスが堅
調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比70円高の9560円、円建ては同60円高の
9550円。ADRの日本株は日電産、デンソー、京セラ、日東電、キヤノン、オリッ
クスなど対東証比較(1ドル88.96円換算)で全般小じっかり。
 NYダウは年初来高値更新、ナスダックは25日線をサポートに反転している。こ
の流れを好感する格好からのスタートとなろうが、これまで同様に戻りの鈍さが意
識されることになりそうだ。26日が感謝祭で休場、27日がブラックフライデーとな
り、27日は開店休業のマーケットが予想される。その後米国はXマスシーズンに入
ることから、週後半にかけて次第に海外勢の動きが細ることになろう。そもそも政
策リスクなどから海外勢は慎重姿勢であり、商いはリバランスにとどまっていたと
みられるが、薄商いのなかでは月末30日に予定されているMSCIやラッセル野村
など、各インデックスのリバランス(新規組入れ・削除、ウエイト増加・減少)に
絡む動きが一段と目立つことになりそうだ。
 相場全体の方向性が掴みづらい状況が続くことになるため、物色としてはこのイ
ンデックスに絡むリバランスを狙いに行くほか、先週後半から出直りを見せ始めて
きた中小型株や、次世代エネルギー関連を中心としたテーマ銘柄などによる短期的
なリバウンド狙いが中心となろう。追加経済対策での住宅版エコポイント制度導入
検討や、日立が英高速鉄道の大型受注見通しなどが伝えられており、環境絡みの物
色は根強いであろう。指数が不安定となるなか、中小型株や材料株などが主導権を
握ることが期待される。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、4日ぶりの反発で年初来高値更新
・10月の米中古住宅販売件数、07年2月以来の高水準
・SOX指数、4日ぶり反発
・NY金相場、7日続伸で連日最高値
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.02%下落)
・欧州株、大幅反発
・LMEニッケル先物、3日ぶり反発
・東証REIT指数、9日ぶり反発
・東証マザーズ指数、14日ぶりに反発
・10月の世界粗鋼生産量、14カ月ぶりに増加

弱気材料
・バルチック海運指数、2日続落
・DRAMスポット、7日続落
・日経平均、終値で約4カ月ぶりに9500円割れ
・長期金利、上昇(10年債利回り0.005%上昇)
・新規上場のFOI、公開価格割れで一時ストップ安

留意事項
・NYドル円相場(88円96銭-98銭)
・NY原油先物、3日ぶり反発(1バレル=77.56ドル)
・日航、OBの年金3割減額案提示
・首相の献金問題、東京地検が元秘書立件方針観測
・エコポイントの住宅版、追加経済対策で導入観測
・11月の日銀金融経済月報
・10月の全国スーパー売上高
・11月の独IFO景況感指数
・7-9月期の米GDP改定値
・9月の米S&P住宅価格指数
・11月の米消費者信頼感指数
・9月の米FHFA住宅価格指数
・米FOMC議事録

[サポート&レジスタンス]

終値            9498
5日移動平均        9649
標準偏差+2σ      10468
先行スパンB       10198
100日移動平均     10055
先行スパンA       10024
25日移動平均       9953
基準線           9911
転換線           9702
レジスタンス(2)     9568
レジスタンス(1)     9533
ピボット          9478
サポート(1)       9443
標準偏差-2σ       9437
サポート(2)       9388
200日移動平均      9344

[ランチタイムコメント]
心理的には200日線が意識され
 日経平均は下落。50.32円安の9447.36円(出来高概算8億株)で前場の取引を終え
ている。23日のNY市場の上昇を受けて買い優勢のスタートとなったが、寄り付き
の9511.00円を高値に上値の重さが嫌気された。商品相場の上昇を手掛りに非鉄金
属、鉄鋼、商社など資源系関連の一角がしっかり。一方で、格下げが嫌気された武
富士などノンバンクのほか、保険、銀行などが冴えない。東証1部の騰落銘柄は、寄
り付き直後は値上り・値下がり数は拮抗していたが、前引けでは値下がりが1000を
超えている。物色は中小型株などに向かい、下げに転じてしまってはいるが、マザ
ーズ指数、ジャスダック平均などの下げは、日経平均、TOPIXと比べて軽微である。

 日経平均は前引けにかけての下げによって、先週末の安値水準に近づいてきてい
る。依然として底打ち感が強まりづらいため、押し目買い意欲は盛り上がらない。
日経平均の200日線が9350円近辺に位置していることもあり、同線をサポートとして
確認する展開もありそうである。ただ、200日線レベルは7月の調整時にサポートと
して機能したところでもあり、9400円割れなどで目先的な底打ち感が強まることが
期待される。感謝祭を控えて海外勢の商いが細る可能性があるほか、政策運営リス
クなどもあって本格的な反転は見込みづらいが、反転の兆しがみられてきている中
小型株やテーマ銘柄の循環物色で乗り切りたいところ。

[クロージング]
需給整理とボトム形成を意識するところに近づいている
 日経平均は下落。96.10円安の9401.58円(出来高概算18億2000万株)で取引を終
えた。23日のNY市場の上昇を受けて買い優勢のスタートとなったが、寄り付きの
9511.00円を高値に上値の重さが嫌気された。その後はじり安基調となるなか、比較
的強含みで推移していた中小型株やテーマ銘柄などの一角が崩れると、日経平均は
一時9397.79円と9400円を割り込む場面をみせている。東証1部の騰落銘柄は、値下
がり数が1200を超え、全体の7割を占めたほか、規模別指数では小型株指数の下げが
目立った。先物での売り仕掛け的な動きはなく、明らかに現物主導の下げであっ
た。
 JAL問題の行方や銀行の増資懸念、政策運営リスクなどによって不安感を強め
るなか、中小型株やテーマ銘柄が大きく下げたことで指数以上のマイナスインパク
トとなっている。藤井財務相は、増資ラッシュが株式相場の下落の要因との見解を
示した。原因であることは間違いないが、増資を行わなければならない経済状況で
あることを認識していないとの失望もあったと聞かれる。政策運営リスクがくすぶ
る状況下では、参加意欲は強まらないであろう。また、中国市場が大きく下げてい
るが、新興国の経済成長に伴う回復が期待されているだけに、マイナス影響を与え
よう。
 ただ、本日はテーマ銘柄の主力処の大きな下げが目立っていたが、期日に伴う影
響も考慮すると、需給は改善傾向を強めてくる可能性はある。日経平均は一時9400
円を割り込み、200日線レベルに接近してきている。目先は下ブレが警戒される状況
ではあるが、需給整理とともにボトム形成を意識するところに近づいているとみて
おきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9401.58 -96.10
TOPIX829.22 -9.49
東証2部指数1978.36 -5.76
日経ジャスダック平均1121.16 -4.09
マザーズ指数379.65 -4.81
ヘラクレス指数513.61 -6.40
東証1部出来高18.27億株
東証1部騰落レシオ64.55%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は小幅に下落したものの昨晩は大幅高し、ダウは年初来高値を
更新。それを受け日本市場も堅調に始まるも上値は重く、日経平均もTOPIXもあっ
さりとマイナスに転じる展開。その後も弱含みの揉み合いで軟調推移となってい
る。後場も軟調さは続き、主要指数は一段安に。日経平均もTOPIXもほぼ今日の
安値圏で引けている。日経先物の主な買い越し証券はクレディスイス、JPモルガ
ン、藍澤、カブコム、バークレイズ、GS、三菱UFJ、UBS、ドイツ、モルガンS、
野村。売り越しはニューエッジ、トレイダーズ、立花、オリックス、水戸、安藤、
BNPパリバなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6727ワコム 179500円 +7000
寄り付きから大きく買われる。昨日の日経新聞ではウィンドウズ7効果によりタッ
チパネルなどパソコン部品の需要が拡大していると報じられている。同社に関し
ては富士通や東芝などパソコン各社から強い引き合いがあると・・。目新しい材
料でもないものの、業績拡大期待から買い集まった模様。ただ買い一巡後は地合
の影響もあり上げ幅を縮小する展開。現株価には既にある程度は織り込まれてい
るとの見方もあるが、上値のシコリがまだまだ多いのが重しとなっているとの声
も・・。単純に地合の影響だと見る向きも多し。

8875東栄住宅 869円 +29
今日は不動産株も軟調な銘柄目立っているが、ここはしっかりの展開。先週末に
同社は金融機関と総額80億円のシンジケートローン契約締結したと発表。単純に
財務体質改善目的でなく積極的な用地確保目的の資金調達であり、素直に好感さ
れているようだ。地合良ければもっと派手に物色されたのではと見る向き多い。

6849日本光電 1504円 -119
大幅安で始まる展開。前週末に同社が製造販売するAEDを自主改修すると発表し
ており嫌気されている。ただ業績への影響は軽微としており、寄り後は買い戻し
や押し目買いが優勢の展開で、下げ幅を縮小している。今期業績を大幅に上方修
正して買われていただけに、嫌気する売りが結構多く出たようだが、下げれば買
いたい向きも多い銘柄だと見る向き多い。暫く上値重いのは仕方ないとしても下
値も限定的ではと・・。

6701NEC 210円 -5
軟調。公募増資の申込期間が先週末で終わっており、今日はある意味買い支えが
無くなった状況。警戒されていた事ながら、こうもあっさりと公募割れとなって
しまうと今後の公募増資する企業に悪影響が出てくるとの声も・・。受渡日前の
公募割れが相次ぐようだと、中長期資金の公募需要が減ることになり、つなぎ売
りを入れての短期サヤ取り狙いでの公募株買いという向きしかいなくなると・・。
NECと同様の展開になるとの懸念もあり先週末に公募価格決定した7238曙ブレー
キは早くも公募価格まで売られている状況。また公募価格決定期間入りした4183
三井化学は派手に売り込まれている。

6932遠藤照明 260円 +46
大幅高だが、長い陰線となっている。寄り付きからストップ高まで買われていた
が、後場地合悪化の影響を受けて垂れている格好。22日付け日経新聞では、同社
は大手メーカーの同等品に比べて3割程度安いLED照明を発売すると報じられてい
る。来期にはLED照明の売上高を今期予想比3倍強の100億円に引き上げると・・・。
同社の今期業績の総売上高見通しが142億円だけに、インパクト大きいようだ。
採算性に疑問ながらも3割も安ければ、かなりの需要が見込めるとの見方多い。
それだけにストップ高も解る材料ながら、地合状況が悪かったと・・。

===============
◆◇11/25(水)の主な予定!◇◆
===============
11月末権利取り最終日
10 月貿易収支(8:50)
米7年債入札(320億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
米新規失業保険申請件数(22:30)
米10月個人所得・個人支出(22:30)
米10月耐久財受注(22:30)
米10月新築住宅販売(26 日 0:00)
米FRBが経済見通しを発表(26日)
ティファニーなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*サイボウズ<4776> 32450 +3010
10月のマド埋め水準まで調整でリバウンド狙いの動き、特に材料観測されず。

*トーカロ<3433> 1226 -200
先週末ストップ高から一転してストップ安に。

*シキボウ<3109> 142 -16
ダイワボウの株価下落などが響く格好に。

*日M&A<2127> 321000 -32000
短期リバウンドも一巡感で戻り売り、新興市場の反落も響く。

*富士火災<8763> 93 -8
再度の株価100円割れで処分売りも急がれる格好か。

*富士紡<3104> 131 -11
ダイワボウやシキボウなど低位の繊維株が急落で。

*関東電化<4047> 552 -46
リチウム電池関連としてGSユアサの下落などもマイナス視。

*井関農機<6310> 266 -22
テーマ関連銘柄は総じて崩れる状況になる。

*トーセイ<8923> 20150 -2950
1部市場でも中小型不動産の一角がきつい下げとなっており。

*神東塗料<4615> 93 -12
株価下落で信用買い方の処分売り圧力が増す格好にも。

*どん<8216> 191 -18
株主優待中止に伴う失望感強く、リバウンド場面ではすかさず戻り売り。




(前場)
*フィデック<8423> 8400 カ
株価の底打ちムードも強まりショートカバーの動き優勢か。

*アイロム<2372> 4440 カ
目立った材料は観測されず、底打ち感からの買い戻し活発化か。

*アイネス<9742> 696 +60
みずほでは1190円目標で「アウトP」判断を継続。

*津田駒工業<6217> 100 +6
突っ込み警戒感からの自律反発狙いの動き強まる。

*東京個別指導学院<4745> 142 +8
売り込まれてきた低位材料株には自律反発狙う動きも。

*岩崎電気<6924> 132 +7
底値到達感も広がって打診買い的な動きにも。

*オエノンHLDG<2533> 175 +9
先週末にはシンジケートローン契約締結を発表している。

*ワコム<6727> 181800 +9300
ウインドウズ7関連として関心向かう格好にも。

*東栄住宅<8875> 880 +40
協調融資枠80億円契約と伝わり買い安心感にもつながる。

*三井ハイテック<6966> 833 +36
ハイブリッド関連として見直しの動きも強まり。

*酉島製作所<6363> 1703 +73
コスモが新規買い推奨で、いちよしはレーティング格上げへ。

*スク・エニHLDG<9684> 1960 +78
当面の処分売り一巡感からのリバウンドが継続へ。

*SANKYO<6417> 4960 +190
下値の堅さも確認される格好からリバウンド目指す動きへ。

*イオンモール<8905> 1450 +43
先週末は出来高伴い急落、セリングクライマックス的な様相にも。

*レオパレス21<8848> 328 -45
業績悪化を警戒した処分売りの動きが止まず。

*日本光電工業<6849> 1496 -127
AED自主改修で今後の販売への影響を警戒視とも。

*ケネディクス<4321> 24200 -2000
新興市場の伸び悩みとともに短期的なリバウンドにも一服感。

*三井化学<4183> 211 -17
本日から公募価格の決定期間入りとなっており。

*日本航空<9205> 88 -7
東急などが保有株の売却を検討などとも伝わり需給懸念一段と。

*日本農薬<4997> 461 -28
引き続き今期の減益見通しなどを嫌気する動き継続へ。

*光通信<9435> 1496 -89
じり安歩調続くが信用買い残などは依然として高水準でもあり。

*第一中央汽船<9132> 203 -12
バルチック指数の上昇基調一服で海運株売られる。

*ダイワボウ<3107> 220 -13
明日からは公募価格の決定期間入りともなり。

*武富士<8564> 374 -22
ムーディーズも格付けの引き下げを発表で。

*ドワンゴ<3715> 153600 -8900
新興市場なども早々にリバウンド一巡の流れとなっており。

*大京<8840> 178 -10
デフレ認定などによって不動産株には一段と警戒感も。

*東洋ゴム工業<5105> 132 -7
信用買い残高水準で戻り売りの動きも早まりやすい。

*三菱UFJ<8306> 466 -5
今週にも公募増資を正式発表と想定されており。

*日本電気<6701> 211 -4
今週末には公募株の受渡期日を控えており。

*東芝<6502> 457 +6
日本写真印刷と姫路の土地・建物賃貸借契約などとも伝わる。

*日立製作所<6501> 249 -4
英で鉄道大型受注など伝わるが需給面での警戒感は強く。

*GSユアサ<6674> 627 -31
信用高値期日接近など需給面が重しとなる格好に。

*新日本製鉄<5401> 320 +2
10月の粗鋼生産は14ヶ月ぶりにプラス転換などとも伝わっている。

*三菱マテ<5711> 214 +5
GSでは目標株価据え置きながら投資判断を「買い」に格上げ。

*明電舎<6508> 381 -17
GSユアサ同様に信用買い残など整理の動きに。

*川崎重工業<7012> 206 +4
米市場向け路面電車を開発するなどと報じられている。

*伊藤忠商事<8001> 618 +16
マレーシアでバイオマス燃料製造で合弁会社とも。

*昭和電工<4004> 155 +3
リチウムイオン電池向け電解液事業に参入などと伝わる。

*東京建物<8804> 311 -14
公募増資の実施を控えて依然として需給面での警戒感続く。

*川崎汽船<9107> 275 -3
バルチック指数は昨日まで連日の下落となっており。

*三菱ケミカル<4188> 320 -1
先週末に急騰の反動、大和格上げの好反応は限定的。

*東京瓦斯<9531> 345 +6
ディフェンシブ物色の流れが強まる格好にも。

*トヨタ<7203> 3410 -30
ドル安傾向強まるなど為替市場の不透明感強い状態で。

*ファストリ<9983> 15760 -60
早朝セールなど賑わったが利食い優勢の動き継続で。

*三菱商事<8058> 1928 +29
ドル市況下落など資源価格高が総合商社の買い材料につながる。

*住友鉱<5713> 1437 +8
ドル市況の低迷などで金市況は最高値を更新。

*旭硝子<5201> 797 +12
CSやマッコーリーなど複数で投資判断格上げの動きへ。

*電気硝子<5214> 1007 +20
CSでは投資判断を「アンダーP」から「アウトP」に格上げ。

*クボタ<6326> 761 +6
米国市場では最大手の農業機械メーカーが買われており。

*住友電工<5802> 1040 +23
野村では「2」から「1」に格上げ、目標株価1450円にする。

*花月園<9674> 92 +11
値動きの軽さや値頃感から短期資金の関心が集まる。

*森精機<6141> 800 -93
最大181億円の公募増資を実施すると発表。

*任天堂<7974> 22180 +190
ドイツでは投資判断を「セル」から「ホールド」に格上げ。

*遠藤照明<6932> 294 +80
3割安いLED照明発売へなどと一部で報じられている。

*九九プラス<3338> 106000カ
ローソン株との交換比率にサヤ寄せの動きが続く。

*UTHD<2146> 26220カ
いちよしの「A」継続をきっかけとしたリバウンドが継続。

*日エスコン<8892> 5980 +680
社債買入消却益で約60億円の特別利益を計上と。

*フィールズ<2767> 121100 +6300
1万株を上限とした自社株買いの実施を好感。

*ミライアル<4238> 1860 +88
先週末に続いてメリルの2段階格上げを好感。

*GNI<2160> 29 +13
第三者割当増資並びに新株予約権発行で約2.4億円調達。

*グリー<3632> 4680 +320
引き続きバークレイズの投資判断格上げを好感で。

*セラーテム<4330> 27300 +2200
先週末は急速な切り返し、割当増資実施を引き続き材料視。

*アールテック<4573> 64000 +2000
米VBの便秘薬、スイス分も製造などと伝わっている。

*FOI<6253> 610 -66
上場初日の先週末終値は公開価格を大きく割り込む、出来高も低水準で。
11月24日(火)

H「連休明けの日本市場は総じて軟調な展開となった。日経平均は5日続落であり、今日は中小型株も結構売られてしまった。」

K「TOPIXは先週末に下げ渋りも見られたんだが、今日はあっさりと直近安値を割り込んでいる。テクニカル的にも考えにくい水準まで売られており、今の状況が普通ではないことを示している。」

H「だろうな。まともに考えたら掴まる相場なのかもな。売り込みにくさも当然強まっているんだが、だからといって買えもしないという展開だな。」

K「そうだな。ただ売り込みにくいと市場で言われて初めてから結構経つからな。まさに、もうはまだなり、だな。」

H「昨晩の米国市場は派手に上昇しダウは年初来高値をあっさりと更新してきた。先週は米国市場も雲行き怪しくなっていたんだが、余計な懸念だったようだ。」

K「だな。米国市場よりも日本市場の方がまだまだ懸念だったと言うことだな。しかし最近は米国市場上げた方が日本株を売りやすいとも一部で言われてきている。米国市場上げて返ってくれば、日本株も買い優勢で始まる事が多く、しかし寄り後は買い続かず結局売られると言う展開を繰り返している。」

H「買い優勢で始まる分、売りやすさ強まると言うことか・・・。」

K「ああ。そう言う向きが増えてきているだけに、尚更寄り後買われないんだろう。しかも寄り付き自体も徐々に上げられなくなっている。」

H「結局、米国市場関係なく向かう方向は下と言う状況なんだろう。リバウンドは所々あっても結局それも続かずあっさりと売り込まれる始末。こんなでは確かに買いで入ろう何て思う投資家はドンドン減ってきてしまう。」

K「逆にそうなった方が、買い妙味が出てくるんだが、まだその段階でも無い感じだな。今日の動きを見ても買い残が多い銘柄が特に弱さ目立っていることから、やはり追い証絡みの売りが依然として続いていると思われる。」

H「確かに6674GSユアサなどの売られ方、結構酷いからな。それに、もはやボロ株化した9205JALが依然として下げ止まらないことも市場心理を冷やしているかもな。」

K「当然あるだろう。JALの場合、個人投資家の投げは既に一巡はしているが、下げの過程で押し目買いもかなり入っているようだからな。その投げも継続的に出ている格好で、悪循環的に売られているとも言える。」

H「こういうJALやみずほFGなど低位の大企業株は、先行き懸念あるにも関わらず好んで押し目を買う個人投資家が非常に多いようだ。短期的なリバウンドというより中長期的に見てリターンが期待できると判断しての買いが多いようだ。」

K「大企業だというヘンな安心感があるんだろう。大企業だけに長く持っていれば株価は大きく戻すという先入観があるようだ。まあある意味、間違ってはいないが目先何処まで売られるか解らない状況の時から仕込んでいくのもどうかと思うが・・。」

H「まあ確かに過去を見ても、そう言う局面は何度もあったからな。大企業の株価が大きく叩き売られたが、数年後に見ればあれは買い場だったと言うことが・・・。」

K「ただJALは別だろ。企業としての存続が危うい状況だけに、この先どうなっていくか非常に不透明だ。株価的にも長期的に見て今は安値圏とは決して言えないだろうしな。」

H「だよな。」

K「結局、投げも継続的に出ているが、押し目買いも日々入ってきてしまう。いずれにしろ機関投資家が本格的に買ってこないと、なかなか底打ちとはなりそうもない。徐々に買いを入れたり、買いを考えてきた機関投資家も出て来ているようだが、本格的な買いにはまだまだ至りそうもない。」

H「政策的な懸念もあるからな。株価の安さだけでは本格的な買いも入らないだろう。」

K「確かにな。ここに来て今の現政権への批判が相次いで言われ始めている。まあこれだけ弱い相場の動きだけに、政府への批判が出てくるのはある意味当然だけどな。結局、投資家は何かのせいにしたいんだから。米国市場のせいに出来ない以上、株式市場弱いのは国内要因だということになり、結果政府が悪いと言うことになる。」

H「まあ今は改革の時だから、効果が出てくるまで時間がかかるのは仕方ない。小泉さんの時だって、すぐに株価が上がった訳じゃない。」

K「確かに・・。ただもっと株価を意識して欲しいモンだけどな。リップサービスするなり何かしらあるだろう。今市場では民主党政権は証券税制を大きく見直すという見方をする向きが非常に多い。軽減税率を廃止し、キャピタルゲイン課税をもっと増やし税収を増やそうとするのではという見方だ。」

H「そんな事すれば、逆にキャピタルゲイン課税減るんじゃないのか。個人投資家減って・・。」

K「ああ。そう思うけどな。ただ先日の調査では個人投資家の約7割が年収500万円未満との結果も出ているからな。金持ち優遇という理由で証券税制を投資家に不利に見直すことは出来ないかもな。」

H「ただ、年収500万円未満といっても年金受給者も多いんじゃないのか。金は持っているけど収入は少ない個人投資家が・・。そう言う人たちが平均を押し下げているとも言える。」

K「ところがそうでもない。この調査では預貯金も含めた金融資産額が1000万円未満が50%以上という結果も出ている。つまり個人投資家の半分程度は1000万円以下の金融資産しかないということだ。このことからも個人投資家優遇が金持ち優遇とはならないだろう。」

H「確かにそうだな。案外、本当の金持ちは投資はしない??」

K「まあ、この調査、正直、正しいとは思わない。なぜなら調査人数は全国2112人だけだ。しかも有効回収が1095人ってんだからな。かなり偏っていても不思議はない。もう一回調査したら全然違う結果となるかもな。」

H「確かに。ただ、これが正しいと言うことにしとけば良いんじゃないのか。これで金持ち優遇なんて言えなくなるなら・・。」

K「とにかく、今の政府はもっと株価を意識して欲しいモンだな。株価の下落が実経済に悪影響を及ぼすという認識を持つべきだ。」

H「そうだな。取りあえず明日はどういう展開になるのか注目しておきたい。」
2009.11.23先物チャート
スポンサーサイト
コメント
こんにちは、その事業仕分けがめちゃくちゃな支持をえてるそうです。個人的には信じられないです、いつもニヤニヤしたおばはん議員がスパコンの仕分けの時「2位じゃだめなんですか?」には度肝を抜かれました(笑)
ronkun #YzsZgp7A|2009/11/24(火) 17:40 [ 編集 ]
日経が弱すぎて冬本番前に早くもブリザードが激しいですね。
原因は政府の無能無策が大きいかと思います(外国から見たら怖いですもんw)
ミャンコ殿のブログ更新されなくなると寂しくなりますので何とぞ継続を願っております。
場中で流れた噂の未上場企業は竹中工○店とか聞きましたが、不動産セクター以外に銀行も連想売りとは過剰のような反応ですが、不景気だからしょうがないんですかね、アメリカは強いのにこっちは全然でブリオンを味わいたいです。
旧ペイントハウスは色々ありましたが触らなくてよかった銘柄の一つですw
ネコスキ #mQop/nM.|2009/11/24(火) 17:45 [ 編集 ]
すいません噂に過ぎなかったみたいで本当はこっちみたいです。
穴吹工務店、会社更生法を申請

マンション分譲大手の穴吹工務店(高松市、穴吹英隆社長)は24日、会社更生法を申請した。午後7時から会見で詳細を説明するとしている。 (17:44)
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20091124AT6B2401824112009.html
ネコスキ #mQop/nM.|2009/11/24(火) 18:01 [ 編集 ]
ronkunさん
事業仕分けなんか誰でもできますよね
だって止めるって言えばいいだけですから
作るのは大変だけど止めるのはかんたんです
会社だって立ち上げるのに免許取ったり許可取ったり調査したりプラン立てたり
止めるのは止めるって言えばいいだけですから
結局止めることしかしてない民主党はいまだに何も仕事してないに等しいと思ってます

でさらにひどいのは技術に対して投資できない姿勢ですね
いったい未来に対して何を武器に他の国と戦っていくのか
先々のことに対してまったく目が言ってないというところがホントやばいと思います。
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/11/24(火) 18:41 [ 編集 ]
ネコスキさん
旧ペイントハウスは上場廃止決定になってからの
マネーゲームが楽しかったです。

穴吹工務店だったんですね
この前までオリックスの2軍のスポンサーだったのに
逝くときは一瞬ですね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/11/24(火) 18:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。