(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.19【中小型株やテーマ銘柄は過剰な警戒感後退】

2009/11/19 11:13|未分類CM:0
アメリカはホントに強いね
4日ぶりに反落も
指標は悪化してるのに吸収しながら上げていく

日本はファーストリテイリングが崩れ
三菱UFJの決算は予想通りでサプライズなしで売られ
今日もまあまあ弱い
日経そこ割れたんだからもっと下げてもいいのに
一直線に下げてくれないね
オリックスとか死ぬほど下げればいいのに
ちょっと下げたらプロミスの上昇とともに横横
逆指値に引っかかって利確されちゃったし

後場
弱いのは分かるけど
全然下げに怖さがないな
まあまあクラスの弱さでしかない
もう売りとかめんどくせー
全然もうからねー
買いに転進
昨日今日売りで取った分より
後場の買いのほうが取れたわ

民主党財源ないから高速無料見なおし
子供手当てに所得制限検討だって
長妻は所得制限なしって言ってるし
誰を信じればいいのこの内閣
あとガソリンの暫定税率を廃止する代わりに環境税を新設
結局ガソリン安くなりません
これでマニフェスト守ったと言われても

財源ないのは選挙前から分かってただろうに
平野官房長官は『官房機密費そんなのあるの?知らないお』と言っておきながら
しっかり官房機密費使ってるし
ってかホントに国会議員が官房機密費の存在知らなかったら
それこそ終わってるけど
小沢は秘書に献金強要してるし
鳩山は脱税総理だし
問題ありすぎる
ふざけてないでちゃんとやれ


[株式オープニングコメント]
底打ち感を意識させる時期は近づいている
 18日のNYは下落。ダウ平均は11.11ドル安の10426.31、ナスダックは10.64ポイ
ント安の2193.14で取引を終了した。10月の住宅着工件数が予想を下回ったこと、10
月の消費者物価指数が予想を上回る上昇となったことも嫌気され、終日軟調な展開
となった。セクター別では、不動産や銀行が上昇する一方で商業サービス・用品や
メディアが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比55円高の9725円、円建て
は同45円高の9715円。ADRの日本株は三井住友、任天堂、ニコンが小安い半面、
コマツ、日東電、オリンパス、オリックスが小じっかりなど、対東証比較(1ドル
89.34円換算)で全般小動き。
 NY市場は下落となったが、こと東京市場については底堅い展開から若干の反発
を想定しておきたい。そもそもNY市場との連動性が薄れていたほか、中国の裁判
所から、中国ソフトウエア会社の知的財産権を侵害しているとの判断を下したと、
一部報じられていた米マイクロソフトが0.37%の上昇であり、報道による影響がみ
られなかった。セクターでは シティグループ、バンク・オブ・アメリカなど金融セ
クターが堅調であり、三菱UFJについては、ADRでの動きも小じっかりで決算はサプ
ライズなし、増資発表通過で、カバーの流れが優勢となることが期待される。
 来年度予算については、ガソリン税などの暫定税率全廃については、環境税と名
前を変える形になり、高速道無料化については見直しの動きがみられている。その
なか、メインの子ども手当ても見直し対象に上げられてきているが、子ども手当て
の財源確保のために企業業績の悪化につながるような政策を打つよりはましであ
り、マニフェスト見直しは、株式市場にとってはポジティブな方向に向かいそう
だ。また、企業の増資ラッシュがみられており、需給を悪化させている。これにつ
いても、今しばらくは続きそうであるが年度末を意識した資金需要の観点からは、
タイムスケジュール的にも年内に間に合わせる増資のタイミングは限られてくるた
め、ピークアウトしてくる。本格的な相場反転の兆しはみられないであろうが、底
打ち感を意識させる時期は近づいているであろう。

[株式市場強弱材料]

強気材料
・シカゴ日経平均先物、大証比プラス
・NY金相場、連日で最高値更新
・LMEニッケル先物、3日続伸
・バルチック海運指数、大幅高で15日続伸
・長期金利、7日続落(10年債利回り0.005%下落)

弱気材料
・NYダウ、4日ぶり反落
・10月の住宅着工件数、減少幅は1月以来の大きさ
・SOX指数、4日ぶり反落
・NY債券市場、8日ぶり反落(10年債利回り0.04%上昇)
・DRAMスポット、4日続落
・日経平均、2日続落
・東証REIT指数、7日続落
・東証マザーズ指数、12日続落で最長タイ記録

留意事項
・NYドル円相場(89円29銭-31銭)
・NY原油先物、3日続伸(1バレル=79.58ドル)
・欧州株、高安まちまち
・裁定買い残、2週ぶり増加
・エコポイント制度、経産省が来年末まで延長方針
・「子ども手当」、財務相が所得制限検討示唆
・米ファイザー、日本の後発医薬品市場に参入観測
・日銀金融政策決定会合(20日まで)
・10月の鉄鋼生産
・10月の百貨店売上高
・決算---損保各社
・EU臨時首脳会議(ブリュッセル)
・トリシェECB総裁講演(パリ)
・10月の米景気先行指数
・11月の米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
・10月の北米半導体製造装置BBレシオ
・米国決算---デル、ギャップ

[サポート&レジスタンス]

終値            9677
5日移動平均        9755
標準偏差+2σ      10463
先行スパンB       10198
100日移動平均     10059
基準線          10015
25日移動平均      10003
先行スパンA        9991
レジスタンス(2)     9856
転換線           9806
レジスタンス(1)     9766
ピボット          9699
サポート(1)       9609
標準偏差-2σ       9543
サポート(2)       9542
200日移動平均      9330

[ランチタイムコメント]
ショート戦略にも転機
 日経平均が寄り付き後下げ幅を広げ、92.79円安の9584.01円(出来高概算12億
5000万株)で前場の取引を終えた。サポートとして期待されていた10月6日安値
(9628.67円)を下回り、7月21日以来、約4ヶ月ぶりの水準となっている。三菱UFJ
の決算および増資発表によるアク抜け期待もあったが、小幅反発で始まった日経平
均は寄り付き後早い段階で下げに転じている。その後も先物への断続的な売りが止
まらず、一時9530.65円まで下げ幅を広げている。直近安値を割り込んだことが嫌気
されて証券が弱いほか、銀行、輸出関連、不動産、鉄鋼が軟調。また、指数インパ
クトの大きいFリテイが下げに転じたことも、市場のムードを悪くしている。東証1
部の騰落銘柄は値下がりが本日も1000銘柄を超え、全体の7割を占めている。規模別
指数では小型株の下げが目立つが、それ以上に大型株指数が弱い。

 先物市場では30分毎に安値を切り下げる動きが続き、押し目狙い機運が強まりづ
らかった。ただ、前引けにかけては下げ渋りをみせており、ひとまず落ち着いてき
ている。テクニカル面ではボリンジャーバンドのマイナス2σに接近してきているこ
ともあり、ここからの一段安というよりは底堅さが意識されてきそうである。増資
発表後のアク抜け期待で注目された三菱UFJについては、一時456円まで下げを加速
した後は、やや下げ幅を縮めてきている。マイナスレンジながらも底堅さがみられ
てくるようだと、全体への底入れ意識にもつながってきそうである。また、昨日公
募増資のために発行する新株の価格決定を見送った、曙ブレーキが急反発をみせて
いる。初日に値決めが決定される場合が多かったため、ショート筋の踏み上げにつ
ながった格好である。大引けにかけては再び売り直される可能性はあろうが、増資
ラッシュが続く中で目立っていたショート戦略は今後厳しくなったため、転機を迎
えるキッカケにつながった可能性もあろう。

[クロージング]
中小型株やテーマ銘柄は過剰な警戒感後退
 日経平均は10月6日安値を下回り、127.33円の9549.47円(出来高概算25億5000万
株)で取引を終えた。じり安基調が終日続いており、大引け間際には一時9496.07円
と7月17日以来、約4ヶ月ぶりに9500円を割り込んでいる。ただ、出来高は25億株に
膨れ、2日連続で20億株を超えてきており、増資を手掛りとした大口売買の影響はあ
るものの、出来高を伴った下落といった面では底入れの兆候は出てきているであろ
う。
 昨日公募増資のために発行する新株の価格決定を見送った、曙ブレーキが急反発
し一時ストップ高をつけるなど、増資ラッシュが続く中で目立っていたショート戦
略は今後厳しくなった。また、本日の下げは大型株主導であり、これまでの指数が
横ばいながらも中小型株のキツイ下げとも違う。東証1部の値下がり数は連日1000銘
柄を超えているが、若干だが前引けからは減少した。新興市場ではマザーズ指数が
マイナスながらも連日長い下ヒゲを形成しており、ストップ高をつける銘柄も出て
きている。戸田工、明電舎、GSユアサなど、次世代電池関連の材料株などがプラ
スで終わっていることも安心感につながる。日経平均のボトム形成には依然として
見極めが必要であるが、こと新興市場の中小型株やテーマ銘柄などについては、過
剰な警戒感は後退してくることが期待される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9549.47 -127.33
TOPIX837.71 -12.35
東証2部指数1979.58 -15.29
日経ジャスダック平均1118.92 -6.49
マザーズ指数367.09 -1.20
ヘラクレス指数508.42 -5.09
東証1部出来高25.58億株
東証1部騰落レシオ68.75%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に反落。住宅着工件数が予測より大幅に減少したことが嫌
気された。ただ、その割には底堅い展開で結局小幅安程度でとどまっている。朝
方にセントルイス連銀総裁が米国の利上げは2012年になると発言した事が、超低
金利政策が長期的に続くとの思惑強まり下値を支えたようだ。それをうけ日経平
均は小高く始まるも、寄り後は下げていく展開に。今日もメガバンクの下落が市
場心理を冷やしたようで、全体的に売り込まれていく動きに。後場も日経平均は
一段安に。節目の9500円割れとなる場面も見られたが、その辺では売り方の達成
感による買い戻しや押し目買いも見られ下げ渋る展開。中小型株は後場は下げ渋
っており、大引けにかけ値を上げる銘柄目立っていた。マザーズ指数は一時プラ
転するも結局小幅安で引けている。日経平均は大幅安。日経先物の主な買い越し
証券は野村、メリル、UBS、バークレイズ、大和、BNPパリバ、JPモルガン、松井、
GS。売り越しはニューエッジ、楽天、シティG、トレイダーズ、モルガンS、フォ
ルティス、ドイツなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 466円 -18
軟調。昨日同社は報道通りに1兆円の公募増資を発表。ただ発行登録だけにとどま
り、実際にいつ実施するのかは未決定。アク抜けを期待されていただけに、失望
売りが出て来たようだ。いつ実施するか解らないだけに安易に買いには行けない
と・・。また野村が銀行セクターを強気に格上げしたため、寄り付きから買いで
入った向きが多かったようで、その投げも下げ拡大に繋がったようだ。目先リバ
ウンド期待できそうな状況だが、実需の売りはまだまだ継続的に出て来そうだと
懸念する声も多い。

3404三菱レイヨン 351円 +80
ストップ高。今朝の日経新聞では4188三菱ケミカルHDが同社をTOBにて買収する事
で最終合意したと報じている。今日にも正式発表すると・・。総額2000億円規模
との報道により、それにサヤ寄せする格好で寄りついた。株価にして約334円。
12時半に正式発表。実際のTOB価格は380円との事で、報道よりかなり高い価格と
なり発表直後に急騰。すぐに売買停止になった。売買停止解除後は当然だがザラ
バ寄らず。一方の三菱ケミカルHDは想定以上の買収額となることを嫌気し売り優
勢となっている。

7238曙ブレーキ 547円 +63
寄り付きから急騰。同社は昨日から公募価格決定期間に入っている。大抵はその
期間の初日に公募価格が決定するが、同社は見送った。公募価格決まると踏んで
昨日は、公募を引き受けるつもりでのつなぎ売りがかなり入っていた。想定外の
見送りに取りあえず、つなぎ売りを外してきたようで、大幅上昇に繋がったよう
だ。昨日東証が今日から売り禁にすると発表したことも上昇要因に。こういう事
があると、公募価格決定初日に売り込む動きも乏しくなるので、公募イベントの
トレードがやりにくくなるとの短期資金の声多し。

6701NEC 215円 -7
軟調。昨日、公募価格が215円に決定した。それに伴うつなぎ売りによって昨日ま
で売り込まれていたが、公募価格決定の今日も反転せず。価格決定後は反発する
ことも多いだけに、それを見込んで昨日仕込んだ向きも多いようで、期待外れの
売りが出ているようだ。地合の影響が強いようだが、現在の株価に割安感が無い
との声も・・。今は安定操作期間中だけに公募価格を維持しているものの、その
期間終わった後は公募価格割れもあり得るのではと警戒する声多し。

3632グリー 4060円 -170
軟調続きで一時節目の4000円割れとなる場面も。株式売り出しを発表してから、
一時的な需給悪化懸念から売り込まれている。浮動株がかなり増加することから
売り出し株が市場に出回って来るまでは本格的には買いにくいとの声多い。ただ、
今回の同社株の下落は非常にチャンスだと虎視眈々と買い場を探っている長期資
金も多いようだ。売り出し価格決定日は早くて24日となるため、まずはその辺が
最初の狙い場かと見る向きも・・・。

===============
◆◇11/20(金)の主な予定!◇◆
===============
10月コンビニエンスストア売上高(16:00)
白川日銀総裁定例記者会見(15:30)
CIS首相会議(ウクライナ・ヤルタ)
[動いた株・出来た株]

*サンフ不動産<8934> 13470 +840
短期的な突っ込み警戒感も強まり、自律反発狙いの動き。

*戸田工業<4100> 760 +46
GSユアサの切り返しなどが刺激にもなる格好で。

*タカラレーベン<8897> 527 +30
新興市場同様に中小型不動産株も急速な下げ渋り。

*明電舎<6508> 409 +22
来週には環境関連のファンド設定などもあり。

*松屋<8237> 749 +40
10月の急騰前の水準まで調整から自律反発の動きに。

*シークス<7613> 840 +42
LED関連の一角で強い動きも目立ってきているため。

*日バイリーン<3514> 429 +19
底値到達意識が強まりリバウンドの流れに。

*ニチイ学館<9792> 718 +30
突っ込み警戒感からのリバウンド、政策期待などは根強く。

*日合成<4201> 607 +24
8月以降の節目となっている水準で調整一巡感も。

*西松建設<1820> 108 -11
10月の安値水準割り込み下値不安強まる。

*フォスター<6794> 2260 -175
目立った材料は見当たらないが、長期資金などの利食い圧力か。

*阪和興業<8078> 269 -20
株価のじり安歩調続き信用買い方の処分売り圧力が強まる。

*三菱自動車<7211> 122 -9
下値圏でのもみ合い下放れから追随売りの動き集まる。



(前場)
*三菱レイヨン<3404> 341 +70
三菱ケミカルが完全子会社化で合意と伝わりプレミアム期待先行。

*曙ブレーキ工業<7238> 537 +53
昨日は公募価格が決定されず、ショートポジション解消迫られる動きに。

*アイフル<8515> 101 +6
シティでは投資評価を「3S」から「2S」に格上げへ。

*日本M&A<2127> 329000 +19000
株価の底打ち感から好実態を見直す動きが強まる。

*ネットワン<7518> 104300 +4200
マッコーリーでは18.6万円目標で買い推奨を継続している。

*リサP<8924> 56300 +2100
サンドラッグへのダイレックス売却などは伝わっている。

*大日本住友製薬<4506> 916 +33
シティでは投資評価を「3M」から「2M」に格上げへ。

*合同製鉄<5410> 202 +7
東京製鐵などの稼働率引き下げで市況持ち直し期待も。

*東宝<9602> 1382 +43
テクニカル的なリバウンド局面としてはやす声も。

*日本新薬<4516> 1064 +33
前日にはシティが高評価、関心が高まる展開となる。

*関西ペイント<4613> 721 +22
調整一巡感で買い戻しの動き、インド市場への期待感根強く。

*ピジョン<7956> 3690 +110
ノルウェー銀行の大量保有など改めて買い材料視へ。

*トリドール<3397> 161800 +4800
突っ込み警戒感強まるなか、昨日の出来高急増なども材料視で。

*日立化成工業<4217> 1669 +48
前日にはみずほの業績上方修正などは観測されているが。

*古河機械金属<5715> 107 +3
株価100円割れ回避で短期リバウンド期待の流れに。

*大和工業<5444> 2710 +75
市況改善期待で電炉の一角は上昇、信用取組も売り長で。

*沖電気工業<6703> 73 +2
みずほでは「アンダーP」から「ニュートラル」に格上げ。

*住友大阪セメント<5232> 146 +4
福岡の石灰石加工を子会社化との発表が評価材料とも。

*シップヘルス<3360> 50100 +1350
需給整理も一巡感から好実態を見直す動きが強まる。

*学研HLDG<9470> 228 +6
9月後半の上昇前の水準にまで株価が調整で下げ一巡感も。

*ナブテスコ<6268> 978 +25
CSでは押し目買いの好機到来と指摘しており。

*大平洋金属<5541> 596 +15
ニッケル市況3日続伸などが反発のきっかけに。

*日本農薬<4997> 487 -64
前日に決算発表、第4四半期の失速や今期の減益見通しを嫌気。

*ケネディクス<4321> 22080 -2880
REIT下落なども逆風につながる格好。

*テーオーシー<8841> 321 -35
不動産株安の流れ波及で一気に売り圧力など強まる展開へ。

*日本シイエムケイ<6958> 495 -45
信用倍率約8倍で需給面が重しとなる格好か。

*田崎真珠<7968> 85 -7
10月の安値水準割り込んで見切り売り圧力が強まる。

*サンフ不動産<8934> 11740 -890
物色環境厳しいなか、業績悪化を警戒視する動きが続く。

*新日本科学<2395> 502 -38
前日のリバウンドに戻り売り、信用需給への懸念も強く。

*みずほFG<8411> 158 -8
野村のセクター判断格上げも反応薄、メガバンクには需給懸念続く。

*三菱UFJ<8306> 468 -16
増資実施を正式発表も発行登録のみであく抜け感は生じず。

*日本電気<6701> 216 -6
発行価格が215円に決定も安心感は強まらず。

*東芝<6502> 468 +3
NAND価格想定以上としてみずほでは買い推奨を継続へ。

*日立製作所<6501> 246 -11
新株の発行価格決定までは売り圧力なども強まるとの警戒感。

*日本航空<9205> 99 +1
株価100円割れで一旦は下げ達成感も生じる格好か。

*野村HLDG<8604> 588 -27
東京株式市場の極めて軟弱な地合いを反映で。
*いすゞ自動車<7202> 151 -8
前日にはモルガンが投資判断を格下げしており。

*三井化学<4183> 224 -16
大型増資実施による需給懸念が続く状況で。

*武富士<8564> 368 +3
アイフルの株価上昇などがリバウンドのきっかけにも。

*井関農機<6310> 275 -6
日本農薬の今期減益見通しなども弱材料視か。

*ファストリ<9983> 16480 -760
上値の重さも感じられ始め、過熱警戒感を映す動きに。

*三菱商事<8058> 1918 -22
GSの目標株価引き上げにも反応薄、地合い悪に連れ安する。

*東京エレク<8035> 5090 +100
DRAM価格の上昇報道で半導体の一角には関心も。

*三菱地所<8802> 1264 -43
REITのファイナンスも相次ぎ、不動産株は引き続き弱い。

*りそなHD<8308> 974 +11
野村では「2」から「1」に格上げで1250円目標としている。

*アトム<7412> 269 +19
売出による需給悪化懸念で前日急落も、売り一巡後は下げ渋り。

*UTHD<2146> 20220カ
いちよしの「A」継続を受けて、買い安心感が一気に高まる。

*マイクロニクス<6871> 1195 +33
本日決算発表予定、期待感を先行させる動きに。

*楽天<4755> 62300 +300
三菱UFJでは目標株価を77000円にまで引き上げ。

*ヒューマン<2415> 45000ウ
昨日は大陰線を示現、見切り売り圧力一段と強まる。

*オンキヨー<6729> 153 -16
米インテルとの提携を受け人気化も、昨日は買い一巡後に伸び悩み。

*カルナバイオ<4572> 54600 -3900
リバウンド一巡で5000株の公募増資を蒸し返す。

*グリー<3632> 4070 -160
目先の買い戻し一巡で、大規模な売出による需給悪化懸念再燃。

*レカム<3323> 3070ウ
連日の急騰も短期的な過熱警戒感は強まり。

*セラーテム<4330> 23300ウ -3000
第三者割当増資で人気化も、前日のザラ場取引成立で警戒感から利食い売り。

*ダヴィンチ<4314> 4540 -430
REITの相次ぐファイナンス実施なども警戒視か。

2009.11.19先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。