(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.10【金融セクターにリバランスの動きも】

2009/11/10 11:23|未分類CM:2
NYダウが金融緩和策が当分続くだろうということで最高値更新
金融緩和策なら資源系がいいかな
日本まだまだちょーよわ

セブン銀行なんか昨日の引けで買ってみたけど
大して強くないね
さっさと利確したわ
東邦亜鉛持ってたけど大してGUせず利確
何かもっとドーンって派手に上げろよ
なんか現物の動きとか微妙なんだが
物色の中心が定まってないし

後場
日本終わってる終わってると言ってきたけど
今日も終わってたな
TOPIXかろうじてプラスで終わったけど
体感的には-150円くらいだろう
銀行、消費者金融、不動産くらいしかやるもんない

12月決算のヘッジファンドの解約売りとか言われてるけど
日本だけ下げるもんなのかね
とりあえず45日ルールで考えると
15日までファンドの解約売りがあるらしい
その後多少地合いは良くなるのかな

民主党がさっさと景気政策してくれれば上がると思うんだが
赤字国債刷らないと言っておきながら
赤字国債増発の模様だし
それによって長期金利上昇するし
その影響で株が売られるし
あれだけ天下り、渡りを禁止するといっておきながら
今度は人事院の人事官にまた天下り江利川だって
ブレるならまだしも
言ってることと行動が正反対なのはタチ悪すぎ


[株式オープニングコメント]
CTAによる買い戻しで1万円回復できればよいが
 9日のNY市場は大幅上昇。ダウ平均は203.52ドル高の10226.94、ナスダックは
41.62ポイント高の2154.06で取引を終了した。週末に開催されたG20会合で景気刺激
策の継続で合意に達したことを受けて、朝方から上昇して始まった。3年物国債入札
が好調だったことや、原油や貴金属など商品価格の上昇も好感されて終日堅調な展
開となった。セクター別でも、不動産や自動車・同部品を筆頭に全面高となった。
シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比210円高の10010円、円建ては同190円高
の9990円。ADRの日本株はコマツ、日電産、ソニー、京セラ、トヨタ、キヤノ
ン、三菱商、三井住友、オリックスなど対東証比較(1ドル89.95円換算)で全般堅
調。
 NYダウは10月21日以来の年初来高値を更新し、ナスダックは目先抵抗意識の25
日線を確実に上放れてきている。シカゴ先物はドル建ては、1万円の大台を回復して
きている。ただ、円建てでは9990円と1万円の大台を捉えておらず、この辺りで日本
株の戻りの鈍さが表れている感もありそうだ。25日線や26週線はちょうど1万円辺り
に位置していることもあり、これが上値抵抗線として意識されてしまうようだと、
買い一巡後はこう着感を強めてくることが考えられる。CTA(商品投資顧問)に
よる買い戻しのタイミングが意識されていたこともあって株先によるカバーは期待
されるが、この買いによって抵抗線を一気にクリアすると見る向きは限られそうで
ある。改めてショートポジションを構成してくるとは考えづらいものの、確実に抵
抗線をクリアするまではリバウンド機運は強まりそうにない。
 物色としては決算を手掛りとしたほか、温暖化対策などのテーマ銘柄。NY市場
の流れを受けて不動産、金融や自動車、資源系などの動向が注目される。また、全
面高の形でのスタートとなろうが、動きの良い銘柄に次第に投資資金は絞られてこ
よう。

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、大幅続伸で年初来高値更新
・NY金相場、6日続伸で連日最高値
・NY債券市場、2日続伸(10年債利回り0.01%下落)
・欧州株、大幅高
・LMEニッケル先物、3日ぶり反発
・DRAMスポット、12日続伸
・バルチック海運指数、8日続伸
・日経平均、小幅続伸
・東証REIT指数、3日ぶり反発

弱気材料
・長期金利、約4カ月半ぶりの高水準(10年債利回り0.025%上昇)
・東証マザーズ指数、5日続落

留意事項
・NYドル円相場(89円97銭-99銭)
・NY原油先物、3日ぶり反発(1バレル=79.43ドル)
・1-10月の中国新車販売台数、初の1000万台超
・「事業仕分け」、対象事業447
・9月の国際収支
・10月の企業倒産件数
・10月の景気ウォッチャー調査
・10月の工作機械受注
・ガイトナー米財務長官来日(11日まで)
・11月の独ZEW景況感指数
・海外決算---バークレイズ、HSBC、Cアグリコル

[サポート&レジスタンス]

終値            9809
5日移動平均        9793
標準偏差+2σ      10475
先行スパンA       10316
100日移動平均     10059
先行スパンB       10042
25日移動平均      10015
基準線          10013
転換線           9991
レジスタンス(2)     9910
レジスタンス(1)     9859
ピボット          9795
サポート(1)       9745
サポート(2)       9681
標準偏差-2σ       9556
200日移動平均      9267

[ランチタイムコメント]
1万円大台、一回はタッチしたいところ
 日経平均は続伸。161.11円高の9970.10円(出来高概算8億2000万株)で前場の取
引を終えている。G20会合で景気刺激策の継続で合意に達したことを好感したNY市
場の上昇を受け、日経平均は9900円を回復してのスタートとなった。その後はこう
着感を強めてはいるが、円相場が1ドル90円台を回復してきているほか、上海市場の
上昇も安心感につながり、じりじりと上げ幅を広げている。また、CTA(商品投
資顧問)による買い戻しとの観測も出ており、225先物は一時9990円と1万円大台に
迫ってきている。東証1部の騰落銘柄は昨日の反動もあって値上り数が全体の7割を
占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数ともに平均して上昇。セクター
では、証券、不動産、銀行、鉄鋼、ゴム製品、精密が堅調。一方、空運が唯一マイ
ナスのほか、海運、石油・石炭や昨日上昇が目立っていた保険などは伸び悩み。
 225先物は、ようやくシカゴ先物(円建て)の高値に到達した。あとは1万円の大
台を捉えることができるかが注目されよう。CTAに絡んだ買い戻しが観測されて
いるが、買い戻しの流れを強めてくるかがポイントとなる。参加者のほとんどは1万
円からの一段高は想定していないと考えられ、25日線、26週線などの抵抗線も位置
していることから跳ね返されるとみているであろう。そのため1万円に乗せたとして
も目先達成感につながりやすいが、ボトム形成につなげるためにも一回はタッチし
たいところだ。NY市場はトレンドが強まってきているため、下へ売り込む流れに
はなりづらく、ようやく押し目買いを意識したスタンスに向かいやすくなるところ
である。

[クロージング]
金融セクターにリバランスの動きも
 日経平均は大引けにかけて上げ幅を縮め、61.74円高の9870.73円(出来高概算18
億株)と、続伸ながら本日の安値近辺で取引を終えた。1万円にはとどかなかった
が、25日線、26週線などの抵抗線も位置していることから跳ね返されることは想定
内であった。しかし、フィッチによる「来年度の日本の国債発行額が44兆円を大幅
に上回れば、格付けの見直しを余儀なくされる」との見解が一部報じられると、円
相場は1ドル89.67円まで円高が加速しており、これが嫌気される格好からややイレ
ギュラー的な動きをみせている。東証1部の騰落銘柄も、前引け段階では値上り数が
全体の7割を占めていたが、大引けでは5割を辛うじてキープ。Fリテイの強い動き
によって指数を押し上げており、これがなかったらマイナスに転じていた可能性す
らあった。
 物色としては決算を手掛りとした個別物色のほか、近畿車、井関などテーマ銘柄
に波及しやすい銘柄の上方修正もあって、手掛けやすさはあった。セクターでは不
動産、証券、ノンバンク、銀行などが上位。昨日強い動きをみせていた保険が利食
い一服のほか、輸送用機器、情報通信などが弱い。国債格下げ不安による為替の影
響もあろうが、トヨタは昨日の安値を割り込んでしまっている。一方、三菱UFJは保
ち合いをやや上放れてきているが、今来週の銀行の決算、月末に控えているインデ
ックスのリバランスの流れもあり、資金の流れに変化が出てきそうである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9870.73 +61.74
TOPIX872.44 +1.77
東証2部指数2108.54 -5.52
日経ジャスダック平均1187.37 -4.50
マザーズ指数417.78 -4.34
ヘラクレス指数564.77 -1.67
東証1部出来高18.05億株
東証1部騰落レシオ89.41%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に上昇。先週のG20で景気刺激策の継続に合意したことを好
感されたようだ。終始堅調な推移で主要指数は大幅高。ダウは年初来高値を更新
した。それをうけ日経平均も堅調に始まり寄り後もしっかり。先物に買い戻しの
動きが入り、日経平均は1万円に迫る場面も。しかし後場には失速気味。韓国と北
朝鮮が黄海上で銃撃戦との報道があり、更に後半には格付け会社フィッチ幹部が
日本国債の格下げの可能性を示したことから、先物売り強まった。結局、日経平
均は9900円も割り込んで引けており、TOPIXは小幅高程度まで垂れて引けている。
日経先物の主な買い越し証券は楽天、クレディスイス、ニューエッジ、UBS、安藤。
売り越しはバークレイズ、ソシエテ、野村、GS、フォルティス、水戸、JPモルガ
ンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
9983ファーストリテイリング 16690円 +780
大幅上昇で年初来高値を更新。UBSが小売りセクターのレポートを出しており、そ
の中で同社株を買い推奨に追加している。9-10月の国内販売の好調は百貨店などか
らシェア流入が継続していることを示唆していると・・。過去の拡大局面と比較し
て現在の床面積あたりの売上高に過熱感はなく、小売りセクターの主力株として持
たざるリスクが意識されると・・。そのレポートを好感されている面もあるようだ。
また市場では短期資金も巻き込んで全員参加型の相場になってきており、ここまで
来れば2万円の呼び声高いようだ。

4755楽天 66000円 +2400
7/23に付けた年初来高値を久しぶりに更新。一時ストップ高まで買われる場面も。
特に材料は出ていないが、同社は12日に決算発表を控えており、期待感もあるだけ
に先回り買いが入って、売り方の買い戻しも誘ったとの見方。最近は空売りが増え
てきており株不足状態が続いていた。決算発表までは底堅い推移が期待できそうだ
が、決算発表後は出尽くしで売られる可能性もありそうだとの見方も多い。

8564武富士 511円 +23
後場には一時537円まで買われる場面も。逆日歩が1株5円まで跳ね上がったことから、
後場買い優勢で始まっている。本日は火曜日だけに引き続き逆日歩付けば3日分発生
することになるため、売り方の買い戻しや、逆日歩狙いの買いなどによって、後場
派手に物色されたようだ。ただ物色一巡後は垂れ気味となっており、売り方の買い
戻しも進んでしまったとの見方も多い。まずは日証金速報が注目されると・・・。

3431宮地エンジ 97円 +7
本日引け後に決算発表を控えており期待感から先回り買いが入った模様。先週末に
中間業績の大幅な上方修正をしており、通期業績に関しては中間決算発表時に公表
するとのことから期待されていた。引け後には期待通り通期業績の上方修正を発表
したものの、期待されたほどの上方修正でもなく、これでは先回り的に買われてい
ただけに失望を招くのではと見る向き多い。

7203トヨタ 3410円 -90
朝方から軟調となっている。米国市場大幅高でも買われない状況に見切り売りも出
ているようだ。先週の決算発表以降、売り圧力が強まっており、ヘッジファンドや
年金資金の売りなども出ているようだ。為替が1ドル90円割れで推移しており、同社
は下期の想定為替レートが1ドル90円ということも重しとなっている。ちなみにホン
ダや日産は85円設定であり今日は両銘柄とも小幅ながらも上げている。トヨタの軟
調さが市場心理を冷やしている面もあるようで先行き懸念抱く市場筋も多い様子。

===============
◆◇11/11(水)の主な予定!◇◆
===============
9月機械受注・10-12月見通し(8:50)
アイフル、日清紡、ディスコ、千代建、アルプス電気、近畿日本鉄道、ブックオフ、
ツムラ、ラウンドワン、黒崎播磨、鬼ゴム、荏原、タカラトミー、大京、CSKHDなど
決算発表
中国10月小売売上高(11:00)
中国10月鉱工業生産(11:00)
中国1-10月都市部固定資産投資(11:00)
中国10月貿易収支
APEC閣僚会議(シンガポール ~12日)
米国債券市場休場「ベテランズデー」(株式市場は通常取引)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
メーシーズ、アプライドマテリアルズなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*石川製<6208> 56 +5
北朝鮮と韓国の海軍が黄海上で衝突と報じられ、防衛関連として物色。

*ヨーカネツ<6369> 169 +13
場中に決算発表、同時に発表した自社株買いが買い材料視される。

*ニチイ学館<9792> 856 +54
引け後の決算発表控えて期待感高まる展開か。

*東邦HD<8129> 1308 +65
野村では前日に目標株価を2200円まで引き上げ。

*トクヤマ<4043> 556 +26
通期予想下方修正で前日急落から自律反発の動きに。

*ケイヒン<9312> 113 -11
場中に決算発表、通期営業益は11億円から7.2億円に下方修正。

*日本橋梁<5912> 269 -15
小幅上方修正に大きく反応した昨日の株高の反動。

*フェイス<4295> 10810 -530
上半期業績修正を受けて昨日は想定以上の上昇となっており。

*ニチコン<6996> 791 -37
先週末に発表している決算内容嫌気の動き継続で。

*浜松ホト<6965> 2160 -100
前日に決算発表、前期の上ぶれ評価よりも今期の減益見通し嫌気。

*日ゼオン<4205> 390 -17
後場寄りに決算発表、通期予想修正なく失望感も。



(前場)
*世紀東急工業<1898> 68 +9
通期営業利益は10.8億円から25億円に増額、想定以上の修正幅とも。

*ゼクス<8913> 828 +100
目立った材料ないが、底打ち感覚からのリバウンド狙いの動きに。

*ハルテック<5916> 103 +8
前日に業績上方修正、上半期営業益は0.3億円から1.4億円に。

*近畿車輛<7122> 824 +63
昨日発表した上半期好決算をストレートに評価する動きとなる。

*日本電産サンキョー<7757> 712 +52
株式新聞では注目銘柄に取りあげている。

*井関農機<6310> 368 +26
昨日、今期2度目となる上半期の業績予想上方修正を発表で。

*三井ハイテック<6966> 921 +62
突っ込み警戒感も強まる格好か、自律反発狙いの動きに。

*DeNA<2432> 373000 +24000
いちよしでは前日にレーティングを「B」から「A」、467000円目標に。

*ファンケル<4921> 1680 +105
上半期好決算を発表、通期営業利益は73億円から85億円に増額で。

*太陽誘電<6976> 1002 +60
三菱UFJでは投資判断を「4」から「3」に格上げ。

*日本板硝子<5202> 284 +17
CSでは上半期決算はポジティブサプライズの公算とも。

*荏原製作所<6361> 407 +24
MSCI定期見直しの接近で期待感とも。

*池田泉州<8714> 341 +19
上場地銀の最終損益大幅増益観測報道も支援材料に。

*スクリーン<7735> 378 +21
昨日上半期決算発表、想定線だが安心感につながる流れへ。

*古河スカイ<5741> 139 +7
コスモでは投資判断を2段階格上げの観測で。

*日本農薬<4997> 587 +29
クボタや井関農機の上昇で農業関連の一角として関心向かう。

*SUMCO<3436> 1746 +86
株価の底打ち感強まるなか、米国半導体株の上昇に連れ高へ。

*コニカミノルタ<4902> 916 +45
CSでは昨日、トップピック推奨を継続ともしている。

*東海ゴム工業<5191> 1085 +51
野村の東洋ゴム格上げの動きから連想も。

*日本トムソン<6480> 448 +21
前日に決算発表、上半期実績は従来計画をやや上回る着地に。

*エディオン<2730> 793 +37
コジマの業績上ぶれ観測報道なども刺激となるか。

*日本精工<6471> 593 +26
CSでは機械セクター内での注目銘柄の一つとして取り上げ。

*JT<2914> 253000 +10900
喫煙率過去最低といった報道なども、過度な税率引き上げの抑制につながると。

*カシオ<6952> 706 +30
シティでは投資評価を「3M」から「2M」に格上げ。

*オリンパス<7733> 2920 +120
JPMでは投資判断を「アンダーW」から「ニュートラル」に格上げ。

*アシックス<7936> 710 -76
上半期業績は上ブレも、単独ベースでは通期予想下方修正もあり。

*曙ブレーキ工業<7238> 624 -66
高水準の希薄化を伴う公募増資の実施を発表しており。

*三洋電機<6764> 164 -8
引き続き、優先株の転換売りに対する懸念なども継続の格好で。

*東都水産<8038> 151 -7
業績下ブレを嫌気する動き継続、10月の安値も割り込んで。

*トレンドマイクロ<4704> 3120 -130
本日決算発表予定で買い手控えにつながる格好か。

*サンドラッグ<9989> 2155 -80
上半期の好決算を発表も短期的な出尽くし感が先行する。

*メガネトップ<7541> 1218 -44
引き続き、足元の月次動向失速感を警戒視する動き。

*東京センチュリー<8439> 1037 -37
上半期決算発表も出尽くし感、実績は上ブレも第1四半期から想定線と。

*リサP<8924> 70900 -2500
前日に第3四半期決算発表も、通期計画に対する進捗率など低く。

*オンワード<8016> 511 -18
アイランドの全株式取得など発表も買い材料視はされず。

*岩崎電気<6924> 146 -5
通期営業利益は1.5億円予想から0.5億円に下方修正。

*ITHLDG<3626> 1082 -36
信用買い残高水準、見切り売りが優勢の展開継続。

*いすゞ自動車<7202> 187 -6
昨日上半期決算発表、通期収益予想の変更なく失望感も。

*三菱UFJ<8306> 508 +18
米国金融株指数は3.5%超の上昇となっており。

*東芝<6502> 527 +11
仏アレバ送電部門買収などへの期待感も。

*野村HLDG<8604> 642 +22
インドで金融事業を拡大へなどと報じられてもいる。

*新日本製鉄<5401> 349 +11
G20における景気刺激策の継続合意なども材料に。

*DIC<4631> 141 +4
2010年度の純利益240億円を目標とする中期計画を発表。

*クボタ<6326> 774 +8
決算発表を受けての買い安心感の高まりが継続の格好で。

*武富士<8564> 503 +15
全体相場の上昇も加わり、引き続き買い戻しの動きが優勢に。

*ソフトバンク<9984> 2215 +70
10月の携帯電話純増数は3ヶ月連続でのトップで。

*電気化学工業<4061> 373 +9
引き続き、足元の好決算を評価する動きが継続で。

*東洋ゴム工業<5105> 164 +5
野村では投資判断「1」に格上げ、220円目標とする。

*トヨタ<7203> 3480 -20
海外資金によるリバランス売りなどの影響か、目立った材料もないが。

*Fリテイ<9983> 16420 +510
先物高に連れ高、冬物商戦への期待感も根強く。

*三菱商事<8058> 2015 +26
リスクマネー活発化による資源価格の上昇なども期待で。

*NTT<9432> 3620 -60
前日に決算発表、上半期実績は計画比下ブレで。

*ファナック<6954> 7750 +140
機械受注など控えて設備投資関連株にも関心向かう格好か。

*住友不動産<8830> 1659 +54
地合い改善で大手不動産株も総じてリバウンドへ。

*山洋電気<6516> 314 -22
業績下方修正後は連日の急落、処分売りが加速化へ。

*田淵電機<6624> 197 -15
決算発表以降は処分売りの動きが優勢の展開で。

*コスモスイニ<8844> 437カ
リスク注記の記載解消で警戒感が後退。

*明豊エンタ<8927> 203カ +50
コスモスイニ株の人気が波及と観測。

*SKエレク<6677> 40000カ +4000
前期実績は計画から上ぶれ、今期は黒字化予想。

*第一精工<6640> 4480 +430
上期営業利益を28億円から43億円に上方修正。

*ユニバーサル<6425> 1154 +64
米持分法適用会社株がナスダックで6%超上昇。

*MTI<9438> 220500 +8200
前日のCSのレポートをきっかけに見直し買いが活発化。

*メッセージ<2400> 168000 +5400
上期実績が計画から上振れ、野村では目標株価を引き上げ。

*楽天<4755> 65500 +1900
12日発表予定の決算への期待が先行する展開に。

*DDS<3782> 8810カ +1000
第三者割当増資による資本増強策を材料視。

*VTHD<7593> 161 +7
今期営業利益を28億円から30億円に上方修正。

*ネットプライス<3328> 57900 -2100
10月のギャザリング事業受注高は前年比13%減となり。

*デジアド<4772> 87 -12
上期営業利益を2.3億円から1.1億円に下方修正。

11月10日(火)

H「日経平均は続伸だ。これで3日続伸か??」

K「そうだな。ただとても喜んでいる状態なんかではないけどな。」

H「ああ。日経平均1万円は今日は超えられないとは思っていたが、ここまで垂れると流石に笑っていられない。」

K「TOPIXなど危うくマイナスに転じるのかという状況まで落ち込んだ。小幅高で引けているが、終値見る限り、とても昨晩の米国ダウが年初来高値を更新し、爆上げしたとは思えないな。」

H「ただ今日は日本株に重しとなることもあっただけに、仕方ないとも言えるんだが・・。」

K「確かにそうだな。昼頃には北朝鮮と韓国が黄海上で銃撃戦などと報じられ、後場には地政学リスクが高まったことも重しとなった。香港市場や上海市場も上げ縮小していたことも嫌気されたようだ。」

H「極めつけが、格付け会社のフィッチ幹部の発言だな。来年度の日本国債の発行額が44兆円を大幅に上回れば現在の格付けの見直しを余儀なくされるとの見解を示したようだ。これをロイターが報じたことにより、先物売りが強まった。」

K「余計なことを言ったモンだな。まあ、短期資金による手仕舞いや売り仕掛けのきっかけになった程度だとはいえ、これにより更に日本の財政問題が注目されてくるだろう。海外の長期投資家などは、それを見極めるまで日本株は非常に買いにくくなったと言える。」

H「ただそんな発言無くとも、既に海外投資家には日本の財政問題など懸念して、日本株敬遠している向き多かったと言える。」

K「確かにそうだけどな。そもそも昨晩の米国市場の爆上げ理由が週末のG20だってんだから驚きだ。G20をうけての昨日の日本株は薄商いの小動きだった。全くG20を好感しての買いなど見られていないと言えるだろう。」

H「確かにそうだな。しかし米国市場ではG20を好感された。まさに日本株はスルーされている感じだな。いずれにしろ、それらの動きで日本の弱さがより鮮明になったと言えるかもな。」

K「昨晩の米国市場はそのG20で景気刺激策の継続に合意したことにより、景気回復基調がまだまだ続くとの見方が強まったようだ。それに金融緩和もまだまだ続くとみられドルキャリー取引が復活している。」

H「それによりリスクマネーが再び株式市場などに流入してくるとの思惑が強まったようだな。」

K「景気敏感株中心に買われており、指数は終始しっかりとした展開で、ほぼ高値圏で引けているおり非常に強い展開だったと言える。」

H「まあ日本株も前場の内は結構強かったと言えるんだが・・・。」

K「確かにTOPIXも日経平均ほどではないが、しっかりと上昇していたし、銀行株も堅調だった。ただ全体的な商いは膨らんでおらず、結局は先物の買い戻しと、個別株も空売りの買い戻しが中心だったと言えるかもな。あとは短期資金中心の売買だろう。」

H「それだけに買い戻し一巡後は買いも続かなくなるし、短期資金は上値重くなればすぐに手仕舞いに動いてくる。それじゃ確かに上値追うにも限界はあるわな。」

K「ただ米国市場にしても、そうそう上昇が続くとは思えないけどな。今の時期はヘッジファンドの決算期にあたるだけに、奴らも新たなポジションは取りにくい。ポジション取っても超短期的な狙いが中心となるだろう。」

H「確かにそれはいえるかもな。ただヘッジファンド買わなくても、来月以降は再度ヘッジファンド買ってくるとの期待から先回り的に買ってくる向きは多そうだが・・。」

K「ああ。ただ基本的にそう言う向きは上値を追っては買ってこない。下げりゃ拾ってくる向き多そうだが、上値追うにも限界があるだろう。」

H「となれば米国市場は上げずとも底堅さは続く期待はあるわけだな。」

K「だろうな。ただそれでは日本株が上昇していくことは難しい。逆に売られると言う懸念すらある。」

H「それに円高懸念も再び強まってきているからな。」

K「日本市場には随分と色々な逆風が吹いている状態だが、ここは凌ぎ場だろう。いずれは追い風が吹くときが来るさ。まあその前に、ある程度下げてしまう可能性は当然あるけどな。」

H「まあ上値追えなきゃ、下げるっきゃないからな。信用残も増加基調続いているのも懸念だしな。このまま大人しく揉み合い続くとは思えない。」

K「揉み合い続いていくなら上値が重い状態も長引くだろうな。逆に派手に下げてしまった方が、上値は軽くなる可能性がある。まあ、それを望む個人投資家は少ないだろうから出来ればこのままじり高でも上げていくのが好ましいが・・・。」

H「まあ、今は米国市場に期待するほか無い。取りあえず今晩もしっかりとした展開を期待したいモンだな。」
2009.11.10先物チャート
スポンサーサイト
コメント
5707は上方修正と昨日の米の動きから期待してましたが
寄り後全くでしたね、現物引け前の銀行ぐらいで
他は動かなすぎて困ったもんです。。
kai侍 #-|2009/11/10(火) 12:15 [ 編集 ]
kai侍さん、どもー返信遅れました。
非鉄など素材の弱さは長期金利の上昇が原因らしいですね
日本だけまったく上がりません
銀行は悪材料がどんどん消化されて上昇しそうですね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/11/11(水) 17:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。