(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.9【短期的な値幅取りを狙ったトレードに限られ】

2009/11/09 11:25|未分類CM:0
雇用統計は、まあこんなもんだろうといった結果
どっちかというとアメリカの景気対策検討のほうが気になる
日本は無策だけど

日本は相変わるず馬鹿よわ
ホントしょうもない
持ち越しプロミスとか武富士もってたんだけどGD
マインドがよわすぐる
寄りで買い増しして利確
グリー買い上がって利確
フォスター底で逆指値発動

保険が決算を受けて切り返しの動き

後場
また寝てしまった
強いの逆指値して寝てたら伸びてくれた
それにしても寄りで弱いと判断して売っちゃった電気化学
めっちゃつおいじゃんか
ラオックス最後プラスで終わるなら持ち越そうと思ってたら
あっという間に上昇
指し負けまくった


[株式オープニングコメント]
決算と原発など新エネ材料に短期物色か
 6日のNY市場は上昇。ダウ平均は17.46ドル高の10023.42、ナスダックは7.12ポ
イント高の2112.44で取引を終了した。朝方発表された10月雇用統計は、失業率が予
想を上回る10.2%まで上昇した。しかし、過去2ヶ月の非農業部門雇用者数が上方修
正されたことや、主要企業の決算などが好感されて底堅い動きとなった。セクター
別では、自動車・同部品や小売りが上昇した一方、不動産や金融が軟調に推移。シ
カゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比40円高の9820円、円建ては同15円高の9795
円。ADRの日本株はコマツ、クボタ、京セラ、オリックスが堅調。半面、日東
電、オリンパス、三井住友が冴えないなど、対東証比較(1ドル89.88円換算)で高
安まちまち。
 注目されていた米雇用統計では、失業率が10.2%と26年半ぶりの水準に悪化し
た。ただ、10%乗せは想定されていた範囲内であるほか、オバマ大統領は雇用促進
や景気拡大のため新たな対策を検討していることを明らかにした。しかし、週末の
NYダウも上昇しているが、国内での政治運営リスクへの懸念などは依然として払
拭できず、リバウンドを意識しながらも、物色の盛り上がりには欠ける相場展開が
続きそうである。
 また、ヘッジファンドの決算なども意識されてくる時期であり、海外勢の買いに
よってトレンドを強めてくる可能性も低そうだ。10月4週(26-30日)の投資主体別
売買動向では、海外勢の現物は5週連続で買い越しだったが、先物との合算では売り
越しとなっている。国内機関投資家の売り越し基調が続く中、主要な買い主体であ
る海外資金が流出へ向うようだと、先高観は強まらないであろう。
 物色としては、決算を手掛りとした個別物色が中心となりそうである。そのほ
か、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は、ベトナムが最重要インフラと位置付け
る原子力発電所と高速鉄道の建設計画で、日本との強力を強化することを明らかに
したと報じられている。また、今週はオバマ米大統領の訪日を控えていることもあ
り、新エネ関連などのテーマ銘柄への物色が再燃する可能性はある。先週のように
相場全体がこう着感を強めるようなら、短期資金中心になりやすいこともあり、テ
ーマ銘柄へ向かいやすい面もあろう。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、3日続伸
・NY債券市場、上昇(10年債利回り0.03%下落)
・NY金相場、連日で最高値更新
・バルチック海運指数、7日続伸
・DRAMスポット、11日続伸
・日経平均、反発
・10月第4週の外国人、5週連続で買い越し

弱気材料
・NYドル円相場、再び90円割れ(89円87銭-89銭)
・10月の米失業率、26年半ぶりの高水準
・SOX指数、3日ぶり反落
・LMEニッケル先物、2日続落
・東証REIT指数、2日続落
・長期金利、3日続伸(10年債利回り0.005%上昇)

留意事項
・NY原油先物、2日続落(1バレル=77.43ドル)
・欧州株、高安まちまち
・日航再建問題、週内に支援策策定方針
・「経済成長戦略」、政府が年内にも策定方針
・オバマ米大統領来日、13日にずれ込み
・「事業仕分け」の対象事業、行政刷新会議がきょう決定
・10月の携帯電話契約件数
・9月の独鉱工業生産
・ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)

[サポート&レジスタンス]

終値            9789
5日移動平均        9838
標準偏差+2σ      10474
先行スパンA       10319
100日移動平均     10062
転換線          10045
25日移動平均      10022
基準線          10013
先行スパンB       10009
レジスタンス(2)     9885
レジスタンス(1)     9837
ピボット          9802
サポート(1)       9754
サポート(2)       9719
標準偏差-2σ       9570
200日移動平均      9258

[ランチタイムコメント]
輸出関連の出直りがポイント
 日経平均は小幅高。8.40円高の9797.75円(出来高概算7億7000万株)で前場の取
引を終えている。輸出関連の弱い動きから小安く始まった日経平均は、その後
9731.59円と若干ながら下げ幅を広げた。ただ、下を売り込む流れにもならず、その
後は9800円を挟んだこう着が続いた。東証1部の騰落銘柄は、値上り516に対して値
下がり1019、変わらず153と、値下がりが全体の6割を占めている。規模別指数では
大型、中型、小型株指数ともにマイナスであるが、その中では小型株指数の下げが
目立つ。セクターでは東京海上、あいおい、SONY FHなど保険が堅調。旭硝
子、ガイシ、特殊陶などガラス・土石のほか、非鉄金属、サービス、機械、商社
(卸売)などが小じっかり。半面、東レ、三菱レなど繊維が弱いほか、その他製
造、海運、石油・石炭が冴えない。物色としては決算を手掛りにしているほか、原
発関連などのテーマ銘柄の一角に値幅取り狙いの資金が向っている。

 日経平均は5日線のほか、ボリンジャーバンドのマイナス1σレベルでの攻防が続い
ている。日経平均はプラスを保っているが、Fリテイ、セコムなどのインパクトに
支えられている面が大きい。東証1部の出来高は7億株台と低水準であり、決算のほ
かレーティング変更、テーマ銘柄などを手掛りとした短期的な物色が中心とみられ
る。また、ホンダ、スズキが堅調な半面、トヨタが弱いなど、セクター内でのリバ
ランスとみられる動きによって、指数の変動も限られそうである。円相場がじりじ
りと円安傾向をみせてきており、輸出関連が出直りをみせてくるかがポイントにな
りそうである。また、現時点で日経平均の5日線が9790.36円、ボリンジャーバンド
のマイナス1σは9784.41円である。これらを上回って推移することができれば、リバ
ウンド意識はやや強まりそうである。

[クロージング]
短期的な値幅取りを狙ったトレードに限られ
 日経平均は小幅高。19.64円高の9808.99円(出来高概算16億株)で取引を終え
た。9800円を挟んだこう着相場が続く中、円相場の若干の円安傾向もあって後場寄
り付き直後にはリバウンドを強める場面もみられた。しかし、前場高値を僅かに上
回る程度であり、結局は9800円を中心とした狭いレンジ内での動きであった。東京
海上、あいおい、ニッセイ同和、三井住友海がそろって4-9月期の業績予想を上方
修正した保険セクターが終日堅調な展開。ただ、後場寄り付き直後に上値を試すも
のの上値は限られ、大引けは前場水準に押し戻されている。
 東証1部の騰落銘柄も値下がりが全体の6割を占めているほか、規模別指数も大
型、中型、小型株指数ともにマイナスで、小型株指数の下げが目立つ状況なども前
引け段階とほぼ同じ状況である。変化があった銘柄をみても、決算発表を材料とし
た銘柄にとどまっている。日経平均は9800円を回復したが、リバウンド入りを確実
にさせる流れにはほど遠い状況であるため、積極的な資金流入は期待できないであ
ろう。日経平均は10月安値とのボトム形成を意識するものの、確実に底を打ったと
みる向きも限られているようであり、押し目買い姿勢を強めるというよりも、その
都度上昇している銘柄での短期的な値幅取りを狙ったトレードに限られそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9808.99 +19.64
TOPIX870.67 -3.34
東証2部指数2114.06 -17.88
日経ジャスダック平均1191.87 -8.27
マザーズ指数422.12 -1.34
ヘラクレス指数566.44 -4.94
東証1部出来高16.09億株
東証1部騰落レシオ82.74%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は小幅に続伸。雇用統計は予測より悪かったものの、雇用者数
の緩やかな改善基調が続いていることから、嫌気する動きも限定的だった。ただ
為替が円高進行して返ってきており、日経平均は軟調に始まる展開。寄り後も売
られるものの下値も限定的。売り一巡後は買い優勢となり日経平均プラスに転じ
る。ただ今日もTOPIXは弱く、値下がり銘柄数の方が圧倒的に多い状態であり、
市場心理は良くない状態。その為、日経平均の上値も限定的。後場は狭いレンジ
での揉み合いで、結局日経平均小幅高、TOPIX小幅安で引けている。日経先物の
主な買い越し証券はニューエッジ、岡三、マネックス、GS、バークレイズ、フォ
ルティス、大和、ドイツ。売り越しはひまわり、藍澤、SBI、UBS、モルガンS、
楽天、松井、JPモルガン、クレディスイスなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
5912日本橋梁 284円 +50
ザラバ先週付けた年初来高値を更新する場面も見られた。特に目新しい材料は見
当たらないが先週末良いところまで押しただけに買いやすさも強まった様子。上
げれば短期資金集まりやすい状況だけに、その期待から目を付けた短期資金も多
かったようだ。他の橋梁株には物色波及していないことから、もはや橋梁工事需
要拡大期待による物色ではなく、単に値動きの良さから仕手化している状態だと
見る向き多い。短期資金中心の物色だけに明日以降も続くかどうかはその時次第
だと・・。

7762シチズンHD 526円 +38
しっかりと状況。先週末に同社は中間決算と通期業績の上方修正を発表。それを
好感して買われている。ポジティブサプライズと見る向きは多く、買い戻しや見
直し買いにより今日は大幅高。また決算をうけ野村が投資判断最上位に格上げし、
目標株価も620円まで引き上げたことも追い風となっている。コスト構造が予想以
上に改善していると指摘し、更なる上ブレもあると見ているようだ。空売り結構
入っていた銘柄なだけに買い戻しのきっかけとなった模様。

9735セコム 4300円 +150
しっかり。今晩放送予定のTV番組「カンブリア宮殿」で同社の社長がゲストで出
演し、同社が取り上げられる予定。大抵好感される内容となることが多いだけに、
TV効果で明日買われるとの期待から先回り買いが入っているようだ。ただこの手
の材料での物色は基本的に続くことは乏しく、事前に買われていれば出尽くしと
なることが殆ど。それだけに明日の買いは期待薄と見る向き多い。今日の同社株
は、9983ファーストリテイリングに次いで日経平均寄与度第2位となっている。
同社株の上昇で日経平均を約6円押し上げている。

7240NOK 1057円 -131
大幅安。同社は14時に中間決算を発表。同時に中間と通期業績の下方修正を発表
している。10/19には中間、通期業績共に大幅上方修正していただけに、今回の下
方修正はネガティブサプライズと受け止められたようだ。発表直後から売り込ま
れている。下方修正理由として、前回公表値の策定過程で未実現利益の消去額等、
見積もり誤りがあったためとしている。この理由が同社に対する信頼感を後退さ
せ、嫌気された面もあるようだ。

6963ローム 5950円 -330
大幅安。同社もザラバ決算発表し、同時に通期業績の下方修正を発表している。
先月末には中間業績の上方修正を発表していただけに、通期業績の下方修正はネ
ガティブサプライズと受け止められた模様。ただ先月、シティGでは通期の会社計
画未達リスクは払拭できないとの見方を示していたことから、一部では下方修正
懸念もあったようだ。しかしシティGの業績予測よりは悪くはない数字となってい
るだけに、更に売り込まれていくほどでもないとの見方も・・・。

8410セブン銀行 180600円 -15800
大幅続落で年初来安値を更新している。先週木曜日に発表した中間決算と通期業
績の下方修正を引き続き嫌気している動き。この決算をうけ、大和ではネカティブ
サプライズ決算と指摘し投資判断を1から3に格下げした。これを嫌気し今日は一段
安に。信用買い残多かった銘柄なだけに年初来安値更新により見切り売りが加速し
たようだ。投げ出尽くせば買い場だと見る向き多く、買い場探る長期資金も多いと
の話も。

===============
◆◇11/10(火)の主な予定!◇◆
===============
9月国際収支(8:50)
10月企業倒産件数(13:30)
10月景気ウォッチャー調査(14:00)
10月工作機械受注(15:00)
ガイトナー米財務長官が初来日(~11日)
大和ハウス、日揮、ヤクルト、日ハム、電通、DOWAHD、ダイキン、ショーボンド、
博報堂、テレビ東京、大平金、JUKI、日本信号、ヒロセ電機、横河電機、コジマ、
ワタミ、凸版印刷、ケネディクス、SHO-BI、スタジオアリス、第一精工など決算発表
独11月ZEW 景況感指数(19:00)
米10年債入札(250億ドル)
MBIAなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*AOCHD<5017> 642 +53
上半期営業損益は20億円の赤字予想に対して13.5億円の黒字。

*新電元<6844> 259 +20
想定どおりの決算内容も出尽くし感強まらず、買い戻し優勢か。

*フラベッド<7840> 140 +7
先週末に決算発表、想定どおりの着地で評価余地高まる。

*大氣社<1979> 1240 +61
通期営業利益は4.9億円から15.3億円に上方修正へ。

*NOK<7240> 1057 -131
上半期決算発表、予想外の下ブレ決算に失望売り。

*フージャース<8907> 10330 -1020
通期予想の上方修正もなく一旦出尽くし感へ。

*東洋ゴム<5105> 159 -13
前引け後に決算発表、通期営業益は78億円から50億円に減額。

*兼松<8020> 75 -6
先週末に決算発表、上半期上方修正済みで出尽くし感も。

*東亜道路<1882> 128 -10
本日の決算発表控えて出尽くし感も警戒へ。

*日本エスリード<8877> 752 -53
10月の安値水準割り込んで見切り売りの動きが活発化。

*アコム<8572> 1386 -91
ムーディーズでは格付けを引き下げ方向で見直しと。



(前場)
*日本橋梁<5912> 280 +46
上半期業績予想の上方修正が短期資金の押し目買いにつながる。

*世紀東急工業<1898> 64 +9
引き続き、先週末の取引時間中に発表した業績上方修正を材料視する動き。

*あいおい損保<8761> 427 +34
上半期純利益は30億円から171億円にまで大幅上方修正。

*ニッセイ同和<8759> 429 +34
上半期純利益は25億円から35億円に上方修正。

*三井住友海上G<8725> 2265 +170
上半期純利益は80億円から570億円まで上方修正している。

*黒崎播磨<5352> 160 +12
先週末から動意づく、11日の決算発表控えリバウンド期待の動き。

*シップヘルス<3360> 55000 +4100
上半期営業利益は10.4億円から15.1億円にまで上方修正へ。

*シチズン<7762> 525 +37
決算発表を受けて、野村では投資判断を「1」に格上げ。

*シスメックス<6869> 4670 +320
好決算発表でアナリストの目標株価引き上げが目立った銘柄で。

*フェイス<4295> 11500 +750
上半期営業利益は従来予想の3億円から7.4億円にまで増額。

*古河電気工業<5801> 388 +25
UBSでは投資判断を「セル」から「ニュートラル」に格上げ。

*クボタ<6326> 753 +44
上半期業績は上ブレで着地、買い安心感が広がる格好に。

*スズキ<7269> 2250 +110
インド首相は、経済成長加速によって財政刺激策解除可能とも。

*林兼産業<2286> 126 +6
本日より大西洋まぐろ類保存国際委員会開催とも。

*みらかHLDG<4544> 2980 +140
先週末に決算発表、通期営業益は157億円から180億円に増額。

*富士火災海上保険<8763> 108 +5
損保各社が軒並み上方修正で急伸しており。

*タチエス<7239> 744 +34
上半期営業損益は14億円の赤字から8.7億円の黒字に増額。

*日本特殊陶業<5334> 1061 +46
インテル向け取引終了による中期的な採算改善期待なども。

*合同製鉄<5410> 212 +9
電炉業界での相対的な好業績や自社株買い評価の動き続く。

*NECネッツ<1973> 1161 +49
三菱UFJでは投資判断を「3」から「2」へ格上げしている。

*セコム<9735> 4330 +180
本日のTV番組で特集される予定となっており。

*日本光電工業<6849> 1658 +68
大和では投資判断を「3」から「2」に格上げしている。

*東京海上HLDG<8766> 2445 +100
上半期最終損益は400億円予想から710億円に上方修正へ。

*T&D<8795> 2195 +80
先週末は希薄化懸念で急落しており、保険株高のなか自律反発。

*イビデン<4062> 3290 +110
先週末には三菱UFJの投資判断格上げが観測されている。

*ミネベア<6479> 393 +13
先週末に決算発表、下期からの業績回復期待が高まる格好に。

*A&D<7745> 351 -39
通期営業損益は13.8億円億円の黒字予想から13.4億円の赤字に。

*日鉄鉱業<1515> 423 -34
決算発表後は出尽くし感の強まりで処分売り圧力が強まり。

*三菱レイヨン<3404> 283 -20
通期経常利益は5億円の黒字予想から70億円の赤字に下方修正。

*ドン・キホーテ<7532> 2270 -160
上半期業績上方修正などを評価する動きにも一巡感。

*東レ<3402> 483 -29
炭素繊維の想定以上の赤字などを警戒する動きが強まり。

*プレス工業<7246> 178 -10
上半期業績上方修正もインパクト乏しく出尽くし感先行へ。

*トクヤマ<4043> 524 -28
上半期業績は上ぶれ着地も、通期予想は下方修正となり。

*タムラ製作所<6768> 265 -14
通期最終損益は1億円の黒字予想から4億円の赤字に。

*東京製綱<5981> 229 -12
トクヤマの通期業績下方修正など影響する格好にも。

*インプレス<9479> 211 -11
先週末は長い上ひげつけて伸び悩む動きとなっており。

*みずほFG<8411> 175 -4
失業率悪化などにより米国金融株もさえない動きで。

*三洋電機<6764> 171 -4
あらためて転換売りによる目先の需給悪化などを警戒する動き。

*日本電気<6701> 269 -4
短期的なショートカバーの動きにも一巡感が強まり。

*東芝<6502> 514 +8
NAND型フラッシュ価格上昇報道などが伝わっている。

*新日本製鉄<5401> 341 -2
売買高低水準ななか、低位大型株には資金向かいにくく。

*日立製作所<6501> 297 -7
先週末はNECに連れ高する展開ともなっていたが。

*日本航空<9205> 107 -2
国土交通省の再建計画など引き続き伝わるが、希薄化などへの懸念は残り。

*武富士<8564> 503 +16
消費者金融株の中でも相対的にショートカバーのニーズが強い状況か。

*電気化学工業<4061> 357 +11
野村では投資判断「1」継続で、目標株価を460円から500円に上げ。

*住友信託銀行<8403> 482 +6
中央三井との統合正式発表も改めて評価材料視へ。

*トヨタ<7203> 3500 -20
為替の円高反転など売り材料視する見方が優勢に。

*アステラス<4503> 3220 -120
引き続き、プログラフと後発品の競争の影響見極めたいと。

*住友鉱<5713> 1498 +23
金市況の一時1100ドル台乗せなど手掛かり材料に。

*ファストリ<9983> 15890 +320
ヒートテックの販売拡大期待なども引き続き期待材料視で。

*オリンパス<7733> 2770 -85
通期予想修正などもなく、上半期決算発表で出尽くし感。

*ホシデン<6804> 1035 -51
上半期営業利益は上ブレも、通期では136億円から116億円に下方修正。

*DWTI<4576> 332 +41
先週末には初値割れ、いったん売り達成感も。

*FTコミュ<2763> 25300カ +3000
上期営業利益を1.8億円から2.7億円に上方修正。

*プライム<2684> 24460カ +2700
前営業日は長い下ひげ残し売り一巡感、再度ジパングとの合併ハヤす。

*MTI<9438> 206500 +6500
CSでは買い推奨を継続、見直しの動きにつながる。

*インスパイア<2724> 2500 +230
一時会計監査人との監査契約締結決議。

*デジアーツ<2326> 65700カ +5000
いちよしではレーティングを「B」から「A」に格上げ。

*CMC<2185> 1660ウ -400
週末に本決算発表、今期営業利益予想は43%減益で。

*オートウェーブ<2666> 233 -55
10月実施の第三者割当増資先による全株売却が判明。

*ワールドIT<2429> 46500ウ -4500
週末に第3四半期決算発表、累計営業は前年同期比91%減。

*セブン銀行<8410> 185000 -11400
大和では投資判断を「1」から「3」に格下げ。

*セイクレスト<8900> 310 -17
今期最終損益を0.07億円の黒字から2.16億円の赤字に下方修正。

*フィールズ<2767> 108500 -4700
先週末に続いて通期予想の据え置きに失望売り。

*Rモンスター<3768> 50400 -4600
上期営業利益を1.5億円から1.3億円に下方修正。
11月9日(月)

H「週明けの日経平均は続伸となった。ただ内容的には非常に悪い。今日もTOPIXはマイナスだし、値下がり銘柄数の方が圧倒的に多い状態だ。」

K「ああ。9983ファーストリテイリングと9735セコムの上昇だけで日経平均20円弱押し上げており、これら2銘柄が上げていなければ日経平均はプラスにはなっていない。つまりこの2銘柄だけで今日は日経平均上げたと言えるだろう。」

H「相変わらず特定の銘柄だけで日経平均が形成されており、相場の実態を示すTOPIXは3日続落という状態だ。そのTOPIXは長期トレンドラインともいえる200日移動平均線を割り込みそうだ。」

K「これを割り込んで下げていくと、市場心理は結構悪くなる。まあ既に結構悪い感じだが、見切り売りが強まる懸念は否めない。」

H「そうだな。ただ日に日に市場参加者が減っている感じであり、それほど投げも出てないのではと見る向きも多いぞ。」

K「確かにそうだが、商い低調なのは米国市場しっかりでも日本株はついて行けない状態だからだろう。逆に米国市場下げてくれば、日本株は商い伴って売られる可能性は否めない。」

H「いずれにしろ、今の状態だと動きにくいというのは確かだな。」

K「ただ商いが低調なのは日本株だけでもないぞ。米国市場も商いが細ってきている。まあ今の時期はヘッジファンドが決算期だけに動きにくいと言うことが要因しているんだろう。」

H「だろうな。それにやっぱり相場の方向性がいまいち見えてこないと言うのも手控え要因になっているんだろう。買い材料も売り材料も交錯している状態で、いまいち方向性を決める決定打にかけると言う感じだしな。」

K「そうだな。先週末発表された注目の米雇用統計は予測よりも悪かった。雇用者数の減少も予測より多かったし、失業率が大幅に悪化した。それだけに米株も売られる場面もあったんだが、意外と落ち着いており売りもすぐに一巡してしまったからな。」

H「ああ。悪いなりに改善も見られており、確かに判断しにくい雇用統計だったと言えるからな。」

K「まあ、前回の雇用者数が大幅に上方修正されたし、今回予測より悪かったとは言え、前回より雇用者数の減少幅が縮小している。それに失業率も一気に悪化しているが、10%台に乗せるのは時間の問題だと言われていたしな。ただ決して楽観できる数字でないのは確かだな。」

H「それでもさほど売り込まれていないというのは、それなりに市場心理はまだ良いんだろうな・・米国は。」

K「まあそれはあるだろう。市場心理悪いときに、同じ雇用統計出されていれば恐らく派手に売られていた可能性はある。」

H「ただ一日遅れて今日売り込まれるなんてことは勘弁して欲しいモンだな。」

K「どうだろうな。先週末の米国市場も商い細かっただけに、市場も消化しきれていない恐れもある。つまり様子見していた向きも多い。それだけに今週徐々に雇用懸念で売られていくなんてこともあるかもな。」

H「今週は米国で経済指標発表が少ないだけに、先週の経済指標を蒸し返されるなんてことも確かにあるかもな。」

K「まあ、新たな雇用懸念に繋がるようなことでも浮上しなければ問題は無さそうだが・・。それより今週は米国債の入札がある。そっちの方が注目されるだろう。」

H「そうだな。まあ米国市場がしっかりでも日本株はついて行けないと言うのは、もはや市場も承知してきた感がある。それだけに尚更米株高で、日本株を買い向かうという投資家も少なくなっている。」

K「ああ。上げれば逆に売り場だと見ている向きも増えているからな。ただ今週はSQ週だ。それだけに仕掛け的な先物売買が強まる可能性があり、いきなり上値追っていく展開となれば面白いんだが・・。」

H「まあそういう展開になれば、上げれば売りというスタンス取っていた向きが踏まれることになるからな。ただ今の日本市場、そういう短期資金すらからも見放されてきている感じもするんだが・・。」

K「確かに・・。それだけは勘弁して欲しいけどな。短期資金も乏しくなってくればザラバのボラティリティは一気に落ちる。まさにローカルマーケットになってしまう。外部要因の結果をうけ、寄り付きでほぼその日が決まってしまうと言う感じだ。ザラバ中は殆ど動きが無く、狭いレンジでの揉み合いが続く。それが指数だけでなく多くの銘柄でもそういう動きになると、商いは更に落ちるし、尚更短期資金も減ってしまう。」

H「悪循環的に参加者が減っていくことになる。」

K「まあ大袈裟な話だが、その位の危機感を感じている市場関係者も少なくない。」

H「ただ、幾ら商い減っているとはいえ、昔から見ればまだまだ多い。ネット証券が普及する前は、全然商い少なかった。」

K「確かにそうだが、こんな状況が続くようだと更に商い減ってくるだろうし、株価の低迷が続くことになりかねない。それに昔は全体的な商いは確かに低調だったものの、仕手筋がそれなりに頑張って所々で相場を盛り上げていた。今は監視が厳しくなってまともな仕手筋など殆どいなくなってしまったし、残っているのは殆どが短期筋だ。こんな状況で商い更に低調になってしまえば、それこそ魅力もない閑散相場になってしまう。」

H「確かに・・。まあこの先、日本市場がどうなっていくのかはかなり不透明だが、取りあえず景気回復強まっていって欲しいモンだな。」

K「そうだな。まずは今晩の米国市場どういう動きを見せるのか注目しておきたい。」
2009.11.9先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。