(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.16【今後は各閣僚からの発言に日々振らされそう】

2009/09/16 11:12|未分類CM:0
NY強いよ
日本弱いよ
今日はどうする?
とりあえずダウもナスもS&Pも
ガンガン高値抜いてきてるこの状況を
日本も無視できないだろうと買い目線
昨日は一昨日ほど悪くなかったし
と思ってたんだけど
寄り気配現物よえええええええええええええええええ
まんまとだまされて9時半過ぎ売っちゃったよ
速攻逆指値かかったけど

CAが寄りから下げてきたんで支持線106000で買い
持ち越しSHO-BIすごいね
ガンガン成り行きで買ってくる
一緒に買ったけど
ちょっと上がったところで早売り

GSユアサ見てないで買えよ

後場
強いと見せかけて
ただ先物なが上がってただけ
早く先物なくしてください

CAをそろそろだーって114500まで売り上がり
これまた先物下げたのに
全然下げなす力が働いてなかなか下げてくれなった

プロミス買ったらズブズブ
底なし沼だった
出来高的にもチャート的にもセリクラチックだけどね
民主党によってその他金融は全部潰されちゃうのかな

千葉景子が法務大臣とか
それだけは絶対だめだろ
アホなのか


[株式オープニングコメント]
NY上昇も日本市場は逆相関の動きか
 15日のNY市場は上昇。ダウ平均は56.61ドル高の9683.41、ナスダックは10.86ポ
イント高の2102.64で取引を終了した。8月小売売上高が約3年ぶりの上昇率となった
ものの、自動車買い替え制度の影響を指摘する向きも多く、朝方はもみ合う展開と
なった。その後、バーナンキFRB議長が、景気後退は終了した可能性が「非常に高
い」との見方を示し、午後になって上げ幅を拡大している。セクター別では、銀行
や素材が上昇する一方で、自動車・自動車部品やヘルスケア機器・サービスが軟
調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比125円高の10315円、円建ては同45円高
の10235円。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニック、デン
ソー、京セラ、キヤノン、三菱商など対東証比較(1ドル91.01円換算)で全般小じ
っかり。
 NY市場の上昇は好感されるが、昨日の日経平均は直近ボトム水準での攻防が続
いており、本日もボリンジャーバンドのマイナス1σ(10250)、マイナス2σ
(10110)レベルでの値動きとなりそうである。マイナス1σが抵抗線として意識され
ずに、一気に上放れてくるかが注目されるところである。
 また、きょう鳩山政権が発足するが、政権期待は一時期より盛り上がりに欠ける
状況。亀井氏の金融・郵政問題相では、郵政民営化の巻き戻しによって改革後退と
捉えられることが懸念される。また、福島氏の消費者行政・少子化担当相なども、
派遣労働の規制強化によって、失業率の上昇につながる恐れがある。企業への規制
強化、コスト負担増の動きは強まる公算が大きく、先行き企業収益へのマイナス要
因は多くなりそうである。ハツ場ダムの建設中止では、民主党は衆院選で国民の支
持を得たと主張。国民の多くが選んだ新政権であり、子ども手当てや高速道無料化
は評価したが、他は評価しないでは済まされない格好か。
 NY市場は、FRB議長が景気後退は終了した可能性を示し上昇したが、日本市場は
逆相関の動きをみせてくる可能性も意識しておく必要はありそうだ。なお、物色と
しては基本的には政策絡みによるハ行色が強まるとみられる。そのほか、大型連休
を控えて、需給妙味の大きい銘柄へのショートカバーを狙った、短期的な物色に。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、年初来高値更新
・米FRB議長、景気後退終息に言及
・8月の米小売売上高、06年1月以来の上昇幅
・SOX指数、2日続伸
・NY金相場、反発
・欧州株、上昇
・LMEニッケル先物、4日ぶり反発
・日経平均、3日ぶり反発
・東証REIT指数、5日続伸

弱気材料
・NY債券市場、3日続落(10年債利回り0.03%上昇)
・バルチック海運指数、3日続落
・TOPIX、3日続落
・大手銀行株、軟調
・長期金利、3日ぶり反発(10年債利回り0.025%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(91円05銭-07銭)
・NY原油先物、3日ぶり反発(1バレル=70.93ドル)
・DRAMスポット、変わらず
・信用買い残、2週ぶり減少
・亀井国民新党代表、西川郵政社長に辞任促す
・特別国会召集、鳩山内閣発足へ
・日銀金融政策決定会合(17日まで)
・8月の英失業率
・8月のユーロ圏消費者物価指数
・8月の米消費者物価指数
・8月の米鉱工業生産及び設備稼働率
・9月の米NAHB住宅市場指数

[サポート&レジスタンス]

終値           10218
5日移動平均       10338
標準偏差+2σ      10671
基準線          10455
25日移動平均      10391
レジスタンス(2)    10340
転換線          10333
レジスタンス(1)    10279
ピボット         10231
サポート(1)      10170
サポート(2)      10122
標準偏差-2σ      10110
先行スパンA       10073
先行スパンB        9819
100日移動平均      9815
200日移動平均      9000

[ランチタイムコメント]
日計り中心でカバーを誘う動き
 日経平均は続伸。121.81円高の10339.43円(出来高概算8億2000万株)で、前場の
取引を終えている。NY市場の上昇が好感され、リバウンドを強めてきている。海
外勢による買いバスケットの観測なども出ており、インデックスに絡む商いによる
影響が大きいとみられる。そのため、規模別指数では大型株指数の強い動きが目立
っているほか、キヤノン、東エレク、信越化、ファナック、京セラ、TDKなど指
数インパクトの大きい値がさ株の上昇が指数を押し上げている。また、週初の下げ
で需給懸念が強まっていた新エネルギー関連などもリバウンドをみせ、特にGSユア
サ、明電舎、戸田工の切り返しが、他の関連銘柄への見直しの動きを強める要因
に。

 日経平均は、寄り付き段階でボリンジャーバンドのマイナス1σ(10246)をクリア
している。今日のところはマイナス1σと中心線(25日)との攻防。全般的に勢いは
ないが、出来高が8億株台と依然として低水準の中、値がさ株の上昇によって、日経
平均は底上げしてくる可能性はあろう。週初は薄商いの中で大きく下振れしたが、
本日はその反対に。
 大型連休を控え、本日のポジションは連休後の受け渡しとなるため、オーバーナ
イトというよりは日計り中心ではある。ただ、日計りとは言え、需給妙味の大きい
銘柄などへはショートカバーを誘う動きが強まりやすく、短期筋による仕掛け的な
資金が集中しそうである。GSユアサ、明電舎などの動向に、注目が向かいやすい。
また、全体としては値がさ株への買いに影響が大きく、効果的なご祝儀商いといっ
たところか。

[クロージング]
今後は各閣僚からの発言に日々振らされそう
 日経平均は続伸。53.15円高の10270.77円(出来高概算19億5000万株)で取引を終
えた。海外勢のほか国内年金(GPIF)による買いバスケットの観測が出ており、イ
ンデックスに絡む商いによる影響が大きかった。そのため、規模別指数では大型株
指数の強い動きが目立っているほか、指数インパクトの大きい値がさ株の上昇が、
指数を押し上げている。しかし、日経平均は後場寄り付き直後に、10394.56円まで
上げ幅を広げたものの、大引けにかけて急速に上げ幅を縮めており、結局のところ
はボリンジャーバンドのマイナス1σと中心線(25日)との攻防。国民新党の金融安
定化対策を受けて、メガバンクなどへの売り圧力が強まったとの見方もされてい
た。そのほか、週初の下げによって需給懸念が強まっていた新エネルギー関連がリ
バウンドをみせていたが、日計り中心の商いであり、指数の下げに振らされる格好
に。円相場の動きも荒く、株先の動きなど、互いに翻弄された面もあろう。
 鳩山政権が誕生した。財務相に内定している民主党の藤井氏による「為替介入に
反対」との認識を示したことを受け、円相場は急速に円高に振れたようである。今
後もマーケットの好材料・悪材料につながる発言などが、各閣僚から頻繁に出てく
ることになり、見極めムードは次第に強まりそうだ。物色としては、これら発言等
に敏感に反応するという意味では、ミニ日経先物、FX辺りでの日計り商いになり
そうだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10270.77 +53.15
TOPIX931.43 -1.09
東証2部指数2285.43 -8.61
日経ジャスダック平均1253.19 +0.37
マザーズ指数463.93 +0.62
ヘラクレス指数625.42 -3.42
東証1部出来高19.52億株
東証1部騰落レシオ81.00%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は経済指標やバーナンキFRB議長の発言などを好感してしっかりと
続伸。主要指数は揃って年初来高値を更新している。それをうけ日経平均も堅調
に始まる。寄り後は手控え感も強く揉み合いだったが、徐々に買われて日経平均
一段高に。後場には更に上げ幅広げるが、後場中頃から銀行株にまとまった売り
が出て来て市場心理を冷やし日経平均は上げ幅を急速に縮小していく。結局大幅
高から小幅高程度まで縮小してしまう。日経先物の主な買い越し証券はニューエ
ッジ、水戸、光世、クレディスイス、ドイツ、バークレイズ、大和、三菱UFJ、
BNPパリバ。売り越しは岡三、GS、野村、JPモルガン、立花、モルガンS、楽天、
松井、SBI、カブコム、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8574プロミス 632円 -61
連日の大幅安で年初来安値を更新。どうにも止まらない状況。今日は日興Cが弱気
なレポートをリリースしており売り材料にされている。利息返還請求件数が増加
傾向にあり、同社の業績予測を下方修正したと・・。それに伴い目標株価を520円
まで引き下げている。同様に日興Cは8515アイフルの目標株価も大幅に引き下げて
おり、こちらも売られている。アイフルの目標株価は105円と衝撃的。いずれもテ
クニカル的に売り込みにくさは日に日に強まっており一旦は下げ止まる場面だと
見る向き多い。しかしながらファンドなどの見切り売り相次いでいると思われる
だけに大したリバウンドは期待出来ないとの声も・・。

8698マネックスG 34750円 -1500
証券株に軟調な銘柄が目立っている。新政権で藤井氏が財務大臣に就任するとの
事をうけ、証券会社には逆風との見方が強まっている。同氏は証券優遇税制廃止
を以前から主張しており、同氏の財務大臣就任によって今後証券優遇税制廃止は
確実だと日興Cは指摘している。その場合、ネット証券の株価に悪影響が出ると
・・。また金融相に国民新党の亀井氏を起用するとの事も証券業界にネガティブ
になるのではという警戒も出ているようだ。国民新党は大証の日経225先物取引
は、投機マネーとして株乱高下の一因となっており、早急に廃止すると昨年から
うたっている。

8411みずほFG 195円 -3
銀行株が総じて軟調。特にメガバンクは後場途中からまとまった売りものが継続
的に出て来ており、それら株価の下落が市場心理を冷やした。後場から機関投資
家と思える売り物が出て来たようだ。金融相に起用された亀井氏が昨日会見で資
金繰りに苦しむ中小企業や、個人の住宅ローン債務の元本・利息を含めた返済を
ある程度猶予する制度の創設を表明。これは銀行にとって負担になるとの思惑も
あるようだ。いずれにしろ新政権により今後銀行にとってネガティブになる懸念
もあると警戒する見方も多く、先行き不透明さから見切り売りに繋がっているよ
うだ。

7282豊田合成 2670円 +165
今日はLED関連株が総じて高い。今朝の日経新聞ではLED関連企業の収益が上向い
ていると報じられている。同社に関してはLED関連の伸びを追い風に赤字幅は期初
予想よりも縮小したと・・。また昨晩のテレビでもLEDに関して報じており刺激と
なっているようだ。6146ディスコ、6923スタンレー電気、6315TOWA、7613シークス
などがLED関連株として物色されている。太陽電池やリチウムイオン電池は既に環
境関連として、かなり前から物色され尽くしただけに今後はLED関連が環境物色の
中心になって行く期待もあるのではと・・。

6862ミナトエレクトロニクス 82円 +17
一時ストップ高まで買われる場面もあったが、大きく垂れて引けている。特に材
料は見当たらないが、低位株だけに個人投資家中心の短期資金が集まったようだ。
同社はタッチパネルも手掛けており、タッチパネル関連の出遅れ銘柄だと指摘す
る声もあるようだ。値動き軽いのは好感されるものの、流動性乏しすぎる銘柄な
だけに物色しにくい短期資金も多いようだ。東証2部市場では6894パルステック
も意味無く突如派手に物色されている。いずれも続く物色にはなりそうもないと
・・。

5401新日鐵 339円 +4
鉄鋼株が比較的にしっかり。JPモルガンが鉄鋼セクターを新規で強気としたこと
が好感されている。同社株や5405住金、5411JFEに関してはいずれも新規Overweight
としている。主要ユーザーの在庫調整の完了により7~9月期以降の鉄鋼市場の循
環回復は予想以上に力強いものになると指摘。しかしながら市場では新政権によ
る温暖化ガス25%削減計画を実行するのであれば、鉄鋼セクターにはかなりのコ
スト増に繋がり逆風になる懸念があるだけに、まだ強気では買えないと見る向き
多い。

4109ステラケミファ 4920円 +340
大幅高で年初来高値更新。14時に中間期と通期業績の上方修正を発表。赤字見通
しから黒字転換の大幅上方修正だけに素直に好感されている。ただ四季報予測で
は黒字転換の大幅上方修正を予測していた事や、株価もそれを期待してしっかり
と上昇基調続けてきただけに、いうほどのサプライズでも無いとの見方もあるよ
うだ。ただまだまだ保守的との見方もあるようで、更なる上値を期待する声も少
なくない様子。それだけに明日以降の動向が注目される。

===============
◆◇9/17(木)の主な予定!◇◆
===============
7-9月法人企業景気予測調査(8:50)
4-6月資金循環統計(8:50)
7月第三次産業活動指数(8:50)
白川日銀総裁定例記者会見(15:30)
7/1時点の基準地価(16:50)
4575キャンバスが新規上場
ツルハHDなど決算発表
EU 臨時首脳会議(ベルギー・ブリュッセル)
米新規失業保険申請件数(21:30)
米8月住宅着工・着工許可(21:30)
米9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(23:00)
北米8月半導体製造装置BB レシオ(18日7:00)
[動いた株・出来た株]

*ステラケミ<4109> 4920 +340
上半期業績を上方修正、営業益は8.4億円の赤字から7.5億円の黒字に。

*昭和電線<5805> 107 +7
温暖化ガス25%削減に向けた超伝導などの技術開発をはやす。

*新電元<6844> 293 +17
調整一巡感、改めてホンダとの資本提携効果などを期待。

*東京製綱<5981> 345 +18
野村では明後日に太陽電池業界のセミナーを開催予定と。

*オークマ<6103> 472 +19
前日にはCSが投資判断「アウトP」継続で目標株価を引き上げ。

*カルソカン<7248> 224 +9
前日はきつい下げとなり、日産同様にリバウンドへ。

*松屋<8237> 734 -64
引き続き、業績下方修正に伴う失望売りが続く。

*イハラケミ<4989> 324 -23
目立った材料見当たらず、高水準の買い残など需給要因が主導か。

*加賀電子<8154> 969 -64
前日に業績下方修正、通期営業益は26億円から16億円に減額。

*鈴丹<8193> 275 -18
前日は長い上ひげ残し伸び悩み、天井到達感が広がる。

*ノリタケ<5331> 297 -18
6月以降のサポートラインを割り込んでしまい。

*大研医器<7775> 2800 +290
前日に1:2の株式分割を発表している。


(前場)
*大和システム<8939> 320 +71
先週の急騰前の水準まで調整で、リバウンド期待など高まる。

*フージャース<8907> 13080 +1690
ダヴィンチの下げ止まりなどで、新興不動産の一角で急伸も。

*シークス<7613> 866 +100
いちよしでは「A」継続で、フェアバリューを900円から1100円に引き上げ。

*ピクセラ<6731> 421 +37
前日には長い下ヒゲ示現、スピード調整一巡感強まる。

*IIJ<3774> 232400 +19600
クラウドコンピューティング分野への期待感など改めて材料視か。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 194 +16
売り方の踏み上げを狙った需給相場の様相で。

*戸田工業<4100> 798 +61
スペイン企業と共同で、ナノテク技術を使った土壌浄化法を開発と報じられる。

*きもと<7908> 854 +62
タッチパネル関連として根強い人気から押し目買いの動き。

*ジェイコム<2462> 107000 +6600
株価急伸後に伸び悩む、配当利回り妙味などは高いものの。

*栄研化学<4549> 1146 +65
調整一巡感強まるなか、インフル関連として再人気化へ。

*豊田合成<7282> 2655 +150
今期のLED部門利益は2倍にとの観測報道も伝わっている。

*三井化学<4183> 339 +19
目立った材料は観測されないが、低PBR水準など見直しか。

*キヤノン<7751> 3730 +180
野村では投資判断「1」に格上げ、4218円目標とする。

*日本ケミコン<6997> 374 +17
前日には株式新聞で取りあげられている。

*プレス工業<7246> 193 +8
連日で下げが目立ち、短期的な突っ込み警戒感は強まっていた。

*酉島製作所<6363> 1409 +58
明日の野村の中東セミナーを控えて期待感も。

*エスケイジャパン<7608> 366 +15
短期的な調整一巡感、ショートカバーなどが先行か。

*三益半導体工業<8155> 1420 +58
信越化学の強い動きなども買い安心感を誘い。

*旭硝子<5201> 768 +31
日本電気硝子の増産報道などで連想買いの動きに。

*JSR<4185> 1771 +71
東京応化の業績上ぶれ観測報道なども刺激となるか。

*日電硝子<5214> 948 +37
液晶基板の1割増産報道が伝わっており評価材料視。

*東京エレク<8035> 5500 +210
モルガンでは目標株価を5900円から6100円に引き上げ。

*オリンパス<7733> 2515 +95
CSでは「アウトパフォーム」、3100円目標でカバレッジ再開。

*古河電工<5801> 403 +15
電線の地中化など亀井氏の重要政策とも。

*大林組<1802> 400 +14
大手建設株の中では中東関連での実績も高く。

*日本MDM<7600> 308 -20
昨日は高値更新できずに伸び悩みで見切り売りが優勢。

*メイテック<9744> 1558 -100
昨日業績修正発表、上半期営業損益は下方修正で。

*プロミス<8574> 656 -37
日興シティでは目標株価を690円から520円に引き下げ。

*新日本科学<2395> 786 -43
短期的な買い戻し期待の動きにも一巡感で。

*インプレスHLDG<9479> 294 -14
前日は大陰線を示現、短期資金の処分売り急がれる。

*スギHLDG<7649> 1910 -90
メリルでは上半期業績は下ブレと予想へ。

*イズミ<8273> 1275 -58
三菱UFJでは投資判断を「2」から「3」に格下げ。

*日本システムデ<9759> 1024 -43
達成感も広がり、利益確定の動き優勢に。

*くらコーポ<2695> 277700 -11100
徐々に上値の重さも感じられる状況となり。

*フェイス<4295> 13270 -510
前日上昇の反動で利食い売りが先行へ。

*エルピーダメモリ<6665> 1212 -44
昨日は発行価格の決定で一旦安心感も生じたが。

*日本M&A<2127> 443000 -16000
野村の中小型マンスリーに取りあげられ昨日は急伸。

*DeNA<2432> 270900 -9500
前日には下値サポートライン割り込み、見切り売り圧力強まる。

*東急建設<1720> 257 -9
7月以降の下値支持線割り込む、短期資金の手仕舞い売り優勢か。

*パスコ<9232> 182 -6
昨日の株価上昇を受けて利食い売りが優勢に。

*東京建物<8804> 481 -15
ドイツの格上げで昨日は強い動きに。

*長谷工<1808> 92 +3
希薄化懸念織り込んだとの見方から自律反発狙いも。

*三菱UFJ<8306> 534 -1
主力コア銘柄の一角にはプログラム買い観測などとも。

*アイフル<8515> 209 +1
日興シティ目標株価下げも、前日急落の反動で。

*新日本製鉄<5401> 344 +9
JPMでは鉄鋼セクターを「強気」に、同社も新規「オーバーW」へ。

*GSユアサ<6674> 834 +23
一部海外投資家の資金流入観測なども。

*住友金属工業<5405> 229 +3
JPMでは新規「オーバーW」、300円目標とする。

*日産自動車<7201> 596 +18
為替の落ち着きに加えて、足元の米国販売の堅調観測も。

*三菱商事<8058> 1948 +33
原油市況の急反発なども手掛かり材料となり。

*トヨタ<7203> 3770 +20
為替円高の一服感などを安心材料として。

*コマツ<6301> 1753 +43
前日にはCSが投資判断を「アウトP」に格上げで。

*オリックス<8591> 6300 -80
亀井氏の郵政・金融担当相起用などを警戒視も。

*高木証券<8625> 161 -24
前日のTV番組で、金融商品の販売をめぐるトラブルが取り上げられ。

*TOWA<6315> 863 +53
LED関連企業の収益が上向くといった報道を好材料視。

*船井電機<6839> 3980 +150
米小売売上高のコンセンサス比上ブレなどを材料視も。

*nms<2162> 42800カ
岡三では新規に「強気」で60000円目標としている。

*セントケア<2374> 46050カ
上期純利益を0.3億円から1億円に上方修正。

*ファーマライズ<2796> 203700カ
昨日発表した1:3の株式分割を材料視。

*プロパスト<3236> 14400カ
監理銘柄指定解除で警戒感の後退につながる。

*ノジマ<7419> 743カ
上期営業利益を2億円から8億円に上方修正、自社株買いも発表。

*ケムキャット<4106> 1570カ
TOB価格1830円へのサヤ寄せが続く。

*日エスコン<8892> 7890 +990
プロパストのリスク注記解消で新興不動産株への警戒感が後退。

*アルゼ<6425> 1373 +153
米ウィン株がナスダックで連日高騰。

*テンポス<2751> 46400カ +4000
四半期報告書の提出で買い安心感が強まる。

*ネクストHD<2409> 2665カ
継続企業の前提に関する注記解消で警戒感が後退。

*ナノキャリア<4571> 40900 +2900
あすのキャンバス上場を控えて関心が高まる。

*ショーエイ<9385> 223 +29
一部証券紙が新型インフル関連として取り上げる。

*JDC<4815> 1665ウ
信託業務免許の取消と監理銘柄指定で先行き懸念。

*ウインテスト<6721> 38150 -2850
短期的な過熱警戒感強まり、利食い売り優勢に。
2009.9.16先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。