(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.15【見送り姿勢、9月に入って2度目の15億株台】

2009/09/15 11:20|未分類CM:2
めちゃんこ弱い次の日GUしたら売りだよね
とりあえず持ち越し利確して

逆日歩6日分の今日は
ぜってい踏み上げるだろうと思ってた
鈴丹をいじりんこ
意外にもあんまり上がらない
301でブレイクするだろう買いの
313つけた後の310利確
売り禁のインプレスのほうが上がってたし

って言ってる間に
CAが上がってきたんで売り上がり
こいつ寄りで利確したのに
とりあえず107000から売って
ちょい下行ったと思ったら
今度は逆に踏み上げ
めちゃんこ売りまくってハァハァしてたら先物ドーン
なのにCAお構いなーし
更に倍プッシュで危なく死に掛けたけど
やっと下げ始めて利確しましたとさ
他の銘柄売ってたらもっと楽に儲かっただろうに
売り上がりいくない

後場
鈴丹GD!
下で買って戻りで逃げ
こんなもんバカみたいに上げちゃえば
売りが増えて更に上がるのに
もったいない
まあ今日の感じじゃ相当買い戻されてそうなんでパス

途中またCAを10900上で売りまくり
10800付近で買い戻した瞬間
大きな売りが降ってきたとさ

個別がすごい
エディオン、SHO-BI、新日本化学、オンキヨー、日本MDM
日替わり個別相場
個別が動く相場は下がってても面白いね
できればもうちょっと長く踏み上げる感じのほうがいいけど

民主党が八ッ場ダム途中でやめるとか
これからの時代水が一番の資源の時代なんだから
作ってもよくね?
無駄?
まあ普通の日本人に水が資源とか言っても理解できなそうだけど


[株式オープニングコメント]
ボトム水準の不安定な位置で押し目買いを強められるか
 14日のNY市場は上昇。ダウ平均は21.39ドル高の9626.80、ナスダックは10.88ポ
イント高の2091.78で取引を終了した。オバマ大統領が中国製タイヤに追加関税付与
する方針に対し、中国政府も報復処置を表明、貿易摩擦の緊迫化を嫌気して朝方は
下落して始まった。しかし、金融セクターに買いが広がる形で引けにかけて上昇に
転じる展開となった。セクター別では不動産や保険が上昇する一方で家庭用品・パ
ーソナル用品や電気通信サービスが軟調。
 オバマ大統領は、金融危機の再発防止に向けて規制や監督の強化を急ぐ考えを明
らかにしており、金融セクターの上昇につながったようである。シカゴ先物は大証
比で上昇しているほか、円相場は1ドル90円台後半で推移していることもあり、昨日
の大幅下落の反動によるリバウンドをみせてくることになろう。ただし、昨日の大
幅下落によってテーマ銘柄などを手掛けていた個人投資家の投資意欲は急速に冷え
込んだ可能性はある。そのため、指数連動性から主力処の戻りなどがあったとして
も、不安定な状況が続くことも考えられる。テーマ銘柄の多くが、昨日の下落分を
一気に吸収するリバウンドをみせられないと、投資家心理は改善しづらいであろ
う。また、16日の鳩山首相誕生によって、新エネルギーなど政策関連への物色が再
燃してこないと、週内のトレードは消極的にならざるを得なくなりそうだ。
 ただし、日経平均は短いタームでの上げ下げを続け、昨日の下げによってテクニ
カル面は悪化したが、ボトム形成も意識されるところではある。需給妙味の大きい
銘柄などは、カバー狙いの買いの見切りから下げている可能性はあり、需給改善に
よって改めて反転を意識するところでもあろう。押し目待ちに押し目があった状況
であるが、ボトム水準の不安定な位置で押し目買いを強められるかが、注目される
ところである。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYドル円相場、円高一服(90円94銭-96銭)
・NYダウ、小幅反発
・SOX指数、小幅反発
・DRAMスポット、3日ぶり反発
・東証REIT指数、4日続伸
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.010%下落)

弱気材料
・NY債券市場、2日続落(10年債利回り0.07%上昇)
・NY金相場、反落
・LMEニッケル先物、3日続落
・バルチック海運指数、2日続落
・日経平均、大幅続落

留意事項
・NY原油先物、2日続落(1バレル=68.86ドル)
・欧州株、高安まちまち
・鳩山内閣、きょう内定へ
・住友化、農業参入観測
・「四中全会」(北京、18日まで)
・新幹線セミナー(ハノイ)
・8月の英消費者物価指数
・9月の独ZEW景況感指数
・9月の米NY連銀製造業景気指数
・8月の米生産者物価指数
・8月の米小売売上高
・7月の米企業在庫
・バーナンキ米FRB議長講演
・国連総会開幕(NY)

[サポート&レジスタンス]

終値           10202
5日移動平均       10373
標準偏差+2σ      10686
レジスタンス(2)    10471
基準線          10455
25日移動平均      10405
レジスタンス(1)    10337
転換線          10333
ピボット         10254
標準偏差-2σ      10124
サポート(1)      10119
先行スパンA       10064
サポート(2)      10036
先行スパンB        9818
100日移動平均      9800
200日移動平均      8987

[ランチタイムコメント]
大型連休を前に需給要因での反転を意識
 日経平均は小動き。11.64円高の10213.70円(出来高概算8億株)で前場の取引を
終えている。金融株主導によるNY市場の上昇や、円相場が1ドル90円後半で落ち着
いていることあり、昨日大幅安となった反動からのスタートとなった。しかし、戻
りは鈍く、寄り付き直後に10292.47円まで上昇した日経平均は、その後じりじりと
上げ幅を縮めており、一時10183.30円とマイナスに転じる場面をみせている。昨日
下げのきつかった不動産は、反発しているが戻りは鈍く、クレディ・スイスによる
格上げが伝えられた機械セクターの勢いも限られている。輸出関連などをみても、
朝方の戻り一巡後は上げ幅を縮めており、見送り姿勢が強まっている。また、テー
マ銘柄についても、昨日の下げの影響が強く、物色は超低位銘柄などでの短期的な
値幅取り狙いにとどまっている。東証1部の騰落銘柄は、値上り573に対して値下が
り928、変わらず175と、値下がりが全体の過半数を占めている。
 日経平均は昨日の安値水準まで下げたが、これまでのボトム水準との見方から、
ややリバウンドを意識しておきたい。円相場も1ドル91円台に乗せてきていること
も、短期的なショートカバーにつながりそうである。225先物は10240円辺りがネッ
クラインとなっており、再びこのレベルを上放れるかが注目される。下へのバイア
スが強まっているようだが、期末要因からの買い戻し需要が考えられる。特に連休
を控え、逆日歩発生を警戒する流れから売り長の銘柄に、カバー狙いの動きが意識
されよう。テーマ銘柄は昨日の下げによって、シコリを残した面もあるが、取り組
み妙味の大きい銘柄については、需給要因での反転を意識しておきたい。

[クロージング]
見送り姿勢、9月に入って2度目の15億株台
 日経平均は小幅上昇。15.56円高の10217.62円(出来高概算15億5000万株)で取引
を終えている。終日こう着感の強い相場展開が続き、出来高は9月に入って2度目の
15億株台となった。15億株台は、金融不安を強めていった2月以来の低い水準でもあ
り、見送り姿勢の強さがうかがえる。昨日大幅安となった反動からのスタートとな
ったが戻りは鈍く、寄り付き直後に10292.47円まで上昇した後は、じりじりと上げ
幅を縮めて、前引け間際に一時10183.30円とマイナスに転じる場面をみせている。
後場は、この高安の範囲内での推移であった。セクターではやや内需系優勢のほ
か、ドイツによる格上げが伝えられていた不動産や、クレディスイスによる機械セ
クターなどを材料視する動き。東証1部の騰落銘柄は、値上り596に対して値下がり
913、変わらず171と値下がりが過半数を占めているほか、規模別では小型株の弱さ
が目立っており、指数の底堅さに対して、個人の需給悪化が警戒される格好であ
る。
 新政権による閣僚人事が伝えられている。明日の鳩山首相誕生によって、改めて
政治期待を強めてくるかが注目されるところである。これで反応が限られるようだ
と、連休明けまでは積極的な商いは限られ、連休モードに入ることになりそうだ。
また、亀井氏の金融・郵政問題相の内定では、郵政問題を蒸し返すことによって、
改革後退と捉えられるとの見方。民主党が目指す派遣労働の規制強化は、失業率の
上昇につながる恐れがあるとの見方も。企業への規制強化、コスト負担増の動きは
強まる公算が大きく、先行き企業収益へのマイナス要因は多くなりそうである。
 昨日の大幅調整によって、好材料に対する反応は限られる一方で、悪材料に反応
しやすいムードである。政策期待から不安感といった見方に傾きやすい面はあろ
う。物色としては基本的には政策絡みによるハ行色が強まるとみられる。そのほ
か、大型連休を控えて、需給妙味の大きい銘柄へのショートカバーを狙った、短期
的な物色に。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10217.62 +15.56
TOPIX932.52 -1.53
東証2部指数2294.04 -4.80
日経ジャスダック平均1252.82 +1.80
マザーズ指数463.31 +1.59
ヘラクレス指数628.84 -2.96
東証1部出来高15.58億株
東証1部騰落レシオ78.96%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場が小幅ながらも反発した事や、円高一服となっていることを好感
して、日経平均堅調に始まる展開。しかし買い一巡後は戻り売りに押される動き
で、日経平均はマイナスに転じてしまう。その後は戻すものの上値も重く、小幅
高水準での揉み合いが大引けまで続いた。商い低調で様子見感が一層強まってい
るようだ。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、岡三、BNPパリバ、
JPモルガン、安藤、野村。売り越しはメリル、GS、ドイツ、立花、バークレイズ、
UBS、モルガンS、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8574プロミス -46
今日はサラ金株などその他金融株が総じて売られている。昨日米格付け会社のS&P
が8515アイフルと8564武富士の長期債格付けに関して、格下げの方向で見直すと
発表。それを改めて嫌気されており、他のサラ金株へも悪影響を与えているようだ。
また民主党政権で悪影響となる可能性がある業種だけに、新政権組閣へ向け見切り
売りも相次いでいるようだ。同社株に関してはフィデリティ投信が保有株を売って
きている事が、昨日提出された大量保有報告書で判明しており、それもネガティブ
視されている様子。依然大量保有しているだけに、まだまだ売ってくるとの懸念。

4751サイバーエージェント 108500円 +6800
7/8の年初来高値を更新。昨日は久しぶりに大台まで上げてきていたが、今日は大
和は格上げした事が材料視されている。投資判断を最上位とし、目標株価を137000
円とした。同社株に関しては強気なアナリスト見解も非常に多かったものの、最近
は材料視されても買い続かずという動きが多かった。しかしながらここ数日、急に
動きが軽くなってきている。最近まではフィデリティ投信が同社株を売って来てい
た事が株価の重しとなっていたが、ここ数日の軽さを見ると、その売りが止まった
のではとの見方も・・。明日以降の動向が注目される。

6367ダイキン工業 3350円 +160
一時3480円まで買われる場面も前場見られた。同社が新型インフルエンザを100%
分解、除去するストリーマ放電技術について14時半に会見すると、ロイターが報じ
たことをきっかけに前場引けにかけ物色されていたが、後場は上げ幅縮小する展開。
出尽くし警戒感から手仕舞い売りが出て来たようだ。ただ好材料には変わりなく、
今日はCSが同社株を強気継続し目標株価引き上げていたこともあり、押し目買いは
しっかりと入っている様子。しかしながら明日以降上値を追っていくような材料で
もなく、上値追って行くには地合の手助けが必要だと見る向き多し。

4507塩野義製薬 2200円 +100
しっかり。同社が開発中の抗インフルエンザ治療薬「ペラミビル」が、季節性イン
フルエンザの患者に投与するとタミフルに匹敵する効果があることが臨床試験で解
ったと、今朝の読売新聞で報じられている。新型を含めたインフルエンザの新たな
治療の選択肢として期待されると・・・。来年中の発売に真実味が出て来たとの期
待から素直に好感されているようだ。

7819SHO-BI 1022円 +100
遂に大台突破。大台突破となっても達成感は見られずストップ高で引けている。値
動きの軽さから個人投資家中心に物色が続いている状況。ただ17日には人気が予測
される4575キャンバスが新規上場するだけに、ここの物色も明日がピークではと見
る向きも多いようだ。ただ上場後のキャンバスが値動き良くなければ、再びここに
短期資金戻ってくると期待する声も・・・。取りあえず明日大台を維持できるかが
注目される。

===============
◆◇9/16(水)の主な予定!◇◆
===============
日銀金融政策決定会合(~17日)
特別国会召集(~19日)
鳩山由紀夫民主党代表が第93代内閣総理大臣に就任し新内閣発足予定
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米8月消費者物価指数(21:30)
米8月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米9月NAHB 住宅市場指数(17日2:00)
米オバマ大統領と加ハーパー首相が首脳会談(ワシントン)
[動いた株・出来た株]

*電産コパル<7756> 1289 +81
スピード調整一巡感、買い戻し活発化への期待感継続。

*HIS<9603> 1977 +101
業績下方修正も織り込む、円高メリット期待も。

*日清製粉<2002> 1222 +56
小麦価格の下落などをプラス材料視とも。

*東洋精糖<2107> 138 +6
引け後に業績上方修正が発表されているが。

*新光電工<6967> 1846 +78
大幅売り長な取組状況など需給面が手掛かりに。

*日本写真印刷<7915> 5040 +210
色素増感型太陽電池の開発に成功とも発表。

*CKD<6407> 633 +25
東海東京では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

*東洋水産<2875> 2345 +90
7月急騰以前の水準では下げ渋り、リバウンド試す展開へ。

*サニックス<4651> 172 -11
株価急伸後の安値水準割り込んで見切り売り強まる。

*富士紡<3104> 143 -7
本日はマスク関連の材料株が下げ目立つ。

*プレス工<7246> 185 -9
足元では信用取組なども悪化傾向となり。

*ヤマタネ<9305> 152 -7
信用買い残整理の動きも強まる形に。

*ノエビア<4916> 984 -86
期末権利落ちで処分売りが先行。

*TOWA<6315> 810 +26
LED製造装置が10%以上上ブレとも一部伝わっている。


(前場)
*日本MDM<7600> 333 +53
スピード調整一巡感で押し目買い、骨接合材料の独自開発期待で。

*東京特殊電線<5807> 113 +10
急動意も特に材料観測されず、低位材料株循環物色の流れ波及か。

*新日本科学<2395> 796 +67
大型連休接近で、好取組銘柄には踏み上げ期待の動き強まりやすく。

*ダイキン工業<6367> 3460 +270
新型インフルウイルスを100%分解・除去する技術を開発と。

*香川銀行<8556> 386 +23
徳島銀行と持株会社設立、株式交換比率にさや寄せへ。

*日本ケミコン<6997> 351 +19
株式新聞で取りあげられている。

*日本M&A<2127> 472000 +24000
野村では中小型マンスリーで取りあげている。

*パスコ<9232> 181 +9
テクニカル妙味などとはやす声はあるが。

*エディオン<2730> 805 +34
あらためて業界再編期待の高まりが手掛かり材料とも。

*鈴丹<8193> 319 +13
逆日歩警戒などで売り方の踏み上げ誘う動きにも。

*東京建物<8804> 503 +20
ドイツでは「セル」から「ホールド」に格上げ、600円目標としている。

*学習研究社<9470> 223 +8
鳩山首相誕生控えて、改めて民主党政策関連として期待感。

*フェイス<4295> 13680 +480
TOB実施の吉本興業が大株主であり思惑も高まるか。

*キヤノン<7751> 3570 +120
米HPとの複写機事業業務提携を評価材料として。

*塩野義製薬<4507> 2165 +65
開発中のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」に対する期待感再燃と。

*東急不動産<8815> 430 +12
ドイツでは「セル」から「ホールド」に格上げしている。

*三井造船<7003> 254 +7
船舶鋼板3割値下げ報道などをポジティブ材料視へ。

*徳島銀行<8561> 402 -46
香川銀行との株式交換比率にさや寄せへ。

*フージャース<8907> 11310 -1280
ダヴィンチショックで中小型不動産の下げ続く。

*タカラレーベン<8897> 425 -47
中小型不動産株の一角として売り対象になる。

*ランド<8918> 92 -9
昨日は中小型不動産のなかで相対的に底堅さも目立ったが。

*インプレス<9479> 333 -32
連日の株価急騰に短期的な過熱警戒感広がる。

*アイフル<8515> 209 -18
S&Pでは長期格付けを格下げ方向で見直しと。

*ピクセラ<6731> 364 -26
直近急騰の反動による手仕舞い売りの動きが継続へ。

*プロミス<8574> 694 -45
アイフルの格下げ懸念映して、消費者金融各社が連れ安。

*飯田産業<8880> 1645 -95
昨日好決算を発表も短期的な出尽くし感につながる。

*巴コーポ<1921> 244 -14
短期資金の回転早く、昨日株価急伸の反動安へ。

*CSKHLDG<9737> 354 -20
引き続き、増資に伴う株式価値の希薄化を嫌気する動きへ。

*キッツ<6498> 444 -25
昨日は上方修正を好感で上昇も、本日は利食い売りが先行へ。

*長谷工<1808> 89 -5
引き続き、MSCB発行による需給・希薄化懸念で。

*日本マタイ<8042> 107 -6
レンゴーが完全子会社化、株式交換比率にさや寄せ。

*シキボウ<3109> 218 -12
ダイワボウとともに下げ目立つ、信用買い方の処分売り優勢か。

*東栄住宅<8875> 931 -47
好決算を発表した飯田産業の株価下落も目立ち。

*リサP<8924> 71600 -3600
ダヴィンチの株価下落も止まらず、警戒感波及の展開に。

*ダイワボウ<3107> 387 -19
ダイキンのインフルウイルス除去技術なども手控え材料視か。

*アコム<8572> 1570 -70
アイフルと武富士のS&Pクレジットウォッチ指定で。

*ジェイテクト<6473> 1134 -48
CSでは投資判断を「ニュートラル」から「アンダーP」へ格下げ。

*みずほFG<8411> 198 -2
米大統領の金融規制強化発言なども警戒材料で。

*新日本製鉄<5401> 333 -6
船舶鋼板3割値下げ合意との報道も嫌気材料へ。

*電気化学工業<4061> 407 -3
好材料相次ぎ昨日人気化した反動も。

*日本航空<9205> 173 -3
UBSでは、資本増強だけでは不十分とも。

*NTN<6472> 397 -8
公募株受渡期日を迎え、短期的な需給悪化へ。

*大垣共立銀行<8361> 342 -6
本日が公募売出株の受渡期日となっており。

*エルピーダ<6665> 1230 +30
公募増資の発行価格1152円に決定で安心感も台頭へ。

*ホンダ<7267> 2805 +25
二輪車免許制度の変更要請報道で、二輪車販売の回復期待に。

*トヨタ<7203> 3750 +10
為替市場の落ち着きを映して買い安心感も強まる。

*コマツ<6301> 1705 +3
CSでは投資判断「アウトP」格上げ、目標株価2000円に。

*三井不動産<8801> 1785 +17
ドイツでは「セル」から「バイ」に格上げ、目標株価2100円としている。

*花王<4452> 2280 -45
上半期営業益上ぶれ観測報道伝わるが、想定の範囲内との見方。

*三菱総研<3636> 2820 -210
昨日は寄り付き後伸び悩む、初値取得組などの見切り優勢か。

*サンセイ<6307> 117 +13
先週末より動意、水産関連の一角として矛先向かう格好か。

*ケムキャット<4106> 1370カ
住友鉱などがTOBを実施、TOB価格の1830円にサヤ寄せへ。

*ゴールドパック<2589> 1193 +187
通期営業利益を5.4億円から7.5億円に上方修正、配当見送りも撤回。

*アドアーズ<4712> 205 +15
ネクストHDが新たに200万株を市場取引で買い付ける見通し。

*ネクストHD<2409> 2265カ
前日に決算発表、今期見通しは四季報予想など上回る。

*ナノキャリア<4571> 38000カ +4000
17日のキャンバス上場接近で類似企業として関心高まる。

*ビリングシス<3623> 136100 +10900
環境省カーボン・オフセットモデル事業への採択を好感。

*サイバーエージ<4751> 106400 +4700
大和では投資判断を「2」から「1」に格上げ。

*PSS<7707> 183000 +12400
いちよしでは目標株価を22.4万円に引き上げている。

*セイクレスト<8900> 492 -100
ダヴィンチやアルデプロの急落に連れ安へ。

*メガネスーパー<3318> 157 -25
決算発表受けて前日急騰も進捗率などにはサプライズ乏しく。

*テンポス<2751> 42800 -3200
四半期報告書の提出遅延を嫌気。

*JDC<4815> 1665ウ 売停
信託業務免許の取り消し観測報道受けて先行き不透明感。

*アルデプロ<8925> 990ウ
決算発表の延期を発表で警戒感が強まる状況に。

*トライステージ<2178> 3240 -250
8月の月次売上高は期待ほど伸びず。

*ダヴィンチ<4314> 10350ウ
前日に続いて、ローン期限延長協議の合意困難を嫌気。

*中小投資<2318> 102 -8
前日の長い上ヒゲ出現で上値の重さ意識へ。

*CHINTAI<2420> 29210 -1790
前日に決算発表、5-7月営業増益転換も好反応限定的。

【訂正-後場】
ノエビア<4916> 984 -86
(誤)中間期末権利落ちで処分売りが先行。
(正)期末権利落ちで処分売りが先行。
9月15日(火)

H「日経平均は取りあえず反発したものの、15円高って・・。しかもTOPIXはマイナス引けだ。」

K「ああ。相変わらず弱い動きだ。というより参加者かなり減っており手控え感強い状況だ。」

H「やはり新内閣発足を前に動きにくいと言う訳か・・。」

K「当然それもあるだろうが、それだけでなくやはり9月中間期末近いということもあるだろう。それに今年は大型連休もあり、機関投資家は動きにくい。」

H「まあ連休中に米国でFOMCもあるだけに尚更だな。」

K「それに今の株価は中途半端と見る向きも多い。もっと下げれば買いたくなる向きも多そうだが、この水準では非常に中途半端だ。」

H「確かにそれは言える。ただ米国市場ではナスダック、S&P500は年初来高値更新だぞ。日本株に出遅れ感も強まっているんじゃないのか・・・。為替も今日は円高一服感見られていたし・・。」

K「そうだな。更にいえば、昨晩の米国市場では景気回復に期待した実需の買い注文も結構入っていたようだ。日本株だけ置いて行かれているような状況だな。」

H「だろ。それだけに近いうちに日本株の実需の買いも入ってくる可能性あるだろう。」

K「どうだろうな。期待はかなり乏しいと言える。その為にはやっぱり為替がもっと円安へと戻していかないとな。」

H「為替の期待は乏しそうだ。今の時期は円買い需要が多いようで、そうそう円安へと振れにくい。まして民主党は円高容認と海外勢に受け止められているようだし・・・。」

K「今日は円高も一服感見られているが、まだまだ油断は出来ないだろう。結局円高懸念が拭えない以上、輸出株主導の日本株は買いにくいと言うのが海外勢の本音だろう。」

H「なるほど。かといって内需株なら買えるって訳でもないからな。」

K「内需に関しては一部業種は景気対策によって恩恵を受けているものの、先行きはかなり不透明だろ。新政権が今後どのような政策を実際に行っていくのか見極める必要もあるだろうし・・。」

H「まあ短期資金ならともかく長期資金などの実需筋はやっぱり新政権の政策が見えてこないと動けないか・・。」

K「公約は解っていても、実際に実行されるか不透明な事も多く、実行されるとしてもある程度見直される可能性は高い。それを見極めてからで無いと、投資銘柄すら決められないだろう。」

H「確かにそうかもな。まあ明日には新政権が正式に発足する。まずはその後の海外勢の動向が注目だな。」

K「ああ。ただ新政権発足してもそれほど動きが出てくるとも思えないけどな。結局、来月頭の日銀短観までは海外勢もまともに動けないんじゃないか。」

H「となれば、それまでこんな不安定な相場が続くのか・・。」

K「そうかもな。といっても大型連休あるだけに、あと何日もない。その間、相場下げずに揉み合っていれば良いけどな。」

H「どうだろうか・・・。逆に大きく動いた方が、回転が利くだけに後のこと考えれば良いんじゃないか。方向性の無い揉み合い相場だと、物色銘柄も乏しいし資金が止まってしまう。」

K「確かにそれは言えるな。ただあまりに下げたりすれば、後々戻していくとしてもシコリが邪魔となる。まあ基本的にはレンジ相場が好ましいかもな。ある程度の値幅で動いていれば、それなりに回転利くだろうし。」

H「日経平均でいうならば10000円から10500円でのレンジ相場と言う感じか・・。その中を大きく行ったり来たりする相場なら確かに悪くはないかもな。」

K「その間、新興市場が派手に上昇していくというのが好ましい。まあ無理な話だが・・。」

H「ただ高値更新している新興銘柄も幾つか見られているし、新興市場物色が広がっていって続いていくということもあり得ない話でもないだろう。」

K「拡がりを見せてくる期待は乏しいだろう。それだけに新興市場物色というよりは個別株物色ということだ。」

H「まあ最近はずっと個別株物色相場が続いている格好だ。ただ個別株物色にテーマが無く、ある意味バラバラとも言える状況だろう。」

K「ああ。ある意味、日替わり的にという感もあり狙いにくさも強い銘柄も結構多い。」

H「流動性低い銘柄も多いしな。結局、個人投資家の短期資金中心の相場になっているような感じだな。」

K「それはあるかもな。ただその個人投資家も連休前となれば手仕舞いに動きやすいと言えるだけに週末はそう言う銘柄も警戒かもな。」

H「そうだな。今日は米国市場で重要な経済指標があるだけに、無事通過して欲しいモンだな。今、米国市場が波乱となると日本株は非常に厳しい。」

K「ああ。買い注文が全体的に乏しい状況だけに過剰に反応する懸念はあるからな。ただ最近の米国市場の底堅さを見ていると波乱にはなりにくいけどな。まあたった一つの悪材料で流れがガラッと変わることもあるだけにあり得ない話でも無いんだが・・。」

H「取りあえず米国市場どういう結果で返ってくるのか注目したい。」

K「為替もな・・。」
2009.9.15先物チャート
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/09/15(火) 13:19 [ 編集 ]
こちらこそよろしくお願いしますv-363
ミャンコ先生。 #9fn0MV6o|2009/09/15(火) 19:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。