(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.7【明日も好需給銘柄のカバー狙い】

2009/09/07 11:12|未分類CM:0
失業率上がったが
雇用統計が予想を上回り
事前に警戒されていたこともあり上昇

為替は93円まで戻し円安
日本も売られすぎた分GU
NYが休みってことで動きなし

持ち越しは全部GUと行きたいところだけど
一個GDしやがったオンキヨー
戻りチャラで売ったら
そのまま爆上げ
こういうNYが休みの日は個別が動くんでしょうがー
アホ

後場
色々買ったら伸びた
オンキヨーS高で買って
弱いんでS高で売ってたら
崩れてカットした


[株式オープニングコメント]
材料株中心にならざるを得ない状況
 4日のNY市場は上昇。ダウ平均は96.66ドル高の9441.27、ナスダックは35.58ポ
イント高の2018.78で取引を終了した。売り先行で始まったものの、8月雇用統計で
非農業部門雇用者数が21万6千人減と予想より軽微にとどまったことが好感され、上
昇に転じている。セクター別では全面高となっており、特にメディアや運輸の上昇
が目立った。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比145円高の10335円、円建ては
同140円高の10330円。ADRの日本株はブリヂストン、日電産、パナソニック、ソ
ニー、京セラ、トヨタ、キヤノン、任天堂、三菱商など対東証比(1ドル93円換算)
で全般堅調。
 NY市場の上昇を受けて、辛うじて8月安値水準で踏ん張りをみせていた日経平均
は、タイミング的にはちょうど良いところでのリバウンドをみせてきそうである。
しかし、このレベルで底打ちとみる向きは少なく、目先的には週足の一目均衡表の
転換線が位置する9850円辺りが意識されている。そのため、いったんは1万円割れな
ど、もう一段の調整がないと押し目買い意識は強まりづらいというところであろ
う。米レーバーデー明け後には海外資金の流入が期待されるが、週末には先物・オ
プションSQを控えていることもあり、全体としてはSQに絡む商いが中心とな
る。上値追いには慎重になりやすくなるため、物色としては材料株中心にならざる
を得ない状況であろう。
 テーマ銘柄については、次世代電池、太陽光発電などに一服感が出ているなか、
LED、タッチパネル、スマートグリッド、クロマグロ、新型インフルエンザ(マ
スク→薬品→医療機器→食品(食糧備蓄・健康管理))などのテーマ銘柄の循環が
みられている。出遅れ感の出ている銘柄や調整一巡感の出ている銘柄については、
見直しの動きがあろう。次第に9月期末の権利取りの動きや10月2日に開催地が決定
するオリンピックなどの関連銘柄への注目も強まることも考えられる。また、日経
平均の入替えの発表が今週辺りに行われる可能性もあり、組入れ・削除が予想され
る銘柄へは思惑的な物色がみられそうである。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、2日続伸
・SOX指数、2日続伸
・欧州株、反発
・バルチック海運指数、小幅続伸
・DRAMスポット、5日続伸

弱気材料
・8月の米失業率、約26年ぶりの水準に悪化
・NY債券市場、2日続落(10年債利回り0.09%上昇)
・NY金相場、4日ぶり反落
・LMEニッケル先物、反落
・日経平均、3日続落
・東証REIT指数、4日続落
・長期金利、上昇(10年債利回り0.025%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(93円05銭-07銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=68.02ドル)
・鳩山新政権、主要人事固まる
・8月の携帯電話契約件数
・米国市場休場(レーバーデー)

[サポート&レジスタンス]

終値           10187
5日移動平均       10341
標準偏差+2σ      10683
転換線          10455
基準線          10455
25日移動平均      10410
レジスタンス(2)    10309
レジスタンス(1)    10248
ピボット         10196
標準偏差-2σ      10137
サポート(1)      10135
サポート(2)      10082
先行スパンA        9819
100日移動平均      9709
先行スパンB        9705
200日移動平均      8929

[ランチタイムコメント]
需給妙味の大きい銘柄を攻めたいところ
 日経平均は4営業日ぶりに反発。103.67円高の10290.78円(出来高概算7億株)で
前場の取引を終えている。週末のNY市場では雇用統計の内容が予想ほど悪くなか
ったことが好感されて上昇していたこと、円相場が1ドル93円台と円高がやや一服し
ていることなどを手掛りに反発して始まった。しかし、日経平均は寄り付き直後に
10309.55円をつけた後はこう着感を強めており、10270-10300円レベルでの狭いレン
ジ取引が続いている。上海市場を手掛りにリバウンドを試すかにみられたが、上値
追いの動きは限られている。東証1部の騰落銘柄は値上り933に対して値下がり565、
変わらず167と、値上り数が過半数を占めている。セクターでは不動産、ゴム製品、
機械、海運、鉄鋼、電気機器、非鉄金属が上位に。一方、その他金融、陸運、保
険、小売、電力・ガスなど、先週比較的に堅調であった内需・ディフェンシブ系は
利食いに押されている。
 日経平均は5日線のほか、ボリンジャーバンドのマイナス1σレベルでの攻防となっ
ている。ただ、ボリバンのマイナス1σをサポートに変えつつあるため、5日線を確実
に上放れてくるようだと、中心線(25日)が位置する10400円レベルへの意識を強め
やすい面はある。レーバーデーによる影響から海外勢の動きは鈍く、積極的に上値
を追う地合いでもないが、需給妙味の大きい銘柄などへはショートカバーとみられ
る動きもみられている。不動産セクターの強さが目立つが、オフィス市場の悪化に
改善の動きがみられてきているとの見方が材料であるものの、三井不、三菱地所を
みても信用倍率は1倍を下回る売り長である。結局のところはショートカバーの動き
であろう。信用倍率1倍割れの銘柄を攻めたいところである。

[クロージング]
明日も好需給銘柄のカバー狙い
 日経平均は4営業日ぶり反発。133.83円高の10320.94円(出来高概算15億1000万
株)で取引を終えている。週末のNY市場では雇用統計の内容が予想ほど悪くなか
ったことが好感されて上昇していたこと、1ドル93円台と円高がやや一服しているこ
となどを手掛りに反発して始まった。しかし、出来高が増加しない状況からみてと
れるように、その後はこう着感を強めており、10270-10300円レベルでの狭いレンジ
取引が続いている。大引けにかけてはポジション調整とみられる動きから高値レベ
ルで取引を終えているが、225先物などは30分の間に1ティック(10円)しか動かな
い場面もあった。
 物色としては、需給妙味の大きい銘柄などへはショートカバーの流れが強まって
いるほか、仕手系色の強い銘柄や低位材料株などには値動きの軽さを狙った物色も
みられている。セクターでは、不動産の強さが目立つ。オフィス市況の改善の動き
が手掛り材料であることに加え、三井不、三菱地所をみても信用倍率は1倍を下回る
売り長である。結局のところはショートカバーの動きであろう。明日も米レーバー
デーの影響から動きづらいところでもあり、信用倍率1倍割れなどの銘柄を攻めたい
ところである。また、日経平均はボリンジャーバンドのマイナス1σレベルをクリア
してきており、目先的には25日線レベルをうかがう流れが期待される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10320.94 +133.83
TOPIX944.60 +8.86
東証2部指数2294.14 -1.42
日経ジャスダック平均1246.96 +0.62
マザーズ指数439.62 -5.10
ヘラクレス指数633.63 +2.42
東証1部出来高15.17億株
東証1部騰落レシオ88.20%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は続伸。雇用統計は雇用者数は予測より改善したものの、失業
率は悪化したため、米国市場は売り買いが交錯して始まった。しかしながらショ
ートカバーの動きにより結局は上げていく展開となり、ダウは一時100ドル以上
も上げる場面も。為替も円高一服となっており日経平均は大きく上昇して始まる。
ただ寄り後は上値追えずに揉み合い。参加者乏しい模様で狭いレンジでの揉み合
いが前場引けまで続いた。後場も同様の展開だったが後半はショートカバーの動
きも見られ日経平均やや上げ拡大。ほぼ今日の高値圏で引けている。日経先物の
主な買い越し証券はクレディスイス、大和、ソシエテ、バークレイズ、ドイツ、
三菱UFJ、野村、UBS。売り越しはBNPパリバ、カブコム、ニューエッジ、立花、
モルガンS、SBI、マネックス、JPモルガン、松井など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2193クックパッド 27500円 -4000
ストップ安。先週末引け後に同社は1Q決算を発表。特段サプライズはなく、一部
で期待されていた上方修正や株式分割が無かったことを嫌気されているようだ。
ある程度の好業績は当然織り込まれていただけに、計画通りの決算では失望抱か
れるのも仕方ないと・・・。決算も通過し暫くは買い材料が乏しくなるだけに、
株価的にも調整色強い状況が続きそうだと見る向き多い。

5631日本製鋼所 1174円 +89
大幅反発。今日は原発関連株にしっかりの銘柄が目立っている。三菱重工が大手
原発メーカーの仏アレバに出資検討との報道が刺激になっている面もあるようだ。
また同社に関しては中国での受注拡大が報じられているようで材料視されている。
先週までは連日売り込まれていたこともあり、今日はリバウンドのきっかけとな
った模様。CO2排出削減問題で原発への見直し基調が強まってくるとの見方も
・・・。

7613シークス 714円 -4
軟調ながら底堅い動き。先日のJPモルガンに続いて、今日は三菱UFJFGが同社株を
新規で大量取得したことが5%ルールで判明している。同社株は決算説明会以降、
LED関連事業への期待から派手に買われてきたが、その際買っていたのは個人投資
家だけでなく機関投資家の買いがここまで買われた要因だったとの見方が、JPモ
ルガンと三菱UFJFGの大量保有報告書により強まっている。それだけに押せば買い
たい向きもまだまだ多そうだと見る向き多い。

8913ゼクス 1390円 +10(最終気配)
株価は1580円の+200が最終約定値となっているが、大引けでは1390円特別売り気
配となっている。同社は前場買われてストップ高で張り付いていたが、13時45分
に第三者割当増資と新株予約権発行を発表。この発表を受け、東証は即座に売買
停止に。その後、売買停止が解除されたものの、売り注文集まっており特売りで
大引けまで寄りつかず。比例狙いの買い注文を入れていた向きは、東証が売買停
止にしたことが幸いしたようだ。少しでも売買停止が遅れていれば、ストップ高
で約定していた可能性非常に高い。このファイナンスにより発行株数が最大で
約2.4倍に増える事から希薄化を嫌気されている。

8574プロミス 749円 -67
下げ止まらない。今日もサラ金株が総じて派手に売り込まれている。機関投資家
のロスカットが出ているとの見方もあるようだ。また本日、日興Cシティが同社
の目標株価を690円まで引き下げたことも売り材料になっている様子。利息返還
請求は一向にピークアウトしておらず、来年6月からスタートする総量規制の影
響で融資残高が大幅に減少することが予想出来る。今後は銀行傘下の消費者金融
会社に対する社会的な風当たりが強まりそうだと・・・。

3436SUMCO 2080円 +111
大幅上昇。先週末発表した決算を嫌気し、朝方は売り優勢で始まったものの、寄
り後は買いが優勢の展開。ショートカバーの動きも手伝い結局大幅高で引けてい
る。今期業績見通しは大幅な赤字計画だが、悪材料で尽くし感も強いようだ。ま
たこの決算を受け、目標株価を引き上げる証券会社が相次いで見られていること
も、買い材料になっているようだ。同業他社と言える4063信越化学工業も大幅高
となっており年初来高値を更新している。

6731ピクセラ 298円 +80
ストップ高。先週末同社はイオンと協力し5000円を切る地デジチューナーを開発、
ジャスコ、サティなど全国481店舗で販売すると発表しており、材料視されてい
るようだ。同社株は過去にも地デジ関連として何度か派手に物色された経緯があ
る銘柄だけに、この手の材料には市場も反応しやすい模様。今日は殆どザラバ寄
っていないため、明日以降ザラバ動向が注目だと・・・。

6255エヌピーシー 2340円 -200
軟調。先週末の日経新聞では2010年8月期の営業利益は前期想定比2割程度の減益
となる見通しだと報じている。6期ぶりの営業減益とあって失望感も強いようだ。
今までの決算からも受注鈍化は指摘されており、今期営業減益もある程度は警戒
されていた。しかしながら2割減益というのは想定以上との見方も・・。以前か
ら報じられていたが、欧州の太陽電池パネル市場は供給過多となっており踊り場
を向かえている。その影響も強い様子。ただ2011年以降は北米や中国市場での需
要拡大が期待できると見られている。

===============
◆◇9/8(火)の主な予定!◇◆
===============
9月月例経済報告
7月国際収支(8:50)
8月マネーストック(8:50)
8企業倒産件数(13:30)
8月景気ウォッチャー調査(14:00)
丸善、イハラケミカル、ストリーム、アスカネット、サーラ住宅など決算発表
米3年債入札(380億ドル)
米7月消費者信用残高(9日 4:00)
中国国際投資貿易商談会(中国・福建省 ~11日)
[動いた株・出来た株]

*SKジャパン<7608> 301 +80
目立った材料見当たらないが、子供手当て給付での期待銘柄とも。

*有楽土地<8838> 306 +29
中小型不動産株の上昇が刺激となる。

*メガネトップ<7541> 1740 +115
引き続き、足元の既存店好調などを評価材料に。

*カヤバ工業<7242> 290 +19
安値期日なども控えて踏み上げ狙いの動きが続く。

*日鉄鉱業<1515> 492 +28
低PBRの資源関連株として見直しの動きが強まる格好に。

*三井海洋<6269> 2030 +115
海洋資源開発などにも民主党政策期待の流れが波及と。

*ミネベア<6479> 439 +24
信用倍率大幅売り長銘柄、株価反発で短期ショート筋の買い戻しか。

*東邦亜鉛<5707> 497 +27
非鉄市況のなかでも、足元は亜鉛市況の上昇が目立っており。

*イワキ<8095> 305 -14
新型インフル関連には全般的に見切り売りが優勢で。

*日本化学<4092> 284 -13
直近での株価急騰の反動安が続く格好に。

*田辺三菱<4508> 1174 -48
インフル関連が全般軟調な動きにも押される。

*エムジーホーム<8891> 127700 -20200
短期的な過熱警戒感も強まって利食いの動きが活発化へ。

*森尾電機<6647> 200 +13
鉄道車両関連の低位材料株として短期資金が物色へ。

*TOWA<6315> 727 +53
大引けにかけて上げ幅広げる、LED関連として人気化続く。

(前場)
*サンシティ<8910> 3180 カ
先週末から急動意、中小型不動産株の出遅れとして資金向かう格好か。

*ピクセラ<6731> 298 +80
先週末、イオン向け地デジチューナー発売と発表している。

*ゼクス<8913> 1580 +200
環境関連事業への取り組み強化など発表以降は上値追いの動き継続で。

*日神不動産<8881> 506 +46
不動産株高のなか、信用安値期日なども接近で。

*蛇の目ミシン工業<6445> 78 +7
産業用ロボ海外へ攻勢、代理店100店体制になどと一部伝わっている。

*東栄住宅<8875> 910 +68
先週末に決算発表、同時に継続企業の前提に関する注記解消も発表で。

*ハルテック<5916> 108 +7
特に材料は観測されず、調整一巡感から低位材料株循環物色の流れに。

*ケネディクス<4321> 52600 +3050
豪金融サービス大手と共同で総額1千億円の新ファンドを設立とも。

*NTT都市開発<8933> 93800 +5400
バークレイズでは、空室率の低下受け出遅れ賃貸関連に注目とも。

*ブラザー工業<6448> 1028 +59
メリルやマッコーリーなど投資判断2段階格上げの動きが直近相次ぎ。

*木村化工機<6378> 1058 +59
三菱重工のアレバ出資検討報道が思惑材料視される。

*日本製鋼所<5631> 1148 +63
中国で想定以上に受注の商談が集まっているとの一部報道も。

*小糸製作所<7276> 1279 +58
テクニカル妙味が強いとして一部ではやされる。

*アルプス電気<6770> 659 +29
タッチパネル関連としての期待感は徐々に高まる方向で。

*富士電機<6504> 185 +8
「グラフェン」の研究に乗り出すなどとも報じられており。

*きもと<7908> 671 +28
タッチパネル関連として先週末より人気化の動きで。

*日立造船<7004> 120 +5
急ピッチの株価下落で自律反発狙いの動き先行へ。

*ランド<8918> 96 +4
先週後半にかけての中小型不動産株の強い地合いが継続で。

*THK<6481> 1773 +73
信用倍率低水準、全体相場先高感のなかでは買い戻し優勢に。

*大同工業<6373> 172 +7
先週末から急動意、値動きの軽い低位材料株として追随買い。

*イビデン<4062> 3350 +130
インテルCEOの先行き楽観コメントなど手掛かりにも。

*宝HLDG<2531> 649 +25
みずほでは投資判断を新規に「1」、770円目標としている。

*荏原製作所<6361> 416 +16
調整一巡感も強まってショートカバー優勢の展開に。

*NOK<7240> 1383 +53
レジスタンスライン突破で朝方から買い戻しの動き先行と観測。

*三菱地所<8802> 1589 +57
CBREによる8月のオフィス空室率はサブプライム以降初の改善と。

*東芝<6502> 483 +17
最先端LSIの生産海外委託との報道も好材料視へ。

*新光電工<6967> 1860 +62
イビデン同様に米インテル株高などを好材料視へ。

*SBI<8473> 20830 +670
日経平均採用候補の一つとして思惑買いの動きにも。

*アイフル<8515> 228 -25
総量規制による今後の貸出残減少懸念や民主党政策リスクなどで。

*大末建設<1814> 37 -4
民主党政策リスクを警戒して、100円割れの建設株で安いもの目立つ。

*東亜道路工業<1882> 142 -14
道路株にも公共工事の減少懸念が引き続き強まる状況で。

*プロミス<8574> 748 -68
日興シティでは目標株価を850円から690円に引き下げへ。

*新日本科学<2395> 817 -63
先週末には長い上ひげ示現、リバウンドにも一巡感。

*シキボウ<3109> 228 -13
全般的にインフル関連銘柄には利益確定の動きが強まる格好へ。

*エルピーダ<6665> 1114 -60
引き続き、増資実施に伴う希薄化懸念などを警戒視する動きが優勢で。

*ダイワボウ<3107> 407 -20
WHOでは、新型インフル感染拡大でもさらなる深刻化はないとも。

*ザッパラス<3770> 179000 -7000
第1四半期好決算評価の動きにも一巡感強まり。

*武富士<8564> 439 -16
独立系の消費者金融として政策リスクなどがより意識される状況にも。

*みずほFG<8411> 209 -1
世界的な自己資本規制強化の動きを引き続き警戒視も。

*長谷工<1808> 108 +1
日経平均新規採用候補の一社でもあり。

*大和証券<8601> 515 +7
先週末急落で押し目買い、CSでは株価過剰反応とも。

*新日本製鉄<5401> 350 +6
経済産業省では7-9月期の粗鋼生産見通しを上方修正と伝わる。

*GSユアサ<6674> 791 +10
三菱自によるプジョーへの電気自動車供給報道も手掛かりに。

*電気化学工業<4061> 369 -12
信用取組なども悪化傾向、インフル関連沈静化の流れで。

*三菱重工業<7011> 370 +6
仏原子力アレバへの出資検討報道を材料視も。

*三菱自<7211> 164 +3
仏プジョーに電気自動車供給などと報じられている。

*トヨタ<7203> 3870 +20
為替の落ち着きなど背景に、自律反発目指す動きにも。

*SUMCO<3436> 1996 +27
先週末の決算発表受けて、野村や日興シティでは目標株価引き上げへ。

*石井表記<6336> 1175 -193
上半期は一転赤字転落、通期営業損益も10.9億円の黒字から4.6億円の赤字に。

*Jトラスト<8508> 181 -27
消費者金融株安の流れに押される、信用買い残も重しで。

*アビックス<7836> 8150カ
出遅れLED関連銘柄として関心向かう格好に。

*アウトソシング<2427> 47150カ
一目均衡表雲下限での反発でリバウンド期待高まる。

*明豊エンター<8927> 237カ +50
不動産関連物色の動きが波及へ。

*ナトコ<4627> 572カ +80
通期予想を上方修正、営業益は1.6億円の赤字予想から2.1億円の黒字に。

*テラ<2191> 1634 +149
タカラバイオ株の急騰が刺激材料に。

*Eキャッシュ<3840> 21200カ
先週末に続いて第三者割当増資による財務体質改善期待。

*タカラバイオ<4974> 251700 +28200
みずほでは投資判断を新規に「1」、目標株価29.8万円とする。

*ロングライフ<4355> 29860カ
第3四半期累計営業利益は通期予想を超過へ。

*日本通信<9424> 16200 +1200
7月の安値接近で、打診買い的な動きにも。

*アルトナー<2163> 950ウ
今期営業損益をトントンから6.8億円の赤字に下方修正。

*日エスコン<8892> 8440 -1000
先週末の急速な伸び悩み受け、利食い売りなど優勢に。

*ペッパーフード<3053> 61500 -9500
食中毒事故発生、O-157が検出と。

*クックパッド<2193> 27900 -3600
先週末決算発表だが、株式分割発表されず失望売りとも。

*エヌピーシー<6255> 2320 -220
今8月期営業利益は6期ぶりの減益になるとの観測報道を嫌気。
9月7日(月)

H「週明けの日経平均は大幅な反発となった。ただその割に実態は伴っておらず派手に上げたと言う印象も乏しく感じる。」

K「まあ商いが伴っていないからな。ただ取りあえず反転したのは好感出来る。先週は軟調気味で日経平均も1万円割れ覚悟した市場関係者も多かったようだからな。」

H「ああ。ただ色々な話を聞く限り、日経平均1万円割れの水準で押し目買いを狙っていた向きは非常に多いようだ。そう言う向きにとってみたら、今日の反発は残念だろうな。」

K「ただ、今日の反発で1万円割れがなくなった見る向きは殆どいない。それだけに市場は楽観ムードになっているわけではなく、戻り売りスタンスで挑む向きも多いようだ。」

H「先週末発表された米雇用統計は雇用者数は予測より改善しており好感できる数字だったと言える。ただ失業率が予測より悪化してしまい、何とも判断しにくい結果となった。」

K「ああ。好感出来る面もあれば、懸念される面もある。この雇用統計をうけ、まず反応したのが為替市場だ。一気に円高へと進んだが、ドル売り一巡後は今度は一転して急速に買い戻された。ドル円相場は雇用統計発表前の水準以上に買い戻されて乱高下だ。結局、雇用統計発表前の水準に落ち着いた。しかしその後米国市場が上昇したため、円安へと進行したと言う感じだな。」

H「その米国株式市場も、寄り付き後は雇用統計をどう判断して良いのやら迷っているような展開だった。前日終値近辺での揉み合いが暫く続いていたからな。まあ結局はその後派手に上昇したもののショートカバーによる上昇面が強そうだ。」

K「そのようだな。失業率悪化を受け、ショートポジション取った短期資金が下げないことから買い戻しに動いてきたと言う感じだろう。また3連休前と言うこともあり売り方の利食いによる買い戻しも入りやすかったといえる。先週の米国市場は週末を除き軟調気味だったからな。」

H「そうだな。雇用統計を受け一段安を期待した売方も多かったようだし、それが不発に終わったことから買い戻して来た面もあるようだ。まあ内容はともかく雇用統計を受けて米株は上げて終わったというのは今日の日本市場には好材料となった。」

K「そうだな。朝から堅調に始まって寄り後も終始堅調だったと言える。というか参加者乏しい状況だけに売りも買いも動けないといった感じだろうけどな。」

H「そうだな。朝方の売買一巡後はめっきり日経平均も動かなくなった。後場も同様の動きだったが、後半にはやや上げ拡大した。まあ売り方の買い戻しだろうけどな。」

K「上海市場が先週末に出た好材料を好感して大きく上げた場面もあったが、日本市場は言うほど反応はしていない。まあその上海市場も結局は上値も限定的で小幅高程度で引けているんだが・・。」

H「上海市場ももはや言うほど材料にはされなくなっているといえそうだ。」

K「今晩の米国市場は休場であることから、明日の日本市場も大した動きは期待できそうもないな。」

H「だろうな。連休明けの米国市場を確認したいと言う理由から、当然積極的な動きは期待できない。」

K「ただそれを良いことに先物に仕掛け的な動きが出てくるという可能性はある。なんてったって今週はメジャーSQ週だ。ヘッジファンドなどが仕掛け的な売買をしてきても何ら不思議はない。ディーラーなどは逆にそれを期待している向きも多いと思われる。」

H「だろうな。先物ディーラーなどにしてみりゃ、今日のような動きでは取りようもない。一日通しても先物の値幅は60円しかなく、前場だけ後場だけで見りゃ各50円の値幅だ。希に見る狭いレンジでの推移であり如何に方向性無いか良く解る。」

K「ヘッジファンドでも誰でも良いから派手に動かしてくれと願っているディーラーも多いだろうな。」

H「ただ個別株を見ると、まだまだ派手に動いている銘柄も少なくはない。大幅赤字決算を出した3436SUMCOなど寄り付きこそ売られて始まったが、結局大幅高で引けている。その影響もあり4063信越化学も長い陽線となっている。これらいずれも日経平均採用銘柄だが、ザラバしっかりと動いているからな。」

K「他にも日経平均採用銘柄でザラバ大きく動いた、つまり長めの陽線を立てている銘柄として、6770アルプス電気、5613日本製鋼所、8802三菱地所などが挙げられる。日経平均は小動きでも、個別株はザラバ動くものも少なくないだけに、短期資金は元気いっぱいだ。」

H「ただ逆に中小型株の元気が乏しくなっているぞ。今日は大型株がもっとも上げており、次いで中型株、もっとも上げていないのが小型株となっている。このことからも今日は短期資金は中小型株でなく大型株へと流れていたようだ。」

K「まあ、その辺は日が変われば物色銘柄も変わると言うこともあるからな。」

H「ああ。基本的には材料株物色ということだろうな。今日のSUMCOなども結局は決算という材料がきっかけでこういう動きをしている訳だしな。」

K「明日はどういう銘柄が物色されるのか楽しみだな。指数的にもどういう展開となるのか注目したい。まあ小動きの揉み合いだろうけど、先物に仕掛け的な動き出てくるか注目だ。」
2009.9.7先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。