(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.3【あすは動意づいた銘柄に短期資金が集中】

2009/09/03 11:26|未分類CM:0
ウェルズファーゴの増資懸念
サーベラス傘下のヘッジファンドが破綻するとの噂は
どうやらデマだったらしい
で昨日はADP雇用統計が予想より悪かったってことで
雇用統計への警戒で4日続落のちょい下げ

持ち越しはSUMCOとか大京とか

日本は売りしかけが入って
ふらふらーと-2σまで下がったところで買い
まあ後は上がるだろうと放置
そしてそこを底に上がり始めたのに
何個か買ったうちのひとつオリックスが
なぜか逆行
6960でしょうがなく2ティックカット
その後飛ぶ
いい加減にしろと

警戒するなら買い有利だろうな
しかも4日続落なら

後場
中国も上がって
円安に動いて
なんで日本だけ下がってるの
なんか先物の売り板を厚くしてるけど

寄り付いてスルスルっと下げてきたところ
オリックス7130、日本電気硝子978バカ買い
電気硝子ちょっこっと売ったら
間違って信用売りに
現引きして現渡しかと操作してる間に
買いが入ったんで少し利確しとこうと
操作途中あんまり見ずに
速攻で売り注文出したら全部売りになってて
982で全部売り
ミャンコの売りで一瞬勢いが止まったけど
結局989まで一直線

民主党の高速道路無料化は
誰も使わない路線を無料化するんだって
結果ほとんど有料のまま
首都高とか以外は無料になると思ってたんだけど騙された
あれだけマスゴミ煽って無料無料言ってたくせに
それを受けてかJRが高い
バイクの免許とっても意味ねーじゃん


[株式オープニングコメント]
押し目待ちに押し目アリ
 2日のNY市場は下落。ダウ平均は29.93ドル安の9280.67、ナスダックは1.82ポイ
ント安の1967.07で取引を終了した。朝方発表された8月ADP雇用報告で民間部門の雇
用者数が29万8千人減と予想よりも悪化したことが嫌気されて下落して始まった。そ
の後は連休を控えていることもあって、前日終値を挟んだもみ合いの展開。セクタ
ー別では、ヘルスケア機器・サービスや食品・飲料・タバコが上昇した一方で自動
車・同部品や銀行が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比65円安の10245
円、円建ては同70円安の10240円。ADRの日本株は旭硝子、日電産、パナソニッ
ク、ソニー、ホンダ、トヨタなど対東証比較(1ドル92.23円換算)で全般小安い。
 日米ともに雇用回復がみられていないことからADP雇用報告での悪化については想
定内であろう。ただし、週末の雇用統計への警戒感が強まることによって参加意識
は後退することになりそうだ。また、レーバーデーの祝日を通過するまでは海外勢
の資金流入も期待しづらく、円相場は91円台に迫る状況ともなれば、利益確定の流
れが優勢となりやすい。新政権に対する期待からの海外勢による資金流入が意識さ
れるが、閣僚人事が決まり、政策実現性を見極めるとなれば押し目買いで十分であ
り、上値追いの動きは期待しづらい。景況感の改善によって下を売り込む需給環境
ではないが、押し目待ちに押し目アリの感覚といったところか。物色としては、海
外勢の資金流入が限られるとなると材料株に集中しやすい。また、薄商いのなかで
先物主導の展開で振らされる可能性はある。日経平均は反発、反落を日々繰り返し
ている状況が続いているが、「今日は反発の日」が唯一の手掛り材料となりそう
だ。先物で売り仕掛け、上海上昇でショートカバーといった動きも意識され、心理
的にはマイナスレンジでの押し目買い意識は強まりやすい。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY債券市場、4日続伸(10年債利回り0.06%下落)
・NY金相場、2日続伸
・DRAMスポット、3日続伸
・長期金利、下落(10年債利回り0.025%下落)
・信用評価損益率、2週ぶり改善

弱気材料
・NYダウ、4日続落
・SOX指数、3日続落
・欧州株、続落
・LMEニッケル先物、2日続落
・バルチック海運指数、反落
・日経平均、大幅反落
・東証REIT指数、2日続落

留意事項
・NYドル円相場(92円22銭-24銭)
・NY原油先物、変わらず(1バレル=68.05ドル)
・裁定買い残、2週ぶり増加
・民主党の「子ども手当」、来年6月支給方針
・「丸の内パークビルディング」、きょう開業
・7月のユーロ圏小売売上高
・ECB理事会
・トリシェECB総裁会見
・8月の米ISM非製造業景気指数
・8月の米チェーンストア売上高

[サポート&レジスタンス]

終値           10280
5日移動平均       10462
標準偏差+2σ      10680
転換線          10455
レジスタンス(2)    10454
25日移動平均      10415
基準線          10401
レジスタンス(1)    10367
ピボット         10291
サポート(1)      10205
標準偏差-2σ      10150
サポート(2)      10129
100日移動平均      9684
先行スパンA        9682
先行スパンB        9589
200日移動平均      8916

[ランチタイムコメント]
「反発の日」になることは可能
 日経平均は小幅続落。41.78円安の10238.68円(出来高概算8億3000万株)で前場
の取引を終えている。ADP雇用統計を受けたNY市場の弱い動きのほか、円高が嫌気
されている。一方、金価格の上昇を背景に非鉄セクターなどが買われており、これ
が下支えしている。円相場が一時1ドル91円台に突入した影響から日経平均は一時
10185.38円と10200円を割り込む場面をみせていたが、上海市場が小幅ながら上昇し
て始まったこともあり、前引けにかけてはやや下げ幅を縮めている。東証1部の騰落
銘柄は値上り481に対して値下がり1025、変わらず183と値下がり数は全体の6割を占
めている。物色は非鉄セクターのほか、食品セクターの一角、やや仕手系色の強い
低位材料株などの上昇が目立っている。
 円相場が1ヵ月半ぶりに一時91円台に突入した。輸出関連などは業績への影響が警
戒されやすく、日経平均の戻りを鈍くさせそうである。ただ、トヨタ<7203>などは7
月末に空けたマド埋めレベルまでの調整をみせており、タイミング的には売り方に
とって買い戻しを入れたいところでもある。下値の堅さが意識されるようだと、下
げ幅を縮めてきそうである。また、上海がしっかりであり、非鉄セクターの強い動
きも続きそうなことから、リバウンドの動きをみせてくる可能性はある。短期資金
は、やや仕手系色の強い低位材料株などへの値幅取り狙いが引き続き中心となりそ
うである。現在の下げ幅では、反発、反落を日々繰り返している状況での「反発の
日」になることは可能であり、心理的にはマイナスレンジでの押し目買い意識は強
まりやすい。

[クロージング]
あすは動意づいた銘柄に短期資金が集中
 日経平均は続落。65.82円安の10214.64円(出来高概算17億4000万株)と7月1日か
ら7月13日の9日続落以来の続落となり、反発、反落を日々繰り返している状況は14
日間で止まった。ADP雇用統計を受けたNY市場の弱い動きのほか、円高が嫌気され
ている。一方、金価格の上昇を背景に非鉄セクターなどが買われているほか、食品
セクターなどが下支えとなっている。円相場が一時1ドル91円台に突入した影響から
日経平均は一時10185.38円と10200円を割り込む場面をみせていたが、上海市場が上
昇して始まったこともあり、前引けにかけて下げ渋りをみせている。しかし、後場
寄り付き直後にやや戻りをみせるかにみえたが、10290.83円と前場高値を若干上回
った程度であり、こう着感の強い相場展開のなか、大引けにかけて再びダレる格好
となった。物色は材料株の一角にとどまっており、タッチパネル、太陽光発電、ク
ロマグロなど、テーマごとに低位銘柄が手掛けられていた。
 上海が強い動きをみせるものの、これに連動する格好での切り返しとはならなか
った。反発、反落を日々繰り返す流れも続落で終えており、心理的にもネガティブ
に。ただ、日経平均は直近安値とボリンジャーバンドのマイナス2σレベルで踏ん張
りをみせており、下へのバイアスが強まるとの見方にはつながっていない。とは言
え、週末の米雇用統計や週明けレーバーデーなどから海外勢のオーダーは減少する
こともあり、手掛けづらい状況には変わりない。テーマ性銘柄の出遅れ銘柄を探る
流れから、動意づいた銘柄に短期資金が集中する動きとなりそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10214.64 -65.82
TOPIX942.77 -7.04
東証2部指数2308.88 -5.86
日経ジャスダック平均1249.40 -1.62
マザーズ指数451.53 -2.36
ヘラクレス指数634.66 -2.98
東証1部出来高17.49億株
東証1部騰落レシオ95.36%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はADP雇用統計が市場予測より悪かったことを受け手控え感が強まっ
た。下値も限定的ながら上値も抑えられており狭いレンジでの揉み合い。結局ダウ
は4日続落となっている。為替が円高進行しており、日経平均は軟調に始まる展開。
ただ売り一巡後は下げ渋り、後場には上海市場の大幅高を好感して日経平均プラス
に転じる。しかしその後は結局売られてしまいマイナス引け。久しぶりの続落であ
り鯨幕相場は終わった。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、バークレイ
ズ、マネックス、カブコム、モルガンS、松井、安藤、三菱UFJ。売り越しは野村、
大和、BNPパリバ、JPモルガン、GS、UBS、岡三、クレディスイスなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2286林兼産業 157円 +8
年初来高値を更新。最近は強い動きが続いているが、本日開催予定のアナリスト、
機関投資家向け説明会への期待が背景にあるようだ。欧米主要国でマグロの全面的
な輸出入禁止を検討しているだけに、そうなればマグロ養殖用飼料を手掛けている
同社に恩恵があるとの思惑から以前から物色されていた。それだけに説明会を好感
して機関投資家が今後、同社株を買ってくるのではと言う思惑もある様子。ただ先
回り的に買われてきただけに、まともに考えれば出尽くし濃厚だと見る向き多い。

6770アルプス電気 631円 +46
大幅上昇で年初来高値を約4ヶ月ぶりに更新した。新たな材料は出ていないが、同社
のタッチパネル関連事業拡大が期待されている。マッコリーやクレディスイスなど
が同社株をタッチパネルの有力関連銘柄として取り上げており、先日から買い気は
強まっていた。今日は何度か弾かれている600円のラインを突破してきたことから上
げに弾みが付いたようだ。物色難の地合だけに短期資金もかなり入っているが、中
長期資金も入っているとの見方多いようだ。

7615京都きもの友禅 1038円 +58
3日続伸で大台突破。一昨日に発表した8月の月次売上高が好感されている。今期に
入って5ヶ月連続で前年同期比で増加となっており、8月は18.9%増で今期最高の伸
び率を記録している。それを好感して見直し買いが継続しているようだ。低PER、高
配当銘柄ということもあり新たな資金も買ってきているとの見方も・・。また現在
同社は自社株買いを実施中だと言うことも買いやすさに繋がっているようだ。

4565そーせい 164100円 +100
一時173600円まで買われて年初来高値を更新。最近は底堅い動きが続いていた。
9/12~9/16にウィーンで欧州呼吸器学会が開催されるが、そこで開発中の新薬につい
て進捗状態などが発表されるのではと言う思惑が浮上しているようだ。またフィデリ
ティ投信がコツコツと買い集めている状況であり既に12.58%も保有していることも
思惑を呼んでいる。ただ既に十分買っているだけに、今後はフィデリティ投信の売り
が警戒されるときが来ると冷静な見方も・・・。取りあえず学会までは底堅い動きが
続きそうだと見る向き多し。

1407ウエストHD 1070円 +71
一時ストップ高まで買われる。三洋電機や京セラが国内向け太陽電池販売を拡充する
と報じられている。同社はヤマダ電機などと住宅向け太陽光発電装置の販売を手掛け
ているだけに思惑が浮上した模様。もしかすれば、三洋電機や京セラも同社を販売網
に加えるのでという思惑。依然売り長状態で逆日歩も発生していることから踏み上げ
的な思惑も依然としてくすぶっている状態。今後、高値更新となれば踏み上げに勢い
付くのではと見る向きも・・・。

4985アース製薬 2900円 +250
大幅上昇。昨日同社は、マスク市場に参入すると発表。米マスクメーカーからウイル
スや細菌の侵入を防ぐ効果が高い高級マスクを調達して自社ブランドで販売するとの
こと。旬なテーマである新型インフルエンザ関連の材料なだけに、短期資金も飛びつ
く向き多かったようだ。またこのマスクがテレビなどでも報じられたことも注目され
た要因だと・・・。

3349コスモス薬品 2140円 +135
新型インフルエンザ関連株として、同社株などドラッグストア株に物色されている銘
柄目立っている。インフルエンザ関連株には既に派手に物色されている銘柄も多く、
テクニカル的な過熱感も強いもの多いだけ手掛けにくさも強まっている。ただ旬なテ
ーマだけに、まだ過熱感乏しい銘柄を探して物色する動きが見られている様子。また
同社株に関してはGSが強気なレポート出しており好感されている面もあるようだ。

2193クックパッド 32800円 +1150
しっかりと買われている。同社は明日第1四半期決算を発表する予定。上場後初の決算
発表となるだけに注目度も高く、業績期待も当然あるようだ。ただ今回は1Qだけにサ
プライズも出にくいとの見方もあり、決算期待でのオーバーナイトはリスクも高いと
の声も・・。好決算でも出尽くしになる恐れもあるのではと。ただ株式分割などの期
待もあるようで、先回り的な買いも入っているのではと・・。決算発表当日の明日一
体どういう動きを見せるのか注目されている。

===============
◆◇9/4(金)の主な予定!◇◆
===============
4-6月法人企業統計(8:50)
クックパッド、バルス、SUMCO、石井表記、東栄住宅、日本駐車場、日東製網、巴工業
など決算発表
米8月雇用統計(21:30)
G20財務相・中央銀行総裁会議(ロンドン ~5日)
[動いた株・出来た株]

*東都水産<8038> 189 +10
林兼産業や日東製網など「魚」関連の一角が賑わっており。

*ゼクス<8913> 1180 +60
新興不動産株の一角には値幅取りの動きが継続で。

*パラマウント<7960> 2020 +90
本日はフランスベッドの上昇も相乗効果、買い戻しが主体か。

*東京製綱<5981> 318 +13
前日にはGSが太陽電池関連のレポートで取りあげている。

*GSIクレオス<8101> 106 -6
信用買い残整理の動きなどが強まる格好で。

*サニックス<4651> 188 -10
先月初めからの急騰の調整の動きが継続。

*近畿車輛<7122> 873 -45
連日で急騰してきたが、高値接近で戻り売りも。

*高島<8007> 147 -7
太陽電池関連として位置づけられるが、テーマ物色の動き鎮静化で。

*キッツ<6498> 419 -19
前日には長い上ひげ残し荷もたれ感が強まる。

*東京個別<4745> 247 -11
民主党政策関連として急騰した分の調整が続く。

*大研医器<7775> 2875 +295
心肺停止状態の患者、脳冷却1時間内に短縮などと一部報じられている。

(前場)
*鬼怒川ゴム工業<5196> 165 +19
仕掛け的な動きか、一部では電気自動車向けの需要増期待などはやす声も。

*フージャース<8907> 12600 +1300
野村の不動産セミナーが中小型不動産株の期待材料として捉える向きも。

*新日本科学<2395> 890 +82
調整一巡感で再度買い戻し優勢、需給主導の展開が続く。

*アース製薬<4985> 2915 +265
細菌の侵入を防ぐ効果が高い高級マスクを販売と発表。

*DOWAHD<5714> 557 +35
金市況の上昇を材料視、前日にはUBSが「バイ」に格上げ。

*アルプス電気<6770> 624 +39
タッチパネル分野の拡大期待継続、抵抗線突破で買い戻しも活発化へ。

*住友金属鉱山<5713> 1454 +69
金市況の大幅高が手掛かり、昨日はUBSが投資判断「バイ」に格上げも。

*東光電気<6921> 564 +26
売り方の踏み上げ狙った動きなど需給思惑主導の展開で。

*日清食品HLDG<2897> 3320 +140
メリルでは投資判断「買い」に格上げ、3700円目標としている。

*アサヒHLDG<5857> 1655 +68
NY金市況の上昇を受けて、数少ない関連銘柄として物色が向かう。

*ファーストリテ<9983> 10940 +440
8月既存店売上高は前年比プラス転換、野村では投資判断「1」に上げ。

*林兼産業<2286> 155 +6
本日説明会が開催される模様であり、期待感先取りの動きにも。

*信越ポリマー<7970> 679 +26
半導体関連の好取組・低PBR銘柄として物色も。

*京都きもの友禅<7615> 1017 +37
引き続き、一昨日に発表した月次受注の好調を評価で。

*東海染工<3577> 138 +5
調整一巡感からインフル関連の低位材料株として自律反発狙いの動き。

*イワキ<8095> 323 +11
短期的な利食い売り一巡で再度買い戻しの動き優勢の格好に。

*シミック<2309> 25500 +830
新日本科学の上昇に連れ高する格好にも。

*Jフロント<3086> 557 +18
内需株への物色シフト期待も思惑視で踏み上げの動き強まると観測。

*三菱マテ<5711> 281 +9
金価格の上昇を背景に非鉄金属株の一角が強い動きとなり。

*日本化学工業<4092> 318 +10
急ピッチの調整にも一巡感、前回高値水準がサポートに。

*みらかHD<4544> 2755 +85
前日も下ひげつけて下げ渋る、インフル関連として根強い人気で。

*ワコム<6727> 202000 +5900
タッチパネル関連の人気化続き、同社も関連銘柄として物色へ。

*大日住薬<4506> 1043 +30
米製薬を2500億円で買収へと報じられている。

*岩崎通信機<6704> 93 -5
7月半ばの長い下ヒゲ水準も割り込んでおり。

*アーネストワン<8895> 728 -35
株式市場の調整懸念から、水準訂正を果たしてきた銘柄には利食い警戒感も。

*岩崎電気<6924> 203 -9
直近のボックス相場下放れで信用買い方の処分売りへ。

*パイオニア<6773> 278 -12
UBSでは投資判断「セル」、目標株価200円を継続。

*トヨタ紡織<3116> 1722 -74
KBCの格上げなどで直近上昇してきた反動も。

*東洋精糖<2107> 142 -6
粗糖市況上昇をはやした株価上昇にも一服感で。

*東芝プラント<1983> 1197 -47
上昇トレンド下放れで利益確定の動きが集まるか。

*プレス工業<7246> 207 -8
自動車メーカーの株価下落などに連れ安する状況にも。

*東洋埠頭<9351> 183 -7
目立った材料ないまま前日に急伸となった反動で。

*椿本チエイン<6371> 376 -14
ダブルトップ形成懸念で見切り売りの動きが強まる。

*日本航空電子<6807> 565 -21
政権交代に伴う防衛関連向けの先行きなども警戒か。

*NECエレク<6723> 970 -36
1000円超レベルはレジスタンスとなる状況が続いており。

*富士重工業<7270> 388 -14
戦闘ヘリ調達打ち切りで防衛省に未払い費用請求などとも伝わっている。

*コーエーテクモ<3635> 734 -26
持ち合い下放れで信用買い方の整理売り圧力が強まるか。

*みずほFG<8411> 216 -3
米国を中心とした信用リスクの上昇懸念など引き続き。

*大京<8840> 251 +2
野村では本日より不動産セミナーを開催と。

*新日本製鉄<5401> 356 +3
君津高炉を年内再稼動などと一部で報じられている。

*日産自動車<7201> 623 -17
決算を好感して急騰時のマド埋めも下げ止まらず、為替円高を嫌気。

*トクヤマ<4043> 687 +4
発行価格決定による安心感から買いが先行へ。

*ダイワボウ<3107> 443 -6
アース製薬のマスク参入などは競争激化とも認識され。

*トヨタ<7203> 3860 -60
自動車株は全般、為替市場での円高を嫌気。

*オリックス<8591> 7130 +110
前日にはフィデリティ投信の保有比率上昇なども伝わる。

*三菱商事<8058> 1820 -11
GSでは買い推奨を再強調としているが地合い悪に押され。

*エルピーダ<6665> 1296 +11
公募増資発表で前日に急落も、評価の声も散見され。

*SUMCO<3436> 2080 +40
明日に決算発表を控えて、期待感も先行する流れに。

*伊藤忠<8001> 645 +6
メリルでは「アンダーP」から「買い」に一気に2段階格上げ。

*セキド<9878> 149 -10
利食い売りが継続、短期的な過熱警戒感冷やす動きが続く。

*宇部マテ<5390> 272 +20
株式新聞が注目銘柄として取りあげる。

*ダイソー<4046> 318 +11
除菌・滅菌剤の原液となる二酸化塩素の大手でインフル関連物色の流れ続く。

*オリチエン<6380> 85 +14
株価急騰前近辺の水準まで調整で、再度仕掛け的な動きにも。

*田淵電機<6624> 246 +8
太陽光発電、LED関連などとして豊富な材料性をはやす。

*ADワークス<3250> 39500カ
1:2の株式分割を引き続き材料視。

*日エスコン<8892> 11440カ +2000
元本返済の再延長を引き続き材料視。

*カイノス<4556> 999 +136
新型インフル関連としての期待感が継続で。

*プロパスト<3236> 17940 +1490
日エスコンの値動きが刺激材料に。

*セプテーニ<4293> 50300カ +4000
民主党政策関連として浮上の展開とも。

*ケンコーコム<3325> 83800カ
民主圧勝でネット通販規制緩和の思惑が依然働く。

*スタートトゥ<3092> 168600 +12800
野村では投資判断を新規に「1」、目標株価を214200円とする。

*トランスG<2342> 24700 +1100
前日株価急騰でレジスタンスライン一気に更新。

*クックパッド<2193> 32900 +1250
明日の決算発表に期待感が高まる展開へ。

*Vリパブリック<2177> 1080カ +130
「ミニブログ」サービスを開始したとの一部報道を材料視。

*オンキヨー<6729> 127 -10
連日の株価急騰に短期的な過熱警戒感も。

*JCLバイオ<2190> 1160 -70
雲上限が上値抵抗線に、短期資金の利食い売りが活発化へ。
9月3日(木)

H「日経平均は続落となった。えらい久しぶりの続落だな。これでテンコ相場、いわゆる鯨幕相場は終焉となった。」

K「結局、続落という形で終わったか・・・。出来れば続伸という形で終わった方が市場心理的は良かったんだが。」

H「まあ米国市場がどうも怪しくなってきているし、やはり円高の懸念がかなり強まっている。まあこの程度の下落ならば仕方ないと言えるんじゃないか・・。」

K「下げているとは言っても、基本的には手控えている状態だからな。つまり様子見に徹している投資家が多い。つまり実需の売りで下げていると言うわけではないのが、まだ救いか・・。」

H「やはり何だかんだ言っても景気回復への期待はまだ強いからな。押し目を作ってくるのを待っていた投資家も少なくない。」

K「ただ押し目買いによって下値は支えられたとしても、その後上値買ってくる向きいなければ結局は更に下げていくことになる恐れもある。そうなると押し目買いのつもりで買った向きまで掴まってしまい、調整が長引く恐れが出てくる。」

H「昨晩の米国市場は完全に様子見という感じだった。非常に狭いレンジでの動きだったし、方向感を決めかねている状態だ。やはりADP雇用統計が予測より悪かったことから週末の政府発表の雇用統計への警戒感が強まったようだな。」

K「だろうな。まあ昨日のADP雇用統計は予測下回ったと言っても許容範囲だ。この程度のブレは良くある指標だけに驚きはない。それだけに売り込む動きは乏しかったと言えるだろう。ただやはり週末の雇用統計見るまでは買いには行けないという動きも多いようだが・・・。」

H「となれば今晩も基本的には様子見だろうな。上げるにしろ下げるにしろ小幅にとどまる可能性は高そうだ。」

K「そうだな。となれば明日の日本市場も方向感見えにくい揉み合いとなりそうだな。まあ日本市場の場合は為替の動向がかなり意識されているだけに、米国市場大人しい揉み合いでも円高進行するようだとやっかいだ。まあ逆に円安に戻してくれれば良いんだが・・。」

H「為替市場も昨晩のADP雇用統計発表後、急速に円高が進行した。それだけに明日の雇用統計まで結局大きな動きは出てこない可能性はあるだろう。」

K「確かにそれはあるが、今晩は欧州でECB理事会や米国でISM非製造業景気指数発表がある。それだけに、このまま大人しく推移しているとは思えない。」

H「まあ、そうだな。今日は上海市場が大幅上昇となっていたが、日本市場は恩恵受けられなかった。その要因はやはり為替だろうからな。」

K「当然それも要因だろう。やはり輸出企業に売られている銘柄が今日は目立っていたからな。それにやはり米国市場の先行き懸念が出て来たことも、買いにくい要因の一つだ。」

H「まあ、更に下げれば買いたい向きはまだまだ多いと思うけどな。新政権への期待も追い風となって・・。」

K「ただここに来て新たな懸念が市場に浮上してきている。新政権となり証券税制が変わっていくのではという懸念だ。投資家にとって良いように変わればまだ良いが、どうも不利になる公算が大きいとの懸念が強まっている。」

H「らしいな。」

K「民主党と連立を組む社民党が余計な事をいっているようだ。株式の譲渡益に対しての課税を20%に戻し、短期売買に関しては更に税率を引き上げると・・・。ふざけている。」

H「それはきついな。今や個人投資家の売買は短期化してきているだけに、悪影響を受ける投資家は多い。」

K「投資家だけじゃない。ネット証券など大打撃となる。短期売買の課税が大きいと言うことになれば、短期売買しなくなる投資家も多くなるだろうし、そもそも個人投資家の株離れに繋がるのは必至だろう。」

H「ああ。ただそんなふざけた案など実現しないだろ。」

K「だと思うけどな。幾ら何でも無理がある。非現実的だ。あり得ない。ただこういう話が出てくると、多少なりとも証券税制が改正され増税になるという懸念が出て来てしまう。」

H「まあ軽減税率の10%がいずれは20%になるのは既に仕方ないと思うが、それ以上の課税となる恐れが出てくると証券業界は厳しくなるな。というより日本の株式市場がやばくなるんじゃないか・・。」

K「民主党政権になって、財源の問題が懸念されているだけに、証券税制を増税方向に変えてくるとの懸念は確かにある。社民党が言っているような税制には当然ならないとはいえ、下手すりゃ譲渡益課税は30%になるとの見方もある。恐らく譲渡益の額によって税率が変わるような事にはなるとは思うが・・。」

H「本当は譲渡益や配当は非課税にしてしまうのが一番良い。そうなれば、貯蓄から投資に個人マネーが一気に向かう。そうなれば株価も当然全体的に底上げとなるし、企業も資金調達しやすくなる。それが企業成長に繋がり、日本景気が良くなる。結果、国は税収が増える事になる。」

K「まあ証券業界に取っては理想的な話だが、実現は無理だろうな。金持ち優遇とか言われて・・。別に株式投資しているのは金持ちだけではない。」

H「だから年間幾らまでは非課税と言うことにすれば良い話だ。」

K「そうだな。新政権になって証券税制がどうなっていくのが今後しっかりと注目したい。まあ、その前に取りあえず今晩の米国市場と為替市場がどうなるのかが注目だな。」
2009.9.3先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。