(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.2【利食いの流れも、売りを仕掛けるような需給環境ではない】

2009/09/02 11:24|未分類CM:2
8月ISM製造業景況指数、7月中古住宅販売保留
いい数字が出たのに185ドルの落下
いい数字に反応しないってそろそろやばいか
あとサーベラスの破綻懸念とか
土曜に出てた材料に今頃
あとVIX指数がこの2日で20%くらい上昇してるのもこのせいかな
チャート的にもボリンジャーバンドの幅が縮まってきて
どっちかに大きく動く前兆を示している

まあつっても今日は朝から寄り買い
林兼は142で買い増しにいったのに
何でと言うくらい板乗りが遅く置いていかれた
岡三オンライン朝の板乗り遅い?
大京寄り買い242で利確早すぎ
日本光電工、新興電気工、東京製鐵寄り買い増し
買い下がり
シキボウ、SUMCO、イビデン寄り買い上がったところで利確
東京製鐵だけ全然上がらねー
昭和電工も持ち越してた
寄り強よかったんで売らず
先物上昇するの遅すぐる

後場
モミモミモミモミ
何個か持続アンド拾って持ち越し


[株式オープニングコメント]
新政権への期待による日本主導の相場にむかえるか注目
 1日のNY市場は下落。ダウ平均は185.68ドル安の9310.60、ナスダックは40.17ポ
イント安の1968.89で取引を終了した。8月ISM製造業景況指数や7月中古住宅販売保
留が相次いで予想を上回ったことで朝方は上昇して始まった。しかし、歴史的に株
価のパフォーマンスが悪い9月に突入したことや、金融機関の不良債権問題への警戒
感が強まり軟調推移となった。セクター別でも全面安となっており、特に不動産や
保険が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比210円安の10290円、円建ては
同215円安の10285円。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニ
ック、シャープ、京セラ、トヨタ、キヤノン、任天堂など対東証比較(1ドル92.95
円換算)で全般軟調。
 NY市場の下落を嫌気しシカゴ先物にさや寄せする格好から、日経平均は25日線
をあっさり割り込んでくることになりそうだ。ボリンジャーバンドでは中心線(25
日)とプラス1σでの推移が続いていたが、マイナス1σ(10265円)レベルでの攻防
に。マイナス2σ(10122円)レベルをうかがう可能性は低いと考えられるが、マイナ
ス1σが抵抗に変わるとムードは悪くなりそうだ。ISM製造業景況指数が52.9と予想を
上回り、判断の分かれ目となる50を超えてきたことから、リセッション(景気後
退)を抜け出したとの見方が強まりやすい。しかし、このところ好調な経済指標に
対する反応が限られてきているため、手掛り難に陥る可能性も警戒される。
 一方、政府は16日に特別国会を召集し、民主党の鳩山代表が首相に選出される見
通しとなった。新政権への期待感から日本主導での動きをみせてくる可能性もある
ため、押し目買い姿勢は強めたいところ。また、来週のレーバーデーを控えて、そ
もそも海外勢の参加者が減少しているところでもあり、海外株安を過度に警戒する
ことは避けたい。週内は材料株などへの物色にとどまるとみられるが、今後は相対
的に出遅れている日本株を見直す流れにむかえるかが注目される。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・8月の米ISM製造業景気指数、1年7カ月ぶりに50超
・NY債券市場、3日続伸(10年債利回り0.04%下落)
・NY金相場、小幅反発
・バルチック海運指数、小幅反発
・DRAMスポット、2日続伸
・日経平均、反発
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.020%下落)

弱気材料
・NYダウ、金融株主導で大幅続落
・SOX指数、2日続落
・欧州株、続落
・LMEニッケル先物、大幅反落
・東証1部の売買代金、約1カ月半ぶりの低水準
・東証REIT指数、3日ぶり反落

留意事項
・NYドル円相場(92円90銭-92銭)
・NY原油先物、2日続落(1バレル=68.05ドル)
・信用買い残、3週ぶり減少
・エルピーダ、公募増資で最大784億円調達
・特別国会、16日召集で首相指名選挙
・8月のマネタリーベース
・4-6月期のユーロ圏GDP改定値
・7月のユーロ圏生産者物価指数
・8月の米ADP雇用統計
・7月の米製造業受注

[サポート&レジスタンス]

終値           10530
5日移動平均       10534
標準偏差+2σ      10694
レジスタンス(2)    10654
レジスタンス(1)    10592
ピボット         10515
転換線          10455
サポート(1)      10453
25日移動平均      10408
基準線          10401
サポート(2)      10377
標準偏差-2σ      10122
100日移動平均      9667
先行スパンA        9665
先行スパンB        9589
200日移動平均      8908

[ランチタイムコメント]
水準的には押し目買いのポイントだが様子見ムード強い
 日経平均は大幅下落。276.88円安の10253.18円(出来高概算10億5000万株)で前
場の取引を終えている。予想を上回った米ISM製造業景況指数などが好感されるも、
米金融株の下落影響から日経平均はサポートとして意識されていた25日線をあっさ
り割り込んでのスタートに。その後も上海市場に対する警戒感もあって押し目買い
ムードは高まらず、安値圏でのこう着となっている。東証1部の値下がり数は1500を
超えてほぼ全面安商状に。物色は新インフルエンザ関連の一角や個別材料株への短
期的な物色にとどまっている。セクターでは、保険、鉱業、倉庫、小売、建設、繊
維が弱い。下げが軽微なところでは電力ガス、空運、サービス、陸運など。
 25日線を割り込んだ日経平均は、ボリンジャーバンドのマイナス1σ(10280円)レ
ベルでの攻防となっている。米ヘッジファンドの破たん懸念や米銀の不良債権増加
懸念などが下げの要因となっているが、ISM製造業景況指数などの好調な指標による
効果がみられなくなったことが大きい。水準的には押し目買いのポイントとみられ
るが、その買い意欲も強まらない状況である。短期資金による値動きが続いていた
ため、本日の大幅下落によって需給が急激に悪化する可能性はなさそうだが、様子
見ムードが強まる。そのため指値の薄いところを売られていることで下げがきつく
なっているようだ。ただ、売り方にとってもこの全面安では、買い戻しを強めたい
ところでもあろう。トクヤマ<4043>のように取り組みに厚みが増してきている銘柄
などで、底堅さを見せている銘柄についてはショートカバーが強まりやすい。
 海外勢のオーダーが減少しやすいほか、過去9月のNY市場のパフォーマンスの悪
さ、中国市場の不安定な動きなど、手控え要因は多い。しかし、新政権への期待か
ら次第に日本株への資金流入が増える可能性も考えられるため、ここは押し目買い
姿勢で。

[クロージング]
利食いの流れも、売りを仕掛けるような需給環境ではない
 日経平均は大幅下落。249.60円安の10280.46円(出来高概算19億6000万株)で取
引を終えている。予想を上回った米ISM製造業景況指数などが好感されるも、米金融
株の下落影響から日経平均はサポートとして意識されていた25日線をあっさり割り
込んでのスタートに。その後、上海市場が上昇する場面でも押し目買いムードは高
まらず、安値圏でのこう着となっている。大引けにかけては先物主導で下げ幅を縮
めてはいるが、東証1部の値下がり数は全体の9割近くを占めており、全セクターが
マイナスとなった。米ヘッジファンドの破たん懸念や米銀の不良債権増加懸念など
が下げの要因となっているが、ISM製造業景況指数などの好調な指標による効果がみ
られなくなったことの影響が大きい。
 日経平均はボリンジャーバンドの中心線(25日)とマイナス1σ(10282円)レベ
ルでの攻防となっている。マイナス1σを割り込み、マイナス2σ(10149円)への意
識を強めていたが、大引けにかけてマイナス1σを捉えており、ひとまず抵抗線に変
わってしまう状況は回避した格好である。反発、反落を日々繰り返している日経平
均は、反落という形で継続。明日は反発が期待されようが、ISMの効果が見られなか
ったことで今晩予定されているADP雇用統計の期待も低下している。相場全体が利益
確定の流れに向いているため上値追いには慎重になりやすいが、売りを仕掛けるよ
うな需給環境でもなく、押し目の買いのタイミングを探る流れとみておきたい。そ
れまでは個別対応でのトレードが中心となりそうだ。また、海外勢のオーダーが減
少しやすいほか、過去9月のNY市場のパフォーマンスの悪さ、中国市場の不安定な
動きなど、手控え要因は多い。しかし、新政権への期待から次第に日本株への資金
流入が増える可能性も考えられる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10280.46 -249.60
TOPIX949.81 -18.96
東証2部指数2314.74 -19.47
日経ジャスダック平均1251.02 -5.39
マザーズ指数453.89 -3.72
ヘラクレス指数637.64 -2.87
東証1部出来高19.64億株
東証1部騰落レシオ98.79%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は金融不安が再燃し大幅安に。ISM製造業景気指数が非常に良く買
われる場面もあったが、AIGの格下げやサーベラス傘下のヘッジファンド破綻観測
など、金融絡みの悪材料が複数浮上し、金融株中心に大きく売られた。それをうけ
日経平均も大幅安で始まり寄り後も弱含みの展開。しかし上海市場が比較的にしっ
かりだったことをうけやや下げ幅縮小していく。後場は方向感乏しい揉み合いが大
引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証券はソシエテ、メリル、モルガンS、
三菱UFJ、GS、バークレイズ、BNPパリバ、SBI、ドイツ。売り越しはクレディスイ
スが突出、ニューエッジ、JPモルガン、UBS、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6665エルピーダメモリ 1285円 -252
寄り付きはストップ安。昨日同社は大規模な公募増資を発表。最大で発行済み株式
数の約39%に相当する新株発行となるだけに、希薄化懸念により売り集まる。同社
は公的支援300億円を受けた直後だけに、今回の大規模な公募増資は驚いた市場関
係者多いようだ。また公的支援決定を好感されて買われていた事もあり、昨日まで
株価は年初来高値圏だった。それだけに、このタイミングでの公募増資発表は何か
意図的ではと懸念視する声も・・。日興シティではこれを受け、短期的には希薄化
懸念から軟調な株価推移を想定するも、株価に割高感はなくリバウンドを期待する
と指摘。目標株価を1200円から1600円に引き上げている。

4556カイノス 863円 +100
3日連続のストップ高となっている。新型インフルエンザ関連として派手な相場が続
いている状況。他のインフルエンザ関連株は既に調整色も強まってきているが、こ
こは流動性も乏しいと言うこともあり勢いはまだ続いている。個人投資家などの投
資期資金が連日入っているようで、既にチキンレース化している状況。板も薄い超
小型株だけに、いざ売り集まれば特売りとなり売りたくても売れない状況に陥る事
は必至。それだけに割り切れないと狙えないと・・・。

9665吉本興業 1250円 +172
今朝の読売新聞では以前報じられたMBO計画の全容が明らかになったと報じている。
三井住友銀行、民放キー局、電通、KDDI、ソニー元社長の出井伸之氏が代表を務める
ファンドなど20社が総額500億円を拠出し、TOBで市場から全株式を買い取り非上場企
業にすると・・。これによりいよいよMBOが実現的になったと見られ大きく買われる。
報道通り全株取得額が500億円となるならば、逆算するとTOB価格は1株1280円程度と
なる。それだけにこれ以上の上値は買う妙味乏しいようだ。あとはTOB発表待ちで、
それまではこの辺で揉み合い続くと・・。

2395新日本科学 808円 +55
一時ストップ高まで買われる。昨日はザラバ寄らずのストップ安となっていたが、今
日は寄り付きから買い優勢で始まる異常な展開に。寄り後は買われて派手に暴騰する
動き。この動きを見ても今の市場には個人投資家などの投機資金がかなり入っている
ことが良く解ると・・。その大半が短期資金だと思われる。向かう方向はまだまだ下
だといえるものの、今日の動きからも一方通行的に下げそうもなく、乱高下しながら
となりそうだと。

9983ファーストリテイリング 10500円 -340
後場下げ渋り。同社は本日都内で事業戦略説明会を実施している。そこでの詳しい内
容がニュースで報じられると、それを好感して買われる展開に。結構強気な戦略であ
ることから、見直し買いも入ってきたようだ。ただ引け後に月次を控えており、警戒
もあるだけに上値買いも限定的だった。引け後に発表された8月の月次売上高は前年比
5.6%増となり好調だった模様。7月の月次は9ヶ月ぶりに前年比マイナスとなっていた
だけに今回も警戒されていたが杞憂に終わった模様。

===============
◆◇9/3(木)の主な予定!◇◆
===============
アルチザネット、アインファーマ、野田スクリーンなど決算発表
ECB 理事会
米新規失業保険申請件数(21:30)
米8月ISM 非製造業景気指数(23:00)
米8月チェーンストア売上高(4日0:00)
WTO(世界貿易機関)の非公式閣僚会合(ニューデリー~4日)
アフガニスタンで選管が大統領選の暫定結果発表
[動いた株・出来た株]

*学研<9470> 219 +10
高値から半値押しで調整一巡感、民主党政策関連として押し目買い。

*日東製網<3524> 152 +6
民主党政策関連の一角、林兼産業の継続人気なども追い風。

*東洋インキ<4634> 339 +12
タッチパネル関連の低位材料株として短期資金の矛先が向かう。

*日新電機<6641> 546 +16
大引けにかけて一段高、買い戻しの動き主導へ。

*日M&A<2127> 426000 +12000
足元のM&A仲介件数増加をはやした短期資金の値幅取りの動きか。

*シークス<7613> 748 -62
過熱警戒感からの利食い売り優勢の展開に。

*日新<9066> 244 -14
上昇トレンド割り込み処分売りの動きが集まる。

*平和不動産<8803> 318 -17
日経平均除外候補の一社でもあるようだが。

*沖電気<6703> 95 -5
100円レベルのもみ合い下放れへの警戒感も。

*ソニーFH<8729> 270500 -12900
米金融株の下落などストレートに反映する動きへ。

*日立金属<5486> 913 -43
他の類似企業との比較では割高感など目立つとも。

(前場)
*新日本科学<2395> 827 +74
再度の踏み上げ狙った押し目買いの動き、真空地帯でもあり。

*くらコーポ<2695> 276800 +13200
いちよしではフェアバリューを428000円としている。

*メガネトップ<7541> 1669 +72
昨日発表の月次動向を好感、既存店売上高は前年比4.4%増に。

*スミダコーポ<6817> 730 +28
目立った材料は見当たらず、7月高値更新に伴う買い戻しの動きか。

*大陽日酸<4091> 1018 +38
UBSでは投資判断を「バイ」に格上げ、目標株価は1400円に。

*キッツ<6498> 453 +16
目立った材料は観測されず、売り方の買い戻し主導の展開か。

*フージャース<8907> 11340 +390
値幅取りの動きが継続、明日から野村では不動産セミナーとも。

*さが美<8201> 171 +5
京都きもの友禅の受注好調で連想とも。

*ワコム<6727> 194500 +5300
足元ではタッチパネル関連銘柄への関心も高まっており。

*東洋埠頭<9351> 184 +5
前日から上昇ピッチに弾み、値動きの軽さなどが妙味に。

*ニプロ<8086> 2045 +45
三菱UFJでは投資判断を「3」から「2」格上げ。

*京都きもの友禅<7615> 963 +21
前日発表した8月受注好調を評価、前年比伸び率は今期最高に。

*石塚硝子<5204> 230 +5
インフル関連・太陽電池関連の材料株としてはやされる。

*モリタHLDG<6455> 531 +11
右肩上がりの上昇続く、チャート妙味はやして。

*林兼産業<2286> 150 +3
マグロ輸出規制の広がりなどを思惑視した物色が続く。

*昭和電工<4004> 216 +4
UBSでは投資判断を「セル」から「ニュートラル」に格上げへ。

*ヤマタネ<9305> 178 +3
貸借倍率の好転など需給妙味背景に引き続き関心続く。

*伊藤園<2593> 1677 +28
メリルでは「アンダーP」から「買い」に格上げ、2350円目標にする。

*三井造船<7003> 256 +4
国内初の波力発電所建設報道を期待材料視で。

*近畿車輛<7122> 894 +13
ベトナム政府による日本の新幹線方式採用見通しなどはやし。

*日清食品<2897> 3170 +40
インフル流行による内食需要拡大やディフェンシブ性などはやし。

*ユニチャーム<8113> 8450 +80
ディフェンシブセクターの数少ない成長株として関心高く。

*資生堂<4911> 1679 +8
ドイツでは投資判断を「バイ」に格上げ、2000円目標とする。

*エルピーダ<6665> 1282 -255
公募増資の実施を発表、39%の希薄化などを嫌気する。

*ゼクス<8913> 1125 -104
短期的な過熱警戒感が優勢となり利食い売り。

*丸善<8236> 104 -7
昨日業績下方修正、上半期営業損益は1.5億円の黒字から0.4億円の赤字に。

*ユニー<8270> 748 -44
セブンアイの下方修正が大手スーパー各社に影響する流れ。

*戸田建設<1860> 353 -20
地合い悪に押される流れ、建設業界には政策リスクも拭いきれず。

*トレンドマイクロ<4704> 3440 -190
天井到達感広がるなか、先物安に伴う裁定解消売りの影響も。

*日本トムソン<6480> 574 -31
昨日は目立った材料ないまま強い動き、利食い売り圧力強まる。

*積水ハウス<1928> 847 -45
通期営業利益は従来予想の390億円から215億円に下方修正。

*シロキ工業<7243> 152 -8
信用買い残高水準、もみ合い下放れで処分売り圧力。

*積水化学工業<4204> 558 -29
積水ハウスの業績下方修正などで連想売りか。

*イオン<8267> 925 -48
セブンアイの下方修正などから連想売りの流れにも。

*日本証券金融<8511> 719 -37
株式市場の大幅安に連れ安する格好。

*みずほFG<8411> 221 -4
悪材料相次ぎ米金融株が大幅安となっており。

*東芝<6502> 485 -6
地合い悪に押される、海外投資家と見られる資金流入観測も。

*新日本製鉄<5401> 353 -8
地合い悪化に押されるなか、中国市場の動向など引き続き不透明材料に。

*三洋電機<6764> 250 -4
ノキア向け比率高く、ノキアの株安をマイナス視も。

*ダイワボウHLDG<3107> 451 -7
地合い悪化を受けて、前日急伸の利食い売りも早まる。

*日産自動車<7201> 644 -19
8月の米自動車販売も前年比マイナスとやや期待はずれか。

*GSユアサ<6674> 800 -14
地合い悪化局面では信用買い残など重荷になり。

*商船三井<9104> 572 -11
バルチック小幅上昇も資源価格の下落を嫌気する動きで。

*三井物産<8031> 1175 -31
原油や非鉄市況など資源価格の下落が嫌気される。

*トヨタ<7203> 3930 -90
前日の8月米自動車販売発表を受けて出尽くし感も先行する展開。

*セブンアイ<3382> 2145 -85
昨日の業績下方修正を受けて、JPMやUBSが格下げ。

*Fリテイ<9983> 10390 -450
本日の月次発表を控えてやや警戒感も先行か。

*花月園<9674> 107 +23
調整一巡感強まる、改めて値動きの軽さや割安感などはやして。

*土屋HD<1840> 127 +7
昨日から急動意、値動きの軽さをはやして。

*ラディア<4723> 92 -8
100%減資の実施を発表、上場廃止へ。

*ダイソー<4046> 295 +11
新型インフル関連の出遅れとして短期資金の物色が継続。

*吉本興業<9665> 1229 +151
500億円規模でのMBOを実施と一部で伝わっている。

*ADワークス<3250> 35500カ
1:2の株式分割を引き続き材料視。

*日エスコン<8892> 9310カ
元本返済の再延長を引き続き材料視。

*総和地所<3239> 2455カ
時価総額基準の猶予期間からの解除を引き続き好感。

*明豊ファシリ<1717> 134 +19
ジャスダックでは低位株の一角に短期資金が流入。

*オンキヨー<6729> 117 +14
ベストバイとの取引開始を引き続き材料視で。

*カイノス<4556> 863カ +100
新型インフル関連として上値追いの動きが続く。

*菊池プレス<5970> 1487 +97
一昨日発表の大幅な上方修正を引き続き好感。

*IMI<7503> 2720 +125
新型インフル関連として依然物色が続く。

*トランスG<2342> 23600カ +3000
6月以降の上値抵抗線突破で上値追いに勢いが増す。

*ケンコーコム<3325> 73800カ +5000
民主圧勝でネット通販規制緩和の思惑。

*BBタワー<3776> 44900 +3500
ヤフーによる資本参加を引き続き好感。

*メディシノバ<4875> 642 +24
米社との合併契約で最終合意と報じられる。

*JCLバイオ<2190> 1280 +26
受注額が高い伸びとの前日伝わった報道を引き続き好感。

*STEILAR<2673> 131 -18
前日急騰の反動で利食い売り先行へ。

*アスコット<3264> 133 -11
前日には長い上ひげを示現しており。
9月2日(水)

H「日経平均は大幅に反落となった。まだ上げ下げ繰り返すテンコ相場継続中だ。」

K「ただ今日の下落はいままでのテンコ相場中の下落とはちょっと意味合いが違うだろう。25日移動平均線を寄り付きから下回り、その後も戻せず引けている事や、何より気掛かりなのが昨晩の米国市場の動向だ。」

H「そうだな。確かにテンコ相場もいよいよ終わり、今日から本格調整へという雰囲気を醸し出している気もするわな。」

K「ああ。日本市場はテンコ相場なんだが、米国市場は昨晩で3日続落だ。下げ幅の大きさもそうだが、それ以上に内容が良くない。つまり下げた理由が良くない。」

H「昨晩の米国市場では金融不安が再燃した。保険最大手のAIGが格下げされ大幅安となったことや、ウェルズファーゴの増資懸念浮上、更にサーベラス傘下のヘッジファンドが破綻するとの噂も飛び交っていた。」

K「ああ。格下げはともかく、ウェルズファーゴは同社CEOが増資せずに公的資金返済するとコメントし、サーベラスも否定コメントを出している。一体何処から出て来た噂かは知らないが、何か意図的な動きがあるように思えてならない。」

H「ただ、そのような噂に過剰に反応してしまう事からも市場心理は悪くなってきていたと言う事じゃないのか。」

K「確かに、そうかも知れないな。昨晩の米国市場では重要な経済指標であるISM製造業景気指数が発表されたが、非常に良い数字が出された。景気の分かれ目とされる50を上回った。これは2008年1月以来の事だ。これが発表されると株価も上げたものの、買い一巡後は激しく売られた。つまりこの好材料にも反応が限定的だったと言うのもこれ以上の上値を買う向きは乏しいとも言えるだろう。」

H「そうだな。ようは今の水準では買いたい人より売りたい人の方が多くなっている感じはあるわな。それだけに好材料には言うほど反応しなくなってきているし、悪材料には機敏に反応してしまう。」

K「その動きからも米国市場の先行き懸念が強まってきたのは確かだろうな。まあ、間もなくリーマンショックから1年が経とうとしているだけに、投資家も警戒感も強まっているんじゃないのか。」

H「それはありそうだな。それだけに昨日のような金融不安に繋がる噂などは過剰に反応してしまう。やはりリーマンショックの記憶が蘇るんだろう。」

K「ああ。ある意味、後遺症だな。それでなくても9月相場は投資家の印象が良くない。過去を見ても9月は地合軟調なことが多いし、同時多発テロやリーマンショックなど大きな事件もあったからな。それだけに心理面では確かに悪化しやすい時期だと言える。」

H「ただこの時期に金融絡みの悪い噂が飛び交うこと自体、タイミング良すぎやしないか?」

K「まるで、この時期に噂出せば期待通りに反応してくれると読んで、意図的に出している向きがいるようにも思える。」

H「まあそのような動きがあるにしても、実需の売りが強まらなければ良いんだが・・・。」

K「逆に下げてくるのを待ってましたとばかりに押し目を拾う動きが強まるならば良いけどな。手仕舞い売り更に強まっていくようだと、いよいよ本格的な調整という懸念も頭をよぎる。」

H「米国がそうなると日本株も調整は免れない。為替も依然として円高水準だし、先行き懸念が強まっている。」

K「まあ更に下げれば押し目を買い向かう動きは強まると思われ、それが下値を支える期待はある。今日の下落だって基本的には先物主導だ。現物株に強い売りが出ているわけでもなく、先物主導の下落により、裁定売りが現物株に出たという格好だ。つまり実需が売ってきている訳でもない。」

H「先物手口見ると、クレディスイスの売りが目立っている。日経平均先物だけでなくTOPIX先物もクレディスイスは大量に売り越しだ。最近は何日かごとに、こういう偏った先物売買が目立っている。」

K「そうだな。単純に下げたいと言う売りではないと思うが、クレディスイスの動向がその日上げるか下げるかを決めているだけに無視は出来ない。ただ米国市場に合わせて売買している様子は無いだけに、今日は売ってくるのか買ってくるのか非常に読みにくい。」

H「単純に今日売ったから明日は買いという交互にしてくれりゃ解りやすいんだが・・。」

K「ただ連日のように売り込む動きは最近は見られないだけに明日はあっさりと買いでくるんじゃないのか。つまり明日もテンコ相場は継続されると・・・。」

H「なら良いんだが、このテンコ相場が終わったとき、どちらで終わったかでその後の動向が決まると見ている市場関係者は多い。つまり明日続落となれば、下方向が確定と言うわけだ。」

K「そう単純でも無いとは思うが、明日も続落となれば確かにリスク回避の動きは強まってしまう。まあそれでも押し目買いは入るだろうから派手に下げていくことは考えにくいけどな。」

H「まあ新政権への期待買いが下値で入ってくれば良いんだが・・・。」

K「まずは今晩の米国市場だな。ADP雇用統計発表があり波乱含みとも言えるんだが、あっさりと反発すれば良いんだけどな。どういう結果で返ってくるのか注目しておきたい。」
2009.9.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
いつもいつも有難うございます 感謝です~^^
アメリカさんの民主へのジャブ 不安です 植民地死守は国益ですものね
日本が大人として振る舞うなんて絶対許さないでしょうしね
『オカマが一番お気楽お得』と自民に躾けられていますので不安です
本気で隷属路線を修正するつもりなのか??? 不穏 不安です~ .. **;
FUON #-|2009/09/03(木) 02:13 [ 編集 ]
FUONさん、どもー
アメリカに逆らうと怖いですよね
アメリカににらまれたアメリカと友好関係になる国もまとめて敵に回すってことで
国際舞台でいくら日本が主張しても
アメリカが反対すればほとんど主張は通らないでしょう
アメリカから独立するならますます国防は重要です
お金もかかります
わざわざ敵に回さなくっても
今の関係を続けつつ言いたいことを言っていけばいいのに
地震兵器が発動しないか心配です
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/09/03(木) 21:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。