(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.28【政策実現性を見極めながらでの物色へ】

2009/08/28 11:16|未分類CM:5
いつもの動きかと
GUから一旦下に行って
前日終値まで下げたところで
持ち越し組みの投げが出尽くし
切り返して高値抜けみたいな
上海に潰されたけど

週末に総選挙だから
一旦ポジションクローズの動きかな
ミャンコもあんまり持ちたくないくらいだし
みんなが持ち越したくないときは意外と通過後なんだけど

持ち越しの大京とオリックスがいい感じにGUしてくれた
指揮棒はだめくさいんで269で売り
場中は日本電工とか
フォスターは逆指値置いていかれた
パイオニアは市ねw

後場
ねむりんこ投資法
お昼寝中に勝手に逆指値発動
東急不動産買い
もりもり上昇

西松建設って
地震の復興銘柄で上げてると思ってたけど
もしかして小沢銘柄?

昨日ミャンコは不在者投票行ってきたけど
主婦ばっかり
こいつら全員民主党に投票するんだろうなと

ホントに民主党が勝つのかー
思えば安倍元総理が放送局にかかる電波利用料
放送キー局1社約3億円という
不当に安いんで値上げしようとしたら
完全にマスコミを敵に回してしまったな
その後はご覧のとおり


[株式オープニングコメント]
再びSQ値意識、テーマ株はオーバーウィークも
 27日のNY市場は上昇。ダウ平均は37.11ドル高の9580.63、ナスダックは3.30ポ
イント高の2027.73で取引を終了した。朝方は下落して始まったものの、原油価格の
反発を受けて上昇に転じている。また、金融株の一角が空売り筋の買い戻しで急騰
するなど、引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。セクター別では各種金融
や資本財が上昇する一方で電気通信サービスや家庭用品・パーソナル用品が軟調。
シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比60円高の10570円、円建ては同45円高の
10555円。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、日電産、ソニー、京セラ、トヨ
タ、ニコン、オリックスなど対東証比較(1ドル93.46円換算)で全般堅調。
 NY市場は小幅な上昇ながらも、中国に対する警戒感から下げていた原油相場の
反発は好感される。また、金融株の上昇も出遅れ修正への流れにつながるため、買
い先行のスタートとなろう。資源系セクターの反発のほか、金融セクターの上昇が
みられるようだと、日経平均は再び8月SQ値(10609.42)を捉えてくる可能性もあ
りそうだ。そのため物色セクターとしては、銀行、ノンバンク、保険、不動産のほ
か、石油・石炭、商社、鉄鋼、非鉄金属、海運などの動向が注目される。
 日経平均は続落はないが、続伸もない、日々上下を繰り返す状況が続いており、
日柄でも反発が期待されるところ。変動要因がCTA(商品投資顧問会社)に絡ん
だ欧州系の動きに振らされているため、方向感は掴みづらいが、商品価格の反発に
よって中国市場への警戒感も後退しているであろう。とは言え、短期的な値幅取り
狙いといった物色に向かわざるを得ないことも事実である。短期的なトレード、日
計り中心となると需給は悪化しづらく、昨日利食いに押されていた銘柄などでも改
めて物色する動きにも向かいやすい。週末要因から手掛けづらいが、選挙後のお化
粧を意識したオーバーウィークのポジションを取ってくる可能性はある。また、選
挙通過後に調整を予想する見方も多く、強弱感の対立によって値動きが荒くなるこ
とも考えられる。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、約2年5カ月ぶりの8日続伸
・SOX指数、3日続伸
・NY金相場、反発
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.010%下落)
・GPIF、4-6月期の運用利回りが4四半期ぶりプラス
・NY原油先物、3日ぶり反発(1バレル=72.49ドル)

弱気材料
・NY債券市場、下落(10年債利回り0.02%上昇)
・欧州株、続落
・LMEニッケル先物、3日続落
・バルチック海運指数、小幅反落
・DRAMスポット、6日続落
・日経平均、反落
・東証REIT指数、3日続落
・8月第3週の外国人、6週ぶり売り越し

留意事項
・NYドル円相場(93円51銭-53銭)
・賃貸更新料、大阪高裁が「無効」判決
・NEC、日立、カシオ、携帯電話機事業統合観測
・消費者物価指数
・7月の失業率
・7月の有効求人倍率
・7月の家計調査
・総選挙(30日)
・4-6月期の英GDP改定値
・8月のユーロ圏消費者信頼感指数
・8月のユーロ圏業況判断指数
・7月の米個人所得及び消費支出

[サポート&レジスタンス]

終値           10474
5日移動平均       10486
標準偏差+2σ      10711
レジスタンス(2)    10658
レジスタンス(1)    10566
ピボット         10484
転換線          10405
サポート(1)      10391
25日移動平均      10351
サポート(2)      10309
基準線          10186
標準偏差-2σ       9991
100日移動平均      9616
先行スパンB        9584
先行スパンA        9512
200日移動平均      8888

[ランチタイムコメント]
週明けの寄り高意識したリスク取りも
 日経平均は反発。56.65円高の10530.62円(出来高概算8億8000万株)で前場の取
引を終えている。NY市場は小幅な上昇ながらも、中国に対する警戒感から下げて
いた原油相場の反発や為替相場の落ち着きが好感された。ただ、シカゴ先物にさや
寄せする格好から10500円を回復して始まったものの、その後は寄り付き30分間でつ
けた価格レンジ内でのこう着が続いている。前引けにかけては上海への警戒感を強
める格好から上げ幅を縮めているが、寄り付き直後の価格レンジ内である。東証1部
の騰落銘柄は値上り882に対して値下がり599、変わらず186と、値上り数が過半数を
占めている。物色の方向性は定まらず、材料株については値動きの軽い銘柄や、出
遅れ感のある化学株の一角に。
 上海市場は銀行株の弱い動きによって続落となっているが、織り込まれていると
考えられる。選挙の結果は予想されているものの、結果を受けた動きを見極めたい
ムードもあって、売り仕掛け的な動きも出難いであろう。引き続き値動きの良い材
料株などでの短期的な値幅取り狙いの動きが続きそうだ。上海の下げが嫌気されて
下へのバイアスを強めたとしても、選挙結果を受けて週明けの寄り付き辺りの上昇
を意識した、押し目でのポジション取りはありそうだ。期待感は後退しているが、
月末ドレッシングについても期待していない分、好反応を示す可能性もある。短期
筋にとっても週明けの寄り付きを狙ったオーバーウィークのリスクを取ることも考
えられる。

[クロージング]
政策実現性を見極めながらでの物色へ
 日経平均は反発。60.17円高の10534.14円(出来高概算19億2000万株)で取引を終
えている。NY市場は小幅な上昇ながらも、中国に対する警戒感から下げていた原
油相場の反発や為替相場の落ち着きが好感された。しかし、その後はこう着感を強
めており、上海への警戒感を強める格好から上げ幅を縮めると、後場寄り付き直後
には10471.63円とマイナスに転じる場面も。ただ、下げが加速することもなく、大
引けにかけてはバスケット買いの観測などもあって前引け水準に戻してきている。
 来週は選挙結果を受け、改めて政策内容でメリットの大きい銘柄への物色が強ま
る可能性はありそうだ。ただ、これまでに相当手を広げている面もあり、政策実現
性を見極めながらでの物色となると考えられ、新政権への期待を強めた全面高への
期待は限られよう。また、来週は月初に当たるため、米国では雇用統計など重要な
指標発表が控えているため、積極的なポジションは取りづらい。不安定な動きを続
ける中国本土市場の警戒感も手掛けづらい要因となるほか、引き続きCTAに絡む
商いの影響も受けやすいと考えられる。なお、日経平均は反発、反落を繰り返して
いるが、本日は予想通り反発となった。この流れが続くと、週初は反落か。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10534.14 +60.17
TOPIX969.31 +5.08
東証2部指数2336.02 +10.08
日経ジャスダック平均1253.42 +6.52
マザーズ指数451.73 -4.79
ヘラクレス指数637.62 -2.48
東証1部出来高19.27億株
東証1部騰落レシオ106.86%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に続伸しダウは8日続伸となった。前半は手仕舞い売り優勢
で軟調な展開だったものの、後半は買い戻しの動きも手伝い結局プラス圏に戻す
展開。米株高を好感し、日経平均堅調に始まるものの寄り後は方向感乏しい揉み
合いが続く。後場は中国株安を嫌気し売られて日経平均マイナスに転じるも更に
売り込む動き見られず10500円前後での揉み合いに。結局日経平均はプラスで引け
た。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、みずほ、クレディスイス、オ
リックス、UBS、岡三、GS。売り越しは大和、立花、野村、バークレイズ、BNPパ
リバ、JPモルガンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4574大幸薬品 4430円 +460
大幅反発。朝方は軟調で3720円まで売られる場面もあったが、その後は戻り基調
の展開に。今週月曜日に4830円の高値を付けてから調整色強まっていたが、早く
もリバウンドの動き。8/20に空けている窓を今日はしっかりと埋めてから反発し
ておりセオリー通りの動き。このまま再度高値を目指す展開にもあり得るが、い
ずれは更に下方に空いている窓を埋めに向かうのではと・・・。ただその窓埋め
るには3000円割れまで下落する必要があるだけに、同社株はそこまで下げないと
見る向き多く、埋めない窓の可能性もあるとの見解も・・・。

2784アルフレッサHD 4210円 -470
一時ストップ安に。昨日同社は最大で約800万株の大規模な公募増資を行うと発表。
約19%も発行株数が増加することになり希薄化を嫌気され今日は寄り付きから売
り込まれている。最近の公募増資後の株価動向のパターンとしては、公募価格決
定まで弱含みの展開で推移し、場合によっては売り込まれていくことも多い。し
かし公募価格決定後は買われる動きになりやすいようだ。いずれにしろ目先的に
は無理してまで買う必要は無さそうだと・・・。公募価格は早ければ9/9に決定
する。

6472NTN 441円 -7
14:45頃までプラス圏での堅調推移となっていたものの、突如売り込まれて一気に
マイナス圏まで転落している。一部報道で同社は午後4時半から公募増資について
記者会見を行うと報じられた事がきっかけのようだ。公募増資の規模など具体的
な事は解っていないが、今日は昨日はトクヤマ、今日はアルフレッサHDが公募増
資発表後に派手に売り込まれているだけに、ここも明日は派手に売られるとの見
方から先回り売りが出た様子。同社は引け後に5400万株の公募増資を実施すると
発表した。発行株済み株数の約12%にあたる。

6674GSユアサ 834円 -9
軟調。今朝の日経新聞ではリチウムイオン電池の回収、再利用事業に乗り出すと
報じている。これを好感してか朝方は多少買われる場面も見られたが、買いは続
かず結局売られていく展開に。最近は朝方物色されても買い続かないことも多く、
既に同社株は物色対象外になってきているようだ。ただ以前までは人気株だった
だけに上値のシコリはまだまだ多い状況。ダラ下げトレンド出ている状況だが、
どこかで見切り売りが加速して、下げ加速と言う状況になるのではと警戒する市
場筋多し。依然として連動性も見られる6508明電舎も軟調となっている。

8844コスモイニシア 64円 +19
後場14時に日経ニュースで大和ハウスが同社の優先株引き受け、両社でマンショ
ンの共同開発を行うと報じられた。これを機に物色されて大幅上昇。飛びつくよ
うな材料でも無いものの、同社は事業再生ADR手続きで再生を目指しているだけ
に、資金調達は好感されやすいようだ。基本的には短期資金中心の物色だとの見
方。低位株だと言うことも短期資金集まりやすかったようだ。先行き不透明感は
依然強いだけに、続く物色にはなりにくいとの声も多いが、再建期待強まったと
は言う事を背景に短期資金中心の物色が続く可能性もあるのではと・・・。

4007日本化成 226円 +27
商い伴って大幅上昇。環境関連の低位株物色の流れ。最近は日替わり的に環境関
連株でしかも低位株が物色されているが、今日はここが目を付けられたようだ。
同社株も環境絡みの事業も行っており関連株としての位置付けもある。一昨日は
4092日本化学工業、昨日は6974日本インター、そして今日は日本化成が、突如商
い急増して大幅高を演じている。共通点は、まだそれほど物色されておらず低位
であり比較的に小型の環境関連株。ちなみに6974日本インターは今日も大幅高と
なっている。いずれも商い伴った物色が2日続いている事から、日本化成ももう
1日物色続くのではと見る向きも・・・。

===============
◆◇8/31(月)の主な予定!◇◆
===============
7月鉱工業生産(8:50)
7月商業販売統計(8:50)
7月毎月勤労統計(10:30)
7月自動車生産(13:00)
7月住宅着工戸数(14:00)
7月建設工事受注(14:00)
ザッパラス、菱洋エレク、くらコーポなど決算発表
印4-6月GDP
ユーロ圏8月消費者物価指数
英国市場休場「バンクホリデー」
米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
[動いた株・出来た株]

*フージャース<8907> 9400 +1000
前日の急落からリバウンド狙った値幅取り商いが中心か。

*関東自動車<7223> 926 +97
直近では自動車部品セクターの中でも極めて軟調な動きを続けており。

*福田組<1899> 198 +17
民主党の小沢一郎氏と関連する銘柄とも。

*日東製網<3524> 151 +11
民主党マニフェスト関連の一角でもあり。

*ジェイテクト<6473> 1240 +67
前日にはメリルが「中立」から「買い」に格上げ。

*ケイヒン<9312> 139 +7
民主党政策でメリット受ける陸運セクターの出遅れとして。

*牧野フライス<6135> 371 +18
航空機関連の一角としても位置づけられ。

*山村硝子<5210> 302 -13
昨日は株式新聞に取りあげられて大幅高となり。

*東光<6801> 169 -7
前日急騰で短期資金の利食い売りが優勢となる。

*エルピーダ<6665> 1443 -57
直近では好材料相次いだが上値も重くなり。

*明電舎<6508> 527 -19
荷もたれ感も強まって見切り売りの動きが強まった状況。

*大幸薬品<4574> 4430 +460
調整一巡感も強まり押し目買いの動き活発化の格好にも。

*ダイソー<4046> 269 +18
インフルエンザ関連の一角として短期資金が思惑視も。

*ベネッセ<9783> 4520 +150
子育て関連の中心銘柄として衆院選前に期待先行。

(前場)
*新日科学<2395> 953 カ
信用売り方の踏み上げの動きが継続する格好に。

*日本インター<6974> 324 +47
テクニカル妙味などはやして前日から急伸、値動きの軽さで物色向かう。

*東京電波<6900> 735 +100
村田製作所との資本・業務提携が好感材料とされる。

*日本化成<4007> 228 +29
環境関連の低位材料株として人気継続、排ガス規制の強化など手掛かりに。

*シンフォニア<6507> 257 +25
100%自然エネルギーで賄う発電システムを開発と。

*大日精化工業<4116> 330 +24
最終損益の上方修正引き続き手掛かりか、生化学分野の展開なども。

*IIJ<3774> 242100 +17600
大塚商会の株価急騰でクラウド関連として資金向かう格好にも。

*シミック<2309> 28500 +2000
第1相治験支援に進出、第3相まで対応などとも一部で報じられている。

*カシオ計算機<6952> 909 +62
NECや日立と携帯電話機事業の統合検討と一部で報じられている。

*積水化成品<4228> 387 +26
目立った材料は見当たらず、割安感などに関心向かう格好か。

*大塚商会<4768> 5670 +370
クラウド事業参入、販売管理ソフトなど提供と伝わっている。

*ユニプレス<5949> 1199 +78
前日には野村が目標株価を1400円まで引き上げていた。

*新東工業<6339> 783 +41
現時点では材料見当たらないが、寄り付きから急伸。

*イーグル工業<6486> 536 +28
米ロケットメーカーより、メカニカルシールの開発契約を受注と発表。

*大陽日酸<4091> 1022 +53
CSでは「アウトP」に格上げ、目標株価を1200円としている。

*林兼産業<2286> 135 +7
調整一巡感強まる、クロマグロ養殖関連として人気継続。

*新光電気工業<6967> 1700 +88
バークレイズでは「オーバーW」に格上げ、1760円目標としている。

*プレス工業<7246> 235 +12
いすゞや日野などと同様にトラック関連として上値追いが継続。

*フォスター電機<6794> 1929 +97
iPhoneの中国発売などにも期待感か。

*NOK<7240> 1339 +65
三菱UFJの格上げ以降は上値追いの展開となっており。

*モリタHLDG<6455> 526 +25
株価の上昇ピッチ速まるなか、本日は買い戻し活発化か。

*NTN<6472> 470 +22
前日にメリルでは「アンダーP」から「中立」に格上げへ。

*神鋼商事<8075> 177 +8
寄り付きの急騰後はじり安、需給要因主導の展開と観測。

*シーケーディ<6407> 559 +25
前日に業績上方修正、リチウム電池製造装置なども手掛けており。

*森永乳業<2264> 400 +17
大和では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

*いすゞ<7202> 222 +9
前日も長い下ヒゲつけて下げ渋る、改めて買い戻し優勢に。

*リコー<7752> 1386 +53
足元で強い動きが目立つ、取組妙味なども手掛かりか。

*ヤフー<4689> 31300 +1150
調整一巡感からリバウンド狙いの動きか、目立った材料も観測されず。

*ディスコ<6146> 5610 +200
取り組み妙味も強く相対的な買い安心感で。

*日電工<5563> 745 +26
本日は株式新聞で大きく取りあげられている。

*アルフレッサ<2784> 4200 -480
想定外のファイナンス発表を嫌気、需給懸念や希薄化懸念強まる。

*シークス<7613> 745 -54
需給妙味の強まりを背景とした直近の急騰に過熱警戒感も。

*GSIクレオス<8101> 114 -6
前日の人気化受けて利食い売りの動きが優勢に。

*クミアイ化学工業<4996> 395 -18
農業関連人気も沈静化で見切り売りに押される。

*パーク24<4666> 957 -42
昨日好決算を発表も短期的な出尽くし感が先行で。

*NIPPO<1881> 809 -34
昨日は目立った材料ないまま上昇目立ち、選挙控えて戻り売りへ。

*東海染工<3577> 143 -6
週末要因も重なって、改めて処分売りの動きが強まる。

*イビデン<4062> 3130 -130
新光電工とは対照的な動き、リバランスなどの動き発生か。

*イワキ<8095> 320 -10
インフル関連として賑わったが、さすがに過熱警戒感優勢に。

*シキボウ<3109> 263 -8
出来高一段と縮小と人気離散へ。

*みずほFG<8411> 227 +3
大引けでTOPIX連動資金の流入も見込まれてはいるが。

*西松建設<1820> 174 +4
衆院選を週末に控えてポジション整理の動きなどか。

*日本化学工業<4092> 339 -7
大和では前日にややネガティブなレポートをリリース。

*富士火災海上保険<8763> 130 -1
米AIGの株価急騰で思惑的な動きにも。

*全日本空輸<9202> 288 +4
ボーイングが「787」納入時期を発表でプラス材料視。

*GSユアサ<6674> 838 -5
リチウム回収網整備と伝わっているが、期待材料にはつながらず。

*オリックス<8591> 7140 +50
米国でのシティやAIGの株価上昇が買い戻し誘う動きにも。

*信越化学<4063> 5540 +160
米住宅着工回復に伴う塩ビ需要の回復期待なども。

*パルステック<6894> 104 -12
前日急騰の反動、短期資金の回転売買の動きで。

*東福製粉<2006> 97 +28
100円割れの低PBR銘柄を循環物色する動きに。

*グローリー<6457> 2160 +100
本日は売り方の買い戻しが一段と活発化との見方。

*ミライアル<4238> 2415カ
上期営業損益を5.4億円の赤字から2.6億円の黒字に上方修正。

*日エスコン<8892> 5440カ
前日開催している第2回債権者会議を材料視と。

*IMI<7503> 2190 +254
新型インフル関連の出遅れ銘柄として物色向かう。

*第一精工<6640> 4480 +340
みずほでは投資判断を「1」に格上げ、目標株価6500円に。

*パイオン<2799> 12300 +850
債務超過の解消を材料視。

*竹内製<6432> 1009 +63
「欧米での建機需要に下げ止まり感」との広報担当のコメントが一部で伝わる。

*インターアク<7725> 34000カ
太陽光発電関連の中国社との業務提携を引き続き材料視。

*応用医研<2123> 1410カ +200
親会社のシミックに連れ高。

*コネクトテク<3736> 15140 +1440
出来高急増で大口の処分売りも一巡との見方。

*アクロディア<3823> 68300 +2000
子会社の財務健全化策を好感と。

*ウインテスト<6721> 25500 -2000
連日の株価急騰の反動安となる。

*アルデプロ<8925> 1369 -51
前日は伸び悩み、過熱警戒感が強まる流れに。

*TXBB<3786> 122000 -1000
業績上方修正で前日はストップ高も本日は利食いが先行へ。

*エンJPN<4849> 115000 -4000
前日は野村の2段階格上げにも反応薄で。
8月28日(金)

H「週末の日経平均はしっかりと反発した。依然として上げ下げを交互に繰り返すテンコ相場が続いている。」

K「ただ今日はきわどかったな。逆に日経平均よくぞプラスで引けたと言えるだろう。昨晩の米国市場は小幅高で返ってきたが、為替が依然として円高水準と言うことや、今朝発表された失業率やCPIなど経済指標が悪かった。それに上海市場が結構下げていた事も警戒はされた。」

H「まあ確かに朝発表された経済指標は殆ど無視と言う状況で嫌気する動きは見られていなかった。ただ後場には上海市場の下落を嫌気し日経平均はマイナスに転じる場面もあった。」

K「ああ。ただそれでも売り込む動きは続かず、すぐにプラスに戻している。今日などは先物である程度売り崩そうと思えば売り崩せただろう。」

H「だろうな。週末、総選挙前ということもあり参加者は乏しい状況だったからな。先物を強引に売り崩すことは確かに可能だったと言える。でもその気がなかったという訳か・・。」

K「ああ。というよりは、結局売り崩したい向きなどいないと言うことかもな。最近はクレディスイスの大規模な売り手口が話題になっているが、それは株価を下げたいという売りではないと言うことだ。」

H「というとつまり?」

K「何らかの裁定取引と言うことだろ。例えば株先売りの債先買いといったオペレーション取引だ。それだけに基本的には下げていくことが目的ではなく、あくまでも裁定取引によるサヤ取りだと言える。」

H「確かに売り崩して株価を下げさせる事が目的ならば、今日などは絶好だったようにも思えるしな。」

K「まあ内部事情は知らないが、今日の手口見るとクレディスイスは買い越しとなっている。日経先物は大した買い越しではないが、TOPIX先物は2500枚以上の買い越しとなっている。」

H「まあ来週のクレディスイスの動向には振り回さそうだな。」

K「そうだな。ただ月が変わることによってクレディスイスの動きも変わる可能性もある。正確にはクレディスイスでなく、クレディスイスを利用しているCTAやヘッジファンドだけどな。」

H「しかし米国市場も強いな。ダウは昨日の上昇で8日続伸だ。2年5ヶ月ぶりの事だそうだ。7月にはナスダック指数が12連勝していたし米株の強さは依然として続いている状況だな。」

K「ああ。昨晩の米国市場はGDP改定値が予測を上回ったにも関わらず軟調に始まり、その後も売られる展開だった。それだけにさすがの米国市場も昨晩は下げると思ったものの、プラスで返ってきたからな。確かに強い相場が続いていると言えるだろう。」

H「結構高値警戒感から手仕舞い売りも多いようだが、しっかりとそれをこなして上げてきている。それだけに回転が利いていると言えるし、強い買いも継続的に入ってきていると言えるんじゃないか・・。」

K「確かに日本市場よりは実需の買いが米国は入っているだろうな。しかし上値の重さも徐々に強まっており、好材料の反応も鈍さが見られてきている。それだけに警戒は必要だろう。」

H「だろうな。ただ来週は重要な米経済指標がいくつかある。ISM製造業景気指数や雇用統計だ。」

K「まあISM製造業景気数は最近非常に良いだけに今回も期待はされているだろう。問題は雇用統計だよな。前回は良かったものの、ブレの大きい指標だけに波乱要因にもなりやすい。ただ問題はこれらが良いとしても、更に好感されて株価は上げていけるのかどうかだろう。織り込まれていると言われても何ら不思議はない。」

H「そうだな。当然悪ければ失望から売られるだろうけど、良ければ本当に買われるのかという事もあるわな。」

K「ああ。出尽くしと言うことも当然ある。ただそれはそれで悪くはない。調整こなして再び上げていける可能性は強いからな。逆に経済指標悪くて売り込まれるのは、同じ売られるのでも出尽くしで売られるのとは意味が違う。」

H「だろうな。いずれにしろ来週の動向は重要だな。日本国内では総選挙後ということになるだけに尚更だ。」

K「政権交代は織り込み済みだが、海外勢の動向に変化が出てくるのかどうかだろうな。また同じ政権交代でも内容によって違ってくるだろう。例えば民主党が単独で過半数取れるかどうかでも変わってくる。やはり単独与党の法が政策がやりやすいため、安定政権が期待できる。」

H「やはり海外勢に限らず投資家としては安定政権を好む。やはり政局不安ではなかなか積極的には投資しにくいからな。」

K「ああ。更に言えば、同じ単独与党でも、議席数を3分に2以上取れるかどうかによってもまた変わってくるだろうな。まあ一部ではそれも可能だとの見方もあるようだが、現実的には厳しいだろうな。」

H「ただ結局は最初だけだろ。議席数で安定政権になるかどうか判断されるのは・・・。やはり実際に結果を出していかないことにはな。財源の問題など色々な不透明な点は多く、単なる票取り公約で終わるようなら幾ら単独与党になっても安定政権は望めない。」

K「そうだな。明後日の総選挙、どういう結果になるのか非常に楽しみだ。」

H「ああ。歴史的な選挙となる可能性もあり、注目しておきたい。もちろん投票にもいくつもりだ。」

K「そうだな、歴史的な選挙に参加しないわけにはいかないからな。」
2009.8.28先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ミャンコ先生こんにちわ。
いつも勉強させてもらってます。

質問です。
よくミャンコ先生は「強そうだから買った」と仰いますが、
ミャンコ先生にとっての個別の強さを見極めるポイントって何ですか?

僕は3日分の5分足でのテクニカルポイントでの売買のされかたに注目し、
全体を通して上がり方よりも下がり方に重点をおいてます。
チンパ3号 #3moXyzm.|2009/08/28(金) 20:10 [ 編集 ]
チンパ3号さん、どもー

たとえば先物がどんどん下げてるのに
ある銘柄は全然下がらない
板を見てると子供の売りは降って来ては
買い板がなくなりそうになったら
大人がすかさず買いを出してたりすると
これは強いな上に行くなと判断したりします
まあ、これだけじゃなくいろいろと判断の仕方はあるんですが
基本的な考え方は
←サイドバーにある、うさぎさんのブログを参考にさせてもらいました
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/08/29(土) 21:56 [ 編集 ]
ミャンコ先生のアドバイスを参考にしながら、
強弱の判断がうまくなるように週明けから頑張ってみたいと思います。

あと、うさぎさんのブログを見てみましたが、
現在はブログ更新してないんですか?
チンパ3号 #3moXyzm.|2009/08/30(日) 16:12 [ 編集 ]
チンパ3号さん、どもー

ウサギさんはブログやめちゃいました。
その代わりブログはそのまんま残していってくれました。
めちゃんこ参考になりますよ。
あとは自分なりにアレンジしてください。
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/09/01(火) 01:48 [ 編集 ]
過去の記事でも参考になるんですか。
では、少し勉強してみます。
ありがとうございました!


チンパ3号 #3moXyzm.|2009/09/01(火) 11:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。