(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.26【ひとまず利益を確定させる動きも】

2009/08/26 11:14|未分類CM:0
NY指数が良くて上げたけど
原油が下がったことで上値が重かったとか

寄りが8月限SQ値10609.42より下で
その後上昇もSQ値前で足踏み状態
ここ抜けて終われば上が見えてくるのに

東京個別のヤロー
昨日242で買ってカットして
今日も見てきたけど一気かよ

持ち越しと
電化、荏原で利益
小型がぶっ飛んでるけど買えてない

後場
SQ値突破でござんす
学研とか東京個別とか秀英予備校とか
早稲田アカデミーとか城南とかスタジオアリスとか
子育て関連が強かった
この辺のテーマ明日も続くか
選挙前までだと思うから
そんなに持たないと思うが


[株式オープニングコメント]
*08:13JST 8月SQ値意識、CTA、トヨタの行方に注目
 25日のNY市場は上昇。ダウ平均は30.01ドル高の9539.29、ナスダックは6.25ポ
イント高の2024.23で取引を終了した。6月ケース・シラー住宅価格指数や8月消費者
信頼感指数が相次いで予想を上回ったことから、終日堅調な展開となった。また、
オバマ大統領がバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の再任を発表したことも好
感されたようだ。セクター別では自動車・同部品や小売が上昇した一方、エネルギ
ーや食品・飲料・タバコが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比105円高
の10605円、円建ては同85円高の10585円。ADRの日本株は花王、ブリヂストン、
コマツ、日電産、デンソー、京セラ、トヨタ、任天堂など対東証比較(1ドル94.20
円換算)で全般堅調。
 本日の日本株市場は日柄的にも反発が予想されていたが、好調な経済指標を好感
したNY市場の上昇の支援材料もあって、日経平均は週初の高値レベルを意識した
スタートとなりそうである。シカゴ先物の高値を意識するようだと、8月限SQ値
(10609.42)をクリアしてくる可能性もあり、先高観を強めてくることも考えられ
る。ただし、昨日買いの入らなかったCTA(商品投資顧問会社)については買い
が期待されるものの、原油相場の下落といった商品市況が下げていることもあり、
過度な期待は禁物かもしれない。また、NY市場の流れから自動車セクターの上昇
が期待される半面、トヨタの生産能力縮小に踏み切るとの報道に対する反応は見極
めたいところであろう。資源系セクターに加えて、トヨタが弱い動きをみせてしま
うようだと、日経平均の上値の重さが意識されてくる可能性はありそうだ。トヨタ
の動向は注目である。
 一方、先物主導によるインデックス絡みの商いによって一気にSQ値をクリアし
てくるようだと、これらの懸念は後退することになり、アク抜け意識的な心理から
リバウンド基調を強めやすい。昨日は大証2部の低位材料株などの相次ぐ急騰など、
完全に値動きのみを手掛りにしている状況から質の悪さが感じられていたこともあ
り、主力処の強い動きに期待したいところである。とは言え、材料株に集中しやす
い面もあるため、インフルエンザ関連のほかリチウムイオン電池関連といった新エ
ネルギーへの注目は根強いであろう。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、経済指標好感し6日続伸
・6月の米S&P住宅価格指数、2カ月連続で上昇
・8月の米消費者信頼感指数、3カ月ぶり上昇
・SOX指数、反発
・NY債券市場、2日続伸(10年債利回り0.04%下落)
・NY金相場、反発
・欧州株、続伸

弱気材料
・LMEニッケル先物、5日ぶり反落
・バルチック海運指数、6日続落
・DRAMスポット、4日続落
・日経平均、反落
・東証1部の売買代金、約1カ月ぶりの低水準
・東証REIT指数、5日ぶり反落
・長期金利、2日続伸(10年債利回り0.005%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(94円18銭-20銭)
・NY原油先物、3日ぶり反落(1バレル=72.05ドル)
・信用買い残、2週連続で増加
・民主党、党税調廃止観測
・東電の柏崎刈羽原発、きょう試運転開始
・トヨタ、生産能力大幅縮小観測
・7月の貿易統計
・8月の独IFO景況感指数
・7月の米耐久財受注
・7月の米新築住宅販売

[サポート&レジスタンス]

終値           10497
5日移動平均       10381
標準偏差+2σ      10745
レジスタンス(2)    10608
レジスタンス(1)    10553
ピボット         10511
サポート(1)      10456
サポート(2)      10415
転換線          10386
25日移動平均      10287
基準線          10070
標準偏差-2σ       9828
先行スパンB        9584
100日移動平均      9575
先行スパンA        9470
200日移動平均      8870

[ランチタイムコメント]
SQ値突破はトヨタの転換待ち
 日経平均は反発。67.20円高の10564.56円(出来高概算8億9000万株)で前場の取
引を終えている。好調な経済指標を好感した海外市場の上昇を好感し、日経平均は
10500円を回復して始まっている。しかし、8月限SQ値(10609.42)を前に上値の
重さが意識されており、10600円手前の水準でのこう着となっている。物色は材料株
に集中している状況であり、リチウムイオン電池などを手掛りとした化学セクター
のほか、学習塾など民主党政権を意識した関連のテーマ銘柄での値幅取りの動き
に。東証1部の騰落銘柄は値上りが1000を超えている状況であるが、そのほとんどが
朝方の上昇後はもみ合いを続けており、短期資金は値動きの軽さを意識した銘柄に
偏っている。
 10550円レベルでの底堅さは意識されている状況であるが、一方で8月限SQ値
(10609.42)を超えられない。トヨタが週足の一目均衡表の雲上限(4147円)の手
前レベルでの攻防を続けているが、マーケットへのインパクトを考えると、雲を突
破してくるまでは全体の底上げは期待しづらいであろう。そのため、物色は引き続
きテーマ性のある材料株での値幅取り狙いとなる。特に、このところは動きのなか
った銘柄が急騰する場面が目立っている。需給が悪い銘柄などシコリのある銘柄も
多い。急騰によってシコリを解す動きともみられており、継続的な上昇というより
は日替わり的な物色としてみておきたい。

[クロージング]
ひとまず利益を確定させる動きも
 日経平均は後場一段高となり、142.35円高の10639.71円(出来高概算19億8000万
株)で取引を終えた。これにより、8月限SQ値(10609.42)をクリアしたほか、8
月14日以来の年初来高値を更新した。8月限SQ値を前にこう着感を強めていたが、
中国市場の強い動きに刺激される格好から後場に入り強い動きをみせ、SQ値をク
リアした辺りからショートカバーの動きを強めている。また、先物市場では断続的
な大口買いが入っていたことから、CTA(商品投資顧問会社)による買い戻しが
強まったとの思惑も手掛り材料となっていた。また、値動きの良さを手掛りとした
物色が強まっていたが、「リチウムイオン電池事業への参入」が伝わった三菱重工
が強い動きをみせるなど、主力処の強い動きによる安心感もあった。
 民主党政権を想定した関連銘柄に、広がりがみられてきている。週末には民主党
政権の発足を意識した、週明けの上昇を狙ったオーバーウィークのポジション取り
の動きが出そうであるが、明日についてはひとまず利益を確定させる動きも強まり
そうである。また、このところの材料株の急騰については、テーマ性があるものの
超短期的な値幅取り狙いが中心である。いったん動きが止まるようだと流動性の観
点からシコリを残すことも警戒しておく必要はあろう。そのなかで、三菱重工の材
料は好感される。株式自体は材料株のような軽さはないが、主力処への資金シフト
となれば相場全体の方向性にも明るさがみられてくる。これに、トヨタの強い抵抗
線である4150円レベルの突破が加われば、日経平均の11000円への意識が一段と高ま
るのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10639.71 +142.35
TOPIX975.59 +10.48
東証2部指数2330.51 +3.75
日経ジャスダック平均1246.92 +2.20
マザーズ指数459.78 +1.68
ヘラクレス指数645.08 +3.68
東証1部出来高19.88億株
東証1部騰落レシオ114.63%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に続伸。ケースシラー住宅価格指数や消費者信頼感指数が
良くダウは一時100ドル以上も上げる場面も。しかし原油先物相場が下落してく
るとエネルギー株が売られて相場を押し下げ小幅高で引けている。日経平均は米
株高を好感し堅調に始まり寄り後もしっかり。ただ手控え感は強く上値も限定的。
しかし後場に入るとアジア株が堅調な事などから先物に買い戻しの動き強まって
日経平均一段高に。その後も底堅い展開で推移し日経平均は年初来高値を更新。
日経先物の主な買い越し証券はGS、楽天、立花、UBS、ドイツ、岡三、松井、藍
澤。売り越しはモルガンS、カブコム、バークレイズ、BNPパリバ、大和、ニュー
エッジ、野村、JPモルガンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4092日本化学工業 323円 +66
大幅高で年初来高値を更新。一時336円まで買われる場面も。特に材料は見当たら
ないが、リチウムイオン電池部材関連として物色されているようだ。昨日は4080
田中化研、4109ステラケミ、4047関東電化、4100戸田工がいずれも年初来高値を
更新。これらはいずれもリチウムイオン電池部材関連株であることから、まだ物
色されていない関連株探しが始まった模様。同社は低位株と言うこともあり物色
されれば短期資金も集まりやすいようだ。今朝のGRAILメールでは本日の注目材料
株として取り上げた銘柄の一つ。また同社株は弊社スイング特選の推奨銘柄でも
ある。

9470学研 223円 +50
ストップ高。個別に材料が出たわけでは無いが、民主党関連株の出遅れ銘柄とし
て短期資金に目を付けられた模様。同社も学習塾などの運営をしており民主党関
連株だといえるのだが、全くと言っていいほど物色されていなかった。同社株の
派手な上昇に刺激を受け、他の学習塾株である4745東京個別、4678秀英予備校な
ども今日は派手に物色されている。物色の流れは未開拓な民主党関連株へと移っ
てきているようだ。基本的には続く物色ではないと見る向き多いが・・・。

8095イワキ 324円 +58
一時ストップ高まで買われる場面も。同社はインフルエンザ関連株。既に昨日ま
でもインフルエンザ関連株として物色されていたものの、今日は物色が加速して
一段高に。きっかけは株式新聞の記事のようであり、業績上ブレ期待も高まると
指摘している。板薄く流動性乏しい超小型株だけに、個人投資家が飛びついて暴
騰したようだ。小型株だけに空売り多く入っていれば逆日歩跳ね上がるという期
待もあり意外と物色続くこともあり得るのではと期待する声も・・・。

5943ノーリツ 1299円 +119
一時1330円まで買われる場面も。今朝のGRAILメールの本日の注目材料株として
取り上げた銘柄の一つ。昨日同社は家庭用太陽光発電システムの販売、施工を9
月から始めると発表。それを好感して買われているようだ。またクレディが住宅
セクターに関するリポートで、民主党は古い給油器は高効率給油器に強制的な買
い替えを公約として発表しており、同社株などが関連株として注目されると指摘
している。その公約が実現可能かは不透明ながら、今日はクレディのリポートが
刺激になり、民主党関連株の出遅れ銘柄として物色された面もあるようだ。

6723NECエレクトロニクス 980円 +100
ストップ高。今朝の日経新聞では経営統合予定の同社とルネサステクノロジーに
対し日立、三菱電機、NECが2000億円規模の支援を実施する事で最終調整に入った
と報じている。財務強化を素直に好感されたようだ。また一部では両社の統合は
流れるのではという懸念も出ていたこともあり、その懸念が払拭されたという点
でも好感されている模様。これも今朝のGRAILメールで本日の注目材料株として
取り上げた銘柄。ちなみに今朝のGRAILメールで取り上げた注目銘柄は、NECエレ
ク、クレハ、日本化学工業、ノーリツの4銘柄。昼のGRAILメールで取り上げた後
場の注目銘柄は8895アーネストワンの1銘柄。

2193クックパッド 28490円 +2760(最終気配28730円特買い)
最終気配は28730円のストップ高。スピード調整完了で早くも派手にリバウンド
してきた格好。きっかけは昨日放映されたTV番組「ガイアの夜明け」。その来週
の予告で「作ってみたい」を応援する新ビジネスと題して、同社サイトが紹介さ
れる模様。TVでサイトが紹介されれば、利用者増に繋がり、株価インパクトも期
待できるとの思惑から、今日は先回り的に買いが集まったようだ。ただ単なる短
期資金によるリバウンド狙いの物色であり、続いていくような思惑でも無いと冷
静な声も・・・。

7011三菱重工 389円 +18
後場一段高に。同社は昼にリチウムイオン電池の量産に向けた新工場を2010年秋
ごろまでに稼働させると発表。既に先週19日の日刊工業新聞で報じられていた事
だが、正式発表されたことにより短期資金による物色材料になったようだ。最近
の同社株は日経平均への連動性も乏しく揉み合い相場続けていたが、今日の上昇
で揉み合い上離れた格好。ディーラー入りやすい銘柄なだけに明日も物色続く期
待もあるのではと見る向きも少なくないようだ。

6995東海理化 1780円 -55
地合に逆行安で25日移動平均線を割り込んでいる。昨日、トヨタが発表した中国
でのリコール問題で、原因は東海理化の中国現地法人だと現地の新聞が報じてい
るようだ。それが国内でも報じられ今日は嫌気されている模様。東海理化の中国
現地法人の製造部品がリコール対象になっていると・・・。業績への影響なども
警戒されているようで今日は取りあえず手仕舞いする向きが多かった様子。ただ
実際の影響は軽微との見方もあるようだ。

===============
◆◇8/27(木)の主な予定!◇◆
===============
パーク24など決算発表
米7年債入札(280億ドル)
米新規失業保険申請件数(21:30)
米4-6月GDP改定値(21:30)
デルなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*日本化成<4007> 194 +18
環境関連の低位材料株として物色、6月以降の抵抗線突破で勢い。

*アーネストワン<8895> 829 +68
民主党政策期待関連銘柄としても位置づけられており。

*タクトホーム<8915> 62500 +5000
東栄住宅やアーネストワンの株高も刺激か。

*第一工業製薬<4461> 277 +22
6月以降の上値抵抗線を明確に突破で上値妙味広がる。

*東光電気<6921> 536 +42
前日にはスマートグリッド関連の一角が買われており。

*理想科学<6413> 1301 -106
前日に業績修正を発表、最終損益は大幅に下方修正で。

*いすゞ<7202> 218 -7
短期的な過熱警戒感も強まる、足元はセクター内でも強い動き。

*林兼産業<2286> 130 -4
商いも漸減傾向で個人投資家の見切り売り圧力強まる。

*スギHD<7649> 2105 -60
インフルエンザ関連株安の流れにも押される。

(前場)
*佐鳥電機<7420> 696 カ
株式新聞が注目銘柄に取り上げてはいるが。

*シークス<7613> 716 カ
売り残増加による取組妙味の高まりも上昇材料に。

*学習研究社<9470> 223 +50
子育て関連の出遅れ銘柄として短期資金の矛先が向かう。

*東京個別<4745> 293 +63
本日は学習塾関連の一角などが民主党政策期待銘柄として人気化。

*イワキ<8095> 335 +69
インフルエンザ関連での収益寄与が大きい銘柄としてはやされる。

*日本化学工業<4092> 320 +63
セ硝子向けに電解液不燃剤などを供給するメーカーとして物色。

*エンプラス<6961> 1820 +300
みずほでは投資判断を新規に「1」、目標株価2250円に設定。

*セントラル硝子<4044> 495 +66
みずほでは投資判断を「3」から「1」に格上げしている。

*新日本科学<2395> 753 +100
売り方の踏み上げの動きが株価上昇を主導する格好で。

*フージャース<8907> 9220 +1000
前日から急騰、7月高値水準も上回り上値余地も広がる。

*NECエレク<6723> 980 +100
ルネサスとの統合に向けて各社が金融支援などと伝わっており。

*ノーリツ<5943> 1298 +118
民主党政策による給湯器の需要拡大期待に注目が向かう。

*イエローハット<9882> 860 +59
高速道路料金引き下げなど民主党政策期待銘柄として。

*ファンケル<4921> 1264 +85
中国の販売代理店と資本提携、中国での販売拡大期待につながる。

*東栄住宅<8875> 808 +53
新規の材料は観測されないが、仕手性の強さから材料株物色の流れ波及か。

*東京製鉄<5423> 1175 +77
共英製鋼の鉄筋用棒鋼値上げなどは伝わっているが。

*大京<8840> 238 +15
オリックスなどと同様に売り方の買い戻しが優勢と観測。

*日本カーボン<5302> 338 +20
リチウム電池関連の一角としての評価も。

*高岳製作所<6621> 335 +19
リチウム電池関連などの人気化からエコカー関連として物色向かう。

*IIJ<3774> 215300 +12000
クラウドコンピューティングの関連銘柄として関心高まっているようだが。

*ステラケミファ<4109> 4520 +240
電解質の大手であり、リチウム電池関連の周辺銘柄として物色へ。

*シチズンHLDG<7762> 562 +28
目立った材料もなく、信用倍率0.3倍といった需給要因か。

*東洋エンジ<6330> 345 +17
石化プラントを中国で受注などと報じられている。

*スタジオアリス<2305> 934 +45
子育て関連銘柄の一角との位置づけで。

*東京製綱<5981> 326 +15
太陽電池関連の材料株の一角として政策期待を反映の動きか。

*NOK<7240> 1294 +52
三菱UFJでは投資判断を「3」から「2」へ格上げで。

*ITHD<3626> 1352 +53
底値到達感からのリバウンド継続、マド埋め期待にも。

*荏原<6361> 437 +17
業績トレンドの変化など期待で上値追い、需給妙味なども強く。

*東海染工<3577> 140 -15
マスク関連として賑わってきた反動が強まる。

*大垣共立銀行<8361> 369 -33
公募増資など発表による需給懸念や希薄化懸念で。

*フェイス<4295> 13350 -1150
短期的な過熱警戒感強まり、利食いの動きが先行か。

*兼松日産農林<7961> 157 -9
環境対策に配慮した新工法開発報道で足元は人気化も。

*東海理化<6995> 1766 -69
特に目立った材料は観測されず、比較的トヨタ系部品各社伸び悩みだが。

*新興プランテック<6379> 846 -32
悪材料は特に観測されないが、上値の重さ嫌った処分売りと観測。

*シキボウ<3109> 265 -10
信用取引規制強化の動きなどもマイナス材料になる格好。

*日本エアーテック<6291> 771 -29
株価の上昇が目立ったインフルエンザ関連銘柄であり。

*アイフル<8515> 272 -10
ムーディーズの武富士格付け引き下げなども懸念材料視。

*イマージュHLDG<9947> 223 -8
2・8月決算銘柄、株主優待権利落ちが影響へ。

*トーア紡<3204> 86 -3
低位の繊維株は軒並み軟調な動きとなり。

*松竹<9601> 806 -27
株主優待権利落ちで売られる。

*ユニチカ<3103> 93 -3
マスク関連として賑わった低位繊維株は総じて軟調推移。

*ローソン<2651> 4040 -130
高配当利回り銘柄、中間配当権利落ちで。

*東芝<6502> 479 +8
主力の一角には米国年金と見られる資金流入なども観測と。

*みずほFG<8411> 226 +1
住宅関連指標上ブレなどで米国金融株は上昇へ。

*電気化学工業<4061> 411 +3
インフル関連には強弱感も対立、売り買い交錯へ。

*日本電気<6701> 341 +10
NECエレクの統合の動きにも前進が見られ。

*新日本製鉄<5401> 375 +3
モルガンでは輸出水準回復で鉄鋼業界の稼働率は回復へと。

*戸田工業<4100> 819 +23
需給妙味も強まり買い先行も、急速に伸び悩む展開へ。

*日油<4403> 552 -1
インフルエンザ関連は総じて利食い売りに押される格好へ。

*トヨタ<7203> 4110 +60
生産能力100万台削減報道などポジティブに捉えられる。

*オリックス<8591> 6680 +150
高値水準接近に伴い買い戻しの動きも急がれる格好か。

*三菱商事<8058> 1909 -16
資源価格の下落で総合商社は売り対象にも。

*東京コスモス<6772> 125 +19
2部市場で値頃感の強い材料株を物色する動きが波及へ。

*ラピーヌ<8143> 105 +15
高島屋と共同開発の「プロトラピーヌ」期待も。

*TOWA<6315> 656 +30
LED関連にはポジティブなニュースフローも相次ぎ。

*トープラ<5954> 101 -16
過熱感からの利食い売り先行、前日も急速な伸び悩みへ。

*オリチエン<6380> 84 -12
昨日急騰した大証2部低位株では利食い優勢のもの多い。

*エフワン<8128> 113 +23
前日急騰の地合い引き継ぐ、値動きの軽さから短期資金流入継続。

*カイノス<4556> 460 +80
利食い売り一巡から新型インフル関連として再度物色。

*BIG<9439> 8300カ +1000
株主優待制度の一部変更が好感される格好に。

*プロパスト<3236> 19360 +570
節目の2万円回復で利食い売りの動きも。

*ウインテスト<6721> 25500カ
前期営業損益は0.18億円の赤字から0.06億円の赤字に上方修正。

*JDC<4815> 2090カ
監理銘柄(審査中)指定の解除を好感。

*クックパッド<2193> 28490 +2760
調整一巡感強まり、短期資金の矛先が向かう展開か。

*フォトニクス<7708> 12900カ +2000
節目の1万円で下げ止まったことから反発気運。

*アールテック<4573> 216100 +7200
「UF-21 0.15%」の第2相臨床試験の症例登録完了を好感。

*JTEC<7774> 91200 -5000
7月高値との二点天井形成懸念。

*コネクトテク<3736> 15700ウ
株価急落を受けての狼狽売りが依然続く。

*アエリア<3758> 58700 -4000
直近高値突破しきれずダブルトップ形成への懸念。

8月26日(水)

H「日経平均は大幅に反転し年初来高値を更新した。昨晩の米国市場は上昇したとはいえ小幅高程度であり、それを考えれば今日の日本株は強かったと言える。」

K「そうだな。まして為替が依然として円高気味であることも考えれば、ちょっとこの強さは違和感を感じるよな。」

H「相変わらず商いは言うほど膨らまず先物主導の動向が続いているしな。」

K「まあ、昨晩の米国市場が小幅高程度だったとはいえ、経済指標がどれも良く好感されるのは解らないでもない。住宅価格指数や消費者信頼感指数も良かっただけに、米景気の先行き期待が強まったわけだからな。」

H「ああ。米景気が先行き良くなるならば日本の輸出企業も当然恩恵を受けることになり、買われる理由になる。」

K「ただ住宅価格指数にしてもまだまだ低水準だし、本当に底打ちしたとはまだ言い切れない。消費者信頼感指数も予測を大幅に上回ったものの、楽観的になれる状況にはない。つまり今日の上昇はそれを好感された面も当然あるが、それプラスアルファが加わっていると見るべきだろう。」

H「そうかもな。実際個別株に強い実需の買いが入っているわけではない。まあ下値では個人投資家や海外勢の長期資金の買いが入っているようだが上値を買う動きでもないからな。」

K「つまり先物主導であり継続性に懸念がある。現に日経平均上げて来ているとはいえ、テンコ相場が続いている。」

H「上げ下げを繰り返す相場だな。今日で9日間も上下を繰り返す相場が続いている。順番的には明日は下げる日なんだが、仮に上げると向かう方が上と言うことになるかも知れない。」

K「どうだろうな。テンコになっているのは、たまたまだろうが相場に迷いがあるのは間違いない。まあ迷いがあるというか売り買いが交錯している状況だな。買いたい向きもいれば売りたい向きもいると言う状況でどっちつかずの相場だといえる。」

H「ただ投資家の物色意欲は非常に旺盛だろう。つまり買いたい向きの方が断然多いようにも思えるぞ。」

K「しかしその多くが短期資金だ。ある意味、短期資金は買いたい向き多く、実需資金は売りたい向きが多いという状況かも知れない。つまり短期資金と実需資金で売り買いが交錯していると言うわけだ。」

H「そう考えれば、やっぱり短期資金の方が弱いだろうな。何せ短期資金は状況次第で逃げ足早く、すぐに売りに回ってくる。ただ実需の資金は基本的に売ったり買ったりはしないし、そうコロコロと売りと買いを変える事は無い。」

K「ああ。結局は実需の動向に相場が動いていくと言う事だ。実需資金が買いに来ているならば、相場は上昇方向だし、売りに来ているならば下降方向だ。」

H「果たして今は売っているのか買っているのか・・。はたまた様子見なのか。」

K「そうだな。基本的には様子見というのが近いだろうな。現物株の商いの低調さを見れば解るように、今は売りも買いも積極的に動いている実需資金は乏しいと言える。」

H「だろうな。ただ短期資金が元気なだけに、テンコ相場になりながらも日経平均は下値を切り上げてきている。どこかで反動が来るのか、それとも実需資金も高値を買い向かう羽目になるのか・・。」

K「気の早い機関投資家は既に9月末を睨んで先物やオプションでヘッジを入れてきている向きも結構いるようだ。」

H「9月末の中間期末までに波乱相場となっても痛手を受けないようにということなんだろうけど、まだ1ヶ月以上もあるのに確かに気が早いよな。」

K「つまり、そう言う向きは9月末までの期間で言えば、この水準が高値圏となる可能性が高いと見ているんだろう。気持ちも分からないでもない。昨年の事もあるし中間期末前に波乱相場となって評価損とか出したくはないだろうからな。特に金融機関は・・。まあこの水準だと評価損出すほど下落していく相場になるとは思えないが・・。」

H「だよな。ただ何かあってからでは遅いとも言えるし、確かに気持ちも解る。それにやはり総選挙を控えており政権交代が確実視されている。それだけにその後の動向を見極めるために取りあえずヘッジ入れていると言うこともあるだろうしな。」

K「そうだな。まあ、ここから派手に相場が上昇していきヘッジを外す羽目にならなきゃ良いけどな。」

H「確かに・・。」

K「まあ実際問題として総選挙後の動向は確かにかなり不透明だ。問題は海外勢の動向だ。国内勢にして見りゃ政権交代は完全に織り込み済みだが、海外勢にも果たしてそう言えるかどうか・・。総選挙の結果を見て改めてアクション起こすと言うこともあり得るぞ。」

H「なるほど。確かにそう言うことは多々あるよな。意外と織り込んでいなかったりすることが・・。」

K「それがあるだけに、やはり見極めたいという気持ちも国内勢にして見りゃあるンだろうな。」

H「そうだな。まあ総選挙まで相場は明日明後日しかないが、取りあえず選挙前にどういう展開を見せるのか注目したいモンだ。」

K「このままだろうな。つまり短期資金中心相場で、実需資金は様子見に徹するという格好だろう。まあ取りあえず明日テンコ相場続くのかどうか注目だな。」
2009.8.26先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。