(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.4【明日のトヨタの動向への注目度は高まろう】

2009/08/04 11:13|未分類CM:0
久しぶりにヒットした
ミャンコがいっぱい持つと下がるのに
今日はヒット
でも売りも持ってた
トヨタ紡績とミツミ
トヨタ紡績GUしすぎだろ
高いところで売り増しして下げたところカット
ミツミちょっと下げたところで買い戻したら
そのまんまマイ転
一方は下げず一方はマイ転
この二つの違いが良く分からん
おっきくGUしたってことは
大人が買ってるってことで下がらないと考えればいいのかな

他は買い持ち
基本的に寄りで利確
オリックスとか引けで再び買ってよかったw
ブロードメディアは引け後売り禁でおっきくGUとか

商品は昨日だって上げてたのに
何で今日?
昨日は持ってたのに

場中は住友電工とガリバーの高値抜けってところか

後場
いつもと同じ
もみ合って暇になるとすぐ売り仕掛けてくるよね毎回毎回
今日は利確売りとタイミングが合ってだら下げ
現物見ても利確したいところに
先物の下げが来たもんだから
永遠売られてるものが多い

過熱感から利確したい人多そう
ただ下では買いたい人がいっぱいいそうなんで
下げたら買い
上げたら利確だろうね


[世界株価指標]
*08:02JST NYダウ3日続伸、欧州全面高
指数 終値 前日比 前日比(%) 変化

[米国]
NYダウ 9286.56 114.95 1.25 ↑
ナスダック 2008.61 30.11 1.52 ↑
S&P 500 1002.63 15.15 1.53 ↑

[欧州]
ドイツ DAX 5426.85 94.71 1.78 ↑
イギリス FT100 4682.46 74.10 1.61 ↑
フランス CAC40 3477.80 51.53 1.50 ↑
イタリア FTSE MIB 20914.44 338.92 1.65 ↑
スペイン IBEX35 10901.00 45.90 0.42 ↑
ロシア RTS 1067.98 50.51 4.96 ↑

[アジア]
日経平均 10352.47 -4.36 -0.04 ↓
TOPIX 957.56 7.30 0.77 ↑
マザーズ 464.86 1.47 0.32 ↑
日経ジャスダック平均 1214.05 2.08 0.17 ↑
ヘラクレス 633.83 7.26 1.16 ↑
香港 ハンセン 20807.26 233.93 1.14 ↑
中国 上海総合 3462.59 50.53 1.48 ↑
韓国 総合株価 1564.98 7.69 0.49 ↑
ムンバイSENSEX30種 15924.23 253.92 1.62 ↑
台湾 加権 7056.71 -21.00 -0.30 ↓
タイ SET 641.43 17.43 2.79 ↑
ベトナム VN 467.93 1.17 0.25 ↑
シンガポール ST 2681.64 22.44 0.84 ↑

[アフリカ・中東・南アメリカ]
南ア アフリカ 全株 24805.91 547.40 2.26 ↑
ドバイ金融市場総合 1885.38 65.79 3.62 ↑
エジプト ヘルメス 601.09 5.02 0.84 ↑
イスラエル テルアビブ 25種 969.09 0.90 0.09 ↑
ブラジル ボベスパ 55997.81 1232.09 2.25 ↑

[先物]
大阪225先物 10360 -10 -0.10 ↓
大阪225先物(夜間) 10460 90 0.87 ↑
CME225先物 10505 150 1.45 ↑
SGX225先物 10475 125 1.21 ↑
TOPIX先物 964.5 8 0.84 ↑
[株式オープニングコメント]
価格面での過熱感だけにとらわれないようにしたいところ
 3日のNY市場は上昇。ダウ平均は114.95ドル高の9286.56、ナスダックは30.11ポ
イント高の2008.61で取引を終了した。英大手銀バークレイズとHSBCが好決算を
発表したことが好感された。また、7月ISM製造業指数が予想を上回ったことや、原
油など商品価格の上昇、自動車大手フォードの7月自動車販売が2007年以来初めて増
加に転じたことなどが好感されている。セクター別では、自動車・同部品や銀行が
上昇した一方、食品・飲料・タバコや家庭用品・パーソナル用品が小幅下落となっ
た。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比145円高の10505円、円建ては同110円
高値の10470円。コマツ、日電産、パナソニック、ソニー、アドバンテ、京セラ、ト
ヨタなど対東証比較(1ドル95.25円換算)で全般堅調。
 英大手銀の好決算は、出遅れ感から見直しの流れが強まりつつあるメガバンクに
追い風となるほか、原油など商品価格の上昇は資源系関連への手掛り、フォードの
販売増については上昇基調が続く自動車セクターへの一段のインパクトにつなが
る。さらに、ISM製造業指数の予想を上回る改善は、週末の雇用統計に向けた期待感
を強めてくることになろう。
 シカゴ先物はイブニングの段階で10460円まで上昇しており、買い一巡後はこう着
感を強めてくる可能性は大きい。節目の10500円に接近する過程では、利益確定の動
きも出やすいと考えられる。ただ、昨日の中国の7月の製造業PMIは52.8と、1年ぶり
の高水準に上昇するなどアジア市場の堅調が予想されることもあって、達成感が強
まることはないであろう。決算が本格化するなか、好決算ながらもこれまでの上昇
によって、利食いの動きを強める銘柄が目立つが、需給妙味の大きい銘柄などへは
利食い一巡後に改めて買いが入りやすい地合いである。海外勢によるウエイト修正
の流れが継続すると考えられ、日経平均などの価格面での過熱感だけにとらわれな
いようにしたいところ。
 なお、テクニカル面では225先物のボリンジャーバンドのプラス2σは10540円レベ
ルに上昇している。プラス2σを上放れて達成感を強めてしまう流れを避けるとする
と、この辺りが本日のピークといったところである。
(村瀬智一)

[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ、経済指標と英大手銀の決算受け連日高値
・ナスダック、2000ポイント回復
・S&P500、1000ポイント回復
・SOX指数、3日続伸
・NY金相場、3日続伸
・欧州株、英大手銀の決算受け反発
・LMEニッケル先物、大幅続伸
・DRAMスポット、5日続伸
・TOPIX、88年3月以来の12日続伸
・REIT指数、約1カ月ぶりに年初来高値更新
・大証、7月のデリバティブ取引高が今年最高
・パナソニック、7-9月期は営業黒字転換へ
・7月の乗用車販売台数、前年並みに回復

弱気材料
・NY債券市場、5日ぶり反落(10年債利回り0.15%上昇)
・バルチック海運指数、3日続落
・日経平均、小幅反落
・長期金利、3日続伸(10年債利回り0.020%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(95円26銭-28銭)
・NY原油先物、3日続伸(1バレル=71.58ドル)
・決算---エルピーダ、トヨタ、三井物
・豪中銀理事会
・6月のユーロ圏生産者物価指数
・6月の米個人所得及び消費支出
・6月の米中古住宅販売保留指数
・海外決算---パリバ、UBS

[サポート&レジスタンス]

終値           10352
5日移動平均       10215
標準偏差+2σ      10448
レジスタンス(2)    10410
レジスタンス(1)    10381
ピボット         10352
サポート(1)      10323
サポート(2)      10293
転換線           9995
25日移動平均       9732
基準線           9715
先行スパンA        9688
先行スパンB        9332
100日移動平均      9176
標準偏差-2σ       9016
200日移動平均      8732

[ランチタイムコメント]
需給の大きな変化が起こりづらい水準
 日経平均は反発。110.14円高の10462.61円(出来高概算11億7000万株)と、昨年
10月半ば以来の水準を回復している。米ISM製造業指数の予想を上回る改善、英大手
銀の好決算、原油など商品価格の上昇、米フォードの販売増といった好材料が重な
り、シカゴ先物にさや寄せする格好から買いが先行した。しかし、これまで同様、
日中はこう着感の強い相場展開となり、日経平均は寄り付きの10438.40円が安値、
その30分後辺りの10479.19円が高値と、値幅はわずが40円程度の狭い値動きが続い
ている。そのため買いが先行した銘柄などは高値水準でのもみ合いとなっており、
東証1部の騰落銘柄は値上りが1000を超えている状況ながら手掛けづらい状況であ
る。物色は仕手系色の強い低位材料株などでの短期的な値幅取りや、決算を手掛り
とした個別物色にとどまっている。
 需給要因によるところが大きく、寄り付き段階でのカバー一巡後は先物市場もこ
う着が強い。先物・オプションSQを来週に控えているが、オプションの権利行使
価格10250円と10500円の中心である10375円をクリアしたことからカバーが強まっ
た。今度は10500円を超えてこないと手掛けづらく、また、10750円との中心レンジ
である10625円に接近しないと、売り方・買い方の攻防にもつながらないため、方向
感が出にくいようだ。下についても、再び10375円に近づかないと、仕掛け的な動き
も限られよう。そのため、10500円手前で上値の重さが意識されている面もあろう
が、利食いと言うよりは需給の大きな変化が起こりづらい水準である。アジア市場
の動きなどから10500円を一気に上放れる動きでもない限り、後場もこう着感の強い
相場展開が続きそうである。
 物色としては出遅れ修正による銀行の動きは注目したい。こう着から利食いの流
れが広まったとしても、メガバンクの底堅さがみられればTOPIXがけん引する格好と
なり、225先物へのカバーにつながるであろう。また、PBR1倍割れの好需給銘柄や仕
手系色の強い低位材料株には、短期資金が向かいやすい。野村の投信設定手掛りと
した中小型株については、ひとまず利益確定が強まる可能性がある半面、明日の寄
り付き狙いでの超短期の先回り的な押し目買いが強まることも考えられる。

[クロージング]
明日のトヨタの動向への注目度は高まろう
 日経平均は小幅反発。22.54円高の10375.01円(出来高概算23億6000万株)で取引
を終えている。米ISM製造業景況感指数や中国、英国などのPMIが改善を示してお
り、世界的な景気底入れに対する期待から買い先行のスタートとなった。また、原
油など商品価格の上昇、米フォードの販売増といった好材料が重なった。しかし、
これまで同様、日中はこう着感の強い相場展開となり、日経平均の前場段階での値
幅はわずか40円程度。後場に入ると、大引けで決算発表を控えたトヨタがマイナス
に転じると、他の自動車株やハイテクなどの直近リード役のセクターに対する利益
確定の動きが強まっている。オプションの権利行使価格10250円と10500円の中心で
ある10375円を割り込む場面もみられるなど、先物主導での売り仕掛け的な動きもあ
ったと考えられる。ただ、みずほFGがマイナスに転じることなく底堅さが意識さ
れ、値がさハイテクの底堅さもあって下値は堅い。結局、日経平均は小幅ながらプ
ラスとなったほか、TOPIXは13連騰を記録している。
 取引終了後に発表したトヨタについては、最終損益を上方修正している。しか
し、市場のコンセンサスからのかい離は大きく、利益確定の流れが強まる可能性は
ありそうだ。今回の3月ボトムからの相場上昇が、トヨタの減産緩和といった小さな
シグナルとすると、決算発表で材料出尽くし感ともなれば、セクターにとどまら
ず、市場のムード全体が利益確定といった見方に傾いてしまいそうである。そのた
め、明日のトヨタの動向への注目度は高まろう。一方、出遅れ修正の流れからメガ
バンクなどの底堅さが意識されるようだと、主役交代での全体のリバウンド基調が
持続することになろう。出遅れ修正から、低PBRなどの低位材料株などへの資金シフ
トも意識される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10375.01 +22.54
TOPIX959.02 +1.46
東証2部指数2258.58 +3.54
日経ジャスダック平均1214.10 +0.05
マザーズ指数461.39 -3.47
ヘラクレス指数632.24 -1.59
東証1部出来高23.69億株
東証1部騰落レシオ106.27%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に上昇。ISM製造業景気指数が上ブレた事や英銀バークレイ
ズの決算が良かった事などから、景気敏感株や金融株中心に買われた。為替も円
安で返ってきており日経平均は大幅高スタート。ただ上値は追えず揉み合いの展
開。しかし後場には売り優勢となり日経平均は上げ幅を急速に縮小していく。上
海株が軟調気味なことや、昼に発表されたヤマハ発動機の下方修正が全体的に利
食い売り誘ったとの見方も。日経平均は前日終値付近まで下落する場面もあった
がその後はやや戻して小幅高で引けている。TOPIXは13連勝。日経先物の主な買
い越し証券は野村、カブコム、楽天、立花、JPモルガン、大和、ドイツ、松井。
売り越しはトレイダーズ、BNPパリバ、岡三、モルガンS、三菱UFJ、ニューエッ
ジ、バークレイズ、GSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7272ヤマハ発動機 1096円 -120
後場大幅安に。前場引け後に中間決算を発表。計画より大幅に下ブレて着地とな
った。同時に通期業績見通しを大幅に下方修正。下方修正は想定されていたとは
いえ、予想以上の下方修正とあって後場は売り優勢の展開に。株価も高値圏だっ
ただけにこの動きも仕方ないと・・。目先売り込んで行く状況にはなりそうもな
いが、暫く日柄調整も仕方ないのではと。同社の影響もあって後場にはトヨタや
ホンダも手仕舞い売りに押され、日経平均は大きく上げ縮小している。

7203トヨタ 4030円 -60
前場までプラス圏維持していたが、後場急速に手仕舞い売りに押されてマイナス
引け。引け後に決算発表控えていたことから期待感も強かったが、既に短期的に
十分買われてきただけに出尽くし懸念も強く手仕舞い売り圧力強まった模様。昨
日決算を発表した7269スズキが市場予測上ブレとなったものの朝から大きく売ら
れており出尽くしの動きを見せていたことも、自動車関連株に手仕舞い売りを急
がせた面もある様子。業種別指数では輸送用機器が値下がり率トップとなってい
る。

8830住友不動産 1914円 -65
不動産株の下げキツイ。最近好調だったものの今日は手仕舞い売りに押されてい
る。同社に関しては今朝の日経新聞で1Q業績観測が報じられている。それによれ
ば連結純利益は前年同期比40%増益との事。それを好感して朝方は大きく買われ
たものの寄り後は手仕舞い売り優勢の展開で、後場にはマイナスに転じている。
オフィスビル空室率など悪化しているだけに先行き懸念は強いとの見方がまだま
だ多い模様。また今日は全体的に利食いに押されている銘柄も目立っており、不
動産株も利食い売りが出て来たようだ。

3770ザッパラス 192400円 +12500
昨日同社は主要株主に異動があったと発表。第2位株主だった三木谷浩史氏が保
有株を大量に売却し第4位株主に異動したと・・・。10.49%保有から5.59%まで
保有株を減らしている。先月は特別悪材料も無く派手に売り込まれる動きが目立
っていた。市場ではフィデリティの売りだとの見方だったが、三木谷浩史氏も売
っていたようだ。今日はもう売りは出ないだろうという思惑からアク抜け感に繋
がっている様子。

3011バナーズ 10円 +4
後場急伸。昼に1Q決算を発表。前年の赤字から黒字転換となっており好感されて
いるようだ。ただ派手に買われる程の決算でも無いだけに、決算を好感した買い
と言うよりは、決算をきっかけにした短期的な物色だと・・・。今日は100円以下
の低位株、いわゆるボロ株に物色されているもの目立っている。地合もそろそろ
調整しそうであり、幕間つなぎ的にボロ株相場がやってくるのではと期待する市
場筋も多いようだ。

5631日本製鋼所 1218円 -67
軟調。昨日同社は決算を発表したが特段好決算でもなく、中間計画への進捗率も
低い状況。基本的には計画通りの決算でありポジティブさも無いものの、今は計
画上ブレが当たり前的な状況だと言え、計画通りでは失望される事になると・・
・。明日以降も売り込まれていくような決算でもないものの、買い材料が乏しけ
れば売られるのも仕方ないと。25日移動平均線で下げ止まれるかが注目されてい
る。

===============
◆◇8/5(水)の主な予定!◇◆
===============
野村真小型株投信設定
国際石油開発帝石、鹿島、旭硝子、ニコン、オリックス、NTT、セコム、SANKYO、
博報堂、アルプス電気、横浜銀行、ショーボンドなど決算発表
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米7月ADP雇用統計(21:15)
米7月ISM 非製造業景気指数(23:00)
英中銀金融政策決定委員会(~6 日)
シスコシステムズ、アムバック、P&G、ソシエテジェネラルなど決算発表
8月4日(火)

H「日経平均はあっさりと反騰となったが今日は後味悪いな。」

K「そうだな。上げて引けたとはいえ、今日の高値からは随分と垂れているからな。」

H「昨晩の米国市場は大幅に上昇した。英銀のバークレイズ決算が良かった事や、原油相場が大きく上げていたことなどから、米国市場は堅調に始まり、更に寄り後に発表されたISM製造業景気指数が予測を上回った。景気回復期待が一段と強まった。」

K「金融株や景気敏感株中心に買われて終始堅調な展開だったな。それに米新車販売台数が発表されているが、これも改善が見られていた。米フォードは前年同月比でプラス転換しておりある意味サプライズとなっている。」

H「なんか好材料ばっかり出て来たという感じだな。」

K「ああ。ナスダックは節目の2000ポイントも突破したし、S&P500指数も節目の1000ポイントを突破した。まあ突破したといってもノイズ的な状態だから今晩あっさりと割り込んでしまえば、上値目処として意識されてしまうけどな。」

H「心理的な節目だけに、今晩も上昇し逆にそのラインが下値目処とになるのが好ましい。」

K「そうだな。昨晩は米株高だけでなく、為替も円安進行しており日本株には追い風となり全体的に買い優勢で始まった。しかし日経平均は節目の10500円が意識されているようで上値追いは見られなかったな。」

H「ただこれだけ急ピッチに上昇してきている為、節目で一服感見せてくるのも仕方ないだろう。」

K「まあそうだが・・。気になったのは寄り前の外資注文状況だ。これが今日は売り越しになっている。株数ベースでは大した売り越しでもないが、金額ベースで見ると少ないわけでもない。」

H「そういや最近は金額ベースでは買い越しが続いていた。株数ベースでは昨日も売り越しだったものの、金額ベースで見ると昨日まで8日連続で買い越しだった。それが今日は米国市場上げて返ってきたにも関わらず売り越しか・・・。」

K「ああ。それにザラバ中の動向を見ても後場はともかく前場寄り後から売られて大きく垂れていた銘柄も目立っていた。その動きからもザラバ中も利食いなりの手仕舞い売りが結構出ていたと思われる。」

H「確かにそうだな。しかしなぜこのタイミングで。特段米国市場で悪材料が出たわけでもないし、週末でもない。為替も円安進行していたしな。」

K「そうだな。まあ日経平均が節目の10500円に近付いた為なのか、トヨタの決算発表を今日引け後に控えており、それで全体的に出尽くしとなると警戒しての事なのか・・。それとも週末の雇用統計への警戒なのか。」

H「まあそれら全部じゃないか。」

K「そうかもな。」

H「確かに全体的に出尽くし警戒感は強まっているかも知れない。今日もそうだが、ここ数日結構出尽くし的に売られる銘柄も出て来ていた。それまでは出尽くしだろ、というよな決算でも改めて好感されて買われていた銘柄が多かったからな。」

K「そうだな。ちらほら出尽くしで売られる銘柄が目立っていたと言うことは、そろそろ買いばっかりでもなく手仕舞いに動いてきている向きも増えてきていると言うことだ。その動きが更に強まれば株価は上げられ無くなり下げることになる。」

H「まあ今日だけでは判断できないだろう。確かに利食いは出ているだろうけど、今日だって長期資金の買いは観測されている。つまりこの水準でもまだ買い手は居ると言うことだ。」

K「そうだな。まあ明日以降海外勢の動向には注目だな。明らかに売りに転じてきているようなら警戒は必要だろう。まあ多少下げた所では個人投資家が待ってましたとばかりに押し目買い入れるため、底堅さは続くと思うが・・・。」

H「引け後に発表されたトヨタの決算は上方修正となったものの期待外れじゃないか。市場はもっと大きな改善を見込んでいたとも言える。」

K「確かに他の自動車や自動車部品企業の決算を見て、日に日に期待度も高まってきていたからな。これを機に自動車関連株全体的に調整色強まらなければ良いのだが・・・。」

H「ただ自動車関連株が調整色強まってくれば、一緒になって上げてきたハイテク株にも調整色が強まってくると言う恐れはあるだろ。」

K「そうだな。その変わりに、今まで上値の重かったセクターが循環的に物色されてくるようになれば、非常に好感出来るだが・・。自動車、ハイテク株が調整になって全体的にも調整になるようじゃ話にならない。」

H「せめて新興市場が買われてくるとか、中低位株が買われてくるとか言う状況になればまだ良いのだが。」

K「そうだな。一部ではボロ株が買われていくと言う状況になるとの見方を示す向きもいるようだが・・。」

H「まああり得ない話じゃない。ただそうなってもあくまでも幕間つなぎ的な物色だろうけどな。」

K「そうかもな。困ったときのボロ株物色。確かにあり得る。」

H「取りあえず、まだ自動車ハイテク株などの主力系株が調整となると決まったわけでは無い。それを確認する為にも明日のそれらの動向や海外勢の動向に注目しておきたい。」

K「ああ。今晩の米国市場もどういう結果で返ってくるのか楽しみだ。」
2009.8.4先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。