(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の駄目さを、政治のせいにするやつが多い今日この頃、4年前と景気以外ほとんど変わってないのに

2009/08/02 15:12|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週も非常に強い展開だった。日経平均は1万円の大台に乗せ、一度も割り込
む場面はなった。」

M「ああ。日経平均年初来高値を更新し月末の昨日は今月の高値で引けている。先
週までの強い流れが今週も続いており、更に市場心理が改善し楽観ムードが強ま
った。」

T「今月は凄い一方通行的な動きだったな。9日連続の下落したと思えば、その後
は9日連続上昇、そして小幅安を一日挟んで3日連続上昇だ。」

M「非常に珍しい。一ヶ月で見れば日経平均は12勝10敗で良くあるような勝敗だが
・・・。」

T「そうだな。それだけ見ればまるで揉み合いという感じだ。実際先月末と比べれ
ば日経平均は400円程度の上昇であり、そう派手に上げているわけでもない。1ヶ月
で4%程度だからな。」

M「ただ実際は下降トレンドと上昇トレンドをはっきりと描いている。しかしこの
動きに上手く乗れた投資家は乏しいだろう。誰もこんな動きになるとは想定できな
い。前半と後半では相場の流れが180度変わったようなモンだからな。」

T「そうだな。7月上旬に発表された米雇用統計が嫌気され派手に売り込まれたが、
その後発表された企業決算が非常に良く、株価も上昇に転じてきた。その間、住宅
指標の改善なども見られた事も追い風になっている。」

M「好材料が次々に出てきたと言うのが大きい。前半急ピッチに下げてきただけに
逃げ遅れている投資家も多く短期間では戻せないとの見方も多かったんだが、あっ
さりと戻り売りをこなして高値突破してしまった。」

T「上げも急ピッチだけに、この上昇に上手く乗れている向きはかなり乏しいよう
だ。ただ戻り売りもこなしただけに、今後は身動き軽くなった個人投資家が買い向
かうことが想定されるな。」

M「それに企業の相次ぐ好決算により、見解を変えた機関投資家も非常に多い。それ
だけにこの水準では買うつもり無かった向きまで、買いを考えてくると言えるだろ
う。」

T「現に今週は実需の買いも観測されてきているからな。まあ問題はその買いが本格
的に続くかどうかだろうけどな。」

M「今は買われている銘柄も結構偏りがある。ハイテク株や自動車関連株がもっとも
買われているが、他は言うほど買われていない。もちろん決算が予測より改善して
いるのがハイテクや自動車関連株だから、当然の動きのだが・・。ただ他が買われ
ないと上昇相場はそうそう続かない。」

T「決算の改善が言うほどでないセクター株まで買われてこないことにはだめだと言
うことか。」

M「だめというか、そうならないと日経平均も上げきれないだろう。ハイテク、自動
車関連株だけでは限界がある。もちろんそれらが今後もどんどん上げていけば別だが、
幾らなんでもそりゃ無理だろう。」

T「ようは全体的に底上げ相場になるかどうかと言うことだな。」

M「まあ投資家の買い意欲が強まってきているため、そうなる期待は当然あるけどな。
まあ今後はそう言う動きになるのか注目だな。」

T「昨晩の米国市場では注目の4-6月GDPが発表された。前期比年率-1.0%となり市場
予測を大きく上回った。市場予測は-1.5%だったからな。ただその割には米株は上昇
していない。ナスダックはマイナスだし。」

M「週末ということも当然あるだろう。手仕舞い売りも出やすかった。それに内容面で
手放しに喜べない部分もあった。GDPの約7割をしめる個人消費が予想以上に減少した。
雇用の厳しさも強いためか個人消費回復は見られていない。」

T「そうだな。反面、設備投資や在庫が大きく改善している。これは非常に好感できる。
特に在庫の減少は今後のGDPを押し上げる要因に繋がるからな。」

M「好感出来る面もあれば先行き懸念残す面もあり微妙なGDPだと言えるかもな。昨日
の米国市場の動向をそれを示しているような動きだったと言えるだろう。」

T「これで個人消費が改善に向かえば、上手い具合に景気回復へと向かっていける。問
題はそこだな。」

M「個人消費の落ち込みはやはり背景に雇用情勢があると思われ、まずは雇用の改善が
必要だろう。企業はコスト削減などにより雇用を減らしている状況だ。企業決算改善し
ているのもそのコスト削減の影響も大きい。」

T「言って見りゃ、企業の業績を改善させるために、消費者に泣いて貰っていると言う
ことだろ。ただ消費者に泣いて貰えば個人消費が落ち込み、結局企業側に悪影響が出て
くる。」

M「そうなんだよ。だからそれだけでは企業業績の改善も一時的となる。それだけに今
後は雇用の改善が必要不可欠になる。」

T「まあ基本的に雇用は遅れて改善してくるモンだからな。企業業績改善してくれば、
それが雇用改善に繋がってくる。」

M「そうなんだが、今回の企業業績改善が雇用を減らしての改善だとするならば、なか
なか雇用の改善には向かわない。ただもちろんそれだけで企業業績が改善してきたわけ
ではない。雇用以外のコスト削減や当然需給の改善も含まれている。」

T「需給改善面は結構小さいだろう。1-3月までの反動と言うことも強いし、どちらかと
言えばコスト削減による回復面が強いからな。」

M「そうだな。実際企業業績は利益面は回復しているが売上高は逆に減少しているとい
う企業も非常に多い。ようは需給改善によって業績回復してきているわけではないと言
うことだ。それだけに、今後雇用の改善に繋がっていくかはまだまだ不透明だと言える。」

T「雇用の改善に繋がらなければ、企業業績への改善も一時的で再び悪化する懸念もある
わけだな。」

M「ああ。企業業績に改善の兆しが見えた来た、まさにこのタイミングに雇用の改善に向
かっていかないと厳しいかもな。」

T「そうだな。企業業績再び悪化に向かい始めてからでは雇用の改善には当然向かえない。
その前に雇用改善に向かわないと・・・。」

M「ああ。それだけに今の7-9月に雇用改善がある程度顕著に出てくるかどうか非常に重要
だ。つまり来週発表される7月雇用統計は注目だな。」」

T「そうだな。そこで予測以上の改善が見られれば、更に景気回復が強まってくるからな。
まあどういう結果になるのか注目したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。