(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.27【9日続伸、1万円大台回復】

2009/07/27 11:16|未分類CM:0
ナス、マイクロソフト、アマゾンの決算で連騰ストップもお構いなし
日本市場はそれを金曜の時点で織り込んでたもんだから
思ったより下がらなかったと上昇ってか

素材がなぜか弱い
ハイテクが強い
持ち越しとりあえず利確
GSユアサの二段目に乗り
先物に現物あんまり反応しない
警戒してるのか?
銘柄選択むずかった
日本電産ふつーに上げてるじゃないですか

後場
年初来高値10170円を更新
その後は利益確定売りに押されたけど
そんなもんはアメリカの値動きに関係なし

海運が昼決算で下げたけど
ほとんどの銘柄が今年の底から大きく上げてる中
海運だけが決算悪いの見越して大して上げてないのに
それででも下げるんだね

んー今日は書くことないや


株式オープニングコメント 2009年07月27日08時18分
決算発表本格化、海外勢のウエイト変化に注目

 24日のNY市場はまちまち。ダウ平均は23.95ドル高の9093.24、ナスダックは
7.64ポイント安の1965.96で取引を終了した。アマゾン、マイクロソフトなど主要企
業の決算内容がまちまちとなり、終日もみ合う展開となった。セクター別では、保
険や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方でソフトウェア・サービスや銀行
が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比145円高の10085円、円建ては同95
円高の10035円。ADRの日本株は富士フイルム、日電産、ソニー、京セラ、トヨ
タ、キヤノン、任天堂、三井物など対東証比較(1ドル94.79円換算)で全般堅調。
 今週は日米ともに決算発表が多く、国内では1000社を超える企業が発表を予定し
ている。そのため決算内容を見極めたいとのムードが強まりやすい。決算発表後の
瞬間的なインパクトを狙った商いは増えそうだが、あくまでも割り切りスタンスに
なりそうだ。日米の決算内容次第では、直近の上昇に対する過熱感も指摘されてい
るだけに、反動の動きが出ることは考えられる。とはいえ、下値の堅さが意識され
るようであれば、それだけで市場のムードは好転しやすい。相対的に出遅れている
セクターや需給面で良好な銘柄などへの資金流入が期待されるところである。材料
株などについても、テーマ銘柄での循環物色による回転が利いている状況。さすが
に買い疲れ感も出ているため、テーマのなかでも過熱感の強い銘柄から、出遅れ感
の強い銘柄へ対象が広がる可能性も。 7月3週の投資主体別売買動向で、外国人投
資家は2週ぶりに買い越しとなり、売買シェアは55.3%(前週比 +2.5)に達してい
る。先週の商いをみても買い越しと考えられる。政治空白リスクを嫌うとされる海
外勢のウエイトに変化が出ているとなると、先高観は一段と強まってきそうであ
る。リーマンショックによって昨年11月に80.86ポイントまで上昇したVIX指数(恐
怖指数)は、週末には23.09ポイントとリーマンショック前のレベルにまで低下して
きている。日経平均についても1万円回復から、6月高値の10170円、さらにリーマン
ショックで空けたマド埋めとなる11000円への意識も次第に強まろう。

株式ランチタイムコメント 2009年07月27日11時57分
海運大手決算が重しとなる可能性も

27日前場の日経平均株価は堅調な展開。米マイクロソフトの予想を下回る4-6月期
決算を受け、軟調推移が予想された前週末の米国株市場だが、総じて堅調推移とな
ったことが買い安心感を誘った。寄り付きから心理的節目1万円大台を回復させる
と、ショートカバーに加え、「持たざるリスク」を意識した買いにも押し上げら
れ、一時190円近く上げ幅を拡大。6月12日につけた年初来高値10170円へ急接近する
展開となった。前引け終了後に一部海運大手の4-6月決算発表を控え、一段の上値
追いには慎重なムードもみられたが、高値圏で前場の取引を終えている。前引け概
算の日経平均株価は前日比173.72円高の10118.27円。東証1部市場の売買高は
1061.77百万株、売買代金は6599.11億円。騰落銘柄数は値上がり1248、値下がり
314、変わらず128。業種別は33業種中、値上がり32業種と、ほぼ全面高。証券・商
品、その他金融業、精密機器、電気機器などが上昇。一方、値下がりは鉱業の1業種
のみ。個別では井関農(6310)、日立(6501)、三井住友(8316)、野村(8604)などが上
昇。一方、明電舎(6508)、フジクラ(5803)などが下落。
前場の日経平均株価はCME日経平均先物円建て清算値(10035円)に鞘寄せ後に上
げ幅拡大となり、先週までの上値追いの流れが継続していることが確認された。先
物換算のNT倍率は、先週末に付けた今年の上限10.82倍を上回り、10.85倍まで上
昇しており、指数先物の上昇や裁定買いなどが主導する格好で相場を押し上げてい
る。
一方、前引け終了後に発表された海運大手各社の4-6月期決算だが、郵船<9101>
の経常利益、最終利益がともに会社計画、市場コンセンサスを下回り、赤字幅を拡
大させるなど、事前の警戒されていたとはいえ、総じてネガティブな印象は拭えな
い。前場は堅調に推移したものの、東証指値状況では各規模別指数とも売り超が目
立っており、3月期決算企業の第1四半期決算の本格化を迎えるなか、手控えられて
いた売りが相場の重しとして顕在化する可能性もある。

株式クロージングコメント 2009年07月27日16時26分
決算発表に対する見極めムードが一段と強まる可能性

 日経平均は9営業日続伸。144.11円高の10088.66円(出来高概算20億7000万株)で
取引を終えている。9営業日続伸は、1988年2月10日から2月27日の間につけた13営業
日連続に次ぐ連騰記録だった。後場寄り付き直後に一時10179.59円まで上げ幅を広
げており、6月12日以来の年初来高値を更新している。ただ、前引け後に決算を発表
した海運株が冴えない値動きとなったことから、次第に決算内容を見極めたいとの
ムードも強まっている。また、日経平均の高値更新によって、市場の注目は先物の
値動きのほか、指数連動性の大きい銘柄などへ向かっており、テーマ銘柄などの材
料株については利益確定のタイミングとも取れる動きをみせている。
 年初来高値更新で、ひとまず利益確定の動きをみせたことは、納得のいく投資判
断であろう。海運の冴えない決算の要因もあるが、海運への売りが強まった後に、
下げ渋りから底打ち感とも受け取れる反転をみせていれば、その後の流れも変わっ
たであろう。しかし、海運株の小安い状態が続いていたことによって、押し目買い
意欲も強まらない状況であった。明日以降も決算発表に対する見極めムードが一段
と強まる可能性はあるため、日中はこう着感の強い相場展開となりやすいであろ
う。ただし、目先的な達成感のほか、海外市場次第では調整をみせてくる可能性は
あるが、積極的に上値を買い上げていたわけではなく、需給面での不安感はない。
海外勢によるウエイトの変化はみられているとの考えから、調整場面では買い戻し
にともなう押し目買いの動きは強いであろう。また、セクター比較で出遅れ感のみ
られていたハイテクについては、日立のグループ再編の動きによって、一段と押し
目でのニーズは高まっていると考えられる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10088.66 +144.11
TOPIX928.26 +7.78
東証2部指数2227.32 +14.19
日経ジャスダック平均1211.02 +8.77
マザーズ指数455.88 -1.24
ヘラクレス指数617.21 +4.27
東証1部出来高20.74億株
東証1部騰落レシオ110.17%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場はダウは小幅高、ナスダックは小幅に反発。マイクロソフトなど
の決算発表などが嫌気され重しとなっていたが、その割に底堅い展開。日経平均は
堅調に始まり、大台回復。寄り後は踏み上げ的な動きで一段高に。後場には更に上
げて年初来のザラバ高値を更新するも引け値ベースでは年初来高値更新できず。た
だそれでも大幅高で日経平均は21年ぶりの9連騰。日経先物の主な買い越し証券は
ニューエッジ、日興シティ、楽天、クレディスイス、バークレイズ、立花、UBS、
松井、SBI。売り越しはソシエテジェネラル、みずほ、三菱UFJ、野村、モルガンS、
BNPパリバ、JPモルガン、大和、ドイツなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6508明電舎 557円 -24
軟調な展開。先週末東証が同社株の信用増担保規制を実施すると発表。それによっ
て商いは先週末と比べ急減している。増担保により参加しにくくなった短期資金も
多い様子。先週後半の商いは異常な高水準だっただけに、更に上昇するにはそれな
りの買いエネルギーが必要不可欠。それだけにこのタイミングで増担保規制は流石
に厳しい模様。また三菱UFJが同社株の投資判断を3から4に格下げし、妥当株価を
450円としたことも追い討ちに。

4563アンジェスMG 180200円 +17200
年初来高値を更新。今朝の日経新聞では同社と大阪大学はDNAワクチンの効力を高め
る手法を開発したと報じている。ラット実験では導入効率100倍以上になることが解
ったとしており、インフルエンザ予防への応用を目指すと・・・。これを好感して
終始しっかりの展開。今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料株の一つ。他
には7873アーク、2120ネクストを取り上げている。

4185JSR 1738円 +20
ザラバ年初来高値を更新。同社は13時に1Q決算を発表。4-6月期は大幅な赤字となっ
ている。中間や通期業績は据え置いているものの、決算への期待も出ていた銘柄なだ
けに失望感強まったようで、発表後は派手に売り込まれている。一時1665円まで売ら
れたものの、その後は買い戻しによって戻して結局プラス圏で引けている。下期に急
回復との期待はあるだけに売り込みにくさもあるようだ。ただ株価は年初来高値更新
しているだけに、一旦は利食い売りの流れが強まっても不思議はないと・・・。

9107川崎汽船 362円 -15
海運株は総じて軟調。業種別指数では海運業が値下がり率断トツトップ。前場引けに
大手海運3社は決算を発表。いずれも下方修正を同時に発表しており、市場コンセン
サスを大きく下回る数字。ネカティブサプライズとなり後場売られる展開となるも、
市場全体への影響は見られていない。海運3社株も売り一巡後は下げ縮小する動きと
なっている。この動きやJSRの底堅さを見ても、今の地合はかなり買い気旺盛の様子
が伺えると・・。

6501日立 304円 +10
今朝の日経新聞では上場する同社の子会社5社をTOBにより完全子会社化すると報じて
いる。6810マクセル、1970日立プラント、9741日立情報、9694日立ソフト、3735日立
システムを完全子会社化すると・・。これら5銘柄はTOBプレミア期待からいずれもザ
ラバ寄らずのストップ高となっている。日立に取っても効率化という面で好感する向
きも多い。また親子上場はもともと海外勢から非難的だっただけに、外国人投資家に
好印象との話も・・・。

6796クラリオン 100円 +12
しっかり。今日は日立により子会社5社のTOB報道により、他の日立子会社にも物色す
る動きが見られている。その中でも同社株の上昇が目立っている。日立は同社株を既
に63%以上保有しているだけに、いずれは同社も完全子会社化にするのではとの思惑
も働きやすいようだ。また低位株ということも短期資金集めやすかった様子。基本的
には続く物色では無さそうだと・・・。

4574大幸薬品 6930円 +320
連日の大幅上昇。特に新たな材料は出ていないが、明日は株式分割権利落ち日となる
だけに、分割後の株価上昇に期待した先回り買いが入っている模様。同社は今月末付
けで3分割すると既に発表しており、今日はその権利取り売買最終日。分割後は株価も
低くなり流動性も増すだけに売買しやすくなる向きが多い。それだけに買われるとの
期待が強いようだ。ただ分割前にこれだけ派手に買われてしまえば、明日以降は調整
と見るのが妥当ではとの声。

===============
◆◇7/28(火)の主な予定!◇◆
===============
ヤフー、ヤクルト、JFEHD、コマツ、日立、キヤノン、大阪ガス、日立プラント、
エムスリー、DeNA、大同特殊、日本金属、大阪チタ、マクセル、SBI、コメリなど決算発表
米2年国債入札(420億ドル)
米5月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米7月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00)
WTO(世界貿易機関)一般理事会(スイス・ジュネーブ ~29日)
チェックポイント、USスチール、フィデリティなど決算発表
7月27日(月)

H「日経平均は9連騰だ。これは何と21年ぶりの事のようだな。」

K「ああ。しかし驚いたな。結局今月に入ってからの動向は、9連敗後に9連勝か・・。果たして明日は?」

H「この勢いだと連勝記録続けても不思議はない。今日は明らかに踏まれている様子も伺えるし、ここまで戻した以上、懸念されていた需給面の懸念もほぼ無くなったと言えるしな。」

K「まあ達成感出ても不思議無い場面ではあるが、達成感出るほど今回の上昇で恩恵を受けている向きは乏しい。あれよあれよという間に上げてきてしまったからな。」

H「だよな。9連敗後の9連勝を誰が予想したよ。ほぼ皆無だろう。それだけに今回の上昇に上手く乗れている向きは乏しいと思われる。」

K「結局、米国市場の強さが要因で日本市場もこういう強い状況になっているんだが、先週末の米国市場はダウは小幅に上昇したがナスダックは反落した。為替は殆ど変わっていないだけに、取りあえず今日は大台乗せた後一服感強まっても不思議はなかった。しかし結果は寄り後も値を伸ばす展開となっている。」

H「先物にまとまった買いが入ったようで踏み上げ的な動きのようだな。寄り付きから大台乗せてきたことによりストップロスによる買い戻しも活発になったと思われる。」

K「そうだな。ただ買い戻し一巡後もしっかりの展開であり、現物株にも実需らしき買いは見られている。まあ取りあえず打診的な買いだとは思うが・・・。」

H「何か、米国市場の強さがきっかけで上昇してきたが、これからは米国市場離れとなって上げていくんじゃないかと見る向きも多いようだ。」

K「まあ上海、香港市場も随分と強いからな。アジア株の強い流れでというのもあり得るのかもな。ただ日本も企業決算出始めているが、決して良くはないぞ。まだ始まったばかりだが、今日の海運大手など良くないし、4185JSRもネガティブサプライズだ。」

H「ただその割に強いと言える。地合悪いときなら、いずれももっと派手に売り込まれても不思議はない決算だろ。でもJSRなんて発表直後こそ派手に売り込まれたが、結局プラス引けだからな。」

K「株価も高値圏で決算期待も一部で出ていただけに、この1Qは明らかにネガティブサプライズだ。幾ら下期回復の期待が強いと言っても取りあえず利食い売りに押されて下げて引けても不思議はないが、そうなっていない。今の地合の強さを示しているようだ。」

H「まあ企業決算は始まったばかりだ。これからもネカティブサプライズとなる決算が続出するようだと流石に厳しい展開となっていくだろう。」

K「そう思うけどな。まあ明日以降も企業決算続々と出てくるだけに、どのような決算出す企業が多いのか注目だな。」

H「ところで新興市場が今日は軟調気味だった。この辺が明日以降心配だな。」

K「まあ日経平均の強さから、ここ数日上値の重さが見られていた新興株から東証1部の主力株へと資金シフトが出て来たんじゃないか。悪循環的に下げていかなければ良いけどな。ただ日経平均強さ続けば基本的に新興市場へも物色資金は波及してくる。まあ問題は日経平均の強さが続くかどうかだけどな。」

H「ただ懸念されている為替も株式市場引け後には1ドル95円台に乗せてきている。このまま円安基調が続いてくるようだと、日経平均も更に強い展開が続くという期待もある。」

K「そうだな。今の上昇は踏み上げ的な面が強いものの、これで円安進行していくようだと、本格的に実需の買いも入ってくる期待はあるからな。ただ企業決算がやはり懸念のような気もするが・・。」

H「確かに海運などは悪かったものの、他の輸出株はどちらかと言えば好感できる決算発表が多く出てくるんじゃないか。先週末に発表した6594日本電産は非常に好決算だったしな。」

K「確かにそうだが、4-6月期の業績が良いのは既に織り込みだろ。1-3月期があれだけ酷い状況だったんだ。その直後に今期業績を予測しているだけに、それから見ればかなり良いはずだ。ただそれは織り込み済みであり株価も既に買われている銘柄多い。日本電産株にしても今日は上げているが株価的には織り込み済みだろ。」

H「織り込み済みでも織り込み済みの動きにならないというのが今の強さを示しているよな。」

K「だよな。結局、問題は企業業績がこのまま回復基調を続けるのか、今の回復は単なる反動なのかという事だ。単なる反動ならば早ければ7-9月期、遅くてもそれ以降は再び業績落ち込む事になる。今の株価の動きは明らかにこのまま業績が回復に向かうことを想定しての上昇だと言える。」

H「つまりV字回復を織り込みに来ていると言うことかもな。」

K「ああ。そんな動きだよな。まあその可能性が乏しくなれば、必然的に株価は調整となる。逆に更にV字回復の可能性強まれば、本格的な上昇はこれからとも言える。」

H「恐らく来月の動きが大きな鍵となりそうだな。つまり企業決算を終えた後の動きだ。」

K「そうだな。取りあえず日経平均1万円明日以降も維持できるのか注目しておきたいモンだ。」
2009.7.27先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。