(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.25

2008/08/25 15:28|未分類CM:5
何かブログ書くことに意味がないような気がして来て
モチのベーションの方がまったく上がらないので
ブログを書く気になるまで
毎日のブログ更新おやすみします。
2008.8.25先物チャート



株式ランチタイムコメント
出来高は一段と低水準に

 日経平均は5営業日ぶりに反発。232.98円高の12899.02円(出来高概算6億6000万
株)で前場の取引を終えている。週末のNY市場の上昇、これに伴うシカゴ先物の
強い流れもあって上昇して始まっており、その後も上げ幅を広げ一時12945.88円と
13000円に迫る場面をみせていた。しかし、先物市場での500枚単位の大口売買によ
る影響が大きく、現物への波及は限定的となっている。その後は景気刺激策が期待
される上海市場の動向への注目に向かっていたが、上海指数は反発して始まるも小
動きであり、手掛り材料に欠ける状況だった。東証1部の出来高も膨れず、値上り数
は1400を超えているが6億株台とさらに低迷している。セクターでは原油相場の大幅
下落を背景に、商社や国際帝石といったエネルギー関連が軟調な一方、ゴム製品が
強い動きをみせてきている。原油相場の下落のほか、為替相場が再び1ドル110円台
の円安へ向かっていることもあり、輸出関連の一角も堅調。また、米リーマン・ブ
ラザーズは、韓国産業銀行が完全買収を含め同社の株式取得を検討していることが
明らかとなり、金融収縮が後退へ向かうとの見方から、金融関連セクターがリバウ
ンドを強めてきている。そのほか、新興不動産を中心にリバウンドを強めている不
動産セクターも堅調なスタートとなっている。
 海外勢の資金流入が期待できないほか、月末接近でディーラーなどの資金流入も
限られている状況であるため、指数の上昇ほど商いは盛り上がっていない。柱が不
在であり、先物市場の動きに振らされる格好であるため手掛けづらさが目立ってし
まっている。年金資金流入期待や中国の景気刺激策への期待などから売り込む向き
は見られないが、積極的に上値を追う流れにもつながらず。新興不動産などのリバ
ウンドが続いているが、買戻しなどを意識した流れであり、全体への波及効果には
ならないであろう。唯一、利食いに押されていたGSユアサが再びプラスに転じて
きており、これが次世代電池関連など他の材料系銘柄への波及につながることが期
待ところである。

株式クロージングコメント
出来高は昨年大納会以来の低水準

 日経平均は5営業日ぶりに反発。212.62円高の12878.66円(出来高概算13億1000万
株)で取引を終えている。週末のNY市場の上昇、これに伴うシカゴ先物の強い流
れもあって上昇して始まると、寄り付きの12797.54円が本日の安値となり、その後
も上げ幅を広げ13000円に迫る場面をみせていた。しかし、先物市場での500枚単位
の大口売買による影響が大きく、現物への波及は限定的となっている。後場に入り
12949.33円と前場の高値を若干上回る場面もあったが、これまで同様、朝方に動き
をみせた後は膠着感を強めてしまうといった相場展開が続いている。また、海外勢
の参加が限られる中、月末要因からディーラーなどの参加も限定的とみられ、東証1
部の出来高は一段と細り13億株台と昨年末の大納会以来の低水準となっている。セ
クターでは原油相場の大幅下落を背景に、商社などエネルギー関連が軟調な一方、
ゴム製品が強い動きをみせてきているほか、為替相場が再び1ドル110円台の円安へ
向かっていることもあり、輸出関連の一角も堅調。また、米金融収縮が後退へ向か
うとの期待から、金融関連セクターがリバウンドを強めてきている。
 NY市場の上昇が支援材料ながら、先週末に7月安値を捉えたことで一旦はテクニ
カルリバウンドが意識されていた。そのほか、政府による景気対策のほか、中国の
景気刺激策への期待、さらに年金資金流入などへの期待もあって下へは売り込みづ
らいところではあるが、積極的に上値を追う参加者は不在である。ムーディーズは
ファニーメイとフレディーマックの優先株の格付を引き下げたが、米国では今週も
住宅関連の指標が相次ぎ、この内容が軽微であればアク抜けにつながるとの期待も
あるようだが、やはり見極めるまでは戻りをみせたとしてもショートカバー中心で
あろう。そのため金融セクターなどのリバウンド狙い意識やGSユアサなど次世代
電池関連などテーマ銘柄の材料株での短期的な値幅取りの動きがしばらく続くこと
になりそうだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均12878.66 +212.62
TOPIX1239.25 +22.83
東証2部指数2580.92 +7.87
日経ジャスダック平均1377.23 +7.98
マザーズ指数446.21 +4.32
ヘラクレス指数734.67 +16.21
東証1部出来高13.11億株
東証1部騰落レシオ94.84%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は大幅高。金融株が買われて、原油安も追い風となり、市場心
理が好転気味に。為替も円安進行しており日経平均は大幅高で始まる。しかし寄
り後は揉み合い。商い細く依然参加者乏しい模様。後場も揉み合い続いていたが、
大引けにかけ手仕舞い売りに押される。それでも日経平均大幅高水準で引ける。
日経先物の主な買い越し証券はリーマンB、ニューエッジ、BNPパリバ、クレディ
スイス、UBS、JPモルガン、モルガンS。売り越しはドイツ、SBI、カブコム、大和、
野村、立花、三菱UFJ、オリックス、メリル、松井、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 831円 +38
銀行株が総じて堅調。先週末の米国市場では金融株が大幅高しており、日本の銀
行株にも買い戻しの動きが強まっている。また日本の銀行株に関して、米国の有
名な投資週刊誌であるバロンズ誌がバリエーション的に割安だと見解を報じてい
る事も買い材料視されているようだ。同社株と8316三井住友FGは先週末には3月に
付けた年初来安値辺りまで下げていたこともあって、買い戻しや押し目買いも入
りやすい状況だったと・・。

6727ワコム 211300円 +20300
先週末同社のHP内で、ペンタブレット「Intuos3」が、国際宇宙ステーションで
使用されたと発表。史上初めて宇宙空間で使用されたペンタブレットになった
と・・・。これを好感して買われている。株価も久しぶりに節目の20万円を割り
込んでおり、リバウンドする局面だったことも大幅高となった要因だと言えそう
だ。コレにより同社の「Intuos3」が需要増えるとの思惑もあるようだが、この思
惑で買われるのも今日だけだとの冷静な見方も・・。

2179成学社 100500円 +10000
ストップ高。先週末に新規上場した銘柄。IPOは既に参加者も乏しくなっている状
況で、同社株も上場初日は派手に売られて公募価格割れで引けていた。しかし今
日は地合の影響もあり、早くも切り返す展開で高値を更新。事業自体には魅力感
じないが、公募価格時点でかなり割安という事もあり、下げれば買い手はいるよ
うだ。同業他社と比べてもかなり割安感が強く、配当利回りも高水準が、買い要
素のようだが、上値を積極的に買い上がる向きは乏しいのではと・・・。

5563日本電工 978円 -64
大幅下落。先週は好調な決算を受け、派手に上昇していたが、早くも戻り売りに
押されてしまう展開。決算発表期待は以前からかなり強かっただけに、今月に入
ってからの急落に逃げ遅れた投資家が上値の重さを見て戻り売りを出してきたよ
うだ。目先、決算発表済んだ事から暫く材料難と言うこともあり数日遅れの出尽
くしの動きだと・・。ただ割安感強い事には変わりなく、更に下げれば買い手は
多いと。決算発表翌日に空けた窓を埋めた後の動きに注目だと・・。

4314ダヴィンチHD 35650円 +4000
ストップ高。今日は中小不動産株が総じて派手に買われている。アーバンコーポ
の破綻決定で、派手に売られて後はアク抜け感からか出戻り基調が続いている。
アーバンコーポの破綻を機に、他の不動産株を安易に空売りした個人投資家が踏
まれているとの観測も。不動産株は、まだまだ楽観視は出来ないものの取りあえ
ず戻り基調が続きそうだと見る向きは増えている。その戻り基調を止めるのは何
処かが破綻したときではと・・。今週末辺りが月末も重なっているだけに要注意
だと指摘する声も。

===============
◆◇8/26(火)の主な予定!◇◆
===============
20年国債入札
7月企業向けサービス価格指数(8:50)
独8月Ifo景況感指数(17:00)
米6月S&P・ケースシラー住宅価格指数(22:00)
米7月新築住宅販売(23:00)
米8月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00)
米6月OFHEO住宅価格指数(23:00)
米8月FOMC議事録(27日3:00)

8月25日(月)

H「日経平均は5日ぶりの反発となった。上昇幅も大幅高だと言え、取りあえず下値を探りに向かう懸念は後退した。」

K「ただ弱さは目立っているよな。売買代金は約3年ぶりの低水準であり、全く盛り上がりの無い地合だと言える。米国市場の派手な上昇が今日の上昇要因だが、日本市場は先物の買い戻しによる上昇が中心という感じになっている。」

H「米金融株が派手に買われた事から、メガバンク買われているがこれも買い戻しが中心とも言えそうだな。」

K「ああ。まあバロンズ誌が日本の銀行株に対して好感出来る記事が書かれており、それも追い風になっている面もあるが、米金融株売られればあっさりと日本の銀行株も売られてしまうだろう。まだまだ疑心暗鬼強い状況だ。」

H「ただ先週末の米国市場では韓国の政府系金融機関がリーマン買収との思惑が好感されて金融株買われたが、米金融株にも買収対象になり得るものも増えてきているんじゃないか。そうなると安易に売り込むにもリスクがあり、逆に買い妙味が強まってきている可能性もあるんじゃないか。」

K「確かにそれはあるかもな。ただ、だからと言って買い上がる安心感はまだまだ無いだろ。先週末も米国の地銀が1行破綻しているし、来月に入れば米大手証券の決算発表が意識され始める。再度の含み損計上などの報道も事前に出てくる恐れも強く、とても買い安心感は出てこないだろう。」

H「そうだな。となれば、米金融株は行ったり来たりの揉み合いかもな。」

K「まあ時間の問題とされている、米政府系住宅金融機関の公的資金注入が決まれば、一旦はアク抜け感出てきそうだが、どういう形で公的資金注入となるのか不透明だけに、それが決まるまではやはり金融株手掛けにくさは続くだろうな。」

H「ただ日本のメガバンク、先週年初来安値にツラ合わせた銘柄もあっただけに今日の大きな反発は取りあえず、ほっとした面もあるだろうな。このまま戻り基調が続くとも考えにくいが、やはりメガバンクが年初来安値を割り込んでしまうと市場心理的には良くないだろう。」

K「まだ安全圏まで戻したわけでない為、明日以降も注目だろうな。」

H「他には不動産株、しかも中小の不動産企業銘柄の上昇が目立っていた。先週辺りから戻り基調は続いており、今日は地合の良さも手伝ってストップ高まで買われているモノも目立っている。この流れが続くようだと心理的には良くなる期待はある。」

K「結構まとまった買いも一部の銘柄では見られているようだ。単に短期資金ばかりでは無く、しっかりとした買いも入っている。どうもアーバンの破綻で売られた後にアク抜け感が強まっている感じだな。」

H「まだまだ破綻懸念はあるものの、取りあえずは出尽くしという感じで戻していると言う事か・・。」

K「それもあるが、長期的な資金も入ってきているとの見方も一部では出ているようだ。随分と割安という状況まで売り込まれている不動産株目立っており、それらを片っ端から買っている長期資金があると・・。」

H「ただ不動産企業の場合、資産の多くが流動的な不動産だけに企業の価値が非常に不透明だ。それに資金繰りに行き詰まり、破綻という懸念がある以上、割安だろうが懸念は強い。」

K「もちろんそうだが、今売り込まれている不動産株が全て破綻する訳じゃないだろ。この不況状況を生き残り、不動産業界も改善していけば、今の株価の数倍に戻す銘柄も出てくるだろう。それを狙った投資だと思われる。つまり1つ2つ破綻しても良いと・・。その代わり株価が数倍になる銘柄が1つ2つ出てくれば十分利益が得られると・・。」

H「なるほど。2002年から2003年頃に話題になったボロ株投資と同じ考えだな。5405住友金属工業、5406神戸製鋼、8002丸紅など大手企業でも株価が100円割り込んでいた銘柄は結構見られた。大手でなくても、そこそこ名が通っていて昔からある企業が、100円以下まで売り込まれていた銘柄もあった。それを片っ端から長期目的で仕込む投資だ。」

K「ああ。もちろんその時は業績悪く借金も多い為、破綻懸念もありそこまで売り込まれていた。その内、幾つか破綻しても他の株価が上昇すれば十分利益になる。考え方は同じだよな。実際にその時にボロ株投資実行していれば、かなりの利益が得られただろう。数年で何倍にもなっている銘柄が多いからな。」

H「ただ、確かにその手法に似ているモノの、不動産株はまた違うような気もするけどな。だって異常に売り込まれてきた不動産株の多くが新興系企業であり、古い企業でもない。それだけに数年後企業が残っている確率が決して高いとは言えない。」

K「その通りだ。全て破綻はしないだろけど、数年後には半分以上無くなっているかも知れない。それを考えれば決して旨みのある投資でもないと言えるかもな。リスクの方が高いと言える。ただそう言う狙いで買ってきている向きもいると言う話だ。」

H「投機的なスタンスだと言え、マネは出来ないモノの、取りあえず売り手一色という状況は脱しているだけに、悪くはない。まだまだ不安定な動向は続きそうだが、破綻企業出てこなければ徐々に懸念も後退していきそうだ。」

K「地価の下落が鮮明になってきており、更に銀行の不動産企業に対する貸し渋りが鮮明だ。その状況が続いている限り、破綻企業が出てこないとは非常に考えにくいけどな。」

H「まあ出来る限り粘って欲しいもだな。取り合えず日経平均明日も続伸となるか注目したい。」
スポンサーサイト
コメント
え゛~゛、めっさ参考にしてすよ~
どうか復活おねげぇしまっす。
ロモ #-|2008/08/25(月) 15:40 [ 編集 ]
ミャンコ先生お疲れさまでした。
ん~ しかたないかも。
毎日こんなザラ場だとたしかに・・・。
気が向いたら更新してケロ。
コテツ #-|2008/08/25(月) 16:32 [ 編集 ]
ロモさん、コテツさんこの1ヶ月ちょっと
とってとられてで全然資産高値更新できん
ちょっとブログ休んで気分転換
ってかこの悪い状態じゃブログ書いてる意味があんまりないかと
ミャンコ先生。 #AvoO/P9A|2008/08/25(月) 19:55 [ 編集 ]
毎日ありがとうございました。
チャパ #-|2008/08/26(火) 02:02 [ 編集 ]
チャパたんまだ時々書いていくよー
ミャンコ先生。 #-|2008/08/27(水) 01:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。