(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.23【7日続伸、アジア株高を好感】

2009/07/23 11:13|未分類CM:0
やっとこNY一服
これでだいぶガス抜きされただろう
って全然下げてないけど

持ち越しの明電舎
GSユアサの公募増資組が
GSユアサを売れないから
明電舎を売ってヘッジしてるんだって
バカ乙すぐる
どう考えたって明電舎のほうが
公募増資の売り圧力が将来予定されてるGSユアサより上がるだろ
下がるにしてもGSユアサのほうが下がるだろうし
明電舎は引渡し日にはヘッジしてた売りが一気に買い戻しにくるだろうし
どっちにしても損するパターンのやつやー
っていうのに寄り付近で利確しちゃった
しかももう一回530円前半で拾いなおしたのに早売り

後場引けにかけて先物売って
現物を安くして仕込んだのか買い戻したのか知らんが
先物をヘラタイム買い戻すパターンのやつやー
知らんけど
ヘラタイムいらね

クックパッド昨日のS高張りが弱いんで
続かないだろうと思ってたけど
こっちはしょうがない
クックパッドが下げたら新興下げるのは

東洋炭素がS高だったんで
カーボン買って後場持ち越しが決まった
思ったほど強くなくて
逆指値にひっかかって利確になってしまった


株式オープニングコメント 2009年07月23日08時28分
海外勢による修正リバウンドはこれから

 22日のNY市場はまちまち。ダウ平均は34.68ドル安の8881.26、ナスダックは
10.18ポイント高の1926.38で取引を終了した。好調な企業決算を受けて朝方から上
昇して始まったものの、原油価格が6日ぶりの下落となったことでエネルギー関連に
売りが広がっている。セクター別では、自動車・自動車部品や消費者サービスが上
昇する一方、エネルギーやヘルスケア機器・サービスが軟調。シカゴ225先物清算値
はドル建てが大証比80円高の9810円、円建ては同25円高の9755円。ADRの日本株
は富士フイルム、日電産、ソニー、トヨタが小じっかりな半面、ブリヂストン、任
天堂、三井住友が小安いなど対東証比較(1ドル93.59円換算)で高安まちまち。
 NYダウは8営業日ぶりの反落となったが、9000ドル回復目前で利食いの出やすい
水準であり、この流れが嫌気されることはなさそうだ。5月の全米住宅価格指数は前
月比0.9%上昇となり、3ヶ月ぶりに前月を上回っていることは評価される。一方、
米半導体大手サンディスクは4-6月期が黒字転換したことが好感されるも、その後7-
9月期の慎重見通しが嫌気され時間外で下げに転じている。決算が本格化しているな
かで、AMDに次いでの弱い動きであり、半導体関連の上値を抑える要因になる可
能性はある。
 日経平均は昨日までの上昇で抵抗線として意識されている一目均衡表の雲上限で
ある9750円レベルを捉えてきている。シカゴ先物(円建て)も同水準であり、この
抵抗線レベルの攻防となりそうである。この水準をクリアしてくるようだと、直近
の9000円近辺でのボトム形成が確実となり、リバウンドが本格化する可能性が強ま
る。CITの問題や米決算本格化、政治の空白といった外部要因への警戒感はくす
ぶる状況であるが、海外勢などはアンダーウエイトのポジションである。グローバ
ルでの相対的な出遅れ感、今後の政治の再編期待などもあって、修正リバウンドは
これから強まることになりそうだ。
 なお、インデックスイベントとしては、大引けでみずほFGのTOPIXリバランスが
ある。みずほFGに対する買い需要は約1億5500万株強との観測。これにより買い代
金の約317億円は、他の構成銘柄の売り、もしくはTOPIX先物への売りインパクトに
なる。抵抗線レベルでの攻防となると、次第にTOPIXへの売り圧力などが意識されそ
うである。一方、ポジションがロングに傾きづらいため、大引けにかけて反対にシ
ョートカバーが強まることも意識しておきたい。

株式ランチタイムコメント 2009年07月23日11時35分
抵抗線突破待ち、こう着なら材料株物色継続

 日経平均は、12.81円高の9735.97円(出来高概算9億1000万株)で前場の取引を終
えている。9700円レベルでの底堅さが意識される一方、一目均衡表の雲上限レベル
での攻防となり、40円程度の狭いレンジでのこう着が続いている。セクターではゴ
ム製品、非鉄金属、ガラス・土石、電気機器、輸送用機器が上昇する半面、鉱業、
保険、不動産、食料品などが冴えない。物色はGSユアサなど新エネルギー関連の
ほか、本日は野村のスマートグリッドの調査レポートを手掛りに関連物色が強まっ
ている。相場全体がこう着感を強めていることもあり、テーマ銘柄や仕手系色の強
い材料株での値幅取りの動きが目立っている状況である。規模別指数では小型株指
数が強く、直近IPOのクックパッド<2193>の強い動きによる安心感、野村の投信設定
を控えていることもあり、新興市場を中心に中小型株への投資欲の強さも目立つ。
 日経平均は、目先的な抵抗線として意識されている一目均衡表の雲上限レベルの
攻防が続いている。ただ、このレベルでの攻防は想定されていたことであり、反対
に9700円処での下値の堅さが意識されよう。GSユアサの強い動きやテーマ銘柄の
循環が利いていること、クックパッドの強い動きに伴う中小型株への物色の波及効
果もあり、地合いは悪くない。日経平均が抵抗線を確実にクリアしてくるようだ
と、インデックス絡みから物色は主力にシフトしやすい。ただ、引き続き高値レベ
ルでのこう着が続くとなると、材料株への物色が続くことになろう。

株式クロージングコメント 2009年07月23日16時11分
海外勢の修正リバウンドの可能性

 日経平均は7営業日続伸。69.78円高の9792.94円(出来高概算22億6000万株)で取
引を終えた。前場段階では9700円レベルでの底堅さが意識される一方、一目均衡表
の雲上限レベルでの攻防となり、40円程度の狭いレンジでのこう着が続いていた。
しかし、後場に入るとアジア市場の強い動きや為替市場での円安基調が強まったこ
とが好感され、上値抵抗線として意識されていた一目均衡表の雲上限である9750円
レベルを一気にクリアしてきている。円安の要因としては、米著名投資家のジム・
ロジャーズが、日本経済には不安があるとの見解を示し、今後5年間は円購入を控え
ると、伝えられたことなどが取り上げられている。日経平均は後場寄り付き直後に
9861.29円まで上げ幅を広げ、その後は高値レベルでのこう着となり、大引けにかけ
ては上げ幅を縮めていた。この要因としては、みずほFGのTOPIXイベントに伴う大
引けにかけての、TOPIX先物の弱い動きが影響したようである。材料株物色について
は、GSユアサ、明電舎の堅調展開によってムードは良い。また、昨日の野村の鉄
道インフラの調査レポートに次いで、本日はスマートグリッドをリリースしてお
り、関連銘柄への物色につながっていた。
 日経平均は抵抗線をクリアし、今後はこの水準を支持線に変える必要がある。支
持線に変えることによって、テクニカル面から20日間程度の日柄調整を想定してい
たが、12日程度に短縮されつつある。また、米CIT問題や今後本格化する決算発
表もあって手掛けづらいなかでの底堅さは、積極的なロングポジションの積み上が
りではなく、アンダーウエイトとしている海外勢の修正リバウンドの可能性はあり
そうだ。決算シーズン入りで先回り的な商いは避けたいが、相対的に出遅れている
セクターや需給面で良好な銘柄などへの資金流入が期待されるところである。材料
株についても資金回転は相当速く、株価上昇で必ずしもポジションがロングに傾い
ているとは限らない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9792.94 +69.78
TOPIX908.69 +2.11
東証2部指数2197.53 +10.19
日経ジャスダック平均1194.93 +2.69
マザーズ指数449.11 +2.17
ヘラクレス指数607.28 -3.70
東証1部出来高22.63億株
東証1部騰落レシオ97.36%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は企業決算を受け売り買い交錯。決算好感で買われる銘柄もあれば
嫌気され売られる銘柄も。ダウは前日終値を挟んでの揉み合いで結果的に小幅のマ
イナス引け。ただナスダックは小幅続伸で11連勝。日経平均も方向感乏しい状況で
始まり寄り後は前日終値挟んでの揉み合い。しかし昼には為替が円安進行したこと
やアジア株の堅調を好感し日経平均一段高に。しかし買いも続かずその後は揉み合
い。大引けにかけ短期資金の手仕舞い売りにより上げ縮小するも日経平均7連騰。
日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、クレディスイス、モルガンS、立花、
バークレイズ、藍澤。売り越しは野村、みずほ、トレイダーズ、ソシエテジェネラ
ル、ドイツ、UBS、GS、JPモルガンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3433トーカロ 1507円 +200
ストップ高。野村がスマートグリッドのレポートを出しており、その中で関連株と
して同社株も取り上げており材料視されているようだ。流動性乏しい小型株だけに
個人投資家の買いによってストップ高まで買われた模様。他の関連株も今日は総じ
て物色されている。5333日本ガイシ、6875メガチップス、5802住友電工など他に関
連株として取り上げられた銘柄もしっかりと買われている。野村は今日の午後にス
マートグリッドをテーマに機関投資家向け説明会を実施しているだけに、明日以降
も物色続くのではと期待する向きも多い様子。

2914JT 259900円 -12300
大幅安。昨日同社はブラジルの葉タバコ購買・加工会社を買収すると発表。原料の
安定調達が期待できるといえ好材料と受け止める向きは多いものの、好感する動き
は見られていない。それよりも民主党政権で売られる銘柄としての市場意識が高い
ことから、政権交代を睨んだ売り物が出て来ているようだ。民主党政権となればた
ばこ税が引き上げられるとの思惑。そうなれば同社に取っては悪材料だと・・。以
前に日興Cが民主党政権に関するレポートでたばこ税の増税の可能性が高いとし、
引き上げ幅は自民党政権より大きくなると指摘していた。

6508明電舎 583円 +55
大商いで大幅上昇。野村がスマートグリッドのレポートを出しており、同社株にも
刺激になっているようだ。同社株自体はレポートで取り上げられてはいないものの、
スマートグリッド関連株でもあるだけに短期資金の買い材料にされている面もある
様子。また空売り多く入っている銘柄なだけに、踏み上げ相場の思惑も強まってい
る。それを狙って買い上がっている向きがいるのではと言う思惑すら浮上している
状況。過去に無い出来高作っているだけにピークだとの見方も多いが、全員参加の
相場に発展すると期待する声も・・。ちなみに山二証券が本日空売りポジションを
増加させている。

2370メディネット 19000円 +2000
ストップ高。後場ザラバ中に今期業績見通しの大幅な上方修正を発表している。も
ともと営業黒字化見通しだったが、最終利益はゼロとの見通しだった。しかし最終
利益は1億円に上方修正。これは来期の四季報予測よりも良い数字だけにポジティブ
サプライズとなったようだ。ただこれによって割安感強まったわけでも無いため、
そうそう好感する買いも続かないとの見方も多い。

5310東洋炭素 4320円 +500
ストップ高。クレディスイスが同社株の投資判断をUPからOPに一気に2段階引き上
げた事が好感されている。決算発表後に大和が強気なレポートを出し適正株価6751
円と試算していた。それを好感して買われていたが、今度はクレディスイスが強気
なレポート出してきたことから、より買い安心感が強まった模様。同社株の上昇に
刺激を受け連想的に5301東海カーボン、5302日本カーボンもしっかりとなっている。

===============
◆◇7/24(金)の主な予定!◇◆
===============
5月全産業活動指数(13:30)
NRI、花王、日本電気硝子、日本電産、ネットワンシステムズ、有沢製作所、沖電線、
芝浦メカ、マネックスG、カブコム、KOA、日立ツール、ニッセンHDなど決算発表
国際モーターショー(インドネシア・ジャカルタ~8/2)
エリクソン、シュルンベルジェなど決算発表
7月23日(木)

H「日経平均はこれで7日続伸だ。こりゃマジで9連騰もあり得そうだな。」

K「9日続落後に9連騰か・・。そうなりゃ確かに面白い。日経平均で見ても9連騰すれば丁度下げてきた分を奇麗に戻す格好だろう。」

H「昨晩の米国市場は反落した。モルガンSやウェルズファーゴの決算を嫌気されたようだ。それに連騰してきているだけに当然利食い売りも出やすい。しかしそれでも小幅安程度にとどまっており強さは見られている。」

K「そうだな。プラスとなる場面も見られており、前日終値を挟んでの揉み合いだった。ダウは8日ぶりに反落となったが、ナスダックは連勝記録を続けている。」

H「米アップルが決算を好感されて買われていたことがナスダック指数を押し上げている。ナスダックはこれで11連勝だ。13年ぶりの記録とのことだ。」

K「まあダウは下げたがナスダックは続伸となっており日本株の売り材料にはなっていない。ただ材料不足と言うこともあり朝方は大人しく始まった。前場は日経平均も前日終値を挟んでの揉み合いだった。昨日の米ダウのように・・・。」

H「ただ後場には寄り付きから前場の揉み合いを上離れる格好となった。上海、香港市場がしっかりと上昇しており、更に前場引け頃から為替が円安へと動き始めた。これを好感して後場は買い優勢で始まった。」

K「まあショートカバーの動きだろうな。買い一巡後は上値を買う動きは見られず結局大引けにかけ垂れてしまっている。まあそれでもしっかりとプラスで引けているけどな。」

H「指数的には大した上昇ではないものの、個別株を見ると結構派手に物色されている銘柄も目立っている。テーマ株や材料株などに買われていた。」

K「そうだな。6674GSユアサや6508明電舎など派手に物色されていた。これは野村のスマートグリッドのレポートが効いているようだ。」

H「そのようだな。野村はスマートグリッドを新たな物色テーマにしたいらしい。午後には機関投資家向けに説明会まで実施している力の入れようだ。レポートで取り上げられた銘柄などには派手に物色された銘柄も目立つ。」

K「取り上げられていないスマートグリッド関連株までも物色が波及しているからな。電線御三家はいずれも買われているし、明電舎も言ってみりゃスマートグリッド関連株だ。」

H「これらは暫く注目だろうな。しかし明電舎はともかくGSユアサも今日は派手に上昇している。これだけ公募価格から乖離すれば、喜んで公募申し込む人も多いだろう。しかもタイミング良いことにGSユアサの売り禁が明日から解除になった。」

K「ああ。公募組は受渡までのヘッジとして空売りする事が出来るようになる。ある意味、結構な売り圧力になるようにも思えるけどな。」

H「ただヘッジ売りが出来るのは悪いことではない。これが出来ない状況だと公募受渡時の需給悪化懸念が強まる。ヘッジ売り出来るとなれば、公募による需給悪化時期が分散される事に繋がるため、受渡日に一気に売り圧力強まると言うことになりにくい。」

K「そうだな。目先ヘッジ売りをこなして再度上げて行く可能性あるかも知れないな。ただクレディスイスは再度レポート出しており弱気を継続している。目標株価も330円継続しているが、嫌気する動きは見られていない。」

H「完全無視か・・。それだけこの銘柄は人気があると言うことだろうな。」

K「ただ注意は必要だぞ。決算発表で現実を叩き付けられる可能性がある。決算発表で夢から覚め、物色意欲も一気に冷めるということは良くあるからな。」

H「まあGSユアサの決算発表はまだ先であり、それまでは楽しめるんじゃないか・・。ただ明電舎の決算発表が先にあるな。来週だ。」

K「いずれにしろ、基本的には短期資金が中心であり、短期資金以外では個人投資家の資金が中心だろう。それだけにこれらとは機敏なスタンスで付き合わないと・・。ただある程度腕がないと振り回されるのがオチだろうけどな。」

H「だろうな。それだけに逆にある程度のリスクを取り保有決め込むのが良いとも言える。ロスカット決めてな。」

K「それもどうかと思うけどな。先月までのように派手な相場を作った状況とは大きく違う。それだけに今回の上昇は短命に終わる可能性も非常に高い。かれこれ1ヶ月程度調整しているものの、基本的には調整不足だからな。」

H「まあ理屈など関係なく相場作るときは作るんだ。明日これら銘柄が以降どういう展開を見せるのは注目したい。」

K「そうだな。スマートグリッド関連株もな・・。」
2009.7.23先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。