(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.22【リバウンドが本格化する可能性が強まる】

2009/07/22 11:34|未分類CM:0
NYは最近の強さを見る感じ
そう簡単に下がらないと思ったけど
CITの破綻回避に向けた交渉が難航を跳ね除けて
昨日も引けにかけて上昇で7日続伸
ナスダックは10連騰
12年ぶりだとか

それに比べて日本は
そろそろアメリカ下げるだろうとびくびくしてる感じ
寄り低いし
途中売り仕掛けみたいなのあるし
新興はクックパッド効果か堅調
昨日買い忘れた

寄り持ち越しの弱いものから売り上がり利確
強いものは残し

GSユアサの公募価格決定で一服
寄り突っ込んだところで明電舎を買ったけど
売り上がって利確
もう一回下げてきたところ
買って弱いんで売ってたら
全部売る前に売り仕掛けられてカット
結局上がるのかよ

昨日と同様前場の弱さはなんだったんだという動き
日食でも見てたのか
午後からは上昇
井関やらCAやらmixiやら明電舎やらをトレード

アメリカがちょい押ししたほうが
安心して買えるような気がする


株式オープニングコメント 2009年07月22日08時23分
一服感が出やすい、テーマ銘柄の循環物色

 21日のNY市場は上昇。ダウ平均は67.79ドル高の8915.94、ナスダックは6.91ポ
イント高の1916.20で取引を終了した。CITの破綻回避に向けた交渉が難航してい
るとの見方から下落に転じる場面もみられた。しかし、バーナンキFRB議長が議会証
言でインフレリスクは限定的で低金利政策の維持を示唆したことから、引けにかけ
て上昇する展開となった。セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーや自動
車・自動車部品が上昇する一方で銀行や各種金融が軟調。シカゴ225先物清算値はド
ル建てが大証比75円高の9725円、円建ては同10円高の9660円。ADRの日本株はコ
マツ、クボタ、トヨタが小じっかりな半面、日電産、デンソー、日東電が小安いな
ど、対東証比較(1ドル93.62円換算)で高安まちまち。
 NY市場はFRB議長証言を好感した格好となったが、CITの行方に対する警戒感
はくすぶっている状況であり、外部要因からは積極的には手掛けづらいところであ
ろう。また、日経平均は昨日までの上昇で5営業日続伸となっており、25日線レベル
を捉えていることから利益確定の動きにもつながりやすいこともあり、本日のとこ
ろは25日線レベルでのこう着相場が想定されよう。また、米企業決算が本格化して
いるが、時間外では半導体大手のAMDが赤字幅拡大が嫌気されて急落している。
ハイテクなど輸出関連がこのところの上昇のけん引役の1セクターであったこともあ
り、上値を抑える要因となる可能性はある。
 そのため物色はテーマ性のある材料株などへ向かいやすいであろう。昨日は民主
党政権を意識した銘柄のほか、GSユアサの強い動きによって新エネルギー関連、
中国のインフラ関連として鉄道整備関連、インドの原発絡みの報道で原発関連、8月
の野村の投信設定を意識した中小型株への物色もみられていた。これらテーマ銘柄
の循環物色のほか、こう着感が相当強まるようだと仕手系色の強い材料株での短期
的な値幅取り狙いの流れが強まりやすい。ただし、全体としては目先的な達成感と
いうよりは直近上昇に対する一服といったところ。40日間の政治空白、今後本格化
する決算発表から手掛けづらい状況ではあるが、日本の政治が再編に向かうことか
ら、海外勢のアンダーウェイトのポジションの修正が今後強まるとみておきたい。

株式ランチタイムコメント 2009年07月22日11時41分
テーマ銘柄や材料系銘柄の循環物色は活発

 日経平均は戻り高値レベルでのこう着が続いており、15.67円高の9667.69円(出
来高概算9億5000万株)で前場の取引を終えている。寄り付き後30分間で付けた高値
9670.01と安値9608.77円の価格レンジ内での推移が続いている。NY市場の上昇は
好感されるものの、破たんが警戒されているCITの行方や、米半導体大手AMD
の時間外での急落もあって、手掛けづらいところ。ただ、民主党政権を意識した小
売セクターの一角や野村の鉄道インフラの調査レポートを手掛りとした関連物色な
どもみられており、全体のこう着ほど地合いは悪くない。日経平均の上値の重さ
は、AMDを嫌気した東京エレクなど値がさハイテクの冴えない動きが影響してい
る。セクターでは不動産、証券、倉庫・運輸、非鉄金属などが弱いが、個別では直
近上昇の反動といった小幅な下げにとどまっている。東証1部の騰落銘柄は値上り
996に対して値下がり555、変わらず130と値上り数が全体の6割近くを占めている。
 日経平均はこう着ながら25日線をサポートに変えてきており、一目均衡表の雲上
限である9750円レベルが次第に意識されてきている。値がさハイテクの一角が上値
を抑えているため一気に捉えることは厳しいであろうが、先高観は強まりやすい。
物色としては民主党政権を意識した関連、野村の投信設定を意識した中小型株、鉄
道インフラ関連などが動意付いている。また、中国財政部は昨日、企業の太陽光発
電事業を支援する補助金制度「金太陽示範工程」をスタートすると発表しており、
太陽電池関連などの材料株への物色も強まってきそうである。米CIT問題、AM
Dの急落を受けた今晩の米国市場などから全体としてはこう着ながら、テーマ銘柄
や材料系銘柄の循環物色は活発であろう。

株式クロージングコメント 2009年07月22日16時15分
リバウンドが本格化する可能性が強まる

 日経平均は6営業日続伸。71.14円高の9723.16円(出来高概算20億8000万株)と、
終値ベースでは7月3日以来の9700円を回復している。NY市場の上昇は好感される
ものの、破たんが警戒されているCITの行方や、米半導体大手AMDの時間外の
急落の影響もあり、こう着感の強い相場展開が続いた。しかし、全体のこう着ほど
地合いは悪くなく、日経平均は25日線を支持線に変え、次の抵抗線レベルである一
目均衡表の雲上限である9750円レベルをうかがう展開をみせている。テーマ銘柄な
どへの物色は活発であるほか、後場に入ると粗鋼生産の底入れ感から、鉄鋼株が強
い動きをみせている。民主党政権を意識した小売セクターの一角は利益確定の動き
が出ているが、反対に売り込まれていたノンバンクには買い戻しの動き。野村の鉄
道インフラの調査レポートを手掛りとした関連銘柄は、終日強含みの展開であっ
た。
 値がさハイテク株の冴えない動きもあって、日経平均は一目均衡表の雲上限レベ
ルで頭打ちとなったが、この水準を捉えただけでも十分であろう。いずれにせよ強
弱感が対立するところであり、上値の重さを嫌気する流れはなさそうである。反対
にこの水準をクリアしてくるようだと、直近の9000円近辺でのボトム形成が確実と
なり、リバウンドが本格化する可能性が強まる。CITの問題や米決算本格化、政
治の空白といった外部要因への警戒感はくすぶる状況であるが、海外勢などはアン
ダーウエイトのポジションである。今後の政治の再編期待によって、修正リバウン
ドはこれから強まることになりそうだ。また、個人の信用需給などへの警戒もある
が、直近の急落によるクローズ、その後のリバウンドによって改善傾向にある。今
後決算発表が本格化してくることもあって、そもそもポジション自体を積極的に取
っている動きも限られる。再び1万円への意識も強まり、テーマ銘柄のほか、ハイテ
ク、銀行といった出遅れセクターの修正も意識されてこよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9723.16 +71.14
TOPIX906.58 +5.03
東証2部指数2187.34 +15.20
日経ジャスダック平均1192.24 +2.51
マザーズ指数446.94 +3.98
ヘラクレス指数610.98 +2.01
東証1部出来高20.87億株
東証1部騰落レシオ103.08%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はキャタピラー、メルクの決算を好感してしっかり。連日の上昇に
より利食い売りも出ているようだが底堅い動き。バーナンキ議長が議会証言で雇用
の弱さなどを指摘したことを受け、全体的に売られる場面もあったが下値はやはり
堅く結局プラスで引けている。しかし為替は円高進行しており日経平均は大人しく
始まる展開。円高を嫌気し売られる場面もあったが下値も限定的。前場引けにかけ
ては買われて日経平均は小幅にプラスで前場引ける。後場は先物主導で一段高に。
買い一巡後は揉み合いとなるも底堅く推移し終始しっかりの展開。日経先物の主な
買い越し証券はニューエッジ、楽天、トレイダーズ、クレディスイス、モルガンS、
野村、大和。売り越しはカブコム、オリックス、JPモルガン、UBS、ドイツ、
三菱UFJ、バークレイズ、藍澤、立花など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2193クックパッド 23150円 +3000
ストップ高。寄り付きから買い優勢で始まり前場の内からストップ高まで買われて
いる。値動きの良さや高成長期待銘柄と言うことから個人投資家中心に買いが集まっ
ているようだ。短期資金も結構入っているようだが、中長期資金も入っているとの事。
同社株がストップ高まで買われると、刺激を受けたネット関連株も多いようで派手に
物色されている新興銘柄も目立っていた。それだけに同社株が明日以降も強い展開続
けるようだと新興市場全体的に好影響だと期待する声も・・。

6674GSユアサ 790円 -8
反落。昨日引け後には公募価格が決定。公募価格は750円に決まった。同社株は既に売
り禁となっているだけに、公募のつなぎ売りが個人投資家は出来ないため、公募分が
市場に出てくるときの需給悪化を懸念する声が非常に多い。それだけにそれを通過す
るまでは買いにくさがあるようだ。公募申し込む個人投資家の一部にはヘッジのため
に6508明電舎を空売りする向きもいるようだがヘッジにならない可能性もあると見る
市場筋も多い。

6508明電舎 528円 +14
大商い。日に日にGSユアサ離れしてきており先行き期待抱く市場筋多いようだ。売り
禁であるGSユアサの変わりにヘッジ目的で同社株を空売っている向き多いようで、派
手な踏み上げ相場を期待する声も出て来ている。個人投資家だけでなく、山二証券、
タワー投資顧問、その他海外ファンドなど同社株の空売りポジションを抱えている向
きも多い。それだけに何らかのきっかけがあれば派手な踏み上げ相場に発展する要素
はあるだけに期待するのも良く解ると・・・。

6305日立建機 1583円 -13
軟調。昨日はキャタピラー決算期待などもあって派手に上昇していたが、今日は出尽
くし感もあるようだ。昨晩発表されたキャタピラー決算は好感されているものの、既
に先回り的に買われていたこともあり好影響は見られず。それにキャタピラー決算も
決して楽観的になれるような決算ではなく単に事前予測を上回っただけでなり内容的
には先行き懸念は残している。それだけに建機株はまだ強気では買いにくいとの声も
多いようだ。6301コマツは小幅高となっている。

6741日本信号 904円 +97
一時ストップ高まで買われる場面も。野村が鉄道インフラに関するレポートを出して
おり、同社株に関しては新規1とし目標株価1000円としたことが材料視されている。海
外の鉄道インフラ整備に関わる受注が期待されるとの事。他にもナブテスコも新規1と
しており材料視されている。またそのレポートにより他の鉄道インフラ関連株も総じて
高い。6505東洋電機製造、7102日本車輌、7122近畿車輛、6742京三製作所などしっかり
買われている。

8604野村HD 780円 +10
しっかり。14時に日経ニュースが英国現地法人の野村インターナショナルが、欧州の買
収案件アドバイザー業務を獲得したと報じられており材料視されている。旧リーマンの
欧州事業がこの案件を獲得したようであり、買収効果が早くも出て来た模様。今後の欧
州事業展開にも好影響を与えると思われ非常に好材料だと指摘する声も多い。また今日
はクレディスイスが同社株をセクター内でトップピックとしており目標株価を850円に
引き上げたことも好感されているようだ。4-6月期決算は黒字化した可能性がありポジ
ティブサプライズになると指摘している。

===============
◆◇7/23(木)の主な予定!◇◆
===============
6月貿易収支(8:50)
6月日本製半導体製造装置BB レシオ(16:00)
中外製薬、オービック、KDDI、カゴメ、ネットプライス、OBC、日立ソフト、
高純度化学など決算発表
米新規失業保険申請件数(21:30)
米6月中古住宅販売(23:00)
ASEAN 地域フォーラム(タイ・プーケット)
アジア開発銀行(ADB)、東アジア14 ヵ国・地域の成長率見通しを発表
マイクロソフト、アマゾンドットコム、3M、マクドナルド、サンパワー、AT&T、
アメリカンエキスプレスなど決算発表
7月22日(水)

H「日経平均はしっかりと続伸となり、これで6日続伸となった。6日続伸は1ヶ月半ぶりの事だ。」

K「しかし思い返せば、日経平均は9日続落となった後、6日続伸となっており、これほど一方通行的に動くのも非常に珍しい。」

H「このまま9日続伸となり、日経平均も1万円回復となればもっと珍しい動きとなるんだが・・・。」

K「流石にそれは厳しいだろう。米国市場の上昇が続いている内は良いが、そうそう続きやしない。ダウは6日続伸でナスダックは10日続伸だろ。ないない。」

H「だよな。ナスダックの10連勝は12年ぶりの事だそうだ。ただ既に珍しい状況となっているだけに、珍しついでにあと3連勝くらい行けるんちゃうか?」

K「まあ何があっても不思議がない世界だからな。100年に一度の金融危機となったくらいだ。確かにあと3連勝くらいしても不思議はない。」

H「日本市場も株価の上昇によって懸念されていた上値のシコリも徐々にほぐれてきている。引け後に発表された先週末の信用買い残は10週ぶりに減少となった。戻り売りをこなしたと言うことだろうけど、更に上昇していけばもっと買い残は減ることになり需給面は良好へと再び変わってくる。」

K「そうだな。ボリューム不足との声も多く上値も追いきれないとの見方は多い。まあ基本的には上げてくればボリュームなど後から付いてくるモンだ。しかしボリューム膨らむ状況にはなりにくいというは確かでありそれが懸念だ。」

H「決算発表シーズンに加えて海外勢の夏休みか・・・。しかも政治の空白期間中と言うことも当然手控え要因になる。」

K「それだけに買いエネルギーは膨らみにくい。」

H「ただ参加者乏しい分、売り圧力も乏しいだけに、買いエネルギー膨らまなくても上げていける期待はあるんじゃないか。」

K「確かにそうとも言えるが、株価が上げていけば上げて行くほど、恐らく売り圧力は強まってくる。しかし買いエネルギーは増えないとなれば、当然上値は追えなくなる。上げりゃ今の時期手仕舞いしようとする向きは非常に多いからな。」

H「そうだな。それにやっぱり為替がネックとなりそうだな。昨日の米国市場はしっかりと上昇したものの、為替が円高進行して返ってきていた。前場の日経平均はそれが重しとなった面もあるだろう。ユーロ時間に入ってからは更に円高に振れており、今晩の為替動向が気掛かりだ。」

K「まあ懸念はあるものの、取りあえず日経平均は2日続けて25日移動平均線を上回ったし雲抜けも期待できる水準まで上昇してきた。こうなると、即派手に下落と言う展開にはなりにくく下げりゃ押し目買いが支えるという可能性は強まったと言える。」

H「そうだな。それだけに連勝と行かなくても更に上値を目指す期待はありそうだ。」

K「いずれにしろ日経平均が高値を超えて更に上げていく事は想定しにくく、あっても1万円までと見るべきだ。その後は再度垂れたとしても選挙前に大崩はなく、結局は揉み合い相場だと言うことになるんじゃないか。」

H「そうかもな。再び9500~10000円のレンジ相場に返り咲くならば十分だと言えるだろう。」

K「その通りだ。そのレンジで揉み合い続け下値を固めておいて選挙が終わった辺りから上離れを目指すと言うのが理想的なシナリオだろう。選挙が終わり新政権が発足すれば期待感から買われやすいからな。それまでは高値圏揉み合いと言うのがもっとも良い展開だと思われる。」

H「まあ実際は新政権発足前から先回り的に買われてしまいそうだけどな。」

K「ただ当然再度波乱相場になるという可能性が無くなったわけではないからな。そうなるには米国での悪材料がきっかけとなるだろう。それに伴ってドル売りによって円高加速と言う展開だ。これが怖い。」

H「まあ取りあえず企業業績的には懸念後退しているものの、今晩はモルガンスタンレーの決算発表が控えている。他の金融機関のように無難に通過できれば問題はないが・・・。その他にも主力系の企業決算結構多いからな。」

K「今晩だけでなく明日も結構重要な米企業決算は控えている。取りあえず今週無事に通過出来るかどうかだろう。」

H「そうだな。企業決算シーズンを無事にこなしてしまえば、懸念もかなり無くなるんじゃないか。」

K「そんなことはない。カリフォルニア州の懸念もあるし、CITの破綻だって完全に消えたわけではない。一時的に凌いだものの、来月になれば再び懸念視される場面が出て来ても不思議はないだろう。またオバマ大統領の支持率がじわじわと落ちている事も気になる要素だ。」

H「確かに・・。まあ懸念はあるものの、何だかんだ言いながら上げていくと期待したいモンだな。」

K「まあ、それによって個人投資家が再び活発に動き出すならば悪くはない。取りあえず今晩の米国市場や為替市場がどういう展開になるのか注目したい。」
2009.7.22先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。