(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエいっぱい売れ残ってた、DSでドラクエってないわ

2009/07/12 16:02|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は波乱的な一週間となってしまった。米国株安や円高、それに加えてタイ
ミング悪いことにSQ週だったと言うことも要因している。」

M「ああ。米ダウは最近下げ渋り見せていた8300ドルを完全に割り込んでしまい
8000ドルが視野に入ってきた。そして何よりも為替だな。これが今週急速円高進
行してしまい、日本の輸出企業の平均的な想定レートより円高へ抜けてしまった
。」

T「やはり日本株に取ってはそれが大きな売り材料になったようだ。これにより
輸出企業の業績不安が一気に強まってしまったからな。一部では円安も業績上ブ
レ要因として期待されていた面もあっただけに、一転して下ブレ要因に早代わり
だ。」

M「まあこの辺で落ち着くならまだ良いが、それが見えない状況だからな。今後更
に円高が進むのではという懸念が強まっている限り、それを睨んで株が売られて
しまう。市場心理が悪くなってきているだけに、最悪な事を想定して売買する人
も増えるためだ。」

T「先週まではそうそう悪化していなかった投資家心理も今週は急速に悪化してき
たと言えるだろう。株安によって需給面が一気に不安になってきたからな。信用
買い残は更に増加し、その評価損益率も悪化している。個人投資家が押し目を買っ
ていたような銘柄が派手に下落してきており、粘っていた新興市場も連日派手に
下落してしまった。」

M「そりゃ投資家心理も悪化するよな。」

T「何でこんな状況になってしまったんだ。」

M「市場で言われているのは先週の雇用統計だな。これが悪化したため、リスク許
容度が一気に悪化し、手仕舞いに動いてきた投資家が増えたと言うことだ。」

T「確かに雇用統計発表後から流れが変わってきたようにも思える。」

M「実際にそうなんだろうけど、ただあの雇用統計がサプライズ的に嫌気されたと
いうのも疑問がある。正直、雇用統計の悪さは想定通りだろ。確かに雇用者数の
減少は予測より大きかったものの、もともとブレの大きな指標であり予測範囲内
だとも言える。前回が大幅に減少幅が縮小した為、確かに今回減少幅が再び増加
して失望したと言うことはあるだろうけど、それほど今回の雇用統計に市場が期
待していたとも思えない。」

T「だよな。それよりも失業率が懸念されていた程悪化していなかったし、大きな
流れを変えるような雇用統計でも無かったように思える。」

M「あのGMが破綻して雇用が悪化してくるのは想定通りだ。今後もまだ悪化するの
も想定通りだ。そもそも雇用統計は遅行指数であり、一般的に景気に半年程度遅れ
ると言われている。つまり景気の底打ちが1-3月ならば、雇用の底打ちが7-9月と言
うことになる。」

T「それも微妙のように思えるが・・・。」

M「とにかく先週発表された雇用統計によって大きく流れが変わったのは事実だが、
それを嫌気し流れが変わったと言うよりは単なるきっかけに過ぎなかったと思える。
以前から言っているようにヘッジファンドなどは手仕舞い時期を探っていた。当然
一部では手仕舞い売りも出てきてはいたが、まだ迷いがあった向きも多かった。そ
れが今週一気に手仕舞いに動き出したと言うわけだ。」

T「もともと手仕舞う時期を探っているときに、あの雇用統計が発表されきっかけに
なったと・・。」

M「ああ。原油相場の動向を見ると非常に顕著だ。雇用統計発表後から売り圧力が強
まって加速的に下落してきている。もちろん、原油先物取引の規制導入の検討をする
と米商品先物取引委員会が発表したことも追い打ちをかけた。」

T「それによって、まだ手仕舞うつもりが無かった向きまで戦略を変更せざるを得な
くなったとも言える。」

M「そうだな。商品相場安に株安によって他の投資家も巻き込んで下落に拍車をかけ
た面もある。当然流れが変わってきたと思えば、手仕舞いに動く投資家も増えるか
らな。」

T「悪循環的に売りに転じる向きが増えていったと言うわけだな。」

M「まあ3ヶ月間も大した下落もなく上昇トレンド続けてきたんだ。来るべき時が来
たというだけだ。上げ続ける相場などあり得ないし、当然調整局面はほっといても
来る。このままトレンドが下落に転じて上げてきた分を下げていくとなれば問題だ
が、取りあえずこの程度の下落は許容すべき範囲だろう。」

T「確かにそうなんだが・・。ただ為替は懸念だよな。昨晩も円高基調続いており先
行き不安強まっている。来週もこのまま円高進行していくようだと、株安も当然続く
ことが避けられない。」

M「今の状況はドル安という円高ではなく、まさに円高だ。つまり円の独歩高である。
ドル円だけでなくクロス円でも円が買われているからな。」

T「資金の逃避先として円が選ばれているような事が言われているが・・・。」

M「というより単なる巻き戻しだろ。もっとも低金利の円とドルとの相関関係見ても
解りにくいが、クロス円を見れば明らかだ。それらの多くは今年から随分と円安進行
してきている。それもつい先月まで円安の流れが続いている。」

T「確かにそうだな。ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円など
全て6月に今年の高値を付けている。まあ株式市場と一緒だな。」

M「ああ。それが7月に入って急速に垂れてきた。つまり円高へと進んできた。特に新
興国通貨がそれが顕著だ。つまり原油相場などと一緒の動きだ。」

T「なるほど。つまり利食いに動いてきたと言うことだな。今の円高状態は・・。」

M「ああ。原油相場や株式市場と一緒だ。世界中のヘッジファンドなどの資金が本格
的に益出しに動いてきたと言うことだろう。基本的には新興国通貨がこのまま下落し
ていくとは考えにくい。やはり新興国経済が先駆けて回復に向かい、世界経済の回復
のきっかけへとなっていく。」

T「そう考えれば、このまま新興国通貨が売られ続けるとは確かに考えにくいわけだ
な。」

M「ああ。来週には中国GDP発表もあるし、それが良ければ他の新興国への期待も強ま
るだろうし、円高も早々続かない可能性はある。」

T「でもそれはあくまで新興国通貨と円との話だろ。」

M「そうなんだよな。ドル円やユーロ円に関して言えば、確かに円高へと更に進む懸念
否めない。つまり円の独歩高という状況はそうそう続かなくてもドル円などの円高は
続く恐れがある。」

T「それじゃ、結局日本経済にとってはネガティブだ。」

M「ただ新興国経済が今後も回復続けるならば、再度投資資金は戻ってくる。そうなりゃ
クロス円が再び円安へと向かい始め、ドル円などの円高も止まる事に繋がる。まあ期待
だけどな。」

T「とにかく今回の色々な市場での調整が、いつまで続くかどうかだな。新興国経済の
回復が腰折れするような事が無ければ、調整だって知れているだろう。もちろん上値追
っていくような状況は当面期待薄ながら、売り込まれていくような状況は避けられる。」

M「まあそう言う意味でも、来週後半に控える中国の経済指標には注目だ。」

T「そうだな。米国経済や国内経済に期待出来ない以上、今は新興国経済に期待する他無
いからな。」

M「ああ。ヘッジファンドなどが本格的に手仕舞いに来た以上、暫くこの動きは続くと思
われるが、新興国経済などの期待があれば、彼らの売りを吸収する買い手が出てくる期待
があるからな。」

T「そうだな。そう言う実需の買い手がヘッジファンドなどの手仕舞い売りの受け皿にな
ってくれれば株価が下げていくとは限らない。リバウンド狙いの短期資金の買いも加わっ
て、逆に上げると言うこともありえるからな。」

M「まあ上げりゃ戻り売り圧力も強まるだけに上値も抑えられそうだが・・。取りあえず
来週は何処まで戻せるかと言うことよりも、何処で下げ止まれるか言うのが注目だろう。
株式市場だけでなく、商品相場や為替市場もな。」

T「まあどういう展開になるのか注目したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。