(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山由紀夫の故人献金の問題って全然テレビ報道しないようね、まあ提供がイオンだと民主党に不利な報道はしづらいか

2009/07/04 21:03|決算CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は結局は揉み合いだったという感じだ。先週末比では日経平均下落したこと
になるが、6/16に空けた窓をしっかりと埋める場面も見られた。」

M「律儀に埋めてきたという感じだな。まるで忘れ物を思い出して取りに帰ったよう
に・・。」

T「ただ埋めた後は満足したのかあっさりと下へと戻ってきている。この動きを見て
もやはり大台1万円は重いな。」

M「当然だろう・・・上値が重いのは。米ダウは200日線も25日線も上回り切れない状
態で日本市場は良く粘っている方だ。」

T「確かにそうだな。まだまだ需給面も良い状態なんだろう。信用取り組みは悪化し
てきているものの、まだ回転が利いている状況だ。それに何よりも言うほど売り手が
乏しい。大台での売りと言うのは控えていそうだが、それ以下では言うほどの売り圧
力が見られていない。」

M「今週は商い低調気味で、先物主導の動きが中心だったといえる。売り込む動きも先
物主導であり、確かに現物株では下値を叩くような売り物は見られていない。まあ先
物の動きがややきな臭い面もあるものの、取りあえずは売り急ぐ向きはまだまだ乏し
いようだ。」

T「ああ。恐らくまだ決めかねているのかも知れないな。本当に手仕舞いで良いのか?」

M「恐らく米国市場を睨みながらと言う感じなんだろうけど、確かに売りにくさも出て
きている面はあると言える。今月下旬辺りから企業の決算発表が本格的に始まるが、恐
らく今回の決算発表は好決算が相次ぐことになるだろう。前年同期比で言えば当然悪い
が、期初に予測した見通しよりはかなり良い4-6月期決算になると見られている。それ
が売り渋りに繋がっている可能性もある。」

T「なるほど。最近、好調な業績観測も見られてきており、株価もそれにしっかりと反応
している。それだけに売ろうか保有続けるか迷っている向き多いのかも知れないな。」

M「それだけに、何かのきっかけで迷いが吹っ切れたとき、相場は波乱的な動きとなる
可能性がある。外部要因で悪材料出たり、株価が節目を割り込んだり、何らかのきっか
けによって迷っている向きが一斉に手仕舞い売りに動くのが怖い。」

T「まあこのまま特段と悪材料もなく、この辺で揉み合い調整続けているのが理想だろ
うな。株価が言う程変動無く日柄をこなしていれば、手仕舞い売りも徐々にこなす格好
となり分散される。」

M「ただそうなる可能性は当然あるだろうな。悪材料出てくるとすれば欧米からだろうけ
ど、米国市場でもこれから企業決算が始まる。日本同様、想定より良いという決算を出
す企業が結構出てくる期待はある。それが結局下値を支えるという可能性はあるだろう。」

T「つまり暫くは日米共に企業決算やその期待が下値を支える期待があるわけだな。」

M「ああ。確かに下値を支える事にはなる期待あるものの、基本的にそれは上値を追う理
由にはなりにくい。つまり相場的には揉み合いと言うことになるんじゃないか。逆に企業
決算が期待したほど良くなく、結構悪いジャンとなればこりゃ大変だ。」

T「そりゃまずい。」

M「ただやはり重要なのは先行きだろう。足下は確かに期初判断よりは回復しているのは
確かだが、市場の関心はそれが何処まで続くのかと言うことだろう。このままV字回復し
ていくのか、単なる反動なのか・・・。」

T「4-6月期業績で回復が見られても、その後再び落ち込んでいくんでは株価は上昇しな
い。逆に下げていくことになるからな。」

M「世界的に景気の回復が期待されているが、結局は今の状況は急速に悪化した反動で回
復していると言えるだろう。100年に一度の大不況なんてそこら中で言われて、景気悪さ
をマスコミなどで日々洗脳させられる。そりゃ消費は押さえるのは当然だ。モノが急速に
売れなくなるのも当然。ただ、必要なモノまで押さえてしまった面もあるだけに、反動が
来るのは必然だ。」

T「確かにそうだな。消費者は車や家電だって壊れれば基本的に買うんだ。企業だって同じ
だよな。必要だった設備投資まで一時的に控えた企業も多いだろう。」

M「ああ。それが同時に起こったために、リーマンショック以降の10-3月は急速に景気が悪
化した。しかし4月からはその反動が起こっている。当然、各国の景気刺激策がきっかけと
なっている面もあるけどな。」

T「日本でも景気悪いと言いながらも、エコカーやエコ家電は減税やエコポイントによりバ
ッカバッカ売れているようだしな。企業も減産基調から増産基調へと変えてきている。」

M「ただ忘れちゃ行けないのは、それにも反動はあると言うことだ。エコカーやエコ家電な
ど確かに売れているようだが、買い一巡してしまえば反動的に売れ行きは落ちる。必然だ
よな。企業も再び減産基調になるかも知れない。」

T「実際に景気は悪くなっているんだし、消費者の所得は平均的には間違いなく減っている
からな。トータル的に消費減るのは当然だ。」

M「ああ。そう考えれば、今は景気も回復しているように思えても、再び悪化へ向かう場面
が出てきても不思議はない。企業業績で言えば、暫く反動で良いかもしれない。ただその
逆の反動がまた近いうちに来ると考えればV字回復という期待は乏しいと言える。」

T「確かに。」

M「まあ問題は現状の最悪期からの回復がどの程度まで続くかと言うことだろう。いずれ逆
の反動が来るにしても、それまでまだ結構期間があるという可能性はある。」

T「なるほど。」

M「それに中国経済などは、先進国と違い単なる反動による回復だけじゃない可能性が強い。
つまり中国経済に限って言えばV字回復と言えるかもな。先進国経済がどの程度その恩恵を
受けられるかが重要だろうな。」

T「それによっては先進国経済の今後来るであろう逆の反動も打ち消せる可能性あるかもな。」

M「ああ。先進国の中では比較的に日本は中国経済の恩恵を受けやすいと言えるだろう。それ
だけに期待はある。」

T「まあ、日本株が欧米株と比べて強さを見せているのも、そのような期待が加わっている為
なのかもな。」

M「ああ。取りあえず来週は注目のSQ週だ。ここ最近はSQ通過後にSQ値を超えられない日々が
続くことが多い。それだけに今月はどうなるのか注目されている。理想は先月SQ値より今月
のSQ値が高くなることだ。」

T「ただ逆にSQ値安くなった方が、その後の動きに期待できるんじゃないか・・。」

M「確かにそうかも知れないが、4月以降、SQ値は必ず先月のSQ値より高くなっている。4月SQ
は3月SQ値より高くなったし、5月はその4月よりも高くなった。6月も同様だ。つまり何だかん
だ言っても着実に毎月上値を切り上げてきているんだ。」

T「なるほど。今月SQ値が先月のSQ値10147円を超えられないと、トレンド的に変わってくる
可能性があると言えるかもな。」

M「ああ。まあ例え超えたとして、上昇続けるのは難しくやっぱりSQ値超えられない日々が続
きそうだけどな。」

T「とにかく来週どういう展開になるのか注目したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。