(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.29【4営業日ぶり反落、利益確定売り優勢】

2009/06/29 11:15|未分類CM:0
今日は動かないかなーなんて考えてたら
大和証券の気配が弱いんで見てみたら公募増資とか
これは証券セクターは期待できないなと
となると一旦寄りで買いは利確しておくかと
そんな大衆ど真ん中の心理通り相場は動かないと
逆に上昇だと

まあ久しぶりに売りも混ぜて持ち越してみたら
買いは全銘柄GUで売りは全銘柄GDだったんで良かった

後場
途中までGSユアサと明電舎を売ったり買ったり
その後持ち越し拾うにしても引けだなと昼寝したら
おきたら3時過ぎ
やっぺチョー久しぶりにノーポジとか
こういう日に爆上げされたら泣くに泣けないw


株式オープニングコメント 2009年06月29日08時02分
ハイテクセクターへの材料豊富

 26日のNY市場はまちまち。ダウ平均は34.01ドル安の8438.39、ナスダックは
8.68ポイント高の1838.22で取引を終了した。5月個人所得・支出統計で貯蓄率が15
年ぶりの高水準となったことを嫌気して終日軟調な展開となった。セクター別で
は、各種金融や不動産が上昇する一方でエネルギーやメディアが軟調。シカゴ225先
物清算値はドル建てが大証比55円高の9955円、円建ては同変わらずの9900円。AD
Rの日本株は対東証比較(1ドル95.20円換算)で高安まちまち。
 日米ともに経済指標の発表が相次ぐこともあり、特に米国では7月2日の雇用統計
などに注目が向かいそうであり、米国市場の動向を見極めたいとする模様眺め気分
が強まる可能性はある。しかし、先週の動きをみても現在の需給環境はそう簡単に
は悪化しないとみておきたい。日経平均のボトム水準からの戻りからも、下値では
売り方、買い方ともに拾いたい動きがうかがえた。翌週にオプションSQを控えて
いることもあり、日経平均の9900円レベルオーバーではヘッジに伴う買いなども意
識されてこよう。また、米雇用統計などの経済指標の発表でアク抜け感が強まるこ
とも考えられ、売り方にとっては買い戻しを強めておきたいところである。経済指
標の発表が連日続くことになり乱高下も想定されるが、押しを作る毎に需給妙味が
大きくなると考えられる。
 物色としてはテーマ銘柄への資金流入が引き続き活発となろう。次世代電池関連
についてはGSユアサの調整から他のテーマを探る流れが続いているが、証券各社
での関連セミナー開催が目立ってきている「LED」関連や次世代送電網「スマー
トグリッド」関連、タッチパネル機能を装備した「ウィンドウズ 7」関連。7月1日
から次世代高速無線「WiMAX(ワイマックス)」の商用化サービスが開始され
ることもあり、相対的に出遅れているハイテクセクターへの物色手掛りとなりそう
である。

株式ランチタイムコメント 2009年06月29日11時51分
ハイテクセクター絡みのテーマ銘柄が手掛けやすい

 日経平均は38.74円高の9916.13円(出来高概算9億4200万株)で前場の取引を終え
ている。大和証Gがストップ安となるなど証券のほか、石油・石炭、鉱業、商社な
どの資源関連や医薬品セクターなどの弱い値動きが目立つ半面、パルプ・紙が小幅
ながらも全面高となったほか、精密機器、その他製造、電気機器などが強い。主力
処の一角が弱いこともあり、規模別指数では大型株指数が鈍く日経平均も小動きと
なっている。しかし、中型・小型株指数が強含みで推移するなど物色意欲は旺盛。
ゴールドマン・サックスによる「売り」カバレッジを受けてGSユアサが利食いに
押され、これに引きづられる格好から明電舎なども利食い優勢に。しかし、日写印
がストップ高をつけるなど、タッチパネル、LED、WiMAX(ワイマックス)
といった関連銘柄へのシフトが強まってきており、市場は先高観を強めてきてい
る。また、225先物も寄り付き直後に9860円まで下げる場面もみられたが、その後は
9900円処での値固めを経て、9950円まで切り上げてきている。
 GSユアサが一服となるも、他のテーマ銘柄へのシフトによって投資マインドは
低下することなく、物色意欲を強めている。また、GSユアサについても値幅は出
ているが、チャート形状を完全に崩していない状況であり、先行き調整一巡後への
期待も高まろう。日経平均は1万円回復寸前で足踏みしており、上値の重さも意識さ
れてきそうであるが、先物の動きをみる限りでは上値の重さよりも下値の堅さの方
が意識される。物色としては相対的な出遅れ感もあり、タッチパネル、LED、W
iMAX(ワイマックス)といったハイテクセクター絡みのテーマ銘柄が手掛けや
すい。

株式クロージングコメント 2009年06月29日16時28分
日経平均の9800円レベルは支持・抵抗を繰り返している水準

日経平均は下落、93.92円安の9783.47円(出来高概算22億3000万株)で取引を終え
た。前場段階では一時9943.83円と先高観を強める状況であったが、上値の重さなど
も意識されるなか、後場に入り下げに転じている。これにより日経平均は再び支
持・抵抗を繰り返している9800円レベルの攻防となっている。東証1部の騰落銘柄は
前場段階では値上り数が1000を超えていたが、大引けでは値下がりが1000を超える
状況。
みずほFGの6000億円の資本増強計画で、条件決定に関する一部報道が需給懸念に
つながったとの見方も。また、GSユアサのストップ安によって次第に他の新エネ
ルギー関連への利益確定の動きが強まった影響もあろう。月末要因によってディー
ラーなど短期筋の活発な動きも限られていたことも要因として考えられる。タッチ
パネル、LED、WiMAX(ワイマックス)といった関連銘柄へのシフトについ
ても、日写印がストップ高から放れたことで、関連銘柄への利食いにつながりやす
かった。ただ、これら要因については手掛けづらさからくる心理的な面が大きいで
あろう。
GSユアサに変わる中核的な銘柄の出現がなく、次のテーマについても定まり難い
状況である。ドレッシング期待はあるものの、月末要因で手掛けづらい状況が続く
となると、省エネ相場から新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いに向かい
やすいであろう。とは言え、日経平均の9800円レベルは支持・抵抗を繰り返してい
る水準であること、現在は9500-10000円のレンジ内の動きである。引け味の悪さか
ら弱気ムードを強めやすいところであるが、この水準からは押し目買いスタンスで
あろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9783.47 -93.92
TOPIX915.32 -11.48
東証2部指数2194.00 +3.08
日経ジャスダック平均1190.94 +7.62
マザーズ指数439.08 +3.28
ヘラクレス指数645.88 +0.25
東証1部出来高22.37億株
東証1部騰落レシオ121.58%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場はダウは反落、ナスダックは小幅続伸。前日の大幅高の反動や
週末と言うことも重しに。為替はやや円高進行して返ってきており、日経平均小
幅安で始まる。今朝発表された鉱工業生産が予測下回っており警戒されたが、寄
り後は買い優勢で日経平均プラス圏での推移。後場もプラス圏での揉み合いだっ
たが、13時過ぎにみずほFGの大規模増資が報じられると先物主導で日経平均マイ
ナスに転じる。その後も弱い動きで結局、日経平均100円近い下落で終了。25日
移動平均線は維持しているが、5日線と25日線のデットクロスが完成。日経先物
の主な買い越し証券は立花、バークレイズ、GS、楽天、カブコム、JPモルガン、
ドイツ、松井、SBI、大和、BNPパリバ。売り越しはクレディスイスが突出、ニュ
ーエッジ、メリル、モルガンS、日興シティ、トレイダーズ、UBS、三菱UFJ、藍
澤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8601大和証券G 587円 -81
寄り付きはストップ安。寄り後は押し目買いも見られ底堅さ見られていたが、戻
りも限定的。先週末同社は最大約2400億円の公募増資を発表。同社にとって約20
年ぶりの公募増資となる。約28%の希薄化生じることになるため、それを嫌気し
て売り集まった。しかし公募増資後は上げて行く銘柄も多いことから押し目買い
意欲は非常に強い。ただ公募価格決まるまでは当然上値も追いにくいと・・・。
暫く600円前後での揉み合いが続くのではと見る向き多し。

8411みずほFG 229円 -8
後場売られる。13時過ぎにブルームバーグが6000億円分の公募増資を今週中にも
開始すると報じている。金額や公募増資自体は既に公表していた事で計画の一つ。
しかし下期実施との計画だっただけに、今週中の開始はサプライズとなったよう
だ。この報道を受け、先物主導で日経平均下落に転じているが、みずほの報道き
っかけに仕掛け的な先物売りが入ったとの見方。また先週末公募増資発表した大
和が派手に売られている事からも、連想売りが同社株にも出た面もあるようだ
と・・・。

6674GSユアサ 843円 -100
ストップ安。ゴールドマンが同社株の投資判断を新規で売り推奨とし、目標株価
700円としたことが売り材料になっている。将来の業績拡大を考慮しても今の株
価は高過ぎると指摘。ここ数日、25日移動平均線付近で下げ渋り見せていたが、
このカバレッジにより買い方は白旗上げた格好に・・・。絶妙なタイミングだと
皮肉る声も。これにより今日はリチウムイオン電池関連株が総じて売り込まれて
いる。派手な相場を競演していた6508明電舎、5563日本電工、それに6934新神戸
電機、6937古河電池も派手に下落している。

5713住友金属鉱山 1340円 -65
後場一段安に。地合の影響もあるが、後場に中国が銅などの非鉄金属の国家備蓄
向け買い付けを停止する事を明らかにしたとロイターが報じた。これを受け、今
晩の海外市場では銅などの非鉄相場が大きく下げるのではという懸念から、関連
株に先回り的な売りが出ているようだ。この報道も後場の先物売りの材料にされ
た面もあるようだ。

7915日本写真印刷 4580円 +240
一時ストップ高まで買われる場面も。タッチパネル関連株として先週年初来高値
更新していたが、今日はみずほ証券が新規1、目標株価5840円としたことが材料視
されているようだ。今秋発売予定のWindows7効果で同社のIMDの需要拡大が見込め
ると・・。またタッチパネルに関しても携帯電話メーカーから受注拡大が期待さ
れると指摘している。同社株の上昇に刺激を受け、タッチパネル関連株の6798SMK、
7908KIMOTO、3002グンゼも物色されたが、後場は地合によって上げ幅を大きく縮
小してしまった銘柄も目立っている。

7717ブイテクノロジー 597000円 +88000
約1ヶ月ぶりに年初来高値を更新。特に新たな材料は出ていないが新興市場の環境
関連株と言うこともあり、人気は高く年初来高値更新にて物色に拍車がかかった
模様。一部では露光装置の新たな大口受注が近いとの噂も飛び交っているが真意
は不明。単にその噂を背景に短期物色している向きいるのではとの見方。もしく
は意図的に噂流して仕掛けている可能性もありそうだとの声も・・・。

8202ラオックス 214円 +50
ストップ高。物色加速している状況。今朝の日経MJのトップでは特集的に今回の
買収劇が報じられている。また今朝のテレビでも放映されていたようだ。これら
が刺激となって、買い向かった個人投資家が多かった様子。一部ではこの強さは
チャイナマネーが入っているのではとの思惑も浮上しているようだ。いずれにし
ろ仕手化している状況だけに、乱高下は必至との見方。

===============
◆◇6/30(火)の主な予定!◇◆
===============
5月失業率(8:30)
5月毎月勤労統計(10:30)
5月住宅着工(14:00)
6月中小企業景況判断(14:00)
国連の潘基文事務総長が来日(~7/2)
オラクル、キューピー、ジェイコム、スター精密、しまむら、ユニー、
サークルKS、久光製薬、日本化薬、OSG、ポイントなど決算発表
米4月S&P ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米6月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00)
6月29日(月)

H「日経平均は反落となった。前場はプラス圏での推移だったんだが、後場派手に失速してしまった。」

K「先週末の米国市場はダウは小幅に反落、ナスダックは小幅高という何とも中途半端な結果で返ってきているが、為替が円高進行していたことや、今朝発表された鉱工業生産が予測を下回ったことから、今日は下落という見方が大勢だった。しかし意外にも前場はしっかりだったからな。」

H「ああ。明日は月末だけにドレッシング買い期待もあったようだな。それに前場は全体的に商い乏しく閑散に売り無しという状況も功を奏したんだろう。」

K「個別材料株には物色される銘柄目立っていたし、新興市場が結構しっかりだった。まあ個人投資家の買い意欲の旺盛さを示した格好だ。」

H「それに今日は6674GSユアサが前場から売られており、関連株にも売り波及していただけに、個人投資家の心理悪化が警戒されたが、前場は言うほどそれも見られていない。」

K「そうだな。ゴールドマンがGSユアサ株の投資判断を新規売りとしたことが売り材料になっていた。将来のリチウムイオン電池の期待を考慮しても今の株価は高過ぎるってさ。」

H「そんなことは、とうに解りきっている事だが・・・。というか買っている人も皆そんな事は解っているだろう。同社株に関しては既にクレディや野村が弱気なレポート出しているんだし・・。それを無視して上げてきていたんだろ・・今まで。」

K「ああ。ようはタイミングの問題だろう。既にGSユアサ株は調整色強まっている状況だったし、テクニカル的にも25日線で下げ渋り感見せていただけに、さあ目先どっちへ向かうかと言う場面だった。そう言うときに外資の弱気レポート出されれば、当然こういう展開になる。」

H「まるで計っていたかのような絶妙なタイミングだと言う声もあるようだ。シコっていた向きにして見りゃ、投げるかもう少し粘るか迷うような状況だっただけに、ゴールドマンのレポー
トはそう言う投資家の背中を押した格好だからな。」

K「その通りだ。高値からここまで下落してきてから、そんなレポート出さずに、1000円以上まで派手に買われている時に出せよって感じだが・・・。」

H「結局GSユアサ株はストップ安まで今日は売り込まれたからな。関連株も総崩れだ。」

K「まあ前場は関連株の下落も、全体への悪影響にはなっていなかったが、後場には多少なりとも悪影響となったようだ。後場にはGSユアサ株も一段安となってしまったからな。」

H「ただ後場日経平均下落に転じたのはそれだけじゃないだろ。みずほFGの増資開始報道などや中国の備蓄用非鉄買い付け停止報道なども売り材料になった。」

K「そうだな。まあ中国の非鉄買い付け停止は確かに懸念材料だ。これによって今晩、海外非鉄相場が下落するとの思惑も強まったからな。商品市況の動向に良く連動する事が多い日本市場が売られるのも仕方ない。」

H「ただきっかけとしてはみずほFGの増資開始報道が嫌気されているようだ。これが報じられると先物にまとまった売りが連発した。当然、みずほFG株も売られた。」

K「ただ、みずほFGの6000億円の増資自体は既出の事で驚きはない。既に同社は先月に6000億円上限の新株式の発行登録を済ましている。ただ実際に開始されるのは、まだ先との見方だっただけに、それが早まったと言うことがサプライズとなった。」

H「タイミングも悪かったんだろうな。公募増資発表した大和Gが今日は派手に売られていたからな。」

K「そうだな。ただ結局日経平均がこれだけ下げたのは先物主導であり、これらのネガティブな報道を理由に先物にまとまった売りが入ったと言うことだろう。」

H「明日は月末だけに売り込みにくさもあったんだが、関係なく売ってきたと言うことか・・。」

K「だろうな。まあ腰の据わった売りと言うよりはディーリング的な売りと見るのが良いかもな。当然ヘッジ売りも入ってはいるだろうけどな。」

H「どっちしろ日経平均1万円は非常に重いと言うのは想定済みの事だし、上げなきゃ売りという向きも多いだけに前場の上昇の方が違和感があった。後場の下落はある意味、正常な動きとも言えるのかもな。」

K「そうだな。まあいずれにしろ問題は名実共に7月相場入りしてからだろうな。日銀短観も発表されるし、その翌日には米雇用統計も控えている。まあ今週末は米国は独立記念日で連休なだけに、来週の動向が今後の動向を占う上で重要になるかもな。」

H「ただ来週はSQ週だぞ。」

K「まあSQに絡んだ売買も当然意識されるだろうし、こりゃ難しい展開になっていきそうだな。」

H「そうだな。まずは今晩の米国市場がどういう展開となるのか注目したい。また月末の明日、期待のドレッシング買い果たして入るのかどうか・・。」

K「ああ。せっかくだから日経平均大台乗せて今年の半期末を終えたいモンだが・・・。まあどうなるのか注目したい。」
2009.6.29先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。