(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOMC、懸念された早期利上げという懸念が後退で反転

2009/06/28 08:38|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は本格調整入りかという警戒場面もあったんだが、終わって見りゃ先週末
より上昇して引けている。」

M「ああ。週前半には一時9500円割り込むのではという場面もあったんだが、その
水準では国内外の機関投資家の買いが見られていた。」

T「そうだな。底堅さは見られており9500円を大きく割り込んでいくような雰囲気
にはなってはいなかった。ただここまで戻すとは・・。」

M「ああ。週前半の下落で大きく先物を売り崩してきた向きが、後半は派手に買い
戻しに動いてきた。これが戻りの大きな要因だと言える。まあ踏み上げられたとの
見方もあるが・・。」

T「世界銀行による世界経済見通し下方修正を嫌気して売り込まれたの見方もある
が、これは後付的な理由だろうな。」

M「だな。恐らくFOMC声明へ向け売り仕掛け的な動きが入っていたと思われる。FOMC
通過後には出尽くしで買い戻してきたと・・・。」

T「確かに一昨日の上昇など明らかに先物主導だ。年金買いが入ったと観測もあるが、
上昇の直の要因はやはり先物主導だ。先物の商いは非常に活況だったが、現物株の商
いは低調だった。」

M「まあ株主総会シーズンだけに市場参加者は限られたからな。先物主導になるのも
仕方ない。」

T「ただ理由はどうあれ、ここまで戻せたことは大きいだろう。日経平均はデットク
ロスも危うく回避したし、一旦は下回った25日移動平均線も上回って来ている。スピ
ード調整完了とも言わんばかりの動きだ。」

M「確かに値幅調整は完了とも言えなくもないが、日柄調整はまだまだ足りない。た
かが2週間程度で調整完了とは虫が良すぎるだろう。騰落レシオは再び130%台まで上
昇してきたし、とてもこのまま高値奪取へ向かうとは思えない。」

T「確かにな。昨晩の米国市場期待したが、何とも中途半端な結果で返ってきている。
ダウは小幅に反落でナスダックは小幅高だ。」

M「確かに中途半端だな。これじゃ週明けの日本市場は上値も追いにくいだろうし、売
り込みにくさもある。ただ米ダウは依然として25日移動平均線を下回っている状況だ
し、決して強気になれる状況ではない。」

T「だよな。ただここまで戻したことにより、先週大量に買い付けた個人投資家のシコ
リが乏しくなったのは確かだ。先週はびっくりするくらいの個人投資家の一手買いだ
った。」

M「先週は日経平均1万円から調整気味に下げてきた週だよな。良い押し目だと言うこ
とで買いを入れてきたんだろう。それまで売り越し基調だった個人投資家の現金も先週
は大幅に買い越している。つまり中長期資金も押し目を拾ってきたと言うことだな。」

T「反面、外国人や金融機関、投信は売り越しだった。それらの売りを個人投資家が受
け皿のように支えたという構図だ。決して良い構図ではないだけに、懸念もされたが、
取りあえずここまで日経平均戻してきているだけに、先週の押し目買いはなまじ失敗
ではなかったとも言えるかもな。」

M「更に上げれば回転が利くし、良い流れになるんだけどな。ただここから上値は材料
が欲しいよな。先週外国人があれだけ売ってきた所を見ると、ここから上値を買う海外
勢は乏しいと思われる。」

T「だろうな。特にヘッジファンドやCTAなどは利食いする水準だろうしな。」

M「先週の動向見る限り、ヘッジファンドやCTAなどは明らかに利食いに動いてきた。
株式市場だけでなく商品相場も派手に下げる動きを見せた。ただ今週はその動きもやや
落ち着いた感じだ。」

T「もう奴らの利食いも一巡したんじゃないか・・。」

M「こんなに早く一巡はしないだろう。本格的な益出しはこれからなのか、それとも強
い相場を見てもっと利益を追求するのか・・。」

T「結局、利食いに動いた向きもいれば、まだ追求する向きもいるという事じゃないか。
まあいずれは遅かれ早かれ多くが手仕舞いしてくるんだろうけど。」

M「ただこの水準での買い手が個人投資家だけというのが厳しいよな。幾ら売買シェア
増えているとはいえ、個人投資家だけで相場は動かせない。中小型株市場ならともかく、
東証1部の主力株は厳しいだろう。」

T「しかし個人投資家の買い意欲も凄いモンだぞ。今週設定された野村の投信も結構な
金額集まっているし、本当に景気悪いのかと思えるほど株式市場に個人マネーが入って
きている。」

M「それが消費に回れば、国内景気ももっとよくなるんだけどな。投資はしても消費は
しない。そんな状態だろう。」

T「景気悪いから、逆に投資で落ちた収入を稼ごうとしている個人投資家が多いのかも
知れないな。もしくは将来からの不安から貯蓄より投資に流れてきているとか・・。」

M「これで株価上昇し、投資が成功すれば、個人マネーが消費に回るんだろうな。言っ
てみれば株価の上昇が国内景気を回復させるとも言える。」

T「ただ株価が上昇するには景気の回復が前提となる。難しい問題だ。」

M「景気の回復乏しくても株価が派手に上がるときがある。過剰流動性相場だ。ある意味、
今はそういう相場だとも言えるけどな。」

T「ああ。ただ本当の過剰流動性相場はこんなモンじゃないからな。まだ本格的とは決し
て言えない。」

M「そうだな。まあいずれは派手な過剰流動性相場がやってくる可能性は極めて高い。
ただまだそうなるには時期尚早だ。」

T「しかしドルキャリー取引が活発になってきているようだぞ。歴史的な低金利により
ドルを低コストで調達出来る状態だ。」

M「確かにその動きは活発に見られており、それによって調達した資金が商品相場や株
式市場に入っているのは間違いない。FRBは当面利上げはしないと思われ、この動きは
今後も更に活発になる可能性はある。ただそうなって怖いのが円高だけどな。それにイ
ンフレだ。」

T「そうだな。ただ景気が急速に悪化した後は、バブル相場を招くのは仕方ないことだ。
当然その後はバブル崩壊という反動が来るんだが・・。」

M「ただある意味、これから株式市場はますます面白くなっていく期待はあるだろう。
すぐに過剰流動性相場が本格化するとは思えないが、近い将来やってくる可能性は高い
からな。その時には再び個人投資家などから億万長者が続出するかも知れない。上手く
乗れればの話だが・・。」

T「そうだな。」

M「今週FOMCを境に、日米共に反転してきた格好だ。ある意味、早期利上げという懸念
が後退したことによって過剰流動性相場への期待が復活した可能性もあるかもな。」

T「もしくは一部で浮上していた年内利上げ懸念が、FOMCで強まるという懸念からFOMC
へ向け売られていたとも言えるのかもな。」

M「そうかもな。まあ取りあえず来週はどういう動きになるのか注目したい。重要なイ
ベント多いだけにそうそう上げていくとは考えにくいが、投資家心理はまだまだ良いだ
けに期待したいモンだ。」

T「ああ、期待したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。