(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.23【大幅反落、外部環境が重しに】

2009/06/23 11:26|未分類CM:0
世界銀行が成長率下方修正とかでNY売られた
日本の後場の段階ですでに出てた数字に反応するか
アジアが強くてヨーロッパのアメリカが弱いから騙されるわ

寄りで買い増しして
利確アンドロスカットアンド買いとか
結局GD分くらいマイナス
まあ寄り底になれば大きくプラスになっただろうからしょうがない
CA92500つけた後意味不明の90300まで押しで
90400買い増し92500利確とかかましたら
98600まで一直線バカス

300も下げてりゃ後場は買いで取れるかな~
少しは取り返さなきゃな

後場
前場オリックスの6000割れを
しつこく買い買い買い買いしてて
それが後場後半上昇
オリックス大株主
こてっちゃん107万株の足元にも及ばないが

でもCAを半転だーと
調子こいて買ったら
フリーフォールを食らって
オリックスの利益を市場に返還

市場なんかミャンコの貯金箱のくせに生意気だ


株式オープニングコメント 2009年06月23日08時14分
日経平均は再び25日線レベルでの攻防に

 22日のNY市場は大幅下落。ダウ平均は200.72ドル安の8339.01、ナスダックは
61.28ポイント安の1766.19で取引を終了した。世界銀行が2009年の世界経済の実質
成長率が2.9%落ち込むとの予想を示したことで、原油や商品価格が大幅下落となっ
た。エネルギーや素材関連のほか、金融にも売りが広がり、終日軟調な展開となっ
ている。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比165円安の9665円、円建ては同230
円安の9600円。ADRの日本株は対東証比較(1ドル95.9円換算)で全般冴えない。
 世銀による見通しが嫌気されたことで、NYダウは結果的には25日線が上値抵抗
線として意識される格好である。25日線を突破した3月半ば以降、3ヶ月ぶりに同線
を確実に割り込んだ形状となったことから、心理的に弱気に傾きやすいであろう。
為替市場では円相場が1ドル95円台に突入していることもあり、輸出関連を中心とし
た主力処は手掛けづらくなりそうである。これにより日経平均は再び25日線レベル
での攻防となり、同線接近では先物主導による売り仕掛け的な動きも意識されよ
う。ただし、見切売りからの下げではなく、売り仕掛け的な動きであるため、下振
れ過程ではショートカバーを狙った動きも出てこよう。全体の需給がショートに傾
いていることから需給妙味の大きい銘柄へは買い戻しのタイミングにもつながる可
能性はある。昨日の段階で三井住友の公募にともなうTOPIXイベントから規模別指数
では大型株のみがマイナス、先物は大引けにかけて上げ幅を急速に縮める格好であ
った。本日はMSCIに絡むイベントが行われるため、上値の重さは意識されてい
たであろう。
 物色としては輸出関連のほか、商品価格の下落の影響から資源・素材関連も手掛
けづらい。ただ、中国の堅調な需要から先高観は根強く、資源・素材関連などは売
り一巡後は押し目狙いの動きもありそう。そのほか、医薬品など出遅れ感の強い内
需系に向かいやすい。昨日は倉庫、運輸、建設などが堅調であったが、利食い優勢
後に再動意をみせてくることも考えられる。そのほか、次世代エネルギー関連につ
いては引き続き値動きの荒い展開となりそうである。投信設定を前に同関連のほ
か、バイオ関連などへも短期資金は向かいやすいであろう。

株式ランチタイムコメント 2009年06月23日11時37分
消去法で値動きの軽い材料株に

 日経平均は大幅下落となり、303.26円安の9523.01円(出来高概算12億3000万株)
で前場の取引を終えている。世界銀行による経済成長率見通しの落ち込みが嫌気さ
れ、日経平均はNYダウ同様、25日線を下放れる格好となった。景気回復の遅れに
よる需要減見込みから商品価格が下落しており、鉱業、石油石炭、非鉄、商社、鉄
鋼など資源・素材関連が軒並み値を下げている。また、為替市場では円相場が1ドル
95円前半に円高が進んでいることから精密、機械、輸送用機器、電気機器なども軟
調。相場全体の下落影響から証券株の下げもきつい。これにより日経平均は寄り付
き後もじり安基調が続いており、5月半ばの戻り高値レベルに接近してきている。東
証1部の騰落銘柄は値上り182に対して値下がり1458、変わらず55と、値下がりが全
体の9割り近くに迫っている。ただ、物色意欲は旺盛であり、乱高下ながらもGSユ
アサ、明電舎など次世代エネルギー関連や井関など農業関連の一角へ値幅取り資金
が集中している。
 日経平均は25日線を割り込んでおり、現在のボックス下限(9500-10000円)をう
かがう展開となっている。アジア市場の軟調地合いから下を試す可能性があるが、
ボックス下限に位置する5月半ばの戻り高値レベルがサポートとして意識される。ま
た、ショートに傾いている需給のなかでは、買戻しのレベルにもつながる可能性は
ありそうだ。物色については材料株への資金集中の流れが続く可能性が高いと考え
られる。世銀による経済成長の見通しの落ち込みは確かにネガティブであるが、景
気回復期待というよりも現在は景気底打ちを意識した需給相場である。金融システ
ムは安定化していることから考えれば、新たなショートポジションを積み上げると
いうよりも、カバーが優勢になりやすい。バリエーション面から買えない状況であ
ろうが、積極的に買えない地合いのなかであるならば、その中でより値動きの軽い
銘柄に短期資金が向かいやすいであろう。GSユアサについても行き過ぎ感は誰も
が感じ取っていることである。

株式クロージングコメント 2009年06月23日16時05分
こう着が続いたとしてもサポートはしておきたいレベル

 日経平均は大幅下落となり、276.66円安の9549.61円(出来高概算25億3000万株)
で取引を終えた。世界銀行による経済成長率見通しの下方修正が嫌気され、日経平
均はNYダウ同様、25日線を下放れる格好となった。前引け間際に9511.45円まで下
げ、5月の戻り高値(9503.91円)および現在のボックス下限(9500-10000円)をう
かがう展開となっている。本日は下限レベルをサポートした格好ではあるが、明確
な底打ち意識が強まらない状況であったため、後場は様子見ムードの強い相場展開
となっている。
 材料株についてもGSユアサなどは前場こそ乱高下していたが、後場に入るとマ
イナスレンジでのこう着に。井関など値動きの良い材料株に資金が集中する動きは
みられていたが、全体としては資金の行き場を失っている状況であった。先物市場
でも後場に入り500枚単位の買いが連発するもリバウンド力は弱く、9530-9550円処
での狭いレンジ相場から手掛けづらさがうかがえた。
 日経平均の9500円レベルは5月の戻り高値、ボックス下限のほか、週足ベースの一
目均衡表の雲下限レベルでもあり、こう着が続いたとしてもサポートはしておきた
いところである。仕手系色の強い銘柄や需給妙味の大きい銘柄などは指数の影響を
受けないにしても、心理的な圧迫要因になりやすいであろう。ただ、ショートカバ
ーが入りやすいところでもあり、底堅さが意識されるようであればリバウンド狙い
の流れは強まるところではある。目先こう着を想定するとなると、より値動きの軽
い銘柄に短期資金が向かいやすい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8549.61 -276.66
TOPIX901.69 -20.79
東証2部指数2152.11 -17.38
日経ジャスダック平均1167.31 -4.21
マザーズ指数428.44 -10.78
ヘラクレス指数636.09 -16.16
東証1部出来高25.32億株
東証1部騰落レシオ116.79%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続落。世界景気の先行き不安強まり景気敏感株中心に売
られた。原油や金、銅などの商品市況も総じて軟調となっていることも嫌気され
ている。日経平均も安く始まり寄り後も弱含みの展開。徐々に下げ拡大し節目の
9500円付近まで下げてしまう。後場は9500円付近で狭いレンジでの揉み合いが大
引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証券はGS、BNPパリバ、トレイダーズ、
野村、UBS、SBI、三菱UFJ、松井。売り越しはクレディスイス、ニューエッジ、
大和、ドイツ、モルガンS、安藤、みずほ、藍澤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3258常和HD 1820円 +60(初値比)
本日新規上昇した銘柄。IPOは4/2の3634ソケッツ以来。公募価格1720円に対して
1760円の初値を付ける。寄り後は公募価格を割り込む場面もあったが、後場には
切り返し今日のほぼ高値圏で引けている。ビジネスホテル運営やオフィスビル賃
貸が主な事業で業績は非常に安定している。保有する物件は優良物件多く含み資
産もかなりある企業。それだけに割安感強いとの見方多いが、やはり不動産市況
の先行き懸念も根強く手掛けにくさもあるとの見方。ただ今日の引け悪くなかっ
ただけに明日も物色続きそうだと期待する声も・・・。

6728アルバック 2830円 +260
地合に逆行高。今朝の日経新聞では変換効率が世界最高レベルの薄膜型太陽電池
を量産できる一貫製造システムを開発したと報じられている。7月から販売を始め
るとの事で2010.6月期の業績拡大期待強まっているようだ。原材料のシリコンの
使用量が結晶型に比べ約半分で済むタンデム型太陽電池を一貫製造するシステム
は世界初だと・・。地合良ければストップ高していた可能性もある材料だとの見
方も。明日から太陽光発電総合イベント「PV Japan 2009」が開催されることや、
環境関連ファンド設定があることも追い風になっている模様。

4751サイバーエージェント 87900円 -4000
前場は98600円まで買われる場面あったが、後場は派手に売り込まれ大幅安で引け
る荒い展開。前場は地合に逆行して物色されていたが、節目の10万円付近まで買
われたことから達成感も出たようで利食い売り多く出て来た模様。一部では後場
からヘッジファンドの手仕舞い売りが同社株に出てきたとの憶測も出ているよう
で明日以降の動向が懸念される。ただ個人投資家人気ある銘柄なだけに、押し目
買い意欲も強く利食い売りも吸収できるとの強気な見方もあるようだ。いずれに
しろ目先は戻り売り懸念もあるだけに上値追いにくくなったとの声多し。

6674GSユアサ 970円 -26
3日連続で引け値で大台下回る。こうなると大台では戻り売りや空売りによって
押さえられやすくなり向かう方向は下が濃厚との見方強まったようだ。ただ一筋
縄では下げそうもなく乱高下は必至との見方。取りあえずは25日移動平均線を目
指す動きになりそうだと・・・。同様に6508明電舎も今日は下落しているが、GS
ユアサと比べ非常に底堅さが見られておりチャート的にもまだ上値取っていくよ
うなチャートとなっている。共に過熱感は強い状況ながら、GSユアサ以上に底堅
いのはある思惑が生じている事が要因。もしかすれば今後は明電舎が先導する相
場を作る期待もあるのではと見る向きも。

6217津田駒工業 210円 +21
年初来高値を更新。新たな材料は出ていないが、チャート崩れていない銘柄なだ
けに上げれば短期資金も集まりやすい。CLSAが同社株の投資判断をBuyに格上げ
した事をきっかけに今回の物色相場が始まっている。ただCLSAが設定している目
標株価は210円であり、今日既に達成してしまった状態。それだけに更に上げる
ようだと、今後は格下げリスクも出てくると懸念する声も・・。ただきっかけは
レーティングでも、相場始まってしまえば物色理由は必要ないと。上げること自
体が物色理由になるだけにチャート崩れず何処まで行けるかだと・・。

===============
◆◇6/24(水)の主な予定!◇◆
===============
6月末権利取り最終売買日
5月貿易収支(8:50)
5月企業向けサービス価格指数(8:50)
白川日銀総裁が全国信用金庫大会にて挨拶
太陽光発電総合イベント「PV Japan 2009」(幕張メッセ~26日)
ハイデイ日高、イオンモールなど決算発表
米5年債入札(370億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米5月耐久財受注(21:30)
米5月新築住宅販売(23:00)
OECD閣僚理事会(フランス・パリ ~25日)
OECDが「Economic Outlook(経済予測)」を公表
6月23日(火)

H「日経平均は大幅に反落となった。節目の9500円付近まで下落し一気に調整ムードが強まってきた。」

K「25日移動平均線も割り込んでしまったからな。まあ昨晩の米国市場あれだけ下げりゃ仕方ないが・・。」

H「そうだな。米ダウは完全に調整局面という状況になっている。昨晩は終始軟調で、淡々と売られていた。こりゃ暫く厳しくなりそうだ。」

K「まあ目先リバウンドあっても調整は続くと見るべきだろうな。商品相場も結構下げており、ヘッジファンドやCTAといったホットマネーなどが完全に利食いに動いてきたと言える。彼らの利食い売り暫く続く懸念はあるだろう。」

H「まあその売りを支えられる買いが入るかどうかだろうな。個人投資家の買い意欲はまだ旺盛だし、国内機関投資も更に下げれば拾ってくる向きはいるかも知れない。」

K「そうだな。3月からの上昇相場に乗り損ねている向きは機関投資家にも非常に多いだけに、そういう向きは今回の調整でようやく買い場が来ると考えているだろうな。当然、中長期資金だけに上値は無理に買わないだろうし、丹念に下値を拾っていくという感じだろうが・・。」

H「まあ支えにはなるかは微妙だな。あとは他の海外勢の買い期待と言うことになるが、それはかなり不透明だ。」

K「いずれにしろ米国市場の動向が今後更に注目されるだろうし、それがしっかりしないことには日本株買い向かう海外勢は乏しいと言える。

H「まあ昨晩の米国市場の下落は世界景気の先行き懸念が強まったことが要因のようだが、米国経済自体も危ういからな。」

K「そうだな。今後出される経済指標などを一つ一つ確認していく必要があるだろう。」

H「世界銀行が今年の世界経済成長率を大幅に下方修正したことにより、世界経済の先行き不安が強まったようだが、この事は既に昨日の昼には出されていたことだ。しかし昨日の日本市場は悪材料視する動きは見られていない。日本だけでなく香港などアジア市場も同様だ。それが何故欧米市場であれだけ嫌気されたのか・・。」

K「確かにグローベックス米先物も、殆ど反応はしていなかった。まあ、利食い場を探していたホットマネーなどが多かったんだと思われる。そのきっかけになったんだろうな。」

H「あとは相乗的に売られたと言うこともあるだろうな。利食いに走った向きが多く出て来たことにより、利食いする気も無かった向きまで利食いに走ってきたと・・。ようは下がるなら売ると言う向き多かったようだ。」

K「他にはやはり商品相場だろうな。そこにもヘッジファンドなどの利食い売りが出たことにより、関連株などへの売りに繋がった。まあ世界同時株安の初動なんて事にならなきゃ良いけどな。」

H「怖いのは悪材料が重なることだな。今晩の米国市場では住宅価格指数や中古住宅販売件数発表を控えている。」

K「それ以上に怖いのが商品相場の暴落だ。やはり流動性の問題で株式市場より暴落はしやすい。ヘッジファンドなどの売りが殺到し暴落するようだと、株式市場への売り圧力もかなり強まる。特に新興国市場が派手に売り込まれる事に繋がり、それで被害を受けてしまった投資家達が更に米国株売りに走る事になり、悪循環的に下げていくことになる。」

H「まあそのような動きは過去に何度かあっただけに、あり得ない話でもないからな。確かに怖いかもな。」

K「ただ既に利食いに動いてたヘッジファンドなども多いだけに、一気に売りが殺到すると言う状況にはなりにくい。それだけに、そこまでの波乱は懸念し過ぎだろうけどな。」

H「まあ今日の日本市場見ていても、まだ個人投資家は元気ありそうだし、短期資金はまだまだ元気だ。主力株は厳しいかも知れないが、中小型株物色は銘柄を変えながらも続く期待はあるんじゃないか。」

K「そうだな。ただ日経平均下げ渋っている事が必要だろう。日経平均下げ続けている中、中小型株が逆行高して行くには無理がある。」

H「確かに・・。為替動向も懸念だろうな。ドル円は久しぶりに1ドル95円を割り込んできた。この辺で粘れれば問題ないだろうけど、更に円高進むようだと日本株更に売られ余地が出てくることになる。」

K「まあ下げ渋りは見せているものの、確かに更に円高進行してくると輸出株売りに繋がるのも仕方ない。」

H「取りあえず今晩の米国市場だな。続落となれば日本市場でも一気に物色意欲が衰える懸念もあるからな。それだけにしっかりと反転して欲しいモンだ。」

K「ああ。期待したい。」
2009.6.23先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。