(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.19【円高一服を受けて反発】

2009/06/19 11:15|未分類CM:2
NY3日続落後に失業保険継続受給者が好転でプラス

朝からGSユアサが弱い気配なんで
持ってた電池系は寄りでポイ

それにしても最近は行って来いが多すぎる
CAとか84600でちょっと利確したけどほとんど放置
含み益が引けにかけて一気に含み損になって
これまたポイ

大型株買われて
中小型株が売られる展開かな

後場
CAこれは無理
前場の下げは一体なんだったんだと

後場はGSユアサとか明電舎で抜き抜き

GSはGSでもゴールドマンサックスが
三菱UFJを売りから買いに2段階引き上げ
ミャンコはGSのレーティングはちょっと一目置いてるんだが
マッコーリーとか言ういつもくそレーティング出してくるところと違って
でも何で今?って感じもあるけど

電気自動車は原油を燃やして水蒸気発生させて
その水蒸気でタービン回して電気作って
その電気でモーターを回そうっていうんだから
ガソリン燃やしてエンジン回そうっていうより
間に過程が多い分
実際は全然エコじゃないんだけどね
電気自動車と同時にエコエネルギーに
もっと力入れるべきだと思う
エコカーよりマツダのアイドリングストップ車の方がエコだと思う
ってか電車に乗れと

電車と言えばJR西が値上がり25位か
地合い悪いな


株式オープニングコメント 2009年06月19日08時12分
主力大型株のリバウンドが意識されるところ

 18日のNY市場はダウが4日ぶりに反発し、58.42ドル高の8555.60、ナスダックは
0.34ポイント安の1807.72で取引を終了した。失業保険継続受給者が今年1月以来、
初めて減少に転じたことが好感された。また、ガイトナー財務長官が金融システム
安定化の幾つかの兆しを確認することができるとの発言を行ったことで、金融セク
ターに幅広く買いが広がった。セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや各種
金融が上昇する一方で半導体・同製造装置や小売が軟調。シカゴ225先物清算値はド
ル建てが大証比75円高の9805円、円建ては同25円高の9755円。ADRの日本株は対
東証比較(1ドル96.57円換算)で全般小じっかり。
 NYダウは25日線から下放れることなく、底堅さをみせた格好である。日経平均
もサポートとして意識される25日線レベルまでの調整をみせていたが、同線レベル
をサポートとして意識した底堅い展開となりそうだ。そのため、このところ弱い動
きをみせている主力大型株のリバウンドも意識されるところ。規模別指数で大型株
が今週に入って5.82%下落、中型株は3.45%下落、小型株については2.50%下落と
大型株の下げが目立つ半面、個人の資金回転の良さから小型株の強さがうかがえ
る。日経平均の1万円レベルから9700円割れの調整過程では大型株の下げが目立った
格好であり、主力処の反発が期待されよう。一方、12日時点の信用評価損益率はマ
イナス5.56%と前週のマイナス8.09%から大きく改善しており、改善は15週連続と
なっている。ただし、マイナス5%台は07年7月13日時点であり、日経平均ではこの
年のピーク水準である。個人の好需給相場は続いているが、材料株などには目先的
には利益確定が出やすくなるところである。
 物色としてはNY市場の流れから金融セクターのほか、5月の北米地域半導体製造
装置BBレシオの上昇を背景としたハイテク株。テーマ性では次世代電池関連にや
や買い疲れ感があるため、農業など他の環境関連。ナノテク産業に投資するロシア
の国営会社社長の訪日をきっかけに昭和電工などナノテク関連が動意付いているこ
とも注目。そのほか、政府の原子力推進強化策による原発関連なども注目されそう
だ。ただ、こう着感が強まるようだと、結局のところは仕手系色の強い銘柄に流れ
てしまうが。

株式ランチタイムコメント 2009年06月19日11時39分
意欲旺盛も中核となる存在感のある銘柄の出現がなく

 日経平均は小幅反発。29.41円高の9733.13円(出来高概算12億5000万株)で前場
の取引を終えている。全般上昇してはじまり、前場半ばには一時9822.83円まで上げ
幅を広げた。NYダウが4日ぶりに反発したほか、日経平均も昨日までの調整でサポ
ート意識の25日線レベルまで下げたことによってテクニカルリバウンドに。規模別
指数ではこのところ弱さが目立っていた大型株が強い。材料株はGSユアサなど先
行していた銘柄への利益確定が強まる一方、原発、農業など他の関連銘柄へ資金循
環がみられている。ただ、抵抗線になりつつある9800円レベルでは上値の重さが意
識され、その後は次第に上げ幅を縮めている。材料株の物色についても、GSユア
サの4ケタ割れによって他の銘柄も利食い優勢の展開をみせており、小型株指数の下
げが目立つ格好である。東証1部の騰落銘柄は値上り615に対して値下がり924、変わ
らず155と、値下がりが過半数を占めている。
 ある程度想定された値動きであり、昨日までの反動もあって規模別指数では大型
株指数のみがプラス。次世代エネルギー関連の利食いの流れをみても過熱感や週末
要因のあって当然の一服であろう。ただ、他のテーマ銘柄へのシフトもみられては
いるが、中核となる存在感のある銘柄の出現がなく、投資資金が集中しづらい面は
ある。大型株の底堅さも、相場全体を底上げされる勢いは感じられない状況であ
る。まずは、日経平均の9800円ところを抵抗から支持線に変える必要がありそう
だ。材料株についても物色を強めるというよりは短期的な値幅取りにとどまり、今
後のターゲットを探るながれになろう。

株式クロージングコメント 2009年06月19日15時51分
円高一服を受けて反発

19日の日経平均株価は反発。朝方は為替市場の円高一服を好感する格好となり、シ
ョートカバー優勢で始まった。上げ幅は一時120円近くへ達する場面があったもの
の、5日移動平均線に達する場面では上値の重さを示し、その後は急速に上げ幅を縮
小させた。一方、前日終値近辺では底堅さを示したほか、アジア株市場の堅調推移
も買い安心感を誘い、やや持ち直すと、大引けにかけてはインデックス買いも流入
した。大引け概算の日経平均株価は前日比82.54円高の9786.26円。東証1部市場の売
買高は2476.12百万株、売買代金は1兆7046.81億円。騰落銘柄数は値上がり583、値
下がり1023、変わらず94。業種別は33業種中、値上がり23業種、値下がり10業種。
銀行業、卸売業、陸運業、保険業、空運業などが上昇。一方、パルプ・紙、非鉄金
属などが小幅下落。個別では三井住友(8316)、三菱UFJ(8306)などが上昇。一
方、GSユアサ(6674)、明電舎(6508)、日電工(5563)などが下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9786.26 +82.54
TOPIX918.97 +7.76
東証2部指数2151.30 -7.02
日経ジャスダック平均1164.11 +1.20
マザーズ指数425.03 -4.47
ヘラクレス指数638.72 +0.50
東証1部出来高24.76億株
東証1部騰落レシオ120.28%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はフィラデルフィア連銀景気指数が市場予測を大幅に上回ったこ
とを好感し堅調に推移。しかしその割に上値は重くナスダックはマイナス引けと
なっている。ただ為替は円安進行しており日経平均堅調に始まる。寄り後も主力
株中心に買われるも、買い一巡後は手仕舞い売りが優勢に。徐々に上げ縮小して
いく展開。後場は一段と上げ縮小するも、その後は下げ渋り揉み合いに。大引け
に買い戻し入って終了。今日は東証1部値下がり銘柄数の方が断然多いが、主力
大型株が買われているだけに指数はプラスとなっている。中小型株が軟調。日経
先物の主な買い越し証券はJPモルガン、ソシエテジェネラル、ドイツ、みずほ、
東海東京、クレディスイス、安藤、岡三、バークレイズ。売り越しはニューエッ
ジ、メリル、立花、BNPパリバ、トレイダーズ、モルガンS、UBS、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6674GSユアサ 976円 -156
今日は環境関連株が総崩れ。中心的な同社株が朝方から軟調な展開で売り込まれ
たことにより、幅広い環境関連株へと売りが波及。今日はその影響もあって環境
関連株以外の新興市場などの中小型株へも売りが目立っていた。週末と言うこと
もあり個人投資家の手仕舞い売りが幅広い中小型株に出た模様。また同社株に関
してはヘッジファンドが空売り仕掛けてきたとの憶測も市場で飛び交っているよ
うだ。同社株の動向は他の銘柄へも影響を与えるだけに、週明け反発出来るかど
うか注目されている。ただ目先反発したところが絶好の逃げ場、売り場になるの
ではとの見方も・・。

8802三菱地所
大手不動産株しっかりながら上値の重さ目立っている。昨日はGSが不動産セクタ
ーを格上げし、同社株を最上位に格上げしていた。今日はメリルが大手不動産3社
の目標株価を大きく引き上げ、クレディスイスは不動産セクターの強気なレポー
トを出しており、それらを好感されているようだ。ただここに来て不動産セクタ
ーを強気とする外資系証券が目立っていることが逆に警戒するべきだとの声もあ
るようだ。先日のWSJでは日本の不動産株の上昇は実態を無視しているとの記事を
掲載しており、見方は大きく分かれている。それだけに来週の動向が注目される。

8306三菱UFJFG 616円 +24
銀行株が総じてしっかり。昨晩の米国市場では金融株がもっとも買われたことか
ら押し目買いや買い戻しの動きが出た模様。またGSが同社株の投資判断を売りか
ら買いに2段階格上げしたことが好材料視されている。GSは8411みずほFGも格上
げし、8316三井住友FGに関してはみずほ証券が2から1に格上げし目標株価5600円
としたことが好感されている。とにかく今日は銀行株にとって追い風が吹いてい
たようだと・・・。上値のシコリを考慮すれば目先的には上値も限定的になるの
ではと見る向きは多い。

2769ヴィレッジV 264000円 +24500
大幅高。野村が昨日付けレポートでは中小型株を中心に低PBR戦略をとることを
推奨している。中小型株は大型株に比べ割安感があり、大型株を上回るリターン
が望めると・・。それによりピックアップされた銘柄の中に同社株が含まれてい
るようだ。新興市場銘柄では同社株だけであり個人投資家の買いも集まりやすか
った様子。最近は安値圏で揉み合い相場を長く続けており、株価位置も悪くない
だけに買いやすさもあったようだ。潤沢なキャッシュを持ち低PBR、低PER銘柄な
だけに見直し買い暫く続く期待もあるのではとの声も・・。

7912大日本印刷 1243円 +25
14時から急伸。14時に日経ニュースで印刷技術を使って作製する実用サイズの有
機薄膜太陽電池を試作したと報じられた。現在、主流のシリコン型太陽電池に比
べ価格が数分の1になるというだけに素直に好感されている。次世代エネルギー
絡みの材料だけに投資家の飛びつきも良いようだ。ただ今日は環境関連株が総崩
れしている状況だったことから、買い見送った向きも多いのではと・・。週明け
改めて好感される可能性もありそうだと期待する声も多い様子。

===============
◆◇6/22(月)の主な予定!◇◆
===============
4-6月法人企業景気予測調査(8:50)
4月第三次産業活動指数(8:50)
5月全国スーパー売上高(14:00)
5月コンビニエンスストア売上高(16:00)
ツルハHD、アークランドなど決算発表
独6月Ifo景況感指数(17:00)
温暖化問題を話し合う主要経済国フォーラム(MEF)(メキシコ ~23日)
国際捕鯨委員会(IWC)年次総会(ポルトガル・マディラ ~26日)
6月19日(金)

H「日経平均は取りあえず反発したが、前場はマイナスに転じるのかという場面もあった。まあ週末だけにこんなモンか・・。」

K「ただ東証1部は値下がり銘柄数の方が圧倒的に多く、市場心理はやや低下していると言えるかもな。」

H「今日は中小型株が総じて軟調気味で、逆に大型主力株に堅調な銘柄が目立っていた。それだけに値下がり銘柄数の方が多くても、日経平均やTOPIXはプラスで引けられた。」

K「まあ大型主力株は最近軟調気味だったものも多く、週末だけに買い戻しによる買いだろうな。円高一服となった事もあり押し目買いも入ってはいるが、どちらかといえば買い戻しが中心じゃないか。」

H「だろうな。それだけに続く買いだとは考えない方が良いかもな。中小型株の軟調な要因はやはり環境関連株が総崩れとなったことが大きいだろう。」

K「そうだな。環境関連株の中心的な銘柄だと言える6674GSユアサが今日は朝から軟調で、寄り後もハデに売り込まれた。昨日は派手に戻す場面もあったんだが、今日は終始軟調だったと言える。」

H「そうだな。しかし今日はあっさりと崩れたモンだな。昨日の抵抗力が嘘のようだ。」

K「連日の下落と言うことが心理を悪化させたこともあるだろうし、週末要因もあるのかもな。利益乗っている向きが利食いを急いだ。もしくは昨日の下落で押し目を買った向きが今日も弱いので慌てて投げてきたとか・・。」

H「一部ではヘッジファンドが仕掛け的に空売り入れてきたとの話も出ている。確かにそれならば今日の動きもある程度納得だ。」

K「当然今日の下落で空売りの買い戻しも入っているだろうし、短期資金によるリバ狙いの買いも結構入っている、それでも大したリバ無くこれだけ下落したのはそれ以上に売り手がいたことになるからな。本格的に売りに来た向きがいても不思議はない。」

H「ただこのまま一貫して下げていくとは到底思えない。一方通行銘柄ならともかく貸借銘柄であり依然として売り長状態の銘柄だ。再度大台に戻す場面が週明けあっても不思議はないだろうな。」

K「しかしここまで売り込まれれば基本的には流れが変わったとみるべきだろう。はっきり言うなら相場は終わったと言えるかもな。後は乱高下しながらも上値を切り下げていくと言う展開になるかもな。」

H「高値圏まで再度戻すというパターンもあるが・・・。」

K「あったにしろ相場は終わっている可能性が高いだろうな。」

H「ただここの相場が終わってしまうと、物色銘柄も乏しくなるな。ここがダメなら他の環境関連株も当面ダメだろうし・・・。期待の仕手性低位株も今日は派手に崩れている銘柄も目立つし、新興市場もパッとしない。」

K「そうだな。となれば環境関連株のリバウンドや低位株が日替わり的に物色されるという感じだろうな。ある意味、非常に絞りにくい地合になっていく可能性は高い。」

H「なるほど。理想的には中小型株物色が一巡感出て来ただけに、大型主力株へと物色が戻るという展開だが、それは微妙だろうな。米国市場の動向を見る限り。昨日の米国市場弱過ぎやしないか?」

K「確かに弱いかもな。ダウは反発したものの、上値の重さが鮮明だった。フィラデルフィア連銀景気指数があれだけ予測を上回り良かっただけに、もっとリバウンドしても不思議はなかったんだが・・。失業保険受給総数が減少に転じたことも好材料だしな。」

H「だろ。前日までダウは3日続落していて結構下げていたにも関わらず、あの程度の反発だ。しかもナスダックはマイナスだしな。」

K「景気敏感株といえるキャタピラー株が派手に下げており重しとなった面もあるだろう。それに米国市場は今晩SQを控えている。いわゆるトリプルウィッチングだ。まあ最近じゃクアドプルウィッチングといわれているが・・。それだけに手控え感も強かったと言えるかもな。」

H「なるほど。もしくは上値を抑えられた可能性もあるかもな。」

K「ああ。だから今週の米国市場の動きはあまりアテにはならない可能性もある。来週からガラッと市場雰囲気が変わることもあるかもな。」

H「良いように変わるよう期待したいモンだが・・。」

K「そうだな。日経平均は上値期待というよりは下値を何処で固めるかという展開だろう。何とか粘って維持している25日線で下値を固めるのか、9500円辺りまで一旦試しその辺で下値固めとなるのか・・。」

H「はたまた更に下落し200日線辺りまで調整入れるのか・・だな。」

K「取りあえず今晩の米国市場どういう展開となるのか注目したい。」
2009.6.19先物チャート
スポンサーサイト
コメント
電車と自転車でがんばります!v-30
hahaha #-|2009/06/19(金) 18:13 [ 編集 ]
hahahaさん、こんばんはー
ミャンコも電車と自転車ですw
車とか駐車場探すのがめんどい
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/06/20(土) 00:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。