(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.18【反落、外部環境が重し】

2009/06/18 11:27|未分類CM:0
何か最近不当にCME弱いね
NY頂点から300ドルしか下げてないのに
日本はすでに600下げって

持ち越しはGSユアサを中心に電池関連
強いところが一番安全
とりあえず寄り付安かったんで
まあ切り返して高値とって来るでしょってことで放置
一旦下げた後切り返して高値とって来たところ利確

場中CAでえげつない下げを食らったり
GSユアサ抜けるだろう買いの前日終値利確の
その後の下げを買ってカットしたり
その後GSユアサと明電舎を同時売り攻撃
GSユアサ前場の安値手前1005に買い戻し注文出しといたら
ミャンコの玉だけ残して反転とか

後場
曲がり大王になった
すげー見事というしかないような曲がりっぷりで
コツコツ損を積み重ねたぜ
売って踏まれド転して天井
アイフル315売り314タッチでして見事に底形成して上昇
317カットしたが
あんなに弱い銘柄を売って
これほど見事に曲がるとは

電池関連一服でいい息抜きになった感じ
売って踏まれたミャンコが思うに
終わってない感じの強さを感じた


株式オープニングコメント 2009年06月18日08時13分
GSユアサ、明電舎などテーマ銘柄の中核処を指標とした物色に

 17日のNY市場はまちまち。ダウ平均は7.49ドル安の8497.18、ナスダックは
11.88ポイント高の1808.06で取引を終了した。運輸大手フェデックスの慎重な業績
見通しを嫌気しが嫌気された。また、オバマ大統領が金融市場の規制改革案を明ら
かにしたことから、金融セクターにも売りが広がっている。その後、ヘルスケアを
中心に上昇に転じる場面もあったが、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となっ
た。セクター別では、医薬品・バイオテクロジーやヘルスケア機器・サービスが上
昇する一方で、銀行や不動産が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比30円
安の9800円、円建ては同105円安の9725円。ADRの日本株は対東証比較(1ドル
95.67円換算)で全般小安い。
 米金融株の弱い動きや為替の円高傾向を背景に、本日も主力処は手掛けづらくな
り、個人主導による中小型株物色が中心となりそうである。そのため日経平均など
はこう着感を強めやすく、GSユアサ、明電舎などテーマ銘柄の中核処を指標とし
た物色に向かいやすい。次世代エネルギー関連は軒並み急騰していたが、利食い一
巡後に強い動きを続けるようだと、関連銘柄への物色が広がりをみせることになろ
う。また、利食いの流れが強まったとしても、物色の裾野は広がりをみせてきてい
るため、需給妙味が大きく、出遅れ感の強い銘柄などへシフトすることになろう。
テーマ銘柄については、過熱感はあるものの需給関係はそう簡単には崩れない状況
でもある。
 日経平均は直近で攻防をみせていた9800円レベルでもあり、強弱感が対立しやす
いところである。大型株指数の弱い動きをみても強気派と弱気派の攻防がみられ
る。しかし、今後は景況感の改善を背景に生・損保によるターゲット切り上げへの
期待や、メリルリンチによるファンドマネージャー調査では、海外勢についても日
本株への割安意識が強まってきており、こちらも修正期待は強く、先行き大型株の
出直りは期待される。そのほか、ブリヂストンが鉱山開発などに使う大型建機用タ
イヤの新工場建設を3ヶ月前倒しした。また、中国の買付け増を背景に、銅の国際価
格が上昇基調を強めるなど、新興国関連へ物色が向かいやすい。

株式クロージングコメント 2009年06月18日16時46分
25日線での反転意識なら主力大型株へのリバウンドも

 日経平均は下落、137.13円安の9703.72円(出来高概算24億3000万株)で取引を終
えた。大型株中心に弱い動きが目立つ中、先行していたGSユアサが朝方急騰後に
急速に下げに転じるなど、テーマ銘柄や中小型株の一角にも次第に利益確定の動き
が強まっている。これにより日経平均は寄り付きの9778.35円を高値として下げ幅を
広げて行き、後場寄り付き直後には9649.83円まで下げ幅を広げていた。日経平均は
25日線(9606円)に接近してきており、市場はこれをサポートするかを見極めたい
とのムードを強めていた。結果的にはこれをサポートとした格好ではあったがその
後の切り返しが鈍く、主力大型株中心に現物の弱さが目立っている状況では、先物
による反転狙いの動きもみられなかった。
 物色では、GSユアサの利食いにより、物色はより低位の出遅れ銘柄や、兼松日
産など仕手系色の強い材料株に集中する格好に。ただ、総じて失速する動きはみら
れず、明電舎、古電池などのプラス推移をみても、個人の資金回転が利いている状
況がうかがえる。また、次世代エネルギー関連の一服想定から井関など農業関連な
どへのシフトもみられてきており、物色意欲は根強い。しばらくは材料株中心の循
環物色が続きそうではある。ただし、米国など外部環境次第の面はあるが、日経平
均の25日線レベルでの反転が意識されるようだと、このところの弱さの目立つ主力
大型株へのリバウンドのタイミングとなる可能性はありそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9703.72 -137.13
TOPIX911.21 -11.82
東証2部指数2158.32 -4.95
日経ジャスダック平均1162.91 -0.30
マザーズ指数429.50 -6.35
ヘラクレス指数638.22 -11.52
東証1部出来高24.31億株
東証1部騰落レシオ128.78%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は方向感乏しい揉み合い。格付け会社S&Pが米銀行計18行の格付け
を引き下げたことにより金融株が売られ相場の重しになっている。ただ連日の大
幅下落した後とあって押し目買いも見られダウはプラスとなる場面も見られたが
上値も限定的で結局マイナス引けに。ナスダックは小幅高で引けている。円高進
行もあり日経平均は軟調に始まる展開。寄り後も売り優勢で日経平均下げ幅を拡
大する動きに。後場は狭いレンジでの揉み合い。大引けにかけ多少買い戻される
も日経平均大幅安で引ける。日経先物の主な買い越し証券はGS、みずほ、野村、
バークレイズ、BNPパリバ、光世、JPモルガン、大和、モルガンS。売り越しはク
レディスイス、ニューエッジ、UBS、ソシエテジェネラル、トレイダーズ、楽天、
オリックス、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7961兼松日産農林 213円 +47
大幅高。昨日は派手に垂れて上ヒゲで終えているが今日も派手に物色され今日の
高値で引けている。全体的に地合が軟調気味となってきているだけに短期資金の
行き場も乏しくなりつつある。その手の資金が値動きの良い低位株に集まってい
る状況。同社株は今や伝説となっている大物仕手筋のK氏が仕掛けた経緯がある
銘柄。その思惑もあり、同社株の上昇に刺激を受け、やはり過去にK氏銘柄だと
言われていた6316丸山製作所、8029ルック、8236丸善なども物色されている。兼
松日産農林株の物色が続くようだとK氏銘柄物色がもっと広がりそうだと期待す
る声も・・・。

4023クレハ 504円 +64
一時ストップ高まで買われる場面も。クレディスイスのレポートが刺激になって
いる模様。投資判断OP継続で目標株価を580円から560円に引き下げている。しか
し内容的にリチウム電池材料が中期成長を牽引と指摘しており、その点が好感さ
れたようだ。リチウム電池関連など環境関連株は総じて派手に相場を演じている
ものの、ここは比較的に物色されていなかった状況なだけに、環境関連株の出遅
れ銘柄として資金が集まったようだ。明日以降も出遅れ銘柄として物色される期
待もありそうだとの声も・・。

4614トウペ 144円 +14
一時151円まで買われる場面も。低位の小型貸借銘柄であり踏み上げ的な思惑も
浮上している。まだ売り禁入っていないだけに更なる空売り集めるのではと言う
期待もある様子。また昨日東証発表の空売り残高では山二証券が12日までに20万
株空売りしていることが判明。その思惑も今日はあった様子。買い戻してくるの
か、更に売り乗せしてくるのか注目されている。新たに大量の空売り入れば簡単
に売り禁となり逆日歩10倍措置となる可能性があるほどの小型株だけに明日以降
も注目だと・・・。

6674GSユアサ 1132円 -48
朝方には1228円まで買われ上場来高値を更新したが、その後は急落する場面も見
られた。ただ派手に下げれば売り方の買い戻しも含め買い手も多いようで乱高下。
環境関連株の中心的な銘柄である同社株が下落したこともあり、他の環境関連株
へも悪影響が見られていた。ただその影響も限定的で一巡後は再び買われる環境
関連株も目立っており、やはり環境関連株物色はそう簡単には終わりそうも無い
のではとの声も・・・。

3632グリー 6520円 +480
上場来高値を更新。特に新たな材料は出ていないが高成長中の新興銘柄として注
目度は高い銘柄なだけに狙っている向きは多いようだ。ただ今週から大株主のロ
ックアップが解除となっており、その売りの懸念や、実際に売りが出て上値を抑
えていた面も昨日まではあったようだと・・。当然当面、その懸念は付きまとう
ものの、今日は買い気が上回ったようだ。明日以降は上値は買いにくいが押し目
は買いたいと言う向きは多そうだと。

6508明電舎 613円 +36
大幅上昇。三菱自動車が2012年を目処に300万円程度の電気自動車を発売すると報
じられている。政府の補助金を利用すれば200万円以下となりハイブリッド車に対
抗できると・・。「i-MiV」をベースに開発するとの事で、「i-MiV」のモーター
を手掛けている同社も恩恵があるとの見方。ただGSユアサが軟調推移だったこと
もあり手仕舞い売りも同社株にも多く出ているようで上値では売りに押されてい
る。しかしプラス引けは立派だと・・。今日の強さからGSユアサに変わって環境
関連株相場の柱になるとの期待感もあるようだが、同社株もGSユアサに負けてい
ないくらい過熱感は強い為、やはり両銘柄は一緒に動いて行きそうだと。

===============
◆◇6/19(金)の主な予定!◇◆
===============
西松屋チェーン、あさひ、ニトリ、ジーンズメイト、セキドなど決算発表
6月18日(木)

H「日経平均は大幅下落となった。昨日上げてしまった反動のように今日は弱さが目立った。」

K「そうだな。昨晩の米国市場は小幅安程度で、ナスダックは小幅高だったが、日経平均はそれ以上に下落した。ただ昨日の日本市場は米国市場に逆行高しただけに、帳尻を合わせた格好だろう。」

H「しかも今日は円高進行していたこともネックとなった。ただ下値では買い手もいるようだな・・・相変わらず。」

K「まあ日経平均もTOPIXも25日移動平均線が近付いてきただけに、押し目買いも取りあえずは入る場面だからな。ただ明日以降、25日移動平均線を維持できるかは非常に不透明だと言える。あっさり割り込む懸念も当然ある。」

H「だろうな。米ダウは既に割り込んでいるし、昨日の米国市場は25日線が上値抵抗として機能していた。今晩にも25日線上抜けないと本格的に調整局面という可能性が強まりそうだ。」

K「そうなりゃ日本株も期待薄だが、派手に下落する状況でも無いように思える。目先は9500円というラインがかなり意識されそうで、それをあっさりと割り込んで来るならば市場心理が一転する懸念はあるけどな。」

H「そうだな。それを維持していればそうすぐには市場心理も悪化しないだろうな。押し目買い意欲も強まるだろうし・・・。」

K「ああ。ただ海外勢の売りも徐々に強まっているようにも思えるし、ヘッジファンドやCTAなどのホットマネーが本格的に売り転換してくる懸念もある。いずれにしろ注意は必要だろう。」

H「日経平均下げたにも関わらず騰落レシオはまだ高値圏維持しており過熱感は解消されていない。」

K「まあ騰落レシオは明日以降下落していく可能性が強いため、過熱感は日柄が解消する。ただ過熱感無くなれば上値買われるのか?という疑問もあるだろう。今売られているのは単にテクニカル的な過熱感が強いだけじゃないだろ。やはり本当に今後景気回復していくのかとか、そういう懸念が拭えないことには・・。」

H「確かに米国の経済動向も雲行き怪しくなってきたしな。先行き不透明感はかなり強まった状況になっている。」

K「その状況で株価位置が高く利益乗っているならば、利食いに動く向き出て来ても不思議はない。ただ今回の相場に乗り損ねた向きも多いだけに、押し目を買う動きは暫く続きそうだけどな。怖いのが押し目買いが押し目とならない場合だ。」

H「つまり押し目買い後も株価が更に下げて行ってしまう展開だな。そうなると押し目買いした向きも投げてくる事に繋がり、下げ足を速めることになる。」

K「そうなるには押し目買い以上に売り圧力が強まる事が必要だが、現状ではそこまでの売り材料も正直乏しい。結局は方向感乏しい揉み合い相場と見るのが妥当だと思うけどな。」

H「なるほど。後は今後の米国や国内の経済動向などを見極めながらと言うことだな。」

K「そうだな。ただ物色意欲の旺盛さは暫く続く期待はあり、環境関連株物色や低位株物色はまだ続く可能性はありそうだ。」

H「ただ今日は一服感見られている環境関連株も出て来ている。主力のGSユアサが乱高下しており3日ぶりに反落した。」

K「ああ。ただやっぱりそう簡単には崩れない。派手に戻す場面もあったし、この程度の下落幅なら全く問題はないだろう。これだけでは流れが変わったとは言い難い。それにGSユアサの下落にも関わらずしっかりと買われている環境関連株が存在している。その動きからもやはりまだ続く物色テーマなんだろうな。」

H「まあ先導してきたGSユアサが派手に今後崩れるようだと、他の環境関連株にも悪影響となりそうだが高値圏で揉み合っている内は悪影響も限定的なんだろうな。」

K「来週環境関連株へ投資する投信の設定が控えている。まあ取りあえずそれまでは期待感から関連株物色は何だかんだ言いながら続きそうだ。ただそれが通過すると一旦調整という可能性はあるだろうな。」

H「結局、他に物色テーマが無いだけに、環境関連株物色が続くことになるんだろうな。」

K「そうだな。新たな物色テーマでも出てくれば、そっちへ資金も流れ、環境関連株は調整となるんだろうけど、なかなか続く物色テーマが見当たらない。」

H「そうだな。」

K「まあ他に物色続きそうだと言えばやはり低位株物色かもな。個人投資家元気なだけに個人投資家が低資金でも買える低位株だろう。既に低位株物色が続いていると言えるが、7961兼松日産農林の物色が続いている事が気になる。」

H「そうだな。既に売り禁で信用取り組みも良くなく踏み上げという思惑は消えている。しかし物色が続いており、他の仕手性株へも刺激を与えている。」

K「ああ。兼松日産農林といえば昔K氏が5000円台まで大相場を作った銘柄だ。リアルに知っている人も乏しくなっているものの、業界人なら誰でも知っているし個人投資家でも大抵知っている。つまりこの銘柄が動意付くとK氏が手掛けた他の銘柄にも意識が行く投資家が非常に多い。」

H「そうだな。現に今日はその手の銘柄結構来ているしな。」

K「ああ。もはや伝説となった大物仕手筋K氏が過去に手掛けた銘柄の物色が更に活発になる期待もあるかもな。新たな物色テーマとなって・・・。」

H「そうなりゃ非常に面白いが基本的にそう長くは続くテーマにはなり得ないだろう。」

K「ああ。環境関連株物色と違って将来的に買われる裏付けや期待が全くないからな。ようは短期資金しか買わない相場だ。まあ今の環境関連株も短期資金が大半だろうけど・・。」

H「実際に介入筋でも入っていりゃ別だが・・。」

K「中には介入している銘柄もあるだろう。ただ所詮短期筋だ。タネ玉抱えて本腰入れて仕掛ける筋など今は見られない。」

H「まあ長く続かなくても明日も続くようだと期待も出てくる。環境関連株と共に明日どうなるのか注目したい。」

K「そうだな。取りあえず今晩の米国市場あまり派手に下落しないで欲しいモンだな。あまり地合悪くなると短期資金も物色意欲衰えるからな。まあどうなるのか注目だ。」
2009.6.18先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。