(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.15【手掛かり材料難から利益確定売り優勢】

2009/06/15 11:10|株のことCM:2
書く気しねー
持ち越しはCSKのみ
がっつりGU

銀行やらその他金融やら不動産やら
内需系が日銀の景気判断の上方修正期待で見直し買い
先物どこかしら上げてればいい相場だ
で、なんで先物下げてんの?
こんなにどんどん上がる相場に

銀行はだめか
ドイツの金融不安が深刻と一部で報じられたこと事が嫌気だって

後場
今日の下げはハイテクと三井住友だな
三井住友は増資とか
たぶん公募価格を安くするための下げじゃないか
今日あたり公募価格決まるのかな

原油が上がって来たね
そろそろJRが来てもいいと思うんだけど
あと高速1000円とかいう意味不明な政策はさっさとやめてくれ
道路族しか得してない
やるなら鉄道料金を安くするような政策にしてくれ


株式オープニングコメント 2009年06月15日08時09分
機関投資家の投資行動の変化に期待

 12日のNY市場はまちまち。ダウ平均は28.34ドル高の8799.26、ナスダックは
3.57ポイント安の1858.80で取引を終了した。6月ミシガン大学消費者信頼感指数が
前月から僅かながら改善したことが好感される一方で、半導体大手ナショナル・セ
ミコンダクターの冴えない決算でハイテク銘柄への売りが広がり、上値の重い展開
となった。セクター別では不動産や公益事業が上昇する一方で素材や保険が軟調。
シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比40円高の10180円、円建ては同40円安の
10100円。ADRの日本株は対東証比較(1ドル98.42円換算)で全般小動き。
 市場全体のPBRは1倍台を超えたほか、日経平均の1万円回復によって金融システム
崩壊からの修正リバウンドは一巡した感はあろう。しかし、現物主導の好需給相場
が続いているため、利食いの流れが強まったとしても、下値の堅さが意識される毎
にショートカバーによる切り返しがみられよう。特に1万円大台を回復したことによ
って投資家心理は一段と回復している。次世代エネルギー関連や景気敏感セクター
などへの利食いの流れは出てきても当然であり、この先行していた銘柄などの過熱
を冷ます間に、ハイテクのほか、金融、小売など内需系セクターへの出遅れ修正の
流れが強まるようだと、リーマン・ショックによる下落(11500円レベル)を埋めに
行く流れが続くことになろう。
 また、信託銀、生・損保各社の年度末想定日経平均株価は7500-9000円であり、3
ヶ月もかからずに達成した。生・損保などの運用についても市場環境の改善によっ
て見直しを図る可能性はある。エコノミスト見通しでは4月から回復傾向に入ったと
の見方が強まっていると報じられている。修正の動きをみせてくるとなると、出遅
れセクターなどへの物色へ向かう可能性もありそうだ。日銀は15-16日の金融政策決
定会合で現状判断を上方修正するほか、政府は6月の月例経済報告で景気の基調判断
を2ヶ月連続で上方修正し、事実上の底打ちを宣言する可能性が高い。これらの動き
によってターゲットを切り上げてくる可能性も期待される。また、世界的な株価上
昇によって、相対的に出遅れ感の強い日本株に対して海外勢による関心も強まって
きていると考えられる。現在の需給相場はしばらく続くことが考えられるため、目
先的な調整過程で利益確定は行ったとしても、ショートポジションを積み上げる戦
略は得策ではないと考えられる。

株式ランチタイムコメント 2009年06月15日11時43分
売り仕掛け的な動きも出難い

 日経平均は下落。67.79円安の10068.03円(出来高概算12億3000万株)で前場の取
引を終えている。1万円の大台回復によって目先的な達成感も出ており、1万円処で
のこう着が続いている。そのため日経平均は寄り付きの10126.55円を高値に、じり
じりと下げてきており前引け間際には一時10057.34円をつけている。ただ、金融シ
ステム正常化、景況感の改善から売り込まれていた銘柄や需給妙味の大きい銘柄へ
の物色は根強く、個別で急騰をみせている銘柄も散見される。セクターではその他
金融、不動産、建設などが強い。日経平均はマイナスながら東証1部の騰落銘柄は値
上りが全体の6割を占めているほか、規模別指数では小型株指数の強い動きが目立っ
ており、物色意欲は強い。
 ファナック、京セラ、東エレク、アドバンテストなど、指数インパクトの大きい
値がさハイテク株を中心に弱い動きが目立つ。これにより日経平均のプラス浮上は
厳しいところであろう。SQ値に上値を抑えられる格好でもあり、これまでであっ
たら売り仕掛け的な動きが出やすいところである。しかし、やや材料系中心ながら
も、売り込まれていた銘柄の修正が強まってきているほか、GSユアサの上げ一服
の動きについても10円程度の調整では投資家心理は弱まらない。アイフル、CSK
などに短期資金が集中している感はあるが、これに売り向かうほど売り方のセンチ
メントは良好ではないであろう。

株式クロージングコメント 2009年06月15日16時06分
調整も期待された動き

 日経平均は下落。96.15円安の10039.67円(出来高概算24億9000万株)で取引を終
えた。1万円の大台回復によって目先的な達成感も出ており、1万円処でのこう着が
続いている。商品市況の下落の影響もあったが、非鉄金属が利食いに押されるな
ど、先行していたセクターや銘柄へは一先ず利益確定の流れに。ただ、金融システ
ム正常化、景況感の改善から売り込まれていた銘柄や需給妙味の大きい銘柄への物
色は根強く、ノンバンクや不動産などの需給妙味の大きい銘柄などへは、ショート
カバーを強める格好であった。日経平均はじり安の展開であったが、ファナック、
京セラ、東エレク、アドバンテストなど、指数インパクトの大きい値がさハイテク
株を中心の下げである。東証1部の騰落銘柄は値上り銘柄が1000を超えているほか、
規模別指数では小型株指数の強い動きが目立っており、出遅れ修正の流れが強まっ
ている。日経平均の1万円回復後の一服、先行していたセクターなどの利食いに対し
て出遅れているセクターの修正などは、どちらかというと期待された動きであろ
う。ただ、資金の回転は速く、基本的にはGSユアサなど次世代エネルギーへ資金
が戻る可能性は高いとみており、出遅れセクターなどへ完全に意識を向けてしまう
ことは避けたい。また、現物主導の好需給相場が続いている状況であり、指数など
の動きに振らされないことであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10039.67 -96.15
TOPIX946.82 -3.72
東証2部指数2188.00 +20.51
日経ジャスダック平均1172.20 +10.72
マザーズ指数433.07 +12.12
ヘラクレス指数656.50 +15.00
東証1部出来高24.97億株
東証1部騰落レシオ126.26%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は小幅に続伸したがナスダックは小幅に反落。商品市況の下落
を受けエネルギー、素材株に軟調な銘柄目立ち重しとなっていた。日経平均は小
安く始まり寄り後は弱含みの揉み合いで徐々に下げ幅拡大する展開。後場にはア
ジア株安を嫌気し一段安となるも、1万円付近では押し目買いも見られ底堅い動
きに。ただ戻りも鈍い。新興市場や東証2部など中小型株物色は依然続いている
模様。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、黒川木徳、大和、ソシエテ、
BNPパリバ、安藤、松井。売り越しはJPモルガン、メリル、野村、GS、UBS、クレ
ディスイス、三菱UFJ、ドイツ、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4564オンコセラピー 168600円 +20000
ストップ高。先週末の日経新聞ではバイオベンチャーのオーダーメイド創薬が、
同社から中国での肝臓ガンワクチンの開発・販売権を獲得したと報じている。こ
れにより業績への期待が出ている模様。また野村ピクテ・ジェネリック&ゲノム
・ファンドが24日に設定される事から、同社株も組み入れられるとの思惑により
買われている面もあるようだ。今日は他のバイオ感レ株に買われている銘柄が目
立っている。

7241フタバ産業 365円 -16
昼のNHKニュースにて証券取引等監視委員会が、金融商品取引法上の虚偽記載
にあたるとして調査を進めていると報じている。これを受け、後場は売り殺到し
大幅安の316円で寄りつく展開。しかし寄り後は買い優勢で下げ幅を縮小する動き
に。これは既に発表している過年度決算訂正に関する事で、目新たらしい悪材料
ではない模様。そのため後場寄り後は押し目買いや、買い戻しによる買いで下げ
幅縮小したようだ。

8316三井住友FG 4050円 -300
大幅安。先週末の日経新聞では同社の普通株の公募増資が当初予定の8000億円か
ら9000億円以上に膨らむ見通しと報じている。これをうけ希薄化懸念が再燃し嫌
気されたようだ。また早ければ本日引け後に公募価格が決定することから、手控
え感も強く、意図的に公募価格を安くしたい向きも多いのではという思惑も加わ
って終始軟調な展開。公募価格決定後は逆に買われていく事が多いものの、同社
株は既に先行して買われていただけに上値も限定的と見る向きも少なくない。夕
方には公募価格3928円に決定した。

8830住友不動産 1792円 +114
大幅上昇。今日は不動産株が総じて買われており、派手に物色された銘柄も少な
くない。大和証券が同社株の投資判断を4から1に3段階格上げした事が要因。ま
た不動産セクターの投資判断も中立に格上げしており不動産株全体へ刺激を与え
ている。またマンション関連の8840大京などもしっかり。16日に発表予定の首都
圏マンション販売動向での新規販売戸数が1年9ヶ月ぶりに前年同月比プラスにな
る可能性あることも追い風になっているようだ。

3092スタートトゥデイ 118800円 +15500
年初以来高値を更新。野村が本日付けでレポート出しており、それが刺激になっ
ている模様。格付けはしていないものの、高成長が続くと高評価しているようだ。
今期利益も会社計画を上回る大幅増益を予測しているようで、更に来期も大幅な
増収増益と予測している。これに刺激を受け見直し買いが入ってきたようだ。株
価位置的にも最近は揉み合い相場でテクニカル的な過熱感も無いことから買いや
すさもある様子。ただ一方では今の株価は既に高成長も織り込まれているとの見
方もあり、更に買われて行くには新興市場全体的な底上げが必要だとの声も。

===============
◆◇6/16(火)の主な予定!◇◆
===============
5月首都圏・近畿圏新規マンション販売(13:00)
白川日銀総裁定例記者会見(15:30~)
独6月ZEW 景況感指数(18:00)
米5月生産者物価指数(21:30)
米5月住宅着工・着工許可(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米韓首脳会談(アメリカ・ワシントン)
6月15日(月)

H「週明けの日経平均は反落となった。出来れば一気にSQ値超えて引けて欲しかったんだけどな。」

K「まあそうなれば、過熱感強いついでに一段高という期待もあったんだが、流石にそこまでは厳しかったようだな。」

H「そうだな。ただSQ値を再度超えられなかった事から、暫く上値重くなる懸念もあるかも知れない。取りあえず節目の1万円を維持している事から期待は続きそうだが・・・。」

K「そうだな。しかし米国市場も上値の重さが鮮明になりつつあり、この辺で調整するのも悪くはないだろう。」

H「まあそうなんだが・・・。」

K「でもそうなっても買い意欲はそうそう衰えそうも無いだろう。今日だって日経平均は結構下げているものの、新興市場や2部市場などはしっかりと上昇している銘柄多く、中小型株に関してはまだまだ物色が続いている。」

H「そうだな。個人投資家中心だと思われるが、物色されている銘柄が結構あるだけに市場心理はそうそう衰えそうもない。」

K「主力株に関しても派手に下落していくと言う動きには、なかなかなりそうもないだろう。個人投資家もそうだが、機関投資家も押せば買う向きもいるようだしな。ただ暫くは押し目買いにより下値も限定的となる可能性はあるが、押し目買い一巡後はどうなるか不透明だぞ。」

H「だろうな。実需の買い手が出てくるかどうかだろう。出てこなければ短期資金が手仕舞い売りに動く懸念も当然出てくるからな。」

K「結局短期資金にしてみりゃ、上げている限り利益追求するかも知れないが、上げなくなれば利食いに動くのは当然の動きだ。特にヘッジファンドやCTAといったいわゆるホットマネーが本格的に利食いに動いてくるとかなりやっかいだ。」

H「まあ今はまだ買い中心で狙っていると言われているものの、所詮短期資金だけにいつ売りに転じても不思議はない。過剰流動性相場になっているだけに、彼らの元に集まる資金も増えているようだが・・・。」

K「ただ売りで狙ってくると言うことも彼らは平気にするだけに、幾ら資金集まっていても常に買いで来るとは限らない。常に高パフォーマンスが期待できるスタンスを取るからな。」

H「だろうな。それに今の状況は彼らも十分な利が乗っている状況の可能性高いだろうな。」

K「ああ。それだけに何らかのきっかけがあれば手仕舞いに動き出す懸念はある。もはやテクニカルでの判断などあまり意味はないものの、過熱感強い状況ではいつそういう状況になっても不思議はないと言えるだろう。」

H「ただ最近はそれらの短期資金につれられて実需の買いもチラホラ入っているとの見方も多いぞ。」

K「確かにそれはある。持たざるリスクなのか知らないが、今まで売り手だった国内機関投資家もここに来て一部買いを入れている向きも出て来ているようだしな。」

H「ただそれらは続くかどうかは微妙だし、基本的にはアテには出来ないだろう。」

K「ああ。やはり今回の強い相場を主導したと言っても過言ではないホットマネーの動向次第といえる。それだけにその動向には最注力するべきだろう。」

H「SQを節目とする向きも多いだけに、後から見ればSQが天井だったなんて事にならなきゃ良いけどな・・・。」

K「確かにそうだな。その懸念が強まる前に、SQ値を再度超えていく動きが望ましいけどな。」

H「他には彼らの動きの動向を把握する手段としては何かあるか?」

K「やはり商品相場だろうな。彼らの資金は当然商品相場にもかなり入っているからな。他には最近派手に上昇続けてきたGSユアサの動向も注意して見ておきたい。ここにもヘッジファンドの資金が入っているとの観測も一部で出ているだけに、先行指標となる可能性もある。」

H「なるほど。確かにそれはありそうだ。それにこれほどの派手な相場を演じたGSユアサの動向は市場心理にも影響を与えそうだしな。ここが大きく崩れると個人投資家の心理に悪影響を与える懸念もありそうだ。」

K「ああ。特に環境関連株などへは間違いなく悪影響出てくるだろうしな。下手すりゃ中小型株物色の流れすら止める恐れもある。まあいずれにしろ物色の柱になっていた銘柄なだけに、その銘柄を売買しない人でも注目しておく必要があるだろうな。」

H「イブニングでは先物1万円割り込んで推移しているのが懸念だな。欧州市場の下落を嫌気されているようだ。」

K「取りあえずは今晩の米国市場どういう展開になるのか注目したい。」
2009.6.15先物チャート
スポンサーサイト
コメント
地方の人間にとって高速道路1000円はものすごくいい政策です。昨日も遠出でしてガソリン撒き散らしてきたしw
電車なんて3年に1回しか乗らないわけでw
都会と地方の差なんでしょうねえ・・・
裏筋 #-|2009/06/15(月) 16:43 [ 編集 ]
裏筋さん、どもー
高速まったく使いません
大学時代みんなとスキーに行くのに使ったくらいで
ってか車つかわな過ぎてこの前の雨の日乗ろうとしたらバッテリーが上がってました
バッテリーのプラグ外しとくの忘れてた

週末高速バスで移動しようとすると混んでてまったく時間通りに着かないし
高速バスの値段は変わらずに渋滞でまったく時間通りつかないという
まったく困ったちゃんの政策です
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/06/15(月) 17:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。